化成処理とは?

Weblio 辞書 > 工学 > メンテナンス用語 > 化成処理の意味・解説 

化成処理

【英】conversion coating

金属表面化学的非金属物質被覆する方法電気化学的に行う方法陽極酸化,また化学的に行う方法リン酸塩処理,クロム酸塩処理や化学着色法などがある。焼付き腐食防止などのために行われる
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

化成処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/28 09:36 UTC 版)

化成処理(かせいしょり、英:chemical treatment, conversion treatment)とは表面処理の形式のひとつで、素材、特に金属の表面に処理剤を作用させて化学反応を起こさせることで、耐食性や塗料との親和性など、元の素材とは違った性質を与える処理である。電気化学による酸化や硫化、化学薬品による酸化、還元、及びアルミニウム、クロム、亜鉛などの酸化物やリン酸塩による皮膜形成などが利用される。




「化成処理」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化成処理」の関連用語

化成処理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



化成処理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2019 (有)イーマテリアル
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化成処理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS