アイスクリーム 商品形態による分類

アイスクリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/13 08:55 UTC 版)

商品形態による分類

アイスクリームは商品形態により次のように分類される[4]

カップ
カップ入りのアイスクリームのカップは紙製と樹脂製に大別され、蓋やシールで密封されている[4]
スティック
スティックタイプのアイスクリームのスティックには木製や樹脂製のものがある[19]。スティックタイプのアイスクリームの製法はモールドタイプとエクスツールドタイプに分けられる[19]
モナカ(アイスモナカ)
最中生地(モナカ皮)を可食容器として利用したもの[19]
アイスクリーム・コーン
食べられる円錐形の受け皿は、アイスクリームコーン(ice cream cone)あるいは単にコーンという。日本語ではカタカナ表記が同じなので勘違いされることが多いが、コーンという呼び名は形状から来ており、原料はトウモロコシ(コーン:corn)ではなく小麦粉である。現在では四角錐のような形状のもの、小型のタルト生地のような形状のものもあり、このような円錐形でないものも含めて小麦粉を焼いて作られる上部の開いた容器は一般にコーンと呼ばれている。ワッフル生地を硬く焼いたワッフルコーンもある。
コーンの発明者は不明である。これに関する最初の文献記述は、Mrs. A. B. Marshall's Cookery Book(1888年)である。Marshallはアイスクリーム製法に様々な工夫をした人物として知られ、彼女自身による発明の可能性もある。このカップは、1904年セントルイス万国博覧会のアイスクリーム売りが使用し、一気に全世界に広まった。
アイスクリーム専門店などでは販売時にコーンを保管しておくためのコーンスタンドが用いられ、販売の際にはコーンの下端に円錐状の紙(スリーブ)が取り付けられることもある。さらに、ソフトクリームなどでは小麦粉の生地を焼いて作られたキャップがアクセントにのせられていることもある。
その他
  • 一口タイプ[19] - 一口で食べることができるようチョコレートでコーティングしたものなど。
  • サンドイッチタイプ[19]
  • スティックレスバータイプ[19]
  • デコレーションタイプ[19]
  • ハンディ容器タイプ[19] - スパウト付パウチ容器などを利用したもの[19]

  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ 教えて!アイスクリーム王子/アイスクリームとラクトアイスは、何がちがうの? 日本アイスクリーム協会(2018年11月15日閲覧)
  4. ^ a b c d e f 上野川修一 編『ミルクの事典』(朝倉書店、2009年)p.126
  5. ^ ローラ・ワイス 著、竹田円 訳『アイスクリームの歴史物語』原書房〈お菓子の図書館〉、2012年。ISBN 978-4562047857 
  6. ^ Thanks, Prohibition! How the Eighteenth Amendment Fueled America’s Taste for Ice Cream”. Perspectives on History. 2021年8月14日閲覧。
  7. ^ 誰かのために先払い、「保留アイスクリーム」 イタリア AFPBB News(2015年8月1日)
  8. ^ “《冷たい善意》お裾分け=貧困家庭の子供に無料アイス−伊”. ローマAFP=時事. (2015年8月2日). オリジナルの2015年8月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150809115247/http://www.jp105.net/news-693273.html 
  9. ^ 世界各国の1人当り年間消費量”. 日本アイスクリーム協会. 2019年8月22日閲覧。
  10. ^ アイスクリームの日本昔話 信州大学 細野明義 p33
  11. ^ 横浜歴史年表 編纂委員会編
  12. ^ 「アイス・氷菓の販売額最高に 20年度 内食需要が伸長」『日本農業新聞』2021年7月9日14面
  13. ^ 「溶けないアイス」増産日経産業新聞』2018年9月20日(食品・日用品・サービス面)および『日経MJ』2018年10月1日(コンビニ・フード面)/2018年11月15日閲覧
  14. ^ アイスクリームをつくろう”. 三重県総合教育センター. 2003年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月20日閲覧。
  15. ^ アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約と公正競争規約施行規則”. 日本アイスクリーム協会. 2022年1月31日閲覧。
  16. ^ アイスクリームの知識 | 「乳」の知識 | 学ぶ・体験する | 森永乳業株式会社”. 森永乳業ウェブサイト. 2022年1月30日閲覧。
  17. ^ アイスクリームと温度管理 日本アイスクリーム協会
  18. ^ 5.賞味期限 日本アイスクリーム協会
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n 上野川修一 編『ミルクの事典』p.127、朝倉書店、2009年



アイ・スクリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 15:58 UTC 版)

アイ・スクリーム (I scream)




「アイ・スクリーム」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  アイスクリームのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイスクリーム」の関連用語

アイスクリームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アイスクリームのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイスクリーム (改訂履歴)、アイ・スクリーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS