モータリーゼーションとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > モータリーゼーションの意味・解説 

モータリゼーション

(モータリーゼーション から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/19 10:02 UTC 版)

モータリゼーション (motorization) とは英語で「動力化」「自動車化」を意味する言葉で、すなわち自動車が社会と大衆に広く普及し、生活必需品化する現象である。狭義では、自家用乗用車の普及という意味で言われることが多い。


注釈

  1. ^ これらの地域における鉄道やバスは、地域内輸送よりも対大都市圏輸送に重点が置かれているケースがほとんどであり、地域内輸送でも運転免許を持たない学生の通学利用に合わせてダイヤを設定している路線が多い。
  2. ^ 一例として群馬県太田市が挙げられる。太田市はかつて市内に多数のコミュニティバス路線を有していたが、2010年3月31日で新田線・尾島線を除く路線が全廃された。太田市はスバルの発祥・本拠の地であり、いわゆるモーター・タウンの一つである。
  3. ^ 特に道県庁所在地やその地方を代表する有力都市以外の地域
  4. ^ 殆どの線路が狭軌(軌間が世界標準(標準軌)より狭い)であるため、高速運転を行うことが難しいことが主な理由。
  5. ^ これは広告の影響を受けないNHKも同様で、例えば2011年2月18日放送分の「あさイチ」での高速道路利用者へのインタビューでは、ほとんどが「実施が継続されて嬉しいです」「渋滞は仕方がない」といった主に肯定的な回答を取り上げていた
  6. ^ 大手マスコミでは2011年3月4日放送のテレビ朝日報道ステーション」が、千円高速の影響で減収となった西鉄バスが大幅な路線廃止に踏み切り、交通弱者の足が奪われた事を報じたのが数少ない事例だが、その時の番組のコメンテーターは「この様な影響がある事は初めて知った」とコメントしていた

出典

  1. ^ 「国民車構想」とモータリゼーションの胎動
  2. ^ アジアのモータリゼーションと環境負荷
  3. ^ 広田民郎『21世紀クルマのリサイクルのすべて』リサイクル文化社、2000年、12頁
  4. ^ a b 広田民郎『21世紀クルマのリサイクルのすべて』リサイクル文化社、2000年、13頁
  5. ^ a b c d 広田民郎『21世紀クルマのリサイクルのすべて』リサイクル文化社、2000年、14頁
  6. ^ a b c 広田民郎『21世紀クルマのリサイクルのすべて』リサイクル文化社、2000年、15頁
  7. ^ マイカーの世帯普及台数 自動車検査登録情報協会
  8. ^ JR三江線に続く「廃線危機」の路線はどこだ?東洋経済ONlINE 2018年4月16日 2018年5月13日閲覧
  9. ^ 北海道内での買い物弱者対策及び流通対策の取組事例集 - 北海道経済部経営支援局中小企業課
  10. ^ 群馬県、交通弱者の「足」確保へ PT調査で車依存浮き彫り – 産経ニュース2017年6月3日付記事 2017年7月15日閲覧
  11. ^ JR四国、30年で輸送密度3割減 非鉄道事業の育成急務 – 日本経済新聞2018年5月8日付記事 2018年6月2日閲覧
  12. ^ 那覇の渋滞全国最悪 車保有・レンタカー増 – 沖縄タイムスプラス2014年12月18日付記事 2017年7月15日閲覧
  13. ^ 納得できる免許証の自主返納を – NHKニュースおはようにっぽん けさのクローズアップ2016年12月27日放送分 2018年6月2日閲覧
  14. ^ 巨大ドーナツからゆがんだ家まで、カリフォルニアで奇妙な建物が再流行CNN, 2018.07.27
  15. ^ 2004年2月4日付け北國新聞記事
  16. ^ 北海道内での買い物弱者対策及び流通対策の取組事例集 - 北海道経済部経営支援局中小企業課
  17. ^ 社会環境報告書2002、JR東日本
  18. ^ 国土交通省道路局 LRT(次世代型路面電車)の導入支援




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「モータリーゼーション」の関連用語

モータリーゼーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



モータリーゼーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモータリゼーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS