三関とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 三関の意味・解説 

さん かん -くわん [0] 【三関】

〔「さんせき」とも〕
古代、都の防備として置かれた三つ関所奈良時代には、伊勢鈴鹿すず)、美濃不破ふわ)、越前の愛発(あらち)。平安時代には、愛発に代わり近江逢坂おうさか)。
奥州三つ関所常陸ひたち)の勿来なこそ)、磐城いわき)の白河しらかわ)、羽前念珠ねず)。奥羽三関。

さん せき [1][0] 【三関】

さんかん(三関)

三関

読み方:サンカンsankan

(1)古代関所奈良京都防衛目的設置された。
(2)東北地方の三関。


三関

読み方:サンノセキ(sannoseki)

所在 岩手県一関市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

三関

読み方:ミツセキ(mitsuseki)

所在 秋田県(JR奥羽本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

三関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/24 08:03 UTC 版)

三関(さんげん、さんかん)とは、古代日本畿内周辺に設けられた関所の内、特に重視された三つの関の総称。三国之関とも呼ばれた。当初は不破関美濃国、現在の岐阜県不破郡関ケ原町)、鈴鹿関伊勢国、現在の三重県亀山市か)、愛発関越前国、現在の福井県敦賀市内か)の三つを指したが、9世紀初頭に逢坂関(相坂関。近江国、現在の滋賀県大津市付近か)が愛発関に代わった。また、三関のある律令国三関国と呼ばれた。




「三関」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三関」の関連用語

三関のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS