シリア 概要

シリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/03 10:08 UTC 版)

概要

東西交通の十字路に当たるため、古代からヒッタイトアケメネス朝マケドニアなどの支配を受けた。7世紀に興ったウマイヤ朝ダマスカスに都を置くと、イスラム文化の中心地として栄えたが(661-750年)、続くアッバース朝が都をバクダッドに移すと、その役割は薄れた。16世紀以降はオスマン帝国の領土となる。20世紀初頭にフランスの植民地になり、1946年に独立した[5]

1963年社会主義路線のバアス党が政権を奪い、1970年に同党の軍部クーデターによりハフェズ・アサドが政権を掌握し、軍と秘密警察を後ろ盾としたバアス党独裁体制が築かれた[5]2000年の死去後もその独裁体制は息子 バシャール・アサドに引き継がれ、現在に至っている[5]。近年は強権的支配への反発が強まっており、アラブの春により2011年にシリア内戦が発生した[6]。内戦はアメリカ合衆国ロシアなどの外国勢力も参加したことで悪化し、多くのシリア難民を生んだ。

半世紀にわたって独裁体制を維持できているのは、汎イスラム主義と他信仰に寛容な世俗主義という相反するイズムの使い分けによるとされる[5]。ただし、政権批判や反政府活動に対しては容赦ない弾圧を加えており[5]、英国のエコノミスト誌傘下の研究所エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによる民主主義指数は、下から4番目の世界164位で「独裁政治体制」に分類されている(2019年度)[7]国境なき記者団による世界報道自由度ランキングも下から7番目の174位と下位で最も深刻な国の一つに分類されている(2020年度)[8]

外交は反イスラエル・反米路線が顕著であり、イスラエルと数度にわたって戦争を行ない(中東戦争)、1967年第三次中東戦争の結果、南西国境地帯のゴラン高原を占領されている[9]。イスラエルに対抗してレバノンで活動するシーア派原理組織「ヒズボラへの支援を行っている[5]。このことからアメリカ合衆国からはテロ支援国家に指定されている[10]。1990年代には和平交渉が断続的に行われたが、2000年3月に暗礁に乗り上げた[11]

経済面では、国の歳入は、東部で産出される石油が1位だが、産出量・埋蔵量とも少ないため、枯渇が深刻化している。ただし、綿花、小麦、オリーブ栽培といった農業の他、繊維、食品加工、セメントなどの工業も見られ、中東諸国に顕著な石油依存のモノカルチャー経済というわけではない[5]

面積は約18万5000平方キロメートル。人口は約2000万人で、9割をシリア系アラブ人が占める。イラン語系のクルド人や印欧語系のアルメニア人他も存在する多民族国家である。公用語はアラビア語。アラブ系国民の9割近くをイスラム教スンニ派が占めているが、現大統領アサドはアラウィー派(シーア派の一派)である。アルメニア使徒教会コプト正教会など東方教会系のキリスト教徒も1割ほどいる[5]


注釈

出典

  1. ^ Syria” (英語). ザ・ワールド・ファクトブック. 2022年8月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database, October 2015”. IMF (2015年10月). 2016年2月17日閲覧。
  3. ^ Syria and Jordan Ditch DST Clock Changes. timeanddate.com、2022年10月9日閲覧。
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2019年10月29日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 知恵蔵 シリア
  6. ^ 百科事典マイペディア シリア
  7. ^ EIU Democracy Index - World Democracy Report
  8. ^ 朝日新聞 テロ支援国家
  9. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 シリア
  10. ^ “World Press Freedom Index
  11. ^ a b [9]シリア”. 外務省. 2022年11月3日閲覧。
  12. ^ 1961年(昭和36年)12月7日外務省告示第210号「シリア・アラブ共和国承認の件」(承認日は1961年10月17日)
  13. ^ 牧英夫編著 『世界地名の語源』 自由国民社 1980年12月20日発行 12ページ
  14. ^ Report of the Commission Entrusted by the Council with the Study of the Frontier between Syria and Iraq”. World Digital Library (1932年). 2013年7月8日閲覧。
  15. ^ “ロシア、シリア空爆開始…「対テロ」で政権支援”. 読売新聞. (2015年10月1日). https://web.archive.org/web/20150930221550/http://www.yomiuri.co.jp/world/20150930-OYT1T50151.html 2015年10月11日閲覧。 
  16. ^ “シリア難民、400万人を突破”. 国際連合難民高等弁務官事務所. (2015年7月9日). http://www.unhcr.or.jp/html/2015/07/pr-150709.html 2015年9月5日閲覧。 
  17. ^ “シリア反体制派、撤退開始か 首都近郊陥落へ”. 日本経済新聞. (2018年4月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28904820S8A400C1FF1000/ 2018年4月14日閲覧。 
  18. ^ “アラブ連盟外相会合でシリアの復帰が決定”. ジェトロ. (2018年4月2日). https://www.jetro.go.jp/biznews/2023/05/1c753812c7e1c9b5.html 2023年10月31日閲覧。 
  19. ^ 何のために米国はシリア北部で軍事基地を建設? 専門家の見解スプートニク通信2017年08月04日配信記事)
  20. ^ シリア大統領、「穏健」反体制派というのは作り話(スプートニク通信2016年10月07日配信記事)
  21. ^ Zvi Barel. (8 February 2012). Assad takes a page out of Russia's book in his war against rebels Haaretz. Retrieved 9 February 2014.
  22. ^ Anniversary of Establishing Syrian-Cuban Diplomatic Relations Celebrated”. Syria Times (2016年8月15日). 2017年2月1日閲覧。
  23. ^ Presidential Affairs Minister Offers Condolences to Cuban President over Passing of Fidel Castro”. Syria Times (2016年11月30日). 2017年2月1日閲覧。
  24. ^ Presidents Assad and Maduro Phone Call”. Syria Times (2017年1月30日). 2017年2月1日閲覧。
  25. ^ Letter from President Bashar Assad to Nicaraguan President Daniel Ortega SYRIA 360°. 25 November 2012. Retrieved 1 February 2017.
  26. ^ Brazil.. Dialogue is Only Way out of the Crisis in Syria”. Syrian TV (2013年4月6日). 2015年7月1日閲覧。
  27. ^ الوكالة العربية السورية للأنباء - Syrian Arab News Agency”. Sana.sy. 2014年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月21日閲覧。
  28. ^ India forming international will to combat terrorism imperative”. Syria Times (2013年11月22日). 2014年2月9日閲覧。
  29. ^ Syrian TV - India stresses need for international will against terrorism”. Syrian TV -India stresses need for international will against terrorism. 2015年2月21日閲覧。
  30. ^ Ahead with Efforts to Combat Terrorism and for a Political Solution to Crisis”. Syria Times (2016年1月12日). 2016年1月12日閲覧。
  31. ^ Al-Moallem briefs the visiting South African delegation on escalating terror threats and countries’ involvement | Syrian Arab News Agency”. Sana.sy (2015年6月25日). 2015年10月9日閲覧。
  32. ^ President al-Assad warns of the "international problem" of terrorism, refers to BRICS role to unify anti-terror efforts | Syrian Arab News Agency”. Sana.sy (2015年6月27日). 2015年10月9日閲覧。
  33. ^ Tanzania Supports Syria in Fighting Terrorism”. Syrian TV (2013年4月29日). 2015年10月17日閲覧。
  34. ^ President al-Assad Sends Letter to President of Pakistan Delivered by Mikdad”. Syrian TV (2013年4月29日). 2015年10月17日閲覧。
  35. ^ Armenian President: Syria will defeat terrorism | Syrian Arab News Agency”. Sana.sy (2015年4月23日). 2015年10月9日閲覧。
  36. ^ a b c d Representatives of seven countries to supervise Syria elections”. Irna.ir. 2015年2月21日閲覧。
  37. ^ Syria, Indonesia discuss mechanisms to develop parliamentary relations”. Syria Times (2017年7月27日). 2017年7月27日閲覧。
  38. ^ "True Friends of Syria" condemn terrorism in the Arab nation - laInfo.es”. Lainfo.es. 2015年2月21日閲覧。
  39. ^ Syria, Algeria Stress Unified Stance on Need to Combat Terrorism”. Syria Times (2016年3月29日). 2016年3月29日閲覧。
  40. ^ PressTV-Syria embassy in Kuwait resumes services”. Presstv.ir. 2015年2月21日閲覧。
  41. ^ Syria approves credentials of new Sudanese ambassador”. SUDAN TRIBUNE. 2017年9月18日閲覧。
  42. ^ Omani Embassy in Damascus Celebrates National-Day”. Syria Times (2014年11月20日). 2014年11月21日閲覧。
  43. ^ Syrian and Omani FMs agree it’s time for concerted efforts to end crisis in Syria”. SANA (2015年8月6日). 2015年8月8日閲覧。
  44. ^ Elimination of terrorism contributes to success of a political track”. Syria Times (2015年10月26日). 2015年10月26日閲覧。
  45. ^ 在シリア日本国大使館外務省
  46. ^ イスラエルがまたもやシリアを爆撃:ウクライナ侵攻の論理によって正当化される国際法違反(青山弘之) - 個人”. Yahoo!ニュース. 2022年11月3日閲覧。
  47. ^ シリア、イスラエルの空爆で民間人2人が負傷”. Arab News. 2022年11月3日閲覧。
  48. ^ “イスラエルがシリア首都空爆、2人死亡=国営メディア”. Reuters. (2022年3月7日). https://jp.reuters.com/article/syria-security-israel-idJPKBN2L40BV 2022年11月3日閲覧。 
  49. ^ http://syriaarabspring.info/?p=30190
  50. ^ http://syriaarabspring.info/?p=11184
  51. ^ http://www.guardian.co.uk/uslatest/story/0,,-7946319,00.html
  52. ^ http://www.jamestown.org/fileadmin/JamestownContent/TM_007_3.pdf
  53. ^ http://www.al-monitor.com/pulse/politics/2015/11/baath-party-iraq-amendments-shiites.html
  54. ^ “シリアへ接近、動いたエルドアン氏 仲介はロシア 中東で交錯の思惑”. 朝日新聞. (2018年4月2日). https://www.asahi.com/articles/ASR1B664GR19UHBI01T.html 2023年10月31日閲覧。 
  55. ^ 安蒜泰助『今のロシアがわかる本』三笠書房 知的生きかた文庫、2008年4月10日発行(147ページ) ISBN 978-4-8379-7668-4
  56. ^ “シリアに化学兵器禁止条約参加を要請 ロシアのラブロフ外相”. ハフィントン・ポスト. (2013年9月10日). https://www.huffingtonpost.jp/2013/09/09/russia_n_3896103.html 2013年11月3日閲覧。 
  57. ^ “シリア、化学兵器引渡しは軍事介入撤回後に─アサド大統領=通信”. Reuters. (2013年9月12日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE98B01P20130912 2013年11月3日閲覧。 
  58. ^ “China 'to provide aid, enhance military training' in Syria – top”. ロシア・トゥデイ. (2016年8月16日). https://www.rt.com/news/356161-china-syria-military-training/ 2017年12月23日閲覧。 
  59. ^ “China's Syria Agenda”. The Diplomat. (2016年9月22日). https://thediplomat.com/2016/09/chinas-syria-agenda/ 2017年12月23日閲覧。 
  60. ^ “HOW CHINA SOLD SYRIA NUKE-CAPABLE MISSILES”. WND. (1998年10月19日). https://www.wnd.com/1998/10/3372/ 2018年10月16日閲覧。 
  61. ^ “SRR-1”. NTI. (2012年8月15日). https://www.nti.org/learn/facilities/464/ 2018年10月17日閲覧。 
  62. ^ “China Accounts for 80% of Syria's Foreign Trade - Syrian Ambassador to China”. Sputnik. (2017年2月14日). https://sputniknews.com/world/201702141050653949-china-syria-foreign-trade/ 2017年4月14日閲覧。 
  63. ^ “Belt and Road: Middle East takes the slow road to China”. AFPBB. (2017年9月26日). https://www.euromoney.com/article/b14r59l2nbv4g6/belt-and-road-middle-east-takes-the-slow-road-to-china 2018年8月28日閲覧。 
  64. ^ “ロシア、国連安保理のシリア非難決議案に拒否権 各国は反発”. BBC. (2017年4月13日). https://www.bbc.com/japanese/39586021 2018年8月28日閲覧。 
  65. ^ “Syria President Al-Assad visits China”. チャイナデイリー. (2004年6月22日). http://www.chinadaily.com.cn/english/doc/2004-06/22/content_341612.htm 2018年8月31日閲覧。 
  66. ^ “TASS: World - Syria, Egypt may join Shanghai Cooperation Organization as observers — diplomat”. タス通信. (2015年6月5日). http://tass.ru/en/world/799107 2017年12月23日閲覧。 
  67. ^ 外務省. “各国・地域情勢>シリア”. 2008年8月26日閲覧。
  68. ^ “【シリア情勢】介入、地上軍投入せず最大90日 米上院委が条件付承認決議案採択”. 産経新聞. (2013年9月5日). https://web.archive.org/web/20130905210459/http://sankei.jp.msn.com/world/news/130905/amr13090509100000-n1.htm 2013年11月3日閲覧。 
  69. ^ “米大統領がシリア軍事行動に向けた姿勢崩さず、G20内の溝浮き彫り”. ロイター. (2013年9月6日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE98501J20130906 2013年11月3日閲覧。 
  70. ^ “ロシアでG20開幕、シリア介入各国の対立鮮明に”. CNN. (2013年9月6日). http://www.cnn.co.jp/world/35036892.html 2013年11月3日閲覧。 
  71. ^ “米国が「イスラム国」掃討へシリア空爆開始、湾岸5カ国参加”. Reuters. (2014年9月23日). https://www.reuters.com/article/wrap-us-syria-airstrike-idJPKCN0HI2LT20140923 2022年11月3日閲覧。 
  72. ^ 米軍、シリアへミサイル攻撃 「サリン」使った「化学攻撃」に反応”. BBCニュース (2017年4月7日). 2022年11月3日閲覧。
  73. ^ 米石油大手がシリア油田操業も、トランプ大統領が言及」『Reuters』、2019年10月27日。2022年10月9日閲覧。
  74. ^ シリアの石油鉱物資源省は国内で生産される原油の80%以上が米国によって盗奪されていると発表(青山弘之) - 個人”. Yahoo!ニュース. 2022年10月9日閲覧。
  75. ^ “菅官房長官「情勢悪化責任、アサド政権に」”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20130901k0000m010102000c.html 2013年11月3日閲覧。 
  76. ^ “シリア:化学兵器使用疑惑 菅官房長官「情勢悪化責任、アサド政権に」”. 毎日新聞. オリジナルの2013年11月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131104105731/http://mainichi.jp/select/news/20130829dde007030009000c.html 2022年10月13日閲覧。 
  77. ^ シリア政府、日本大使を「好ましくない人物」に指定 日本経済新聞(2012年6月7日)2018年1月21日閲覧
  78. ^ シリア攻撃でトルコ軍「174人殺害」 クルド側も反撃”. 日経新聞. 2020年5月6日閲覧。
  79. ^ a b Syria”. THE WORLD FACT BOOK. 2022年11月6日閲覧。
  80. ^ シリア国民の3分の2は極貧、内戦4年目で経済縮小が加速=報告”. ロイター (2014年5月29日). 2016年2月17日閲覧。
  81. ^ a b c 経済自由化とシリアの伝統経済”. 黒田美代子 (1992年). 2022年11月6日閲覧。
  82. ^ a b c Thomas Collelo『Syria : a country study』Federal Research Division Washington, D.C.、1987年。 
  83. ^ Popular Protest in North Africa and the Middle East (VI): The Syrian People’s Slow-motion Revolution”. www.crisisgroup.org (2011年7月6日). 2022年11月5日閲覧。
  84. ^ GDP growth (annual %) - Syrian Arab Republic | Data”. data.worldbank.org. 2022年11月5日閲覧。
  85. ^ a b シリア内戦10年、経済損失130兆円 遠い和平と復興”. 日本経済新聞 (2021年3月14日). 2022年11月5日閲覧。
  86. ^ シリアの石油鉱物資源省は国内で生産される原油の80%以上が米国によって盗奪されていると発表(青山弘之) - 個人”. Yahoo!ニュース. 2022年11月5日閲覧。
  87. ^ シリア難民、400万人 避難民と合わせ人口の半数超に”. 朝日新聞 (2015年7月9日). 2020年3月9日閲覧。
  88. ^ Syrian Culture, Cultural Atlas
  89. ^ 世界の学校を見てみよう! シリア”. 外務省. 2019年10月29日閲覧。
  90. ^ http://whc.unesco.org/ja/list/?iso=sy&search=& 世界遺産センター-シリア
  91. ^ http://www.unesco.or.jp/isan/list/list_3/ 世界遺産一覧-五十音順国別リスト(サ行)[リンク切れ]
  92. ^ イランがPK戦でシリアに勝利、日本との準々決勝へ アジア杯”. AFPBB News (2024年2月1日). 2024年2月3日閲覧。






シリアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「シリア」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シリア」の関連用語

シリアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シリアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS