裏とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論理学 > の意味・解説 

読み方:うら

(1)ものの陰になって見えない面。「表」に対する語。
(2)表面にはあらわれないように隠された事情表向きとは異な内部事情などを指す語。

うら【裏】

二面ある物の表面反対側の面。裏面(りめん)。うしろ。「写真の裏に撮影年月日を記す」「紙の表と裏間違える」⇔表。

物体の、こちらから見えない向こう側の面。「月の裏

物体の、下になっている面。「足の裏」「靴の裏を張り替える

物の正面反対になる側。また、その陰になっているところ。「たんすの裏」「舞台の裏」⇔表。

建物後ろになる側。「昨夜裏でぼやがあった」⇔表。

建物後ろ側にある出入り口裏口。「裏のドアかぎをかける」「裏から入る」⇔表。

衣服内側につける布。裏地。「裏がすりきれる」⇔表。

表向きでない面。人の目にふれない面。「表と裏では態度が違う」「裏で何を考えているのかわからない」⇔表。

公表はばかるような事情。隠されている事柄内情。「彼の言うことには何か裏がある」「芸能界の裏」

好ましくないことが表面現れずに行われるところ。「裏で金を動かす」「裏で教唆している人物がいるに違いない

普通と反対のこと。逆。「世間考えそうなことの裏を行く」

だっていないこと。中心でないこと。「裏作」「裏街道」「裏番組

裏千家」の略。

二度あるものの、あとのほう。

野球で、後攻チーム攻撃する時。「九回裏の攻撃」⇔表。

㋑同じ遊女二度遊ぶこと。また、二度目に来た客。→裏を返す

10 裏づけ証拠

11 論理学で、「pならばqである」に対して仮定結論をともに否定した「pでなければqでない」という形式命題最初命題が真でも、命題は必ずしも真ではない。

12 連歌俳諧で、句を書きつける懐紙の裏の面。特に初折(1目)の裏をいう。

13 内部。奥。うち。

天地(あめつち)の底ひの―に我(あ)がごとく君に恋ふらむ人はさねあらじ」〈三七五〇〉

[下接語] 上げ裏麻裏浅葱(あさぎ)裏・足裏内裏襟裏表裏額裏楽屋裏変わり裏木裏口裏毛裏芸裏・初(しょ)裏・裾(すそ)裏・総裏・袖(そで)裏・手裏・天井裏・胴裏通し裏共裏名残の裏二の裏抜け裏軒裏・羽(は)裏・葉裏・舞台裏真裏(まうら)・紅(もみ)裏・屋裏・路地


り【裏】

[音](呉)(漢) [訓]うら うち

学習漢字6年

〈リ〉

表の反対側。うら。「裏面表裏

物の内側。「胸裏禁裏庫裏(くり)・心裏内裏(だいり)・脳裏

その状態で。「暗暗裏成功裏秘密裏

〈うら〉「裏表裏口裏話裏腹胴裏(どううら)・舞台裏屋根裏

[補説] 「裡」は俗字で、主としての23使用

難読紅裏(もみうら)


命題 P ならば Q に対して命題 P でないならば Q でない、を命題の裏という。
命題が真であっても、その裏は必ずしも真ではない。


読み方:うら
分類:製品

畳表場合耳毛の根が表に出ている面を裏とする。

うら【裏】

(1)正規のものでないことを指す隠語。「裏基板」「裏ロム」といった言い方をする。
(2)台の裏側のこと。「裏詰まり」「裏どまり」といえば、台の裏側で玉が詰まって払い出しがないことを指す。

作者広坂光則

収載図書閑話百題―ショートショート集 上
出版社新風舎
刊行年月2007.3


読み方:うら

  1. 現金。②物品を売ること。又は買う意にも通ず、「おもて」参照(※参照箇所不明。「おもこ」か)。③また遊郭の語で一度来た客がまた来ることをいう。「うらを返す」または「うらをつける」という。

読み方:うら

  1. 脊。〔第二類 人物風俗
  2. 脊を云ふ。

読み方:うら

  1. 物品売買授受。〔第四類 言語動作
  2. 物品を売る事又は買ふ意にも通ず。(おもて〔※「おもて①」〕)参照

読み方:うら

  1. 現金。〔第七類 雑纂
  2. 現金のことをいふ。〔犯罪語〕
  3. 現金を云ふ。
  4. 現金。〔一般犯罪
  5. 現金。〔掏摸

分類 掏摸犯罪犯罪


読み方:うら

  1. 二度目に来る客のことをいふ。誹諧通言に「うらに来ぬはこれ女郎の恥、三度目は客の恥」とある。又「裏を返す」ともいふ。〔花柳語〕
  2. 遊廓言葉二度目に行く事。「裏を返す」と同意
  3. 花柳界にて二度目に来る客のことをいふ。俳諧通言に「うらに来ぬはこれ女郎の恥、三度目は客の恥」とある。又「裏を返す」ともいふ。
  4. 〔隠〕花柳界二度目に来る客をいふ。
  5. 遊里二度目に来た客の事をいふ。初めては初会二度目は裏、三度目馴染といふ。
  6. 二度目の客を云ふ。うらをかへす又はうらをつける等と云ふ。
  7. 遊廓言葉にて二度目登楼をを云ふ。「うらを返す」又は「うらをつける」と云ふ。
  8. 再会とも書く、遊廓で二回目に登楼して前と同じ女を呼んで遊ぶこと。初め初会又は表、二度目は裏、三度目からは馴染(なじみ)という。
  9. 二度目にくる客のこと。誹諧通言に「うらに来ぬはこれ女郎の恥、三度目は客の恥」とある。又「裏を返す」ともいう。〔花柳界
  10. 遊里二度目に来た客。初め初会三度目よりは馴染という。〔花〕

分類 花柳界花柳界風俗花柳語、花/風俗

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
うら
うらさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 01:07 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

(うら)

一覧

  • の反対側。裏面、何らかの面の反対側、外面に対する内面、隠された面(裏口、裏地、月の裏など)などのこと。
  • 裏 (論理学)論理学用語で「 p ならば q である」( pq )という形の命題に対して、命題「 p でないならば q でない」( ¬ p ⇒ ¬ q )。
  • 裏番組 : 同じ放送地域内で、あるラジオテレビ番組の同時間帯で放送される他局の番組。
  • 裏ビデオモザイク処理を行っていないアダルトビデオ
  • 裏付け: 証拠、根拠のこと。裏付ける、裏を取る。
  • 裏拍 : 4分の4拍子の曲で、2拍目、および4拍目に打つことを指す音楽用語。
  • 裏ドラ : 麻雀において立直リーチして上がった時にのみ有効となるドラ。
  • 遊客が一度だけ選んだ遊女を再び選び(2会目)遊興すること。初会のときは一言もしゃべらないのに対し、話を少ししてくれるようになる。裏の時はそれを祝う裏祝儀を行う。この後、3会目に登楼することを馴染みという。「裏を返す」とも言う。
  • 野球で、各イニングにおける後攻側の攻撃のこと。先攻側の攻撃(表)に対して裏という。
  • 街区の反対側
  • 路地裏
  • 地下違法
  • 公営競技連勝単式で、自分の買っていた投票券と着順が逆になること(例:1-2を買っていて1着2番、2着1番)。
  • パチンコパチスロで、違法に改造された台のこと(裏スロなど)。

関連項目



出典:『Wiktionary』 (2020/03/07 09:27 UTC 版)

発音

接尾辞

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



裏と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「裏」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||



裏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



裏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2020 数理検定協会 All Rights Reserved.
JAやつしろJAやつしろ
Copyright(c)2020 JAやつしろ All Rights Reserved.
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの裏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS