東京ヤクルトスワローズ ユニフォームの変遷

東京ヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 07:48 UTC 版)

ユニフォームの変遷

  • 1950年 - 1954年:帽子・アンダーシャツ・レター(胸ロゴ・番号)は濃紺を基調とした(レターは白の縁取り入り。1954年ホーム用除く)。また、上着とパンツは白のものとグレーのものが存在(1952年のフランチャイズ制導入に伴い、白=ホーム・グレー=ビジターの概念生まれる)。
    • ロゴは「Swallows」(1953年まで色は濃紺)で縁取りが白・左袖に金糸で国鉄社章「動輪に桐」のワッペンが入る。
    • 帽子は、濃紺地に白文字の「S」。
    • 1951年の途中から国鉄社章のワッペンが外され、シンプルな形となった。また、ツバメのシルエットに「Swallows」のマークが左胸に入ったものも使われた。ビジター用はTとKを重ねたマーク(濃紺・白縁取り)、「Swallows」を経て1953年から「Tokyo」となる。
    • 1954年のみホームユニフォームが緑色(帽子のツバとロゴと背番号、アンダーシャツとストッキング)でまとめられていた。ただし、こげ茶色のアンダーシャツも使われた。
  • 1955年 - 1960年:レターから白の縁取りが消える。袖・パンツに線が入る。また、ストッキングに赤が入った。1960年から胸番号が装着され、同時にビジター用の「Tokyo」の書体が変更。帽子マークは「K」。
  • 1961年 - 1965年5月:縁取りに赤が使われてストッキングの線が廃止。1963年から「Tokyo」の書体を変更。1965年のみ線がW線となり、国鉄最後のユニフォームとなった。なお帽子マークはこの間、「K」と「S」の組み合わせや「S」など毎年の様に変更されていた。5月10日より、国鉄から産経新聞社へ経営母体が変わり球団名「サンケイスワローズ」に変更されたが、しばらくこのユニフォームが使われた。
  • 1965年6月 - 閉幕:先述の経営母体変更に伴い、チームカラーが濃紺・赤から黒・朱色(産経のコーポレートカラー)に変更される。胸ロゴはホームが濃紺・赤→朱・黒縁に色変更、ビジター用は「SANKEI」(朱・黒縁)に変更された。そして、ホーム用の左袖にカタカナで「サンケイ」のロゴ(黒一色)が入り、ビジター用の左袖には「TOKYO」のロゴが入る(時期により、朱・黒縁、黒・朱縁のロゴが存在した)。帽子マークは国鉄時代最末期の「S」をそのまま使用。
  • 1966年 - 1968年:球団名がサンケイアトムズとなり、レターのスペルが全て小文字(斜体文字)の「atoms」が登場。チームカラーが赤と青に変更され、アンダーシャツ・ストッキングも青に変更される。夏からビジター用も全て小文字(同じく斜体文字)の「sankei」となる(それまでは「SANKEI」)。帽子は青地で飾り紐が付き、マークは赤で「a」。背番号も斜体文字が採用される。左袖には『鉄腕アトム』のキャラクター・ワッペンが付く。斜体文字フォントは亀倉雄策が作成(以来、フォント自体は1993年のユニフォームまで残る)。人気ブランド「VAN」が作成。
  • 1969年 - 1970年:チーム名がニックネームのみの「アトムズ」(アトムズは1969年のみ、この年からヤクルト本社と業務提携。翌1970年、ヤクルトが正式に親会社となり「ヤクルトアトムズ」となる)になり、レターは赤に白の縁取り・線が赤と白と青の組み合わせとなる。背番号の上に選手名が入る。帽子のマークが「a」から「Ya」(「Y」は赤、「a」はライトブルー)に変更。ホーム用の左袖に「Yakult」のマーク(文字の両脇をコバルトグリーンの左カッコと赤の右カッコで囲ったもの)が入る。
    • ビジター用はスカイブルー地。胸ロゴが「Yakult」となる(サンケイ時代と同じフォント。以来、配色を変えながらも1993年までこのロゴを使用)。
    • シーズン途中からレターが濃紺色に変更。
  • 1971年 - 1973年:三原脩監督就任により、読売ジャイアンツと同じ黒とオレンジを基調としたものへと大幅変更される。帽子、アンダーシャツ、ストッキングが黒、胸ロゴ・背番号・胸番号・選手名が黒にオレンジの縁取り。左袖の「鉄腕アトム」のキャラクター・ワッペンが廃止され「atoms」のマークになり、帽子のマークがYとAを重ねた形になる(色は白)。
    • ビジター用はグレー地になる。
  • 1974年 - 1977年:スワローズの愛称が復活し、球団名が「ヤクルトスワローズ」となる。同時に荒川博監督就任に伴い、ニット素材の丸首ブルオーバー・ベルトレスになり、基本色が濃紺と赤へ変更。背中の選手名が消え、番号フォントはゴシック体になる。
    • 帽子、アンダーシャツ、ストッキングは紺、帽子のマークはYとSとを繋げた形になる。帽子のツバは赤。
      • ホーム用は、トレードマークとなる赤ストライプを採用(一旦2005年に廃止されるが2014年に復活)、「Swallows」ロゴは1965年までのものをそのまま採用。ロゴ・背番号・胸番号は濃紺地に赤の縁取り。首・袖・腰・パンツには濃紺・赤・濃紺の線。
      • ビジター用は、スカイブルー地に白のストライプ。ロゴ・背番号・胸番号は赤地に濃紺の縁取り。首・袖・腰・パンツには濃紺・白・濃紺の線が入る。
        • 1975年より、ビジター用の胸ロゴ・背番号・胸番号の縁取りが濃紺から白になる。
        • 1976年より、ビジター用の首・袖・パンツの線のうち白部分が赤になる。
        • 1977年より、広岡達朗監督の要望により、ベルト式(ベルトの色は赤)になる。また、従来のニット地に加え、サプライヤーであるデサント社の技術により、快適性・軽量化を図ったストライプを施した上でのメッシュ地の上着を阪神タイガースのホーム用と同時期に採用。また、スパイクが赤地に白線になる。
  • 1978年 - 1989年 基本デザインが当時のアトランタ・ブレーブスを意識したものに変更され、これまでの濃紺・赤から青・赤になり、帽子が青一色になる。さらに首、袖、パンツの線が赤一色、赤のVネックに、ベルトが赤になる。背番号の上には1973年以来の選手名が復活、背番号・胸番号の書体がオリジナルの角文字フォントに変わる。胸ロゴ・背番号は青に赤・白の縁取りになり、胸番号の縁取りは消える。
    • ホーム用は赤ストライプが太くなり、左袖に紺地の「Yakult」のロゴ(ビジター用胸ロゴと同じフォント)刺繍が入る。
    • ビジター用はスカイブルーの色がやや落ち着き、白ストライプが消える。左袖には紺地の「Swallows」のロゴ刺繍。
      • 1980年、武上四郎監督就任時より、スパイクが白地に赤線になり、ゼット社のスパイクとなる。
      • 1982年、ビジター用の首、袖、パンツの線が赤から赤・青・赤の3本線になる。
  • 1990年 - 1998年:野村克也監督就任により、パンツの線・胸ロゴ・背番号の赤白の縁取りが消え、二桁の選手の背番号の間隔がやや狭くなる。
    • ホーム用は、マイナーチェンジ。赤ストライプ、Vネックの幅がやや細くなる。
      • 時期によりビジター用と同様のシャドゥ・ストライプ素材を使用したものもあるが、赤ストライプが入っていたためほとんど目立たなかった。
    • ビジター用は大きく変更。光の加減でストライプに見える「シャドゥ・ストライプ」を採用。1977年のストライプメッシュ地のユニフォームを製造したデサント社の技術により実現。胸ロゴ・背番号には白いシャドゥがつき、シャドゥ・ストライプと併せてサッカーのユニフォームを意識したものになる。首、袖のラインは青・白・青となり、胸番号と左袖の「Swallows」ロゴが赤色になる。
      • 1994年には、ホーム用の袖の赤ラインが消え、帽子のYSマークがアトムズ時代に使われた「Ys」型(「Y」が赤、「s」が青)になり、ホーム用左袖・ビジター用胸に入っていた「Yakult」ロゴの書体が、1969年以来の亀倉雄策制作のフォントから親会社のフォントをアレンジしたものに改められ、亀倉フォントがユニフォームから完全消滅した。左袖には、ホームのYakult、ビジターのSwallowsのロゴの上に「つば九郎」のペットマークがつく。
      • 1997年には、ビジター用の袖線も消え、スパイクの個人契約メーカーでの使用が認められる。
        • 1970年代 - 1980年代、各球団ともビジター用のユニフォームの色はスカイブルー地が定番だったが、1990年代に入ると、各球団が徐々にグレーやチームカラーを施したものを採用しつつあったが、1998年まで12球団で唯一スカイブルー地を使い続けた。
  • 1999年 - 2005年:若松勉監督就任に伴い、ホーム用が9年ぶりモデルチェンジ。青から紺に戻る。ホーム、ビジター用共ボタン式になり、背番号・選手名の書体が中日ドラゴンズに続いて、メジャー・リーグで採用されているタイプになる。左袖は「つば九郎」から「ボールと燕」を組み合わせたオリジナルエンブレムに変更(1999年のみ、球団創設50周年エンブレム)。
    • ホーム用は首周りのラインが消え、赤ストライプがさらに細くなり、幅も狭くなる。
    • ビジター用は、提携していたクリーブランド・インディアンスのロード用のデザインを踏襲したものに変更される。
    • 1999年夏場からビジター用(紺ユニフォーム)のアンダーシャツ、キャップのツバが赤くなる。2000年には紺に戻るが、一時ビジター用でまた赤が採用される。赤いアンダーシャツ、キャップのツバは2002年に廃止された。2001年に1試合だけ若松監督のゲン担ぎでホームの試合(白ユニフォームとの組み合わせ)で使ったのが最後である。なお最後に着た先発投手は入来智であり、対巨人戦だったが負け試合だった。ただし、2005年までユニフォームの登録はしていた模様[88]
      • ビジター用は、本来1998年から導入される予定だったが、前年日本一になったことからゲン担ぎのために当時の監督・野村克也が導入を止めさせた。
      • ビジター用のアンダーシャツ、キャップのツバはもともと紺でデザインされていた。しかし完成後に着用して確認した若松が「雰囲気が大人しい、闘争本能が湧いてこない」と異論を唱えたことから急遽赤に変更されたものの最終的には定着せず終わった。
  • 2006年 - 2008年:「東京ヤクルトスワローズ」への球団名変更及び古田敦也選手兼任監督就任、球団あげての観客増員プロジェクト「F-PROJECT」の一環として、「BEAMS」が手がける。ホーム、ビジター共基本色は変わらないが、首周りと袖に赤線が入り、肩から袖・パンツの腰から足首にかけて細くなる太線が入る。ホーム・ビジター共に右肩に「Tokyo」のロゴが入り、さらに選手名の書体が変わり、背番号・胸番号の書体が角が丸い角型に変わる。
    • ホーム用は、1974年より32年間採用されていた赤ストライプが消える。胸ロゴに赤・白・水色の縁取りが入る。Tokyoロゴは青色で、左袖のエンブレムの下に赤色のYakultロゴが配される。
    • ビジター用は、背番号が赤地に白縁取りだったものが、白一色になる。Tokyoロゴは赤色、左袖のエンブレム下には白色でSwallowsロゴが入る。
  • 2009年 - 2012年:ヤクルト球団設立40周年を記念し、3年ぶりにホーム、ビジターのデザインを一新した(デザインは引き続きBEAMSによる)。選手名と背番号の書体が変更され、選手名は直線状に並ぶ。ワンポイントとして一番上のボタンのみ、赤色を使用(他はホーム用はユニホーム同色の白、ビジター用はグレー)。スパイクは白から紺に変更。左袖はエンブレムからつば九郎とは異なるツバメの顔のイラスト(タツノコプロデザイン)に変更。左右袖の「Tokyo」「Yakult(ホーム用)」「Swallows(ビジター用)」は赤色に統一。ホーム用はゼット製、ビジター用は2011年まではミズノ製で2012年からはホーム用と同じくゼット製。
    • ホーム用は2006年使用モデルを基本に、太線を赤、ロゴマークを白基調、赤と紺の縁取りに変更。
    • ビジター用はライトグレー地を基調に、太線の配置をホーム用とほぼ同じとしている。
    • 2009年のみ右胸部分にヤクルト球団設立40周年記念ロゴが入る。
      • 球団設立40周年記念ロゴは、内野のダイヤモンドを模したデザインで、各ベース部分には歴代の帽子マークをデザイン(本塁:スワローズ現行「Ys」、一塁:アトムズ「Ya」、二塁:アトムズ「YとA組み合わせ」、三塁:スワローズ「YS」)。
    • 2011年度よりホームユニフォームのみシャツ本体の切り替え、胸マーク、背番号、胸番号、袖マークを昇華プリントに変更。
  • 2013年 - 2015年:2013年シーズンこそは優勝したいと言う想いを込めて、1990年代の黄金期のユニフォームデザインを蘇らせたものに変更。選手名と背番号の書体が変更となり、選手名は曲線状に並ぶ。前年まで使用していたユニフォームと同様にワンポイントとして、一番上のボタンのみ赤色を使用(他はホーム用が白、ビジター用が同色のネイビー)し、左右袖の「Tokyo」「Yakult(ホーム用)」「Swallows(ビジター用)」は赤色に統一。なお、デザインは前年までのBEAMSではなく、ホーム、ビジター共にゼット社が手がけている。
    • ホーム用は黄金期の象徴ともいえる「赤ストライプ」が8年ぶりに復活。白を基調に赤の縦線で、上下縦じまを採用。ロゴマークと背番号はネイビーで赤で縁取り、選手名はネイビー。肩口にネイビーと赤でツバメの優雅な飛翔を象徴したデザインを新たに施し、「伝統」と「最新」を融合させたデザインとなっている。帽子はネイビーの地に白字で「YS(1974年から1993年まで使用していたマークが復活)」。
    • ビジター用はネイビーを基調にして力強さを表現。ロゴマークと背番号は赤で白で縁取り、選手名は白。肩口に白と赤でツバメの優雅な飛翔を象徴したデザインを施し、脇の所まで赤の直線が入る。また、脇から背中を廻る鮮やかな赤のウイニングラインが入り、上昇気流に乗って勝利を目指すツバメの軌跡をイメージしている。帽子は前年まで使用していたものを使用していたが、2015年よりホーム用と同じマークに統一。
      • また、キャプテンを務める選手の右胸にはキャプテンマーク(白縁に藍色の菱形、その上に赤字で「C」)のワッペンが付けられる[103]
      • 2015年はホーム・ビジターともに左袖に「ヤクルト」80周年記念エンブレムが入る。
  • 2016年 - メーカーはゼットからマジェスティック・アスレティックに変更し、ユニフォームデザインを大幅に一新[104]。帽子はホーム/ビジターとも前年までのものを引き続き使用。
    • ホーム用は、前年までのユニフォームと同様の赤いピンストライプを基調としたもの。1974年のヤクルトスワローズとして最初のユニフォームをモチーフに、赤のストライプは細く、間隔も広げた。首周りと袖口に配した紺・白・赤のトリコロール柄のリブが特徴。ワンポイントの赤ボタンは継承している。
    • ビジター用は、新たな「東京スタイル」をコンセプトに、サードユニフォームで使用していた「グリーン」を配色に採用。紺色とグリーンを基調にしたデザインで、「Yakult」のロゴを筆記体に変更。首周りと袖口には緑・白・紺のトリコロール柄のリブ。ワンポイントのボタンは緑色となる。
    • サードユニフォームは、独自のデザインであった2015年版のCREWユニフォームの進化系でありながらも、紺色と赤をメインカラーに使用。ホーム/ビジター同様に、首周りと袖口に採用したトリコロールリブを配した。なお、ホーム/ビジターとの相違点としては、帽子のつばが赤(1974 - 1977年仕様の復活とも言える)。
      • 2016年のみ前年度のセ・リーグ優勝を記念して、ホーム/ビジターとも右袖にチャンピオン・エンブレムが貼り付けられた。
      • 2019年のみ右袖にヤクルト球団設立50周年記念ロゴが入る。

限定版ユニフォーム

  • 2008年3月31日、5月の神宮球場主催試合などで、「ヤクルトアトムズ復活シリーズ」と題し、アトムズを名乗った1969年のビジターユニフォームを復刻(この時から袖に「Yakult」のロゴが入る)し、全選手が着用し試合に臨むことが発表され、手塚治虫の生誕80周年記念事業として、手塚の個人事務所手塚プロダクション協賛で行われた。対象となるのは神宮球場ホームゲーム3カード9試合[注 25] と、交流戦開幕シリーズの5月21-22日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)のビジターゲーム1カード2試合。なお、西武ドームでの対西武戦では、同じく手塚プロの西武のマスコット・レオとの共演となる[105]。ただし、帽子・アンダーシャツの色は、2008年時点のチームカラー・濃紺になっており、必ずしも当時と同じものではない。
  • 2009年 ホーム用交流戦ユニホームは、国鉄が1951年、本拠地構想があったとも言われている武蔵野グリーンパーク野球場開場当初だけ使った燕ロゴのユニホームが採用されている(背番号上の選手名のローマ字表記はない)。また、帽子の「S」マークはこのユニホームでは使われず、1960年代前半のマークをモチーフとしていた。
  • 2010年 8月にセ・リーグ主催のイベント「オールド・ユニフォーム・シリーズ」で1994年 - 1998年仕様の復刻ユニホームを使用。なおセ・リーグ6球団中唯一、ホーム用・ビジター用それぞれを用意していた[注 26]
  • 2012年8月 - 9月にセ・リーグ主催のイベント「レジェンド・ユニフォーム・シリーズ」において1978年の球団史上初優勝・日本一当時のホーム用ユニフォームを復刻。ただし、復刻版には「ミルミル」などの広告が張り付けられている。
  • 2013年 「TOKYO 燕(エン)プロジェクト」の一環として勝利(白星)を表現する白地の限定ユニホームを7月13日 - 9月1日の主催8試合で着用。地色は白。左胸には、赤縁に黄緑色の「YS」マーク、袖には、赤と黄緑のライン。背番号は赤縁に黄緑。背ネームは無し[106]
  • 2014年「TOKYO燕(エン)プロジェクト2014」の一環として“活気のある”“若々しい”という意味を持つ緑の限定ユニフォームを7月12日 - 9月7日の主催7試合で着用。地色は緑。左胸には、白に赤の「YS」マーク。袖には、白と赤のライン[107]
  • 2015年「TOKYO燕(縁)プロジェクト2015」の一環として、東京ドームと神宮球場で4月に行われるVS巨人戦全6試合(4月10日 - 12日の東京ドームでの3連戦、4月24日 - 26日の神宮での3連戦)を「TOKYOシリーズ」として開催。緑と紺を基調とし、胸に「TOKYO」の文字が入った「TOKYO燕パワーユニホーム」を着用[108]
  • 2016年、ホーム・ビジター・サードに続く第4のユニホームで、昨年に続き胸に「TOKYO」の文字を配置し、昨年よりも鮮やかなグリーンを全面に押し出したデザインが特徴の「TOKYO燕(えん)パワーユニホーム」を発表。4月12日の巨人戦(神宮)を皮切りに、7月の「TOKYO燕プロジェクト」や8月の「TOKYO燕日」のイベント試合で着用[109]
  • 2017年、昨年に続き胸に「TOKYO」の文字を配置した「TOKYO燕(えん)パワーユニホーム」を発表。4月28日の巨人戦(神宮)を皮切りに、7月の「TOKYO燕プロジェクト」や8月の「TOKYO燕日」のイベント試合で着用[110]
  • 2018年、昨年に続き胸に「TOKYO」の文字を配置した「TOKYO燕(えん)パワーユニホーム」を発表。「燕パワーFRIDAY」、「TOKYOシリーズ」、「TOKYO燕プロジェクト」、「TOKYO燕日」のイベント試合で着用[111]
  • 2019年、昨年に続き胸に「TOKYO」の文字を配置した「TOKYO燕(えん)パワーユニホーム」を発表。「TOKYOシリーズ」、「TOKYO燕プロジェクト」、「TOKYO燕日」のイベント試合で着用[112]
  • 2020年、昨年に続き胸に「TOKYO」の文字を配置した「TOKYO燕(えん)パワーユニホーム」を発表。「TOKYO燕プロジェクト」のイベント試合で着用する予定であったが、イベントは中止となった[113]

注釈

  1. ^ セ・リーグで最多奪三振がタイトル制定となったのは1991年。球団公式サイトの球団のあゆみではセ・リーグ表彰で記載。
  2. ^ 18歳35日での達成は日本プロ野球史上最年少記録。
  3. ^ 現在の記録は1968年に江夏豊が記録した401。
  4. ^ かつ、球団史上唯一。
  5. ^ 指名後の入団交渉不実施による失効を含む。
  6. ^ ただしこの時代はサンケイに限らず、指名されても入団拒否したり、指名しても交渉を実施せずそのまま失効する者は多かった。
  7. ^ 当時の日本プロ野球ワースト記録で、現在もセ・リーグワースト記録及び、間に引き分けを挟まない連敗のワースト記録である。日本プロ野球記録はパ・リーグ千葉ロッテマリーンズ1998年に記録した18連敗(引き分け1を挟む)。
  8. ^ セ・リーグでの90敗到達球団はその後2003年まで現れなかった(横浜ベイスターズ、94敗)。
  9. ^ セ・リーグで勝率が3割を下回ったのはこの年のヤクルトが最後である。パ・リーグでは2005年に新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスが.281を記録しており、これ以後、日本プロ野球で3割を下回ったチームはない。
  10. ^ 日本記録は南海ホークス時代の1978年から福岡ダイエーホークス時代の1993年にかけて記録した16年連続。
  11. ^ 6月5日に1000打点、6月22日に1500試合出場、8月11日に350本塁打、8月25日に1500本安打。
  12. ^ 優勝チームとしてのワースト記録。セ・リーグでは1950年から1991年までの42年間、シーズン中に8連敗以上を記録したチームが優勝したことはなかった。その後、2015年にも9連敗を喫したが優勝している
  13. ^ この年規定投球回数に到達したのはハッカミー、高木、川崎のみであった。
  14. ^ ただし、MXテレビの親会社・東京新聞の関係で対中日戦のみ。
  15. ^ CS導入以前のパ・リーグプレーオフでは2005年の西武が勝率5割未満で進出している。
  16. ^ セ・リーグでは4度目、パ・リーグ(後述の近鉄)を含め5度目の事例。
  17. ^ パ・リーグ記録は、1954年から1956年にかけて、大映が後楽園球場で南海に喫した21連敗[87]
  18. ^ 国鉄の紋章動輪」に由来。球団設立当初はユニフォームの袖章にも使われた。
  19. ^ 1978年から1979年に在籍したデイヴ・ヒルトンの本塁打を出迎える写真がベースボール・マガジン社に残っている(参考:『ベースボールマガジン1994年秋季号 一冊まるごと大特集 プロ野球の華 本塁打がすごい!』 - 23ページに写真掲載)。また、1979年12月発行の漫画単行本『がんばれ!!タブチくん!!』第3巻でツバメのマスコットがホームランを打った選手を出迎えるシーンの描かれた作品が掲載されている。
  20. ^ 広島も地方開催は現状では年間1 - 2試合(2020年は無し)に抑えているため、現状はセ・リーグで試合数ベースで最も多く地方開催を行っているのは阪神である。但し、そのほぼ全てが京セラドーム大阪であるため、実質(開催球場ベース)は巨人がセ・リーグで最も多く地方開催を行っている。
  21. ^ なお、同様の理由で本拠地の横浜スタジアムが使用不可となるDeNAも東京ドームでの主催試合を6試合行う予定となっている。
  22. ^ これとは別に、巨人主管の2試合(当初1試合だったが、宇都宮清原球場での1試合が球場施設損壊のため会場変更になった)が郡山総合運動場開成山野球場で行われ、福島県で3試合開催。
  23. ^ 草薙の4月の3連戦のものは東日本大震災による関東地方(東京電力営業地域)のナイター開催自粛に伴う代替。
  24. ^ 本来、2009年は秋田こまちスタジアムでの2連戦開催が計画されたが、こまちスタジアムでは全国高等学校野球選手権秋田大会の開催と重複するため開催できず、その振り替えとして福島で1試合、もう1試合は神宮で開催。
  25. ^ 5月3-5日の対読売ジャイアンツ戦、9-11日の対広島東洋カープ戦、13-15日の対中日ドラゴンズ戦。
  26. ^ ビジター用は、対広島戦(8月17日 - 19日・マツダスタジアム)で、ホーム用は、対横浜戦(8月24日 - 26日・神宮球場)で使用。
  27. ^ 大杉勝男の8番について、後年の文献では一旦永久欠番となった後広沢克己に禅譲したため失効したと、記述している物が見受けられるが(ベースボール・マガジン社『週刊プロ野球データファイル』等)、1983年11月9日の引退表明を1面で大きく扱ったサンケイスポーツ(東京版・1983年11月10日付)では、「球団は「背番号8」を保留欠番とし、来春3月下旬に引退試合を行うことを決めた。」とあり、明らかに誤りである。この発表からも、この段階で将来的には相応しい選手に与える意向があったとみられる。
  28. ^ 1978年の日本シリーズ・阪急戦のヤクルト主管(日本シリーズの場合NPB主催)4試合も学生野球の都合で後楽園だったが、この時は後楽園開催の条件として日テレに1試合だけ(第2試合)放送権を譲渡することが盛り込まれていた。それ以外の3試合はフジテレビから放送された(阪急主管の3試合も系列局の関西テレビが事実上の独占放送権を持っていたためフジテレビでの放送となった)。なおヤクルト戦共々、後楽園を当時本拠地としていた日本ハムの主催・主管試合放映権を主に持っていたテレビ朝日はこのシリーズの放映権を得ることができなかった。
  29. ^ 放送上の制作クレジットはJ SPORTS→フジテレビ単独表記であり、球団のクレジットは入っていないが、事実上、球団から公式映像制作を受託している。
  30. ^ 現在の全国独立放送協議会に相当するもの
  31. ^ 当時神宮球場で日中に大学野球が開催されており、それを優先させたため。当時、消化試合の多くはデーゲームだったこともあり、アトムズ・スワローズ主催試合の一部は横浜や、川崎球場(当時大洋ホエールズ本拠地)等を間借りして行ったことがあった。
  32. ^ 2017年度も、5月4日・5月5日の阪神戦を対象にデーゲームを開催。これに伴って本来は原則木・金曜日(と、東京六大学野球連盟の予備日に充当している火・水曜で東京六大学連盟の試合がない場合)のデーゲームを基本使用日としている東都大学野球連盟は5月1日・5月2日の月・火曜日に前倒しを行った。
  33. ^ 2011年解散。現在のBリーグにおいてはいづれも渋谷区を本拠としたB1クラブのアルバルク東京サンロッカーズ渋谷が実在する。
  34. ^ 「1イニング連続打数安打」は、NPBでは四死球を挟む場合のみを連続記録として認めており、打数には含まれないが打者アウトとなる犠打・犠飛を挟む場合は参考記録となる。後者の例として1999年6月30日、横浜ベイスターズが対広島東洋カープ11回戦(富山市民)の5回裏に11打数連続安打を達成しているが、このケースでは犠飛が含まれるため参考記録として扱われている。
  35. ^ 2010年1月21日付・朝日新聞新潟版より。同紙上ではヤクルトの他、福岡ソフトバンクホークスも招致候補とされている。

出典

  1. ^ a b 株式会社ヤクルト球団 第72期決算公告
  2. ^ 徳永喜男『ヤクルトスワローズ球団史』ベースボール・マガジン社、1993年、[要ページ番号]ISBN 4583030339
  3. ^ 綱島理友『プロ野球ユニフォーム物語』ベースボール・マガジン社、2005年、[要ページ番号]ISBN 4583038070
  4. ^ a b c d e f g この年の記述の出典は特記ない場合、ヤクルト球団公式サイトの 球団のあゆみ 1950年代 とする
  5. ^ 【4月6日】1958年(昭33)デビュー4打席4三振 その後の長嶋茂雄”. スポーツニッポン. 2013年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月20日閲覧。
  6. ^ a b c 球団のあゆみ 1960年代”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  7. ^ 綱島理友「綱島理友のユニフォーム物語(4)」『週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社、1999年5月10日、 161頁。
  8. ^ a b c d e f 『東京ヤクルトスワローズ40年史―1969-2009ツバメの記憶』ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年、43頁。ISBN 9784583616018
  9. ^ 球団のあゆみ 1970年代”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  10. ^ 週刊ベースボールプラス6 1950-2011 わが愛しのスワローズ 国鉄から始まった栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2011年、P39
  11. ^ 球団アーカイブ 観客動員数”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  12. ^ 高田監督の休養について Archived 2010年6月1日, at the Wayback Machine. 東京ヤクルトスワローズ 2010年5月26日付
  13. ^ “ヤクルト】球団事務所が北青山引っ越し”. 日刊スポーツ. (2012年3月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120319-919853.html 2012年3月19日閲覧。 
  14. ^ 04月24日(火)東京ヤクルトスワローズ-中日ドラゴンズ ヤクルト球団公式サイト Archived 2013年5月26日, at the Wayback Machine.
  15. ^ 04月26日(木)東京ヤクルトスワローズ-中日ドラゴンズ ヤクルト球団公式サイト
  16. ^ 05月30日(水)東京ヤクルトスワローズ-北海道日本ハムファイターズ Archived 2013年5月26日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  17. ^ 09月29日(土)東京ヤクルトスワローズ-中日ドラゴンズ Archived 2013年5月26日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  18. ^ 10月15日(月)中日ドラゴンズ-東京ヤクルトスワローズ Archived 2012年10月19日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  19. ^ 福地選手が現役引退を表明、ファンの皆様、関係者の皆様へ Archived 2012年10月12日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  20. ^ 宮出選手が現役引退を表明、ファンの皆様、関係者の皆様へ Archived 2012年10月25日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  21. ^ “【ヤクルト】林昌勇退団…5年で128S”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年11月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121115-1047261.html 2015年10月3日閲覧。 
  22. ^ “ヤクルト:岩村が古巣復帰…7年ぶり”. 毎日.jp (毎日新聞). (2012年12月11日). オリジナルの2013年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131021150507/http://mainichi.jp/sports/news/20121212k0000m050022000c.html?inb=fa 
  23. ^ a b 週刊ベースボール: 92. (2013-12-09). 
  24. ^ バレ沈黙3の0…ヤクルトCS完全消滅Archived 2013年9月30日, at the Wayback Machine.スポーツニッポン2013年9月24日配信
  25. ^ “ヤクルト 6年ぶり最下位決定「申し訳ない。監督の力不足」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年10月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/01/kiji/K20131001006728150.html 2015年10月3日閲覧。 
  26. ^ “バレンティン 月間本塁打日本新!8月17本目の51号”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年8月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/28/kiji/K20130828006503890.html 2015年10月3日閲覧。 
  27. ^ “バレンティン プロ野球新の次は2打席連続57号弾!アジア記録も抜く”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/15/kiji/K20130915006623210.html 2015年10月3日閲覧。 
  28. ^ “バレ、3年連続本塁打王、ブランコ2冠、新人の小川が投手2冠”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年10月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/08/kiji/K20131008006774860.html 2015年10月3日閲覧。 
  29. ^ 宮本、5年以内にヤクルト監督! 涙なし引退会見 Archived 2014年1月13日, at the Wayback Machine. サンケイスポーツ 2013年8月27日配信
  30. ^ ヤクルト・藤本が引退会見「野球全うできて幸せ」 Archived 2014年2月1日, at the Wayback Machine. サンケイスポーツ 2013年9月10日配信
  31. ^ “ヤクルト 小川監督が辞意 球団に伝え受理「当然のこと」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年9月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/22/kiji/K20140922008973540.html 2015年10月3日閲覧。 
  32. ^ “ヤクルト2年連続最下位「これが現状」”. 日刊スポーツ. (2014年9月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140929-1374993.html 2015年10月3日閲覧。 
  33. ^ “ヤクルト真中新監督会見「覚悟して勝負」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年10月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141008-1379064.html 2015年10月3日閲覧。 
  34. ^ 2014年度 フリーエージェント宣言選手契約締結合意”. 日本野球機構. 2014年11月25日閲覧。
  35. ^ [1][リンク切れ]
  36. ^ “人的補償でヤクルト移籍の奥村が会見「最初は驚きましたが…」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年1月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/01/09/kiji/K20150109009600460.html 2015年10月3日閲覧。 
  37. ^ “ヤクルト連続3失点以下の日本記録15戦目で途切れる”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年4月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1460708.html 2015年10月3日閲覧。 
  38. ^ “ヤクルト9連敗 真中監督「ずっとあと一本という展開」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年5月16日). http://www.sankei.com/sports/news/150516/spo1505160057-n1.html 2015年10月3日閲覧。 
  39. ^ デニング選手東京ヤクルトスワローズとの移籍基本合意のお知らせ”. 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  40. ^ ミッチェル・ジョン・デニング選手と契約”. 東京ヤクルトスワローズ (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  41. ^ “セ・リーグ6球団監督が前半戦を総括”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年7月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1507867.html 2015年10月3日閲覧。 
  42. ^ “ヤ4-2D ヤクルトが4連勝”. 産経新聞. (2015年9月24日). http://www.sankei.com/sports/news/150924/spo1509240052-n1.html 2015年9月24日閲覧。 
  43. ^ “ヤクルト 優勝へのマジックナンバー3が点灯”. NHKニュース. (2015年9月27日). オリジナルの2015年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150929210513/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150927/k10010249921000.html 2015年10月3日閲覧。 
  44. ^ “ヤクルト サヨナラで下克上V! 2年連続最下位から巨人4連覇阻止”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/02/kiji/K20151002011247330.html 2015年10月2日閲覧。 
  45. ^ ヤクルト 打撃3冠部門の1、2位独占は史上初”. 日刊スポーツ (2017年10月4日). 2017年11月28日閲覧。
  46. ^ ヤクルト・山田、トリプルスリー達成 史上9人目”. 日本経済新聞社 (2015年10月4日). 2017年11月28日閲覧。
  47. ^ ヤクルト救援右腕のバーネット、レンジャーズへ「ずっと夢だった」 iza(産経新聞デジタル) 2015年12月16日
  48. ^ ヤクルトが坂口智隆と鵜久森淳志の獲得を発表 日刊スポーツ 2015年11月13日
  49. ^ “続々と出てくる「賭け問題」 2球団が相次ぎ発表”. テレビ朝日. (2016年3月22日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_sports/articles/000070879.html 
  50. ^ ヤクルト9年ぶり開幕4連敗 真中監督「いつまで続くかね」”. スポーツニッポン. 2017年9月1日閲覧。
  51. ^ 燕・由規復帰は“株主対策”の切り札? 総会で投壊追及され球団社長は… zakzak(夕刊フジ) 2016年6月23日
  52. ^ オンドルセクがヤクルト退団「心の中では葛藤が…」”. 日刊スポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  53. ^ “ヤクルト由規1786日ぶり白星「感極まってます」”. 日刊スポーツ. (2016年7月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1683810.html 2016年7月24日閲覧。 
  54. ^ “ヤクルト Bクラス確定 真中監督「結果が全て」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2016年9月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/20/kiji/K20160920013387630.html 2016年9月22日閲覧。 
  55. ^ “ヤクルト・山田哲人が2年連続「トリプルスリー」&100打点達成、史上初の快挙”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年10月1日). http://www.sankei.com/sports/news/161001/spo1610010038-n1.html 2016年10月2日閲覧。 
  56. ^ “2016年度 セントラル・リーグ チーム投手成績”. 日本野球機構. http://npb.jp/bis/2016/stats/tmp_c.html 2016年11月19日閲覧。 
  57. ^ “2016年度 東京ヤクルトスワローズ 個人投手成績(セントラル・リーグ)”. 日本野球機構. http://npb.jp/bis/2016/stats/idp1_s.html 2016年11月19日閲覧。 
  58. ^ ヤクルト・川端がヘルニア手術決断 今季1軍復帰絶望”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  59. ^ ヤクルト畠山、長期離脱濃厚…真中監督「故障多い」”. 日刊スポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  60. ^ ヤクルト、大きな痛手…バレが右足の違和感訴え抹消へ”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  61. ^ ヤクルト・中村が右大腿骨の骨挫傷で抹消へ 「けがで離脱するのが一番悔しい」”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  62. ^ ヤクルト・ライアン小川が肉離れ…復帰のめど立たず”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  63. ^ ヤクルト守護神・秋吉 長期離脱か…右肩甲下筋肉離れ 最悪今季絶望も”. スポーツニッポン. 2017年9月1日閲覧。
  64. ^ ヤクルト雄平が右手首骨折、今季絶望的「痛手」監督”. 日刊スポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  65. ^ “ヤ戦病院”5連敗…ヤクルト、左肩負傷の大引も離脱”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  66. ^ ヤクルト61年ぶりの珍記録!前半で2度の10連敗”. 日刊スポーツ (2017年7月12日). 2017年7月14日閲覧。
  67. ^ ヤクルト セ66年ぶり10点差逆転勝利 大松今季2度目代打サヨナラ弾”. スポニチ (2017年7月27日). 2017年7月27日閲覧。
  68. ^ ヤクルト最悪更新96敗 退任真中監督涙の胴上げ”. 日刊スポーツ (2017年10月4日). 2017年10月13日閲覧。
  69. ^ ヤクルト小川淳司監督復帰 チーム力の強化を”. 日刊スポーツ (2017年10月5日). 2017年10月13日閲覧。
  70. ^ 青木7年ぶり復帰会見「ヤクルトを愛しています”. 日刊スポーツ (2018年2月7日). 2018年2月15日閲覧。
  71. ^ ヤクルトが初の交流戦最高勝率、パは9年連続の勝ち越し”. サンケイスポーツ (2018年6月17日). 2018年10月12日閲覧。
  72. ^ ヤクルトのCS進出決定 セ・リーグ、3年ぶり5度目”. 日本経済新聞 (2018年10月1日). 2018年10月12日閲覧。
  73. ^ セはヤクルトが2位、パはソフトバンクの2位と日本ハムの3位が決定”. スポーツニッポン (2018年10月2日). 2018年10月12日閲覧。
  74. ^ ヤクルトCS初のノーヒットノーランで終戦 小川監督「勝負に負けたということ」”. Full-Count (2018年10月14日). 2021年5月29日閲覧。
  75. ^ 五十嵐亮太、10年ぶりヤクルト復帰の"紆余曲折" 本人もビックリ「最初は間違い電話だと」”. zakzak. 2020年10月26日閲覧。
  76. ^ ヤクルト、49年ぶりの屈辱。リーグワーストタイ16連敗 前半戦に大量失点、打線も4安打完封”. ベースボールチャンネル. 2020年10月26日閲覧。
  77. ^ 数字で見る2019年のヤクルト、656得点はセ2位も投手成績は軒並みワーストを記録”. SPAIA. 2020年10月26日閲覧。
  78. ^ 燕村上が36号弾! 高卒2年目以内の最多本塁打記録に並ぶ”. Full-Count. 2020年10月26日閲覧。
  79. ^ 【ドラフト速報】星稜・奥川泰伸は3球団競合でヤクルトが交渉権獲得! 大船渡・佐々木朗希は4球団競合でロッテ”. ベースボールチャンネル. 2020年10月26日閲覧。
  80. ^ ヤクルト、楽天退団の嶋、今野の獲得を発表 背番号は「45」、「69」に決定”. Full-Count. 2020年11月15日閲覧。
  81. ^ ソフトバンク痛い流出「ルールなので…」 長谷川宙支配下でヤクルトへ”. 西日本スポーツ. 2020年11月15日閲覧。
  82. ^ ヤクルトが小川監督の辞任了承、宮本ヘッドも辞任”. 日刊スポーツ. 2020年10月26日閲覧。
  83. ^ ヤクルト、高津臣吾氏の監督就任を発表 現2軍監督、2015年には投手コーチでリーグV貢献”. ベースボールチャンネル. 2020年10月26日閲覧。
  84. ^ プロ野球の開幕延期が決定。新型コロナ感染拡大を受け、NPBが発表”. THE DIGEST. 2020年10月26日閲覧。
  85. ^ 【詳報】プロ野球、異例の開幕戦 コロナで無観客試合”. 朝日新聞DIGITAL. 2020年10月26日閲覧。
  86. ^ ヤクルト、エスコバー獲得 メジャー1367安打の大物遊撃手、DeNAエスコバーのいとこ”. スポニチ. 2020年10月26日閲覧。
  87. ^ 『週刊ベースボール』1999年12月13日、 20頁。
  88. ^ a b 綱島理友『プロ野球ユニフォーム物語』ベースボール・マガジン社、2005年3月、[要ページ番号]ISBN 9784583038070OCLC 69245565
  89. ^ “浦添の「なんちゃってつば九郎」、正体判明”. 沖縄タイムス. (2014年3月20日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/37904 2020年11月20日閲覧。 
  90. ^ sirguiel@ツバメ軍団 (2009年7月17日). “7/16 東京音頭の前奏”. ツバメ軍団日誌!. 2015年10月3日閲覧。
  91. ^ a b 2020年度セントラル・リーグ選手権試合日程 (PDF)”. 日本野球機構 (2019年7月22日). 2019年7月23日閲覧。
  92. ^ 東京五輪延期に伴い、DeNAとヤクルトが主催試合の開催球場を変更…ハマスタ、神宮でそれぞれ11試合開催”. スポーツ報知 (2020年4月15日). 2020年4月15日閲覧。
  93. ^ 【11月29日】1976年(昭51) ヤクルト、怪物サッシーに破格の契約金”. 日めくりプロ野球11月. スポーツニッポン. 2015年11月29日閲覧。
  94. ^ ヤクルトに抗議電話殺到 セ開幕決定一夜明け デイリー 2011年3月18日 Archived 2011年3月22日, at the Wayback Machine.
  95. ^ “ナイター自粛…神宮のヤクルトは地方開催も”. スポニチ Sponichi Annex. (2011年3月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/03/22/kiji/K20110322000478710.html 2015年10月3日閲覧。 
  96. ^ 日刊SPA!野球取材班 (2012年10月12日). “落合氏「巨人、中日にとって嫌なチームはヤクルト」”. 日刊SPA!. 2015年10月3日閲覧。
  97. ^ [2]
  98. ^ 【なるべく週刊エモト】宮本ヘッド就任でヤクルトは変わる! (3/3ページ)”. サンケイスポーツ (2017年12月5日). 2017年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月29日閲覧。
  99. ^ 2017プロ野球「行く年来る年」座談会(2)巨人・高橋監督は岡本と心中できるか”. アサ芸プラス (2017年12月19日). 2021年5月29日閲覧。
  100. ^ 満足に試合もできない!? ヤクルト二軍が迎える危機的状況 | BASEBALL KING 2015年7月9日
  101. ^ 繰り返す悲劇…“ヤ戦病院”の元凶 | BASEBALL KING 2017年6月27日
  102. ^ “大瀬良、初対戦から同一カード12連勝以上は3人目”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年7月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907260001226.html 2019年7月27日閲覧。 
  103. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年3月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月1日閲覧。
  104. ^ 2016年新ユニホームサプライヤーが「マジェスティック社」に決定!”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年11月24日閲覧。
  105. ^ “ヤクルト、5・3にアトムズユニホーム”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2008年3月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20080331-342652.html 2008年3月31日閲覧。 
  106. ^ TOKYO 燕(エン)プロジェクト Archived 2013年6月7日, at the Wayback Machine.
  107. ^ TOKYO燕(エン)プロジェクト2014 Archived 2014年8月15日, at the Wayback Machine.
  108. ^ TOKYOシリーズ 東京は、燃えているか。”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  109. ^ 2016TOKYO燕パワーユニホームを発表 東京ヤクルトスワローズ 2016年2月17日
  110. ^ 2017TOKYO燕パワーユニホームについて”. 東京ヤクルトスワローズ (2017年2月3日). 2020年7月19日閲覧。
  111. ^ 2018TOKYO燕パワーユニホーム”. 東京ヤクルトスワローズ. 2020年7月19日閲覧。
  112. ^ 2019TOKYO燕パワーユニホーム”. 東京ヤクルトスワローズ. 2020年7月19日閲覧。
  113. ^ 2020TOKYO燕プロジェクト”. 東京ヤクルトスワローズ. 2020年7月19日閲覧。
  114. ^ “ヤクルト山田 2億2000万円で更改「気持ちよくサインした」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/12/08/kiji/K20151208011649020.html 2015年12月8日閲覧。 
  115. ^ 国鉄神宮進出の背景・1963年6月21日 朝日新聞 2015年11月15日閲覧)
  116. ^ MY BOOK 7岩佐徹
  117. ^ ヤクルト“転地”より“人” 新潟がプロ野球の球団誘致 2009.09.10付ZAKZAK Archived 2010年3月28日, at the Wayback Machine.
  118. ^ 新潟県燕市との交流事業”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  119. ^ “ヤクルトが打撃タイトル総なめ 山田は3部門制覇”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年10月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1549611.html 2015年10月8日閲覧。 
  120. ^ a b “ヤクルトが04年ホークス以来、11年ぶり打撃タイトル独占! 山田は3冠”. exciteニュース. Full-Count (Creative2). (2015年10月7日). http://a.excite.co.jp/News/baseball/20151007/Full_count_19663.html 2015年10月8日閲覧。 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東京ヤクルトスワローズ」の関連用語

東京ヤクルトスワローズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東京ヤクルトスワローズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京ヤクルトスワローズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS