アウター・ヘブリディーズとは? わかりやすく解説

アウター・ヘブリディーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/06 06:52 UTC 版)

アウター・ヘブリディーズ英語: Outer Hebridesスコットランド・ゲール語: Innse Gall)は、スコットランド北西沖の大西洋の南北約210kmの範囲に、ルイス・ハリス島英語版ノース・ウイスト島ベンベキュラ島サウス・ウイスト島バラ島を始めとした大小119の島々が鎖状に連なる列島である。


注釈

  1. ^ a b 北側の大きい島「ルイス島」と南側の小さい島「ハリス島」が地峡で結ばれている形状だが、それぞれ別個の島と扱われることが多い[1]。なお、その地峡部分を両島の境界としているわけではなく、歴史的経緯から「ルイス島」のロッホ・リーソート(Loch Reasort)、ロッホ・シーホース英語版と両ロッホ(入江)を結んだ辺りが境界線となっており、その「ルイス島」北側部分のみを「ルイス島」、境界の南側部分を「ハリス島」(「ルイス島」南側部分は「ノース・ハリス」、「ハリス島」部分は「サウス・ハリス」)としている[2]。1975年にアウター・ヘブリディーズ全体が一つの地方自治体となるまでは、その「境界」が地方自治体ロス・クロマーティ英語版(ルイス島)とインヴァネスシャー英語版(ハリス島)の境界でもあった[2]
  2. ^ 別名「Bishop's Isles」[9]。バラ島南方の島々[10]
  3. ^ ルイス島西方沖約34km[11]
  4. ^ ノース・ウイスト島西方沖10km[12]
  5. ^ ルイス島南東沖約7km[13]
  6. ^ ノース・ウイスト島北西沖64km[15]
  7. ^ ルイス島北東沖71km[16]
  8. ^ ルイス島北東沖66km[17]
  9. ^ セント・キルダ諸島西方300km[18]
  10. ^ 海岸線の総延長距離は3,000km以上にもなり、これはスコットランド全体の海岸線の長さの6分の1に相当する[4]
  11. ^ 南北の直線距離で約11km、表面積約9.6km2、島で最大の湖[23]
  12. ^ 平均深度約33m、貯水量約0.08㎞3、島で最大貯水量の湖[24]
  13. ^ (Murray & Pullar 1910)によれば「不規則で複雑な湖形はイギリス随一であろう」とされる[26]
  14. ^ 長さ約5kmの海水湖[27]
  15. ^ ノース・ウイスト島の北にあるバーナレイ島(北)英語版のウエスト・ビーチが旅行ガイドブック「ロンリープラネット」の「2022年に探訪したいヨーロッパ絶景ビーチ20」に[31]、ハリス島のラスケンタイア・ビーチが「CNN」の「世界の厳選ビーチ100」16位(2013年)[32]、雑誌「The Week」の「英国ベストビーチ10」(2022年)に[33]、各々選出されている。
  16. ^ 近接するノース・ウイスト島、ベンベキュラ島、サウス・ウイスト島及び周辺の島々[37]
  17. ^ 「Innse Gall」は「よそ者の島々」の意[67]ノース人が島々を支配していた時代に、スコットランド本島のハイランド地方の人々が用いたのが由来[68]
  18. ^ 地方自治体の名称としては、1975年より「Western Isles Council」、1997年より「Comhairle nan Eilean Siar」が使われている[69]
  19. ^ イギリス議会下院の選挙区名として使われている[67]
  20. ^ 大プリニウスは『博物誌』編纂に当たり、ヘブリディーズ諸島に関しては、紀元前322-285年頃にブリテン諸島を探訪したマッシリアピュテアスの記述を基にしたと考えられている[71][72]
  21. ^ トレミーも、アグリコラのスコットランド西岸に関する情報は貧弱であったことから、ピュテアスの記述を情報源とした可能性もあるとされる[71][72]
  22. ^ 海水面は、約1万1500年前では現代比50m下方、約6000年前では現代比20m下方に位置していたとされる[86]
  23. ^ ヒメウミツバメヨーロッパヒメウカワウハジロウミバトミツユビカモメキタオオトウゾクカモメ英語版クロトウゾクカモメキョクアジサシアジサシコアジサシ[102]マンクスミズナギドリオオカモメの営巣、繁殖も確認されている[104]
  24. ^ ともに「The second IUCN Regional Red List review of extinction risk for Great Britain (December 2021)」においてEN 絶滅危惧種に指定されている[105][106]
  25. ^ ほか、タゲリタシギミヤコドリアオアシシギヨーロッパムナグロイソシギダイシャクシギ[102]
  26. ^ その他の繁殖種としては、ウズラクイナハタホオジロ[102]アビホンケワタガモウミアイサアオサギハイイロガンワタリガラスTroglodytes troglodytes hebridensisミソサザイ亜種)、Prunella modularis hebridiumヨーロッパカヤクグリ亜種)、ヨーロッパコマドリキタヤナギムシクイ英語版ヨーロッパノビタキ英語版アオガラヒガラキバシリ[104]などがある。
    また、島々を越冬地とする種を含め、カオジロガン、キバシマガン(マガン亜種、Anser albifrons flavirostris)、コオリガモアラナミキンクロクロガモキンクロハジロヒドリガモコガモマガモオナガガモハシビロガモオカヨシガモハシグロアビミユビシギキョウジョシギオオソリハシシギムラサキハマシギ英語版ヒバリキバシヒワユキホオジロシロカモメアイスランドカモメ[102]セントキルダミソサザイ英語版オオハムミミカイツブリカワラバトヨーロッパタヒバリツクシガモコブハクチョウカイツブリダイゼンオオハクチョウツメナガホオジロホシムクドリTurdus philomelos hebridensisウタツグミ亜種)、スゲヨシキリ英語版[104]などが生息している。
    渡りの中継地として、春や秋にはオグロシギヨーロッパトウネンサルハマシギアメリカウズラシギコザクラバシガンハシジロアビトウゾクカモメシロハラトウゾクカモメクビワカモメハイイロミズナギドリCalonectris borealisオオミズナギドリの仲間英語版)、ズグロミズナギドリ英語版などが見られる[102]
  27. ^ 種の特定はされていないが、イギリスに生息する同属3種のうちのPipistrellus pipistrellusの可能性が高いとされる[124]
  28. ^ ほか、フェレットドブネズミハツカネズミアブラコウモリの仲間英語版[注 27][125]
  29. ^ 1983年及び1995年の調査によるとハマシギ64%減、ハジロコチドリ57%減、アカアシシギ43%減との結果で、その減少の主要因とされた[135]
  30. ^ 2001年は殺処分、2002年以降は捕獲の上でスコットランド本島へ移送[135]
  31. ^ 淡水域、沿岸部、周辺海域を含めた代表的な魚種は、ブラウントラウト(河川型および降海型)、ヨーロッパウナギGobiusculus flavescensハゼの仲間)、タイセイヨウサケイトヨCallionymus lyraネズッポの仲間)、Pollachius pollachiusタラの仲間)、Labrus mixtusベラの仲間)、Labrus bergylta(ベラの仲間)、Pholis gunnellusギンポの仲間)、Pomatoschistus minutus(ハゼの仲間)、Taurulus bubalisカジカの仲間英語版)、Pomatoschistus pictus(ハゼの仲間)、Ctenolabrus rupestris(ベラの仲間)、シロイトダラウバザメハナカケトラザメ[140]
  32. ^ 塩分濃度の変化に広く適応できる性質[141]
  33. ^ 2017年から2021年の動植物調査(Sutton 2019a)(Sutton 2019b)(Sutton 2020a)(Sutton 2020b)(Sutton 2022)を集計。
  34. ^ 近時確認数の多い種[注 33]としては、ではユーラシアオホーツクヨトウ英語版トビスジコナミシャク英語版ヒトリガヨシカレハNoctua pronubaモンヤガの仲間英語版[142][143][144][145][146]チョウではエゾスジグロシロチョウManiola jurtinaマキバジャノメの仲間英語版)、ヨーロッパアカタテハヒメアカタテハイカルスヒメシジミ [147]マルハナバチの仲間Bombus muscorumBombus lucorumBombus pascuorumBombus distinguendusBombus jonellusトビケラの仲間ではLimnephilus marmoratusキリバネトビケラの仲間英語版)、Plectrocnemia conspersaミヤマイワトビケラの仲間英語版)、Limnephilus affinisキリバネトビケラの仲間英語版)、トンボではPyrrhosoma nymphulaイトトンボの仲間)、Ischnura elegansアオモンイトトンボの仲間英語版)、タイリクアカネ、ほかにヨーロッパクヌギハサミムシ英語版ホソアワフキ英語版Rhingia campestrisハナダカハナアブの仲間英語版)、Myrmica ruginodisクシケアリの仲間英語版)、ヒロオビモンシデムシ英語版Tipula paludosaガガンボの仲間)、Petrobius maritimusセイヨウイシノミの仲間)、ヒメフンバエ英語版Rhagonycha fulvaジョウカイボンの仲間)などが挙げられる[148][149][150][151][152]
  35. ^ ヨーロッパダケカンバSalix atrocinereaヤナギの仲間)、ユスラバヤナギ英語版セイヨウナナカマドセイヨウハシバミヨーロッパヤマナラシ英語版など[160]
  36. ^ チリマツ、レバノンスギヨーロッパブナヨーロッパダケカンバヨーロッパハンノキ英語版Ulmus glabraニレの仲間)など[161]
  37. ^ 各地形でよく見られる種は以下の通りである[163]
    泥炭地ムーア、高地
    マッハ(Machair
    湖沼地(淡水)
    塩湖、砂浜、砂丘
  38. ^ IUCN RED LIST Ver 3.1ではLC 低危険種[170]
  39. ^ IUCN RED LIST Ver 3.1ではLC 低危険種[174]
  40. ^ ピクト人は、戦争時には体に動物の文様を描き、ブリトン語系言語ピクト語)を話し、海上を支配し交易、農耕、狩猟を営んだとされる[202]。文字は持たなかったが、特徴的な象形的文様などを彫り込んだ巨石(石板や石柱)「ピクト人のシンボル・ストーン英語版」を多く残した[203]
  41. ^ ゲール語を話すケルト系キリスト教徒で、好戦的な部族でもあったとされる[205]
  42. ^ 563年、アイルランド島より聖コルンバが渡来、インナー・ヘブリディーズのアイオナ島アイオナ修道院を創建し、ピクト人へのケルト系キリスト教の布教を開始、最終的にはピクト人全体の改宗に成功した[207]
  43. ^ 以後、スコット人英語版ピクト人の合一が進み、ピクト文化(習俗やピクト語)は消滅していったが、史料が乏しく、その過程はよくわかっていない[209]
  44. ^ 花、V字文様、三日月が刻まれ、のちに素朴な十字架模様が付け加えらている[210]
  45. ^ 父方はケルト系スコット人英語版の王家の血筋、母方はノース人だった様である[220]ノルウェー王国支配下でマン島を治めていたオラフ(Óláfr Guðrøðarson)の娘婿で、インナー・ヘブリディーズマル島タイリー島コル島、スコットランド本土アーガイル英語版地方のローン英語版を治めていた[220]
  46. ^ サマーレッド英語版は「島々の王(King of the Isles)」と名乗るようになった[222][219]
  47. ^ 1237年にはヨーク条約英語版によりイングランド王国との国境問題も解決した[224]
  48. ^ 司教アダム(Adam of Melrose)の無理な要求に信徒が反乱、アダムを殺害するに至った[225]アレグザンダー2世は現地に急行、首謀者を処刑するとともに、事態をうまく収拾することが出来なかったケイスネス伯(Mormaer of Caithnessジョン・ハラルドソン英語版の領地の大部分を没収、のちに殺害した[226]
  49. ^ 1221年にイングランド国王ヘンリー3世の妹ジョーンと結婚するなど、スコットランド王国イングランド王国との関係が安定に向かっていたこともあり[注 47]、完全には支配力が及んでいなかったアーガイル英語版地方の平定(1221-1222年)、ケイスネスで起きた騒乱の鎮圧および関係者処分(1221-1222年)[注 48]など、国内各地の支配力の強化に注力していた[227]
  50. ^ ノルウェー王国にに対し、対価として当初に4000マーク、以後永久に年間100マークを支払うことが約され、14世紀までは実際に支払われた[230]
  51. ^ なお、オークニー諸島シェトランド諸島についてはノルウェー王国の支配が1468年まで続いた[231]
  52. ^ 12世紀頃にノルウェー王国で造られたとされ、1831年にルイス島で93個が見つかった[232]
  53. ^ 「島々の領主」は15世紀には次の様な騒動を引き起こしている[238]。1402年にロス伯爵英語版アレグザンダー・レズリー英語版が死去すると、「島々の領主」ドナルド(Donald of Islay, Lord of the Isles)は、その妻マリオタ(Mariota。死去したロス伯爵の妹)の相続の優位性を主張し、ロス伯爵領を占領、さらに軍を進め1411年にはハーロウの戦い英語版を引き起こした[239]。1428年、ドナルドの子「島々の領主、ロス伯爵」アレグザンダー(Alexander of Islay, Earl of Ross)はハイランドの他の氏族長ともどもスコットランド国王ジェームズ1世の偽計に遭い捕縛された[240]。これに対し、インヴァネスを焼き討ちし、1431年のインヴァーロッヒーの戦い英語版を引き起こすなど抵抗し、最終的にはハイランドにおいて反乱を起こさないことを条件に釈放されるに至った[240]
  54. ^ 1707年にイングランド王国スコットランド王国との間の合同条約英語版が発効し連合王国(グレートブリテン王国)が誕生したのち、1714年にはステュアート朝アン女王が死去した[253]。「後継者はプロテスタントに限る」などとした1701年王位継承法に基づき、神聖ローマ帝国ドイツ)のハノーヴァー選帝侯であったゲオルク・ルートヴィヒ(スコットランド国王ジェームズ6世(イングランド国王ジェームズ1世)の曾孫)がグレートブリテン国王ジョージ1世として即位、ステュアート朝が終了しハノーヴァー朝が始まることとなった[254]。一方で、名誉革命フランスに亡命したカトリックスコットランド王ジェームス7世(イングランド王ジェームス2世)(アン女王の父。1701年没。ステュアート朝)の子孫こそが正当な王たるべきで、王位復帰を望む一派(ジャコバイト派)も多く存在した[255]。ジョージ1世は英語もできず文化も違い、スコットランドのみならずイングランドでも人気が無かった様であり、ジャコバイト派の不満は高まっていたとされる[256]
  55. ^ グレートブリテン王国政府は、ジャコバイト派の戦闘行動の中心を担っていたハイランド氏族社会の解体に乗り出し、各氏族の武装解除、氏族長の持っていた世襲司法権の廃止、伝統衣装タータンキルトの着用禁止、伝統楽器バグパイプの演奏禁止などを実施した[265][266]。加えて、氏族長が不在地主化し、氏族長は単なる土地所有者として扱われるようになったことにより、ハイランド地方に長く根付いていた「氏族長と領民が固く結びつき、領地は氏族全体の共有財産である」といった従前の氏族制度は崩壊し、グレートブリテン王国に同化していく契機となった[267][268]
  56. ^ この頃には、土地利用の効率極大化、土地改良などといった、資本主義的、近代的な農業改革がしきりに行われるようになった[268]ハイランド内陸部のストラス地帯(肥沃で開けた大渓谷)では、従前は主に作物耕作地であったが、最も収益が上がり人手をあまり必要としない牧羊場に転換され、元々の小作農などの余剰人員は、沿岸部への移動を余儀なくされるようになった[269]。続いて、産業革命により経済発展したローランド地方への移動、地主が支援を行った場合もある海外移住(強制された場合も多数あり)も生じた[271]。以上の様な経過により、1780年頃から1850年頃にかけて、ハイランド地方内陸部より、沿岸部、島嶼部、ローランド地方、海外へと人口の移動が起こった[272]
  57. ^ コンブ類など海藻で、焼いた灰がグラス製造の原料となる[273]。1790年頃より需要が増大した[273]
  58. ^ 1743年頃より[274]
  59. ^ 1808年20ポンド/トン、1820年頃10ポンド/トン、1830年頃には3ポンド/トン[276]
  60. ^ 主力のニシンが沖に去り沿岸で取れなくなり、また価格も低迷していた[277]
  61. ^ 例えば、スコットランド移民審議会宛てに1826年及び1827年に行われた報告によると、「1817年-1818年当時、マクドナルド氏族が領有するノース・ウイスト島サウス・ウイスト島では、島民の約33%が耕す土地を失い、領主が資金を負担する形で糧食の支援を受けた」とされる[279]
  62. ^ 1820年代、1830年代には、サウス・ウイスト島ノース・ウイスト島などからアメリカ大陸へ多くの移民が渡った[281][282]
  63. ^ Phytophthora infestansエキビョウキンの一種)によるジャガイモ胴枯れ病による[286]
  64. ^ コミッサリアート英語版(軍の食糧手配部門)所属のジョージ・ポールは救済活動を主導するとともに、広く活動への参加を呼び掛けた[289]。また、スコットランド自由教会英語版は、ハイランド地方西部及び島嶼部全域の飢饉に瀕する家々への燕麦オートミール)の配給、ヘブリディーズ諸島およびスコットランド本島西岸地域での民間による救済活動の即応可能で効率的な態勢構築、エディンバラグラスゴーの救済委員会との協同といった具合に、特に救済活動に取り組んでいた[290][291]。1847年初頭までには宗派を超えた救済団体が作られ、飢饉救済に関する最も重要な役割を担うことになった[290]連合王国政府からは、ポートリー英語版およびトバモリー英語版にて食糧配給を手配したチャールズ・トレヴェリアン英語版卿を通じて、いくばくかは支援が行われた[292]ブリティッシュ・リリーフ・アソシエーション英語版も集めた寄付金をもって救援活動を行った[291]
  65. ^ ハイランド・クリアランス英語版が社会問題となる中、零細小作農( クロフター英語版)の法的地位を定義し、小作地に対する権利などを定めた[296]
  66. ^ 貧困に喘ぐ極小規模小作農(クロフター英語版)が密集する地域において、インフラ整備や各種産業振興支援を目的とした[297]
  67. ^ バラ島などから来た土地を持たない男たち(昔にヴァタルサイ島英語版から追い出された元領民の子孫[299])がヴァタルサイ島の放牧場を不法占拠した[300]。占拠者は「1日以内に木造家屋を建て暖炉に火をつけた者は土地を取得できる」との古法に則ったものであり、土地取得は合法であると主張した[300]。この土地の地主エミリー・ゴードン・キャスカート英語版夫人は、この「占拠者」に対し法的措置を採り、禁固2か月の判決となったが[300]、一方で裁判官は「地主としての義務を怠り、領民の困窮に長らく冷淡であった事は、占拠者たちを憤怒の情に駆り立てるに充分であった」との見方を示した[301]
  68. ^ 1889年から1975年までは、ルイス島ロス・クロマーティ英語版カウンティに、それ以外の島々はインヴァネスシャー英語版に属していた[305]
  69. ^ 毛織物を収縮・緻密化させるために、水分を含ませ圧力・摩擦を加える工程[392]
  70. ^ ほかに、乳搾り歌、刈り入れ歌、糸紡ぎ歌、船漕ぎ歌など[390]
  71. ^ 2006年ホライズン・アワード、2008年フォーク・シンガー・オブ・ジ・イヤー[394]
  72. ^ 563年、アイルランド聖コルンバインナー・ヘブリディーズアイオナ島アイオナ修道院を創建し、スコットランドピクト人へのケルト系キリスト教の布教を開始した[207]
  73. ^ a b スカイ島スコットランド本島と架橋されている[441]
  74. ^ なお、スコットランド本島アラプールは、1890年代に鉄道敷設計画があったが実現せず[446]、鉄道連絡はない[444]
  75. ^ 第二次世界大戦の最中、ベンベキュラ島の軍用空港建設に絡み、フェリー発着港であったサウス・ウイスト島ロクボイスデール英語版との陸路連絡が図られた[456]

出典

  1. ^ Thompson 1968, p. 13.
  2. ^ a b Warwicker, Siobham; Sekhavati, Zara, ed (2021-07-01). “Harris (Na Hearadh)” (英語). The Rough Guide to Scottish Highlands & Islands (Travel Guide eBook) (9 ed.). Apa Publications (UK). ISBN 9781789195545. https://books.google.co.jp/books?id=2NxLDgAAQBAJ&pg=PT447&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false 
  3. ^ Outer Hebrides” (英語). Encyclopedia Britannica (2010年11月16日). 2022年6月26日閲覧。
  4. ^ a b Landscape Character Assessment 2019, p. 3.
  5. ^ Baldacchino, Godfrey (2020-05). “How far can one go? How distance matters in island development” (英語) (pdf). Island Studies Journal (Island Studies Journal) 15 (1): 29. ISSN 1715-2593. https://islandstudiesjournal.org/files/ISJBaldacchinoDistanceIslandDevelopment.pdf 2022年9月24日閲覧。. 
  6. ^ a b Comhairle nan Eilean Siar 2021, p. 14.
  7. ^ Haswell-Smith 2004, p. 262.
  8. ^ a b 2011 Census: First Results on Population and Household Estimates for Scotland - Release 1C (Part Two) (pdf) (Report) (英語). National Records of Scotland. p. 11. 2022年5月6日閲覧
  9. ^ Munro, Ed (2009) (英語). Munro's Western Isles of Scotland and Genealogies of the Clans: 1549. Genealogical Publishing. p. 128. https://books.google.co.jp/books?id=8lTqGwHRgiQC&pg=PA128&lpg=PA128&dq=%22Barra+Isles%22+%22Bishop%27s+Isles%22&source=bl&ots=g1AVOMwszD&sig=ACfU3U0IDkz_BtnGgUBBYHqnc1NVv4eH-w&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwirgMnWx9T4AhXDIn0KHalyDnQQ6AF6BAg9EAM#v=onepage&q=%22Barra%20Isles%22%20%22Bishop's%20Isles%22&f=false 2022年6月30日閲覧。 
  10. ^ The Bishop's Isles” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月30日閲覧。
  11. ^ Flannan Isles” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月30日閲覧。
  12. ^ Monach Islands” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月30日閲覧。
  13. ^ Shiant Islands” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月30日閲覧。
  14. ^ Haswell-Smith 2004, pp. 206, 262.
  15. ^ St Kilda” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月30日閲覧。
  16. ^ Rona” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月30日閲覧。
  17. ^ Sula Sgeir” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月30日閲覧。
  18. ^ Rockall” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月30日閲覧。
  19. ^ Inman, Nick (2007) (英語). Politipedia: A Compendium of Useful and Curious Facts about British Politics. Harriman House. pp. 158-159. ISBN 1905641338. https://books.google.co.jp/books?id=eODYFUbjqIcC&pg=PA158&lpg=PA158&dq=%22Rona%22+%22Sula+Sgeir%22+%22Comhairle+nan+Eilean+Siar%22&source=bl&ots=VZcg7UWQ_g&sig=ACfU3U1uBQter8lh42nW9RJmyFKjOfOdUQ&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjEjp6Am9X4AhVO8WEKHbfvDGAQ6AF6BAgZEAM#v=onepage&q=%22Rona%22%20%22Sula%20Sgeir%22%20%22Comhairle%20nan%20Eilean%20Siar%22&f=false 2022年6月30日閲覧。 
  20. ^ 富田理恵 2002, p. 105.
  21. ^ Little Loch Roag” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月24日閲覧。
  22. ^ Loch Seaforth” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月24日閲覧。
  23. ^ Murray & Pullar 1910, p. 213, 2-2 Lochs of Lewis.
  24. ^ Murray & Pullar 1910, p. 216, 2-2 Lochs of Lewis.
  25. ^ Murray & Pullar 1910, pp. 213, 216, 2-2 Lochs of Lewis.
  26. ^ a b Murray & Pullar 1910, p. 188, 2-2 Lochs of North Uist.
  27. ^ a b Loch Bee” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月26日閲覧。
  28. ^ Botanical survey of Scottish freshwater lochs” (英語). Scottish Natural Heritage. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月1日閲覧。
  29. ^ See and Do > Closer to Wildlife > Bird of Prey Trail > Locations > North Uist” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年6月25日閲覧。
  30. ^ Blog > 7 Stunning Hidden Beaches in the Outer Hebrides” (英語). Outer Hebrides Tourism (2021年3月5日). 2022年6月29日閲覧。
  31. ^ Walker, Kerry (2022年4月21日). “20 of Europe's most stunning beaches to explore in 2022” (英語). Lonely Planet. 2022年6月29日閲覧。
  32. ^ 今年こそ行きたい、世界の厳選ビーチ100”. CNN (2013年7月13日). 2022年6月29日閲覧。
  33. ^ In pictures: ten of the best beaches in the UK” (英語). The Week. Future Publishing (2022年6月1日). 2022年6月29日閲覧。
  34. ^ Murray 1966, pp. 171, 198.
  35. ^ a b c See and Do > Closer to Wildlife > Machair” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年6月26日閲覧。
  36. ^ Habitat Map of Scotland Annex I habitat map – H21A0 Machair” (英語). Scottish Natural Heritage (2016年). 2022年6月26日閲覧。
  37. ^ Our Islands > Uist” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年6月26日閲覧。
  38. ^ Machair” (英語). NatureScot. 2022年6月26日閲覧。
  39. ^ Lewis and Harris” (英語). Encyclopedia Britannica (2018年5月18日). 2022年6月27日閲覧。
  40. ^ North Uist” (英語). Encyclopedia Britannica (2018年5月16日). 2022年6月27日閲覧。
  41. ^ Benbecula” (英語). Encyclopedia Britannica (2018年5月16日). 2022年6月27日閲覧。
  42. ^ a b See and Do > Epic Landscapes > Moorland” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年6月26日閲覧。
  43. ^ a b Peatland and Moorland” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年6月27日閲覧。
  44. ^ Mealaisbhal, Uig” (英語). Hebridean Connections. 2022年6月27日閲覧。
  45. ^ McHale, John (2009年2月21日). “Islanders press for national-park status” (英語). grough. 2022年6月27日閲覧。
  46. ^ South Uist” (英語). Encyclopedia Britannica (2018年5月15日). 2022年6月27日閲覧。
  47. ^ Perrott 1995, p. 106.
  48. ^ Haswell-Smith 2004, pp. 218–222.
  49. ^ National Scenic Areas” (英語). Scottish Natural Heritage. 2018年1月17日閲覧。
  50. ^ National Scenic Areas in Scotland Map” (英語). NatureScot. Scotland's nature agency. 2022年5月4日閲覧。
  51. ^ Stornoway” (英語). Encyclopedia Britannica (2018年5月15日). 2022年6月27日閲覧。
  52. ^ Harris” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月27日閲覧。
  53. ^ Our Islands > Lewis > Great Bernera” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年6月29日閲覧。
  54. ^ Scalpay” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月29日閲覧。
  55. ^ Our Islands > Harris > Scalpay” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年6月29日閲覧。
  56. ^ Our Islands > Uist > Berneray” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年6月29日閲覧。
  57. ^ North Uist” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月27日閲覧。
  58. ^ Baleshare” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月29日閲覧。
  59. ^ Our Islands > Uist > Grimsay” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年6月29日閲覧。
  60. ^ Flodday” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月29日閲覧。
  61. ^ Benbecula” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月27日閲覧。
  62. ^ Grimsay” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月27日閲覧。
  63. ^ a b "サウスウイスト島". デジタル大辞泉. コトバンクより2022年6月27日閲覧
  64. ^ Eriskay” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月27日閲覧。
  65. ^ "バラ島". デジタル大辞泉. コトバンクより2022年6月28日閲覧
  66. ^ Vatersay” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月27日閲覧。
  67. ^ a b c d Rowe, Mark (2017-04-10) (英語). Outer Hebrides: The Western Isles of Scotland, from Lewis to Barra (1 ed.). Bradt Travel Guides. p. 1. ISBN 9781784770365. https://books.google.co.jp/books?id=RMU3DgAAQBAJ&pg=PA3&lpg=PA3&dq=%22An+t-Eilean+Fada%22+%22long+island%22&source=bl&ots=ZEygi1aWV6&sig=ACfU3U2EitDzaaOc6wq5i7vt0XcpaBhL5w&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjUwqupsfP5AhXxKKYKHSLMD5Q4KBDoAXoECBEQAw#v=onepage&q=%22An%20t-Eilean%20Fada%22%20%22long%20island%22&f=false 2022年9月1日閲覧。 
  68. ^ Hunter 2000, p. 104.
  69. ^ Na h-Eileanan Siar” (英語). SCOTLAND'S LANDSCAPE. BBC. 2022年9月1日閲覧。
  70. ^ Welcome to Southern Hebrides” (英語). Southern Hebrides of Scotland. Braveheart Web Design Islay. 2012年5月12日閲覧。
  71. ^ a b c d e Breeze, David J. (2002). “The ancient geography of Scotland”. In Banks, Iain; Ballin-Smith, Beverley (英語). In the shadow of the brochs. Tempus Publishing. pp. 11-13. ISBN 075242517X 
  72. ^ a b c d e Watson 1926, pp. 40–41.
  73. ^ Watson 1926, p. 38.
  74. ^ Murray 1966, p. 1.
  75. ^ Lewisian Complex” (英語). Encyclopedia Britannica (2015年5月22日). 2022年7月8日閲覧。
  76. ^ a b c Goodenough & Merritt 2011, p. 4.
  77. ^ a b c d Goodenough & Merritt 2011, p. 7.
  78. ^ a b c Goodenough & Merritt 2011, p. 8.
  79. ^ a b Goodenough & Merritt 2011, p. 14.
  80. ^ a b Goodenough & Merritt 2011, p. 16.
  81. ^ Goodenough & Merritt 2011, pp. 20, 22, 27.
  82. ^ a b c Goodenough & Merritt 2011, p. 27.
  83. ^ a b Goodenough & Merritt 2011, p. 28.
  84. ^ Ballantyne, Colin K.; Hallam, Georgina E. (2001). “Maximum altitude of Late Devensian glaciation on South Uist, Outer Hebrides, Scotland” (英語). Proceedings of the Geologists' Association (ELSEVIER) 112 (2): 155-167. doi:10.1016/S0016-7878(01)80024-9. ISSN 0016-7878. 
  85. ^ a b c Goodenough & Merritt 2011, p. 30.
  86. ^ a b c d Goodenough & Merritt 2011, p. 36.
  87. ^ a b c d Goodenough & Merritt 2011, p. 34.
  88. ^ Goodenough & Merritt 2011, p. 38.
  89. ^ Goodenough & Merritt 2011, p. 42.
  90. ^ a b c Comhairle nan Eilean Siar (2011年7月25日). ISLAND SUSTAINABLE ENERGY ACTION PLAN: Outer Hebrides (pdf) (Report) (英語). PACT OF ISLANDS. p. 1. 2022年7月16日閲覧
  91. ^ Landscape Character Assessment 2019, pp. 14–15.
  92. ^ a b c d Landscape Character Assessment 2019, p. 15.
  93. ^ "ストームトラック". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2022年10月6日閲覧
  94. ^ a b c Kümmerer, Vincent; Ferreira, Óscar; Loureiro, Carlos. Recent Changes in Storminess in the NW Coast of Scotland (pdf) (Report) (英語). Fundação para a Ciência e a Tecnologia > encontro Ciência 2021. 2022年10月6日閲覧
  95. ^ a b Stornoway Airport - Climate Station” (英語). Met Office. 2022年7月15日閲覧。
  96. ^ South Uist Range” (英語). Met Office. 2022年7月16日閲覧。
  97. ^ Barra (Traigh Mhòr) Airport” (英語). Met Office. 2022年7月16日閲覧。
  98. ^ 161mph wind gust breaks record” (英語). The Hrrald. Newsquest Media Group (1990年1月17日). 2022年7月16日閲覧。
  99. ^ Murray 1973, pp. 79–81.
  100. ^ Murray 1973, p. 79.
  101. ^ McKenzie, Steven (2013年2月4日). “Could big waves be big news for the Western Isles?” (英語). BBC. 2022年10月6日閲覧。
  102. ^ a b c d e f g h i j k l m Bird of the Outer Hebrides” (英語). Western Isles Wildlife. 2022年8月18日閲覧。
  103. ^ a b c Wildlife” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年8月12日閲覧。
  104. ^ a b c d Stevenson, Andrew (2022年6月25日). “The Outer Hebrides” (英語). Outer Hebrides Birds: The Status and Distribution of birds in the Outer Hebrides / Western Isles . Outer Hebrides Birds. 2022年8月20日閲覧。
  105. ^ Phalaropus lobatus (Linnaeus, 1758)” (英語). NBA atlas. 2022年8月18日閲覧。
  106. ^ Numenius phaeopus (Linnaeus, 1758)” (英語). NBA atlas. 2022年8月18日閲覧。
  107. ^ a b c See and Do > Closer to Wildlife > Bird of Prey Trail > Birds of Prey” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年8月24日閲覧。
  108. ^ See and Do > Closer to Wildlife > Bird of Prey Trail > Birds of Prey > White Tailed Eagle” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年8月24日閲覧。
  109. ^ Birds of the Outer Hebrides and their Status” (英語). Western Isles Wildlife. 2022年9月28日閲覧。
  110. ^ Leach's Storm-petrel” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  111. ^ Atlantic Puffin” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  112. ^ Black-legged Kittiwake” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  113. ^ Long-tailed Duck” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  114. ^ Horned Grebe” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  115. ^ Northern Lapwing” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  116. ^ Eurasian Oystercatcher” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  117. ^ Eurasian Curlew” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  118. ^ Bar-tailed Godwit” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  119. ^ Black-tailed Godwit” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  120. ^ Curlew Sandpiper” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  121. ^ Yellow-billed Loon” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  122. ^ Sooty Shearwater” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  123. ^ Common Eider” (英語). IUCN. 2022年8月18日閲覧。
  124. ^ Pipistrellus (Pipistrelle)” (英語). Outer Hebrides Fauna. Outer Hebrides Biological Recording. 2022年8月12日閲覧。
  125. ^ a b Sutton 2022, p. 53.
  126. ^ Sutton 2022, p. 52.
  127. ^ Mammalia (Mammals)” (英語). Outer Hebrides Fauna. Outer Hebrides Biological Recording. 2022年8月12日閲覧。
  128. ^ a b Eurasian Otter” (英語). IUCN. 2022年8月8日閲覧。
  129. ^ Lutra lutra (European Otter)” (英語). Outer Hebrides Fauna. Outer Hebrides Biological Recording. 2022年8月12日閲覧。
  130. ^ See and Do > Closer to Wildlife > Otters” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年8月12日閲覧。
  131. ^ See and Do > Closer to Wildlife” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年8月12日閲覧。
  132. ^ Cervus elaphus (Red Deer)” (英語). Outer Hebrides Fauna. Outer Hebrides Biological Recording. 2022年8月12日閲覧。
  133. ^ a b Perkins, Sid (2016年4月5日). “Red deer came to Scottish islands from unexpected places: Ancient seafarers likely brought deer from distant locales, not the Scottish mainland” (英語). Science. American Association for the Advancement of Science. 2022年8月12日閲覧。
  134. ^ a b 1364 Grey seal Halichoerus grypus” (英語). Joint Nature Conservation Committee. 2022年8月13日閲覧。
  135. ^ a b c McKenzie, Steven (2014年6月16日). “Super infuriating animals? The business of tackling unwelcome animals” (英語). BBC. 2022年8月12日閲覧。
  136. ^ Anguis fragilis (Slow-worm)” (英語). Outer Hebrides Fauna. Outer Hebrides Biological Recording. 2022年8月12日閲覧。
  137. ^ Sutton 2022, p. 56.
  138. ^ Sutton 2022, p. 54.
  139. ^ a b Pisces (Fish)” (英語). Outer Hebrides Fauna. Outer Hebrides Biological Recording. 2022年8月12日閲覧。
  140. ^ Sutton 2019b, p. 29.
  141. ^ "広塩性". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2022年9月29日閲覧
  142. ^ Sutton 2019a, p. 8.
  143. ^ Sutton 2019b, pp. 11–12.
  144. ^ Sutton 2020a, p. 16.
  145. ^ Sutton 2020b, p. 14.
  146. ^ Sutton 2022, pp. 14–15.
  147. ^ Sutton 2022, p. 10.
  148. ^ Sutton 2019a, p. 14.
  149. ^ Sutton 2019b, pp. 15–16, 18–20.
  150. ^ Sutton 2020a, p. 21.
  151. ^ Sutton 2020b, p. 17.
  152. ^ Sutton 2022, p. 17.
  153. ^ a b Sutton 2022, p. 7.
  154. ^ Thompson 1968, p. 21.
  155. ^ Coenonympha tullia” (英語). IUCN. 2022年8月28日閲覧。
  156. ^ Bombus muscorum” (英語). IUCN. 2022年8月28日閲覧。
  157. ^ Northern Yellow Bumble Bee” (英語). IUCN. 2022年8月28日閲覧。
  158. ^ Flora and Fauna” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年7月17日閲覧。
  159. ^ Coasts and Machair Land” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年8月2日閲覧。
  160. ^ a b Currie 1979, pp. 219, 227.
  161. ^ a b See and Do > Epic Landscapes > Woodland” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年8月2日閲覧。
  162. ^ Currie 1979, p. 228.
  163. ^ a b Flora” (英語). Western Isles Wildlife. 2022年7月16日閲覧。
  164. ^ a b Currie 1979, p. 225.
  165. ^ Richards, A.J.; Ferguson-Smyth, C.C. (2012-06-01). “Taraxacum pankhurstianum (Asteraceae), a new dandelion endemic to St Kilda, Outer Hebrides, Scotland” (英語). New Journal of Botany (the Botanical Society of Britain & Ireland) 2 (1): 16-19. doi:10.1179/2042349712Y.0000000006. ISSN 2042-3489. 
  166. ^ a b New species of dandelion discovered on St Kilda island” (英語). BBC (2012年6月29日). 2022年8月6日閲覧。
  167. ^ Saxifraga hypnoides L.” (英語). NBN Atlas. 2022年8月4日閲覧。
  168. ^ Ajuga pyramidalis L.” (英語). NBN Atlas. 2022年8月4日閲覧。
  169. ^ Potamogeton epihydrus Raf.” (英語). NBN Atlas. 2022年8月4日閲覧。
  170. ^ American Pondweed”. IUCN. 2022年8月4日閲覧。
  171. ^ Taraxacum pankhurstianum A. J. Richards & Ferguson-Smyth” (英語). NBN Atlas. 2022年8月6日閲覧。
  172. ^ Mertensia maritima (L.) Gray” (英語). NBN Atlas. 2022年8月4日閲覧。
  173. ^ Ruppia cirrhosa (Petagna) Grande, 1918” (英語). NBN Atlas. 2022年8月4日閲覧。
  174. ^ Spiral Ditchgrass”. IUCN. 2022年8月4日閲覧。
  175. ^ Biodiversity” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年8月31日閲覧。
  176. ^ Biodiversity > Planning Process” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年8月31日閲覧。
  177. ^ Landscape Character Assessment 2019, p. 36.
  178. ^ "セント-キルダ". 講談社 世界遺産詳解. コトバンクより2022年9月1日閲覧
  179. ^ SiteLink” (英語). NatureScot. 2022年9月1日閲覧。にて、検索フィルターの「Designation」は「Ramsar Site」を、「Local Authorities」は「Comhairle nan Eilean Siar (Western Isles)」を選択し抽出。
  180. ^ SiteLink” (英語). NatureScot. 2022年9月1日閲覧。にて、検索フィルターの「Designation」は「Special Area of Conservation」を、「Local Authorities」は「Comhairle nan Eilean Siar (Western Isles)」を選択し抽出。
  181. ^ SiteLink” (英語). NatureScot. 2022年9月1日閲覧。にて、検索フィルターの「Designation」は「Special Protection Area」を、「Local Authorities」は「Comhairle nan Eilean Siar (Western Isles)」を選択し抽出。
  182. ^ SiteLink” (英語). NatureScot. 2022年9月1日閲覧。にて、検索フィルターの「Designation」は「National Nature Reserve」を、「Local Authorities」は「Comhairle nan Eilean Siar (Western Isles)」を選択し抽出。
  183. ^ SiteLink” (英語). NatureScot. 2022年9月1日閲覧。にて、検索フィルターの「Designation」は「Site of Special Scientific Interest」を、「Local Authorities」は「Comhairle nan Eilean Siar (Western Isles)」を選択し抽出。
  184. ^ 木村正俊 2021, p. 19.
  185. ^ 木村正俊 2021, pp. 20–22.
  186. ^ 木村正俊 2021, pp. 25–26.
  187. ^ 木村正俊 2021, pp. 27–28.
  188. ^ a b c Landscape Character Assessment 2019, p. 20.
  189. ^ a b Landscape Character Assessment 2019, p. 17.
  190. ^ a b Landscape Character Assessment 2019, p. 18.
  191. ^ Armit, Ian (1998-05-01) (英語). Scotland's Hidden History. Tempus. p. 34. ISBN 0-7524-1400-3 
  192. ^ 木村正俊 2021, p. 24.
  193. ^ 武部好伸 2010b, p. 26.
  194. ^ The Prehistoric Village at Cladh Hallan on Daliburgh Machair” (英語). University of Sheffield. 2004年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月1日閲覧。
  195. ^ Keys, David. “Mummification in Bronze Age Britain” (英語). BBC. 2008年2月11日閲覧。
  196. ^ イギリスのミイラ、複数人体から合成”. 日経ナショナル ジオグラフィック. 2022年6月13日閲覧。
  197. ^ Lewis, Dun Carloway” (英語). CANMORE. Historic Environment Scotland. 2022年10月1日閲覧。
  198. ^ 木村正俊 2021, p. 28.
  199. ^ 木村正俊 2021, pp. 29–30.
  200. ^ 木村正俊 2021, pp. 36–45.
  201. ^ Hunter 2000, pp. 38–39.
  202. ^ 木村正俊 2021, pp. 49–51.
  203. ^ 木村正俊 2021, pp. 49, 51.
  204. ^ 木村正俊 2021, pp. 50–51.
  205. ^ 木村正俊 2021, p. 52.
  206. ^ 木村正俊 2021, pp. 51–52.
  207. ^ a b 木村正俊 2021, pp. 58–59.
  208. ^ 木村正俊 2021, pp. 14, 52–53, 64.
  209. ^ 木村正俊 2021, pp. 61, 66–67.
  210. ^ a b Miers, Mary (2008年10月31日). The Western Seaboard: An Illustrated Architectural Guide (英語). The Rutland Press. p. 367. ISBN 978-1-873190-29-6
  211. ^ Hunter 2000, pp. 44, 49.
  212. ^ 土屋守『スコットランド 旅の物語』東京書籍、2000年7月19日、148頁。ISBN 4-487-79600-8 
  213. ^ 木村正俊 2021, pp. 64, 66.
  214. ^ Hunter 2000, p. 78.
  215. ^ 木村正俊 2021, pp. 68–69.
  216. ^ 木村正俊 2021, pp. 77–78.
  217. ^ a b 木村正俊 2021, p. 78.
  218. ^ Hunter 2000, p. 102.
  219. ^ a b c Kingdom of the Isles” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年6月14日閲覧。
  220. ^ a b 武部好伸 2010b, pp. 205–206.
  221. ^ 武部好伸 2010b, p. 206.
  222. ^ a b c Campsie, Alison (2020年1月6日). “On this day 1156: Slaughter in the sea as the Vikings battle for the Hebrides” (英語). THE SCOTSMAN. National World Publishing. 2022年6月14日閲覧。
  223. ^ 武部好伸 2010b, pp. 206–207.
  224. ^ 木村正俊 2021, pp. 84–85.
  225. ^ 木村正俊 2021, pp. 85–86.
  226. ^ a b 木村正俊 2021, p. 86.
  227. ^ 木村正俊 2021, pp. 84–86.
  228. ^ 木村正俊 2021, p. 87.
  229. ^ 木村正俊 2021, pp. 87–88.
  230. ^ a b c 木村正俊 2021, p. 88.
  231. ^ 木村正俊 2021, pp. 88, 330.
  232. ^ Mezzofiore, Gianluca (2019年6月4日). “引き出しの中のチェス駒、鑑定で1.3億円の価値が判明 英”. CNN. 2022年6月15日閲覧。
  233. ^ Thompson 1968, p. 37.
  234. ^ Thompson 1968, p. 39.
  235. ^ Perrott 1995, pp. 27, 30.
  236. ^ Hunter 2000, pp. 127, 166.
  237. ^ スマウト 2010, p. 16,27.
  238. ^ 木村正俊 2021, pp. 125–126, 131.
  239. ^ 木村正俊 2021, pp. 125–126.
  240. ^ a b 木村正俊 2021, p. 131.
  241. ^ スマウト 2010, p. 27.
  242. ^ a b Hunter 2000, p. 143.
  243. ^ a b c Thompson 1968, pp. 40–41.
  244. ^ 木村正俊 2021, pp. 147–148.
  245. ^ a b 木村正俊 2021, p. 148.
  246. ^ a b c d Perrott 1995, pp. 12–13.
  247. ^ a b c d Haswell-Smith 2004, p. 312.
  248. ^ a b 木村正俊 2021, p. 179.
  249. ^ a b c Thompson 1968, p. 41.
  250. ^ Mackenzie, W. C. (1862-1952)”. 国立情報学研究所. 2022年5月19日閲覧。
  251. ^ a b c d Thompson 1968, pp. 41–42.
  252. ^ 木村正俊 2021, pp. 222–223.
  253. ^ 木村正俊 2021, pp. 216, 219.
  254. ^ 木村正俊 2021, pp. 214, 219.
  255. ^ 木村正俊 2021, p. 220.
  256. ^ 木村正俊 2021, pp. 219–220.
  257. ^ 木村正俊 2021, pp. 224.
  258. ^ a b 木村正俊 2021, p. 228.
  259. ^ a b The Clan Ranald” (英語). Electric Scotland. 2022年6月18日閲覧。
  260. ^ 木村正俊 2021, pp. 228–229.
  261. ^ 木村正俊 2021, pp. 230–231, 234.
  262. ^ 木村正俊 2021, p. 234.
  263. ^ 木村正俊 2021, pp. 234–235.
  264. ^ 松下晴彦 2015, pp. 216, 218–219.
  265. ^ 松下晴彦 2015, p. 218.
  266. ^ 照山直子 2015, p. 241.
  267. ^ 松下晴彦 2015, p. 216.
  268. ^ a b キレーン 2002, p. 171.
  269. ^ a b キレーン 2002, p. 172.
  270. ^ 富田理恵 2002, p. 46.
  271. ^ キレーン 2002, p. 173.
  272. ^ キレーン 2002, p. 174.
  273. ^ a b スマウト 2010, p. 342.
  274. ^ スマウト 2010, p. 261.
  275. ^ a b c スマウト 2010, pp. 342–346.
  276. ^ スマウト 2010, p. 346.
  277. ^ a b スマウト 2010, pp. 346–347.
  278. ^ スマウト 2010, p. 348.
  279. ^ スマウト 2010, p. 349.
  280. ^ スマウト 2010, p. 350.
  281. ^ Lawson, Bill (1999年1月1日). “From The Outer Hebrides to Cape Breton - Part I” (英語). globalgenealogy.com. 2022年6月18日閲覧。
  282. ^ Lawson, Bill (1999年9月10日). “From The Outer Hebrides to Cape Breton - Part II” (英語). globalgenealogy.com. 2007年10月14日閲覧。
  283. ^ Sullivan, Mike; Emmott, Robert; Pickering, Tim (2010-06-08) (英語). The Outer Hebrides: Sea Kayaking Around the Isles & St Kilda. Pesda Press. pp. 22-23. ISBN 9781906095093. https://www.google.co.jp/books/edition/The_Outer_Hebrides/OvExCEpSNJoC?hl=ja&gbpv=1&dq=Fuaigh+M%C3%B2r&pg=PA22&printsec=frontcover 2022年6月18日閲覧。 
  284. ^ Vuia Mor” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年6月18日閲覧。
  285. ^ Haswell-Smith 2004, pp. 306–307.
  286. ^ MacPherson, Hamish (2020年7月28日). “How Scotland rallied to feed the starving, diseased and destitute” (英語). Newsquest Media Group website=THE NATIONAL. 2022年10月4日閲覧。
  287. ^ Harris Tweed and the Highland Potato Famine” (英語). Darach Social Croft (2020年11月25日). 2022年5月21日閲覧。
  288. ^ Book review: Insurrection, by James Hunter” (英語). THE SCOTSMAN. National World Publishing (2019年10月30日). 2022年5月21日閲覧。
  289. ^ “Scotland's Potato Famine” (英語). SCOTTISH FIELD (Wyvex Media) (March 2020): 52-55. (2020-03-03). https://www.pressreader.com/uk/scottish-field/20200303/281569472715194 2022年5月21日閲覧。. 
  290. ^ a b Hunter, James (2020年12月11日). “The other famine: Scotland and the potato blight” (英語). Raidió Teilifís Éireann. 2022年5月21日閲覧。
  291. ^ a b Vaughan, Géraldine (2015). “The Irish Famine in a Scottish Perspective 1845-1851” (英語). Mémoire(S), Identité(S), Marginalité(S) dans le Monde Occidental Contemporain (12). doi:10.4000/mimmoc.1763. https://journals.openedition.org/mimmoc/1763. 
  292. ^ a b c d Halliday, James (1996). “The Highland Tragedy” (英語). Scptland: A Concise History (2 ed.). Gordon Wright Publishing. ISBN 0-903065-87-8. https://www.electricscotland.com/history/scotland/chap10.htm 
  293. ^ The man who rid the Hebrides of thousands of men, women and children” (英語). THE SCOTSMAN. National World Publishing (2016年8月3日). 2020年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月18日閲覧。
  294. ^ Perrott 1995, p. 31.
  295. ^ 木村正俊 2021, p. 252.
  296. ^ 安藤光義 2013, p. 110.
  297. ^ The Congested Districts Board 1898-1912” (英語). Comann Eachdraichd Uig. 2022年6月23日閲覧。
  298. ^ Hunter 2000, p. 320.
  299. ^ Land and Freedom - the Vatersay Raiders” (英語). THE SCOTSMAN. National World Publishing (2008年7月2日). 2022年5月22日閲覧。
  300. ^ a b c d e Ross, David (2012年12月18日). “Barra and Vatersay islanders on path to ownership” (英語). The Herald. Newsquest Media Group. 2022年5月23日閲覧。
  301. ^ Buxton, Ben (1995) (英語). Mingulay: An Island and Its People. Edinburgh: Birlinn. p. 125. ISBN 1-874744-24-6 
  302. ^ a b 50 bliadhna bho stèidhicheadh an HIDB” (スコットランド・ゲール語). BBC (2015年10月30日). 2022年6月24日閲覧。
  303. ^ a b c "ウェスタンアイルズ". ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンクより2022年5月26日閲覧
  304. ^ a b islands council” (英語). Dictionary.com, LLC. 2022年5月26日閲覧。
  305. ^ a b Keay, John; Keay, Julia (1994) (英語). Collins Encyclopaedia of Scotland. London: HarperCollins. pp. 542,821. ISBN 0-00-255082-2 
  306. ^ 安藤光義 2013, p. 111.
  307. ^ Landscape Character Assessment 2019, p. 28.
  308. ^ a b Comhairle nan Eilean Siar 2021, p. 3.
  309. ^ a b c d Population > Outer Hebrides” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年9月2日閲覧。
  310. ^ a b c Population > Overview” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年9月2日閲覧。
  311. ^ 林妙音「産業革命期におけるスコットランドの人口動向 人口成長と都市化」『大阪商業大学論集』第16巻第1号、大阪商業大学商経学会、2020年8月20日、55,57頁、2022年9月2日閲覧 
  312. ^ First World War” (英語). Hebridean Connections. 2022年9月2日閲覧。
  313. ^ Landscape Character Assessment 2019, p. 26.
  314. ^ Mingulay” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年9月2日閲覧。
  315. ^ St Kilda > history” (英語). The Gazetteer for Scotland. 2022年9月2日閲覧。
  316. ^ "セントキルダ島". ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンクより2022年9月2日閲覧
  317. ^ a b c The Lost Islands” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年9月2日閲覧。
  318. ^ Population Projections”. Comhairle nan Eilean Siar. 2022年9月2日閲覧。
  319. ^ Landscape Character Assessment 2019, p. 28,32.
  320. ^ 齋藤雪彦「スコットランド・西部島嶼地域におけるクロフティング集落の空間構成原理と持続性」(pdf)『日本建築学会技術報告書』第23巻第55号、日本建築学会、2017年10月、985-986頁、doi:10.3130/aijt.23.985ISSN 1341-94632022年5月2日閲覧 
  321. ^ Landscape Character Assessment 2019, pp. 28–29.
  322. ^ a b Landscape Character Assessment 2019, p. 29.
  323. ^ Scottish Agricultural College, ed. (2002年6月). Western Isles Local Biodiversity Action Plan Audit Report (pdf) (Report) (英語). Comhairle nan Eilean Siar. p. 65. 2022年9月3日閲覧
  324. ^ a b Landscape Character Assessment 2019, p. 30.
  325. ^ Chapman, Colin J. (2006年4月). COASTAL SHELLFISH RESOURCES AND FISHERIES IN SEA7 (pdf) (Report) (英語). Department of Trade and Industry. p. 7. 2022年9月5日閲覧
  326. ^ Marine Scotland 2014, p. 157.
  327. ^ a b Holland, Jason (2015年5月29日). “New protection rules for Scottish crab and lobster” (英語). 2022年9月5日閲覧。
  328. ^ Marine Scotland 2014, p. 159.
  329. ^ The Outer Hebrides (Landing of Crabs and Lobsters) Order 2015” (英語). Scottish Government (2015年4月28日). 2022年9月4日閲覧。
  330. ^ "Outer Hebrides Inshore Fisheries Pilot: year one report > 2.Introduction" (英語). Scottish Goverment. 2022年5月. 2022年9月5日閲覧
  331. ^ a b Landscape Character Assessment 2019, p. 31.
  332. ^ Munro 2021, p. 28.
  333. ^ a b Munro 2022, p. 2.
  334. ^ Munro 2021, p. 39.
  335. ^ Munro 2021, p. 53.
  336. ^ Munro 2022, p. 5.
  337. ^ 長谷川喜美 2013, pp. 19–20.
  338. ^ a b 長谷川喜美 2013, p. 25.
  339. ^ 長谷川喜美 2013, pp. 26, 32.
  340. ^ 長谷川喜美 2013, pp. 32, 46.
  341. ^ 長谷川喜美 2013, p. 35.
  342. ^ a b 長谷川喜美 2013, pp. 68–70.
  343. ^ A Sustainable Industry” (英語). Harris Tweed Authority. 2022年10月5日閲覧。
  344. ^ a b Comhairle nan Eilean Siar & VisitScotland 2018, p. 117.
  345. ^ Tourism in the Outer Hebrides” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年9月6日閲覧。
  346. ^ Landscape Character Assessment 2019, p. 32.
  347. ^ Comhairle nan Eilean Siar & VisitScotland 2018, p. 30.
  348. ^ Comhairle nan Eilean Siar & VisitScotland 2018, pp. 30, 56.
  349. ^ Outer Hebrides Tourism recovery plan secures £375,000 from HIE” (英語). Scottish Financial News. Dundee Press Agency (2021年5月12日). 2022年9月6日閲覧。
  350. ^ Sealadh 2030/Outlook 2030 (pdf) (Report) (英語). Outer Hebrides Tourism. 2021年. p. 3. 2022年9月6日閲覧
  351. ^ Investing in islands infrastructure” (英語). Scottish Government (2020年12月9日). 2022年5月26日閲覧。
  352. ^ Bond, Mary (2022年4月19日). “Stornoway’s new gateway terminal to the Outer Hebrides planned to open in 2024” (英語). Seatrade Cruise News. Informa Markets. 2022年10月7日閲覧。
  353. ^ Our wind farm” (英語). Point and Sandwick Trust. 2022年5月25日閲覧。
  354. ^ MacLennan, Chris (2021年9月17日). “The UK’s largest community-owned windfarm is ready to roll again, but it’ll be another 12 months before cash will flow to Western Isles charities again” (英語). The Press and Journal. Aberdeen Journals. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月7日閲覧。
  355. ^ MacLennan, Chris (2022年1月28日). “Lewis wind farm charity plots new battery source to protect the island’s electricity if another outage hits” (英語). The Press and Journal. Aberdeen Journals. 2022年9月7日閲覧。
  356. ^ McLaughlin, Martyn (2021年1月31日). “Massive windfarm on Lewis gets backing of local planners” (英語). THE SCOTSMAN. National World Publishing. 2022年10月5日閲覧。
  357. ^ Landscape Character Assessment 2019, p. 35.
  358. ^ 小原隆治「2021年スコットランド議会選挙」(pdf)『自治総研』通巻522号、地方自治総合研究所、2022年4月、31頁。 
  359. ^ 竹安栄子、春日雅司「地域政治における地方議員の役割についての一考察 : 日本とスコットランドの地方議員調査結果の分析より」(pdf)『現代社会研究科論集:京都女子大学大学院現代社会研究科紀要』第2号、京都女子大学、2008年3月31日、31-33頁、ISSN 1882-09212022年5月26日閲覧 
  360. ^ UNITED KINGDOM (2002年7月1日). EUROPEAN CHARTER FOR REGIONAL OR MINORITY LANGUAGES Initial Periodical Report (pdf) (Report) (英語). Council of Europe. p. 4. 2022年9月9日閲覧
  361. ^ ELECTION 2022 Comhairle nan Eilean Siar election result” (英語). BBC. 2022年9月11日閲覧。
  362. ^ Local Government By-Election 2022 > Results > Ward 01” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年9月11日閲覧。
  363. ^ Local Government By-Election 2022 > Results > Ward 06” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年9月11日閲覧。
  364. ^ CNES Convener, Leader and Chairs Elected” (英語). Comhairle nan Eilean Siar (2022年5月17日). 2022年9月11日閲覧。
  365. ^ a b Election 2019 > Na h-Eileanan an Iar (Western Isles)” (英語). BBC. 2022年9月11日閲覧。
  366. ^ Constituency data: electorates” (英語). UK Parliament House of Commons Library (2022年4月12日). 2022年9月11日閲覧。
  367. ^ MPs and Lords > Na h-Eileanan an Iar” (英語). UK Parliament. 2022年9月11日閲覧。
  368. ^ Election 2021 > Na h-Eileanan an Iar” (英語). BBC. 2022年9月11日閲覧。
  369. ^ Members of the Scottish Parliament (MSPs) > Alasdair Allan” (英語). Scottish Parliament. 2022年9月11日閲覧。
  370. ^ Scottish independence: Western Isles vote No in poll” (英語). BBC (2014年9月19日). 2022年10月5日閲覧。
  371. ^ MacAulay, Donald (1992) (英語). The Celtic Languages. Cambridge University. p. 141. ISBN 0-521-23127-2. https://books.google.co.jp/books?id=y3kIq1DYAkMC&pg=PA141&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false 2022年9月13日閲覧。 
  372. ^ a b Census 2001 Scotland: Gaelic speakers by council area” (英語). Comunn na Gàidhlig. 2006年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月14日閲覧。
  373. ^ Population” (英語). Scotland's Census (2021年7月30日). 2022年9月13日閲覧。
  374. ^ 佐藤千津「イギリスのゲール語の維持・継承と教育システムの再構築 -スコットランドにおける政策論議を中心に-」(pdf)『国際教育』第20巻、日本国際教育学会、2014年、18頁、doi:10.24751/jies.20.0_17ISSN 0918-53642022年9月13日閲覧 
  375. ^ National Records of Scotland (2015年10月29日). Scotland's Census 2011: Gaelic report (part 2) (pdf) (Report) (英語). Scotland's Census. p. 85. 2022年9月14日閲覧
  376. ^ 杉本豊久 2006, p. 85.
  377. ^ 杉本豊久 2006, p. 87.
  378. ^ 杉本豊久 2006, pp. 87–88.
  379. ^ 杉本豊久 2006, pp. 88–89.
  380. ^ a b 杉本豊久 2006, p. 89.
  381. ^ 中尾正史 2008, p. 94.
  382. ^ 中尾正史 2008, p. 93.
  383. ^ 中尾正史 2008, p. 91.
  384. ^ 中尾正史 2008, pp. 91, 101.
  385. ^ スコットランドのゲール語、10年以内に消滅か 社会言語学研究”. BBC (2020年7月3日). 2024年2月5日閲覧。
  386. ^ Crìonadh mòr sa Ghàidhlig anns na h-Eileanan” (スコットランド・ゲール語). BBC (2013年11月15日). 2022年5月7日閲覧。
  387. ^ Promoting the Gaelic language” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年9月14日閲覧。
  388. ^ Gaelic Policy” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年9月14日閲覧。
  389. ^ Landscape Character Assessment 2019, p. 4.
  390. ^ a b c d e Landscape Character Assessment 2019, p. 39.
  391. ^ Beware the Vatersay Boys” (英語). BBC (2012年1月5日). 2022年9月16日閲覧。
  392. ^ 縮絨”. コトバンク. DIGITALIO. 2022年9月15日閲覧。
  393. ^ Scottish music” (英語). BBC. 2022年9月15日閲覧。
  394. ^ PREVIOUS WINNERS” (英語). BBC. 2022年9月16日閲覧。
  395. ^ Hewett, Ivan (2022年1月6日). “Julie Fowlis: the shy Scot who is spearheading a folk revival” (英語). The Telegraph. Telegraph Media Group. 2022年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月16日閲覧。
  396. ^ pipe band” (英語). Cambridge University Press. 2022年9月16日閲覧。
  397. ^ Story of Lewis Pipe Band establishment” (英語). Stornoway Gazette. National World Publishing (2016年4月10日). 2022年5月30日閲覧。
  398. ^ History” (英語). Fèis Bharraigh Committee. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月4日閲覧。
  399. ^ What is a Fèis?” (英語). Fèisean nan Gàidheal. 2022年5月30日閲覧。
  400. ^ Ferguson, Brian (2020年3月26日). “Hebridean Celtic Festival called off in £2m blow to Stornoway economy” (英語). THE SCOTSMAN. National World Publishing. 2022年9月17日閲覧。
  401. ^ Ferguson, Brian (2022年7月20日). “Tributes paid to eco-friendly festival chief bowing out after 25th anniversary sell-out in Scotland” (英語). THE SCOTSMAN. National World Publishing. 2022年9月17日閲覧。
  402. ^ Pacione 2005, p. 240.
  403. ^ a b c 2011 Census Statistics Outer Hebrides (pdf) (Report) (英語). Comhairle nan Eilean Siar. pp. 1, 7. 2022年9月17日閲覧
  404. ^ a b 2011 Census Statistics Lewis (pdf) (Report) (英語). Comhairle nan Eilean Siar. pp. 1, 7. 2022年9月17日閲覧
  405. ^ a b 2011 Census Statistics Harris (pdf) (Report) (英語). Comhairle nan Eilean Siar. pp. 1, 7. 2022年9月17日閲覧
  406. ^ a b 2011 Census Statistics North Uist (pdf) (Report) (英語). Comhairle nan Eilean Siar. pp. 1, 7. 2022年9月17日閲覧
  407. ^ 2011 Census Statistics Benbecula (pdf) (Report) (英語). Comhairle nan Eilean Siar. pp. 1, 7. 2022年9月17日閲覧
  408. ^ 2011 Census Statistics South Uist (pdf) (Report) (英語). Comhairle nan Eilean Siar. pp. 1, 7. 2022年9月17日閲覧
  409. ^ 2011 Census Statistics Barra & Vatersay (pdf) (Report) (英語). Comhairle nan Eilean Siar. pp. 1, 7. 2022年9月17日閲覧
  410. ^ a b Religion and Spirituality” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年9月18日閲覧。
  411. ^ Pacione 2005, p. 239.
  412. ^ Clegg, E.J. (1992). “Fertility and Development in the Outer Hebrides; The Confounding Effcets of Religion”. In Malhotra, Rikshesh (英語). Anthropology of Development: Commemoration Volume in the Honour of Professor I.P. Singh. Mittal Publications. p. 88. ISBN 8170993288. https://books.google.com/books?id=U6WhkmvI324C&pg=PA86 
  413. ^ Pacione 2005, pp. 239–241.
  414. ^ Pacione 2005, pp. 239, 241, 245.
  415. ^ Sabbath flights spark island anger” (英語). BBC (2002年7月16日). 2022年9月20日閲覧。
  416. ^ Protest over isle's Sunday flight” (英語). BBC (2002年10月27日). 2022年9月20日閲覧。
  417. ^ Seenan, Gerard (2006年4月10日). “Fury at ferry crossing on Sabbath This article is more than 16 yea” (英語). Guardian News & Media. 2022年9月19日閲覧。
  418. ^ Council opposes Sunday sailings” (英語). BBC (2009年6月5日). 2022年9月19日閲覧。
  419. ^ Sunday ferry makes first sailing” (英語). BBC (2009年7月19日). 2022年9月19日閲覧。
  420. ^ Sunday ferry for Harris opposed by Lord's Day society” (英語). BBC (2011年1月19日). 2022年9月19日閲覧。
  421. ^ a b c d Bus Services Overview” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年5月29日閲覧。
  422. ^ 芦田淳「【イギリス】異性間シビル・パートナーシップ規則の制定」(pdf)『外国の立法』第282-2号、国立国会図書館、2020年2月、8頁。 
  423. ^ Couples in partnership ceremonies” (英語). BBC (2005年12月20日). 2022年9月19日閲覧。
  424. ^ Cohen, Benjamin (2005年12月19日). “Western Isles becomes only place in Britain to ban gay marriages” (英語). PinkNews. 2022年9月19日閲覧。
  425. ^ Cohen, Benjamin (2006年6月5日). “Western Isles to lift ban on gay marriage” (英語). PinkNews. 2022年9月19日閲覧。
  426. ^ Sport” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年9月21日閲覧。
  427. ^ a b Fever pitch: A celebration of Eriskay's football pitch” (英語). BBC (2019年4月10日). 2022年9月21日閲覧。
  428. ^ Fighting for football’s future on bumpy, beautiful Eriskay” (英語). FIFA (2020年9月10日). 2022年9月22日閲覧。
  429. ^ Golf” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年9月22日閲覧。
  430. ^ a b c Owen, David (2009年4月20日). “The Ghost Course” (英語). New Yorker. 2022年9月22日閲覧。
  431. ^ Home” (英語). The Hebridean Challenge. 2011年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月31日閲覧。
  432. ^ RESULTS” (英語). Durty Events. 2022年5月31日閲覧。
  433. ^ THE HEB” (英語). Durty Events. 2022年5月31日閲覧。
  434. ^ Western Isles” (英語). International Island Games Association. 2022年5月31日閲覧。
  435. ^ a b c Summer timetables/Outer Hebrides/Barra: Oban - Castlebay” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  436. ^ Winter timetables/Outer Hebrides/Barra: Oban - Castlebay” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  437. ^ a b Summer timetables/Outer Hebrides/South Uist: Mallaig - Lochboisdale - Oban” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  438. ^ Winter timetables/Outer Hebrides/South Uist: Mallaig - Lochboisdale - Oban” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  439. ^ Summer timetables/Outer Hebrides/Harris: Uig - Tarbert” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  440. ^ Winter timetables/Outer Hebrides/Harris: Uig - Tarbert (Harris)” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  441. ^ 【スコットランド】大自然の宝庫「スカイ島」のおすすめ絶景スポット5選!”. 地球の歩き方 (2020年11月1日). 2022年9月22日閲覧。
  442. ^ Summer timetables/Outer Hebrides/North Uist: Uig - Lochmaddy” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  443. ^ Winter timetables/Outer Hebrides/North Uist: Uig - Lochmaddy” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  444. ^ a b Summer timetables/Outer Hebrides/Lewis: Stornoway - Ullapool” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  445. ^ Winter timetables/Outer Hebrides/Lewis: Stornoway - Ullapool” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  446. ^ Garve and Ullapool Railway Bill” (英語). Hansard. 2008年9月26日閲覧。
  447. ^ Summer timetables/Outer Hebrides/Barra & Eriskay: Barra - Eriskay (Sound of Barra)” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  448. ^ Winter timetables/Outer Hebrides/Barra & Eriskay: Barra - Eriskay (Sound of Barra)” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  449. ^ Summer timetables/Outer Hebrides/North Uist and Harris: Berneray - Leverburgh (Sound of Harris)” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  450. ^ Winter timetables/Outer Hebrides/North Uist and Harris: Berneray - Leverburgh (Sound of Harris)” (英語). Caledonian MacBrayne. 2022年5月28日閲覧。
  451. ^ Destinations from Stornoway Airport” (英語). Highlands and Islands Airports. 2022年5月28日閲覧。
  452. ^ Destinations from Benbecula Airport” (英語). Highlands and Islands Airports. 2022年5月28日閲覧。
  453. ^ a b Airport information for Barra Airport > About us” (英語). Highlands and Islands Airports. 2022年5月28日閲覧。
  454. ^ Barra Airport” (英語). Undiscovered Scotland. 2010年7月8日閲覧。
  455. ^ a b The North-South Spinal Route” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年11月18日閲覧。
  456. ^ South Ford Causeway” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年11月19日閲覧。
  457. ^ TRAVEL ADVISORY; Causeway Links Islands Of Outer Hebrides” (英語). New York Times (2001年8月19日). 2015年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月18日閲覧。
  458. ^ Western Isles Islands Council Technical Services Department: Lewis and Harris Classification of Roads / Uists and Barra Classification of Roads” (pdf) (英語). WhatDoTheyKnow. Comhairle nan Eilean Siar (2015年4月29日). 2022年11月18日閲覧。
  459. ^ Buses” (英語). Outer Hebrides Tourism. 2022年5月29日閲覧。
  460. ^ Lewis Bus Timetables” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年5月29日閲覧。
  461. ^ Harris Bus Timetables” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年5月29日閲覧。
  462. ^ Uists, Benbecula, Berneray and Eriskay Timetables” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年5月29日閲覧。
  463. ^ Barra Bus Timetables” (英語). Comhairle nan Eilean Siar. 2022年5月29日閲覧。
  464. ^ Lighthouses” (英語). Northern Lighthouse Board. 2016年4月16日閲覧。
  465. ^ Haswell-Smith 2004, pp. 329–331.
  466. ^ ジェラルド・バトラー主演、実在の失踪事件を題材にした「バニシング」公開”. 映画ナタリー. Natasha (2019年10月10日). 2022年10月6日閲覧。
  467. ^ a b Annie Jane: Bagh Siar, Vatersay, Atlantic” (英語). Canmore. Historic Environment Scotland. 2022年9月22日閲覧。
  468. ^ Thompson 1968, p. 76.
  469. ^ Iolaire Disaster (Iolaire Tragedy) 1919” (英語). The Editors of The Gazetteer for Scotland. 2022年5月29日閲覧。
  470. ^ a b Cranston, Mark. “Forth brick found on the shipwreck of the SS Politician off the coast of Scotland.” (英語). Scotland's Brick and Tile Manufacturing Industry. 2022年5月29日閲覧。
  471. ^ 稲富孝一 (2011年2月). “第60章 エリスケイ-ウイスキー・ガロアの島”. 稲富博士のスコッチノート. SUNTORY. 2022年5月29日閲覧。
  472. ^ Whisky Galore! (1949)” (英語). British Film Institute. 2022年9月22日閲覧。
  473. ^ ウイスキーと2人の花嫁”. シンカ. 2022年9月22日閲覧。



「アウター・ヘブリディーズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アウター・ヘブリディーズ」の関連用語

アウター・ヘブリディーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アウター・ヘブリディーズのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアウター・ヘブリディーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS