マレーシア マレーシアの概要

マレーシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 05:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
マレーシア
Malaysia
مليسيا
国旗 国章
国の標語:Bersekutu Bertambah Mutu
Unity Is Strength
(マレー語: 団結は力なり)
国歌Negaraku(マレー語)
我が国
公用語 マレーシア語
英語準公用語
首都 クアラルンプール 注2
最大の都市 クアラルンプール
政府
国王 アブドゥラ・スルタン・アフマド・シャー
首相 イスマイル・サブリ・ヤアコブ
面積
総計 330,803km266位
水面積率 0.3%
人口
総計(2020年 32,366,000[1]人(44位
人口密度 98.5人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2020年 1兆4166億500万[2]リンギット
GDP(MER
合計(2020年3370億800万[2]ドル(39位
1人あたり 1万231.341[2]ドル
GDP(PPP
合計(2020年9037億400万[2]ドル(29位
1人あたり 2万7435.9[2]ドル
成立
イギリスより独立1957年8月31日[3]
マレーシア成立1963年9月16日[4]
通貨 リンギットMYR
時間帯 UTC+8 (DST:なし)
ISO 3166-1 MY / MYS
ccTLD .my
国際電話番号 60
注1: 2007年よりマレー語 (Bahasa Melayu) からマレーシア語 (Bahasa Malaysia) に変更された。
注2: 連邦政府各庁舎および連邦裁判所はプトラジャヤへ移転。連邦議会議事堂は移転せず、法律上の首都はクアラルンプールのままである。
英領北ボルネオ、サラワク、およびシンガポールのマラヤ連邦との統合を定めた英国・マレーシア関係合意文書
マレーシア法1963(文書)

イギリス連邦加盟国のひとつ。タイインドネシアブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポールフィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。


  1. ^ UNdata”. 国連. 2021年10月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e World Economic Outlook Database” (英語). IMF. 2021年10月12日閲覧。
  3. ^ 英国の規程法データベース: 連邦マラヤ独立法1957年の (c. 60)
  4. ^ 国連条約第10760, 契約は、グレートブリテン及び北部アイルランド、マラヤ連邦、北ボルネオ、サラワク、シンガポールのイギリスの間、マレーシアに関連する[リンク切れ]
  5. ^ Himansu Bhusan Sarkar (1970). Some contributions of India to the ancient civilisation of Indonesia and Malaysia. Calcutta: Punthi Pustak. p. 8.
  6. ^ D'Urville, Jules-Sébastien-César Dumont; Isabel Ollivier, Antoine de Biran, and Geoffrey Clark. "On the Islands of the Great Ocean". The Journal of Pacific History (Taylor & Francis, Ltd.) 38 (2). http://www.jstor.org/stable/25169637.
  7. ^ Sakai, Manako. Reviving Malay Connections in Southeast Asia.
  8. ^ NNA ASIA 金融管理庁、資金洗浄問題で3行を処分 2016/10/12
  9. ^ 中村正志 「分断社会の政治統合」 日本貿易振興機構
  10. ^ 「国民戦線」 2013-03-26 朝日新聞 朝刊 1外報
  11. ^ 山本博之 「マレーシアの選挙制度および政治状況と2013年総選挙の結果」 日本マレーシア学会
  12. ^ 平成25年防衛白書 第I部 わが国を取り巻く安全保障環境 第5節 東南アジア
  13. ^ “マレーシア1月の輸出、前年同月比で12.2%の増加…前月比2.7%減”. Response.. (2014年3月7日). http://response.jp/article/2014/03/07/218716.html 2014年3月8日閲覧。 
  14. ^ “中国・マレーシア両軍が合同机上演習を開始”. 人民網. (2014年12月23日). http://j.people.com.cn/n/2014/1223/c94474-8826741.html 2018年5月18日閲覧。 
  15. ^ “中国がマレーシアと大規模軍事演習スタート、蘭州級駆逐艦など投入しマラッカ海峡で実施―中国メディア”. Record China. (2015年9月17日). http://www.recordchina.co.jp/b119276-s0-c10-d0063.html 2018年5月18日閲覧。 
  16. ^ “「平和と友情」中国マレーシア合同軍事演習”. 人民網. (2016年11月26日). http://j.people.com.cn/n3/2016/1126/c94474-9147445.html 2018年5月18日閲覧。 
  17. ^ 広瀬やよい (2014年9月13日). “マレーシア人の対日好感度、中国&米国上回る…PRC調査”. Response.. オリジナルの2014年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140913031223/https://response.jp/article/2014/09/13/232341.html 
  18. ^ a b Japanese Public's Mood Rebounding, Abe Highly Popular”. ピュー・リサーチ・センター (2013年7月11日). 2021年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月27日閲覧。
  19. ^ a b c d 水間 2013, pp. 35–36
  20. ^ “シンガポール、ビザ免除国から北朝鮮を除外”. 東亜日報. (2016年8月1日). オリジナルの2017年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170305114426/http://japanese.donga.com/List/3/03/27/701591/1 
  21. ^ Fazleena Aziz (2009年3月9日). “Only Malaysians can visit North Korea without a visa”. The Star. 2014年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月24日閲覧。
  22. ^ “マレーシア 北朝鮮国民のビザ免除停止へ=正男氏事件受け”. 朝鮮日報. (2017年3月2日). オリジナルの2017年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170303042553/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/02/2017030202169.html 
  23. ^ 都留悦史・平賀拓哉 (2017年3月5日). “マレーシア政府、北朝鮮大使を退去処分 正男氏事件巡り”. 朝日新聞. オリジナルの2017年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170305075310/http://www.asahi.com/articles/ASK347JJDK34UHBI02B.html 
  24. ^ “北朝鮮、マレーシアと断交表明 自国民の米引き渡し判断を非難”. ロイター. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210318222320if_/https://jp.reuters.com/article/us-northkorea-usa-malaysia-idJPKBN2BA2UU 
  25. ^ (財) 自治体国際化協会 (編) 『ASEAN諸国の地方行政』(PDF版)、2004年。
  26. ^ a b 「1人あたりのGNI 〔2015年〕」 帝国書院
  27. ^ 「<新興国eye>世銀所得別国別分類、カンボジアを「低所得国」から「低・中所得国」に格上げ」 モーニングスター2016/07/15
  28. ^ 「ビジョン2020」達成は2025年に=首相”. NNA. 2022年1月26日閲覧。
  29. ^ [1]
  30. ^ [2]
  31. ^ [3]
  32. ^ [4]
  33. ^ [5]
  34. ^ http://www.jetro.go.jp/biznews/500deee56fd10
  35. ^ 経済誌『マレーシアン・ビジネス』による。
  36. ^ [6]
  37. ^ [7]
  38. ^ a b https://www.mlit.go.jp/common/000116964.pdf
  39. ^ http://www.tanakanews.com/980608hindu.htm
  40. ^ http://www.oshima-k.ac.jp/kakari/tosho/kiyou/kiyou39/contents/18-17%20Miyaoku.pdf
  41. ^ 貞好康志、「蘭領期インドネシア華人の多重「国籍」と法的地位の実相」『紀要論文 近代』 2006年 96巻 p.1-34, doi:10.24546/81001743, NAID 110004727342神戸大学近代発行会
  42. ^ 坪井正雄、「1960年代シンガポールにおける工業化政策の形成過程について : 積極的な外国直接投資の導入を柱とする工業化政策の原典を探る」『横浜国立大学 博士論文』甲第1020号 2007年, 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科
  43. ^ http://peranakan.tuzikaze.com/Peranakan.html
  44. ^ http://homepage3.nifty.com/ryuota/kakyo.html
  45. ^ http://www.icis.kansai-u.ac.jp/data/jisedaipaper01/08.pdf
  46. ^ http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/ras/04_publications/ria_ja/21_14.pdf
  47. ^ [8]
  48. ^ http://www.geocities.jp/koji_777_win/column/column78.htm
  49. ^ http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/education/pdf/m02/21.pdf
  50. ^ Daniels, Timothy P. (2005), Building Cultural Nationalism in Malaysia, Routledge, p. 189, ISBN 0415949718
  51. ^ [9]
  52. ^ [10]
  53. ^ [11]
  54. ^ [12]
  55. ^ マレーシアでインド系住民、治安維持法に抗議デモ AFP通信 2008年1月6日
  56. ^ マレーシア、反「国内治安法」デモに1万5000人 AFP通信 2009年8月1日
  57. ^ [13]
  58. ^ [14]
  59. ^ Here Are Places Women Can't Take Their Husband's Name When They Get Married, Time, June 25, 2015.
  60. ^ What’s a woman’s name worth?, MaalyMail, Feb 12, 2016.
  61. ^ Shannon TEOH (2014年9月12日). “魚の声を聞くマレーシア伝統漁、風前のともしび”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3025836 2014年9月13日閲覧。 


「マレーシア」の続きの解説一覧




マレーシアと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「マレーシア」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFを始めるための最低資金は

    ETFを始めるための最低資金はいくらでしょうか。ETFの取引では売買代金に加えて取引手数料などの費用がかかるため、最低資金は次の計算式で求めることができます。資金=売買代金+取引手数料+その他費用売買...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マレーシア」の関連用語

マレーシアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マレーシアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマレーシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS