ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦の概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦の解説 > ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦の概要 

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 13:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラゴンボール > ドラゴンボールZ > ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
ドラゴンボールZ
燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
監督 山内重保
脚本 小山高生
原作 鳥山明
製作総指揮 今田智憲、安齋富夫
ナレーター 八奈見乗児
出演者 野沢雅子
古川登志夫
田中真弓
宮内幸平
龍田直樹
堀川亮
草尾毅
鶴ひろみ
渡辺菜生子
島田敏
家弓家正
音楽 菊池俊輔
主題歌CHA-LA HEAD-CHA-LA」(影山ヒロノブ
編集 福光伸一
製作会社 東映アニメーション
配給 東映
公開 1993年3月6日
製作国 日本
言語 日本語
配給収入 13億7000万円[1]
前作 ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人
次作 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
テンプレートを表示

春休みの東映アニメフェア「鳥山明・ザ・ワールドII」として上映された。同時上映作は『Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ』。

解説

邦画配給収入14億5000万円。

『ドラゴンボール』の映画では初めてとなる長編作品(70分)であり、タイトルは当時人気だったフォーミュラ1(F1)をイメージして付けられている[2]。また、この作品からキャラクターデザインと作画監督が、前田実から山室直儀に交代した。

「悟飯の超サイヤ人化などからセルとの最終対決前後の事件と思われる。しかしながら、セル戦で緊迫した状況のはずの悟空達が、劇中でノンビリ花見をしているなどの謎も」と『ドラゴンボール大全集』には記述されている[3]

ゲストキャラクターのブロリーは、『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』にもメインで登場し、ブロリー死亡後の『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』でも、彼のクローンであるバイオブロリーが登場しており、ブロリーが地獄で暴れていたことも語られている。『ドラゴンボール超 ブロリー』では、今作を含む3作品とは繋がりを持たないパラレルワールドのストーリーで、容姿に変更が加えられたブロリーが登場している。

あらすじ

悟飯の予備校受験のため、悟空は慣れないスーツを着せられチチから厳しく「教育パパ像」を吹き込まれていた。

悟空がそんな目にあっているとは知らず花見を楽しんでいた悟飯たちのもとに宇宙船が降り立ち、中から一人のサイヤ人が現れる。彼はパラガスと名乗り、ベジータを新惑星ベジータの王として迎えに来たと言う。最初は興味が無かったベジータだったが、パラガスの「伝説の超サイヤ人を倒せるのは貴方しかいません」という口車に乗せられ彼とともに宇宙へ飛び立つ。酔った勢いで宇宙船に乗り込もうとする亀仙人やそれを止めようとする悟飯、クリリン、ウーロンも巻き込まれ、ベジータを連れ戻そうとするトランクスも連いていった。

同じころ、面接会場にいた悟空は界王から「大変なことが起きた」と呼び出された。界王によると伝説の超サイヤ人が南の銀河を破壊し、次は北の銀河が狙われているので、その討伐を頼まれた。

新惑星ベジータに着いたベジータたちは、そこで熱烈な歓迎を受け、宮殿にてパラガスの息子であるブロリーを紹介される。報告を元に、ブロリーと共にトトカマ星へと向かうベジータとは別に、トランクスや悟飯たちはここがベジータを王にするための惑星ではないこと、ここにある建物は全てが廃墟であること、奴隷として働かされているシャモ星人は伝説の超サイヤ人に星を荒らされ、住む場所を追われた身であることを知る。それと同時期に新惑星ベジータに辿り着いた悟空は、パラガスに歓迎され宮殿に案内される。

トトカマ星から帰ってきたベジータは、収穫がなかったことに立腹していた。それに同行していたブロリーは、宮殿にいた悟空に対面するや否や怒りを露わにする。しかし、パラガスの制御によって、その気は収められる。

その夜、宮殿の中で眠っている悟空たちの所にブロリーが急襲してくる。悟空は猛攻するブロリーをなんとか避けるが、ここでもパラガスの制御によって戦いは退けられる。パラガスは、かつての因縁があるブロリーと悟空が出会ったことで、ブロリーの制御が効かなくなっていることを憂慮する。

翌朝、何も成果がないことに機嫌を損ねたベジータは、地球に帰ろうとするが、パラガスに止められる。そこにやってきた悟空やトランクスによって全てが暴かれ、パラガスも本性を現す。彼の目的は、身勝手な理由で自分たちを惑星ベジータから追放したベジータ王の息子であるベジータへの復讐であり、新惑星ベジータはこの後間もなくグモリー彗星の衝突によって跡形もなくなり、それによってベジータもろとも消すつもりだった。そして南の銀河を破壊したのは、他でもないブロリーによるものだった。いずれはブロリーの強大な力によって北の銀河のみならず、西や東の銀河も親子2人の手中に収めることも、彼の野望だった。

だが、その計画の想定外の存在が悟空であり、悟空との過去の確執によって怒りが頂点に達したブロリーは、ついに伝説の超サイヤ人と変貌する。もはや制御など効かず、全てを破壊し尽くすことを本能に動くブロリーを相手に、悟空やベジータ、悟飯、トランクス、そして事情を察知し駆けつけたピッコロが立ち向かう。だが、グモリー彗星の衝突は、寸前にまで迫っていた。

ゲストキャラクター

シャモ
ブロリーに惑星シャモを荒らされ、新惑星ベジータに連れて来られた奴隷の一人。そのため超サイヤ人を「宇宙の悪魔」と恐れていた。食料をろくに与えられず、地下から星のエネルギーを採掘するために奴隷として働かされており、体調を崩した老人を介護していたところをアンゴルに「サボるんじゃない!」と鞭を打たれるが、悟飯たちに助けられ、食料を与えられる。
なお、シャモとは彼の名前であると同時に、彼の民族・シャモ星人の総称であり、彼らが住む星の名称でもある。伝説の超サイヤ人に覚醒したブロリーによって多くの同胞が虐殺され、目の前で故郷の惑星も破壊された。ラストでは悟空の瞬間移動により全員宇宙船に移動するが、故郷である惑星シャモがブロリーに破壊されたため、以後彼らがどうなったかは不明。
試験官
悟飯の予備校「かの有名なゼミナール」の面接官。悟飯の入学願書に目を通した後、悟空の趣味を聞こうとするが、突如瞬間移動で消えた悟空を見て、チチに対し「ご主人は魔法使いか何かで?」と驚いていた。

敵キャラクター

ブロリー
サイヤ人の生き残りの一人で、サイヤ人の間に伝わる伝説の超サイヤ人。悟空と同じ日に生まれ、隣り合った保育器で育てられていたが、悟空の泣き声に泣かされていたため、彼に対し異常に強い憎しみを持つ。普段はやや物静かであるが、伝説の超サイヤ人に変身した際は邪悪で冷酷そのものな性格を露にし、戦意を失い怯えるベジータや、「少しは手加減しろ!」と辟易する悟空なども描かれた。

パラガス
ブロリーの父親。かつて、息子の異常な戦闘力からベジータ王によって息子共々処刑されかけ、息子の命を助けるよう嘆願するが聞き入れられず、ベジータ王にエネルギー弾で吹き飛ばされた。しかし、フリーザが惑星ベジータを破壊した際にブロリーのバリアで九死に一生を得ており、そのためフリーザ一味からは存在を知られずに済んだ。その後、制止を聞かないブロリーによって左目を潰されるも、科学者にコントロール装置を開発させ、ブロリーをコントロールしつつ、力を使って全宇宙を支配することを企み、無傷で地球を手に入れて移住し、そこを本拠地にして帝国を建設する計画を立てる。手始めとして邪魔者で、同時に恨みを持っているベジータを葬るため、伝説の超サイヤ人を餌に新惑星ベジータへ王として迎えるふりをして、グモリー彗星と共に殺害しようと計画。その芝居のためにアンゴルやモアなど、ならず者たちを宇宙から集め、惑星シャモをブロリーに襲わせてシャモ星人たちを新惑星ベジータに拉致し強制労働させ、その一方でブロリーに南の銀河を破壊させる。計画通りベジータたちを新惑星ベジータに誘き出すが、悟空を目にしたブロリーがいら立ち始め、「気を静めろ」とコントロール装置で落ち着かせる。その一方でパラガスは、新惑星ベジータにグモリー彗星が衝突するという秘密を知ったモアを殺害。深夜に暴走したブロリーが悟空を襲い、それを察知したパラガスはコントロール装置でとブロリーを再び大人しくさせるが、翌日に悟空と出くわしたブロリーは伝説の超サイヤ人に変身し制御不能になり、「可哀想だが」と口にして、消滅寸前の新惑星ベジータに制御不能になったブロリーを置き去りにしようと、宇宙ポッドで一人だけ脱出しようとした際、ブロリーの手によってポッドごと押し潰された挙句、そのままグモリー彗星に投げ飛ばされて死亡した。『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では、この世とあの世の混乱によって復活している描写がわずかながら描かれている。
ベジータ王と直接面会できバーダックとも面識があることから「高い地位でバーダックの上司ではないか?」との説がある[4]。作中ではスカウターを使用していない。
ドラゴンボールヒーローズ』では2011年11月17日稼働の第7弾から登場し、必殺技として「デッドパニッシャー」を使用する[注釈 1]。なお、第7弾での初登場時から声優は映画でパラガスを演じた家弓ではなく宝亀克寿が担当している[注釈 2]が、2014年の家弓の逝去に伴いそのまま宝亀が二代目となり2018年に公開された映画『ドラゴンボール超 ブロリー』でも宝亀がパラガスを演じている。『スーパードラゴンボールヒーローズ』ではパラガス:ゼノとして、魔神の力を得たトワによって超サイヤ人4に覚醒した息子ブロリーと共に復活し、激戦を繰り広げるバーダックとベジータ王の戦いに割り込み、長年の復讐の相手であるベジータ王を抹殺することに成功した。
名の由来はアスパラガス[2]
アンゴル
パラガスの部下であり、彼の手によって全宇宙から集められたならず者の一人。ヘルメットを着用している。シャモ星人の奴隷を監視して鞭を振るうが、悟飯に倒される。
彼以外にも同じ姿をした兵士が多数登場しており(ブーツの形状などが異なる)、そのうちの何人かはアンゴルが倒された直後悟飯を取り囲むが、クリリンが拳を突き出した程度で恐れをなして逃げ出した。また、同型の兵士の一人は宮殿にいたベジータに「トトカマ星に超サイヤ人が現れました」と、わざと虚偽の報告をしており、ベジータは本性を隠していたブロリーを引き連れて捜索に向かうが、発見はできなかった。
モア
パラガスの部下。彼の傍らにいてグモリー彗星衝突の秘密を知り、地球に移住しても働くと忠誠を誓ったが、パラガスに殺される。
科学者
パラガスの部下。黒いローブを纏い、その下は長い髭を生やしたタコのような姿をしている。ブロリーのコントロール装置と、そのリモコンを作った。



注釈

  1. ^ 映画でモアを葬った際に放ったエネルギー波を撃つモーションと類似している。
  2. ^ パラガスがドラゴンボールヒーローズに初登場した2011年当時は家弓は存命中であった。

出典

  1. ^ 1993年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 渡辺彰則編「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。
  3. ^ 渡辺彰則編「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES №8『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』」『ドラゴンボール大全集 6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、106頁。
  4. ^ 渡辺彰則編「VARIETY OF DB アニメ版サイヤ人の構成」『ドラゴンボール大全集 補巻』72頁。
  5. ^ 月刊ニュータイプ「鶴ひろみ」『キャラクターボイスコレクション 女性編 1』、角川書店、1994年12月25日、 102頁、 ISBN 4-04-852522-0
  6. ^ ドラゴンボールZ 燃え尽きろ!!熱戦・烈戦・超激戦|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2020年8月1日閲覧。


「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」の関連用語

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS