apaとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 本部 > apaの意味・解説 

Apa

名前 アハ

APA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/16 18:46 UTC 版)

APA

  • アメリカ心理学会(American Psychological Association)
  • アメリカ精神医学会(American Psychiatric Association)
  • アルドステロン産生腫瘍 (aldosteron-producing adenoma)
  • アコライツ・プロテクション・エージェンシーAcolytes Protection Agency) - WWEで活動したプロレスラーのユニット。
  • アパグループ - アパホテル、アパマンションなどを展開する日本の企業グループ。
  • APA (エネルギー開発会社)英語版APA Corporation) - 原油や天然ガスの探査・開発・生産などを手掛ける米国企業。
  • 日本広告写真家協会(Japan Advertising Photographers' Association)
  • 日本測量調査技術協会(Association of Precise Survey & Applied Technology)
  • 事前確認制度(Advance Pricing Arrangement (Agreement)) - 移転価格に対する二重課税のリスクを解消するために企業が課税当局とあらかじめ協議する制度。→移転価格税制を参照
  • アメリカ海軍における攻撃輸送艦の類別記号
  • アメリカ家禽協会英語版 (American Poultry Association)
  • アジア議会 (Asian Parliamentary Assembly)
  • アジア平和連合 (Asian Peace Alliance)


apa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 20:39 UTC 版)

アパ」の記事における「apa」の解説

マメ目マメ科(旧ジャケツイバラ科アフゼリア属Afzelia)の樹種アパナイジェリアでの呼称で本来はヨルバ語でこの属のランゲ(lingué; 学名: A. africana)を指していたが、商業的には A. bipindensis や A. pachyloba といった種も指す。木材として属名にちなみ「アフゼリア」、カメルーンドゥシエ doussié にちなみ日本ではドゥッシー」、また「アフリカケヤキ」の名でも出回っているが、ケヤキバラ目ニレ科であり分類学的類縁性はさほど近くない。材の色は橙色-赤茶色気乾比重0.62-0.95で耐久性が高い。

※この「apa」の解説は、「アパ」の解説の一部です。
「apa」を含む「アパ」の記事については、「アパ」の概要を参照ください。


APA(アーティストパーキングエリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:09 UTC 版)

翔べ!FRI-TAG!!」の記事における「APA(アーティストパーキングエリア)」の解説

主にTAGふつおた紹介されるほか、鬼塚飯野それぞれのアーティスト活動報告告知がされる当初ゲストコーナーのはずであったが、結局ゲスト1組迎え入れないまま、2022年5月中旬ごろからコーナー趣旨変更された。

※この「APA(アーティストパーキングエリア)」の解説は、「翔べ!FRI-TAG!!」の解説の一部です。
「APA(アーティストパーキングエリア)」を含む「翔べ!FRI-TAG!!」の記事については、「翔べ!FRI-TAG!!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「apa」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「APA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



apaと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「apa」の関連用語

apaのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



apaのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAPA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアパ (改訂履歴)、翔べ!FRI-TAG!! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS