勝安芳とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 近代日本人の肖像 > 勝安芳の意味・解説 

勝安芳 かつ やすよし

勝安芳の肖像 その1
文政6年1月30日明治32年1月19日 (1823~1899)

東京生まれ幕臣、政治家。長崎海軍伝習所に学ぶ。蘭学西洋兵学修得し、万延元年(1860)咸臨丸艦長として渡米文久2年(1862)軍艦奉行並となる。元治元年(1864)軍艦奉行就任神戸海軍操練所開き幕臣のほか坂本竜馬諸藩学生志士教育戊辰戦争では西郷隆盛説得し、江戸城無血開城成功新政府で、海軍大輔参議兼海軍卿、元老院議官等を歴任。のち枢密顧問官となる。

キーワード 政治家
号・別称 義邦, 海舟
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 亡友帖 / 勝安芳編 瑞穂屋卯三郎, 明11.2 <YDM4987>
  2. 断腸之記 / 勝安芳著 石光与吉, 明21.10 <YDM1940>
  3. 亡友録 / 勝安芳著 博文館, 1889 <YDM4988>
  4. 海軍歴史. [1], [2], [3], [4], [5], [6], [7], [8], [9] / 勝安芳(海舟)著 海軍省, 明22.11 <YDM52669>
  5. 外交余勢・断腸記 杉原謙, 1890 <YDM1780>
  6. 流芳遺墨. [1], [2] / 勝安芳(海舟)編 福田敬業, 明23.8 <YDM70624>
  7. 桜園集 / 大久保一翁著 ; 勝安芳編 勝安芳, 明25.12 <YDM85686>
  8. 開国起原. [1], [2], [3] / 勝安芳著 吉川半七, 明26.1 <YDM1781>
  9. 幕府始末 / 勝安芳著 国光社, 明28.3 <YDM1990>
  10. 海舟先生氷川清話. [1], [2], [3] / 勝安芳述 ; 吉本襄編 書院, 明30-31 <YDM6627>
  11. 海舟遺稿 / 亀谷馨(天尊)編 ; 東久世竹亭鴻盟社, 明32.10 <YDM205090>
  12. 海舟先生精神修養談 / 安部正人編 大学館, 明35.12 <YDM9237>
  13. 大日本創弁海軍史. [1], [2], [3] / 勝安芳著 ; 中島雄等訳 吉川弘文館, 明39.10 <YDM52727>
  14. 海舟日誌 / 勝安芳著 ; 太郎開国社, 明40.7 <YDM6620>
  15. 海舟先生氷川清話 / 勝安芳述 ; 吉本襄編 河野成光館, 明42.10 <YDM6629>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

勝海舟

(勝安芳 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/07 13:55 UTC 版)

勝 海舟 / 勝 安芳(かつ かいしゅう / かつ やすよし、文政6年1月30日1823年3月12日〉 - 明治32年〈1899年1月19日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士幕臣)、政治家位階勲等爵位正二位勲一等伯爵




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 現在の東京都墨田区両国の一部。当時の本所亀沢町と現在の墨田区亀沢とは町域が重なっていない。
  2. ^ 墨田区立両国公園(両国4-25)内に「勝海舟生誕之地」碑が建っている。また、墨田区役所敷地(吾妻橋1-23)内には勝海舟像が建つ。
  3. ^ 現在の新潟県柏崎市の一部。
  4. ^ 男谷家は平蔵が継ぎ旗本となり、次男で小吉の兄彦四郎思孝、その次は思孝の従甥で男谷忠之丞の子信友(下総守、剣聖・精一郎)が継いだ[2]
  5. ^ 浅草新堀。現在の台東区元浅草、三筋付近。
  6. ^ 後に妹の順子は象山に嫁いでいる。
  7. ^ 富田鉄之助作成の年譜で開塾が海舟の父が死んだ同年9月と一緒に記録されているため、年は特定出来ても月日が分からない。また、杉と佐藤の入門時期は佐藤が安政元年10月28日と記録に書かれているが、杉は諸説ありはっきりしない[5]
  8. ^ 第一期から三期まで在籍したことを「勝は成績が悪く、三度落第した」とする文献もある。航海術に必要な数学(算数)が苦手だったようである。ただし、これは反勝派の旧幕臣から出たものであり、事実とは言いがたいという反論もある。オランダ教官からは非常に評価されているとのことである。
  9. ^ 妻には「ちょっと品川へ船を見に行ってくる」とだけ言って出かけたらしい[12]
  10. ^ この時の海舟の船酔いについては、実は海舟が何らかの伝染病に罹っており、自らを隔離するために船室に引き籠もっていたとする説もある。
  11. ^ 帰路もアメリカ人が乗船したとの説もある。
  12. ^ この会議での対応は木村の面目を潰す行為だったが、海舟はなんら気にせずに開陳、11月に再度開かれた会議では無言で通した。以後も木村の対応はぞんざいで、日記では同じ船に乗ったこと、木村と会ったことなどが書かれていない[15]
  13. ^ 神戸は平安時代末の平清盛以来の国際貿易港であったが、それは朝鮮・中国を相手にしたものである。その神戸を西欧諸国との貿易のために活かそうとした点で海舟の提案は斬新だった。
  14. ^ この塾頭が坂本龍馬だった。
  15. ^ 海舟が主張する攘夷は、外国と戦えば負けることを前提に、戦争よりも寧ろ戦後処理を重視している。戦争に負けて天下に攘夷が不可能なことを知らしめ人心を一新、加えて外国と攘夷論者に怯えて消極的な対応しか出来ない幕臣も追放、武備を充実させて世論を統一させた上で改めて外国との条約締結を論じている。これは既に春嶽や小楠が公議政体論と重ねて言っていることで、彼らと同志である海舟もこの種の大開国論者になっていた[17]
  16. ^ 逆にそうでない期間には本など読まなかったとも述べている。
  17. ^ 後に軍事総裁として全権を委任され、旧幕府方を代表する役割を担うという説明があるが、松浦はこの説を否定、若年寄に任命された旗本集団(浅野氏祐川勝広運ら)が事実上幕府の全権を担い(後に一翁も若年寄に就任)、海舟は若年寄を辞退し彼らの下に置かれている事実を強調している。一方、不平分子を退散させるため、新選組近藤勇土方歳三らに甲陽鎮撫隊と改称させ甲府城へ向かわせ、古屋佐久左衛門率いる衝鋒隊を別方面に出発させている[22]
  18. ^ 例えば高橋敏の『清水次郎長と幕末維新』(岩波書店、2003年)などで清水次郎長とその配下に護衛を依頼したとする説を一次資料を提示しない「通説」としてとりあげているが、高橋自身も賛同はしておらず『清水次郎長とその周辺』の増田知哉や藤田五郎、村本喜代作、長谷川昇、戸羽山翰も同様である旨を明記しておく。また海舟と次郎長について交際のあった一次資料はない。同じ3月に街道警護役を伏谷如水から押し付けられた件と混同している向きもある。
  19. ^ 海舟自身は日記・座談で明言していないが、津本陽・檜山良昭ら多くの作家が調査のうえ、海舟が知識としては持っており参考にした可能性が高いと結論づけている。
  20. ^ 海舟の政治構想はなるべく400万石を保った徳川の存続を図り、徳川を含めた諸侯から一律の割合で費用を徴収、政治体制は公議政体論の実現を目指した物だったが、上野戦争を経て新政府が旧幕府に妥協する必要がなくなると海舟の構想も頓挫してしまった。失敗の原因である彰義隊について海舟は暴発を防ごうと説得に当たったが失敗、彼らを扇動したとして寛永寺執当の覚王院義観を激しく非難している[26]
  21. ^ 当時、明治天皇の侍従を務めていた山岡鉄舟を介して西郷の赦免、西郷の遺児を江戸に呼ぶことを明治天皇に提案している。その後、西郷の嫡男・寅太郎は明治政府に採用されてポツダム陸軍士官学校留学を命ぜられ、庶長子菊次郎は外務書記生としてアメリカ公使館勤務となった。また、西郷の甥で弟・吉二郎の長男の隆準も寅太郎と同行し留学を希望したので、海舟は徳川家から借金をして寅太郎と隆準の留学の際の餞別金350円を手渡している。
  22. ^ 作家の山田風太郎は、自身の著書『人間臨終図巻』の中で、海舟のこの言葉を「臨終の際の言葉としては最高傑作」と評している。
  23. ^ 当初は子爵の内示だったが、左記の感想を述べ辞退、のちに伯爵を授爵したという説と伯爵叙爵の祝いの席に子爵叙爵と勘違いして来た客をからかって詠んだ歌という説がある。だが、宮島誠一郎が語った上記の逸話を踏まえれば「伯爵叙爵の祝いの席に子爵叙爵と勘違いして来た客をからかって詠んだ歌」という説の方が自然とも言える。勝の身長は実際に五尺ちょっとで、当時の人の中にあっては実際人並みであるが、西郷など長身だった者も維新で活躍した中には多く、その自身の身長に掛けている。事実、勝は自分のことをよく「小男」などと表現している。
  24. ^ 数学が必須の海軍伝習で、幕臣関係同期生39人中留年者は勝ほか4人であった[51]
  25. ^ この騒動の結末は書かれていないため不明だが、翌9月に海舟が順動丸に老中酒井忠績を乗せて江戸から大坂へ向かったため、ストライキはうやむやに終わったのではないかと推測されている[55]
  26. ^ 海舟没後、勝家は男子の後継者を法的に定めておらず、女戸主となり一旦爵位を返上している。なお精の代に3回家宝の売立てを行っている[63]

出典

  1. ^ 石井 1974, p. 258、小西 1985, p. 262、松浦 2010, p. 30
  2. ^ 石井 1974, p. 2、小西 1985, pp. 46-47, 50
  3. ^ 小西 1985, p. 14、松浦 2010, pp. 32-35
  4. ^ 「武士道教育総論」P155 - P182。
  5. ^ 松浦 2010, pp. 54, 764-765, 767-768
  6. ^ 石井 1974, p. 4、松浦 2010, p. 132
  7. ^ 石井 1974, pp. 5-10、小西 1985, pp. 17-19、松浦 2010, pp. 61-63, 75-82, 88-94
  8. ^ 藤井 1985, p. 45、松浦 2010, pp. 99-101, 770-771
  9. ^ 石井 1974, pp. 11-13、松浦 2010, pp. 48, 113-122
  10. ^ 石井 1974, pp. 13-15、土居 1994, pp. 58-69、松浦 2010, pp. 123-134
  11. ^ 石井 1974, pp. 15-20、小西 1985, pp. 20-21、藤井 1985, pp. 2-16、土居 1994, p. 89-137、松浦 2010, pp. 135-160
  12. ^ 小西 1985, p. 156
  13. ^ 藤井 1985, pp. 12-13、松浦 2010, pp. 151-160
  14. ^ 石井 1974, p. 20、松浦 2010, pp. 162-173, 782-783
  15. ^ 土居 1994, pp. 172-176、松浦 2010, pp. 184, 196, 201, 305-306, 788
  16. ^ 石井 1974, pp. 21-33、土居 1994, pp. 140-177、松浦 2010, pp. 174-200, 788-789
  17. ^ 松浦 2010, pp. 187-188, 192, 203-207
  18. ^ 石井 1974, pp. 33-43、松浦 2010, pp. 200-219
  19. ^ 石井 1974, pp. 43-61, 264-265、松浦 2010, pp. 219-252
  20. ^ 石井 1974, pp. 62-87、松浦 2010, pp. 253-271
  21. ^ 石井 1974, pp. 99-137、松浦 2010, pp. 285-309, 315-316
  22. ^ 石井 1974, pp. 166-167、半藤 2008, pp. 28-41、松浦 2010, pp. 340-341, 808-809
  23. ^ 石井 1974, pp. 137-179、半藤 2008, pp. 41-55、松浦 2010, pp. 323-368
  24. ^ 石井 1974, pp. 171-175、半藤 2008, pp. 49-53、松浦 2010, pp. 359-361, 365-368
  25. ^ 石井 1974, pp. 179-218、半藤 2008, pp. 102-115、松浦 2010, pp. 368-395
  26. ^ 石井 1974, pp. 203-205, 213-214, 218、松浦 2010, pp. 386-395
  27. ^ 石井 1974, pp. 219-220、松浦 2010, pp. 397-401
  28. ^ 石井 1974, pp. 220-224, 274、松浦 2010, pp. 401-430, 434-450
  29. ^ 石井 1974, pp. 224-227、土居 1994, pp. 217-225、半藤 2008, pp. 154-156, 179-180, 192-201、松浦 2010, pp. 451-481
  30. ^ 清水伸『明治憲法制定史 下』原書房, 1973年, P57、石井 1974, pp. 234-235、松浦 2010, pp. 623-625。
  31. ^ 湯本豪一 『図説明治人物事典 政治家・軍人・言論人編』 日外アソシエーツ、P144。
  32. ^ 石井 1974, pp. 232-236, 254、松浦 2010, pp. 611-618, 644-646
  33. ^ 石井 1974, pp. 237, 243、半藤 2008, pp. 292-303、松浦 2010, pp. 430, 665, 667
  34. ^ 石井 1974, pp. 227-228, 230、『静岡県史 通史編5』pp.36-37、半藤 2008, pp. 130-132, 149-150、小林正義『知られざる前島密』郵研社, pp.94-96、松浦 2010, pp. 431-434, 439-445, 487-500, 521, 602-608
  35. ^ 石井 1974, pp. 228-230、半藤 2008, pp. 204-233、松浦 2010, pp. 501-519
  36. ^ 日鮮支三国合縦連衡論
  37. ^ 小野寺龍太 『古賀謹一郎』 ミネルヴァ書房ミネルヴァ日本評伝選)、253-261頁。
  38. ^ 日本の墓:著名人のお墓:勝海舟』株式会社亘徳。中川聖山 『お墓の履歴書』 講談社、76-77頁。
  39. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)pp.83-84。
  40. ^ 勝大輔外3名達 叙位等の件』 アジア歴史資料センター Ref.C09110165100 
  41. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  42. ^ 『官報』第3301号「叙任及辞令」1894年7月2日。
  43. ^ 『官報』第1156号「叙任及辞令」1887年5月10日。
  44. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  45. ^ 『官報』第4651号「叙任及辞令」1899年1月4日。
  46. ^ 永井義男. “深夜の遠吠えfile102・勝海舟は片キンか”. 2009年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年11月15日閲覧。
  47. ^ 巌本善治編・勝部真長解説 『海舟座談』 岩波書店[岩波文庫]P251。
  48. ^ 巌本善治編・勝部真長解説 『海舟座談』 岩波書店[岩波文庫]pp.224-225。
  49. ^ 『蘇翁夢物語 わが交遊録』中公文庫
  50. ^ 仮称)勝海舟記念館(旧清明文庫)整備事業基本計画”. 大田区ホームページ. 2017年8月1日閲覧。
  51. ^ 藤井 1985, p. 45.
  52. ^ 土居 1994, p. 269
  53. ^ 金澤 2017, pp. 41-69.
  54. ^ 金澤 2017, p. 83.
  55. ^ 土居 1994, pp. 185-187、松浦 2010, pp. 234-235, 237
  56. ^ 石井 1974, pp. 58-59、松浦 2010, pp. 246-250
  57. ^ 小野寺龍太 『栗本鋤雲』 ミネルヴァ書房、219-220頁。
  58. ^ 『観樹将軍豪快録』
  59. ^ a b 松浦 2010, p. 904
  60. ^ 石井 1974, pp. 261, 270
  61. ^ ホイットニー 1996, pp. 11-25, 上巻
  62. ^ a b c d e f ホイットニー 1996, p. 560, 下巻
  63. ^ 小田部雄次 『家宝の行方』、115頁。
  64. ^ 船戸安之 『勝海舟---物語と史跡をたずねて』、1953年
  65. ^ AERA』、朝日新聞出版、2010年8月23日
  66. ^ 江藤淳・松浦玲編『氷川清話』講談社「講談社学術文庫」解題、p.389。
  67. ^ 江藤淳・松浦玲編『海舟語録』解題、p.280。
  68. ^ 巌本善治編・勝部真長解説『海舟座談』岩波書店(岩波文庫)p.131。
  69. ^ 巌本善治編・勝部真長解説『海舟座談』岩波書店(岩波文庫)pp.82-83。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「勝安芳」の関連用語

勝安芳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

平林九兵衛

東条英機

高山樗牛

井上良馨

出羽重遠

北里柴三郎

横井小楠

夏目漱石





勝安芳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勝海舟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS