死刑 死刑の目的

死刑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/04 09:00 UTC 版)

死刑の目的

死刑とはいかなる類の刑であるか

ドイツの哲学者イマヌエル・カントは「刑罰は悪に対する悪反動であるため、犯した犯罪に相当する刑罰によって犯罪を相殺しなければならない」として「絶対的応報刑論」を唱えた。これに対して「刑罰が応報であることを認めつつも、刑罰は同時に犯罪防止にとって必要かつ有効でなくてはならない」とする考え方は「相対的応報刑論」という。

日本で、死刑を合憲とした1948年(昭和23年)の最高裁判例では、「犯罪者に対する威嚇効果と無力化効果(隔離効果)による予防説に基づいて合憲」としており、応報刑的要素についての合憲性は排除されている。なお、予防説では「死刑は一種の必要悪であるとして、犯罪に対する反省もなく、改善不能で矯正も不可能な犯罪者は社会防衛のために死刑にするのもいたしかたない」との死刑存置派からの論拠がある[14]

死刑の法的根拠

刑罰は応報的な面があるのは事実であるが、死刑が社会的存在を消し去るものであるため、死刑が近代刑罰が忌諱する応報的な刑罰ではないとする法学的根拠が必要とされている。一般予防説に従えば、「死刑は、犯罪者のを奪うことにより、犯罪を予定する者に対して威嚇をなし、犯罪を予定する者に犯行を思い止まらせるようにするために存在する」ことになる。

特別予防説に従えば、「死刑は、矯正不能な犯罪者を一般社会に復して再び害悪が生じることがないようにするために、犯罪者の排除を行う」ということになる。しかし、より正確に「特別予防」の意味をとると、「特別予防」とは犯罪者を刑罰により矯正し、再犯を予防することを意味するため、犯人を殺してしまう「死刑」に特別予防の効果はない。仮釈放のない絶対的終身刑にも同様のことがいえる。

日本やアメリカなど、死刑対象が主に殺人以上の罪を犯した者の場合、死刑は他人の生命を奪った(他人の人権・生きる権利を剥奪した)罪に対して等しい責任(刑事責任)を取らせることになる。

一般的な死刑賛成論者は予防論と応報刑論をあげるが、応報論の延長として敵討つまり、殺人犯に対する報復という発想もある。近代の死刑制度は、被害者のあだ討ちによる社会秩序の弊害を国家が代替することでなくす側面も存在する。国家の捜査能力が低い近代以前は、むしろ仇討ちを是認あるいは義務としていた社会もあり、それは被害者家族に犯罪者の処罰の責任を負わせて、もって捜査、処罰などの刑事制度の一部を構成させていたという側面もある。

殺人などの凶悪犯罪では、裁判官が量刑を決める際に応報は考慮されている。基本的には近代刑法では応報刑を否認することを原則としているが、実際の懲役刑の刑期の長短などは被害者に与えた苦痛や、自己中心的な感情による犯行動機があるなど酌量すべきでないなど、応報に基づいて行われている。ただし、死刑の執行方法は被害者と同様(たとえば焼死させたからといって火あぶりに処すなど)の処刑方法でなく、「人道的」な方法が取られる。

日本では日本国憲法下で初めて死刑を合憲とした判決(死刑制度合憲判決事件最高裁判所昭和23年3月12日大法廷判決)において、応報論ではなく威嚇効果と無力化効果(隔離効果)による予防説に基づいて合憲とされた。

抑止効果

個別の刑罰の特別抑止(再犯抑止)効果を除いた一般抑止効果は、死刑や、終身刑およびほかの懲役刑も含めて、統計上効果が実証されていない。一般論として、死刑反対派は「死刑による犯罪の一般抑止効果の統計的証拠がないこと」、死刑賛成派は「死刑代替刑による威嚇効果が十分でないこと」を指摘する。抑止効果の分析方法には地域比較と歴史的比較がある。地域比較では国や州の制度の違いによって比較が行われる。

地域比較としては、アメリカ合衆国の1960年から2010年までの、「死刑制度がない州・地域」と「死刑制度がある州・地域」の殺人発生率を比較(死刑がない州地域とある州の数は時代の進展とともに変化している)すると、死刑制度がある3州の殺人率の平均値は死刑制度がない州や地域と、いずれの年度も近似値であり統計上有意な差異は確認されていない[15][16][17][18][19][20][21][22]

主要工業国(先進国・準先進国)で死刑を実施している国としては、日本、アメリカ合衆国、シンガポール、台湾などがあるが、アメリカ合衆国の殺人率は先進国の中では高く他国の殺人率は低い[23][24][25][26][27]ので、個々の国の殺人率は死刑制度の有無や刑罰制度の重軽により決定されるわけではなく、殺人に対する死刑の一般抑止効果としては、国や州や地域別の比較には意味がないとの指摘もある。

時代的比較では、死刑が廃止された国での廃止前・廃止後を比較する試みがされる。しかし様々な制度や文化、教育、経済など様々な社会環境の変化も伴うため、分析者によってさまざまな結論が導き出されており、それだけを取り出して検討するのは困難である。ただし現段階においては、廃止後に劇的に犯罪が増加・凶悪化した例はこれまでにはなく、また劇的に犯罪が減少した例もない。

精神科医作家加賀乙彦は著書『死刑囚と無期囚の心理』の中で、確定死刑囚44人を調査した結果、犯行前や犯行中に自分が犯している殺人行為によって死刑になるかどうかを考えた者はいなかったと報告している。この結果を見て、犯行後に死刑を回避するため目撃者さえ殺害したものまでいたため、無我夢中に殺人をしたものに対する犯罪抑止力はほとんど期待できないと結論付けた。ただし、死刑の可能性を考慮して殺人行為を思い止まった者は、当然、死刑囚にはならないので、死刑の抑止力が働かなかった者だけを例にあげて死刑の抑止力がないと主張するのは無理がある。

自分自身の生命すら省みない自暴自棄な者や、行政機構による自身の殺害を望む自殺志願者、殺人による快楽のみを追い求める自己中心的な、いわゆる「シリアルキラー」には抑止力が働かない例がある。アメリカでは、死刑制度のある州でわざわざ無差別に殺人を犯す者、死刑廃止州で終身刑で服役している囚人が死刑存置州で引き起こした殺人事件を告白し自ら望んで死刑になる者が存在する。例えば、死刑制度のないミシガン州から死刑存置州のイリノイ州に転居して8人を殺害したリチャード・スペックや、死刑廃止州のミネソタ州と死刑存置州のアイオワ州の双方で殺人を犯したチャールズ・ケリーやチャールズ・ブラウンはいずれもアイオワ州で裁判を希望して死刑を受け入れたという。また、死刑執行直前になってもアルバート・フィッシュは「最高のスリル」と待望していたとの説があるが、彼のようなシリアルキラーは他人の生命ばかりか自身の生命の保持すら関心がないので、死刑になることを恐れないなど、自己保身のために犯行を躊躇することはない。アメリカのシリアルキラーのみについていえば死刑の威嚇効果は期待できない[28]

作家石川達三は、著書『青春の蹉跌』の中で死刑存続論の論拠として

  • 「人を殺した者は、彼も亦生命を奪われねばならない」という応報的法的確信
  • 威嚇的効果の期待
  • 犯罪者の完全隔離

を揚げ、「(死刑は)当然廃止せられるべき」であるが「直ちにこれを廃止するためには、社会の実情がなお整っていない」と主人公に言わせている。


注釈

  1. ^ 54カ国中15カ国。但し、通常犯罪のみ廃止の国や事実上の廃止国は含まれていない。
  2. ^ 10年以上死刑執行がなされておらず、死刑執行をしない政策または確立した慣例を持っていると思われる国。死刑を適用しないという国際的な公約をしている国も含まれる。
  3. ^ ただし、現在でもイスラム法を重要視している国では不倫や婚前前性交渉を理由に死刑になる場合が存在する。
  4. ^ インドネシアは2013年・2015年・2016年の3年[63][64]バーレーンは2016年と2019年[65][66]ヨルダンは2014年・2015年[67]・2017年、クウェートは2013年と2017年、オマーンは2015年と2020年、カタールは殺人の罪でネパール人出稼ぎ労働者の死刑執行があった2020年のみ[68]インドは2012年・2013年・2015年・2020年の4年、タイは強盗殺人の罪で執行された2018年の1年のみ[69]であった。
  5. ^ ラトビアはEU加盟に当たって、軍法上で死刑制度を存続させていたが、2012年に死刑を全廃した。
  6. ^ 日本では毎年1000人近い殺人犯が検挙されるが、死刑判決が確定するのは、そのうち数十人である。

出典

  1. ^ Death Penalty Information Center>Fact>States With and Without the Death Penalty
  2. ^ Death Penalty Information Center>Resources>State by State Database
  3. ^ Death Penalty Information Center>Resouces>State Information>Nebraska
  4. ^ a b c d e f g h アムネスティ―・インターナショナル (2022-05-24) (PDF). 死刑廃止 - 最新の死刑統計(2021) (Report). https://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/statistics.html 2022年6月5日閲覧。. 
  5. ^ a b アムネスティ―・インターナショナル (2020-12-31) (PDF). 死刑廃止国・存置国<2020年12月31日現在> (Report). https://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/DP_2020_country_list.pdf 2021年12月29日閲覧。. 
  6. ^ a b c “ミャンマー国軍、民主活動家ら4人の死刑執行” (日本語). AFP通信. (2022年7月25日). https://www.afpbb.com/articles/-/3416093 2022年7月25日閲覧。 
  7. ^ a b c 森浩 (2022年7月25日). “ミャンマー国軍、スーチー氏側近ら4人に死刑執行” (日本語). 産経新聞. https://www.sankei.com/article/20220725-4PR23H5AOFIGLEJO3WRWUU2A4M/ 2022年7月25日閲覧。 
  8. ^ a b c 高木香奈 (2022年7月25日). “国連「憤慨」、ミャンマー国軍を非難 民主活動家ら4人死刑執行” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20220725/k00/00m/030/325000c 2022年7月25日閲覧。 
  9. ^ “ミャンマー、1990年以来の死刑執行へ 元議員ら4人” (日本語). AFP通信. (2022年6月4日). https://www.afpbb.com/articles/-/3408209?cx_part=search 2022年6月5日閲覧。 
  10. ^ 高木香奈 (2022年6月4日). “ミャンマー国軍、民主活動家ら4人の死刑承認 執行なら46年ぶり” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20220604/k00/00m/030/168000c 2022年6月5日閲覧。 
  11. ^ 斎藤静敬『刑事政策』創成社 79頁。
  12. ^ 川端博『刑法総論講義』成文堂 660頁。
  13. ^ 北朝鮮に関する報道による。
  14. ^ 藤本哲也 『刑事政策概論』 青林書院 126頁。
  15. ^ Death Penalty Information Center>State by State>Sources and Additional Information>States with and without the Death Penalty>Murder Rates by Stat 2010年10月17日閲覧
  16. ^ Death Penalty Information Center>State by State Database 2010年10月17日閲覧
  17. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports 2009>Violent Crime>Table 4 2010年10月17日閲覧
  18. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports 2008>Violent Crime>Table 4 2010年10月17日閲覧
  19. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports 2006>Violent Crime>Table 4 2010年10月17日閲覧
  20. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports >more>2004>Full Document(PDFと文書の76〜84ページ) 2010年10月17日閲覧
  21. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports/more>2001>Section II Crime Index Offenses Reported(PDFと文書の66〜75ページ) 2010年10月17日閲覧
  22. ^ United States: Uniform Crime Report -- State Statistics from 1960 - 2009 2010年10月17日閲覧
  23. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Fifth Survey (1990 - 1994) 2009年8月31日閲覧
  24. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Sixth Survey (1995 - 1997)>Sorted by variable 2009年8月31日閲覧
  25. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Seventh Survey (1998 - 2000)>Sorted by variable 2009年8月31日閲覧
  26. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Eighth Survey (2001 - 2002)>Sorted by variable 2009年8月31日閲覧
  27. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Ninth Survey (2003 - 2004)>Values and Rates per 100,000 Total Population Listed by Country 2009年8月31日閲覧
  28. ^ 宮本倫好『死刑の大国アメリカ』亜紀書房刊
  29. ^ “米テネシー州の死刑囚、本人の希望通り電気椅子で刑執行”. AFPBB News. (2018年11月2日). http://www.afpbb.com/articles/amp/3195791 2020年8月3日閲覧。 
  30. ^ a b Death Penalty Information Center(死刑情報戦センター). “State by State”. 2020年8月3日閲覧。
  31. ^ “大揭秘:中国注射死刑的执行全过程(中国における薬殺刑執行の全過程)” (中国語(簡体字)). 網易. (2020年12月8日). https://www.163.com/dy/article/FT8M07V70517F6GH.html 2021年6月28日閲覧。 
  32. ^ Anna Kaplan (2022年4月23日). “銃殺か電気椅子か、米国の死刑囚に与えられた「選択」” (日本語). Forbes JAPAN. https://forbesjapan.com/articles/detail/47042/1/1/1?s=ns 2022年4月25日閲覧。 
  33. ^ 陸軍刑法および海軍刑法で規定
  34. ^ “「銃殺か電気椅子か」選択迫られる受刑者も 米の死刑制度に再注目” (日本語). AFP. (2022年4月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/3401072 2022年4月25日閲覧。 
  35. ^ MICHELLE LIU (2022年4月21日). “Court halts South Carolina plan for firing squad execution(裁判所、サウスカロライナ州で行われる銃殺隊の執行計画を停止)” (英語). AP通信. https://apnews.com/article/us-supreme-court-business-crime-executions-south-carolina-e460cd28fad87b099ca96cab6c07099e 2022年4月25日閲覧。 
  36. ^ “ユタ州で銃殺による死刑が復活、全米で唯一” (日本語). AFP通信. (2010年6月18日). https://www.afpbb.com/articles/-/2736412 2020年8月2日閲覧。 
  37. ^ “米ユタ州で銃殺による死刑執行” (日本語). AFP通信. (2015年3月24日). https://www.afpbb.com/articles/-/3043394 2020年8月2日閲覧。 
  38. ^ “銃殺刑か電気椅子、死刑囚の選択肢追加 米サウスカロライナ” (日本語). AFP通信. (2021年5月18日). https://www.afpbb.com/articles/-/3347231?cx_part=search 2021年6月6日閲覧。 
  39. ^ a b “イエメン反政府武装勢力、男3人を公開処刑 殺人とレイプ殺人で” (日本語). AFP通信. (2021年6月17日). https://www.afpbb.com/articles/-/3352099?cx_part=logly 2021年6月20日閲覧。 
  40. ^ a b c d e f Cornell Center on the Death Penalty Worldwide (2021年12月31日). “Database”. 2022年2月20日閲覧。
  41. ^ a b “預言者ムハンマドを侮辱、歌手に死刑判決 ナイジェリア裁判所” (日本語). AFP通信. (2020年8月11日). https://www.afpbb.com/articles/-/3298601 2021年6月12日閲覧。 
  42. ^ Max Bearak; Darla Cameron (2016年6月13日). “Here are the 10 countries where homosexuality may be punished by death(同性愛で死刑を科される可能性がある国が10カ国あります。)” (英語). ワシントンポスト. https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2016/06/13/here-are-the-10-countries-where-homosexuality-may-be-punished-by-death-2/ 2021年6月12日閲覧。 
  43. ^ “北朝鮮の女性経営者が「ハンマーで処刑」された理由” (日本語). デイリーNK. (2020年8月22日). https://dailynk.jp/archives/133563?utm_content=uzou_4&utm_source=uzou 2021年5月27日閲覧。 
  44. ^ “イランで2年ぶり公開処刑 「中世の慣行」とNGO非難” (日本語). 時事通信. AFP通信. (2022年7月24日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022072400175&g=int 2022年8月3日閲覧。 
  45. ^ “内戦下のイエメン、4歳女児のレイプ殺人で男を公開処刑” (日本語). AFP通信. (2017年8月14日). https://www.afpbb.com/articles/-/3139163 2021年6月20日閲覧。 
  46. ^ a b c 中米対話基金 (2022-08) (PDF). 2021 Annual Report 年度报告>Death Penalty(2021年度報告>死刑) (Report). pp. 8. https://duihua.org/wp-content/uploads/2022/08/Dui-Hua-2021-Annual-Report-web-version.pdf#page=10 2022年9月3日閲覧。. 
  47. ^ a b 中米対話基金 (2019年). “Death Penalty Reform(死刑改革)”. 2020年9月5日閲覧。
  48. ^ 韓国統一研究院 (2015-07-01) (PDF). 북한인권백서 2015(北朝鮮人権白書2015) (Report). pp. 60. https://repo.kinu.or.kr/handle/2015.oak/2403 2021年5月9日閲覧。. 
  49. ^ a b c d アムネスティ―・インターナショナル (2021-04-21) (PDF). 死刑廃止 - 最新の死刑統計(2020) (Report). https://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/statistics.html 2021年5月2日閲覧。. 
  50. ^ a b “知的障害のある死刑囚の刑執行 シンガポール” (日本語). BBC. (2022年4月28日). https://www.bbc.com/japanese/61253130 2022年4月29日閲覧。 
  51. ^ a b “麻薬密売人に対する死刑執行、シンガポールとしての立場を表明” (日本語). シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX. (2019年11月25日). https://www.asiax.biz/news/52390/ 2022年4月29日閲覧。 
  52. ^ 拉致犯とされる4人の遺体、つり下げさらす タリバン”. CNN (2021年9月26日). 2021年9月26日閲覧。
  53. ^ Alhadi Hawari (2021年2月10日). “Khartoum authorities hang S Sudanese woman(ハルツーム当局は南スーダン人女性の絞首刑を執行した。)” (英語). Eye Radio. https://www.eyeradio.org/khartoum-authorities-hang-s-sudanese-woman/ 2022年6月5日閲覧。 
  54. ^ 明治法制経済史研究所 (1968). “改定律例二百四十九條一項改正ノ件・〔號外第十六號意見書〕” (日本語). 元老院会議筆記 (元老院会議筆記刊行会) 前期3: 243-244. doi:10.11501/1348658. 
  55. ^ 今井猛嘉 (2011-12-19). “資料20 イギリスにおける死刑廃止ーその経過と現状” (PDF). 「死刑の在り方についての勉強会」. pp. 1. https://www.moj.go.jp/content/000096625.pdf 2021年5月11日閲覧。 
  56. ^ 明治六年政表>司法処刑ノ部>明治六年司法省及ヒ各府県処刑人員(コマ番号12)”. 正院第五科 (1876年). 2019年3月7日閲覧。
  57. ^ 日本政表 明治7年 刑事裁判ノ部, 第2号, 太政官調査局, (1874), pp. 15-16, NCID BN16140536 
  58. ^ 法務省 (1968-11) (JDEG). 昭和43年版犯罪白書>第三編 犯罪と犯罪者処遇の一〇〇年>第三編 統計表>III-7表 死刑執行人員(明治6~昭和42年) (Report). https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/9/nfm/n_9_3_1_1_0_0.html#H003007H 2021年5月10日閲覧。. 
  59. ^ 福井県敦賀郡 (1915) (日本語). 敦賀郡誌 第五編 人物. pp. 1126-1127. doi:10.11501/950917. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950917/597 2021年5月10日閲覧。. 
  60. ^ 石川県立図書館 (2015年12月1日). “「明治忠臣蔵」「明治最後の仇討ち」と言われた、本多政均(ほんだまさちか)暗殺について載っている簡単な資料はないか。”. レファレンス協同データベース. 国立国会図書館. 2021年5月10日閲覧。
  61. ^ EXECUTIONS OVERVIEW Executions in the U.S. 1608-2002: The Espy File
  62. ^ US Executions I. Total Number of US Executions, 1608-2002(アメリカ合衆国における死刑執行 I.アメリカの死刑執行総数 1608~2002年)”. ProCon.org (2016年12月9日). 2021年7月31日閲覧。
  63. ^ “インドネシア、麻薬犯罪で死刑執行 外国人など4人” (日本語). CNN. (2016年7月29日). https://www.cnn.co.jp/world/35086644.html 2021年6月3日閲覧。 
  64. ^ “インドネシア:欠陥のある司法制度のもと死刑が執行されている” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2015年10月17日), https://www.amnesty.or.jp/news/2015/1017_5635.html 2021年6月3日閲覧。 
  65. ^ “バーレーン:6年ぶりに死刑執行 人権の大きな後退” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2017年1月18日), https://www.amnesty.or.jp/news/2017/0118_6600.html 2021年6月5日閲覧。 
  66. ^ “国際人権団体HRWが、バーレーンでの歴然たる人権侵害を批判” (日本語). ParsToday. (2021年1月14日). https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i69820 2021年6月5日閲覧。 
  67. ^ Donna Abu-Nasr; Mohammad Tayseer (2015年2月4日). “ヨルダン、死刑囚2人の死刑執行-パイロット殺害動画公開後” (日本語). ブルームバーグ. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2015-02-03/--i5pojdyp 2021年6月5日閲覧。 
  68. ^ Pankaj Thapa (2020年5月24日). “Nepali man sentenced to death executed in Qatar(カタールでネパール人男性を死刑執行)” (英語). Nepalese Voice. https://nepalesevoice.com/nepal/nepali-man-sentenced-to-death-executed-in-qatar/ 2021年6月5日閲覧。 
  69. ^ “タイで9年ぶり死刑執行 アムネスティが非難” (日本語). AFP通信. (2018年6月29日). https://www.afpbb.com/articles/-/3179124 2021年6月3日閲覧。 
  70. ^ “「死刑廃止」に揺れるアジア スリランカ、40年ぶり執行の動き” (日本語). SankeiBiz: pp. 1. (2019年5月21日). https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190521/mcb1905210500005-n1.htm 2021年6月5日閲覧。 
  71. ^ “パキスタン:死刑廃止の動きに逆行する執行” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2012年11月22日), https://www.amnesty.or.jp/news/2012/1122_3664.html 2021年6月12日閲覧。 
  72. ^ “パキスタン:死刑を完全再開 大きな後退” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2015年3月18日), https://www.amnesty.or.jp/news/2015/0318_5199.html 2021年6月3日閲覧。 
  73. ^ “パキスタン:1年足らずで300人の死刑執行” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2015年11月26日), https://www.amnesty.or.jp/news/2015/1126_5729.html 2021年6月3日閲覧。 
  74. ^ “ラオス:正式に死刑執行を停止する好機” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2008年8月5日), https://www.amnesty.or.jp/news/2008/0805_885.html 2021年6月5日閲覧。 
  75. ^ “Sri Lankan executed in UAE for murder(スリランカ人、殺人罪でアラブ首長国連邦で死刑執行)” (英語). Arab Newse. (2014年1月22日). https://www.arabnews.com/news/513296 2022年2月20日閲覧。 
  76. ^ “UAEの米教諭刺殺事件、女の死刑執行” (日本語). AFP通信. (2015年7月13日). https://www.afpbb.com/articles/-/3054380 2022年2月20日閲覧。 
  77. ^ 中米対話基金 (2021-09) (PDF). 2020 Annual Report 年度报告>Death Penalty(2020年度報告>死刑) (Report). pp. 8. https://duihua.org/wp-content/uploads/2021/09/2020-Annual-Report-1.pdf#page=11 2021年9月18日閲覧。. 
  78. ^ 韓国統一研究院 (2015-07-01) (PDF). 북한인권백서 2015(北朝鮮人権白書2015) (Report). pp. 60. https://repo.kinu.or.kr/handle/2015.oak/2403 2021年6月5日閲覧。. 
  79. ^ “1年間に101人が死刑判決、ヤンゴン管区” (日本語). MYANMAR JAPON. (2022年1月28日). https://myanmarjapon.com/newsdigest/2022/01/28-39229.php 202022-02-20閲覧。 
  80. ^ “大揭秘:中国注射死刑的执行全过程(中国における薬殺刑執行の全過程)” (中国語(簡体字)). 網易. (2020年12月8日). https://www.163.com/dy/article/FT8M07V70517F6GH.html 2021年6月28日閲覧。 
  81. ^ “<死刑>人道的な配慮、「銃殺」から「薬物注射」に全面切り替えへ” (日本語). Record China. (2008年3月2日). http://www.recordchina.co.jp/group/g16250.html 
  82. ^ “国有会社元トップの死刑を執行、中国史上最大の収賄受領で” (日本語). AFP通信. 東方新報. (2021年2月7日). https://www.afpbb.com/articles/-/3330345?cx_part=search 2021年5月2日閲覧。 
  83. ^ 藤本哲也 『刑事政策概論』 青林書院 131頁。
  84. ^ “中国高裁、カナダ人被告の死刑判決維持” (日本語). AFP通信. (2021年8月10日). https://www.afpbb.com/articles/-/3361107 2022年9月3日閲覧。 
  85. ^ “中国裁判所、カナダ人被告に死刑判決 麻薬密輸の罪” (日本語). AFP通信. (2019年1月15日). https://www.afpbb.com/articles/-/3206344 2022年9月3日閲覧。 
  86. ^ “中国:カナダ人への死刑を破棄せよ” (プレスリリース), アムネスティ―・インターナショナル, (2019年1月22日), https://www.amnesty.or.jp/news/2019/0122_7879.html 2022年9月3日閲覧。 
  87. ^ “新型コロナ 中国で病歴・旅行歴隠しに「死刑」適用も 法を自在に「超拡大解釈」” (日本語). 産経新聞. (2020年3月7日). https://www.sankei.com/article/20200307-QMR6HIZ2VRLBBF66JHA6GCJZVE/ 2021年5月2日閲覧。 
  88. ^ http://news.aol.jp/2016/01/02/safecity/
  89. ^ http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/support-for-death-penalty-high-but-nuanced-nus-survey/3351236.html
  90. ^ http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/02/post-4563.php
  91. ^ “インドで死刑論議過熱=8年ぶり執行で関心高まる”. 時事通信社 (MSN). (2012年12月1日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=1545259 2012年12月1日閲覧。 
  92. ^ “バス集団レイプ事件、死刑囚4人の刑執行 インド” (日本語). AFP通信. (2020年3月20日). https://www.afpbb.com/articles/-/3274382 2021年5月2日閲覧。 
  93. ^ a b “世界の死刑、中東4カ国で9割=アムネスティ年次報告” (日本語). BBC. (2021年4月21日). https://www.bbc.com/japanese/56826449 2021年5月2日閲覧。 
  94. ^ “駆け落ちした14歳の娘を斬首、父親に禁錮9年の判決 イラン” (日本語). AFP通信. (2020年8月29日). https://www.afpbb.com/articles/-/3301804 2021年5月2日閲覧。 
  95. ^ “息子を殺された母親、執行直前の死刑囚を免罪”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年4月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3012935 2014年4月20日閲覧。 
  96. ^ “サウジアラビア:G20後に人権活動家への抑圧を強化” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2021年8月11日), https://www.amnesty.or.jp/news/2021/0811_9284.html 2021年8月15日閲覧。 
  97. ^ “Death penalty 2020: Middle East and North Africa dominates list of world’s top executioners(死刑 2020:中東と北アフリカの国々が死刑執行数の多さで世界で上位リストに上がっている。)” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2021年4月21日), https://www.amnesty.org/en/latest/news/2021/04/death-penalty-2020-middle-east-and-north-africa-dominates-list-of-worlds-top-executioners/ 2021年8月15日閲覧。 
  98. ^ “Egypt: 49 Executions In 10 Days(エジプト:10日間で49人の死刑執行)” (プレスリリース), ヒューマン・ライツ・ウォッチ, (2020年10月22日), https://www.hrw.org/news/2020/10/22/egypt-49-executions-10-days 2021年7月25日閲覧。 
  99. ^ 朝日新聞 1988年2月24日。
  100. ^ 「ロシアの死刑廃止を求め欧州から圧力」 モスクワIPS (Inter press service)、2006年7月21日
  101. ^ ロシア、死刑を廃止…陪審制導入で憲法裁決定 読売新聞2009年11月20日配信 2009年11月25日確認
  102. ^ ロシア 死刑復活の「可能性は排除されていない」=憲法裁判所長官: Sputnik 日本
  103. ^ ロシア、欧州評議会脱退を通告 人権条約からも離脱 時事ドットコム
  104. ^ 「親ロシア派」は何者? ウクライナ東部のかいらい政権―ニュースQ&A 時事ドットコム
  105. ^ 親ロシア派「共和国」 英国人雇い兵らに死刑判決 英外相は非難 毎日新聞
  106. ^ “赤道ギニア:大統領 死刑廃止へ動く” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2019年4月18日), https://www.amnesty.or.jp/news/2019/0418_8074.html 2021年5月8日閲覧。 
  107. ^ “ボコ・ハラム戦闘員10人、判決翌日に死刑 チャド” (日本語). AFP通信. (2015年8月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/3058785 2021年5月8日閲覧。 
  108. ^ “ガンビア:世界の流れに逆行する死刑執行” (プレスリリース), アムネスティ・インターナショナル, (2012年9月3日), https://www.amnesty.or.jp/news/2012/0903_3413.html 2021年5月8日閲覧。 
  109. ^ The Death Penalty in Nigeria”. Death Penalty Worldwide. 2021年5月8日閲覧。
  110. ^ Cornell Center on the Death Penalty Worldwide (2021年4月28日). “Database 2.5. Executions Per Year”. 2021年5月8日閲覧。
  111. ^ “死刑執行人の求人に50人以上応募、失業率9割超のジンバブエ”. AFPBB news. (2017年10月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3147174 2017年10月18日閲覧。 
  112. ^ 死刑執行6割がテキサス州 米で広がる死刑格差 2008年3月5日閲覧。[リンク切れ]
  113. ^ パプア・ニューギニア 死刑を廃止”. 2022年4月29日閲覧。
  114. ^ a b 別冊宝島「死刑囚最後の1時間」11頁。
  115. ^ ダフィ, クリントン 『死刑囚-88人の男と2人の女の最期に立会って』サンケイ出版、1978年、14-15頁。 
  116. ^ 2011年10月11日 大阪地方裁判所、ヴァルテル・ラブル博士証言
  117. ^ U.S.Department of Justice 2020年10月4日閲覧
  118. ^ Death Penalty Information Center 2020年10月4日閲覧
  119. ^ M. Bohm, Robert (2007). Death Quest III: An Introduction to the Theory and Practice of Capital Punishment in the United States. Lexsis Nexis. p. 153 
  120. ^ 日本における死刑
  121. ^ The New York Times, 2007.1.16 2009年10月13日閲覧
  122. ^ 『読売東京新聞』1883年7月7日
  123. ^ 『東京絵入新聞』1883年7月7日
  124. ^ Hoshowsky, Robert J. (2007). THE LAST TO DIE RONALD TURPIN, ARTHUR LUCAS, AND THE END OF CAPITAL PUNISHMENT IN CANADA. Routledge 
  125. ^ Time,1930.3.3 2009年10月13日閲覧
  126. ^ 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件で死刑判決が確定した宮崎勤が『』に対して薬殺刑の導入を訴える投書をしている。
  127. ^ “米最高裁、薬物投与による死刑に合憲判決” (日本語). AFP通信 (パリ). (2015年6月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/3053139 2020年10月4日閲覧。 
  128. ^ 向江璋悦『死刑廃止論の研究』法学書院、1960年
  129. ^ ヴァルテル・ラブル、後藤貞人、前田裕司、渡邉良平『絞首刑は残虐な刑罰ではないのか』現代人文社、2011年
  130. ^ 堀川恵子、2011、「絞首刑は残虐か(上)」、『世界』(2012年1月号)、岩波書店 pp. 63-72
  131. ^ 堀川恵子、2012、「絞首刑は残虐か(下)」、『世界』(2012年2月号)、岩波書店 pp. 122-131
  132. ^ “カトリック教会は死刑に全面反対、バチカンが容認部分の教理変更” (日本語). ロイター. (2018年8月2日). https://jp.reuters.com/article/vatican-idJPKBN1KO0I1 2020年10月4日閲覧。 






死刑と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「死刑」の関連用語

死刑のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



死刑のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死刑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS