AK-47とは?

【AK-47】(えーけーよんじゅうなな)

ソビエト共産圏主力自動小銃
1947年設計され、ロシア語突撃銃を意味する「アブトマット(Автомат)」、カラシニコフ式を意味する「カラシニコヴァ(Калашникова)」から名づけられた。
ロシア語ではアーカー47と読む。

第二次世界大戦ドイツ軍使用したStG44元に、ミカエル・カラシニコフ博士WW2時は戦車兵として活躍)が設計したもので、頑丈な上に扱いが容易で信頼性が非常に高く、また7.62mm×39弾を使用するため非常に威力大きい。
特にどんな環境でも確実に動作する信頼性機関部に砂をまぶしても動作する頑丈さは数々逸話が残っており、ベトナム戦争でもアメリカ軍特殊部隊ジャングル湿地帯鹵獲したAK活用していたとされる

現在までにAK-74AKMといった近代化モデルの他に多数コピー、その改良品など亜種もまた多数存在し、全部で8,000挺もの数が製造されたとも言われている。
簡単な工作機械でも(品質は劣るにせよ)製造でき、工業力が低い国々や非国家主体非合法組織犯罪組織テロ組織)でも容易に数を揃えることができるため、20世紀後半以降戦争事変武力紛争のあるところに大抵存在する武器となっている。

この頑丈さと信頼性秘密は、設計段階部品同士にわずかな隙間を作った事にある。これによって天候変化による金属の変形が起きたり、泥や砂が入り込んでも動作支障が起きにくく、多少部品工作精度が悪くてもそこそこ性能発揮できるようになっている
また、極力部品ユニット化されており野外分解しても部品を失くしにくいよう配慮がなされている。
しかし、部品のかみ合わせ隙間があるということは命中精度低下するということ同世代の他のライフル比べて弾がばらつく傾向がある。

これらのことから、本銃は世界で最も多く使われた軍用銃としてギネスブックにも載っており、また、国際的人権団体アムネスティ・インターナショナル」では、「世界中一億人以上の命を奪った大量破壊兵器」としている。
このことに関してカラシニコフ博士は、中国などがライセンスが切れた後も生産続けていることや、テロリスト御用達武器として世界中紛争地帯で「活躍」して評判落としていることに懸念表明している。

関連:AKMAK7456式小銃

性能諸元

国内AK-47系の主な種類

国外AK-47系の主な種類


AK-47

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/19 13:05 UTC 版)

AK-47ロシア語: Автомат Калашникова образца 1947 годаラテン文字転写: Avtomat Kalashnikova-47)は、ミハイル・カラシニコフが設計し、1949年ソビエト連邦軍が制式採用した自動小銃である。




[ヘルプ]
  1. ^ ソ連を初めとする東側諸国では、過酷な環境下においても確実に銃弾を発射できるよう銃用雷管の点火薬に雷酸水銀を用いているが、雷酸水銀は燃焼時に強腐食性のガスを発生させる。
  2. ^ これらの3種類の銃には、5.56mm NATO弾仕様のモデルも存在する
  3. ^ AKMは銃口先端を斜めに切ったマズルブレーキで銃口の跳ね上がりを軽減している。
  4. ^ 旧東側に近いとされた非同盟諸国においても、リビアインドではFN FALが、ミャンマー(ビルマ)ではH&K G3が採用されるなど、AK-47系統を主力小銃としなかった国も少数ではあるが存在する。また、反政府ゲリラにおいても、ミャンマーのカレン民族解放軍、レバノンのレバノン軍団、フィリピンの新人民軍のようにM16を使用しているケースもある。これらはAK47よりもM16の方が入手が容易である事が主な理由となっている
  1. ^ 10 things you never knew about AK47 Kalashnikov rifle that has killed more people than any other gun”. デイリー・ミラー. 2016年9月29日閲覧。。"7. The Kalashnikov rifle is in the “Guinness Book of Records” as the most common weapon in the world. Currently, there are about 100 million AK. This means that 60 adult inhabitants of our planet have on one machine."とある。
  2. ^ ホビージャパン 2014, p. 59-62.
  3. ^ ホビージャパン 2014, p. 63-65.
  4. ^ ホビージャパン 2014, p. 66.
  5. ^ Biography”. M.T. Kalashnikov Museum and Exhibition Small Arms Complex. 2015年4月28日閲覧。
  6. ^ a b ホビージャパン『カラシニコフ・ライフルとロシア軍の銃器たち』70頁、カラシニコフ本人による証言
  7. ^ 開発者のカラシニコフは『アームズマガジン』の紙面で、アメリカからの援助兵器であるM1カービンから着想を得たと語っている
  8. ^ ホビージャパン 2014, p. 10-12.
  9. ^ ホビージャパン 2014, p. 12.
  10. ^ ホビージャパン 2014, p. 12-13.
  11. ^ ホビージャパン『カラシニコフ・ライフルとロシア軍の銃器たち』94-95頁
  12. ^ 撃つためのデザイン「AK-47」(2005年ヒストリーチャンネル製作・放映、原題:Tales of the Gun)
  13. ^ ホビージャパン『カラシニコフ・ライフルとロシア軍の銃器たち』96頁
  14. ^ ホビージャパン 2014, p. 14-16.
  15. ^ a b c d ホビージャパン『カラシニコフ・ライフルとロシア軍の銃器たち』10-11頁
  16. ^ ホビージャパン『カラシニコフ・ライフルとロシア軍の銃器たち』97頁
  17. ^ Зампред ВПК: Минобороны вооружится и АК-12, и автоматом Дегтярева
  18. ^ ARCUS Co. - Products”. 2015年4月8日閲覧。
  19. ^ 40x46mm ARSENAL Underbarrel Grenade Launcher - UBGL-M6”. 2015年4月8日閲覧。
  20. ^ 40mm granatniki jednostrzałowe”. 2015年4月8日閲覧。
  21. ^ 津野瀬光男 『幻の自動小銃―六四式小銃のすべて』 光人社〈光人社NF文庫〉、2006年
  22. ^ The AK-47: the world's favourite killing machine (PDF)”. controlarms.org (2006年6月26日). 2011年10月12日閲覧。
  23. ^ a b AK-47:世界で最も野放しになっている武器” (2006年6月27日). 2015年4月8日閲覧。
  24. ^ “カラシニコフ氏が死去 自動小銃「AK47」を開発”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312230324.html 2015年4月9日閲覧。 
  25. ^ “「紛争地に自分の銃、悲しい」自動小銃AK47の開発者”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2004年11月21日). オリジナル2004年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041123033642/http://www.asahi.com/international/update/1121/002.html 2015年4月9日閲覧。 
  26. ^ ホビージャパン 2014, p. 28.
  27. ^ “車のおまけは自動小銃?米自動車店が仰天キャンペーン”. AFPBBNews (フランス通信社). (2010年11月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/2775466?pid=6469878 2014年7月20日閲覧。 
  28. ^ “米国でAK-47の売り上げ増加、ロシア制裁で駆け込みか”. CNN (CNN). (2014年7月19日). http://www.cnn.co.jp/usa/35051118.html?tag=top;topStories 2014年7月20日閲覧。 







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「AK-47」の関連用語


2
56% |||||

3
50% |||||

4
50% |||||

5
38% |||||


7
38% |||||

8
38% |||||

9
36% |||||

10
36% |||||

AK-47のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

空挺降下

MD900

スプーク

迫撃砲

駆逐戦車

ブルーインパルスジュニア

クラスター爆弾

RIM-162





AK-47のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAK-47 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS