ニューヨーク 文化

ニューヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 00:22 UTC 版)

文化

メトロポリタン美術館。世界最大級の博物館のひとつである。

作家トム・ウルフは、ニューヨークについて、「文化が空気の中にあるようだ。天気の一部のように」と述べている[90]。アメリカにおける数々の文化的ムーブメントはこの街で始まった。ハーレム・ルネサンスは、アフリカ系アメリカ人文学の規準を作った。1940年代にはジャズの、1950年代には抽象表現主義の中心地となり、1970年代にはヒップホップを生んだ。パンクハードコア・パンクの動きは1970年代から1980年代にかけて大きな影響力を持ち、ユダヤ系アメリカ人文化も長い間栄え、ニューヨーク知識人が生まれた。近年、ニューヨークから出てきたインディー・ロックのバンドとしては、ザ・ストロークスインターポール、ザ・ブレーバリー、シザー・シスターズゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツなどがある。

エンターテインメントと舞台芸術

リンカーン・センター。12の著名な芸術団体の本拠地となっており、アメリカ国内最大の舞台芸術複合施設である。

アメリカ映画産業の中でも、ニューヨークは重要な役割を果たしている。初期のアバンギャルド映画である「マンハッタ」(1920年)は、ニューヨークで撮影された[91]。任天堂のマリオはこの街に住んでいた人物がモデルである。今日、ニューヨークはアメリカ合衆国の映画産業にとって規模第2の中心地である。2,000を超える芸術・文化団体や、500を超える大小のアート・ギャラリーがある[92]市政府の芸術に対する支出は、アメリカ政府の国家芸術基金の予算よりも多い[92]。19世紀の富裕な実業家によって、カーネギー・ホールメトロポリタン美術館といった重要な文化施設のネットワークが築かれた。電灯の出現により、手の込んだ劇場作品が生まれ、1880年代にはブロードウェイや42番ストリート沿いの劇場で「ブロードウェイ・ミュージカル」として知られることになる新しいステージが上演されるようになった。近年は、従来のミュージカルの範疇を超えたパフォーマンスアート、無言劇など、より実験的な舞台を小規模な劇場で公演するオフ・ブロードウェイが出現している。

移民の影響を強く受け、ハリガン・アンド・ハート、ジョージ・M・コーハンらの作品は、希望や野心といったテーマを多く取り入れた物語の歌を用いた。これらの作品は、現在、ニューヨークの演劇界の主力となっている。ニューヨークの39の大劇場(座席数が500超)を、タイムズスクエア劇場地区を通る大通りであるブロードウェイから取って、併せて「ブロードウェイ」と呼ぶ[93]。また、「メイン・ステム」「グレート・ホワイト・ウェイ」「リアルト」と呼ばれることもある。

リンカーン・センターは、アメリカ合衆国で最大の舞台芸術センターであり、ジャズ・アット・リンカーン・センターメトロポリタン歌劇場ニューヨーク・シティ・オペラ2013年10月1日、連邦倒産法適用申請発表)[94]ニューヨーク・フィルハーモニックニューヨーク・シティ・バレエ団、ビビアン・ボーモント劇場、ジュリアード音学院、アリス・タリー・ホールなどがその中に置かれている。「セントラル・パーク・サマーステージ」では、セントラル・パークで舞台や音楽の上演が無料で行われるほか、夏の間、5つの行政区すべてで、1,200ものコンサート、ダンス、劇場イベントが無料で行われる[95]

観光

タイムズスクエアは、「世界の十字路」との異名をとる[96]

ニューヨークには、毎年4,700万人の外国人・アメリカ人が訪れ、観光の重要性は高い[97]。有名な観光名所としては、エンパイア・ステート・ビルディングウォルドルフ=アストリアエリス島ブロードウェイ劇場メトロポリタン美術館を始めとする博物館・美術館などがあり、そのほかにもセントラル・パークワシントン・スクエア・パークロックフェラー・センタータイムズスクエアリトル・イタリーチャイナタウンブルックリン橋ブロンクス動物園コニーアイランドフラッシング・メドウズ・コロナ・パークニューヨーク植物園サークルラインでマンハッタン島一周、また5番街マディソン・アベニューでのリッチな買い物、さらにグリニッジ・ヴィレッジでのハロウィーン・パレード、メイシーズ・サンクスギヴィング・デイ・パレードセントパトリックス・デー・パレード、冬季のセントラル・パークでのアイス・スケートなどの季節のイベント、トライベッカ映画祭、セントラル・パーク・サマーステージでの無料公演といったイベントなど、観光客を引きつけるものは数多い。自由の女神像は、有名な観光スポットであると同時に、アメリカ合衆国でもっとも知られた像の一つである[98]。ジャクソン・ハイツ(クイーンズ区)、フラッシング(クイーンズ区)、ブライトン・ビーチなど、民族の集住地区には、東海岸の広い範囲から1世・2世の移民が買い物に訪れる。

2012年9月27日、マイケル・ブルームバーグ市長によりスタテン・アイランド北岸に、自由の女神像、ニューヨーク港、ロウアー・マンハッタンの地平線を一望できる世界一高い観覧車ニューヨーク・ホイールの建設が発表された[99][100]

2010年、ニューヨーク市には4,900万人の観光客が訪れ[101][102]、2011年には5,000万人を記録した[103][104]

食文化

ニューヨークの食文化は、移民の影響を受けていることと、人の数もきわめて多いことから、非常に多様である。東欧とイタリアの移民の手によって有名になったのが、ベーグルチーズケーキ、ニューヨーク風ピザである。市によって許可を受けた移動式食料品売りが約4,000店あり、その多くが移民の経営である。その中から現代ニューヨークにおけるストリート・フードの名脇役へとのし上がったのが中東料理である(主役は今でもホットドッグプレッツェルである)[105]。また、市内にはアメリカ国内でも屈指の高級料理店が並ぶ[106]。世界の国々の料理も充実しており、イタリア料理フランス料理スペイン料理ドイツ料理ロシア料理イギリス料理ギリシア料理モロッコ料理中華料理インド料理韓国料理日本料理、そしてアメリカ料理とさまざまである。

メディア

ニューヨーク都市交通局(MTA)の発達した交通網は、新聞の読者数を押し上げている[107]

ニューヨークは、世界のテレビ、広告、音楽、新聞、書籍産業にとっての中心地であるとともに、北アメリカの中で最大のメディア市場でもある(ロサンゼルスシカゴトロントがそれに続く)[108]

ニューヨークの複合メディア企業として、タイム・ワーナーニューズ・コーポレーションハースト・コーポレーションバイアコムなどがある。世界の10大広告代理店ネットワークのうち7つがニューヨークに本社を置いている[109]。また、音楽業界で「ビッグ・フォー」とされる4レコード・レーベルのうち3つはロサンゼルスとともにニューヨークに本拠を置いている。

アメリカの自主映画の3分の1がニューヨークで制作されている[110]。200を超える新聞と、350を超える消費者雑誌(業界誌以外の雑誌)が市内にオフィスを持っている[110]。市の出版業界は約2万,5000人を雇用している[111]

アメリカの全国的な3大日刊紙のうち、ウォールストリート・ジャーナルニューヨーク・タイムズがニューヨークの新聞である。市のおもなタブロイド紙としては、デイリーニューズや、アレクサンダー・ハミルトンによって1801年に創業されたニューヨーク・ポストがある。

そのほか、各民族集団向けの出版物もさかんであり、40以上の言語で270の新聞・雑誌が発行されている[112]。エル・ディアリオ・ラ・プレンサ(El Diario La Prensa)紙は、ニューヨーク最大の、そしてアメリカ国内最古のスペイン語日刊紙である[113]。ニューヨーク・アムステルダム・ニューズ紙は、ハーレムで刊行される、アフリカ系アメリカ人の主要紙である。ヴィレッジ・ヴォイス紙は、規模最大のオルタナティブ紙 (en) である。

テレビ産業はニューヨークで発展を遂げ、今や市経済の中で大きな雇用の担い手となっている。4大アメリカ放送ネットワークであるABCCBSFOXNBCは、いずれもニューヨークに本部を置いている。地域テレビ局としてNY1があり、地域密着型の番組・報道を特徴としている。

MTVFOXニュースHBOコメディ・セントラルなど、多数のケーブルテレビチャンネルも市に拠点を置いている。2005年、ニューヨーク市で収録されたテレビ・ショーは100を超えた[114]

また、ニューヨークは非商業メディアにとっても一大中心地である。アメリカ合衆国でもっとも歴史あるパブリック・アクセス・テレビのチャンネルは、1971年設立のマンハッタン・ネイバーフッド・ネットワークである[115]WNETは市の主要な公共放送局であり、全国の公共放送サービス(PBS)番組を供給する最大手局である。WNYC-AM/WNYC-FMは、1997年まで市が所有していた公共ラジオ局で、現在はニューヨーク・パブリック・ラジオ非営利組織)が所有しており、アメリカ合衆国で最大のリスナーを有する公共ラジオである[116]

ニューヨーク市は、公共放送サービスであるnyctvを運営しており、市内の音楽や文化を取り上げたいくつかのショーがエミー賞を受章している。

訛り

ニューヨーク地域には、「ニューヨーク・ダイアレクト」、あるいは「ブルックリニーズ」、「ニューヨーキーズ」と呼ばれる話し方の特徴がある。アメリカ英語の中でももっともはっきりした特徴がある訛りであると考えられている[117]。この訛りの原型は、中産階級から労働者階級のヨーロッパ系アメリカ人の発音がもとになっており、ここ数十年の非ヨーロッパ系移民の流入によって変化がもたらされた[118]

伝統的なニューヨークの訛りは、音節末尾や子音の前の/r/(国際発音記号(IPA)で[ɹ])を発音しない。その結果、"New York" は "New Yawk" のように発音する[118]。"park" はIPAで[pɔːk]、"butter" は[bʌɾə]、"here" は[hiə]となる。もうひとつの特徴はロー・バック・チェーン・シフトと呼ばれるもので、"talk"、"law"、"cross"、"coffee"などの母音[ɔ]を、またしばしば"core"、"more"の[ɔr]も緊張させて、一般アメリカ語よりも高く発音する。

もっとも古風で極端なニューヨーク訛りでは、"girl" のような単語や "oil" のような単語の母音がいずれも二重母音の[ɜɪ]となる。このため、ほかの話し手からは、"girl" が "goil"と、逆に "oil" が "erl" と発音されているように聞こえやすい。これがもとで、ニューヨーカーは "Jersey" を "Joizey" と、"33rd St." を "Toidy-Toid Street" と、"toilet" を "terlet" と発音しているように戯画化して描かれることが多い[118]。1970年代のシチュエーション・コメディ「オール・イン・ザ・ファミリー」のキャラクター、アーチー・バンカーはそのようなしゃべり方をする典型的な人物である。もっとも、そうした話し方は現在ではあまり一般的とはいえない[118]

スポーツ

ニューヨークは、北米4大プロスポーツリーグにそれぞれチームがある。

栄光の歴史を彩ってきたニューヨーク・ヤンキースの前本拠地、旧ヤンキー・スタジアム
ベースボール
ニューヨークのチーム同士でワールドシリーズチャンピオンが争われたシリーズが14回あり、サブウェイ・シリーズと呼ばれている。ニューヨークを含め、2つのメジャー野球チームを持つ都市圏は5つしかない(ほかはシカゴ、ワシントン=ボルチモア、ロサンゼルス、サンフランシスコ・ベイエリアである)。メジャーリーグベースボールに現在加わっているその2チームは、ニューヨーク・ヤンキースニューヨーク・メッツであり、両チームは毎レギュラー・シーズンに6回対戦する。ヤンキースは27回優勝しており、メッツは2回である。また、ニューヨーク・ジャイアンツ(現在のサンフランシスコ・ジャイアンツ)とブルックリン・ドジャース(現在のロサンゼルス・ドジャース)もニューヨークにあったが、両チームとも1958年にカリフォルニアへ移転した。マイナーリーグのチームとしては、スタテンアイランド・ヤンキースブルックリン・サイクロンズがある。
ヤンキー・スタジアムでの試合開始前の様子
ニューヨークは「ベースボールの街」と呼ばれるほど野球人気が高い都市である[119]。ニューヨーク、もしくはその近郊には米国4大プロスポーツのチームが多数本拠地を構えているが、その中でも古い歴史を持ち、ニューヨークの象徴のひとつとも言えるのがMLBニューヨーク・ヤンキース1901年創設、ア・リーグ東地区)である。また、現在ヤンキースの主将を務めるデレク・ジーターはニューヨークでもっとも人気のあるスポーツ選手の1人である[120]。MLB球団で最多となる27度のワールドシリーズ優勝という輝かしい歴史を持つヤンキースはMLBでもトップクラスの人気球団であり、同地区のボストン・レッドソックスとは激しいライバル関係にある。
旧ヤンキー・スタジアム内の永久欠番プレート
一方で、ヤンキースを応援しない野球ファンはニューヨーク・メッツ1962年創設、ナ・リーグ東地区)を応援する。一般にヤンキースよりも庶民派のファンが多いとされるメッツであるが[121]、伝統・人気・成績は名門球団ヤンキースに比べると見劣りし、地元メディアでの扱いも常にヤンキースの影に隠れた形である。本拠地の平均入場料金はヤンキース(ヤンキースタジアム)がMLBで断トツの73ドルなのに対し、メッツ(シティ・フィールド)は37ドル(全体4位)である[121]。ヤンキースには及ばないものの、MLB全体ではメッツの人気も平均以上であり、2009年の調査によれば、MLB30球団の人気ランキングではヤンキースが1位、メッツが11位となっている[122]インターリーグ(交流戦)でのヤンキースとメッツの対決は「サブウェイ・シリーズ」の名で呼ばれ、名物化している。
NFLニューヨーク・ジャイアンツ、ニューヨーク・ジェッツとMLSレッドブル・ニューヨークの3チームが本拠地とするジャイアンツ・スタジアム
アメリカンフットボール
ニューヨーク・ジェッツニューヨーク・ジャイアンツ(正式にはニューヨーク・フットボール・ジャイアンツ)がNFLに加わっている。ただし、両チームとも、ニュージャージー州メドウランズ・スタジアムを本拠としている。
2つ存在するNFLチームでは、ヤンキースファンはニューヨーク・ジャイアンツを、メッツファンはニューヨーク・ジェッツを応援する傾向にある。これは人気で遅れをとる、メッツ、ジェッツ、またかつてニューヨークを本拠地としたNBAのネッツが、意図して韻を踏んだことに始まるものである。球団間での提携も進んでおり、ジェッツのドラフト1位指名選手がデビュー前にメッツ戦で始球式を行うことが恒例化している。
アイスホッケー
NHLに所属するニューヨーク市のチームとしては、ニューヨーク・レンジャースがある。ニューヨーク都市圏内には、ニュージャージー・デビルスと、ロングアイランドニューヨーク・アイランダースという2つのNHLチームもある。北アメリカで、四大メジャープロスポーツリーグのうちひとつに3チームを擁する都市圏はほかにない。
サッカー
メジャーリーグサッカーにはニューヨーク・レッドブルズニューヨーク・シティFCが所属している。レッドブルズは、ニュージャージー州のレッドブル・アリーナも本拠としている。またNASLにはニューヨーク・コスモスが所属している。
バスケットボール
NBAにはニューヨーク・ニックスが、WNBAにはニューヨーク・リバティが所属している。ニューヨーク都市圏でいえば、ブルックリン州に本拠地を置くNBAのブルックリン・ネッツもある。アメリカ国内初の大学レベルのバスケットボール選手権大会であるナショナル・インビテーション・トーナメントは、1938年にニューヨークで開かれ、現在も市で行われている[123]ハーレムのラッカー・パークは、夏季リーグで多くのプロアスリートたちがプレーするバスケットコートである。
名門チームであるニックスの長期低迷もあってMLBやNFLと比べるとNBAの人気は高くないのが現状である[120]
クイーンズ区で行われるテニス全米オープンは、グランドスラム・テニストーナメントの4番目にして最後のイベントである
プロレスリング

1925年より、MSG(マディソン・スクエア・ガーデン)を中心に、WWEプロレスリングの興行を開催している。

その他
これらのスポーツ以外にも、ニューヨークではさまざまな大会が行われている。クイーンズではグランドスラムのひとつ、全米オープンが行われる。ニューヨークシティマラソンは世界最大のマラソン大会であり、2007年には完走者3万8,557人を数えたのを始めとして、2004年から2008年までのレースの完走者数は世界の史上記録1位から5位までを占めている[124]IAAFダイヤモンドリーグを構成するアディダスグランプリはニューヨークで行われる。ミルローズ・ゲームズは、毎年行われるトラックとフィールド競技の大会で、その有名なイベントはワナメーカー・マイルである。ボクシングもさかんで、毎年、マディソン・スクエア・ガーデンでアマチュア・ボクシング・ゴールデン・グラブズが開かれる。
ニューヨークシティマラソンは、世界最大のマラソン大会である
ニューヨークの移民コミュニティと結びついたスポーツも多い。スティックボールは、野球のストリート版であるが、1930年代にイタリア系、ドイツ系、アイルランド系の労働者階級の若者の間で流行した。スティックボールは今でもよく遊ばれており、ブロンクスのひとつの通りはスティックボール通りと改名された。最近では、南アジアやカリブ海域諸島からの移民の流入にともない、いくつかのアマチュアクリケットリーグもできている。ストリート・ホッケー、フットボール、野球もニューヨークの街中で遊ばれているのをよく見かけることができる。ニューヨークは、老若男女、多くの人がストリートスポーツを楽しんでいることから、「世界最大の都会の遊び場」とも呼ばれている[125]



  1. ^ Why is New York City known as “the BigApple” and “Gotham?””. Dictionary.com, LLC. 2011年2月4日閲覧。
  2. ^ Rank by Population of the 100 Largest Urban Places, Listed Alphabetically by State: 1790-1990”. U.S. Census Bureau (1998年6月15日). 2009年2月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k American FactFinder. U.S. Census Bureau. 2011年2月4日.
  4. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  5. ^ PROGRESS REPORT OneNYC 2017 The City of New York 2017年8月14日閲覧。
  6. ^ a b Global Cities 2016AT Kearney 2016年6月25日閲覧。
  7. ^ a b The Global Financial Centres Index 22 Z/Yen Group 2017年9月12日閲覧。
  8. ^ 明治期には「新ヨーク」との記載例もある。
  9. ^ a b NYC Profile (PDF)”. New York City Department of City Planning. 2008年5月22日閲覧。
  10. ^ a b Roberts, Sam (2008年5月22日). “It’s Still a Big City, Just Not Quite So Big”. The New York Times. 2008年5月22日閲覧。
  11. ^ 2000 Census: US Municipalities Over 50,000: Ranked by 2000 Density”. Demographia. 2008年9月1日閲覧。
  12. ^ a b Queens: Economic Development and the State of the Borough Economy (PDF)”. New York State Office of the State Comptroller (2006年6月). 2008年9月1日閲覧。
  13. ^ The Newest New Yorkers: 2000 (PDF)”. New York City Department of City Planning (2005年). 2008年9月1日閲覧。
  14. ^ [1] City nicknames
  15. ^ Nicknames for Manhattan
  16. ^ Irving's mocking Salmagundi Papers, 1807, noted by Edwin G. Burrows and Mike Wallace, Gotham: A History of New York to 1898 (Oxford) 1999:xii.
  17. ^ Shorto, Russell (2005). The Island at the Center of The World, 1st Edition. New York: Vintage Books. pp. 30. ISBN 1-4000-7867-9 
  18. ^ The Nine Capitals of the United States”. アメリカ合衆国上院. 2008年9月7日閲覧。
  19. ^ a b Toop, David (1992). Rap Attack 2: African Rap to Global Hip Hop. Serpents Tail. ISBN 1852422432 
  20. ^ Scaruffi, Piero. “A timeline of the USA”. 2008年9月1日閲覧。
  21. ^ JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月26日閲覧。
  22. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2017 森記念財団都市戦略研究所 2017年10月26日閲覧。
  23. ^ Quentin Fottrell (2014年8月22日). “米国人が不幸な5つの理由”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203403704580106752201910386 2014年8月23日閲覧。 
  24. ^ Measuring the cost of living worldwide The Economist 2017年3月21日
  25. ^ 世界の「ビリオネア最多都市」ランキング、NYが5年連続首位” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2019年5月4日). 2020年2月13日閲覧。
  26. ^ Rankin, Rebecca B., Cleveland Rodgers (1948). New York: the World's Capital City, Its Development and Contributions to Progress. Harper 
  27. ^ "Gotham Center for New York City History" Timeline 1500 - 1700
  28. ^ Value of the Guilder / Euro”. International Institute of Social History. 2008年8月19日閲覧。
  29. ^ Miller, Christopher L., George R. Hamell (September 1986). “A New Perspective on Indian-White Contact: Cultural Symbols and Colonial Trade”. The Journal of American History 73 (2): 311. doi:10.2307/1908224. http://links.jstor.org/sici?sici=0021-8723%28198609%2973%3A2%3C311%3AANPOIC%3E2.0.CO%3B2-A 2007年3月21日閲覧。. 
  30. ^ Homberger, Eric (2005). The Historical Atlas of New York City: A Visual Celebration of 400 Years of New York City's History. Owl Books. pp. 34. ISBN 0805078428 
  31. ^ "Gotham Center for New York City History" Timeline 1700-1800
  32. ^ Moore, Nathaniel Fish (1876). An Historical Sketch of Columbia College, in the City of New York, 1754-1876. Columbia College. pp. 8 
  33. ^ The People's Vote: President George Washington's First Inaugural Speech (1789)”. U.S. News and World Report. 2008年9月1日閲覧。
  34. ^ Bridges, William (1811). Map Of The City Of New York And Island Of Manhattan With Explanatory Remarks And References ; Lankevich (1998), pp. 67–68.
  35. ^ Mushkat, Jerome Mushkat (1990). Fernando Wood: A Political Biography. Kent State University Press. pp. 36. ISBN 087338413X 
  36. ^ African-Americans in New York City, 1626-1863 by Leslie M. Harris”. Department of History at Emory University (2001年). 2009年6月26日閲覧。
  37. ^ Cholera in Nineteenth Century New York”. VNY, City University of New York. 2009年6月26日閲覧。
  38. ^ Cook, Adrian (1974). The Armies of the Streets: The New York City Draft Riots of 1863. pp. 193–195 
  39. ^ The 100 Year Anniversary of the Consolidation of the 5 Boroughs into New York City”. New York City. 2007年6月29日閲覧。
  40. ^ Cornell University Library: Triangle Factory Fire”. Cornell University. 2008年9月1日閲覧。
  41. ^ New York Urbanized Area: Population & Density from 1800 (Provisional)”. www.demographia.com. 2009年6月26日閲覧。
  42. ^ Allen, Oliver E. (1993). “Chapter 9: The Decline”. The Tiger – The Rise and Fall of Tammany Hall. Addison-Wesley Publishing Company 
  43. ^ Burns, Ric (2003年8月22日). “The Center of the World - New York: A Documentary Film (Transcript)”. PBS. 2008年9月1日閲覧。
  44. ^ “2008 9/11 Death Toll”. Associated Press. (2008年7月). http://www.nysun.com/new-york/missing-doctor-added-to-list-of-9-11-victims/81626/ 2006年9月11日閲覧。 
  45. ^ “Report: WTC Faces Up To 3-Year Delay”. Associated Press via New York Post (New York). (2008年6月30日). オリジナルの2008年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080924194029/http://www.nypost.com/seven/06302008/news/regionalnews/report__wtc_faces_up_to_3_year_delay_117912.htm 2008年7月5日閲覧。 
  46. ^ ワシントンD.C.からの運転距離は367km、ボストンからの運転距離は349kmである。Google Maps
  47. ^ ニューヨーク州ハドソン渓谷:文化と自然 GoUSA”. Brand USA. 2009年9月3日閲覧。
  48. ^ Information about the Hudson River estuary”. 2009年6月30日閲覧。
  49. ^ Gillespie, Angus K. (1999). Twin Towers: The Life of New York City's World Trade Center. Rutgers University Press. pp. 71 
  50. ^ Lopate , Phillip (2004). Waterfront: A Walk Around Manhattan. Anchor Press. ISBN 0385497148 
  51. ^ Lundrigan, Margaret (2004). Staten Island: Isle of the Bay, NY. Arcadia Publishing. pp. 10. ISBN 0738524433 
  52. ^ Howard, David (2002). Outside Magazine's Urban Adventure New York City. W. W. Norton & Company. pp. 35. ISBN 0393322122 
  53. ^ a b c weatherbase: New York, New York”. weatherbase.com. 2009年6月28日閲覧。
  54. ^ NowData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2011年12月14日閲覧。
  55. ^ NOAA
  56. ^ a b Jervey, Ben (2006). The Big Green Apple: Your Guide to Eco-Friendly Living in New York City. Globe Pequot Press. ISBN 0762738359 
  57. ^ A Better Way to Go: Meeting America's 21st Century Transportation Challenges with Modern Public Transit (PDF)”. U.S. Public Interest Research Group (2008年3月). 2008年4月23日閲覧。
  58. ^ Owen, David (2004年10月18日). “Green Manhattan”. The New Yorker 
  59. ^ a b Inventory of New York City Greenhouse Gas Emissions (PDF)”. New York City Office of Long-term Planning and Sustainability (2007年4月). 2008年9月1日閲覧。
  60. ^ Global Warming and Greenhouse Gases”. PlaNYC/The City of New York (2006年12月6日). 2008年9月1日閲覧。
  61. ^ Coburn, Jason, Jeffrey Osleeb, Michael Porter (June 2006). “Urban Asthma and the Neighbourhood Environment in New York City”. Health & Place 12(2): pp. 167–179. doi:10.1016/j.healthplace.2004.11.002. PMID 16338632. 
  62. ^ DePalma, Anthony (2005年12月11日). “It Never Sleeps, but It's Learned to Douse the Lights”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/12/11/nyregion/11efficiency.html 2008年9月1日閲覧。 
  63. ^ A Century of Buses in New York City”. Metropolitan Transportation Authority. 2006年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。 See also “New York City's Yellow Cabs Go Green” (プレスリリース), Sierra Club, (2005年7月1日), http://www.sierraclub.org/pressroom/releases/pr2005-07-01a.asp 2008年9月1日閲覧。 
  64. ^ a b Pogrebin, Robin (2006年4月16日). “7 World Trade Center and Hearst Building: New York's Test Cases for Environmentally Aware Office Towers”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2006/04/16/arts/design/16gree.html 2008年9月1日閲覧。 
  65. ^ Current Reservoir Levels”. New York City Department of Environmental Protection. 2007年6月4日閲覧。
  66. ^ Lustgarten, Abrahm (2008年8月6日). “City's Drinking Water Feared Endangered; $10B Cost Seen”. The New York Sun. http://www.nysun.com/new-york/citys-drinking-water-feared-endangered-10b-cost/83288/ 2008年8月9日閲覧。 
  67. ^ High-rise Buildings of New York City”. Emporis.com. 2008年8月22日閲覧。
  68. ^ Emporis Skyline Ranking”. Emporis.com. 2008年6月16日閲覧。
  69. ^ Fischler, Raphael (1998). “The Metropolitan Dimension of Early Zoning: Revisiting the 1916 New York City Ordinance”. Journal of the American Planning Association 64(2). 
  70. ^ Favorites! 100 Experts Pick Their top 10 New York Towers”. The Skyscraper Museum (2006年1月22日). 2008年9月1日閲覧。
  71. ^ 木槽(木製水槽施行販売)”. 日本木槽木管株式会社. 2020年4月28日閲覧。
  72. ^ Plunz, Richar A. (1990). “Chapters 3 [Rich and Poor] & 4 [Beyond the Tenement]”. History of Housing in New York City: Dwelling Type and Change in the American Metropolis. Columbia University Press. ISBN 0231062974 
  73. ^ Lankevich (1998), pp. 82–83; Wilson, Rufus Rockwell (1902). New York: Old & New: Its Story, Streets, and Landmarks. J.B. Lippincott. p. 354 
  74. ^ B. Diamonstein–Spielvoegel, Barbaralee (2005). The Landmarks of New York. Monacelli Press. ISBN 1580931545  なお、Whyte, William H. (1939). The WPA Guide to New York City. New Press. ISBN 1565843215 
  75. ^ Elliot, Debbie (2006年12月2日). “Wondering About Water Towers”. National Public Radio. 2008年9月1日閲覧。
  76. ^ Hood, Clifton (2004). 722 Miles: The Building of the Subways and how They Transformed New York. Johns Hopkins University Press. pp. 175–177 
  77. ^ City Park Facts”. The Trust for Public Land, Center for City Park Excellence. 2008年9月1日閲覧。
  78. ^ Mayor Giuliani Announces Amount of Parkland in New York City has Passed 28,000-acre Mark”. New York City Mayor's Office (1999年2月3日). 2008年9月1日閲覧。
  79. ^ Beaches”. New York City Department of Parks & Recreation. 2008年9月1日閲覧。
  80. ^ General Information”. Prospect Park Alliance. 2008年9月1日閲覧。
  81. ^ Beth J. Harpaz, Travel Editor of The Associated Press (AP) (2008年6月30日). “Ladies and gentlemen, the Bronx is blooming!”. 2011年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月11日閲覧。
  82. ^ The Climax in a Tale of Green and Gritty - The High Line Opens Its Third and Final Phase New York Times 2014年9月19日
  83. ^ Per the County and City Data Book:2007 (U.S. Census Bureau), Table B-1, Area and Population, retrieved on July 12, 2008, New York County (Manhattan) was the nation's densest-populated county, followed by Kings County (Brooklyn), Bronx County, Queens County and San Francisco, California.
  84. ^ American Fact Finder (U.S. Census Bureau): New York by County - Table GCT-PH1. Population, Housing Units, Area, and Density: 2000 Data Set: Census 2000 Summary File 1 (SF 1) 100-Percent Data, retrieved on February 6, 2009
  85. ^ Immerso, Michael (2002). Coney Island: The People's Playground. Rutgers University Press. p. 3. ISBN 0813531381 
  86. ^ O'Donnell, Michelle (2006年7月4日). “In Queens, It's the Glorious 4th, and 6th, and 16th, and 25th...”. New York Times. http://www.nytimes.com/2006/07/04/nyregion/04fourth.html 2008年9月1日閲覧。 
  87. ^ Roberts, Sam (2006年1月10日). “Black Incomes Surpass Whites in Queens”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2006/10/01/nyregion/01census.html?ref=nyregion 2008年9月1日閲覧。 
  88. ^ Frazier, Ian (2006年6月26日). “Utopia, the Bronx”. The New Yorker. http://www.newyorker.com/archive/2006/06/26/060626fa_fact_frazier 2008年9月1日閲覧。 
  89. ^ Ward, Candace (2000). New York City Museum Guide. Dover Publications. p. 72. ISBN 0486410005 
  90. ^ “Speeches: Tom Christopher Exhibit Opening” (プレスリリース), Consulate General of the United States: Frankfurt, Germany, (2007年5月9日), オリジナルの2007年7月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070723115555/http://frankfurt.usconsulate.gov/frankfurt/speech05092007.html 2008年9月1日閲覧。 
  91. ^ Bruce Posner (2005年). Picturing a Metropolis: New York City Unveiled (DVD). Unseen Cinema. 
  92. ^ a b Creative New York (PDF)”. Center for an Urban Future (2005年12月). 2008年9月1日閲覧。
  93. ^ Welsh, Anne Marie (2004年6月6日). “2 plays + 9 nominations=good odds for locals”. San Diego Union-Tribune. オリジナルの2008年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081005110339/http://www.signonsandiego.com/news/features/20040606-9999-1a6tony.html 2008年9月1日閲覧。 
  94. ^ 2013年10月4日の中日新聞朝刊6面
  95. ^ Summerstage: Our Mission”. Summerstage.org. 2008年9月1日閲覧。
  96. ^ The Crossroads of the World”. PBS. 2008年1月30日閲覧。
  97. ^ NYC Statistics”. NYC & Company. 2008年9月1日閲覧。
  98. ^ Statue of Liberty”. New York Magazine. 2008年9月1日閲覧。
  99. ^ Jennifer Peltz; AP通信 (2012年9月28日). “NYC to get 'world's largest' Ferris wheel”. NBC. 2013年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月28日閲覧。
  100. ^ James Barron (2012年9月27日). “World's Tallest Ferris Wheel Planned for Staten Island”. The New York Times. http://cityroom.blogs.nytimes.com/2012/09/27/worlds-tallest-ferris-wheel-planned-for-staten-island/ 2012年9月28日閲覧。 
  101. ^ “New York City draws 48.7 million tourists in 2010”. © 2012 Cable News Network. Turner Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved. (2011年1月4日). http://articles.cnn.com/2011-01-04/travel/new.york.city.tourism_1_room-rates-hospitality-industry-job-data?_s=PM:TRAVEL 2012年1月22日閲覧。 
  102. ^ NYC The Official Guide nycgo.com – nyc statistics”. © 2006–2011 NYC & Company, Inc. All rights reserved. 2012年1月22日閲覧。
  103. ^ Patrick McGeehan (2011年12月20日). “As City Closes In on 50 Millionth Visitor, British Couple to Be Feted”. © 2011 The New York Times Company. http://cityroom.blogs.nytimes.com/2011/12/20/as-city-closes-in-on-50-millionth-visitor-british-couple-to-be-feted/?scp=1&sq=tourists&st=Search 2012年1月22日閲覧。 
  104. ^ NYC reaches goal of 50 million tourists”. © 2011 North Jersey Media Group (2011年12月20日). 2012年1月22日閲覧。
  105. ^ Bleyer, Jennifer (2006年5月14日). “Kebabs on the Night Shift”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2006/05/14/nyregion/thecity/14vend.html 2008年9月1日閲覧。 
  106. ^ Collins, Glenn (2005年11月3日). “Michelin Takes on the City, Giving Some a Bad Taste”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C03E0D9163EF930A35752C1A9639C8B63 2006年7月19日閲覧。 
  107. ^ Ivry, Sara (2005年12月26日). “Since Riders had no Subways, Commuter Papers Struggled, Too”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/12/26/business/media/26commute.html 2008年9月1日閲覧。 
  108. ^ “Tampa Bay 12th largest media market now” (プレスリリース), Tampa Bay Partnership, (2006年8月26日), オリジナルの2008年9月28日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080928205103/http://www.tampabay.org/press.asp?rls_id=991& 2008年9月1日閲覧。 
  109. ^ Top 10 Consolidated Agency Networks: Ranked by 2006 Worldwide Network Revenue”. Advertising Age (2007年4月25日). 2007年6月8日閲覧。
  110. ^ a b Request for Expressions of Interest (PDF)”. The Governors Island Preservation & Education Corporation (2005年). 2008年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。
  111. ^ Media and Entertainment”. New York City Economic Development Corporation. 2008年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。
  112. ^ “Ethnic Press Booms In New York City”. Editor & Publisher. (2002年7月10日). http://www.editorandpublisher.com/eandp/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1538594 2008年9月1日閲覧。 
  113. ^ el diario/La Prensa: The Nation's Oldest Spanish-Language Daily”. New America Media (2005年7月27日). 2008年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。
  114. ^ “2005 is banner year for production in New York” (プレスリリース), The City of New York Mayor's Office of Film, Theater and Broadcasting, (2005年12月28日), http://www.nyc.gov/html/film/html/news/010106_2005_banner_year.shtml 2008年9月1日閲覧。 
  115. ^ Community Celebrates Public Access TV's 35th Anniversary”. Manhattan Neighborhood Network (2006年8月6日). 2010年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月28日閲覧。
  116. ^ Top 30 Public Radio Subscribers: Spring 2006 Arbitron (PDF)”. Radio Research Consortium (2006年8月28日). 2008年9月1日閲覧。
  117. ^ Newman, Michael (2005) "New York Talk" in American Voices Walt Wolfram and Ben Ward (eds). p.82–87 Blackwell ISBN 1-4051-2109-2
  118. ^ a b c d Sontag, Deborah (1993年2月14日). “"Oy Gevalt! New Yawkese An Endangered Dialect?"”. The New York Times. 2007年7月8日閲覧。
  119. ^ 宇佐見 陽「野球(ベースボール)の街ニューヨーク」(平凡社新書)
  120. ^ a b Poll says Red Sox more popular statewide than lowly Knicks New York Daily News(英語)、2009年8月18日閲覧
  121. ^ a b 杉浦大介 「NY新旧への誘い ヤンキー・スタジアム&シティ・フィールド徹底ガイド」 『月刊スラッガー』2009年9月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-9、12頁。
  122. ^ New York Yankees Are the Favorite Baseball Team For Seventh Year in a Row The Harris Poll(英語), 2009年8月19日閲覧
  123. ^ Postseason Overview”. National Invitation Tournament. 2008年9月1日閲覧。
  124. ^ World's Largest Marathons”. Association of International Marathons and Road Races (AIMS). 2009年11月8日閲覧。
  125. ^ Sas, Adrian (Producer) (2006年). It's my Park: Cricket (TV-Series). New York City: New York City Department of Parks & Recreation.. オリジナルの2009年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090927214100/http://www.nycgovparks.org/sub_newsroom/video/index.html?key=16 
  126. ^ The City of New York Monthly Report of Current Economic Conditions
  127. ^ 平成20年度都民経済計算 報告書
  128. ^ Cities Rank Among the Top 100 Economic Powers in the World Chicago Council on Global Affairs 2016年10月28日閲覧。
  129. ^ World's Most Economically Powerful Cities”. Forbes. 2008年9月12日閲覧。
  130. ^ The 150 richest cities in the world by GDP in 2005” (2007年3月11日). 2007年7月3日閲覧。ただし台北が含まれていない。
  131. ^ London ranked as world's six largest economy”. ITWeek. 2008年8月4日閲覧。
  132. ^ London vs. New York, 2005–06 (PDF)”. Cinco Dias. 2008年3月11日閲覧。
  133. ^ London may have the IPOs...”. Marketwatch. 2009年8月30日閲覧。
  134. ^ Is New York Still the Financial Capital of the World?”. New York Times. 2009年8月30日閲覧。
  135. ^ Global 500
  136. ^ Wylde, Kathryn (2006年1月23日). “Keeping the Economy Growing”. Gotham Gazette. http://www.gothamgazette.com/article/fea/20060123/202/1727 2008年9月1日閲覧。 
  137. ^ Quirk, James (2007年6月5日). “"Bergen offices have plenty of space"”. 2007年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月5日閲覧。,
  138. ^ Four Percent of Manhattan's Total Office Space Was Destroyed in the World Trade Center Attack”. Allbusiness (2001年9月25日). 2008年8月5日閲覧。
  139. ^ Electronic Finance: Reshaping the Financial Landscape Around the World (PDF)”. The World Bank (2000年9月). 2008年9月1日閲覧。
  140. ^ Orr, James and Giorgio Topa (Volume 12, Number 1, January 2006). “Challenges Facing the New York Metropolitan Area Economy (PDF)”. Current Issues in Economics and Finance - Second District Highlights. New York Federal Reserve. 2008年9月1日閲覧。
  141. ^ a b Tentative Assessment Roll: Fiscal Year 2008 (PDF)”. New York City Department of Finance (2007年1月15日). 2008年9月1日閲覧。
  142. ^ NYC Film Statistics”. Mayor's Office of Film, Theatre, and Broadcasting. 2008年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。
  143. ^ Currid, Elizabeth (2006). “New York as a Global Creative Hub: A Competitive Analysis of Four Theories on World Cities”. Economic Development Quarterly 20(4): 330–350. doi:10.1177/0891242406292708. 
  144. ^ Telecommunications and Economic Development in New York City: A Plan for Action (PDF)”. New York City Economic Development Corporation (2005年3月). 2008年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月19日閲覧。
  145. ^ Protecting and Growing New York City's Industrial Job Base (PDF)”. The Mayor's Office for Industrial and Manufacturing Business (2005年1月). 2008年9月1日閲覧。
  146. ^ a b More Than a Link in the Food Chain (PDF)”. The Mayor's Office for Industrial and Manufacturing Business (2007年2月). 2008年9月1日閲覧。
  147. ^ About the Council”. New York City Council. 2007年6月6日閲覧。
  148. ^ Statement and Return Report for Certification: General Election 2005 (PDF)”. New York City Board of Elections (2005年11月8日). 2008年9月1日閲覧。
  149. ^ About Mike Bloomberg”. The Official Site of Mike Bloomberg. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。
  150. ^ Mayors Against Illegal Guns: Coalition History”. Mayor Against Illegal Guns. 2009年11月9日閲覧。
  151. ^ NYSVoter Enrollment by County, Party Affiliation and Status”. New York State Board of Elections (2008年11月). 2009年2月8日閲覧。
  152. ^ 2006 Election Overview: Top Zip Codes”. Opensecrets.org. 2008年9月1日閲覧。
  153. ^ A Fair Share of State Budget: Does Albany Play Fair with NYC?”. New York City Finance Division (2005年3月11日). 2008年9月1日閲覧。
  154. ^ Lardner, James, and Thomas Reppetto (2000). NYPD: A City and Its Police. Owl Books. pp. 18–21 
  155. ^ “Don't tell New York, but crime is going up”. (2002年12月15日). http://www.lib.jjay.cuny.edu/len/2002/12.31/page5.html 2009年12月27日閲覧。 
  156. ^ Langan, Patrick A.; Matthew R. Durose (2004年10月21日). “The Remarkable Drop in Crime in New York City”. Istituto Nazionale di Statistica. 2009年2月8日閲覧。
  157. ^ Fewer Killings in 2007, but Still Felt in City’s Streets”. The New York Times (2008年1月1日). 2009年6月21日閲覧。
  158. ^ NYPD. “Citywide Seven Major Felony Offenses 2000‐2016”. 2017年4月30日閲覧。
  159. ^ ニューヨーク市の治安について”. 在ニューヨーク日本国総領事館. 2020年5月14日閲覧。
  160. ^ “ニューヨーク市、2019年の犯罪件数は過去最小に。殺人と憎悪犯罪は増加” (日本語). mashup NY 編集部. (2020年1月7日). https://www.mashupreporter.com/nyc-crime-rates-2019/ 2020年5月14日閲覧。 
  161. ^ a b TOTAL NYPD FIREARMS DISCHARGE INCIDENTS 1971-2010(pdf)
  162. ^ NYPD. “Annual Firearms Discharge Report 2015 Figure 46 Total Shooting Incidents involving Officers, 1971-2015”. 2017年4月30日閲覧。
  163. ^ NYPD. “Annual Firearms Discharge Report 2015 Figure 2 Historical Snapshot, 2005-2015”. 2017年4月30日閲覧。
  164. ^ ニューヨーク市警広報
  165. ^ Johnson, Bruce D., Andrew Golub, Eloise Dunlap (2006). “The Rise and Decline of Hard Drugs, Drug Markets, and Violence in Inner-City New York”. In Blumstein, Alfred, Joel Wallman. The Crime Drop in America. Cambridge University Press. ISBN 0521862795 ; Karmen, Andrew (2000). New York Murder Mystery: The True Story Behind the Crime Crash of the 1990s. NYU Press. ISBN 0814747175 
  166. ^ NY市長、警察部門の予算10億ドル削減を約束 - Mashup NY
  167. ^ Gun Violence Spikes in N.Y.C., Intensifying Debate Over Policing” (2020年6月23日). 2020年12月2日閲覧。
  168. ^ School Enrollment by Level of School and Type of School for Population 3 Years and Over (MS Excel)”. New York City Department of City Planning (2000年). 2008年9月1日閲覧。
  169. ^ Private School Universe Survey”. National Center for Education Statistics. 2008年9月1日閲覧。
  170. ^ (PDF) New York in Focus: A Profile from Census 2000. Brookings Institution. (November 2003). オリジナルの2006年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061121164151/http://www.brookings.edu/es/urban/livingcities/newyork2.pdf 2008年9月1日閲覧。. 
  171. ^ McGeehan, Patrick (2006年8月16日). “New York Area Is a Magnet For Graduates”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9404E7DE143EF935A2575BC0A9609C8B63 2007年3月27日閲覧。 
  172. ^ “Mayor Michael R. Bloomberg and Economic Development Corporation President Andrew M. Alper Unveil Plans to Develop Commercial Bioscience Center in Manhattan” (プレスリリース), New York City Economic Development Corporation, (2004年11月18日), http://home2.nyc.gov/portal/site/nycgov/menuitem.c0935b9a57bb4ef3daf2f1c701c789a0/index.jsp?pageID=mayor_press_release&catID=1194&doc_name=http%3A%2F%2Fhome2.nyc.gov%2Fhtml%2Fom%2Fhtml%2F2004b%2Fpr310-04.html&cc=unused1978&rc=1194&ndi=1 2008年9月1日閲覧。 
  173. ^ NIH Domestic Institutions Awards Ranked by City, Fiscal Year 2003”. National Institutes of Health (2003年). 2009年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月26日閲覧。
  174. ^ a b Nation's Largest Libraries”. LibrarySpot. 2008年9月1日閲覧。
  175. ^ Les Christie (2007年6月29日). “New Yorkers are Top Transit Users”. CNNMoney.com. Cable News Network. 2008年1月2日閲覧。
  176. ^ a b c The MTA Network: Public Transportation for the New York Region”. Metropolitan Transportation Authority. 2008年9月1日閲覧。
  177. ^ Pisarski, Alan (2006年10月16日). “Commuting in America III: Commuting Facts (PDF)”. Transportation Research Board. 2008年9月1日閲覧。
  178. ^ NHTS 2001 Highlights Report, BTS03-05 (PDF)”. U.S. Department of Transportation, Bureau of Transportation Statistics (2001年). 2008年9月1日閲覧。
  179. ^ New York Has Longest Commute to Work in Nation, American Community Survey Finds” (2004年12月). 2008年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月15日閲覧。
  180. ^ About the MTA Long Island Rail Road”. Metropolitan Transportation Authority. 2008年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。
  181. ^ Facts and Figures: Buses”. Metropolitan Transportation Authority. 2010年2月3日閲覧。
  182. ^ “Architect Chosen for Planned Office Tower Above Port Authority Bus Terminal's North Wing” (プレスリリース), Port Authority of New York and New Jersey, (2008年11月17日), http://www.panynj.gov/AboutthePortAuthority/PressCenter/PressReleases/PressRelease/index.php?id=1154 2009年5月17日閲覧。 
  183. ^ U.S. International Travel and Transportation Trends, BTS02-03”. U.S. Department of Transportation, Bureau of Transportation Statistics (2002年). 2008年9月1日閲覧。
  184. ^ 2005 Annual Airport Traffic Report (PDF)”. The Port Authority of New York and New Jersey (2006年11月2日). 2007年2月18日閲覧。
  185. ^ “Port Authority Leads Nation in Record-Setting Year for Travel Abroad” (プレスリリース), The Port Authority of New York and New Jersey, (2005年8月29日), http://www.panynj.gov/AboutthePortAuthority/PressCenter/PressReleases/PressRelease/index.php?id=724 2007年2月18日閲覧。 
  186. ^ Schaller, Bruce (2006年6月). “Biking It”. Gotham Gazette. http://www.gothamgazette.com/article/transportation/20060718/16/1910/ 2008年9月1日閲覧。 
  187. ^ 2001 National Household Travel Survey: Summary of Travel Trends (PDF)”. U.S. Department of Transportation (2004年12月). 2008年9月1日閲覧。
  188. ^ George Washington Bridge turns 75 years old: Huge flag, cake part of celebration”. Times Herald-Record (2006年10月24日). 2010年2月3日閲覧。
  189. ^ Verrazano-Narrows Bridge”. Nycroads.com. 2008年9月1日閲覧。
  190. ^ Holland Tunnel (PDF)”. National Park Service (1993年11月4日). 2008年9月1日閲覧。
  191. ^ The State of the NYC Taxi (PDF)”. New York City Taxi and Limousine Commission (2006年3月9日). 2008年9月1日閲覧。
  192. ^ New York City Population Projections by Age/Sex and Borough, 2000-2030 (PDF)”. New York City Department of City Planning (2006年12月). 2008年9月1日閲覧。 なお、Roberts, Sam (2006年2月19日). “By 2025, Planners See a Million New Stories in the Crowded City”. New York Times. http://www.nytimes.com/2006/02/19/nyregion/19population.html?ex=1298005200&en=c586d38abbd16541&ei=5090&partner=rssuserland&emc=rss 2008年9月1日閲覧。 
  193. ^ United States – Places and (in selected states) County Subdivisions with 50,000 or More Population; and for Puerto Rico”. United States Census Bureau. 2007年6月12日閲覧。
  194. ^ Population Density”. Geographic Information Systems - GIS of Interest.. 2007年5月17日閲覧。
  195. ^ a b Census 2000 Data for the State of New York”. U.S. Census Bureau. 2008年9月1日閲覧。
  196. ^ New York city, New York - Selected Social Characteristics: 2005-2007”. American FactFinder. United States Census Bureau. 2009年7月3日閲覧。
  197. ^ The Newest New Yorkers, 2000”. New York City Department of City Planning (2004年). 2008年5月27日閲覧。
  198. ^ 日本人が知らない米国「聖域都市」の謎な実態”. 東洋経済オンライン (20174-03-17). 2019年4月13日閲覧。
  199. ^ Jewish Community Study of New York (PDF)”. United Jewish Appeal-Federation of New York (2002年). 2007年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。
  200. ^ Census Proファイル:New York City's Indian American Population (PDF)”. Asian American Federation of New York (2004年). 2008年9月1日閲覧。
  201. ^ NYC2005 — Results from the 2005 American Community Survey : Socioeconomic Characteristics by Race/Hispanic Origin and Ancestry Group (PDF)”. New York City Department of City Planning (2005年). 2008年9月1日閲覧。
  202. ^ Archive of the Mayor's Press Office, Mayor Giuliani Proclaims Puerto Rican Week in New York City, 1998-06-09.
  203. ^ Moore LT, McEvoy B, Cape E, Simms K, Bradley DG (February 2006). “A Y-Chromosome Signature of Hegemony in Gaelic Ireland” (PDF). The American Journal of Human Genetics 78 (2): 334–338. doi:10.1086/500055. PMID 16358217. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=1380239 2007年6月7日閲覧。.  See also: Wade, Nicholas (2006年1月18日). “If Irish Claim Nobility, Science May Approve”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2006/01/18/science/18irish.html?ex=1149652800&en=2336ca46c937614b&ei=5070 2008年9月1日閲覧。 
  204. ^ New York city, New York - Fact Sheet”. American FactFinder. United States Census Bureau. 2009年7月3日閲覧。
  205. ^ American FactFinder, United States Census Bureau. “New York city, New York - ACS Demographic and Housing Estimates: 2005-2007”. American FactFinder. United States Census Bureau. 2009年7月3日閲覧。
  206. ^ Roberts, Sam (2005年4月9日). “In Manhattan, Poor Make 2 Cents for Each Dollar to the Rich”. The New York Times. http://www.fiscalpolicy.org/SamRoberts4Sep05.htm 2008年9月1日閲覧。 
  207. ^ Average Weekly Wage in Manhattan at $1,453 in Second Quarter 2006 (PDF)”. Bureau of Labor Statistics, U.S. Department of Labor (2007年2月20日). 2008年9月1日閲覧。
  208. ^ Roberts, Sam (2007年3月27日). “In Surge in Manhattan Toddlers, Rich White Families Lead Way”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/03/23/nyregion/23kid.html 2008年9月1日閲覧。 
  209. ^ How to find a cheap apartment in New York City Archived 2012年1月19日, at the Wayback Machine.; Housing Vacancy Survey
  210. ^ Greene and Harrington. "American Population Before the Federal Census of 1790". 1932年. cited by Ira Rosenwaike, in "Population History of New York City". Syracuse, N.Y.: Syracuse University Press. 1972年. ISBN 0815621558
  211. ^ Gibson, Campbell. Population of the 100 Largest Cities and Other Urban Places in the United States: 1790 to 1990. U.S. Census Bureau. 2005年.
  212. ^ New York City Global Partners”. New York City. 2010年2月3日閲覧。
  213. ^ Barry Turner (ed.) (2002). The Statesman's Yearbook 2003. Palgrave Macmillan. ISBN 0-333-98096-4 







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ニューヨーク」に関係したコラム

  • MT4でFXやCFDの世界の取引時間を表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でFXやCFDなどのチャートを表示する場合、時間表示は欧州時間になります。しかし、FXやCFDではほぼ24時間の取引になるため、欧州時間以外にもアジア時間やニューヨ...

  • 株365の取引時間は

    株365の取引時間は、銘柄により異なります。日経平均株価(日経225)を基準にした日経225証拠金取引(NKY/JPY)の取引時間はほぼ24時間です。他の銘柄についてはさまざまで、ニューヨークのサマー...

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • CFDのココア取引とは

    ココアは、カカオ豆から作られる食品です。チョコレートもカカオ豆から作られます。カカオの生産は、赤道の南緯20度、および、北緯20度以内の高温多湿な地域で栽培されます。カカオの主な生産地域は西アフリカや...

  • CFDの砂糖取引とは

    砂糖の先物取引は、ニューヨーク市場やロンドン市場、東京市場などで行われています。そしてCFDの砂糖価格は、ニューヨーク市場での砂糖の価格に連動して推移します。砂糖の価格変動要因には、粗糖生産国の気象、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニューヨーク」の関連用語

ニューヨークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニューヨークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューヨーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS