子供 子供の概要

子供

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
絵画に描かれた子供
(1915年、アルウィン・アーネガー画)
フォアアールベルク州立博物館オーストリア
に手をひいてもらいつつ、お祭りを楽しむ子供たち。(日本・2009年)
本を読む子供(タンザニア・2009年)
  • 自分がもうけた子[1]がもうけた子[2]。親と一対になる子。親に対する子。
  • 幼い者[1][2]。年齢のいかない者[2]。(児童小児)小・中学生を含めることもある。

考え方によっては、胎児出生前発育英語版をしている生命として子供に含める場合もある[3]

また、親子権威を持つ人物英語版との相対的関係を表したり、氏族民族または宗教内での関係を示す場合にも使われる。何らかの概念との関係を示すためにも使われ、「自然児」や「1960年代の子供」のように特定の場所または環境等の状況を受けている人の集団を指して用いられることもある[4]

思慮や行動などが幼く足りない者のことも指して使われる用語もあり[2]、幼稚さや要領・主体性の無さを表す言葉として「子供っぽい」「子供らしい」「子供の使い」等の慣用句もある[5]

なお、子供という単語は人間以外の動物にも使われたり[6]生物に限らない、大きいものと小さいものが組みになっている状態を指して「子持ち」という表現にも使われる[7]

自分の子、親と対になる意味の子

「子供」という言葉は、自分がもうけた子も指している[1]広辞苑第五版では「子供」の解説の第一にその意味を挙げている[1]大辞泉も「むすこ」(男性の子供)や「むすめ」(女性の子供)を挙げている[2]

また、書簡において、「子供」は謙譲語として用いられる[8]。相手方を示すためには、「御子様(おこさま)」などの尊敬語が使われる[8]

法的・社会的な基準

2005年における国別の15歳以下の人口

国際連合児童の権利に関する条約1989年の第44回国際連合総会で採択、1990年発効)では、子供を「

18歳未満のすべての者、ただし子供に適用される法律の下でより早く成年に達する場合は、この限りでない

」と規定している[9]。この条約は、加盟194カ国中192カ国で批准されている(日本:1994年批准)。英語の用法では、胎児も子供の範疇に含める場合がある[3]

しかし、本来「子供」とその発達段階は明確に区分できない漸進的なものであり、その概念は歴史的に構築され、また社会や文化の相違が反映される。法律で大人と子供を定める際には、個人の成熟度合いを考慮していては法的安定性が欠如するため一律の線引きを置く必要に迫られる[10]。そのため、各法律の目的に沿って様々な用語を使いながら「子供」に対する個別の定義を行っている[11]

日本での定義・区分

日本の子供と家族2003年

日本では、1896年(明治29年)制定の民法によって、20歳以上を成年と定めており(第4条)[12]被選挙権(18歳以上[13])など一部の権利を除いて、飲酒(未成年者飲酒禁止法第1条)・喫煙(未成年者喫煙禁止法第1条)などを含む成人の権利が与えられる[11][14]

また、人口統計学においては15歳未満の者を「子供」としており、総務省の人口統計でも15歳未満の人口を「年少人口」と定義している。

世界の定義・区分

国立国会図書館の調査によると、世界186か国中、成人となる年齢を18歳としている国は162にのぼる。これには、日本を除く主要国首脳会議(G7)対象国全てが該当する[14]。ただし、18歳成人は欧米諸国では1960-70年代に起こった若年層の活発な社会行動を反映して引き下げられたもので、イギリスでは1968年に定められた[14]。一方、アジアアフリカ開発途上国では事情が異なり、早い年齢で負わせられる徴兵の義務に対応して選挙等の権利を与えるために成人年齢が設定されたとの意見もある[14]

労働という観点から、国際労働機関 (ILO) は、ILO138号条約にて就業最低年齢をその労働内容に応じて3種類設定している。最低の年齢は、義務教育が修了する年齢とし、基本的には15歳と置くが、発展途上国では14歳とすることもできる。その一方で軽易な労働はもっと若い13歳(発展途上国では12歳)を最低年齢とする。逆に、危険な労働への就業年齢は18歳または適切な職業訓練を条件に16歳とする。なお、家庭内の農業や手伝い、アルバイトなどは対象外とする[25]

イニシエーション

何かしらの儀礼を以って子供と大人を区分けする習慣があり、これらはイニシエーション(英:initiation、通過儀礼)の一つに上げられる。多くは試練や苦行、また身なりの変更などであった[26]

日本では元服もこれらの一つに相当した[27]が、現在社会では廃れてしまっている。成人式も儀礼としては形骸化していると言えよう。

河合隼雄は「イニシエーションの欠如が問題になっている」と述べ[28]ピーターパン・シンドローム心理社会的モラトリアム発生の一因とも考えられている[26]


注釈

  1. ^ 公布は1911年(明治44年)。(国立公文書館「公文書にみる日本のあゆみ、明治44年(1911)3月」
  2. ^ 交ぜ書き廃止を求める団体が「子ども」表記の廃止を文科相に請願したことや、国会衆議院文部科学委員会)で交ぜ書き表記の是正についてたびたび取り上げられたことが一因とされる。(日本教育新聞、2013年7月15日)

出典

  1. ^ a b c d 広辞苑 第五版 p.988 「子供」
  2. ^ a b c d e デジタル大辞泉「子供」[1]
  3. ^ a b 『Shorter Oxford English Dictionary』、2007年、6版、p.397、第一定義によると、"A fetus; an infant;..."(胎児; 幼児)。『The Compact Edition of the Oxford English Dictionary: Complete Text Reproduced Micrographically’, Vol. I』、オックスフォード大学出版局、1971年、p.396、‘The unborn or newly born human being; foetus, infant’.(未出生または出生間近の人間; 胎児, 幼児)
  4. ^ 【child】in American Heritage Dictionary”. Your Dictionary. 2012年3月10日閲覧。
  5. ^ 「【子供っぽい】【子供らしい】【子供の使い】」『日本語大辞典』講談社、1989年、第一刷、715頁。ISBN 4-06-121057-2
  6. ^ 「【子供】」『日本語大辞典』講談社、1989年、第一刷、715頁。ISBN 4-06-121057-2
  7. ^ 「【子持ち】」『日本語大辞典』講談社、1989年、第一刷、726頁。ISBN 4-06-121057-2
  8. ^ a b 書翰文研究 P.103 中川静 1905年
  9. ^ Convention on the Rights of the Child (PDF)” (英語). The Policy Press, Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights. 2010年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。
  10. ^ 『現代法学入門』、伊東正己、加藤一郎、有斐閣、3版補訂版、1999年、p.22
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 角田巌、綾牧子. “子どもの存在における二重性 (PDF)”. 文教大学図書館. 2012年3月10日閲覧。
  12. ^ 民法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  13. ^ 2016年平成28年)6月19日の改正公職選挙法施行以後。
  14. ^ a b c d 田中治彦. “18歳成人を考える”. 立教大学. 2012年3月10日閲覧。
  15. ^ 松岡久和. “能力(2)-行為能力の制限と補充 (PDF)”. 京都大学法学部. 2012年3月10日閲覧。
  16. ^ 少年法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  17. ^ a b c d 児童福祉法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  18. ^ 母子及び父子並びに寡婦福祉法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  19. ^ 児童手当法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  20. ^ 児童扶養手当法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  21. ^ a b 学校教育法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月11日閲覧。
  22. ^ a b c d 医療用医薬品の添付文書等の記載要領の留意事項について”. PMDA. 2021年8月15日閲覧。
  23. ^ 青少年雇用対策基本方針を定める件(厚生労働四) 平成28年1月14日”. 独立行政法人労働政策研究・研修機構. 2016年4月11日閲覧。
  24. ^ 青少年の雇用の促進等に関する法律(若者雇用促進法)などが平成27年10月から順次施行されます!”. 厚生労働省. 2016年4月11日閲覧。
  25. ^ a b 定義 「児童労働」とは?”. ILO駐日事務所. 2012年3月25日閲覧。
  26. ^ a b 四宮ふみ子. “大人になることの拒否”. 北星学園大学. 2012年3月31日閲覧。
  27. ^ 丹羽建夫. “大人になることの拒否”. 河合文化教育研究所. 2012年3月31日閲覧。
  28. ^ 河合隼雄『母性社会日本の病理』講談社、1997年。ISBN 978-4062562195
  29. ^ a b c d e 柿木昭人. “大人/子供‐古代ギリシアからの眺め (PDF)”. 同志社大学. 2012年3月3日閲覧。
  30. ^ Mark Golden, Children and Childhood in Classical Athens, Johns Hopkins Univ. Pr., 1993 (1990), p. 12-13.
  31. ^ a b c 一番ヶ瀬ら(1984)、pp.64-65、学習と遊び
  32. ^ a b c d 渡辺朋昭. “バダンテール『母性という神話』コメント アリエス『<子供>の誕生‐アンシャンレジーム期の子供と家族』”. 慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス 小熊英二研究会. 2012年3月3日閲覧。
  33. ^ a b c 伏木久始. “ルソーの教育論”. 信州大学教育学部. 2012年3月3日閲覧。
  34. ^ a b 木村吉彦「ルソーの「消極教育」論について : 教育方法としての「自由」の適用原理」『上越教育大学研究紀要』第12巻第1号、上越教育大学、 285-298頁、 NAID 1100076517392020年4月22日閲覧。
  35. ^ Heather Thomas. “To what extent were there important changes in the way that children were brought up in this period?” (英語). elizabethi.org. 2012年3月3日閲覧。
  36. ^ a b c 杉本ら (2004)、pp.63-64、第5章 児童問題と社会福祉、第1節 児童福祉の理念と意義、(1)児童観の変遷
  37. ^ Rachel K. Jones and April Brayfield. “Life's greatest joy?: European attitudes toward the centrality of children. (PDF)” (英語). Social Forces, Vol. 75, No. 4, Jun 1997. 1,239-69 pp.. 2012年3月3日閲覧。
  38. ^ a b 一番ヶ瀬ら(1984)、pp.65-66、遊び軽視の観念
  39. ^ 一番ヶ瀬ら(1984)、p.70、子どもの生活の中心-遊び
  40. ^ a b 一番ヶ瀬ら(1984)、pp.67-68、遊びを通しての成長
  41. ^ 児童権利宣言”. 国際連合第14回総会採択. 2012年3月31日閲覧。
  42. ^ ヨハン・ホイジンガ『ホモ・ルーデンス 人類文化と遊戯』
  43. ^ 一番ヶ瀬ら(1984)、p.77、遊びの発展
  44. ^ a b c d Helping Your Child with Socialization” (英語). Child Development Institute. 2014年3月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月3日閲覧。
  45. ^ a b 高橋江梨子. “児童の対人認知と社会的スキルに関する研究 (PDF)”. 創価大学文系大学院. 2012年3月10日閲覧。
  46. ^ 吉田俊和(1987)「きょうだいの存在意義」長田雅喜編『家族関係の社会心理学』福村出版、p.107
  47. ^ カリキュラム”. 東京福祉大学短期大学・こども学科. 2012年3月10日閲覧。
  48. ^ 取得できる資格”. 帝京短期大学. 2012年3月10日閲覧。
  49. ^ 教育義務費に係る経費負担の在り方について(中間報告)”. 文部科学省. 2012年3月10日閲覧。
  50. ^ 各国の義務教育制度の概要 (PDF)”. 文部科学省. 2012年3月10日閲覧。
  51. ^ 世界の学校を見てみよう”. 外務省. 2012年3月10日閲覧。
  52. ^ Juvenile Justice. “Changing Social Attitudes Toward Children” (英語). 2012年3月3日閲覧。
  53. ^ Melchiorre, A.. “At What Age?...are school-children employed, married and taken to court?” (英語). Right to Education Project. 2012年3月3日閲覧。
  54. ^ W. J. Rorabaugh, Donald T. Critchlow, Paula C. Baker (2004). "America's promise: a concise history of the United States". Rowman & Littlefield. p.47. ISBN 0742511898
  55. ^ Modernization - Population Change” (英語). Encyclopædia Britannica. 2012年3月3日閲覧。
  56. ^ Child mortality rates dropping” (英語). Los Angeles Times. 2012年3月3日閲覧。
  57. ^ 松岡光治. “ディケンズと芸術 (PDF)”. 名古屋大学大学院・国際言語文化研究科. 2012年3月31日閲覧。
  58. ^ 鬼塚雅子. “煙突掃除夫たちの詩”. 埼玉女子短期大学. 2012年3月31日閲覧。
  59. ^ 松永巌「オリヴァー・トゥウィトに見るロンドンの下層社会」和光大学総合文化研究所年報『東西南北』1997年
  60. ^ a b c d e 石原静子 (1998年). “アジアに羽ばたけトットちゃん 現代子ども労働の一考察”. 和光大学人間関係学部. 2012年3月10日閲覧。
  61. ^ a b c 野澤正子「戦前の日本における児童の公的保護論の形成過程」『社會問題研究』第35巻第2号、大阪府立大学社会福祉学部、1986年、 1-17頁、 ISSN 0912-46402020年5月1日閲覧。
  62. ^ 2.児童労働の実態 路上で働く子どもたち:ストリートチルドレン”. ILO駐日事務所. 2012年3月25日閲覧。
  63. ^ 統計”. ILO駐日事務所. 2012年3月25日閲覧。
  64. ^ 2.児童労働の実態 家事使用人として働かされる子どもたち”. ILO駐日事務所. 2012年3月25日閲覧。
  65. ^ キャロル・S ・コープ『変質者の罠から子どもを守る法』人間と歴史社、1997年。ISBN 978-4890071029
  66. ^ 碓井真史. “東京小6女児4人監禁事件の犯罪心理”. 新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科. 2012年3月10日閲覧。
  67. ^ a b 小野圭司. “子ども兵士問題の解決に向けて (PDF)”. 防衛省防衛研究所. 2012年3月30日閲覧。
  68. ^ a b c d e 清野隆「国語科教育の基礎学の構築(Ⅰ) 漢字の基礎-「子ども」・「子供」の表記を基にして-」『北海道教育大学紀要(教育科学編)』第59巻第1号、北海道教育大学、2008年。
  69. ^ “「子ども」は「子供」で統一します 文科省「差別表現でない」と公文書で使用”. J-CASTニュース. (2013年9月1日). https://www.j-cast.com/2013/09/01182664.html?p=all 
  70. ^ 『「子ども」表記を「子供」に 下村文科相 公用文の統一指示』 (日本教育新聞、2013年7月15日)
  71. ^ 『新編 新しい国語 3』(平成二十七年三月六日 検定済版) 東京書籍株式会社、2018年。 
  72. ^ a b “「こども」どう書く”. 毎日新聞 校閲センター. (2018年11月19日). https://mainichi-kotoba.jp/enq-037 
  73. ^ a b c “「子供」or「子ども」どっちで書く?新聞は「子ども」派が多数 専門家の見解は”. まいどなニュース. (2020年8月1日). https://maidonanews.jp/article/13585181 
  74. ^ 子ども教の信者は目をさましましょう”. 2020年12月1日閲覧。






子供と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

子供のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子供のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子供 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS