関ヶ原の戦い 合戦後の動き

関ヶ原の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 03:31 UTC 版)

合戦後の動き

東軍諸大名への論功、および西軍諸大名への処罰やその後の動向については関ヶ原の戦いの戦後処理を参照。

大垣・佐和山落城

関ヶ原での本戦が東軍の大勝利で終わったその日、家康は首実検の後、大谷吉継の陣があった山中村へ陣を移し、休養を取った。明くる9月16日には裏切り組である小早川、脇坂、朽木、赤座、小川に三成の本拠である佐和山城攻略の先鋒を命じ、これに近江方面の地理に明るい田中吉政のほか軍監として井伊直政が加わり、2万を超える大軍を以って近江鳥居本へ進軍。家康は平田山に陣を構えて攻撃を命じた。佐和山城には三成の兄である石田正澄を主将に父・石田正継や三成嫡男・石田重家、大坂からの援兵である長谷川守知ら2,800の兵が守備しており、6倍以上もの兵力差に加えて御家安泰のために軍功を挙げねばならない秀秋らの攻撃を津田清幽らの奮戦で退けた。正澄は家康の旧臣だった清幽を使者に降伏交渉に入ったが、正澄の自刃、開城とひきかえに他の一族、城兵、婦女子を助命するという条件でまとまった9月17日に長谷川守知が寝返り東軍の兵を引き入れ三の丸が陥落すると翌18日早朝に田中吉政隊が天守に攻め入り落城。正澄ら三成の一族は自刃して滅んだ。清幽は家康に違約を激しく詰問し、三成の三男佐吉をはじめとする生き残った者を助命させた。赤松則英は逃亡後福島正則を頼って投降したが、後に切腹を命じられた。重家は脱出して京都妙心寺に入り、後に助命されて同寺へ出家させられた。

一方、関ヶ原本戦直前まで、西軍の前線司令部であった大垣城には、福原長堯を始め垣見一直、熊谷直盛、木村由信・豊統父子などが守備の任に就いていた。これに対し東軍は松平康長、堀尾忠氏、中村一忠、水野勝成、津軽為信らが包囲し対陣していた。関ヶ原本戦が西軍の敗北に終わると、城内には動揺が広まったが、逸早く行動に出たのは三の丸を守備していた肥後人吉城主・相良頼房であった。会津征伐に従軍中、三成に東下を阻止された頼房は、長堯の指揮下に入り、同じ九州の大名である秋月種長・高橋元種と共に三の丸を守備していた。西軍敗北の報を受け、頼房は重臣である犬童頼兄の助言もあり、妹婿の種長及びその弟である元種と相談の上、かねてより音信を取っていた井伊直政を通じ、家康への内応を密かに連絡した。連絡を受けた直政は家康に報告、家康は直ちに大垣城開城を頼房らに命じるが、長堯ら本丸・二の丸に陣取る大名の戦意は高かった。このため頼房・種長・元種の三将は、9月17日頃軍議と偽って籠城中の諸将を呼び出し、現れた垣見・熊谷・木村父子を暗殺し二の丸を制圧した。これを知った長堯は本丸で頼房らを迎撃し奮闘したが、包囲軍に属していた西尾光教の説得によって、9月23日城を明け渡して伊勢朝熊山へ蟄居した。家康は長堯を許さず切腹を命じ、長堯は9月28日同地で自刃した。内応した三将は領地を安堵されている。

伊勢方面では、西軍の敗報に接し多くの将が退却している。9月16日には伊勢亀山城が開城し、城主であった岡本良勝は自刃を命じられた。嫡男・重義も近江水口で自刃した。桑名城も同日開城、当初東軍に加担するつもりが、西軍の圧力で止む無く西軍へ加担した氏家行広・行継兄弟は、山岡道阿弥に城を明け渡し、後改易された。長島城を包囲していた原長頼は逃走したが捕縛。美濃駒野城に籠城していた池田秀氏や、伊賀上野城を占拠していた新庄直頼・新庄直定は、城を放棄して退却している。鍋島勝茂は父・鍋島直茂の命で伊勢・美濃国境付近で傍観していたが、西軍敗走の報に接するや直ちに大坂へ退却、その後、伏見城に赴き家康に謝罪している。志摩鳥羽城を巡り嫡男・九鬼守隆と合戦した九鬼嘉隆は伊勢答志島へ逃走した。守隆は父の助命を家康に懇願、当初家康は拒否したが、加増の内示を受けていた伊勢南部五郡を返上して父の助命嘆願を行った守隆に免じ、助命を許した。しかし助命の報が届く直前に嘉隆は自刃する。嘉隆と共に行動した堀内氏善は、紀伊新宮城に籠城したが、城を捨てて逃走している。

論功行賞と三成の処刑

家康は西軍の首謀者で、敗戦後逃亡し行方不明となっている三成や宇喜多秀家、島津義弘らの捕縛を厳命。一方で大坂城無血開城を行うべく、福島正則と黒田長政に西軍総大将である毛利輝元との、開城交渉を命じている。家康は現在の近江八幡、日牟禮八幡宮で戦勝祈願の後、9月20日に京極高次の居城である大津城に入城し、しばらく留まった。この間北陸方面の東軍総大将であった前田利長が、西軍に属した丹羽長重と青木一矩の嫡男・青木俊矩を連れて合流している。家康は両名の懇願を排し、改易処分とした。また家康が大津城に入城した同日に、中山道軍総大将であった徳川秀忠が合流している。真田昌幸に上田城で翻弄され本戦に間に合わなかった秀忠に対して家康は激怒[注釈 14]、しばらく目通りを許さなかったが榊原康政の必死の諫言により9月23日対面が叶っている。

一方、逃亡していた西軍諸将であるが、まず9月19日に小西行長が竹中重門の兵に捕らえられ、草津に滞在中であった家康本陣に護送された。続いて三成が9月21日、近江伊香郡古橋村(後の高時村)において旧友である田中吉政の兵に逮捕された。逮捕された場所は三成の領内[注釈 15]であり、同地の農民が処罰を覚悟の上で匿っていた。しかし三成は発覚したことを知ると自ら吉政の兵に身分を明かし、捕縛されている。捕縛後9月22日に大津へ送られ、東軍諸将とここで再会した。この時のエピソードとして福島正則は三成に罵詈雑言を浴びせ、黒田長政や浅野幸長は逆に三成に労りの声を掛けている。また小早川秀秋は三成に裏切りを激しく詰られたと伝えられている。9月23日には京都において安国寺恵瓊が奥平信昌の兵によって捕らえられ、大津に護送された。この三名は9月26日に家康が大津城から淀城に移動する際、大坂へ護送された。五奉行の一人で関ヶ原本戦に参じていた長束正家は居城である水口城へ戻っていたが、これを知った家康は池田輝政・長吉兄弟と稲葉貞通に水口城攻撃を命じ、9月30日に開城させている。また細川忠興は家康の命を受け、父・細川幽斎の籠る田辺城を攻撃した総大将・小野木重勝が拠る丹波福知山城攻撃に向かった。途中丹波亀山城において父と再会、田辺城の戦いに加わりながら戦意を見せなかった谷衛友別所吉治川勝秀氏藤掛永勝らを従え9月23日より攻撃を開始した。重勝は徹底抗戦の構えを見せたが、井伊直政と山岡景友の説得により開城、城下の寺へ謹慎した。

家康は淀城を経て9月27日に大坂城に入城。豊臣秀頼や淀殿と会見した後、毛利輝元退去後の大坂城西の丸へ入り、井伊直政・本多忠勝・榊原康政・本多正信・大久保忠隣・徳永寿昌の6名に命じて、家康に味方した諸大名の論功行賞の調査を開始する。9月30日、慶長出羽合戦を繰り広げていた上杉景勝の下に、ようやく西軍敗戦の報が伝えられ、長谷堂城にいた直江兼続は撤退を開始した。

10月15日以降、論功行賞が順次発表された。宇都宮城に拠って上杉景勝・佐竹義宣を牽制した結城秀康の67万石を筆頭に、豊臣恩顧の諸大名は、軒並み高禄での加増となった。しかしいずれも西国を中心に遠国へ転封となり、京都・大坂および東海道は、家康の子供達や徳川譜代大名で占められた。詳しくは「関ヶ原の戦いの戦後処理」を参照のこと。

また、豊臣氏の蔵入地が廃止され、それぞれの大名領に編入されたことで、豊臣直轄領は開戦前の222万石から摂津河内和泉65万石余りに事実上減封となった。一方家康は自身の領地を開戦前の255万石から400万石へと増加させ、京都長崎を始めとする大都市や佐渡金山石見銀山生野銀山といった豊臣家の財政基盤を支える都市・鉱山も領地とした。また豊臣恩顧の大名が家康の論功行賞によって加増された事は、彼らが豊臣家の直臣から切り離され、独立した大名家となった事を意味した。これにより徳川家による権力掌握が確固たるものになり、徳川と豊臣の勢力が逆転する。

ただし、かつてはこの一連の論功行賞で豊臣家が一大名の地位に陥落したとする学説が一般的であったが、豊臣家がなお特別の地位を保持して、徳川の支配下には編入されていなかったとする説[146][147]が現在では一般的である。

10月1日、大坂・堺を引き回された三成・行長・恵瓊の3名及び伊勢で捕らえられた原長頼[注釈 16] は京都六条河原において斬首された。首は三条大橋に晒されている。10月3日には長束正家と弟の直吉が自刃し、やはり三条大橋に首を晒された。福知山城を開城した小野木重勝は、直政や景友の助言によって、一旦は出家ということで助命が決まりかけたが、細川忠興が強硬に切腹を主張し、重勝は10月18日に丹波福知山浄土寺で自刃した。一説には父の面前で自刃させたとも伝えられている。この他赤松則英垣屋恒総石川頼明斎村政広などがこの10月に自刃を命じられている。家康の弾劾状に署名した残りの五奉行、増田長盛と前田玄以については、両名とも東軍に内通していたが、長盛は死一等を減じられ武蔵岩槻に配流。玄以は所領の丹波亀山を安堵されるという、両極端な処分が下された。一方、西軍副将を務めた宇喜多秀家は、家康から捕縛を厳命されていたが、薩摩へ逃亡を果たした。

輝元の大坂城退去と毛利氏の処分

毛利輝元は、吉川広家や毛利秀元ら毛利一族、福原広俊ら毛利家臣団の反対を押し切り、三成と彼の意を受けた安国寺恵瓊の要請によって、西軍の総大将に就任していたが、関ヶ原の敗北後もなお秀頼を擁して大坂城にあった。立花宗茂は大坂城に籠城しての徹底抗戦を主張しており(『立斎旧聞記』)[148]、秀頼の命と称して篭城抗戦が行われる可能性も残されていた。

家康は大野治長を大坂城に遣わし、秀頼と淀殿が今回の戦に関係あるとは家康は全く思っていないと説得させた。淀殿は礼の手紙を持たせて大野を送り返している。一方で、関ヶ原本戦において功のある吉川広家が「輝元の西軍総大将就任は本人の関知していないところである」と家康を説得し、家康はその説明に得心したと回答する。これを知った輝元は、福島正則と黒田長政の開城要求に応じる。福島・黒田に加えて家康家臣の本多忠勝と井伊直政が、家康に領地安堵の意向があることを保障する起請文を輝元に差し出し、それと引換えに、輝元は9月25日に大坂城西の丸を退去した。退去後、輝元が京都付近の木津屋敷に引き篭もっていた頃に長雨が続いた。その屋敷の外れには、「輝元と 名にはいへども 雨降りて もり(毛利)くらめきて あき(安芸)はでにけり」、と戦わずして退去した輝元を皮肉る落首を記した高札が立てられたという[149]

9月27日、家康は大坂城に入城して秀頼に拝謁し、西の丸を取り戻して秀忠を二の丸に入れた。だが、10月2日に家康は黒田長政を通じて広家に対し、実際には輝元が積極的に西軍総大将として活動していたという証拠(具体的には、諸大名への西軍参加を呼びかけた書状の発送、伊予において河野通軌ら、河野氏遺臣に毛利家臣である村上元吉を付けて、東軍・加藤嘉明の居城である伊予松前城攻撃に従軍させたこと、大友義統を誘い軍勢を付けて、豊後を錯乱したことなど[150])が多数発覚したため、広家の説明は事実ではなかったことが明らかになり、である以上は所領安堵の意向は取り消して「毛利氏は改易し、領地は全て没収する」、と通告した。その上で広家には彼の「律儀さ」を褒めた上で、その広家に周防国長門国を与えて西国の抑えを任せたいという旨を同時に伝えた。

毛利氏安泰のための内応が水泡に帰した吉川広家は進退窮まる形になった。謀反人の宿老であるにも関わらず「律儀さ」ゆえに彼のみは破格の扱いを受けるという形になった以上、今更「輝元の西軍への関与は知っていたが、自分の努力でなるべく動かないようにさせたので免責してほしい」などと前言を翻し実情を述べて交渉することもできなくなった。そのため、自分自身に加増予定の周防・長門(現在の山口県)を輝元に与えるよう嘆願し、本家の毛利家を見捨てるくらいなら自分も同罪にしてほしい、輝元が今後少しでも不届きな心をもてば自分が輝元の首を取って差し出す、という起請文まで提出した。家康としても、九州・四国情勢などの不確定要素がある以上は毛利を完全に追い詰めることは得策ではないため、吉川広家の嘆願を受け入れ、先の毛利氏本家改易決定を撤回し周防・長門29万8千石[注釈 17](現在の山口県)への減封とする決定を10月10日に下した。さらに本拠地を毛利氏が申請した周防山口ではなく、長門にするよう命じた。輝元は出家し、家督を嫡男である毛利秀就に譲り隠居する。

毛利領が、安芸ほか山陽・山陰8か国(112万石[151])から防長2か国(29万8千石、のち高直しにより36万9千石[注釈 18])まで一気に減らされたことから、吉川氏に対し毛利本家は、残された毛利領より3万石(岩国領、後に高直しして6万石)を割き与えたものの諸侯待遇の推挙を幕府に行わない仕打ちを行った[注釈 19]。しかし、吉川広家の功績を知る幕府は、吉川氏を諸侯並みの待遇とし、当主は代替わりに将軍への拝謁が許されるという特権を与えて、吉川広家の功に報いた。

なお、慶長4年(1599年)閏3月21日に家康と輝元は起請文で、家康を兄、輝元を弟とする義兄弟の契りを交わしていたが[153]、それを西軍決起によって輝元に反故にされている。

島津氏の処分

関ヶ原本戦において、敵中突破を敢行した島津義弘は、堺より立花宗茂と共に海路逃走し、鹿児島へたどり着いた。義弘は桜島で自ら謹慎したが、当主である兄・島津義久ら島津氏首脳は家康の攻撃を予測して、領内の防衛体制を強化し、臨戦態勢を採った。一方家康は先に大垣城開城において中心的な役割を果たした相良頼房・秋月種長・高橋元種に、島津征伐の準備をするよう命じており、当初家康は、島津氏を武力で討伐する方針を固めていた。

九州では関ヶ原の戦いが終了しているこの時期でも、戦闘が繰り広げられていた。10月6日には黒田如水が豊前小倉城を攻撃して毛利勝信を降伏させている。また、加藤清正は松浦鎮信有馬晴信大村喜前と共に小西行長の居城である宇土城を攻撃していたが、西軍敗戦の報が届いたことで10月12日に城将・小西行景が自刃し開城した。薩摩から肥後へ攻め入った島津の軍勢は、清正家臣の加藤重次が守る佐敷城に阻まれ、これを攻め落とせないまま撤退。肥前佐賀の鍋島直茂と勝茂の父子は、伏見で家康に西軍加担を謝罪した際に、本領安堵の条件として筑後平定を命じられ、直茂父子は帰国後直ちに筑後平定に掛かった。まず小早川秀包の久留米城を開城させ、続いて立花宗茂の籠る柳河城10月19日より包囲した。鍋島軍と立花軍の間で激戦が繰り広げられたが、包囲軍に加わった如水・清正の説得によって宗茂は10月25日に開城、降伏する。

宗茂降伏後、家康は直ちに島津義久討伐を九州の全大名に命じた。最終的に家康に従った、九州の全大名が兵を動員して出陣し肥後水俣に進軍。これに対し島津義久は、ここで最終決戦を行おうと兵を総動員して北上させ、薩摩・肥後国境に軍を進めた。島津軍の指揮は、当主・島津義久みずからが執った。対する九州連合軍は、黒田、立花、鍋島、加藤である。11月22日に義弘が、家康に謝罪の使者を送ったため島津征伐は中止となり、九州連合軍は撤退、以降家康と島津氏の間で交渉が行われた。島津義弘は関ヶ原の退却戦において傷を負わせた井伊直政に仲介を依頼したところ、直政はこの仲介要請を受諾し、以降徳川方の窓口として、島津義久、島津忠恒と戦後交渉をした。家康は義弘上洛の上で謝罪することを再三迫ったが、義久・忠恒は本領安堵の確約がない限りは上洛には応じられないとしてこれを拒否し、交渉は長期化した。島津側は家康に対し、そもそも家康の要請で義弘が伏見城守備に就こうとしたが、鳥居元忠に拒絶されたために止む無く西軍に加担したのであり、積極的な加担ではないと主張した。

その後2年にわたり交渉は続けられたが、最終的に家康が折れる形で直筆の起請文を書き、慶長7年(1602年)3月に薩摩大隅日向諸県郡60万石余りの本領安堵が決定された。決定後義久の名代として、忠恒が12月に上洛し謝罪と本領安堵の御礼を家康に伝え、島津氏も徳川氏の統制下に入った。このように粘り強い外交により、島津家は減地されることなく本領安堵を得ることができた。薩摩という、大坂から離れている地理的な利点は大きかったが、早い段階で家康に全面的な降伏をした毛利氏、上杉氏が大幅に減封されたことと比較すると、対照的な結果となった。

なお、薩摩に匿われていた宇喜多秀家は家康に引き渡され、前田利長と忠恒による助命嘆願により死罪を免れて、慶長11年(1606年八丈島に流罪となった。

上杉氏・佐竹氏の処分

10月に毛利氏の処分が決定し、11月には島津氏が謝罪したことにより、西軍に加担した大名で処分が未決となっているのは、上杉景勝と佐竹義宣の2人となった。

景勝は最上軍と長谷堂城を中心に戦闘を繰り広げたが、9月30日に西軍敗走の一報が伝えられると撤退した。最上義光は上杉に占領されていた最上郡・村山郡を取り戻す過程で尾浦城主・下秀久を帰順させ庄内地方へ攻撃を開始した。伊達政宗も10月6日より桑折への侵攻を開始している。景勝は防戦する一方で家中に今後の対応を協議した。この中で直江兼続や甘糟景継竹俣利綱らは徳川との抗戦を主張するが、本庄繁長千坂景親らは和睦を主張している。最終的に10月23日に和睦の方針が決定され、主君の意を汲んだ兼続は主戦派の「江戸へ南下するべし」との意見を退けた。交渉には本多正信と親交の深い千坂景親と和睦を主張した本庄繁長が任命され、以後正信を始め東軍の対上杉防衛軍総大将であった結城秀康、本多忠勝、榊原康政らに取り成しを依頼した。彼らの取り成しにより、当初領地没収を予定していた家康も、次第に態度を軟化させていった。

年が明けた1601年(慶長6年)春、最上義康は酒田城の志駄義秀を攻めて降伏させ、最上氏は庄内地方一円を奪取した。伊達政宗も福島城を数度に渡り攻めたが上杉の守りに阻まれた。7月1日、千坂・本庄両名の報告などから和睦が可能となったことを受け景勝は兼続と共に上洛し、秀頼への謁見後、8月8日結城秀康に伴われて伏見城の家康を訪問し謝罪した(『上杉家御年譜』)。上杉氏への処分は1ヶ月ほど経った8月16日に言い渡され、陸奥会津120万石から75%減の出羽米沢30万石(出羽置賜1郡および陸奥伊達・信夫2郡)へ減封となった。景勝はこの時「武命の衰運、今において驚くべきに非ず」とだけ述べ、11月28日に米沢へ移動した。

一方、佐竹義宣自身は、三成との親交から西軍への加担を決め、景勝と密約を結び、上杉領内に入った徳川軍を挟撃する方針を採っていた。このため上杉征伐では動かず、与力大名である岩城貞隆、相馬義胤、多賀谷重経もこれに同調した。しかし佐竹家中では父である佐竹義重、弟の蘆名義広、佐竹氏家臣筆頭である佐竹義久が東軍徳川方への加担を主張した。特に父・義重は、東軍への加担を強く主張し、これに抗し切れない義宣は、佐竹義久を中山道進軍中の徳川秀忠軍へ、兵300と共に派遣するという、曖昧な態度を取った。しかし家康はすでに佐竹氏の動向を疑っており、松平信一水谷勝俊などを佐竹監視部隊として国境に配置。秀忠も義久ら派遣部隊に対して、謝絶している。

西軍敗北後、父・義重はただちに家康に戦勝を祝賀する使者を送り、さらに上洛して家康に不戦を謝罪した。しかし義宣は居城である水戸城を動かず、そのまま2年が経過した。上杉氏、島津氏の処分も決定し、処分が済んでいないのは佐竹義宣のみとなった。その上、謝罪すら行っていなかったが、それでも義宣は動かなかった。しかし、義重の説得により1602年4月に上洛し、ようやく家康に謝罪した。しかし家康は義宣の観望について『寛政重修諸家譜』の中で「上杉景勝より憎むべき行為だ」として厳しく非難したと記されている。死罪は許されたが、常陸一国など、佐竹氏勢力の54万石は没収され、出羽久保田に20万石格での減転封となった。また与力大名である岩城・相馬・蘆名・多賀谷の各大名も改易となった。義宣はわずかな家臣を連れて久保田へ移動したが、転封に反対して車斯忠らが一揆を起こしている。佐竹氏の石高が確定するのは2代藩主・佐竹義隆の代になってからである。

織田氏の処分

織田信忠の遺児で、幼名三法師とよばれていた織田家嫡流の織田秀信は改易となり岐阜城を追われ高野山に追放となった。おなじく織田秀雄も改易され江戸に居住することを命じられたが父に先立ち夭逝。織田信雄も改易となるも後に許され大和で大名となった。信雄の子孫は、天童藩2万石と柏原藩2万石の2家が明治に至る。織田信包は西軍に属していたが、そのまま所領を安堵された。

その後

佐竹氏の減転封が決定されたことで関ヶ原における一連の論功行賞と西軍諸大名への処罰は終了した。1603年(慶長8年)、家康は征夷大将軍に任命され江戸幕府を開き、西軍に加担して改易されていた立花宗茂、丹羽長重滝川雄利の3名が大名に復帰させている。その後相馬義胤など数名が大名に復帰するなど大名家は少しずつ復帰していった。西軍に加担した大名の中には明治維新まで存続したものも多く、島津氏の薩摩藩や毛利氏の長州藩は倒幕に活躍した。

しかし、領地を没収された西軍加担大名及びその家臣の多くは浪人となった。幕府旗本や諸藩の藩士として天寿を全うする者もいたが、長宗我部盛親毛利勝永(毛利勝信嫡男)、真田信繁(真田昌幸二男)、大谷吉治(大谷吉継嫡男)などは、10数年後の大坂の陣で豊臣方の浪人衆として幕府軍と戦い、戦死することになる。

影響

戦役に関する論功行賞は形式上反秀頼勢力の討伐に対する褒賞として行われたものであるが、実態は親徳川勢力への豊臣直轄地の割譲であり、戦役前222万石[注釈 20]あった直轄地を65万石にまで削減された豊臣家の経済力は大きな打撃を受けた。加増・安堵を受けた諸大名は家康と知行充行状を介した直接の主従関係を結んだわけではなく[154]、また勝利に貢献した旧豊臣系大名への大幅な加増など[155]、なお家康には課題が残されたものの、加増・改易等の主導権を握ったことにより実質的に全国諸大名を支配下におくこととなる。

また、かつて秀吉が主導していた諸大名への武家官位叙任は戦役後家康が取り仕切るようになり、その一方秀頼推挙による叙任は秀頼の直臣級の者にしか行われなくなる[156]。豊臣政権は諸大名を官制上の序列に組み込み、その頂点に豊臣氏が立つことによって権威を確立・補強していたが、その枠組みに関する決定権は豊臣家から家康(徳川家)に移ったのである。




注釈

  1. ^ 近衛前久書状(慶長5年9月20日付)、三河物語には「青野カ原ニテノ合戦」となっている。東照宮御実紀においては「関原青野が原に陣取て、関原の戦」と記載されている。また、吉川広家の書状や「慶長記略抄」所収の狂歌でも「青野か原」と記されている(関ケ原 戦いの場所は「青野カ原」 合戦直後の文書に記載 毎日新聞 2016年4月4日)。近衛前久書状では「大垣表」という記載もある。
  2. ^ なお、この二派を、東軍・西軍と呼んだのは後世のことである。
  3. ^ 藤木は「太閤蔵入地をめぐる政権中枢の大名たちの暗闘のなかに、すでに関ケ原戦への予兆をはっきりと読み取ることができる」と述べている。
  4. ^ 宝永5年(1708年)に成立したとされる木村高敦の『武徳安民記』などを史料として用いた岩澤愿彦は、この時の伏見の徳川家康邸に参集した大名を福島正則・池田輝政・森忠政・織田有楽・黒田如水・黒田長政・藤堂高虎・有馬則頼・金森長近・新庄直頼・新庄直忠・蜂須賀家政・山内一豊・有馬豊氏・京極高次・高知兄弟・脇坂安治・伊達政宗・大谷吉継・堀秀治・最上義光・田中吉政らであるとしている。そして、大坂の前田利家邸に参集した大名を毛利輝元・上杉景勝・宇喜多秀家・細川忠興・加藤清正・加藤嘉明・浅野幸長・佐竹義宣・立花宗茂・小早川秀包・小西行長・長宗我部盛親・岩城・原・熊谷・垣見・福原・織田秀信・織田秀雄・石田三成・増田長盛・浅野長政・長束正家・前田玄以・鍋島直茂・有馬晴信・松浦鎮信らであるとしている[32][33]
  5. ^ この7名は史料によってメンバーに違いが存在するが、ここでは近年の研究において採用されている慶長3年閏3月5日付家康書状の宛所(宛名)の7名を記す。
  6. ^ 徳川家の大名は多くが領国の北側に配されている。ただし、井伊の様に軍監として東海道先発隊に加わったり、大久保忠隣の様に秀忠の補佐として中山道隊に加わったりと若干の入れ替えはある。
  7. ^ 「森家先代実録」によれば森忠政は自領である川中島に待機するよう家康から厳命されており中山道隊参加の形跡は一切無い。また川中島待機を命じる家康からの書状も森家に現存している。
  8. ^ 真田昌幸の西軍転身を受けて家康より帰領申し付け。よって中山道隊には不参加で在国[53]
  9. ^ 工藤章興によると関ヶ原の本戦に参加したとしている[54]。古来より同族で同じく東軍についた古田重然(古田織部)と混同されており、本戦で戦ったのを重然とする史料(太田牛一『慶長記』)もある。
  10. ^ 原文では「鍋嶋」としか表記されておらず、実名は不明。
  11. ^ 諏訪勝則作成の表(『歴史読本』780号 新人物往来社、2004年)掲載のでは一忠。
  12. ^ 黄母衣衆や、織田信吉織田長次が布陣したとされる。
  13. ^ 古田重然という説もある。
  14. ^ これについて、中山道軍の遅参のため徳川本軍は合戦で大きな役割を果たすことができず、外様大名に戦功を挙げられてしまい、そのため戦後処理で主導権を取りづらくなったことが原因であるとの説がある。
  15. ^ 吉橋村は三成の母の出身地である杉野村の近隣であり、同村の三珠院または飯福寺が秀吉と三成が初めてであった「三杯の茶(三献茶)」の舞台であったとする伝承がある[145]
  16. ^ 旧暦10月18日に自刃したとする説もある。
  17. ^ 慶長10年(1605年)毛利家御前帳に29万8480石2斗3合と記されている。
  18. ^ 慶長15年(1610年)に領内検地の後、幕閣とも協議し高直し
  19. ^ ただし、これについては吉川氏は関ヶ原以前より毛利氏庶家の筆頭の地位に過ぎず、万一の際の毛利宗家継承権を有していた長府毛利家徳山毛利家とは同列には出来ないとする見解もある[152]
  20. ^ 厳密には「慶長三年御蔵納目録」作成時点での数字。それ以降大名への給付によって減少していると考えられる。

出典

  1. ^ 『関原始末記』
  2. ^ 『関原軍記大成』
  3. ^ 『関原合戦記』
  4. ^ 関ヶ原合戦”. 八代市. 2018年1月8日閲覧。
  5. ^ 天下分け目の「青野カ原」? 5日後の古文書
  6. ^ 林千寿「関ヶ原合戦における細川家: その動向と動機」『熊本史学』76・77号、2000年。
  7. ^ 林千寿、「慶長五年の戦争と戦後領国体制の創出」 熊本大学学位論文 甲博文第27号, 2009年, 熊本大学大学院社会文化科学研究科
  8. ^ 森山恒雄『豊臣氏九州蔵入地の研究』
  9. ^ 藤木『天下統一と朝鮮侵略』p.355
  10. ^ 藤木『天下統一と朝鮮侵略』pp.347-358[注釈 3]
  11. ^ 朝尾直弘『将軍権力の創出』岩波書店、1994年、93頁以降。
  12. ^ 戸谷穂高「天正・文禄期の豊臣政権における浅野長吉」『遙かなる中世』第21号、2006年。
  13. ^ 曽根勇二『近世国家の形成と戦争体制』校倉書房、2004年。
  14. ^ 梯弘人「豊臣期関東における浅野長政」『学習院史学』第49号、2011年。
  15. ^ 曽根勇二「豊臣奉行衆と片桐且元の動きについて-秀吉権力の集権性をめぐって-」『本郷』第34号、2001年。
  16. ^ a b 笠谷 1998.
  17. ^ 中野等「黒田官兵衛と朝鮮出兵」『黒田官兵衛 -豊臣秀吉の天下取りを支えた軍師-』宮帯出版社、2014年。
  18. ^ 中野等「唐入り(文禄の役)における加藤清正の動向」『九州文化史研究所紀要』第53号、2013年。
  19. ^ 金時徳「近世文学と『懲毖録』-朝鮮軍記物(壬辰倭乱作品群)とその周辺-」『近世文藝』88号、2008年。
  20. ^ 山本洋「『陰徳太平記』編述過程における記事の改変について」『軍記と語り物』第44号、2008年。
  21. ^ 津野倫明「慶長の役における「四国衆」」『歴史に見る四国』雄山閣、2008年。
  22. ^ 金子拓「肥後加藤家旧蔵豊臣秀吉・秀次朱印状について」『東京大学史料編纂所研究紀要』21号、2011年、 32頁。
  23. ^ 中野等『石田三成伝』吉川弘文館、2017年、523頁以降。
  24. ^ 大浪和弥「加藤清正と畿内-肥後入国以前の動向を中心に-」『堺市博物館研究報告』第32号、2013年。
  25. ^ 阿部一彦「『太閤記』の歴史認識と批判精神-関白秀次事件をめぐって-」『『太閤記』とその周辺』和泉書院、1997年。
  26. ^ 豊臣秀吉遺言覚書(『大日本古文書 家わけ第2浅野家文書』東京大学史料編纂所1968年、p.135)
  27. ^ 文禄4年8月3日付豊臣家五大老連署條目(『大日本古文書 家わけ第2浅野家文書』東京大学史料編纂所1968年、p.477)
  28. ^ 毛利家文書3、pp.244-252、等
  29. ^ 毛利家文書3、p.247
  30. ^ 「関ヶ原軍記大成」では政宗・福島正則蜂須賀家政の3名をあげているが、「家忠日記増補追加」・「伊達日記」では政宗の名前のみが載せられている。
  31. ^ 国史研究会編『関原軍記大成(一)』国史研究会1916年、p.60
  32. ^ a b 岩澤愿彦『前田利家』日本歴史学会編集、吉川弘文館、1988年
  33. ^ a b 木村高敦『武徳安民記』巻三、p67、宝永5年(1708年)
  34. ^ 笠谷和比古「豊臣七将の石田三成襲撃事件 : 歴史認識生成のメカニズムとその陥穽」『日本研究』第22集、2000年、pp35-47
  35. ^ 宮本義己「徳川家康の人情と決断―三成"隠匿"の顚末とその意義―」『大日光』第70号、2000年。
  36. ^ 跡部信「秀吉独裁の権力構造」『大阪城天守閣紀要』第37号、2009年。
  37. ^ 水野 2016, p. 46.
  38. ^ a b 児玉幸多「参勤交代制度の意義」『日本学士院紀要』第52巻3号、1998年
  39. ^ 豊臣秀吉遺言覚書(『大日本古文書 家わけ第2浅野家文書』東京大学史料編纂所1968年、p.135)
  40. ^ a b c 谷 2014.
  41. ^ 毛利家文書3、pp.292-293
  42. ^ 水野 2016, p. 81-82.
  43. ^ a b 高橋 2009.
  44. ^ 水野 2016, p. 67.
  45. ^ 水野 2016, p. 65.
  46. ^ 白峰 2012(1).
  47. ^ 史籍集覧26, p. 95.
  48. ^ a b 白峰 2016(2).
  49. ^ 史籍集覧26, p. 45.
  50. ^ a b 藤井尚夫『フィールドワーク関ヶ原合戦』朝日新聞社、1998年。
  51. ^ 本間宏「慶長五年「白河決戦」論の誤謬」『福島史学研究』第89号、2011年。
  52. ^ 宮本義己「内府(家康)東征の真相と直江状」『大日光』第78号、2008年。
  53. ^ 「史料綜覧11」
  54. ^ 二木 1994, 工藤章興「ドキュメント関ヶ原9.15」
  55. ^ 義演准后日記慶長5年6月18日条
  56. ^ 7月朔日付田中吉次宛石川康通書状(愛知県 2011、p.644)
  57. ^ 7月7日付最上義光宛徳川家康書状(中村 1959、p.505)
  58. ^ 時慶記慶長5年7月5日条
  59. ^ 7月12日付毛利輝元宛豊臣三奉行連署書状(『松井文庫所蔵古文書調査報告書2』八代市立博物館未来の森ミュージアム、1997年 p.139)
  60. ^ 7月12日付永井直勝宛増田長盛書状(中村 1959、p.518)。なおこの書状については原文が存在せず、また内容に不審な点があることから偽文書の可能性が指摘されている。
  61. ^ 7月13日付榊原康政・本多正信・永井直勝宛益田元祥・熊谷元直・宍戸元次連署書状(吉川家文書2、p.59)
  62. ^ 7月14日付榊原康政宛吉川広家書状(吉川家文書2、p.61)
  63. ^ 7月15日付加藤清正宛毛利輝元書状(『松井文庫所蔵古文書調査報告書2』八代市立博物館未来の森ミュージアム、1997年 p.140)
  64. ^ 旧後3, p. 552.
  65. ^ 7月17日付前田利長宛毛利輝元・宇喜多秀家連署書状(『武家事紀・中巻』山鹿素行先生全集刊行会、1915年 p.663)
  66. ^ 義演准后日記慶長5年7月18日条
  67. ^ 北野社家日記7月17日条
  68. ^ 平山優『大いなる謎真田一族 最新研究でわかった100の真実』PHP研究所、2015年、247-248頁。
  69. ^ 丸島和洋『真田信繁の書状を読む』星海社、2016年、148-149頁。
  70. ^ 平山優『真田信之』PHP研究所、2016年、148-149頁。
  71. ^ 時慶記7月18日条
  72. ^ 義演准后日記7月19日条
  73. ^ 時慶記7月19日条
  74. ^ 言経卿記7月22日条
  75. ^ 義演准后日記7月23日条
  76. ^ 近藤瓶城編 『改定史籍集覧第15冊』 近藤出版部、1902年。 
  77. ^ 井上泰至編 『関ヶ原はいかに語られたか―いくさをめぐる記憶と言説』 勉誠出版、2017年、27-28頁。 
  78. ^ 7月18日付明行坊・経聞坊宛稲葉通孝書状(『岐阜県史史料編史古代中世1』岐阜県、1969年 p.851)
  79. ^ 7月22日付滝川雄利宛徳川秀忠書状(中村 1959、p.526)
  80. ^ 7月21日付松井康之・有吉立行・魚住昌永宛細川忠興書状(『関ヶ原合戦と九州の武将たち』八代市立博物館未来の森ミュージアム、1998年 p.127)
  81. ^ 7月23日付最上義光宛徳川家康書状(中村 1959、p.522)
  82. ^ 7月26日付堀秀治宛徳川家康書状(中村 1959、p.531)
  83. ^ 7月26日付田中吉政宛徳川家康書状(中村 1959、p.530)
  84. ^ 7月27日付秋田実季宛榊原康政書状(中村 1959、p.534)
  85. ^ 7月29日付黒田長政宛徳川家康書状、他(中村 1959、pp.538-540)
  86. ^ 7月晦日付藤堂高虎宛徳川家康書状(中村 1959、p.544)
  87. ^ 7月26日付中川秀成宛豊臣三奉行連署書状(愛知県 2011、p.647)
  88. ^ 7月晦日付真田昌幸宛石田三成書状(『真田家文書上巻』長野市、1981年 p.54)
  89. ^ 義演准后日記他日記類の8月1日条
  90. ^ 8月朔日付豊臣大老・奉行連署書状(『武家事紀・中巻』山鹿素行先生全集刊行会、1915年 p.663)
  91. ^ 義演准后日記8月8日条
  92. ^ 8月4日付福島正則宛徳川家康書状、他(愛知県 2011、p.651)
  93. ^ 8月5日付福島正則・徳永寿昌宛徳川家康書状(愛知県 2011、p.653)
  94. ^ 義演准后日記8月5日条
  95. ^ 8月5日付真田昌幸他2名宛石田三成書状(『真田家文書上巻』長野市、1981年 p.61)
  96. ^ 8月10日付佐竹義宣宛石田三成書状(愛知県 2011、p.663)
  97. ^ 8月19日付島津忠恒宛島津義弘書状(旧記雑録後編3 p.565)
  98. ^ 8月20日付本田正親宛島津義弘書状(旧記雑録後編3 p.566)
  99. ^ 8月19日付井伊直政・本多忠勝宛黒田長政他2名連署書状(愛知県 2011、p.672)
  100. ^ 8月22日付本多正信他2名宛井伊直政書状(愛知県 2011、p.681)
  101. ^ 8月24日付結城秀康宛福島正則書状(愛知県 2011、p.686)
  102. ^ 8月29日付堀秀治宛徳川家康書状(愛知県 2011、p.693)
  103. ^ 8月28日付黒田長政宛徳川秀忠書状(『信濃史料補遺巻下』信濃史料刊行会1969年、p.60)
  104. ^ 8月24日付竹中重門他2名宛井伊直政書状(『岐阜県史史料編史古代中世4』岐阜県、1973年 p.1126)
  105. ^ 8月29日付黒河内長三宛保科正光書状(愛知県 2011、p.694)
  106. ^ 8月27日付福島正則宛徳川家康書状、8月27日付藤堂高虎他8名宛徳川家康書状、他(中村 1959、pp.634-637)
  107. ^ 時慶記8月27日条
  108. ^ 9月朔日付福島正則・池田照政等宛徳川家康書状(中村 1959、p.658)
  109. ^ 9月朔日付堀直寄宛徳川家康書状(中村 1959、p.660)
  110. ^ 9月3日付加藤貞泰・竹中重門宛徳川家康書状(中村 1959、p.664)
  111. ^ 時慶記9月3日条
  112. ^ 義演准后日記9月5日条
  113. ^ 御厨義道 「関ヶ原合戦における京極高次と大津籠城」、橋詰茂編 『戦国・近世初期西と東の地域社会』 岩田書院、2019年。 
  114. ^ 9月5日付浅野長政宛徳川秀忠書状(『大日本古文書 家わけ第2浅野家文書』東京大学史料編纂所1968年、p.141)
  115. ^ 9月12日付祖式長吉好宛吉川広家書状 (『大日本古文書家わけ九吉川家文書別集』東京帝国大学、1932年 p.44)
  116. ^ 10月7日付本多正純宛池田照政書状(『新修徳川家康文書の研究』徳川黎明会2006年、p.294)
  117. ^ 9月9日付福島高晴宛徳川家康書状(中村 1959、p.678)
  118. ^ 9月10日付藤堂高虎宛徳川家康書状(中村 1959、p.680)
  119. ^ 9月13日付丹羽長重宛徳川家康書状(中村 1959、p.688)
  120. ^ 9月12日付温井蔵助宛細川幽斎書状(『関ヶ原合戦史料集』藤井治左衛門、1979年p.347)
  121. ^ 言経卿記9月12日条、中臣祐範記9月13日条、北野社家日記9月14日条
  122. ^ 北野社家日記9月15日条
  123. ^ 9月15日付伊達政宗宛徳川家康書状(中村 1959、p.698)
  124. ^ 義演准后日記9月17日条
  125. ^ 10月8日付秋田実季宛最上義光書状(『山形県史資料編15上』山形県1977年、p.1004)
  126. ^ 9月21日付相良長毎宛井伊直政書状(『大日本古文書家わけ五の二相良家文書』東京帝国大学、1919年p.286)
  127. ^ 9月17日付毛利輝元宛福島正則・黒田長政書状(毛利家文書3、p.299)
  128. ^ 9月22日付井伊直政本多忠勝宛毛利輝元起請文(毛利家文書3、p.300)
  129. ^ 10月10日付毛利輝元・秀就宛徳川家康起請文 (吉川家文書2、p.71)
  130. ^ 9月25日付福島正則他4名宛徳川秀忠書状及び9月25日付池田照政・浅野幸長宛徳川家康書状(中村 1959、p.753-755)
  131. ^ 言経卿記9月25日条
  132. ^ 言経卿記9月27日条
  133. ^ 舜旧記、北野社家日記、時慶記、等日記類の10月1日条
  134. ^ 『新修福岡市史資料編中世1市内所在文書』福岡市2010年、pp.177-178
  135. ^ 中村 1959、p.698
  136. ^ 近藤瓶城編 『改定史籍集覧26』 近藤出版部、1902年。 
  137. ^ 大澤泉「史料紹介 杤山斉氏所蔵『内府公軍記』」『大阪城天守閣紀要』第37号、2009年。史料本文は本論文掲載の翻刻文を利用し、史料の概要は補論の「『内府公軍記』諸本の比較と編纂過程」を参照。
  138. ^ 見瀬和雄「関ヶ原合戦前後における前田利政の動静」『金沢学院大学紀要』12号、2014年。/所収:大西泰正編 『前田利家・利長』 戎光祥出版〈シリーズ・織豊大名の研究 第三巻〉、2016年。ISBN 978-4-86-403207-0 
  139. ^ a b c d e 光成 2009.
  140. ^ a b c d e 林 2010
  141. ^ a b c 山田貴司「関ヶ原合戦前後における加藤清正の動向」(初出:熊本県立美術館 編『生誕四五〇年記念展 加藤清正』(2012年)/所収:山田貴司 編著『シリーズ・織豊大名の研究 第二巻 加藤清正』(戒光祥出版、2014年)ISBN 978-4-86403-139-4
  142. ^ a b 光成 2007.
  143. ^ 笠谷 2007
  144. ^ 中野.
  145. ^ 「森岡榮一・太田浩司「石田三成の生涯-その-出自と業績-」『石田三成-秀吉を支えた知の参謀-』(市立長浜城歴史博物館、1999年)、のち谷徹也 編『シリーズ・織豊大名の研究 第七巻 石田三成』(戎光祥出版、2018年) ISBN 978-4-86-403277-3)所収。pp.92-93(2018).
  146. ^ 朝尾直弘「幕藩制と天皇」『将軍権力の創出』岩波書店、1994年。
  147. ^ 高木昭作「『法度』の支配」
  148. ^ 中野, p. 121.
  149. ^ 『関原大条志』
  150. ^ 光成 2007, p. 1-19.
  151. ^ 「毛利家文書」「全国石高及び大名知行高帳」など
  152. ^ 脇正典 「萩藩成立期における両川体制について」、藤野保先生還暦記念会編 『近世日本の政治と外交』 雄山閣、1993年。ISBN 4-639-01195-4 
  153. ^ 光成準治 2016, p. 249.
  154. ^ 藤井讓治「家康期の領知宛行制」『徳川将軍家領知宛行制の研究』思文閣出版社、2008年。
  155. ^ 笠谷 2007、p.158-159
  156. ^ 下村効「豊臣氏官位制度の成立と発展-公家成・諸大夫成・豊臣授姓-」『日本史研究』第377号、1994年。
  157. ^ NHK『決戦!関ヶ原 「空からスクープ 幻の巨大山城」』2020年12月19日放送
  158. ^ NHK「空から読み解く! 新説・関ヶ原 決戦!関ヶ原 〜空からスクープ 幻の巨大山城〜」2020年12月19日放送
  159. ^ NHK『決戦!関ヶ原 「空からスクープ 幻の巨大山城」』2020年12月19日放送
  160. ^ NHK「空から読み解く! 新説・関ヶ原 決戦!関ヶ原 〜空からスクープ 幻の巨大山城〜」2020年12月19日放送
  161. ^ 笠谷 2007、pp.33-36
  162. ^ 布谷 2005
  163. ^ 水野 2016, p. 86-89.
  164. ^ 布谷 2005
  165. ^ 谷徹也 「総論 石田三成論」 『石田三成』 戎光祥出版〈シリーズ・織豊大名の研究 第七巻〉、2018年、62-64頁。ISBN 978-4-86-403277-3 
  166. ^ 光成準治 2016, p. 252.
  167. ^ 石畑匡基「秀吉死後の政局と大谷吉継の豊臣政権復帰」『日本歴史』第772号、2012年。
  168. ^ 白峰旬「「小山評定」の誕生 : 江戸時代の編纂史料における小山評定の記載内容に関する検討」『別府大学大学院紀要』第16号、2014年。
  169. ^ 白峰旬「フィクションとしての小山評定 : 家康神話創出の一事例」『別府大学大学院紀要』第14号、2012年。
  170. ^ 白峰旬「小山評定は歴史的事実なのか(その1)拙論に対する本多隆成氏の御批判に接して」『別府大学紀要』第55号、2014年。
  171. ^ 白峰旬「小山評定は歴史的事実なのか(その2)拙論に対する本多隆成氏の御批判に接して」『別府大学大学院紀要』第16号、2014年。
  172. ^ 白峰旬「小山評定は歴史的事実なのか(その3)拙論に対する本多隆成氏の御批判に接して」『史学論叢』第44号、2014年。
  173. ^ 白峰旬小山評定は本当にあったのか?、渡邊大門編 「家康伝説の嘘」 『柏書房』 、2015年。 
  174. ^ 白峰旬「いわゆる小山評定についての諸問題 : 本多隆成氏の御批判を受けての所見、及び、家康宇都宮在陣説の提示」『別府大学大学院紀要』第19号、2017年。
  175. ^ 本多隆成「小山評定の再検討」『織豊期研究』14号、2012年。
  176. ^ 本多隆成「「小山評定」再論 : 白峰旬氏のご批判に応える」『織豊期研究』第17号、2015年。
  177. ^ 笠谷 2007、p44-47
  178. ^ 笠谷和比古編 『徳川家康 ─その政治と文化・芸能─』 宮帯出版社、2016年、53-54頁。 
  179. ^ 水野伍貴「小山評定の歴史的意義」『地方史研究』第67巻第2号、2017年。
  180. ^ 桐野作人『関ヶ原 島津退き口』学研パブリッシング、2013年、111頁~。
  181. ^ 10月2日吉川広家宛黒田長政起請文、10月3日黒田長政宛吉川広家書状、10月3日黒田長政・福島正則宛吉川広家起請文
  182. ^ 山本 2012
  183. ^ 山本洋「『陰徳太平記』の成立事情と吉川家の家格宣伝活動」『山口県地方史研究』第93号、2005年。
  184. ^ 山本 2012
  185. ^ 山本洋「『陰徳太平記』編述過程における記事の改変について」『軍記と語り物』第44号、2008年。
  186. ^ 『黒田家譜』は東軍の先陣諸隊を中央・左・右の3軍に分けて記しており、福島隊は左軍に属したとしている。
  187. ^ 笠谷和比古『関ヶ原合戦と近世の国制』思文閣出版、2000年、69-73頁。
  188. ^ 藤本正行「関ヶ原合戦で家康は小早川軍に鉄砲を撃ち込ませてはいない」『歴史読本特別増刊』特別増刊、1984年2月。
  189. ^ 三池 2007, p. 222-224.
  190. ^ 跡部信「高台院と豊臣家」『大阪城天守閣紀要』第34号、2006年。
  191. ^ 本多博之「豊臣政権下の筑前」『西南地域史研究』第11号、1996年。
  192. ^ 渡邊大門「関ヶ原合戦における小早川秀秋の動向」『政治経済史学』599・600号、2016年。
  193. ^ NHK『決戦!関ヶ原 「空からスクープ 幻の巨大山城」』2020年12月19日放送
  194. ^ NHK「空から読み解く! 新説・関ヶ原 決戦!関ヶ原 〜空からスクープ 幻の巨大山城〜」2020年12月19日放送
  195. ^ 関ケ原古戦場の整備”. 岐阜県庁. 2017年9月1日閲覧。
  196. ^ プレイライフ編集部 (24 September 2020). "【関ケ原の戦いが1分でわかる】一度見れば絶対に忘れない!大人は説明できないと恥ずかしい??". プレイライフ. 2020年9月27日閲覧
  197. ^ ワーテルローと関ケ原、「姉妹古戦場」に日本経済新聞』夕刊2017年9月1日





関ヶ原の戦いと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「関ヶ原の戦い」の関連用語

関ヶ原の戦いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



関ヶ原の戦いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関ヶ原の戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS