愛華みれ 愛華みれの概要

愛華みれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 06:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
あいか みれ
愛華 みれ
生年月日 (1964-11-29) 1964年11月29日(56歳)
出生地 鹿児島県南大隅町(旧・根占町[1]
血液型 O
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1985年 -
活動内容 1985年宝塚歌劇団入団、花組配属[2]
1998年:花組トップスター就任[2]
2001年:宝塚歌劇団退団[2]、その後女優として活動。
配偶者 あり
公式サイト Mire Channel
主な作品

舞台
夜明けの序曲
チャーリー・ガール


ドラマ
ぼくが地球を救う


映画
フライ,ダディ,フライ
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

鹿児島県南大隅町(旧根占町)出身[1]鹿児島県立南大隅高等学校出身[1]。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属[2]

略歴

1983年、宝塚音楽学校入学。

1985年、宝塚歌劇団入団(71期生[1]。『愛あれば命は永遠に』で初舞台[2]。花組に配属となる[2]

1986年に『散る花よ、風の囁きを聞け』の薩摩藩の藩士役に抜擢される。『秋…冬への前奏曲』『春の風を君に』などの新人公演で主演を任される。

1999年の『夜明けの序曲』で花組トップスターに就任[2]。この時期は愛華をはじめ5組のトップスター中4組が同期生であった(花組・愛華、月組・真琴、雪組・轟、星組・稔)。

2001年、『ミケランジェロ』のタイトルロールを最後に退団。以後、女優として舞台からテレビなどで活動している。

2008年3月21日リンパ腫に罹患していることを所属事務所が公表、出演予定の舞台を降板して治療に専念していた[3]が、同年8月6日モーニング娘。と共演した新宿コマ劇場での公演『シンデレラtheミュージカル』にて復帰。

2009年1月1日に入籍したことを同日の公式ブログにて公表した[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台

花組時代

  • 1992年 『白扇花集/スパルタカス』:ジュリアス・シーザー
  • 1992年 『けれど夢の中で めざめたときに』:マサキ *バウホール公演初主演
  • 1992年 『心の旅路/ファンシー・タッチ』:リチャード
  • 1992年 『ドニエブルの赤い罌粟』:ニコラーエフ
  • 1993年メランコリック・ジゴロ/ラ・ノーバ!』:マチウ
  • 1993年 『ベイ・シティ・ブルース/イッツ・ア・ラブ・ストーリー』:ホールデン
  • 1993年 『ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス』:セイボリー
  • 1994年ブラック・ジャック 危険な賭け/火の鳥』:ジョイ(東京公演:ケイン)
  • 1994年 『たけくらべ』:信如
  • 1994年 『冬の嵐、ペテルブルグに死す/ハイパー・ステージ!』:ポール
  • 1995年哀しみのコルドバ/メガ・ヴィジョン』:ビセント
  • 1995年 『LAST DANCE』:ニキ
  • 1995年 『エデンの東/ダンディズム!』:アロン
  • 1995年 『紅はこべ/メガ・ヴィジョン』
  • 1996年 『花は花なり/ハイペリオン』
  • 1996年 『HURRICANE』:オウディ *バウホール主演
  • 1996年 『ハウ・トゥー・サクシード』:バド・フランプ
  • 1996年 『Ryoma 〜硬派・坂本龍馬!II〜』:桂小五郎
  • 1997年 『失われた楽園/サザンクロス・レビュー」:エリオット・ウォーカー
  • 1997年 『風と共に去りぬ』:スカーレット・オハラ
  • 1997年 『ザッツ・レビュー』:大河原亮
  • 1998年ヴェロニック』:フロレスタン・ド・ヴァランクール *バウホール主演
  • 1998年 『SPEAKEASY/スナイパー』:ジョナサン・ピーチャム

花組トップ時代

  • 1998年 『春ふたたび/サザンクロス・レビュー』:藤原道忠
  • 1999年 『夜明けの序曲』:川上音二郎(大劇場トップお披露目公演)
  • 1999年 『タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビュー'99』:フリオ・デスノイエル
  • 2000年 『タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビューIV』:フリオ・デスノイエル(中日劇場)
  • 2000年源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!』:光源氏
  • 2000年 『〜夢と孤独の果てに〜 ルードヴィッヒII世/Asian Sunrise』:ルードヴィッヒII世
  • 2000年 『源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!』:光源氏(全国ツアー公演)
  • 2001年 『ミケランジェロ ―神になろうとした男- /VIVA!』:ミケランジェロ・ブォナローティ(退団公演)

ディナーショー

  • 1994年 『Lovin' You!』
  • 1996年 『PURE LOVE!』
  • 1999年 『LA GARE』
  • 2001年 『Felicita Arcobaleno』

  1. ^ a b c d e 愛華みれ「夢を描け、夢の翼を休めるな」 (PDF)”. 続・郷土の先人「不屈の心」〜中学生用〜. 鹿児島県教育委員会. pp. 21-30 (2010年). 2013年6月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 本人公式ウェブサイトのプロフィールに記載。
  3. ^ [女優 愛華みれさん]悪性リンパ腫(2)舞台降板 立ち向かう覚悟”. ヨミドクター (2009年7月9日). 2017年3月27日閲覧。
  4. ^ 愛華みれ (2009年1月1日). “あけましておめでとうございます”. 愛華日記. OCNブログ人. 2013年6月14日閲覧。
  5. ^ ホーム > 作品情報 > 映画「スクール・オブ・ナーシング」”. 映画.com (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。


「愛華みれ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「愛華みれ」の関連用語

愛華みれのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



愛華みれのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛華みれ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS