ブルガリア ブルガリアの概要

ブルガリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/03 14:42 UTC 版)

ブルガリア共和国
Република България
国旗 国章
国の標語:Съединението прави силата
(ブルガリア語: 団結は力なり)
国歌Мила Родино(ブルガリア語)
"愛しき祖国"
公用語 ブルガリア語
首都 ソフィア
最大の都市 ソフィア
政府
大統領 ルメン・ラデフ
首相 ディミタール・グラフチェフ英語版
副大統領イリアナ・イオトヴァ英語版
面積
総計 110,993.6km2102位
水面積率 0.3%
人口
総計(2020年 694万8000[1]人(105位
人口密度 64[1]人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2023年 xxx,xxxレフ
GDP(MER
合計(2023年 $1031億 [2]ドル(69位
1人あたり $16,086[2]ドル
GDP(PPP
合計(2023年 $2165億 [2]ドル(73位
1人あたり $33,780[2]ドル
建国
大ブルガリア (中世)632–668
第一次ブルガリア帝国681–1018
第二次ブルガリア帝国1185–1396
ブルガリア公国の成立1878年3月3日
オスマン帝国より独立宣言(王制施行1908年10月5日
君主制廃止、共産化1946年9月15日
ブルガリア共産党のトドル・ジフコフ議長および共産党書記長辞任による共産党独裁体制終焉1989年11月10日
民主的な憲法の施行1991年7月13日
欧州連合への加盟2007年1月1日
通貨 レフBGL
時間帯 UTC+2 (DST:+3)
ISO 3166-1 BG / BGR
ccTLD .bg
国際電話番号 359

注釈

  1. ^ 何歳まで免除か不明。

出典

  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年11月5日閲覧。
  2. ^ a b c d World Economic Outlook Database, October 2023 Edition. (Bulgaria)”. IMF.org. International Monetary Fund (2023年10月10日). 2023年10月11日閲覧。
  3. ^ ブルガリア政府、ロックダウンを2021年1月末まで延長”. JETRO (2020年12月22日). 2020年12月30日閲覧。
  4. ^ ブルガリア大統領選、親ロシア派の野党候補が勝利”. 日本経済新聞 (2016年11月14日). 2022年3月1日閲覧。
  5. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年1月6日). “【月刊正論12月号】「南京大虐殺」を世界遺産にしたユネスコ事務局長のトンデモない経歴 ミロスラフ・マリノフ(ジャーナリスト)”. 産経ニュース. 2022年3月1日閲覧。
  6. ^ ブルガリア共和国基礎データ”. 外務省. 2022年3月10日閲覧。
  7. ^ http://lex.bg/laws/ldoc.php?IDNA=2133624321
  8. ^ IMF
  9. ^ 内閣府による県民経済計算 Archived 2010年2月10日, at the Wayback Machine.
  10. ^ ブルガリア国防相を罷免 ウクライナ侵攻に消極姿勢”. afp. 2022年3月10日閲覧。
  11. ^ マネースクウェア・ジャパン ブルガリア銀の取り付け騒ぎ 2014/07/01
  12. ^ ロイター ブルガリア大手行の取り付け騒ぎ、風評流布で4人逮捕 2014年6月30日
  13. ^ 【新興国ABC】存在感高めるブルガリア『日経産業新聞』2017年8月29日アジア・グローバル面
  14. ^ WEB特集 ヨーグルトやドラキュラだけではないんです - NHK
  15. ^ ブルガリアとルーマニアがシェンゲン圏に参加、EU諸国と空・海路で移動自由に”. CNN (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  16. ^ National Statistical Institute (2022年). “Population by Ethnic Group, Statistical Regions, Districts and Municipalities as of 07/09/2021”. 2023年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月6日閲覧。
  17. ^ 瀬能繁 (2011年4月6日). “EU、ロマ人の統合促進で国別戦略策定へ”. 日本経済新聞. オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816141949/https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0505H_W1A400C1EB1000/ 
  18. ^ “About the Roma”. 世界銀行. オリジナルの2006年8月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060824055025/http://web.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/COUNTRIES/ECAEXT/EXTROMA/0,,contentMDK:20333806~menuPK:615999~pagePK:64168445~piPK:64168309~theSitePK:615987,00.html 
  19. ^ “「東欧ジプシーが押し寄せる」…「戸締まり」に出た西欧の富国”. 東亜日報. (2014年1月10日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816135824/https://www.donga.com/jp/article/all/20140110/423726/1 
  20. ^ [1]
  21. ^ おもしろ税金ものがたり(4)」(PDF)『羽の情報便』第27号、プラスマネジメント株式会社、2007年12月http://www.plus-management.jp/hane/hane0712.pdf2018年1月23日閲覧 
  22. ^ [2] 世界銀行
  23. ^ [3]
  24. ^ 結婚の没落?…欧州10ヵ国で婚外出産が全新生児数の半分以上”. 東亜日報 (2018年4月19日). 2018年4月20日閲覧。
  25. ^ National Statistical Institute (2022年). “Population by Religious Denomination, Statistical Regions and Districts as of 07/09/2021”. 2023年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月8日閲覧。
  26. ^ Глава Русской древлеправославной церкви освятил восстановленный в Болгарии старинный русский храм
  27. ^ 『世界年鑑2024』(共同通信社)386頁。
  28. ^ ブルガリア安全対策基礎データ 日本外務省海外安全ホームページ
  29. ^ 日本放送協会. “世界ふれあい街歩き”. NHK|世界ふれあい街歩き|これまでの街歩き. 2021年8月27日閲覧。
  30. ^ ブルガリアの伝統息づく国際仮装大会11点(ナショナルジオグラフィック。参照日:2018.5.15)
  31. ^ ベルバトフ マンチェスター・ユナイテッドに移籍
  32. ^ Bulgarian Medals and Results in the Olympic Games”. olympiandatabase.com. 2023年4月18日閲覧。


「ブルガリア」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ブルガリア」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブルガリア」の関連用語

ブルガリアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブルガリアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルガリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS