9.11事件とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 9.11事件の意味・解説 

【9.11事件】(きゅうてんいちいちじけん)

2001年9月11日アメリカ国内線就航する以下の旅客機4機が同時にハイジャックされ、実行犯が命も顧みず世界貿易センタービルWTC)やペンタゴンピッツバーグ近郊墜落させた事件

11日朝、旅客機の操縦技術を持った実行犯たちが、アメリカ国内線定期便4機の操縦室占拠。自ら機体操りそのうち2機がニューヨークマンハッタンにある世界貿易センタービルの各塔にそれぞれ突入し、ビルそのもの崩壊させる結果となった。
また、3機目はアメリカ国防総省ペンタゴン)に突入しその一部破壊、そして4機目はペンシルバニア墜落した。

犠牲者総計はおよそ3800人。一度に起こったテロリズムとしては史上空前絶後の規模犠牲者であった。

そしてこの事件きっかけとして対テロ戦争開始され、アフガニスタンへの攻撃が行われた。
また、民間航空業界に多大影響与えたほか、冷戦終結後の「ホットウォー」時代世界痛感させる出来事でもあり、各国テロリズムへの軍備転換急がせることにもなった。

事件に巻き込まれた旅客機

上記のように、事件巻き込まれたいずれの機体ボーイング社B757B767であった。
両機は共通する部分も多い兄弟機で、コックピットレイアウトがほとんど同一であることから、B767操縦法さえ習得すれば簡単にB757移行することもできる。
そのため実行犯兄弟機利用するフライト選択したと思われる
また、これらのフライト国内線でも長距離路線であり、燃料大量搭載していたこともあって、爆薬代わりとするには十分であったといわれている。

犯人は何者だったのか?

国際的認識されている定説として、犯人ウサーマ・ビン=ラーディン率いるスンニ派イスラム原理主義組織アルカーイダ」のメンバーであり、反米反ユダヤ的な思想に基づくテロリズムであるとされている。
だが、事実関係立証については十分な確証があるとは言い難い
かつて、歴史転換点に起きた事件全てがそうであるのと同様に、この事件についても「隠された真相」を主張する非主流解釈は多い。

実際事件後にアメリカ政府過大戦力投入して一方的報復戦争開始した事がこの事件対す視点を非常に複雑なものとしており、「アメリカ合衆国用意したアメリカ都合の良い見解国際社会鵜呑みにしている」という印象は拭いがたく存在する。

関連特別攻撃 対テロ戦争 アフガニスタン侵攻


アメリカ同時多発テロ事件

(9.11事件 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/14 07:24 UTC 版)

アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん)は、2001年9月11日アメリカ合衆国内で同時多発的に発生した、航空機等を用いた4つのテロ事件の総称[4]である。




  1. ^ “Winnipegger heads to NY for 9/11 memorial”. CBC News. (2011年9月9日). http://www.cbc.ca/news/canada/manitoba/winnipegger-heads-to-ny-for-9-11-memorial-1.991431 2018年7月24日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f “September 11th Terror Attacks Fast Facts”. CNN. (2017年8月24日). http://www.cnn.com/2013/07/27/us/september-11-anniversary-fast-facts/ 2018年5月30日閲覧。 
  3. ^ a b c “Nine facts about terrorism in the United States since 9/11”. The Washington Post. (2013年9月11日). https://www.washingtonpost.com/news/wonk/wp/2013/09/11/nine-facts-about-terrorism-in-the-united-states-since-911/ 2018年5月30日閲覧。 
  4. ^ これら実際に被害をもたらした事件以外にも、多くの計画が予定されていたとされる。
  5. ^ アメリカン航空77便飛行経路考察(NTSB報告書)
  6. ^ ユナイテッド航空93便飛行経路考察(NTSB報告書)
  7. ^ NHKスペシャル『一年目の真実~ビンラディン対アメリカ~』による。
  8. ^ 『華氏911』の映画監督であるマイケル・ムーアは、これら大型機を操縦して体当たりする技術が一朝一夕で身に付くわけがなく、犯人は飛行機のフライト経験が豊富な元軍人(仮説としてサウジアラビア空軍のパイロット)ではないかと主張している[要出典]
  9. ^ 911犠牲者一覧(911research.wtc7.net)
  10. ^ Flight Path Study – American Airlines Flight 11 (PDF)”. National Transportation Safety Board (2002年2月19日). 2018年7月22日閲覧。
  11. ^ ASN Aircraft accident Boeing 767-223ER N334AA New York, NY”. Aviation Safety network. 2018年8月23日閲覧。
  12. ^ a b c d e f “Chapter 1: "We have some planes"”. 9/11 Commission Report. National Commission on Terrorist Attacks Upon the United States. (2004年7月22日). http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch1.pdf 
  13. ^ a b Final Report of the National Construction Safety Team on the Collapses of the World Trade Center Towers (NIST NCSTAR 1). The National Institute of Standards and Technology. p. 2. https://ws680.nist.gov/publication/get_pdf.cfm?pub_id=909017 2018年8月23日閲覧。. 
  14. ^ Carter, Bill (2002年2月6日). “CBS to Broadcast Videotape Shot Inside Towers During Trade Center Attack”. The New York Times. オリジナル2013年12月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131225000202/http://www.nytimes.com/2002/02/06/nyregion/cbs-to-broadcast-videotape-shot-inside-towers-during-trade-center-attack.html 2018年8月20日閲覧。 
  15. ^ Flight Path Study – United Airlines Flight 175 (PDF)”. National Transportation Safety Board. 2018年7月22日閲覧。
  16. ^ ASN Aircraft accident Boeing 767-222 N612UA New York, NY”. Aviation Safety network. 2018年8月23日閲覧。
  17. ^ a b Final Report of the National Construction Safety Team on the Collapses of the World Trade Center Towers (NIST NCSTAR 1). The National Institute of Standards and Technology. pp. 45-46. https://ws680.nist.gov/publication/get_pdf.cfm?pub_id=909017 2018年7月22日閲覧。. 
  18. ^ Boxer, Sarah (2002年9月11日). “EYEWITNESSES; One Camera, Then Thousands, Indelibly Etching a Day of Loss”. The New York Times. オリジナル2018年1月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180119041138/www.nytimes.com/2002/09/11/us/eyewitnesses-one-camera-then-thousands-indelibly-etching-a-day-of-loss.html 
  19. ^ Kiehl, Stephen (2006年9月10日). “'I think we're getting hijacked'”. The Baltimore Sun. http://www.baltimoresun.com/features/bal-911story091006,0,7382393.story 2018年8月20日閲覧。 
  20. ^ “Father recalls son's last words on 9/11”. Cable News Network. (2006年4月11日). http://edition.cnn.com/2006/LAW/04/10/moussaoui.victims/ 2018年8月20日閲覧。 
  21. ^ National Transportation Safety Board: Flight Path Study – United Airlines Flight 93 (PDF)”. Homeland Security Digital Library (2002年2月19日). 2011年9月12日閲覧。
  22. ^ 'Let's roll': A catchphrase that became a battlecry”. The Age (2002年9月9日). 2018年8月20日閲覧。
  23. ^ “Families of Passengers Question Theory That Hijackers Crashed Flight 93”. Associated Press. Foxnews.com. (2003年8月8日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,94213,00.html 2018年8月20日閲覧。 
  24. ^ Timmons, Heather (2006年1月1日). “Four Years On, a Cabin's-Eye View of 9/11”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2006/01/01/movies/01timm.html?ex=1293771600&en=f5a28a31bbbc6611&ei=5090&partner=rssuserland&emc=rss 2018年8月20日閲覧。 
  25. ^ Jones, Jonathan. “The 9/11 attack seen from space – an image of impotence”. The Guardian. オリジナル2014年3月12日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6O0cC7vk0?url=http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/mar/10/911-attack-seen-from-space-image-impotence 
  26. ^ Flight Path Study – American Airlines Flight 11 (PDF)”. National Transportation Safety Board (2002年2月19日). 2018年7月22日閲覧。
  27. ^ National Commission on Terrorist Attacks (July 22, 2004). The 9/11 Commission Report (first edition). W. W. Norton & Company. p. 285. ISBN 0-393-32671-3. http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch9.pdf 2018年7月22日閲覧。. 
  28. ^ Visual Evidence, Damage Estimates, and Timeline Analysis (Chapters 1-8)”. The National Institute of Standards and Technology. p. 80. 2018年7月22日閲覧。
  29. ^ Final Report of the National Construction Safety Team on the Collapses of the World Trade Center Towers (NIST NCSTAR 1). The National Institute of Standards and Technology. p. 26. https://ws680.nist.gov/publication/get_pdf.cfm?pub_id=909017 2018年8月15日閲覧。. 
  30. ^ National Commission on Terrorist Attacks (July 22, 2004). The 9/11 Commission Report (first edition). W. W. Norton & Company. p. 287. ISBN 0-393-32671-3. http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch9.pdf 2018年7月22日閲覧。. 
  31. ^ a b “September 11 attacks”, Encyclopædia Britannica (Encyclopædia Britannica, inc.), (2018-05-23), https://www.britannica.com/event/September-11-attacks 2018年8月20日閲覧。 
  32. ^ a b Dan Balz; Bob Woodward (2002年1月27日). “America's Chaotic Road to War”. The Washington Post. オリジナル20070809時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070809122457/www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A42754-2002Jan26_2.html 2018年8月20日閲覧。 
  33. ^ Final Report of the National Construction Safety Team on the Collapses of the World Trade Center Towers (NIST NCSTAR 1). The National Institute of Standards and Technology. p. 27. https://ws680.nist.gov/publication/get_pdf.cfm?pub_id=909017 2018年8月25日閲覧。. 
  34. ^ National Commission on Terrorist Attacks (July 22, 2004). The 9/11 Commission Report (first edition). W. W. Norton & Company. pp. 293-294. ISBN 0-393-32671-3. http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch9.pdf 2018年7月22日閲覧。. 
  35. ^ Boxer, Sarah (2002年9月11日). “EYEWITNESSES; One Camera, Then Thousands, Indelibly Etching a Day of Loss”. The New York Times. オリジナル2018年1月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180119041138/www.nytimes.com/2002/09/11/us/eyewitnesses-one-camera-then-thousands-indelibly-etching-a-day-of-loss.html 
  36. ^ a b Flight Path Study – American Airlines Flight 77 (PDF)”. National Transportation Safety Board (2002年2月19日). 2018年9月10日閲覧。
  37. ^ a b Final Report of the National Construction Safety Team on the Collapses of the World Trade Center Towers (NIST NCSTAR 1). The National Institute of Standards and Technology. p. 148. https://ws680.nist.gov/publication/get_pdf.cfm?pub_id=909017 2018年7月22日閲覧。. 
  38. ^ a b A Minute-By-Minute Breakdown Of What Happened On 9/11”. The Huffington Post (2016年9月9日). 2018年7月22日閲覧。
  39. ^ Slevin, Peter (2004年7月24日). “Outside the Cockpit Door, a Fight to Save the Plane”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A10206-2004Jul23.html 2018年7月22日閲覧。 
  40. ^ a b Miller, Bill (2002年5月1日). “Skyscraper Protection Might Not Be Feasible, Federal Engineers Say”. Orlando Sentinel. http://articles.orlandosentinel.com/2002-05-01/news/0205010358_1_engineers-jet-fuel 2018年7月22日閲覧。 
  41. ^ FAQs - NIST WTC Towers Investigation”. The National Institute of Standards and Technology. 2018年7月22日閲覧。
  42. ^ Williams, Timothy (2005年4月5日). “Report on Trade Center Collapses Emphasizes Damage to Fireproofing”. The New York Times. オリジナル2012年1月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120107205236/http://www.nytimes.com/2005/04/05/nyregion/05cnd-wtc.html 2018年7月22日閲覧。 
  43. ^ World Trade Center Building Performance Study, Ch. 5 WTC 7 – section 5.5.4
  44. ^ Final Report on the Collapse of World Trade Center Building 7, p. xxxvii.
  45. ^ a b World Trade Center Building Performance Study”. FEMA (2002年5月). 2010年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月3日閲覧。
  46. ^ a b Summers and Swan (2011), p. 75.
  47. ^ Chaban, Matt (2011年2月9日). “130 Liberty Finally Gone from Ground Zero”. The New York Observer. http://www.commercialobserver.com/2011/02/130-liberty-finally-gone-from-ground-zero/ 2012年4月10日閲覧。 
  48. ^ Downtown Restoration Program – THE PORT AUTHORITY OF NY&NJ” (2009年1月11日). 2009年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月7日閲覧。
  49. ^ Bloomfield, Larry (2001年10月1日). “New York broadcasters rebuild”. Broadcast Engineering. 2008年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月3日閲覧。
  50. ^ Ground Zero stops burning, after 100 days”. The Guardian (2001年12月20日). 2018年5月5日閲覧。
  51. ^ Foderaro, Lisa W. (2009年9月11日). “9/11's Litany of Loss, Joined by Another Name”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/09/12/nyregion/12groundzero.html 2010年8月29日閲覧。 
  52. ^ a b c Sunder (2005), p. 48.
  53. ^ National Commission on Terrorist Attacks (July 22, 2004). The 9/11 Commission Report (first edition). W. W. Norton & Company. p. 294. ISBN 978-0-393-32671-0. http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch9.pdf 2014年1月24日閲覧。. 
  54. ^ Sunder (2005), p. 46.
  55. ^ Purpura, Philip (2007). “Life safety, fire protection, and emergencies”. Security and Loss Prevention: An Introduction (5th ed.). Elsevier. pp. 300. ISBN 978-0080554006. https://books.google.com/books?id=ir4gbdZLlOEC&pg=PA300 2017年9月16日閲覧. "Almost all the 600 people in the top floors of the south tower died after a second hijacked airliner crashed in the 80th floor shortly after 9 am. The failure to evacuate the building was one of the day's great tragedies." 
  56. ^ Elevators were disaster within disaster”. USA Today (2002年9月4日). 2018年7月23日閲覧。
  57. ^ Cauchon, Dennis; Moore, Martha (2002年9月2日). “Desperation forced a horrific decision”. USA Today. https://www.usatoday.com/news/sept11/2002-09-02-jumper_x.htm 2011年9月2日閲覧。 
  58. ^ “Cantor rebuilds after 9/11 losses”. BBC. (2006年9月4日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/5282060.stm?lsf 2011年9月2日閲覧。 
  59. ^ Marsh & McLennan Companies 9/11 Memorial”. 2011年9月7日閲覧。
  60. ^ Milestones of Marsh & McLennan Companies”. 2011年9月7日閲覧。
  61. ^ Siegel, Aaron (2007年9月11日). “Industry honors fallen on 9/11 anniversary”. InvestmentNews. http://www.investmentnews.com/article/20070911/REG/70911011 2011年9月2日閲覧。 
  62. ^ Averill (2005), chapter "Occupant Behavior, Egress, and Emergency Communications", pp ??
  63. ^ Dwyer and Flynn (2005), p. 266.
  64. ^ Dwyer, Jim (2002年5月26日). “Last Words at the Trade Center; Fighting to Live as the Towers Die”. The New York Times. https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9F00E6DC153BF935A15756C0A9649C8B63 2011年9月2日閲覧。 
  65. ^ National Commission on Terrorist Attacks (July 22, 2004). The 9/11 Commission Report (first edition). W. W. Norton & Company. p. 305. ISBN 0-393-32671-3. http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch9.pdf 2018年8月25日閲覧。. 
  66. ^ National Commission on Terrorist Attacks (July 22, 2004). The 9/11 Commission Report (first edition). W. W. Norton & Company. p. 311. ISBN 0-393-32671-3. http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch9.pdf 2018年8月25日閲覧。. 
  67. ^ Fishman, Steve (15 September, 2003). “The Miracle Survivors”. New York Magazine. http://nymag.com/nymetro/news/sept11/2003/n_9189/ 2018年8月25日閲覧。 
  68. ^ National Commission on Terrorist Attacks (July 22, 2004). The 9/11 Commission Report (first edition). W. W. Norton & Company. p. 314. ISBN 0-393-32671-3. http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch9.pdf 2018年7月22日閲覧。. 
  69. ^ The Pentagon Building Performance Report, pp. ??
  70. ^ 9/11 Survivor Wants Life For Moussaoui”. WRC-TV (2006年4月25日). 2008年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月10日閲覧。
  71. ^ Curiel, Jonathan (2006年9月3日). “The Conspiracy to Rewrite 9/11”. San Francisco Chronicle. オリジナル2008年5月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080519053919/http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=%2Fc%2Fa%2F2006%2F09%2F03%2FINGR0KRCBA1.DTL 2018年9月10日閲覧。 
  72. ^ a b Goldberg, Alfred (2007). Pentagon 9/11. Washington, D.C.: United States Government Printing Office. p. 17. ISBN 978-0-16-078328-9. 
  73. ^ Maclean, John N (2008年6月1日). “America Under Attack: A chronicle of chaos and heroism at the Pentagon”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/05/29/AR2008052903149.html 2011年9月3日閲覧。 
  74. ^ Goldberg, Alfred (2007). Pentagon 9/11. Washington, D.C.: United States Government Printing Office. p. 80. ISBN 978-0-16-078328-9. 
  75. ^ Goldberg, Alfred (2007). Pentagon 9/11. Washington, D.C.: United States Government Printing Office. pp. 80-82. ISBN 978-0-16-078328-9. 
  76. ^ Goldberg, Alfred (2007). Pentagon 9/11. Washington, D.C.: United States Government Printing Office. p. 20. ISBN 978-0-16-078328-9. 
  77. ^ Goldberg, Alfred (2007). Pentagon 9/11. Washington, D.C.: United States Government Printing Office. p. 3. ISBN 978-0-16-078328-9. 
  78. ^ : Otis Air National Guard Base
  79. ^ Internet Archive September 11 Television Archive
  80. ^ 民放のうち、日本テレビ系列は火曜サスペンス劇場、テレビ朝日系列ではニュースステーションがそれぞれ放送中だった。TBS系列はジャングルTV ~タモリの法則~毎日放送制作)、フジテレビ系列ではドラマ・ウソコイ関西テレビ制作)がそれぞれ開始した直後だった。この中でニュース速報が出された。
  81. ^ NHKテレビの50年 21st [リンク切れ]- 当時のその模様を伝えた画像が3枚掲載されている
  82. ^ 当時はNHKアナウンサー。
  83. ^ この時間帯は毎日放送の責任枠であったため、22時53分まではTBSから毎日放送経由で全国へ流された。
  84. ^ 前日の9月10日付けも台風情報を行うために休止となっており、レギュラー放送としては初めて2日間連続休止となった(この時は「深夜便」のスタジオにはつながず、ニュースセンターのラジオスタジオから断続的に放送した。9月12日付けから再開するが、その週は「NHKジャーナル」を臨時に0:45まで拡大延長したため、一部のコーナーは休止となった)
  85. ^ なお、この事件の10日前に東京都新宿区で発生した歌舞伎町ビル火災の影響から、このような措置を既にとっていた放送局も複数存在する。
  86. ^ 国際政治学・安全保障政策の研究者である宮坂直史は著書(『日本はテロを防げるか』ちくま新書)の中で、テロは複数箇所で同時に行われることが多いことから「アメリカ同時多発テロ」を固有名詞として用いることには違和感を覚える、と指摘している。
  87. ^ 全米に飛行禁止令が出された後も連絡が行き届かず、飛行を続けていた航空機が11機存在したことによる。ユナイテッド93でも描写されている。
  88. ^ a b “Accused 9/11 plotter Khalid Sheikh Mohammed faces New York trial”. Cable News Network. (2009年11月13日). http://edition.cnn.com/2009/CRIME/11/13/khalid.sheikh.mohammed/index.html 2018年5月30日閲覧。 
  89. ^ “Alleged 9/11 Plotters Face Trial Blocks From WTC Site”. WIBW. (2009年11月13日). オリジナル2012年3月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120325210832/http://www.wibw.com/nationalnews/headlines/70082322.html 2013年11月24日閲覧。 
  90. ^ “American Airlines Flight 11”. CNN. http://www.cnn.com/SPECIALS/2001/memorial/lists/by-location/page93.html 2011年9月2日閲覧。 
  91. ^ “United Airlines Flight 175”. CNN. http://www.cnn.com/SPECIALS/2001/memorial/lists/by-location/page100.html 2011年9月2日閲覧。 
  92. ^ “Pentagon”. CNN. http://www.cnn.com/SPECIALS/2001/memorial/lists/by-location/page88.html 2011年9月2日閲覧。 
  93. ^ “American Airlines Flight 77”. CNN. http://www.cnn.com/SPECIALS/2001/memorial/lists/by-location/page96.html 2011年9月2日閲覧。 
  94. ^ Roddy, Dennis B. (2001年10月). “Flight 93: Forty lives, one destiny”. Pittsburgh Post-Gazette. オリジナル2006年11月30日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5KmMRkIhh?url=http://www.post-gazette.com/headlines/20011028flt93mainstoryp7.asp 2011年9月2日閲覧。 
  95. ^ a b “First video of Pentagon 9/11 attack released”. Cable News Network. (2006年5月17日). http://www.cnn.com/2006/US/05/16/pentagon.video/index.html 2018年5月30日閲覧。 
  96. ^ September 11 Memorial (PDF)”. New York State Intelligence Center (2001年9月11日). 2018年5月30日閲覧。
  97. ^ Deadliest Days in Law Enforcement History”. National Law Enforcement Memorial Fund (2016年7月7日). 2018年5月30日閲覧。
  98. ^ a b Officer Down Memorial Page(ODMP)での検索結果
  99. ^ “Remains of 9/11 victim identified 16 years after terror attack”. The Guardian. (2017年8月8日). https://www.theguardian.com/us-news/2017/aug/08/remains-911-victim-identified-16-years-terror-attack 2018年7月23日閲覧。 
  100. ^ As 9/11 Remains Are Identified, Grief Is Renewed”. The New York Times (2011年11月12日). 2018年7月23日閲覧。
  101. ^ Pieces of Bone Are Found on Building at 9/11 Site”. The New York Times (2006年4月6日). 2018年7月23日閲覧。
  102. ^ What Was Found in the Dust[リンク切れ](New York Times)
  103. ^ EPA’s Response to the World Trade Center Collapse(PDFファイル)
  104. ^ United States Environmental Protection Agency September 11 attacks pollution controversy(en:wiki)
  105. ^ 9-11 Health
  106. ^ Firefighters Face Increased Risk for Certain Cancers(HealthNEWS,2006/11/10)
  107. ^ Cancer Risk Among Firefighters: A Review and Meta-analysis of 32 Studies
  108. ^ Longitudinal Assessment of Spirometry in the World Trade Center Medical Monitoring Program[リンク切れ]
  109. ^ NYPD Fallen Heroes | NYPD Police Memorial
  110. ^ 同時テロの健康被害を補償 米で“英雄”救済法成立
  111. ^ "Wartime". National Commission on Terrorists Attacks upon the United States. U.S. Congress. Retrieved 2011-09-03.
  112. ^ 'Shadow Government' News To Congress". CBS News. March 2, 2002. Retrieved 2011-09-04.
  113. ^ CNN.co.jp:除隊希望もかなわず、同時テロ後に差別か 陸軍基地の銃乱射[リンク切れ]
  114. ^ NFL、第2週の見送りを決定 NFL JAPAN HP
  115. ^ 国連安全保障理事会決議1373号第6項に基づくテロ対策委員会への報告 - Embassy of the United States Tokyo, Japan - 米国政府
  116. ^ Stefan Talmond, 'The Security Council as World Legislator' (2005) 99 American Journal of International Law p.175.
  117. ^ Alexander Reilly, Gabrielle Appleby and Laura Grenfell. Australian Public Law (Oxford University Press, 2011) p.
  118. ^ Scobell, Andrew (2004年). “Terrorism in the Asia-Pacific: Threat and Response”. The Journal of Asian Studies 63 (4): 1078–9. doi:10.1017/S0021911804002463. http://journals.cambridge.org/action/displayAbstract?fromPage=online&aid=788144 2014年1月20日閲覧。. 
  119. ^ 広瀬佳一・宮坂直史著『対テロ国際協力の構図』ミネルヴァ書房
  120. ^ 長く厳しい戦い - Embassy of the United States Tokyo, Japan - 米国政府
  121. ^ 中東概観 - Embassy of the United States Tokyo, Japan - 米国政府
  122. ^ 平成25年防衛白書防衛年表 - 防衛省
  123. ^ Le Parlement du Venezuela dénonce les mensonges du 11 septembre
  124. ^ "Freedom Tower has a new preferred name". Associated Press. 2009-03-26.
  125. ^ CNN.co.jp:米同時多発テロ「陰謀説」が再燃の兆し - USA2006.08.13 Web posted at:19:36JST - AP (CNN)
  126. ^ 奥菜秀次『陰謀論』P.157,p.158
  127. ^ 朝日新聞2001年12月12日付 ユダヤ陰謀説「国民の求める記事提供」(テロリストの軌跡 アタを追う13)
  128. ^ 誰がどの詩と結び付けたか、また、どのような偽作が出回ったかについては Hayato Takubo「米国旅客機同時ハイジャックによる無差別大量殺人とノストラダムスの予言[リンク切れ]」(サイト「ノストラダムス研究室[リンク切れ]」内)を参照のこと。
  129. ^ 国際的超機密を安全にリークする手段
  130. ^ News, A. B. C. (2015年11月15日). “U.S. Warns of Possible Terrorist Attack in Japan” (英語). ABC News. 2018年5月5日閲覧。
  131. ^ 9.11 plane crash(YouTube動画)
  132. ^ 鐸木能光/たくき よしみつ のデジタルストレス王(キング)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「9.11事件」の関連用語

9.11事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



9.11事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ同時多発テロ事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS