保守 宗教的保守主義

保守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 06:05 UTC 版)

宗教的保守主義

アメリカ

宗教的保守主義という言葉がとくに頻繁に使用されるのはアメリカ合衆国である。1980年代以降、特に2001年以後の米国では、ネオコンと呼ばれる新保守主義キリスト教右派が台頭した。これは自由主義と国益の拡大のためには積極的に行動すべきとする点では、伝統的な地域主義・相互不干渉主義の保守とは相違がある。宗教右派キリスト教右派)の台頭にともなって、キリスト教原理主義などプロテスタント神学の内の聖書主義的な意味での保守主義、つまり聖書の記述を文章のまま受け入れようとする潮流が保守主義と呼ばれる。この意味での保守主義者たちは、聖書に基づいて、「人々はキリスト十字架による身代わりの贖罪によって救われる」という教理を強調するため、彼らは福音派(エヴァンジェリカル)、あるいは伝道派と自称しており、またそのように呼ばれることもある。アメリカ南部バプティスト派などがこの保守主義の最大勢力である。伝統的なプロテスタント諸派においても南部バプティスト派以外では福音派の立場をとる派は少ない。

自由主義神学の立場は、一つに、道はちがえども全ての宗教は人々を救いに至らしめるものであるという考え方に近く、二つに、思想哲学的潮流に影響されやすく、そして三つに、神学的に聖書を尊重しない傾向がある。この立場は福音派には受け入れがたい。同派は、そのような立場を潔しとしないキリスト教徒の集まりである。一方、反福音派(反エバンジェリカルズ)である伝統的プロテスタント諸派は、福音派を聖書の文言にのみ拘泥しその趣旨を歪曲していると批判している。

ただし、神学的に保守主義であるからといって、政治的にも保守派でありタカ派であるとは限らない。核兵器使用賛成・反共国粋主義に偏りがちなファンダメンタリストから一線を画し、核兵器使用と戦争に反対の立場をとっている保守派のキリスト教徒も多い。彼らは、キリスト十字架の死をもって伝えたかったことは何かということと、聖書の伝えたかった使信とは何かということにかんする追求に基づいて、「キリストの十字架のメッセージは、と人との和解あるいは人と人との和解であり、平和主義である」との考えを持っていることから、そのような立場をとっている。また彼らは中絶には反対する。

2009年、史上初の黒人大統領バラク・オバマが就任してからは国民皆医療保険制度の導入や最低賃金引き上げなど全体的にリベラル・左派的な傾向が強まっている。他方ではオバマ大統領就任後は白人至上主義・人種差別主義者の活動が活発化しているとの指摘もある[71]。また、オバマ政権の政策を「大きな政府」「連邦政府の権力拡大」と見なして反発する右派系市民運動ティーパーティーも勢力を広げている。

カトリック教会の保守派

カトリックの保守派はプロテスタントの保守派とは神学的に相容れないが、中絶に反対するのは同じである。ただし、ローマ・カトリック教会からの一定の影響を受ける欧州連合およびその構成機関には、中絶同性結婚などを容認する意見が強い。その一例が、ドイツキリスト教民主同盟(中央党の系譜にあり、伝統的にはカトリック色が強い)所属の政治家であるウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長である。これは、欧州の保守政治家の依拠する原理が人権民主主義だからである。

東方教会(正教会・東方諸教会)

自由主義神学福音主義の対比は、西方教会、そのうち主にプロテスタントに当てはまる分類であり、宗教改革や自由主義神学の興隆の歴史を有さない東方教会正教会東方諸教会)においてはこのような分類に当てはまる潮流が歴史上存在しておらず、神学的見解・奉神礼形式・社会問題に対する態度における「保守的」「革新的」の語も、西方教会とは異なった意味で用いられる。

神学、および教会と社会の関係を考察する領域において、西欧・西方教会における論理の枠組みの段階から根本的に疑問の対象とし、ここから距離を取ろうとする聖職者神学者、哲学者が正教会には多く生み出されている。

神学的に保守的であるからといって政治的に保守的・タカ派的であるとは限らないのは西方教会でも同様であるが、アメリカのファンダメンタリストなどのように神学的見解と政治的姿勢が結び付いているような例は、東方教会では殆ど皆無である。

イスラム

イラン革命後のイランのようなイスラム法社会では、保守主義とはウラマーなどの宗教的指導者による政治を支持する立場のことを指す。


  1. ^ 保守、goo辞書
  2. ^ 保守主義、goo辞書
  3. ^ BBC: エドマンド・バーク (1729年 - 1797年)(英語)
  4. ^ The Scary Echo of the Intolerance of the French Revolution in America Today(英語)
  5. ^ a b モンテスキューの作品における法と正義 : 法制史と法理論の交差する読解
  6. ^ a b 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p523
  7. ^ 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p540
  8. ^ 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p542
  9. ^ : constant force
  10. ^ Viscount Hailsham. The Conservative Case. Middlesex: Penguin Books, 1959. (英語)
  11. ^ 原語では前者が固有名詞(大文字で始まる表記)、後者が普通名詞(小文字で始まる表記)となっている。ヒュー・セシル『保守主義とは何か』早稲田大学出版部
  12. ^ マイケル・オークショット「保守的であるということ」(『政治における合理主義』所収、石山文彦訳、勁草書房、1988年、200頁)
  13. ^ Huntington, S. 1957. Conservatism as an ideology. in American Political Science Review 51:454-73.
  14. ^ アンソニー・クイントン『不完全性の政治学』東信堂、p10-11
  15. ^ a b c 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p527-8
  16. ^ a b 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p529-530
  17. ^ Eccleshall, p. ix, 21
  18. ^ Eccleshall, p. 2
  19. ^ : Taxation No Tyranny
  20. ^ : Patriarcha or the Natural Power of Kings
  21. ^ Eccleshall, pp. 21-25
  22. ^ Eccleshall, p. 31
  23. ^ Eccleshall, p. 43
  24. ^ 二宮元「イギリスのニューライト : 新自由主義と新保守主義」2010年、一橋大学
  25. ^ 藤森かよこ「アメリカにおける保守主義の 誕生とアイン・ランドの交点」福山市立大学『都市経営』1号,2012年pp5-20
  26. ^ 藤森かよこ「衝動から思想へ-アメリカ保守主義の誕生とハイエク『隷属への道』」都市経営No.3(2013)pp.22
  27. ^ 落合仁司『保守主義の社会理論 ハイエク、ハート、オースティン』勁草書房1987,p141
  28. ^ : The conservative mind, from Burke to Santayana
  29. ^ 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4), p538, 2013
  30. ^ : conservative impulse
  31. ^ 藤森かよこ「衝動から思想へ-アメリカ保守主義の誕生とハイエク『隷属への道』」都市経営No.3(2013)pp.9-26
  32. ^ http://www.ppionline.org/documents/equality_lipset.pdf(英語)
  33. ^ Gross and Simmons 2007,p33,Rothman et al.2005,p6,Klein and Stern2009
  34. ^ a b c d e ブライアン・カプラン、月谷真紀訳 『大学なんか行っても意味はない? 教育反対の経済学』みすず書房、2019,pp.346-350.
  35. ^ Rothman et al.2005,pp5-6
  36. ^ Gross and Simmons 2007,pp31-32.
  37. ^ Cardiff and Klein,2005,p243,Gross and Simmons 2007
  38. ^ Moe,2011,pp84-87.
  39. ^ 維新精神史研究 P.421 徳重淺吉 1934年
  40. ^ 維新精神史研究 P.423 徳重淺吉 1934年
  41. ^ 福沢諭吉 学問のすすめ 福沢諭吉
  42. ^ 明治憲政史 (上巻) P.321-322 工藤武重 1914年
  43. ^ 犬養木堂伝 上巻 P.208-209 鷲尾義直 1938年
  44. ^ a b 東京専門学校参考書 政治原論 桃浪書院蔵版 P.304-305 市島謙吉 1889年
  45. ^ 立憲政友会史 第壹巻 伊藤総裁時代 P.11-12 小林雄吾 1924年
  46. ^ 第四十囘帝国議会に於ける暴利取締令舌戦録. 上巻 P.8-9 益川保次郎 1918年
  47. ^ 第四十囘帝国議会に於ける暴利取締令舌戦録. 上巻 P.14 益川保次郎 1918年
  48. ^ 暴利取締令と違憲問題 神戸又新日報 1918年2月8日
  49. ^ 輸出組合 コトバンク
  50. ^ 日露条約成立と対露輸出組合計画 中外商業新報 1925年1月31日
  51. ^ 政府の了解を得て対露輸出組合進捗 時事新報 1926年2月3日
  52. ^ 社会主義サヴェート共和国同盟の現勢 P.71-72 山川均 1928年
  53. ^ a b c d 貿易政策論 P.220-222 浜田恒一 1934年
  54. ^ a b 貿易政策論 P.223 浜田恒一 1934年
  55. ^ 電力問題の背後 P.48-49 小林一三 1938年
  56. ^ 「失われた20年」と保守の美学」『国際日本文化研究センター』2017年3月31日、 13–31、 doi:10.15055/00006537
  57. ^ 『大政翼賛会に抗した40人 : 自民党源流の代議士たち』朝日新聞社、2006年7月。 
  58. ^ 立党宣言・綱領 自民党
  59. ^ “福田恒存の個人観の考察 : 政治批評としての清水幾太郎批判を中心に”. 国際広報メディア・観光学ジャーナル 29: 21–36. (2019-10-24). https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/75964. 
  60. ^ “「文明化」・「西洋化」・「近代化」をめぐって: 福沢諭吉と丸山眞男─日本近代の先導者と批判者─”. 日本學士院紀要 72 (Special_Issue). (2018). doi:10.2183/tja.72.Special_Issue_209. https://www.jstage.jst.go.jp/article/tja/72/Special_Issue/72_209/_article/-char/ja/. 
  61. ^ 『吉本隆明全集9 1964-1968』晶文社、2015年6月、283-296頁。 
  62. ^ 『読書人』1959年6月19日、『保守とは何か』2013年10月20日、pp.180-184。
  63. ^ 林健太郎「現代における保守と自由と進歩」。「現代日本思想大系35 新保守主義」の解説
  64. ^ 批判的合理主義と自由主義/保守主義:林健太郎のポパー論」秋田大学教育文化学部研究紀要57巻 p 41 - 50、2002年
  65. ^ 戦後保守政治の転換 : 「八六年体制」とは何か”. 五十嵐仁のページ. 2022年11月27日閲覧。
  66. ^ 「平成の政治改革」と「アイデアの政治」――佐藤誠三郎という視点から――”. researchmap.jp. 2022年12月2日閲覧。
  67. ^ 「日本人の政治意識」『集』第3巻328ページ
  68. ^ 中村「占領下での「民主化」と日本の「従う政治文化」」(神戸学院法学第34巻第1号2004-4)
  69. ^ 平成22年(2010年)綱領 自民党
  70. ^ 結局、昭和の政治のほうがずっとマシだった…「平成の保守」がデタラメな改革を繰り返した根本原因”. PRESIDENTOnline. 2022年10月19日閲覧。
  71. ^ 米で人種・民族憎悪犯罪目立つ オバマ政権や不況影響か Archived 2009年6月23日, at the Wayback Machine.アサヒコム2009年6月21日






保守と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「保守」の関連用語

保守のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



保守のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの保守 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS