1715年ジャコバイト蜂起とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 1715年ジャコバイト蜂起の意味・解説 

1715年ジャコバイト蜂起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 21:40 UTC 版)

1715年ジャコバイト蜂起英語: Jacobite rising of 1715スコットランド・ゲール語: Bliadhna Sheumais [ˈbliən̪ˠə ˈheːmɪʃ]十五年の乱[1]またはザ・フィフティーンThe Fifteen)、マー卿の反乱Lord Mar's Revolt)とも)は、亡命ステュアート家ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアート(「老僭王」「大僭称者」とも)による、イングランドアイルランドスコットランド王位奪回の試み。蜂起は翌1716年までに鎮圧された。


  1. ^ 友清理士. “スペイン継承戦争の戦後20年――ユトレヒト条約後の国際関係とハノーヴァー朝下のイギリス――” (日本語). 2018年7月15日閲覧。
  2. ^ Michael, p. 134.
  3. ^ Michael, p. 152.
  4. ^ a b c d Christoph v. Ehrenstein, 'Erskine, John, styled twenty-second or sixth earl of Mar and Jacobite duke of Mar (bap. 1675, d. 1732)', Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004; online edn, Jan 2008, accessed 20 January 2011.
  5. ^ Michael, p. 156.
  6. ^ Michael, p. 158.
  7. ^ Reid, pp. 19-20.
  8. ^ Michael, pp. 163–164.
  9. ^ Michael, p. 164.
  10. ^ Michael, p. 165.
  11. ^ Baynes, pp. 83-104.
  12. ^ Baynes, pp. 105-128.
  13. ^ James Panton, Historical Dictionary of the British Monarchy (2011), p. xxxiv.
  14. ^ Peter Hume Brown英語版, A History of Scotland to the Present Time, p. 154.


「1715年ジャコバイト蜂起」の続きの解説一覧

1715年ジャコバイト蜂起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/12 18:11 UTC 版)

1715年ジャコバイト蜂起では計画関わった政府にも関与疑われ蜂起直前には国務大臣ジェームズ・スタンホープダーウェントウォーター伯爵逮捕令状署名したダーウェントウォーター伯爵身柄確保すべくダラム使者派遣されたが、ダーウェントウォーター伯爵行方をくらました。トマス・フォスター(英語版)が老僭王の旗で挙兵したことを知ると、1715年10月6日にディルストン・ホールからの武装した召使などを率いてグリーンリッグ(英語版)でフォスター合流したダーウェントウォーター伯爵軍勢最大で70程度であり、弟のチャールズ・ラドクリフ(英語版)が率いていた。行軍計画ランカシャー通過してスタッフォードシャー向かい、そこで支援探すという予定だった。ヘンリー・オックスバラ大佐Henry Oxburgh)という、マールバラ公爵の下でフランドル転戦した人物遠征率いたジャコバイト軍プレストン占領したが、直後プレストンの戦い英語版)に敗れたフォスターはチャールズ・ウィルズ(英語版率い劣勢政府軍への降伏同意、ほかの捕虜とともにヘンリー・ラムリー将軍によってロンドンに連行され、ロンドン塔のデヴルー・タワーに投獄された。ニスデール伯爵、カーンウォス伯爵英語版)、ケンミュア子爵、ウィドリングトン男爵ネアーン卿一緒に投獄された。1716年1月10日枢密院取り調べを受け、19日にほかのジャコバイトとともに告発受けたダーウェントウォーター伯爵経験のなさとほかのジャコバイト降伏勧めたことを理由情状酌量求めたが、公権喪失死刑判決下された恩赦求め試み行われ、まず庶民院貴族院に対する請願が行われ、2月22日には貴族院から国王ジョージ1世恩赦求め演説が行われた。ウィドリングトン、カーンウォス、ネアーンは執行猶予受けたダーウェントウォーター伯爵夫人姉妹、おばにあたるリッチモンド公爵夫人アン・ブルドネル、クリーヴランド公爵夫人などとともにリッチモンド公爵によってジョージ1世寝室引き入れられダーウェントウォーター伯爵夫人フランス語恩赦求めた。しかし、ロバート・ウォルポールダーウェントウォーター伯爵を救うために6ポンド提示されたが、見せしめにすべきと考えたジョージ1世述べていたため、ジョージ1世説得失敗した1716年2月24日ダーウェントウォーター伯爵タワー・ヒル斬首された。彼は処刑台で罪を認めたことを悔いカトリックであることと「ジェームズ3世」(老僭王)への忠誠述べた。ケンミュア子爵同時に処刑され一方でニスデール伯爵処刑前日脱獄した。チャールズ・ラドクリフはフランス逃れたものの、1745年ジャコバイト蜂起際に帰国して参加したため、捕虜になり1746年処刑された。ネアーン卿1717年時点で処刑されロンドン塔に投獄されたままだったため、1717年恩赦法英語版)で釈放された。 ダーウェントウォーター伯爵斬首された日、北極光がいつもより明るかったとされ、それがダーウェントウォーター卿の光(Lord Derwentwater's Lights)として知られるようになったダーウェントウォーター伯爵全ての称号剥奪され(ただし、息子それ以降継承者ダーウェントウォーター伯爵称号称し続けた)、財産没収された。1748年庶民院はディルストン・ホール(英語版)などダーウェントウォーター財産グリニッジ王立病院与え法案議決したPublic Act 22 George II chapter 56)。

※この「1715年ジャコバイト蜂起」の解説は、「ジェームズ・ラドクリフ (第3代ダーウェントウォーター伯爵)」の解説の一部です。» 「ジェームズ・ラドクリフ (第3代ダーウェントウォーター伯爵)」の概要を見る


1715年ジャコバイト蜂起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 06:52 UTC 版)

1715年マー伯爵ジョン・アースキンブレイマー英語版)で挙兵し会議参加した後、10月スコットランド氏族兵士3千人を率いてパースマー伯爵合流したサザーランド伯爵シーフォース進軍止めようとしたが、サザーランド攻撃を受ける撤退したシーフォース南進続け、シェリフミュアの戦い英語版)に参戦した戦後北方諸郡の軍指揮官任命された。インヴァネスが第11ラヴァト卿サイモン・フレイザーに占領されたが、シーフォースはその回復試みて北上した途中でアレクサンダー・ゴードン加勢したものの、多勢に無勢でサザーランド伯爵降伏せざるを得なかった。直後シーフォースルイス島支持者集めようとしたが、政府軍派遣されてきたため、ロスシャー英語版)に逃げ、さらにフランス王国逃亡し1716年2月サン=ジェルマン=アン=レー到着した5月7日グレートブリテン議会シーフォース公権喪失英語版)と財産没収議決した

※この「1715年ジャコバイト蜂起」の解説は、「ウィリアム・マッケンジー (第5代シーフォース伯爵)」の解説の一部です。» 「ウィリアム・マッケンジー (第5代シーフォース伯爵)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1715年ジャコバイト蜂起のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1715年ジャコバイト蜂起のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1715年ジャコバイト蜂起 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジェームズ・ラドクリフ (第3代ダーウェントウォーター伯爵) (改訂履歴)、ウィリアム・マッケンジー (第5代シーフォース伯爵) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS