気管支喘息 発症因子

気管支喘息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 00:01 UTC 版)

発症因子

大気汚染

粒子状物質)への曝露は強い発症因子であることが判明している。

ヨーロッパにおいては、大気汚染と新生児アレルギー感作の増大の関連は結論されていない[7]

食習慣

野菜と果物の摂取はそれぞれ、喘息のリスクと重症度を下げるようである[8]。小児の野菜と果物の消費量に応じて、喘息のリスクが下がる関係が見られ、妊娠期の母親の消費量はその子のリスクに無関係であった[9]。一方、妊娠初期にアブラナ科の野菜(ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、クレソンなど)を摂取すると幼児の喘息症状の発生率軽減するというデータもある[10]。22研究中17が野菜と果物は喘息やアレルギーの予後を良好にしているという関係が見られた[11]。20か国29施設が参加した国際研究でも、野菜と果物の消費量が発症率に関係することが見いだされた[12]。 牛乳の消費と喘息の増加には関連があるが、単純な因果関係では説明できず、一部の喘息の人々では粘液産生を促している可能性がある[13]

動物との接触

への曝露は、喘息のリスクに対してわずかに予防的、逆に、への曝露はリスクをわずかに増加させており、追加の研究が必要だとされた[14]。BCGワクチンの予防接種による喘息の予防効果は一時的である[15]

環境緑化

緑化については研究の条件が違いすぎて評価できなかったため、標準化された基準が必要だと結論している[16]


注釈

  1. ^ 直訳では一つの気道に一つの病気がある。

出典

  1. ^ Marketos SG, Ballas CN. Bronchial asthma in the medical literature of Greek antiquity. J Asthma. 1982;19(4):263-9. PMID 6757243, doi:10.3109/02770908209104771
  2. ^ Q9-4 たばこの煙で発作が起こることがありますか?
  3. ^ 小田嶋博, 「喫煙の気管支喘息への影響」『日本小児アレルギー学会誌』 2005年 19巻 3号 p.237-246, 日本小児アレルギー学会, doi:10.3388/jspaci.19.237, NAID 10020563061
  4. ^ 萱場広之, 「2 稲作地域における環境因子と気管支喘息 : 穀物粉塵と野焼きを中心に(化学物質過敏症の診断・治療と問題点)」『アレルギー』 2004年 53巻 2-3号 p.224-, 日本アレルギー学会, doi:10.15036/arerugi.53.224_1, NAID 110002432669
  5. ^ 線香の煙の吸入が喘息を悪化させる可能性を示唆 九州大学 - 大学ジャーナルオンライン — Mozilla Firefox
  6. ^ 火山噴火 その時どうする?|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB — Mozilla Firefox
  7. ^ Gruzieva O, Gehring U, Aalberse R, et al. (2014). “Meta-analysis of air pollution exposure association with allergic sensitization in European birth cohorts”. J. Allergy Clin. Immunol. 133 (3): 767-76.e7. doi:10.1016/j.jaci.2013.07.048. PMID 24094547. 
  8. ^ a b Hosseini B, Berthon BS, Wark P, Wood LG (2017). “Effects of Fruit and Vegetable Consumption on Risk of Asthma, Wheezing and Immune Responses: A Systematic Review and Meta-Analysis”. Nutrients 9 (4). doi:10.3390/nu9040341. PMC 5409680. PMID 28353635. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5409680/. 
  9. ^ Seyedrezazadeh E, Moghaddam MP, Ansarin K, Vafa MR, Sharma S, Kolahdooz F (2014). “Fruit and vegetable intake and risk of wheezing and asthma: a systematic review and meta-analysis”. Nutr. Rev. 72 (7): 411-28. doi:10.1111/nure.12121. PMID 24947126. 
  10. ^ a b 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター
  11. ^ Nurmatov U, Devereux G, Sheikh A (2011). “Nutrients and foods for the primary prevention of asthma and allergy: systematic review and meta-analysis”. J. Allergy Clin. Immunol. 127 (3): 724-33.e1-30. doi:10.1016/j.jaci.2010.11.001. PMID 21185068. 
  12. ^ Nagel G, Weinmayr G, Kleiner A, Garcia-Marcos L, Strachan DP (2010). “Effect of diet on asthma and allergic sensitisation in the International Study on Allergies and Asthma in Childhood (ISAAC) Phase Two”. Thorax 65 (6): 516-22. doi:10.1136/thx.2009.128256. PMID 20522849. 
  13. ^ Bartley J, McGlashan SR (2010). “Does milk increase mucus production?”. Med. Hypotheses 74 (4): 732-4. doi:10.1016/j.mehy.2009.10.044. PMID 19932941. 
  14. ^ Takkouche B, González-Barcala FJ, Etminan M, Fitzgerald M (2008). “Exposure to furry pets and the risk of asthma and allergic rhinitis: a meta-analysis”. Allergy 63 (7): 857-64. doi:10.1111/j.1398-9995.2008.01732.x. PMID 18588551. 
  15. ^ Linehan MF, Nurmatov U, Frank TL, Niven RM, Baxter DN, Sheikh A (2014). “Does BCG vaccination protect against childhood asthma? Final results from the Manchester Community Asthma Study retrospective cohort study and updated systematic review and meta-analysis”. J. Allergy Clin. Immunol. 133 (3): 688-95.e14. doi:10.1016/j.jaci.2013.08.007. PMID 24084077. 
  16. ^ Lambert KA, Bowatte G, Tham R, et al. (2017). “Residential greenness and allergic respiratory diseases in children and adolescents - A systematic review and meta-analysis”. Environ. Res. 159: 212-221. doi:10.1016/j.envres.2017.08.002. PMID 28803150. 
  17. ^ 気管支ぜんそく/咳ぜんそく 日本医科大学呼吸ケアクリニック
  18. ^ せき(咳)・たん・ぜんそく(気管支ぜんそく)について アスゲン製薬
  19. ^ Jenkins, C; Costello, J; Hodge, L (2004), “Systematic review of prevalence of aspirin induced asthma and its implications for clinical practice”, BMJ 328: 434-439, PMID 14976098 full text
  20. ^ Beasley R. "The global burden of asthma report. Global initiative for ashma(GINA)" 2004
  21. ^ 平成8年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業
  22. ^ 日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会監修『喘息予防・管理ガイドライン2006』協和企画、2006年、22頁。
  23. ^ Busse WW, and others. Combined Analysis of Asthma Safety Trials of Long-Acting β2-Agonists. N Engl J Med 2018; 378:2497-2505 DOI: 10.1056/NEJMoa1716868
  24. ^ 長屋宏、「日本のアレルギー診療は50年遅れている」、メディカルトリビューン社。ISBN 978-4-89589-336-7
  25. ^ Bousquet J, Lockey R, Malling HJ. (Oct 1998). “Allergen immunotherapy: therapeutic vaccines for allergic diseases. A WHO position paper”. J Allergy Clin Immunol. 102 (4 Pt 1): pp.749-794. PMID 9802362
  26. ^ 県産野菜の機能性評価(山梨県) (PDF)
  27. ^ One airway One disease 葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック 2022年3月10日閲覧。






気管支喘息と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気管支喘息」の関連用語

気管支喘息のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気管支喘息のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気管支喘息 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS