サッカー日本代表 歴代監督の一覧

サッカー日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 08:56 UTC 版)

サッカー日本代表(サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUEサムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。FIFAワールドカップには6回出場し、最高成績はベスト16(アジア最多3回)。アジアレベルのAFCアジアカップでは、4回の優勝を記録している。


注釈

  1. ^ a b c d 国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は、釜本邦茂三浦知良(共に55得点)の両名を最多得点者としている。
  2. ^ 2019年現在ワールドカップでどちらも退場者を出さずに11人対11人で勝った最後の試合である。
  3. ^ 同時開催ではなく日本対イラン戦の2時間前に開始。
  4. ^ 日本は、1996年大会準々決勝でクウェートに敗れて以降、この大会の準決勝でサウジアラビアに敗れるまで16試合連続無敗を続けていた。なお、サウジアラビアも1984年大会の初戦から16試合連続無敗を続けていたが、1992年大会決勝で日本に敗れ記録が止まった。なお、日本は初優勝した1992年大会以降グループリーグは全て無敗で1位通過しており、グループリーグの連続無敗記録は2015年大会までで21試合となっている。
  5. ^ また、優勝を逃した日本は大会通算5度目となる決勝で初の敗者となった。
  6. ^ その後にFIFA主催の世界大会で日本代表が準優勝以上の成績を挙げた大会は、FIFAコンフェデレーションズカップ2001(準優勝)・2010 FIFA U-17女子ワールドカップ(準優勝)・2011 FIFA女子ワールドカップ(優勝)がある。

出典

  1. ^ ※当時の国名は、大日本帝國vs中華民國。犬飼基昭「日本代表公式記録集2008」『財団法人日本サッカー協会』 14頁、29頁
  2. ^ a b 犬飼基昭「日本代表公式記録集2008」『財団法人日本サッカー協会』 206頁
  3. ^ 「競技記録 第三日/蹴球/庭球」 朝日新聞、1917年5月11日、2015年11月20日閲覧
  4. ^ 代表チーム同士以外の試合で、15点差の敗戦試合(日本 1-16 グラスホッパーズ、1936年8月19日)がある。
  5. ^ 日本サッカー協会. “JFAサッカーQ&A - 日本代表”. 2012年7月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 後藤健生 『日本サッカー史 日本代表の90年』双葉社、2007年。 
  7. ^ a b サッカーミュージアム (2007年3月27日). “速報!歴代日本代表ユニフォーム”. サッカーミュージアムな日々. 201207-19閲覧。
  8. ^ 日本サッカーミュージアム. “ヒストリカルアーカイブ - 歴代ユニフォーム”. 201207-19閲覧。
  9. ^ 日本代表チーム愛称は、「SAMURAI BLUE 」”. 日本サッカー協会 (2009年10月19日). 2010年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月19日閲覧。
  10. ^ “お祭り好きに火が付いた 数万人、未明まで熱狂”. 京都新聞. (2002年6月15日). オリジナルの2005年11月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051127232332/http://www.kyoto-np.co.jp/news/flash/CN200206/15/CN2002061401000693.html 2012年7月19日閲覧。 
  11. ^ “健闘たたえる温かい拍手 スタジアムに祈り届かず”. 京都新聞. (2002年6月18日). オリジナルの2005年11月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051118083749/http://www.kyoto-np.co.jp/news/flash/CN200206/18/CN2002061801000468.html 2012年7月19日閲覧。 
  12. ^ 夕刊フジ全記録『日本代表の1366日』vol.1〜永久保存版、トルシエニッポンの軌跡(夕刊フジzakzak編)
  13. ^ W杯特別連載特集<検証トルシエ・ニッポン>”. 日刊スポーツ (2002年6月19日). 2006年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月19日閲覧。
  14. ^ “U−20日本代表、ライバル韓国と激突/カタール国際決勝”. livedoor スポーツ. (2005年1月25日). http://news.livedoor.com/article/detail/954668/ 2012年7月19日閲覧。 
  15. ^ 大日本蹴球協會機関誌『蹴球』” (1936年7月). 2012年7月19日閲覧。 p.16-18に寄付者名と金額リスト。
  16. ^ チョー・ディン Kyaw Din 日本サッカー人物史”. 日本サッカーアーカイブ. 2012年7月19日閲覧。
  17. ^ 出典:松本育夫『燃えてみないか、今を! - サッカーに教えられた熱き人生』(ぱるす出版、1987年)174-176頁
  18. ^ a b 二宮清純 『勝者の組織改革』PHP研究所、2004年、75-82頁。ISBN 978-4569636924https://books.google.co.jp/books?id=Xa-HGE-n2kUC&printsec=frontcover&source=gbs_v2_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false 
  19. ^ Preview: Japan v Poland(ロシアW杯H組第2戦セネガル戦終了時点日本W杯連続レッドなし試合19で世界一位と記載)-FIFA公式HP、2018年6月27日
  20. ^ 日本代表戦をブラジル代表はどう感じたか。「ファウルがひどい」と非難の嵐”. web Sportiva (2022年6月8日). 2022年7月4日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i ハリルホジッチ体制誕生で改めて振り返る日本代表監督の待遇 サッカーダイジェストWeb、2015年3月24日
  22. ^ クラマー取材ノートから(57)日本への思い ― 最終話 牛木素吉郎とビバ!サッカー研究会HP-2007年4月4日
  23. ^ 西野監督17位 W杯32チーム監督年俸ランク(日刊スポーツ2018年5月12日配信記事(配信日に閲覧))
  24. ^ ハリル電撃解任、田嶋会長会見要旨(ゲキサカ2018年4月9日配信記事(配信日に閲覧))
  25. ^ 西野朗監督は任期満了で退任へ 田嶋会長が明かす(産経ニュース2018年7月5日配信記事(配信日に閲覧))
  26. ^ 誕生!森保監督に2年3億、サポート役西野氏浮上も(日刊スポーツ、2018年7月26日配信記事(配信日に閲覧))
  27. ^ 森保“兼任監督”の任期は「4年」 田嶋会長、22年W杯まで「やってもらいたい」と明言(フットボールゾーン2018年7月26日配信記事(配信日に閲覧))
  28. ^ 東京五輪の代表監督に森保一氏 年俸は4800万円で歴代五輪監督の「倍」に(ニフティニュース2017年11月13日配信記事、2018年7月27日閲覧)
  29. ^ 森保ジャパン、西野サッカー「進化させる」五輪と兼任カタールW杯まで任期4年(スポーツ報知2018年7月27日配信記事、2018年7月27日閲覧)
  30. ^ 『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、14-28頁、225-226頁。
  31. ^ 週刊サッカーマガジン』2008年12月16日号、p56-57
  32. ^ 「ドーハの悲劇」は日給9000円。トップアスリートの金銭事情 フジテレビ・ホウドウキョク、2018年4月1日
  33. ^ 矢内由美子 (2005年5月13日). “日当、勝利給、賞金…日本代表まるごとハウマッチ”. スポニチ. オリジナルの2005年12月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051231022623/http://www.sponichi.co.jp/wsplus/column_j/00972.html 2012年7月19日閲覧。 
  34. ^ a b c 日本サッカー協会 (2011年2月22日). “日本代表選手ペイメント問題に対する当協会の考え”. 2012年7月19日閲覧。
  35. ^ a b 日本代表昇給!Aランク勝利給30万→50万-日刊スポーツ2012年11月17日
  36. ^ a b 代表勝利給、来年からアップへ-スポーツ報知2012年11月19日
  37. ^ 岡田“格差”ジャパン!W杯予選出場給を3段階支給” (2009年8月11日). 2010年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月19日閲覧。
  38. ^ 日本代表がゲットする13億円、税金も「半端ないって」 五輪と違い非課税扱いなし-ライブドアニュース、2018年6月30日
  39. ^ 所得税法-e-gov電子政府の総合窓口サイト
  40. ^ オリンピック・パラリンピックの賞金・報奨金はいくら?所得税はかかる? 税理士相談Cafe、2016年8月11日投稿、2018年2月9日更新
  41. ^ 待遇改善求めスト検討…代表戦ボイコットも-スポニチ2010年12月18日
  42. ^ W杯代表の年金制度創設へ=田嶋氏、会長選改革にも意欲-日本サッカー協会-時事ドットコムニュース2018年2月2日
  43. ^ 日本代表裏戦記『サッカーマガジン』2012年4月10日号、三浦憲太郎、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23882-4/10, 079頁。
  44. ^ 参考:『日本代表 - JFA』、日本サッカー協会
  45. ^ 参考:『J'sGoal日本サッカー協会オフィシャルニュース』、J's GOAL
  46. ^ 参考:『スポーツナビ | サッカー|日本代表|日本代表チームメンバー』、スポーツナビ
  47. ^ ザックJ、2月にもう1試合 2億円以上入る“ドル箱興行”で協会も得-ZAKZAK2012年12月1日
  48. ^ ザックジャパン“金欠”で欧州遠征白紙-東スポweb2012年12月25日
  49. ^ 2017年度決算、収入は2016年に次いで過去2番目、支出は過去最大の規模に-日本サッカー協会公式HP2018年03月24日
  50. ^ サッカー日本代表、親善試合はほぼ自腹 対戦国に「2~3億円払う」-ORICON NEWS、2014年5月17日
  51. ^ 中倉一志 (2003年6月16日). “初の国際試合 〜第3回極東選手権大会”. 日本サッカーの歴史. 2012年7月19日閲覧。
  52. ^ 代表TIMELINE|サッカー日本代表公式ホームページ
  53. ^ 日本サッカーとスイスとの意外な因縁後藤健生コラム、2008年6月15日記事。
  54. ^ 轡田三男 「サッカーの歴史 天皇杯全日本選手権 (6)」『サッカーマガジン』 ベースボール・マガジン社、1968年8月号、112頁
  55. ^ a b 日本蹴球協会編 『日本サッカーのあゆみ』 講談社、1974年、150頁。
  56. ^ 松岡完 『ワールドカップの国際政治学』朝日新聞社、1994年、P85
  57. ^ a b c 日本サッカー協会. “JFA沿革・歴史”. 2012年7月19日閲覧。
  58. ^ サッカー批評issue20 - 改革を進める日本サッカー協会』双葉社、2003年http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/other/column/200309/0912hihy_00.html 
  59. ^ 日本サッカー協会公式 (2012年4月2日). “小倉純二日本サッカー協会会長コラム「今日もサッカー日和」第31回”. 2012年7月19日閲覧。
  60. ^ 信念貫き日本サッカーの発展に尽力/石井義信氏悼む”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2018年4月28日). 2018年8月4日閲覧。
  61. ^ 「ケガがなければ…」日本代表の歴史を変えられた“未完の逸材”たち”. AERA dot. (アエラドット) (2020年4月20日). 2021年9月8日閲覧。
  62. ^ 『週刊サッカーダイジェスト』No.1291、日本スポーツ企画出版社、(2014年7月15日)、2014年7月1日、p83。
  63. ^ 2006年ドイツ大会のロナウド、2014年のジャクソン・マルティネス
  64. ^ 2006年のドイツ大会ではジーダからセーニに、2014年はオスピナからモンドラゴンに交代しモンドラゴンは43歳と3日というロジェ・ミラが持っていたワールドカップの最年長出場記録(42歳1か月8日)を更新した。
  65. ^ 『週刊サッカーダイジェスト』No.1291、日本スポーツ企画出版社、(2014年7月15日)、2014年7月1日、p25。
  66. ^ 『週刊サッカーダイジェスト』No.1290、日本スポーツ企画出版社、(2014年7月8日)、2014年6月23日、p8、p22。
  67. ^ W杯で勝つ確率は1%でも上がったか?日本代表、ガーナに敗戦で再燃するハリル解任の是非”. Goal.com (2018年5月30日). 2018年6月30日閲覧。
  68. ^ a b クラブW杯を4年ごとの開催に、コンフェデ杯廃止へ―FIFA方針-AFPBB News2018年4月19日
  69. ^ 鈴木洋史 『天国と地獄 ラモス瑠偉のサッカー戦記』文藝春秋、1998年。 
  70. ^ サッカー日本代表 激闘日誌 ジャーナリスト二宮寿朗が目撃した激闘の記憶(2/3)”. Sports Graphic Number Web. 文芸春秋社 (2018年3月30日). 2018年7月18日閲覧。
  71. ^ “アギーレ監督 解任保留 19年ぶり8強敗退”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2015年1月24日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2015012402000179.html 2015年1月26日閲覧。 
  72. ^ James Walker-Roberts (2009年6月2日). “Japan Invited To Copa America 2011 Along With Mexico” (英語). Goal.com. 2013年8月9日閲覧。
  73. ^ SAMURAI BLUE、井手口選手のゴールで白星発進 ~EAFF E-1サッカー選手権 KOREA DPR戦~ JFA公式サイト. 2017年12月10日付。
  74. ^ SAMURAI BLUE、小林選手、昌子選手の初ゴールで中国に勝利 ~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会~ JFA公式サイト. 2017年12月13日付。
  75. ^ SAMURAI BLUE、韓国に敗れて優勝逃す ~EAFF E-1サッカー選手権決勝大会~ JFA公式サイト. 2017年12月17日付。
  76. ^ SAMURAI BLUE、中国に2-1勝利で白星スタート ~EAFF E-1サッカー選手権2019~ JFA公式サイト. 2019年12月12日付。
  77. ^ SAMURAI BLUE、代表デビュー小川選手が3得点など香港に勝利 ~EAFF E-1サッカー選手権2019~ JFA公式サイト.2019年12月15日付。
  78. ^ SAMURAI BLUE、韓国に敗れて3大会ぶり優勝ならず ~EAFF E-1サッカー選手権2019~ JFA公式サイト. 2019年12月19日付。
  79. ^ サッカーの話をしようNo.95 3人目の交代をどう使うか-大住良之オフィシャルアーカイブサイト
  80. ^ “遠藤 保仁”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_a/yasuhito_endo.html 
  81. ^ 日本代表歴代記録 - 財団法人日本サッカー協会
  82. ^ Kunishige Kamamoto - Goals in International Matches”. RSSSF.com. 2016年9月21日閲覧。
  83. ^ 参考:Aマッチ得点ランキング (PDF) 、日本サッカー協会
  84. ^ a b c d e f 日本サッカー協会編「日本代表公式記録集The Yearbook of JFA 2015」
  85. ^ GK権田 9戦連続完封も満足せず「みんなが守ってくれた結果」”. スポニチアネックス (2021年3月31日). 2021年3月31日閲覧。
  86. ^ a b c d e f g h i j k 日本代表ページ-日本サッカー協会(JFA)公式HP
  87. ^ a b c d サッカー批評issue20 - 改革を進める日本サッカー協会』双葉社、2003年。 
  88. ^ 日本サッカー協会、キリングループとの契約を2022年まで更新-サッカーキング2014年5月25日
  89. ^ JAL、サッカー日本代表チームの「サポーティングカンパニー」に! - 日本航空・2007年3月26日
  90. ^ サッカー日本代表チーム サポーティングカンパニー契約締結について - ファミリーマート・2007年3月26日
  91. ^ 日本代表チームのサポーティングカンパニー契約決定について - クレディセゾン・2001年11月5日
  92. ^ 日本代表チームならびに日本代表戦のスポンサー決定について~2007年4月より、8年間の契約更新 ~ - クレディセゾン・2007年3月26日
  93. ^ 財団法人日本サッカー協会とサッカー日本代表チームのサポーティングカンパニー契約を締結しました - 三井住友海上火災保険・2008年5月2日
  94. ^ 株式会社みずほフィナンシャルグループと日本代表チームサポーティングカンパニー契約を締結 - 日本サッカー協会・2013年4月1日
  95. ^ サッカー日本代表チームとのサポーティングカンパニー契約を締結 - KDDI・2016年8月25日
  96. ^ 大東建託はサッカー日本代表を応援します!日本サッカー協会とサポーティングカンパニー契約を締結 - 大東建託・2016年11月1日
  97. ^ TOYO TIREは、皆様とともに、サッカー日本代表を応援してまいります。 - TOYO TIRE・2021年5月20日
  98. ^ JAL対ANAに注目!“岡田Jウイング”争奪戦の行方
  99. ^ 犬飼会長、JAL問題は「静観するしか」
  100. ^ 日産、日本サッカー協会スポンサーから撤退へ - J-CASTニュース・2007年2月16日
  101. ^ 大和証券グループと日本代表チームのサポーティングカンパニー契約を締結 - J's GOAL・2007年5月30日
  102. ^ 過去の協賛事業 - 大和証券グループ本社
  103. ^ 財団法人日本サッカー協会とのスポンサーシップ契約について - ソニーマーケティング・2007年3月27日
  104. ^ アウディ ジャパン株式会社と日本代表チームサポーティングカンパニー契約を締結 - 日本サッカー協会・2011年5月26日
  105. ^ コナミはサッカー日本代表を応援しています サッカー日本代表のサポーティングカンパニーに - コナミデジタルエンタテインメント・2013年3月25日
  106. ^ a b ダンヒル、2012年サッカー日本代表チームの「勝負服」オフィシャルスーツを発売 - FASHION PRESS・2012年5月4日
  107. ^ 2020年度 dunhillサッカー日本代表オフィシャルスーツSAMURAI BLUE Collection 4月24日(金)よりdunhill.comオンラインにて発売開始-2020年4月24日
  108. ^ 株式会社ビームスと日本代表アパレルプロバイダー契約を締結~なでしこジャパンにオフィシャルスーツを提供 - 日本サッカー協会・2017年10月11日
  109. ^ U-16日本女子代表候補 AFC選手権前最後のトレーニングキャンプをスタート、日本代表プロバイダーの西川産業株式会社による睡眠レクチャー - 日本サッカー協会公式サイト2017年8月10日
  110. ^ 日本サッカー協会とプロバイダー契約を締結、寝具の提供を通じて日本代表チームをサポートいたします。 - 東京西川公式サイト プレスリリース2015年4月1日
  111. ^ スイスの高級腕時計ブランド、ウブロと日本代表プロバイダー契約を締結 - 日本サッカー協会・2015年11月10日





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サッカー日本代表」の関連用語

サッカー日本代表のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サッカー日本代表のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサッカー日本代表 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS