さすとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > > さすの意味・解説 

さす

焼き畑のこと。武蔵国多くある「指谷(さすがや)」という地名はこれに基づといわれる


さす

助動[させ|させ|さす|さする|さすれ|させよ]上一段上二段下一段下二段カ変サ変動詞未然形に付く

使役の意を表す。せる。させる。

「これはいさめる馬なりとて、鞍を置きかへさせけり」〈徒然一八五〉

動作他に任せておいて、結果的にそうなることを表す。…に任せる。→させる →しむ →しめる →す →せる

「馬の腹射させ引き退く」〈平家一二

多くあとに「たまふ」など尊敬の意を表す語を伴って尊敬の意を強める。…なさる。

二月二十日あまり、南殿の桜の宴せさせ給ふ」〈源・花宴

謙譲語聞こゆに付いて謙譲の意を強める。お…申し上げる。→聞こえさす

今一度かく見奉り聞こえさすることもなくてや」〈源・行幸

[補説] 「さす」は上代から近世まで広く用いられたが、1の用法が原義近世以降は四段型にも活用する2中世軍記物語類に多くみられる武者言葉の一用法。34中古以降の用法で、3の「させたまふ」「させおはします」「させらる」などは高い敬意を表す。


さ・す【止す】

接尾動詞(四)段型活用動詞連用形に付く

しかけていた動作中途でやめる意を表す。…しかける。「言い—・す」「飲み—・す」

していた動作中途でやんだままの状態であることを表す。…しかかる

おもしろ梅の花開け—・したる朝ぼらけ」〈源・常夏〉


サス【SAS】


サス【SAS】


さ‐す【×首】

切妻屋根両端に、それぞれ棟木(むなぎ)を受けるために合掌形に組む材。古く上部交差させて組んだ丸太

扠首の画像

さ‐す【×手】

「さしゅ(叉手)1」に同じ。

「—して首を伸べて」〈太平記一〇


さ・す【刺す】

[動サ五(四)《「差す」と同語源》

先の鋭くとがったものを中に突き入れる突き立てる突き通す。「指にとげを—・す」「短刀で胸を—・す」「をくしに—・す」

㋑(「螫す」とも書く)毒虫などが針を皮膚突き入れる。「ハチに—・される」

厚いものに針を突き入れて縫う。また、針で結びつづる。「ぞうきんを—・す」「網を—・す」

もちざお小鳥捕らえる。「を—・す」

(「差す」とも書く)舟を進めるためにさおを水底突き立てる。「さおを—・す」

野球で、走者ボールタッチしてアウトにする。「本塁で—・される」

目・鼻・舌などの感覚器官鋭く刺激する。「異臭が鼻を—・す」「舌を—・す味」

㋑心に強い痛み感じさせるショックを与える。「その一言私の胸を—・した」

[可能] させる

[用法] さす・つく——「針で肌を刺す(突く)」のように、先の鋭い物を押し付ける意では、相通じ用いられる。◇「刺す」はその動作結果として対象の内部に入り、あるいはつらぬく意が中心となる。「肉をくしに刺す」「とげを刺す」◇「突く」は物の先端一つ所強く当てる動作意味の中心がある。「相手の胸を突いて倒す」「釣鐘をつく」◇「銛(もり)でを突く」「(やり)で突く」など、「突く」は刺し通すことにも言うが、この場合も、物の先を勢いよく目標に当てるという動作主になる。◇「鼻を刺す(突く)臭気」「胸を刺す(突く)言葉」などでも両語とも使われるが、「刺す」は刺激痛み鋭さに、「突く」は衝撃強さそれぞれ重点がある。

[下接句] 釘(くぎ)を刺す・鹿(しか)の角を(はち)が刺す・寸鉄人を刺す・止(とど)めを刺す・寝鳥を刺す骨を刺す


さ・す【挿す】

[動サ五(四)《「差す」と同語源》

細長い物を他の物の中に突き入れる。「花瓶バラを—・す」「かんざしを—・す」

挿し木をする。「を—・す」

(「差す」とも書く)刀などを帯の間を通して挟み入れる。「腰に大小を—・す」

[可能] させる


サス【SAS】


さ・す

【一】[動サ五(四)動詞「させる」に同じ。「母にせめてぜいたくを—・してやりたい

【二】[動サ下二動詞「させる」の文語形


さ‐す【砂州/砂×洲】

海岸線をやや離れて海側細長く砂礫(されき)が堆積(たいせき)してできた地形


さ・す【鎖す】

[動サ五(四)《「差す」と同語源》門や戸などを閉める。錠をおろす閉ざすまた、容器の栓をぴったり閉じる。「戸を—・す」

[可能] させる


さ・す【差す/注す/点す】

[動サ五(四)

酒をすすめる。「杯を—・す」

ごく少量の液体をある部分そそぎ入れる。「目薬を—・す」「ギヤに油を—・す」

液体をほかの液体容器中へし、また少しずつ加え入れる。「花瓶を—・す」「吹きこぼれないよう冷水を—・す」

補い加える。つぎ足す。「炭を—・して火気強める」

ある部分色をつける。「紅(べに)を—・す」

しるしや訓点などをつける。「朱点を—・す」

火をともす

「まづ紙燭(しそく)—・して来(こ)」〈竹取〉

[可能] させる


さ・す【差す/指す】

[動サ五(四)

(差す)

㋐(「射す」とも書く)まっすぐに光が照り入る。光が当たる。「西日が—・す」

㋑潮が満ちてくる。また、増して入り込むしみ込む。「潮が—・す」「氾濫した川の水が床下まで—・してきた」「井戸廃水が—・す」

㋒何かのしるし・気配などが自然と外に現れる。「ほおに血の気が—・す」「景気にかげりが—・す」

ある種気分気持ち生じる。きざしてくる。「眠けが—・す」「魔が—・す」「気が—・す(=気がとがめる)」

平熱より高くなる。熱が出る。「熱が—・す」

や根が伸び広がる草木伸びて出る。「枝葉が—・す」

(指す・差す)

㋐指などで目標とする物や場所・方向を示す指さす。「指で—・して教える」「後ろ指を—・される」「時計の針七時を—・している」

㋑人や物をそれと決めて示す。指名するまた、密告する。「文中のそれは何を—・しますか」「生徒を—・して答えさせる」「犯人警察に—・す」

その方向へ向かう。目ざす。「南を—・して飛ぶ」

物差し寸法を測る

縦横寸法を—・してみた」〈三重吉・桑の実

指物作る

将棋で、駒を動かすまた、対局する。「将棋を—・す」「一局—・す」

物を手で持って上げる。両手高く上げる。「米俵を—・す」

㋗傘などをかざす。

肩に担ぐ。になう。「駕籠(かご)を—・す」

㋙舞で、手を前方伸ばす。「—・す手引く手」

相撲で相手脇の下に手を入れる。「右を—・す」

競馬などで、ゴール直前先行するものを追い抜く。「—・して首の差で勝つ」

などが、立ちのぼる

八雲—・す出雲児ら黒髪吉野の川の沖になづさふ」〈四三〇〉

さしつかえる。

「ちとお寺に—・す事ある」〈浄・薩摩歌

[可能] させる

[補説] 「指す」「差す」「射す」「刺す」「注す」「点す」「挿す」「鎖す」などと、いろいろに漢字当てられるが、本来は同一の語。

[下接句] 嫌気が差す影が射す気が差す図星を指す・掌(たなごころ)を指す・鳥影(とりかげ)が射す・魔が差す・指一本も差させない指を差す


指す

手をすすめること。将棋では「指す」だが、囲碁では「打つ」という。将棋で「打つ」を使うのは、持ち駒盤上に「打つ」時だけである。

指し掛け・・・対局途中で中断すること。
指し切り・・・・攻めすぎて手段なくなった状態のこと。
指し込み・・・勝負厳しさ求めて勝者が駒を落していく約束をすること。
指し過ぎ・・・過激にいきすぎて形勢をそこなうこと。
指せる・・・形勢良いこと

さす

  1. 刑事其他警察官吏ニ対シ他人不正行為密告スルヲ云フ。〔第四類 言語動作
  2. 警察官密告する事を云ふ。
  3. 密告前橋可部 不良仲間
  4. 密告する。〔掏摸
  5. 警察官犯罪密告すること。「さし」「さした」等に同じ。

分類 不良仲間掏摸


さす

  1. 同上(※「さか」参照)。〔第六類 器具食物
  2. 刀剣、其他の刃物類を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

さす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 16:06 UTC 版)

させる。やらせる使役を表す。共通語の「指す」や「刺す」の意味ではない。「す」にアクセント

※この「さす」の解説は、「広島弁」の解説の一部です。» 「広島弁」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

さす

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 11:40 UTC 版)

名詞・造語成分

  1. (古)焼畑(wp)一部地名中に残るのみ。

動詞:原義

さす

  1. 細長いもので物を貫く。

活用

動詞:刺す

さすす】

  1. (「」、「」とも) とがっているものを、つらぬようく。
    • はり刺す
  2. (「螫す」とも) むしったり、はりそそいだりする。
  3. 故意きずけようと刃物はもの相手あいてく。
    • はら刺す
  4. はり使ってう。
  5. 鳥黐とりもちとりつかまえる。
    • とり刺す
  6. (「」とも) 船を動かすために棹で水底をつく。転じて使って船をこぐ
  7. 野球走者ボールつけタッチアウトにする。
    • 2刺す
  8. 感覚器官刺激あたえる
    • はな刺す
関連語

自動詞形:ささる

翻訳
語義4:縫う — 「ぬう#翻訳を参照のこと
参照

語義4:

動詞:指す

さすす, す】

  1. はりゆびなどで示す
  2. その方向をめざす。
  3. 指名指摘指定をする。
  4. 密告する
  5. を、ある方向動かす。また、さかずきをすすめる。
  6. 将棋をする。
  7. 結ぶまた、板で物を作る
  8. 長さ測る

動詞:差す

  1. しお満ちる
  2. (「挿す」とも)色など、見えなかった物があらわれる
  3. (「射す」とも)届く
  4. じる。入り込む起こる
  5. 咎める
  6. 液体しみこむ
    • みずが差す。
  7. ねつ上がる
  8. 草木伸びる

動詞:挿す

  1. 細い物を物の中に入れる
  2. (「差す」とも)刀剣おびはさむ
  3. 頭髪入れとめる
  4. さし木をする。また、生花をする。

動詞:注す

(「差す」とも書く)

  1. 注ぎ込む
  2. 加える。
  3. (「点す」とも)着色する。
関連語

動詞:点す

  1. をつける。
  2. (「注す」「差す」とも)少し垂らす

動詞:捺す

  1. 捺印する。

動詞:鎖す

  1. などをしめる。

連語:方言

  1. 西日本中心に)させる。(動詞するの未然形+助動詞す)

活用

助動詞:さす

  1. 西日本中心に)させる

用法

未然形の内、終音がア段以外のものに接続する。他は「す」が接続する

活用

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用
ささ さし さす さす させ させ 動詞五段活用

類義語

接尾辞:止す

  1. 途中やめる。~し残す。(動詞連用形に付き五段活用動詞になる)

同音異義語

さす

助動詞

さす古形:しむ)

  1. 使役)何かを他の人にさせる意味を加える。――させる。
  2. 尊敬尊敬語接続して尊敬を表す。

活用: 古語: 助動詞

未然形接続
未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
させ させ さす さする さすれ させよ

関連語





刺

刺

















※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「さす」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



さすと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

さすのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2022 Shogitown. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの広島弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのさす (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS