ベンチマークソフトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > ソフト > ベンチマークソフトの意味・解説 

ベンチマークソフト

【英】benchmark software

ベンチマークソフトとは、システム性能評価するためのベンチマークテストを行うために用いられるテストプログラムのこと。

ベンチマーク」は、測量用の水準基標を意味する。一定の基準設け上で問題を処理させ、評価判定する。主にCPU処理速度や、ネットワークアクセス速度などが評価項目となる。代表的なベンチマークソフトとしては、Windows実行速度測定する「WinBench」(米ジフデービス)やWindows上のアプリケーション実行速度測定する「WindSock」(ジフデービス、米マイクロソフト)などがある。


参照リンク
WinBench
アプリケーションソフトのほかの用語一覧
アプリケーションの分類:  発想支援ソフト  ペイントソフト  ヘルパーアプリケーション  ベンチマークソフト  表計算ソフト  ファイラー  ファイル圧縮ソフト



ベンチマークソフトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベンチマークソフト」の関連用語

ベンチマークソフトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベンチマークソフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリベンチマークソフトの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS