日本三大一覧 日本三大一覧の概要

日本三大一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/11 10:05 UTC 版)

はじめに

  • ここに掲載されたものの多くは、具体的、統計的な調査に基づく番付の上位三つではない。
  • かなりの「日本三大」は2つまでは異論がないことが多いが、3つ目に諸説があることが多い。
  • 複数説あるものは、該当部分を《二重山括弧》で囲う、もしくは、説明を添えることによって明示する。
    • A、B、《C、または、D》 = C の代わりに D が入る場合がある。
    • A、B、《C :解説内容》 = 最も一般的には C であるが、それに代わるものがある場合の解説。
    • A、B、C 《D》 = D が A・B・C のいずれかと入れ替わる場合がある。
    • A、B、《C、D、E のいずれか》 = D と E のいずれかが C と入れ替わる場合がある。
    • A、B、C 《D、E、F》 = 全く別の三大がある。
  • なお、当項目上の記載にあたっては「ノート:日本三大一覧」の冒頭にある「ローカルルール」を基準としているので参照のこと。「ローカルルール」は主に記載の可・不可についての取り決めである。したがって、比較的有名であるにもかかわらず当項目で扱われていない事象があれば、それ自体が検証上の理由から「不可」と判断される要因を抱えている可能性を、「記載なし」という状況で当項目が示したものとする。
  • 日本に三(3)が多い理由について、奇数の文化と偶数の文化で説明されることもある[1]

自然

三大岩場・三大岩峰・三大岩稜
谷川岳群馬県新潟県)、穂高岳長野県岐阜県)、剱岳富山県[‡ 1]
三大急登
飛騨山脈・烏帽子岳へのブナ立尾根(長野県)、赤石山脈・甲斐駒ヶ岳への黒戸尾根(山梨県[要出典]上越谷川岳への西黒尾根(群馬県)[2][3]
北アルプス三大急登
剱岳の早月尾根(富山県)、烏帽子岳へのブナ立尾根(長野県)、燕岳の合戦尾根(長野県)[note 1][note 2]
三大
北アルプス越えの針ノ木峠(2,541m)(長野県 - 富山県)、南アルプス越えの三伏峠(2,580m)(静岡県 - 長野県)、奥秩父主脈越えの雁坂峠(2,082m)(埼玉県 - 山梨県)[‡ 2]
三大キレット[note 3]
大キレット槍ヶ岳穂高岳)(長野県・岐阜県)、八峰キレット五竜岳鹿島槍ヶ岳)(長野県・富山県)、不帰キレット(白馬岳唐松岳)(長野県・富山県)[要出典]
三大ハゲ山
愛知県岡山県滋賀県[4]

川・滝

三大河川
信濃川利根川石狩川[* 1]
三大峡谷[† 1]三大渓谷[要出典]
清津峡(新潟県)、黒部峡谷(富山県)、大杉峡谷三重県[† 1]
三大瀑布・三名瀑
那智の滝和歌山県那智勝浦町)、華厳の滝栃木県日光市)、袋田の滝茨城県大子町[‡ 3]秋保大滝宮城県仙台市)》[要出典]
三大神滝
那智の滝(和歌山県那智勝浦町)、華厳の滝(栃木県日光市)、布引の滝(兵庫県神戸市[‡ 4]

海岸・海・湖

三大松原
三大急潮
鳴門海峡関門海峡、《来島海峡針尾瀬戸[† 2]、または、黒之瀬戸[要出典]
三大潮流
大畠瀬戸山口県柳井市)、伊良湖水道(三重県鳥羽市・愛知県田原市)、早崎瀬戸長崎県南島原市[要出典]
三大
琵琶湖滋賀県)、霞ヶ浦千葉県・茨城県)、サロマ湖北海道[† 3]

温泉

三大温泉
熱海温泉(静岡県熱海市)、南紀白浜温泉(和歌山県白浜町)、別府温泉大分県別府市[‡ 6]
三名泉[note 5]
有馬温泉(兵庫県神戸市)、玉造温泉島根県松江市)、《榊原温泉【ななくりの湯】(三重県津市)、または、別所温泉【七久里の湯】(長野県上田市)》
三名泉[note 6]
有馬温泉(兵庫県神戸市)、草津温泉(群馬県草津町)、下呂温泉(岐阜県下呂市[‡ 7]
三御湯
秋保温泉【名取の御湯】(宮城県仙台市)、別所温泉【信濃の御湯】(長野県上田市)、野沢温泉【犬養の御湯】(長野県野沢温泉村[note 7]
三大秘湯
ニセコ薬師温泉(北海道蘭越町)、谷地温泉青森県十和田市)、祖谷温泉徳島県三好市[† 4]
三大薬泉
有馬温泉(兵庫県神戸市)、草津温泉(群馬県草津町)、松之山温泉(新潟県十日町市[‡ 8]
三美人湯[note 8]
川中温泉(群馬県東吾妻町)、龍神温泉(和歌山県田辺市)、湯の川温泉(島根県出雲市[7][† 5]

植物

三大美林
青森ヒバ(青森県)、秋田スギ秋田県)、木曽ヒノキ(長野県の木曾谷[8][9][10]
三大人工美林
天竜美林(静岡県の天竜川流域林業地帯。天竜)、吉野美林(奈良県吉野林業地帯。吉野杉)、尾鷲美林(三重県の尾鷲林業地帯。尾鷲檜[おわせひのき])[11]
三大[12]三大巨桜[要出典]
三春滝桜(福島県三春町)、神代桜山梨県北杜市)、淡墨桜(岐阜県本巣市
三大夜桜
高田公園(新潟県上越市)、円山公園(京都府京都市)、丸山公園(長崎県長崎市[要出典]
三大桜名所
弘前城(青森県弘前市)、高遠城址公園(長野県伊那市)、吉野山(奈良県吉野郡[要出典]

動物

三大長鳴
声良鶏(青森県・秋田県)、唐丸(新潟県)、東天紅高知県[‡ 9]
三大地鶏(食肉地鶏:「じどり」)
比内地鶏(秋田県)、薩摩地鶏(鹿児島県)、名古屋コーチン(愛知県)[13][14]

その他、自然

三大カルスト地形
秋吉台(山口県)、平尾台(福岡県)、四国カルスト(愛媛県・高知県)[‡ 10]
三大鍾乳洞
龍泉洞岩手県岩泉町)、秋芳洞(山口県美祢市)、龍河洞(高知県香美市[† 6]
三大銘石
佐渡の赤玉石(新潟県佐渡島)、神戸の本御影石(兵庫県神戸市)、鳥取の佐治川石(鳥取県鳥取市[† 7]
三大局地風(悪風)
清川だし山形県庄内町)、広戸風(岡山県津山市奈義町)、やまじ風(愛媛県四国中央市[† 8]
昭和の三大台風
室戸台風枕崎台風伊勢湾台風[‡ 11]
三大崩れ
大谷崩れ(静岡県)、常願寺川鳶山崩れ(富山県)、稗田山崩れ(長野県)[15][16]



[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 昭文社『山と高原地図 36.剱・立山/37.槍ヶ岳・穂高岳』に、それぞれの山に「北アルプス三大急登」と記載あり。
  2. ^ 烏帽子岳のブナ立尾根、鹿島槍ヶ岳の赤岩尾根、および、燕岳の合戦尾根が、北アルプス三大急登と呼ばれていた。その後、より急登である笠ヶ岳の笠新道も開設された。(笠ヶ岳の笠新道に関しては、昭文社『山と高原地図』に記載なし)- 『上高地・槍・穂高』〈19〉、山と渓谷社〈ヤマケイアルペンガイド〉、2000年4月、275頁。ISBN 978-4-6350-1319-2
  3. ^ キレット(きれっと、きれと、切戸)とは、山稜がV字形に深く切れ込んで低くなっている風隙のこと。
  4. ^ 1900年(明治33年)発表の鉄道唱歌の記述。
  5. ^ 枕草子』による
  6. ^ 林羅山による
  7. ^ 第84代・順徳天皇によって選出されたと伝えられる。
  8. ^ 美肌となる湯
  9. ^ デジタル大辞泉、世界大百科事典 第2版、大辞林 第三版『三奇橋』 - コトバンク大辞林 第二版より。なお、『広辞苑 第六版』では、「山口県錦川の錦帯橋、山梨県桂川の猿橋、富山県黒部川の愛本橋または木曾の桟をいう」とされている。
  10. ^ さんしん。三箇の津(さんがのつ)とも称。近世以前における津(船着き場)の三大。
  11. ^ 民謡と踊りが混合してしまっている部分があり、厳密には三大民謡と三大民謡踊りの二つの分け方がある。尚、観光ガイドで三大民謡となっている大洗町の磯節については、踊りではなく民謡(歌)であり、磯節全国大会などの歌謡大会が毎年開催されている。観光ガイドなどでは郡上おどり(岐阜県郡上市)は、「日本三大民謡踊り」「日本三大盆踊り」となっており民謡(歌)ではなく踊りとなっている。
  12. ^ 起源となった神社3つを指す。
  13. ^ 不老不死を求める中国・秦代の始皇帝に対して徐福からなされた日本と推測される島についての報告に「海中に三神山あり」との一節が見られ、それらの日本における比定地である。

出典

  1. ^ a b レッカ社 2009, pp. 36-37
  2. ^ レッカ社 2009, pp. 42-43
  3. ^ レッカ社 2009, pp. 30-31
  4. ^ レッカ社 2009, pp. 150-151
  5. ^ レッカ社 2009, pp. 146-147
  6. ^ レッカ社 2009, pp. 40-41
  7. ^ レッカ社 2009, pp. 220-221
  8. ^ レッカ社 2009, pp. 222-223
  9. ^ レッカ社 2009, pp. 106-107
  10. ^ レッカ社 2009, pp. 32-33
  11. ^ レッカ社 2009, pp. 194-195
  12. ^ レッカ社 2009, pp. 140-143
  13. ^ レッカ社 2009, pp. 164-165
  14. ^ レッカ社 2009, pp. 162-163
  15. ^ レッカ社 2009, pp. 98-101
  16. ^ レッカ社 2009, pp. 112-113
  17. ^ レッカ社 2009, pp. 132-135
  18. ^ レッカ社 2009, pp. 152-153
  19. ^ レッカ社 2009, pp. 160-161
  20. ^ レッカ社 2009, pp. 154-155
  21. ^ レッカ社 2009, p. 153
  22. ^ レッカ社 2009, pp. 158-159
  23. ^ レッカ社 2009, pp. 128-129
  24. ^ レッカ社 2009, pp. 120-121
  25. ^ レッカ社 2009, pp. 94-97
  26. ^ レッカ社 2009, pp. 126-127
  27. ^ レッカ社 2009, pp. 114-115
  28. ^ レッカ社 2009, pp. 214-217
  29. ^ レッカ社 2009, pp. 124-125
  30. ^ レッカ社 2009, pp. 108-109
  31. ^ レッカ社 2009, pp. 230-231
  32. ^ a b レッカ社 2009, pp. 50-53
  33. ^ a b レッカ社 2009, pp. 62-63
  34. ^ レッカ社 2009, pp. 64-65
  35. ^ レッカ社 2009, pp. 54-57
  36. ^ レッカ社 2009, pp. 70-71
  37. ^ a b レッカ社 2009, pp. 76-77
  38. ^ レッカ社 2009, pp. 78-79
  39. ^ レッカ社 2009, pp. 82-83
  40. ^ レッカ社 2009, pp. 186-187
  41. ^ レッカ社 2009, pp. 204-205
  42. ^ レッカ社 2009, pp. 198-199
  43. ^ レッカ社 2009, pp. 196-197
  44. ^ レッカ社 2009, pp. 188-189
  45. ^ レッカ社 2009, pp. 192-193
  46. ^ レッカ社 2009, pp. 182-183
  47. ^ レッカ社 2009, pp. 232-233
  48. ^ レッカ社 2009, pp. 206-207
  49. ^ レッカ社 2009, pp. 210-213
  50. ^ レッカ社 2009, pp. 226-227
  51. ^ レッカ社 2009, pp. 224-225
  1. ^ ナヴィ 2003, pp. 162-164
  2. ^ ナヴィ 2003, pp. 160-162
  3. ^ ナヴィ 2003, pp. 149-150
  4. ^ ナヴィ 2003, pp. 449-450
  5. ^ ナヴィ 2003, pp. 142-144
  6. ^ ナヴィ 2003, pp. 458-460
  7. ^ ナヴィ 2003, pp. 461-463
  8. ^ ナヴィ 2003, pp. 468-469
  9. ^ ナヴィ 2003, pp. 1210-212
  10. ^ ナヴィ 2003, pp. 153-155
  11. ^ ナヴィ 2003, pp. 542-543
  12. ^ ナヴィ 2003, pp. 386-387
  13. ^ ナヴィ 2003, pp. 388-389
  14. ^ ナヴィ 2003, pp. 390-391
  15. ^ ナヴィ 2003, pp. 151-152
  16. ^ ナヴィ 2003, pp. 267-269
  17. ^ ナヴィ 2003, pp. 440-442
  18. ^ ナヴィ 2003, pp. 443-444
  19. ^ ナヴィ 2003, pp. 270-271
  20. ^ ナヴィ 2003, pp. 372-374
  21. ^ ナヴィ 2003, pp. 379-381
  22. ^ ナヴィ 2003, pp. 59-61
  23. ^ a b c d e f g h i j k ナヴィ 2003, pp. 76-84
  24. ^ ナヴィ 2003, pp. 125-127
  25. ^ ナヴィ 2003, pp. 85-87
  26. ^ ナヴィ 2003, pp. 98-100
  27. ^ ナヴィ 2003, pp. 252-254
  28. ^ ナヴィ 2003, pp. 106-109
  29. ^ ナヴィ 2003, pp. 67-70
  30. ^ ナヴィ 2003, pp. 306-307
  31. ^ ナヴィ 2003, pp. 304-305
  32. ^ ナヴィ 2003, pp. 327-330
  33. ^ ナヴィ 2003, pp. 338-340
  34. ^ ナヴィ 2003, pp. 325-327
  35. ^ ナヴィ 2003, pp. 343-344
  36. ^ ナヴィ 2003, pp. 347-349
  37. ^ ナヴィ 2003, pp. 377-379
  38. ^ ナヴィ 2003, pp. 368-369
  39. ^ ナヴィ 2003, pp. 375,377
  40. ^ ナヴィ 2003, pp. 34-36
  41. ^ ナヴィ 2003, pp. 53-54
  42. ^ ナヴィ 2003, pp. 20-22
  43. ^ ナヴィ 2003, pp. 402-404
  44. ^ ナヴィ 2003, pp. 404-405
  45. ^ a b ナヴィ 2003, pp. 398-401
  46. ^ ナヴィ 2003, pp. 217,219
  47. ^ ナヴィ 2003, pp. 481,484-486
  48. ^ ナヴィ 2003, pp. 294-296
  49. ^ ナヴィ 2003, pp. 447-448
  50. ^ ナヴィ 2003, pp. 254-256
  51. ^ ナヴィ 2003, pp. 240-241
  52. ^ ナヴィ 2003, pp. 506-507
  53. ^ ナヴィ 2003, pp. 232-234
  54. ^ ナヴィ 2003, pp. 430-432
  1. ^ 世界の「ふしぎ雑学」研究会 2007, pp. 120-121
  2. ^ 世界の「ふしぎ雑学」研究会 2007, pp. 68-69
  3. ^ 世界の「ふしぎ雑学」研究会 2007, p. 41
  4. ^ 世界の「ふしぎ雑学」研究会 2007, pp. 178-179
  5. ^ 世界の「ふしぎ雑学」研究会 2007, pp. 196-197
  6. ^ 世界の「ふしぎ雑学」研究会 2007, pp. 54-55
  1. ^ 西山豊: “奇数の文化と偶数の文化 (PDF)” (2014年12月29日). 2017年2月3日閲覧。
  2. ^ 願い待つ 白き貴公子 〜甲斐駒ケ岳〜(2009年8月2日放送)”. 小さな旅. NHK総合テレビジョン. 2017年2月3日閲覧。
  3. ^ “ファッションの伝道者はなぜ毎週、山に登るのか”. NIKKEI STYLE. (2016年10月17日). http://style.nikkei.com/article/DGXMZO08065030W6A001C1000000 2017年2月3日閲覧。 
  4. ^ 治山事業の歴史(萩御殿、ホフマン工事)”. 愛知県農林水産部農林基盤局森林保全課 (2009年4月1日). 2017年2月3日閲覧。
  5. ^ おでかけ情報 史跡名勝等 虹の松原”. 九州森林管理局. 2017年2月3日閲覧。
  6. ^ 概要と見どころ 松原風景林”. 近畿中国森林管理局. 2017年2月3日閲覧。
  7. ^ テレビ朝日、スパモニランキング、2008年12月19日放送、温泉研究家:石井宏子監修
  8. ^ 所管事業の概要”. 林野庁. 2017年2月4日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 朝日新聞社知恵蔵編集部 2003, p. 259.
  10. ^ (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」『三大美林(日本三大美林)』 - コトバンク
  11. ^ 「FSC森林認証」面積日本一!”. 浜松市 (2014年10月1日). 2017年2月4日閲覧。
  12. ^ 日本三大桜特集”. 日本気象協会 (2011年). 2017年2月4日閲覧。
  13. ^ 【食レポ】横浜赤レンガ倉庫で、日本各地の鍋料理が楽しめる「鍋小屋2017」スタート! 暖かい会場で鍋料理に舌鼓”. ネタとぴ (2017年1月23日). 2017年2月5日閲覧。
  14. ^ ANAが悲願のJAL超え。元整備士の異端社長が変えた日本の空の旅”. まぐまぐニュース (2016年11月29日). 2017年2月5日閲覧。
  15. ^ 森尻理恵、中川充、斎藤 眞 (2013年9月). “シームレス地質図でたどる 幸田 文『崩れ』(第8回) (PDF)”. GSJ地質ニュース Vol. 2 No.9. 地質調査総合センター. 2017年2月11日閲覧。
  16. ^ “<山腹工事監督>大谷崩れ(静岡市葵区)”. 静岡新聞. (2016年11月21日). http://www.at-s.com/news/article/featured/culture_life/shigoto_zekkei/303494.html 2017年2月11日閲覧。 
  17. ^ 「日本の道100選」研究会 『日本の道100選〈新版〉』 国土交通省道路局(監修)、ぎょうせい2002年6月20日、124頁。ISBN 4-324-06810-0
  18. ^ 総合研究開発機構の『地方港湾からみた選択的な資金配分による地域活性化の可能性』 (PDF)”. 公益財団法人 NIRA総合研究開発機構. p. 89. 2017年2月5日閲覧。
  19. ^ 中国・代の兵法書『武備誌』による。
  20. ^ 世界大百科事典『日本三津』 - コトバンク
  21. ^ 加瀬 & 畑田 1993, p. 291.
  22. ^ 御田植祭”. 香取神宮. 2017年2月5日閲覧。
  23. ^ “「日本三大御田植祭」の一つ、伊勢神宮別宮「伊雑宮」の神田で”. 伊勢志摩経済新聞. (2014年6月24日). http://iseshima.keizai.biz/headline/2069/ 2017年2月5日閲覧。 
  24. ^ “裸の男たちが凍った川で水を浴び炎の上で叫ぶ「蘇民祭」現地取材~極寒編~”. GIGAZINE. (2012年1月30日). http://gigazine.net/news/20120130-somin-festival-02/ 2017年2月5日閲覧。 
  25. ^ “神宿るご神木信仰(小宮御柱祭)”. 産経ニュース. (2016年11月11日). http://www.sankei.com/life/news/161111/lif1611110010-n1.html 2017年2月5日閲覧。 
  26. ^ a b c d 朝日新聞社知恵蔵編集部 2003, p. 258.
  27. ^ “新潟)裸で押し合い 南魚沼の毘沙門堂で春告げる祭り”. 朝日新聞. (2016年3月5日). http://www.asahi.com/articles/ASJ342PQ2J34UOHB001.html 2017年2月5日閲覧。 
  28. ^ “裸押し合い 熱気最高潮”. JWN[全国新聞ニュース網]. (2010年3月5日). http://www.jwn.ne.jp/lj/article/20100305_003444.html 2017年2月5日閲覧。 
  29. ^ “日本三大奇祭の一つ! 少女が琵琶湖畔を練り歩く「鍋冠祭」とは?-滋賀県”. マイナビニュース. (2013年4月25日). http://news.mynavi.jp/news/2013/04/25/211/ 2016年2月5日閲覧。 
  30. ^ “「日本三大奇祭」をネットライブ 18日、西大寺会陽の宝木争奪 締め込み姿の1万人、福男目指し 岡山”. 産経WEST. (2017年2月4日). http://www.sankei.com/west/news/170204/wst1702040016-n1.html 2017年2月5日閲覧。 
  31. ^ “西大寺会陽 宝木求め男衆1万人 熱気で湯気 岡山”. 毎日新聞. (2016年2月21日). http://mainichi.jp/articles/20160221/k00/00e/040/082000c 2017年2月5日閲覧。 
  32. ^ “福招く『バカヤロー』 笠間で悪態まつり”. 茨城新聞. (2008年12月22日) 
  33. ^ 【日本三大奇祭】参加者がただひたすら悪態をつきまくる奇祭「悪態まつり」に潜入してきたぞばかやろー!”. ねとらぼ (2012年12月18日). 2016年2月5日閲覧。
  34. ^ “奇祭「悪態まつり」 バカヤローと憂さ晴らす 茨城・笠間の愛宕神社周辺”. 産経ニュース. (2016年12月18日). http://www.sankei.com/life/news/161218/lif1612180047-n1.html 2017年2月5日閲覧。 
  35. ^ “松本・浅間温泉で奇祭「たいまつ祭り」-温泉街が炎と煙に包まれる”. 松本経済新聞. (2011年10月4日). http://matsumoto.keizai.biz/headline/1003/ 2017年2月5日閲覧。 
  36. ^ デジタル大辞泉、(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」、大辞林 第三版、世界大百科事典『三社』 - コトバンク
  37. ^ 門戸厄神東光寺で『厄除大祭』 西宮市”. Kiss PRESS (2017年1月17日). 2017年2月5日閲覧。
  38. ^ a b デジタル大辞泉『三不動』 - コトバンク
  39. ^ 大辞林 第三版『三不動』 - コトバンク
  40. ^ a b c d 世界大百科事典『梵鐘』 「声の三井寺、姿の平等院、銘の神護寺」と言われる。ここに「勢の東大寺」を加えることがある。
  41. ^ 京都通へのトビラ 撞木”. そうだ 京都、行こう。. JR東海 (2009年12月). 2017年2月5日閲覧。
  42. ^ a b 雲丹・三大珍味の由来”. 天たつ. 2016年11月16日閲覧。
  43. ^ 朝日新聞掲載「キーワード」『日本三大うどん』 - コトバンク
  44. ^ 蓮見壽(うどんガイド) (2002年11月29日). “3大うどんて言えますか? 3大うどん考察”. All About. 2016年11月16日閲覧。
  45. ^ デジタル大辞泉『県門の三才女』 - コトバンク
  46. ^ a b c 日本大百科全書(ニッポニカ)『三筆』 - コトバンク
  47. ^ 大阪府伝統工芸品”. 日本伝統文化振興機構. 2017年2月11日閲覧。
  48. ^ 兵庫県伝統工芸品”. 日本伝統文化振興機構. 2017年2月11日閲覧。
  49. ^ “赤穂緞通 魅力たっぷり 東浜に工房オープン 作品や工程、間近で/兵庫”. 毎日新聞. (2016年5月21日). http://mainichi.jp/articles/20160521/ddl/k28/040/491000c 2017年2月11日閲覧。 
  50. ^ “日本の年末3大歌謡祭でK-POP歌手が全滅? 紅白発表に注目”. 中央日報. (2012年11月26日). http://japanese.joins.com/article/804/163804.html 2017年2月5日閲覧。 
  51. ^ [1] - クラウドロジスティクス。
  52. ^ a b c 岡崎の花崗岩を巡って (PDF)”. 産業技術総合研究所 地質調査総合センター. p. 59. 2017年2月5日閲覧。
  53. ^ “茨城県 - 日本の銘石”. 日本石材工業新聞社. http://www.nskonline.jp/stone/kanto.html#ibaragi 2017年2月5日閲覧。 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本三大一覧」の関連用語

日本三大一覧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大内宿の自然用水

稲荷川第四砂防堰堤

VRSCDX

白山国立公園

八幡平

フランス刺しゅう針

探偵実話

1000形車両





日本三大一覧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本三大一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS