宮崎放送 テレビ

宮崎放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/16 06:32 UTC 版)

テレビ

テレビネットワークの移り変わり

一般番組はTBSテレビ系列の番組を主体とするが、テレビ宮崎(UMK)はフジテレビ系列主体で日本テレビ系列テレビ朝日系列とのクロスネット局[30]のため、テレビ宮崎(UMK)で放送されない日本テレビ系列・テレビ朝日系列の番組、さらに宮崎県内に系列局がないテレビ東京系列の番組も深夜・週末を中心に放送される。また、テレビ朝日系列の全国高校野球選手権大会中継(決勝戦)も本局で放送し、日本テレビ系列局主催の全国高等学校サッカー選手権大会も本局が参加している。

テレビチャンネル

デジタルテレビ放送の鰐塚山送信所およびFM補完中継局(親局、画像右)
画像左は元・アナログテレビ塔。2016年撮影

送信所が海抜1000mを超える鰐塚山にあるため、アナログ放送は隣県鹿児島県鹿児島市内や種子島を始め、四国愛媛県南予地方まで電波が届いた[31]。また、県北部の延岡局の電波は、海を挟んだ高知県土佐清水市大月町にも届く。高知新聞朝刊の第2テレビ面や産経新聞の高知県向けテレビ欄にはMRTの番組表が掲載されている。

JNN系列のリモコンキーID地
赤く塗られている地域がJNN系列がデジタル6chである。

九州の放送局では唯一、リモコンキーIDとしてキー局のTBSテレビと同じ「6」を使用している。

主な中継局

  • 延岡 44ch
  • 串間 37ch
  • 日向 44ch
  • 高千穂 19ch
  • 飯野 30ch
  • 真幸 30ch

アナログ放送概要

2011年7月24日停波時点

現在放送中の番組

太字字幕放送

自社制作番組

  • MRTニュース(随時)
  • モーニングてらす!(月曜 - 金曜 9:55 - 10:25、ただし祝日は休止/2014年7月-)
  • MRTニュース Next(月曜 - 金曜 18:15 - 18:55 / 2010年3月-)
  • わけもん!(水曜 19:57 - 20:57 / 2016年4月13日 - )
    • わけもん!!(2009年7月 - 2011年3月26日)
    • わけもん!GT(2011年4月 - 2016年3月)
  • つづくさんのどようだよ (^^)(土曜 9:25 - 11:00 / 2016年4月 - )
  • おしえて!みやざき(土曜 11:00 - 11:15)
  • 宮崎県教育情報テレビ「みらい・みやざき まなび隊」(土曜 11:15 - 11:25 / 2012年4月 - )
  • ダンロップフェニックストーナメント(毎年11月第3週 - 第4週、毎日放送と共同制作の形を取っている。第1回のみNET系列向け)
  • あるあるセブン(2014年7月14日 - 、不定期放送)

TBSテレビ系列番組

※ネットワークセールス枠番組を除く
JNN九州ブロックネット番組

テレビ朝日系番組

日本テレビ系番組

テレビ東京系番組

民教協番組

過去に放送した番組

☆印:番組自体は継続中

自社制作
  • 北日向(30分間の特番、1960年4月16日)※初の自社制作番組
  • テレビ県民室(1961年10月-?)→県政ロータリー →朝のチャイム(1966年4月-1986年3月) →みやざき私たち(1986年4月-?)
  • 若い道(45分間、1962年10月)※初の自社制作テレビドラマ
  • 市政だより(1963年7月-?)→テレビ市庁
  • 農事手帳(1964年5月-9月)※初のレギュラー制作番組、月1回放送
  • 岐路に立つ農村(30分間、1965年2月)※初の自社制作ドキュメンタリー
  • ふるさと紀行(1965年4月-1966年3月 ※初期の週一レギュラー番組) →新・ふるさと紀行(1966年4月-10月)
  • MRTサンデーショー(1965年10月-1970年9月)※初めて中継車を用いたレギュラー番組
  • MRTジャーナル(1966年11月-1968年3月)
  • みやざきあの人この人(1968年4月-1969年3月)
  • 「宮崎城物語」公演(1968年12月14日録画、69年1月放送)※初の舞台中継録画
  • 宮崎の若人'69(1969年7月-11月)
  • MRT歌謡曲選手権大会(1969年9月23日放送)※開局15周年記念番組
  • 宮崎カラー百景(1970年4月-9月)
  • 太陽とみどりのワイドショー・フレッシュみやざき(1970年11月)※生ワイド番組
  • しゃんしゃん宮崎(1972年4月-9月)※大型生ワイド番組
  • MRT母と子の手帳(1973年7月-1974年6月)
  • MRT'73夏 ふるさと探検(1973年7月-8月)
  • UP UP(1973年9月-12月)※MRT初のヤング音楽番組
  • わるんぼ 泣き虫 甘えんぼ(1974年10月-?、枠移動し1987年-?)
  • MRTニュースワイドMRTイブニング・ニュースMRT THE NEWS(1974年10月-、2010年以降の『MRTニュース Next』の枠)
  • 赤ちゃんとママ(1976年4月-1978年3月)
  • 奥さんの料理コーナー・ひと味ちがいます(1977年5月-7月)
  • MRT土曜ワイド(1978年4月-1982年9月)※生ワイド番組
  • MRTふるさと回覧板[お母さんの救急箱、食い道楽、歯歯32、わるんぼ泣き虫甘えんぼ、カメラ散歩](1982年1月-1984年3月)
  • 土曜です MRT こんにちは(1982年10月-1984年3月)
  • MRT10人抜き 歌のチャンピオン(1984年4月-1989年3月)
  • おくさま9:30(1984年11月-1990年4月)→ MRT9♡30(1990年5月-1991年3月)→ チュンチュンあんてな(1991年4月-1998年3月)→ MRT生スタ955(1998年3月→2005年3月)→ アッパレ!miyazaki(2005年3月-2014年6月)<※現在の『モーニングてらす』枠>
  • ふるさとの祭り(1985年4月-?)
  • われら旧友・悪友(1987年4月-7月)
  • 日曜特集 報道いま宮崎(1988年1月-?)
  • 愛ランドみやざき(1989年4月-9月)※開局35周年記念クイズ番組
  • NOWナウ企業(1989年7月-?)
  • MRTザ・歌BAN(1989年10月-1991年3月)
  • まこちよかとこみやこんじょ(1991年1月-?)
  • GET!
  • MRTスプラッシュマガジン
  • 平成子育て日記
  • ゴジヤジ(2000年7月-) →土曜ゴジヤジ(2002年-2008年3月29日)
  • 元気だ宮崎!ふるさと6時間テレビ(2004年7月3日放送)※開局50周年記念テレビ特番
  • 土アップ(土曜、2007年4月7日-2009年3月28日)
  • 月刊みやざきイタダキッズ~もっと知りたい!宮崎の農業~(2007年10月21日-2015年3月28日)
  • チャイム 〜のびよ!宮崎の子どもたち〜(土曜、2008年4月-2009年3月28日)
  • ゴゴイチ!(2008年4月5日-2009年3月)
  • 恋旅CHU
  • 週刊アッパレくん!(2009年7月-?)
  • 宮崎元気印 情熱企業(2010年9月-?)
  • 愛wantCHU
  • MRTニュース サタデーNext(2012年4月-2016年9月)
  • 報道LIVE トコトン(土曜 16:30 - 17:30/2016年10月-2018年3月)
  • アッパレ!DoooN!(2013年10月-2014年6月)→DoooN!(2014年7月-2016年3月)<※現在の『つづくさんのどようだよ』枠>
  • 新・九州風土記(1964年10月-?)※九州民放6社による共同持ち回り制作番組
  • 九州再発見(1966年10月-70年3月)→人間ばんざい(1970年4月-72年3月)→コミュニティ1200万(1972年4月-76年12月)→新・九州再発見(1977年1月-78年3月)→出会いの朝・九州(1978年4月-79年9月)→窓をあけて九州(1979年10月-2012年3月)※JNN九州6社持ち回り共同制作番組
  • ワイドサタデー 朝日放送制作 制作協力:山陽放送テレビ瀬戸内海放送中国放送広島ホームテレビ大分放送南海放送四国放送RKB毎日放送九州朝日放送・宮崎放送(1970年10月-1983年3月)※多元中継ワイドショー、MRTは1972年以降105回担当
  • ウィークエンドBOX なまワイド九州 →新鮮!生ワイド九州(1988年10月-1991年12月)→※JNN九州ブロック共同制作番組
毎日放送制作
CBCテレビ制作番組(全国ネットを除く)
テレビ朝日系
宮崎放送では、『土曜ロードショー』として土曜深夜に異時ネットしていた(スポンサーも自社で差し替え)。
なお、『ガンダムSEED』以降はTBSテレビ系列同時ネットで放送されている。

ほか多数

日本テレビ系

ほか多数

テレビ東京系

ほか

民教協
その他
テレビ宮崎開局まで放送されていたフジテレビ系の番組

ほか多数




  1. ^ 地名(町名)としての「橘通」であり、正確には高千穂通り国道10号)に面している。
  2. ^ 両紙の番組表(テレビ欄)で宮崎放送はテレビ宮崎の左側に掲載。
  3. ^ 会社案内(公式サイト内)
  4. ^ 同じビルには同じJNN系列局である長崎放送福岡支社が入居している。
  5. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、453-454頁。
  6. ^ 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、330頁。
  7. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、451頁。
  8. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、484頁。
  9. ^ 新たな取組のご紹介 -宮崎放送による森林づくり- 宮崎県公式ウェブサイト。
  10. ^ どげんかせんとイカン!東国原知事の軌跡 宮崎日日新聞公式ウェブサイト内。紙面には2008年7月27日掲載。
  11. ^ ラジオ山梨(現在の山梨放送)と韓国群山市の米軍ビーコン局が同一周波数で送信していたことにより、宮崎市周辺以外では夜間の混信があった。
  12. ^ 宮崎放送側の設備としては、1972年3月18日にカラー中継車の導入をもって対応完了。
  13. ^ a b c d 樫元洋・編 『MRT社報』 宮崎放送、第375号(平成19年新年号)、2007年。
  14. ^ a b c 福岡県、熊本県及び宮崎県内における災害対策及び中波ラジオ難聴地域の一部解消に向けて-中波ラジオ放送のFM方式による補完中継局に予備免許を付与- - 総務省九州総合通信局・報道資料(2015年9月2日)
  15. ^ a b c AM!FM!どっちも、mrtラジオ
  16. ^ 熊本県及び宮崎県内における災害対策及び中波ラジオ難聴地域の一部解消に向けて 九州総合通信局報道資料 平成28年8月9日(国立国会図書館のアーカイブ:2016年9月2日収集)
  17. ^ “3月31日、延岡FM補完中継局が開局-MRT”. 夕刊デイリー (夕刊デイリー新聞社): p. 3. (2017年3月29日) 
  18. ^ 開始当初の周波数は1490kc、出力は昼1kW・夜500Wだったが、1956年10月1日に周波数を1480kc、夜間出力を1kWに変更。1959年10月1日に周波数を920kc、1962年10月1日に周波数を1100kcにそれぞれ変更。1977年1月27日に送信出力を5kWに増力。1978年11月23日に周波数を1098kHzに変更したが、1981年11月13日に現在の周波数に変更(大分放送や外国との夜間の混信を緩和するため)。1987年7月15日に送信所を現在地の宮崎市一ツ葉に移転した。
  19. ^ 2008年6月に平日深夜帯に放送設備工事を実施。
    期間中は工事時間帯や1日だけ昼間にも停波し、工事を行った。
  20. ^ 1982年6月24日にプリエンファシスを導入(中継局は1983年3月25日に一律開始)し、1983年3月25日に延岡・小林中継局との同期放送開始。
  21. ^ 開始当初の周波数1060kc、出力は100Wだったが、1962年10月1日に周波数を920kcに変更。1963年3月19日に送信出力を1kWに増力。1978年11月23日に918kHzに変更したが、1983年3月25日に現在の周波数に変更(同期放送開始のため)。
  22. ^ 開始当初の周波数は1500kcだったが、1978年11月23日に周波数を1485kHzに変更。1984年9月21日に現在の周波数に変更(同期放送開始のため)した。
  23. ^ 開始当初の周波数は800kc、出力が100Wだったが、1963年12月1日に周波数を1460kcに変更。1978年11月23日に周波数を1458kHzに変更したが、1983年3月25日に現在の周波数に変更し(同期放送開始のため)、同時に送信出力を増力した。
  24. ^ 開始当初の周波数は800kc、出力は100Wだったが、1968年4月1日に周波数を1500kcに、1978年11月23日に1485kHzに変更。1984年9月21日に現在の周波数に変更(同期放送開始のため)し、1989年10月29日に送信出力を増力した。2007年に送信所を日南市吾田東2丁目から日南市楠原に移転した。
  25. ^ 現在"JONM"は奈良テレビ放送に割り当てされている。
  26. ^ 開始当初は周波数は1560kcでだったが、1978年11月23日に1557kHzに変更。1985年9月17日に現在の周波数に変更(同期放送開始のため)。
  27. ^ 開始当初の周波数は920kc、出力は50Wだったが、1977年1月28日に送信出力を100Wに増力し、1978年11月23日に周波数を918kHzに変更。1984年9月21日に現在の周波数に変更した(同期放送開始のため)。
  28. ^ 熊本県及び宮崎県内における災害対策及び中波ラジオ難聴地域の一部解消に向けて 九州総合通信局報道資料 平成28年8月9日(国立国会図書館のアーカイブ:2016年9月2日収集)
  29. ^ ザ・ベストテン』(TBS)に、宮崎のランキングデータを送るために立ち上げられた。
  30. ^ 日本テレビ系列NNS、テレビ朝日系列は一般番組供給部門には参加していない。
  31. ^ アナログテレビ放送開始時(『日向日日新聞』1960年10月1日)の広告による。『MRT宮崎放送50年史』にも掲載。
  32. ^ レギュラー番組時代(『人気者でいこう!』)はテレビ宮崎で放送した。
  33. ^ 2013年3月まではテレビ宮崎で放送されていた。
  34. ^ ただし、特番等で休止の場合あり。特番を除くと現在MRTで放送される日テレ系番組で唯一の同時ネット番組。
  35. ^ a b 2017年3月をもって終了した「月曜プライム」(「土曜プライム」の改題・遅れネット)の後番組として放送。
  36. ^ テレビ宮崎が『スーパーモーニング』と同じく事件・芸能ニュースを扱っている『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ制作)を放送しており、『とくダネ!』と内容が類似していた『スーパーモーニング』から生活情報番組の『はなまるマーケット』への切り替えを希望する声が、MRTが公式サイトに設けていた掲示板(後に閉鎖)に多く寄せられていた。ただし、2009年春改編以前のMRTでは「8:30 - 11:30(当時。2009年3月30日以降は9:55 - 11:30)はローカル編成の扱いであるため、またテレビ朝日や『スーパーモーニング』のネットスポンサー側からの要請もあるため」との説明をその掲示板などで行っていた。
  37. ^ 宮崎放送は当初掲示板への回答で『Max Heart』も放送予定と2005年9月に回答していたが、遅れの幅を縮めるためか放送を断念し、Splash Star』を放送して半年遅れに収まるようにした。
  38. ^ 初代司会者・児玉清時代の1996年10月にUMKから移行され、2002年12月に一旦打ち切られていた後、児玉没後の2012年4月7日から2017年9月30日まで放送。
  39. ^ 『アニメディア 1989年4月号』 1989年、学研パブリッシング、テレビ局ネットワーク p.101。
  40. ^ 前作(1974年度版)はテレビ宮崎にて放映。
  41. ^ 宮崎放送が組織改編”. みやビズ. 2018年11月24日閲覧。
  42. ^ 茨城放送 企画事業部 業務案内”. 茨城放送. 2016年6月2日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮崎放送」の関連用語

宮崎放送のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宮崎放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮崎放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS