血液 数値

血液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 05:07 UTC 版)

数値

血液重量が体重に占める割合は動物によって異なる。ヒトやイヌ7.7%、ネコ5.5%、ウサギ5.4%、ラット5.0%、ニワトリは10%になる[1]

主な脊椎動物の血液重量比

脊椎動物において、体重に占める血液の重量比率は動物の種によって大きく異なる。数値は、Bertelsmann 1979, Oppenheimer and Pincussen 1925, Prosser 1973から[32]

動物 体重に対する
血液重量比率(%)
変動幅
コウモリ 13.0
シロナガスクジラ 6.5
ネコ 5.6
ウシ 5.2 - 5.7
ニワトリ 7.0
ヨーロッパヒキガエル 5.6 4.7 - 6.3
ワニ 15.4
イヌ 8.6 2.3 - 8.7
カモ 10.2
ウナギ 2.9
オオヤマネ 5.8 5.3 - 6.0
ヤギ 7.3
ヨーロッパヤマカガシ 7.7
モルモット 7.5
ノウサギ 7.5 6.4 - 8.1
ハリネズミ 8.0
ウマ 7.6
ヒト男性 6.5 - 7.1
ヒト女性 7.1 - 7.8
トカゲ 5.8 4.7 - 7.0
ハツカネズミ 5.8 4.6 - 7.0
ホライモリ 2.9
ブタ 4.6 2.3 - 8.7
ラット 7.5
カワラバト 7.8
オンドリ 9.0
サンショウウオ 6.1 5.5 - 6.8
サケ 2.8
ヤツメウナギ 4.9
サメ 7.0
ヒツジ 8.1 6.6 - 10.4
アシナガトカゲ 5.2 3.8 - 7.6
カメ 9.1

注釈

  1. ^ 」は「平和」を象徴し、「血」は「暴力」を象徴する。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 生化学辞典第2版、p.420 【血液】
  2. ^ 『三輪血液病学』p179
  3. ^ ワークブックで学ぶ生物学の基礎第2版 著:ケント・プライアー、トレーシー・グリーンウッド、リチャード・アーラン p190
  4. ^ 栄養を運ぶ血液 NHK for School
  5. ^ Flindt、p.219
  6. ^ a b 佐藤・佐伯(2009)、p22、第2章 血液 1.血液bloodの成分と機能 (3)血液の成分
  7. ^ a b 生化学辞典第2版、p.1210 【ヘモグロビン】
  8. ^ 生化学辞典第2版、p.204 【エリスロクルオン】
  9. ^ 生化学辞典第2版、p.1214 【ヘモシアニン】
  10. ^ 生化学辞典第2版、p.1009 【バナドクロム】
  11. ^ a b 生化学辞典第2版、p.425 【血液細胞】
  12. ^ 浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、ISBN 4-8306-1419-6、pp.2031-2036
  13. ^ 関正利、他 編集 『実験動物の血液学』ソフトサイエンス社、1981年、pp.13-19
  14. ^ 通常、血液細胞はこの分類がされることが多いが、リンパ球をさらに細かく分類することもある。また組織中の肥満細胞は同じく造血幹細胞から分化し、同じく組織中に存在するマクロファージは造血幹細胞から単球を経て分化するため、これらも広義には血液細胞の1種に数えられることもあるー参考文献・巽典之 編集『血液細胞ノート』文光堂、2005年、ISBN 4-8306-1418-8
  15. ^ a b c d 佐藤・佐伯(2009)、p.24-25、第2章 血液 2.赤血球 (1)形状と機能
  16. ^ a b 佐藤・佐伯(2009)、p.25-26、第2章 血液 2.赤血球 (2)ヘモグロビン(血色素)
  17. ^ a b c 佐藤・佐伯(2009)、p.29-30、第2章 血液 3.白血球 (1)形状と機能
  18. ^ 生化学辞典第2版、p.430 【血小板】
  19. ^ a b c 佐藤・佐伯(2009)、p.30-31、第2章 血液 4.血小板 (1)形状と機能
  20. ^ 佐藤・佐伯(2009)、p.32、第2章 血液 5.血漿 (1)血漿の成分と機能
  21. ^ a b c d 生化学辞典第2版、p.760 【造血器官】
  22. ^ 血液は体の外からやってきた 独立行政法人 理化学研究所
  23. ^ a b c d 佐藤・佐伯(2009)、p.23、第2章 血液 1.血液bloodの成分と機能 (4)血液blood cellの産出と幹細胞stem call
  24. ^ 佐藤・佐伯(2009)、p.27-28、第2章 血液 2.赤血球 (3)生成と破壊
  25. ^ a b 生化学辞典第2版、p.915 【糖尿病】
  26. ^ a b 生化学辞典第2版、p.1092 【貧血】
  27. ^ 生化学辞典第2版、p.433 【血友病】
  28. ^ 生化学辞典第2版、p.1007 【白血病】
  29. ^ a b c 佐藤・佐伯(2009)、p.39-40、第2章 血液 7.血液型
  30. ^ 黒崎嘉子, 天野光彦, 栗田吾郎 ほか、「食用に供する豚血液の加工と細菌汚染」『日本獣医師会雑誌』 40巻 2号 1987年 p.108-112, doi:10.12935/jvma1951.40.108
  31. ^ The Watchtower 15 June 2004, p. 22, "Be Guided by the Living God"
  32. ^ Flindt、p.72






血液と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「血液」の関連用語

血液のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



血液のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの血液 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS