死生観 死生観の概要

死生観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 17:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

宗教上の死生観

バラモン教における死生観には「輪廻」があり、人は何度も転生し、また動物なども含めた生類に生まれ変わるとされている。このような再生思想は、農耕民族によくみられるものであり、輪廻の概念も元は先住民ドラヴィダ人のものであったといわれている。輪廻の思想は、古代インドにおいて、多くの思想家、またウパニシャッドによって(行為)の思想と結びつけられ、高度に理論化されて、ヒンドゥー教仏教にも継承され、東南アジア世界や東アジア世界における死生観にも大きな影響をあたえてきた。なお、インド起源の宗教においては、肉体は単に霊魂の容れものにすぎないとみなされるところから人の遺体は火葬されるが、ユダヤ教キリスト教イスラーム教儒教などにおいては基本的に土葬され、火葬は禁忌とされる。

中国においては、伝統的に、死後も生前と同様の生活がつづくものという考えがある。儒教が死後の世界に対し言及することに比較的淡泊であったため[注 1]、おもに道教祭祀から考慮すると、そこでは「明器」と称される現実で使用される道具の一連のミニチュアでつくった貨幣などが副葬される。また、始皇帝の陵墓に附設された「兵馬俑」には、秦始皇の死後も皇帝を護衛するための実物大の陶製の兵士が副葬されており、そこでも死後は生の延長上にあるという発想がみてとれる。

朝鮮半島における王陵の発掘成果からは、死後は生の延長上にあるという中国的発想はむしろほとんどみられない。

古代エジプトの人々にとっては、死はむしろ新たな人生への始まりであった。セトに殺され、イシスによって蘇った農耕神オシリスの復活をなぞることによって、ファラオもまた復活できると信じられていた。「オシリス化」は、初めはファラオだけができるものとされていたが、時代が下ると庶民まで広がった。死後の世界はドゥアトと呼ばれ、この世と同じ生活を送れるその世界での肉体を得るためには遺体をミイラ化することが必要と考えられていた。死者が冥界を通過するためには幾多の試練を受けねばならず、それを無事に通過できる呪文を伝えるためにピラミッド・テキスト(en:Pyramid Texts)や『死者の書』などが書かれた[1]

ユダヤ教キリスト教イスラーム教においては、人は死んでも永遠に墓のなかに眠るのではなく、最後の日には呼び戻されて審判を受け、永遠の生命を与えられる者と地獄へ墜ちる者とに分けるという「復活」の思想がある。そのため、上述したように遺体を焼くことは禁忌であり、むしろ破門や死刑以上の重罪とみなされる。異端魔女への極刑が火刑であったゆえんである。

日本においては、死んだらどこへ行くかについて、『日本書紀』に根の国古事記には黄泉国という表記で表される地下の世界があり、イザナギイザナミにまつわる話がよく知られている。これは、ギリシャ神話のオルペウスに類似していることが、つとに指摘されている。死後の世界は、昔の日本では黄泉路黄泉の国)と言われて来たが、仏教が普及してからは、死後の世界のイメージは教義の極楽習合し、キリスト教の教義が一般的に普及すると天国とも混同されるようになった。仏教教義においては、因果応報説にもとづいて、生前善い行いをしたものが行くとされる死後の世界(極楽・天国)と、悪い行いをしたものが行く世界(地獄)は別々であることが、明確に分けられた。

また、死後の世界がどこにあるかについて、日本の民俗学では、山中他界説、山上他界説、海上他界説などの説明をしている。

なお、死の寸前まで行って甦った人の体験談も数多く出ていて、そうしたものを総合して臨死体験というが、本当の「死」は本人には絶対体験できないものである。その意味で臨死体験は「死にかけた」体験というのが適切であり、死後の世界を説明する根拠には乏しい。

哲学の死生観

現代では、哲学も死生観を担っている。古典哲学の形而上学的世界観では死生観は宗教上の立場と余り変わらないものであった。例えば古代ギリシアの哲学者プラトンソクラテスに善き人、特に禁欲思惟した哲学者の魂は「幸福者の島」に入り、放埒に生きた権力者などは奈落(タルタロス)へ、ギリシア神話ミノスら3人の裁判者が死者の魂を選別するという話を語らせている[2]。その後も超越的存在の信仰、死後の世界といった宗教的要素は中世のスコラ哲学などを通っても根強く残っていた。


注釈

  1. ^ 「未だ生を知らず、いづくんぞ死を知らんや」の語がある。
  2. ^ 類似に『日本書紀』第9の一書「時伊奘諾尊 乃投其杖曰 自此以還 雷不敢來 是謂岐神 此本號曰來名戸之祖神焉」がある。
  3. ^ 西は日没の方角であり、象徴的に死の方角とする例は世界中で見られる。
  4. ^ どちらかというと驚き、畏怖のニュアンス。-「あな恐ろし」
  5. ^ 古くは濁音の表記は厳密に区別されなかった。例として「輝く」はかやくとも書いたことが挙げられる。
  6. ^ 元々の中国語の意味は死者の霊といった意味であるが、日本語で恐怖の面が出ているのは興味深い。
  7. ^ 偽作とも云われるがここでは人々の信仰なのであまり問題にしない。
  8. ^ 日本語のすべての仮名を用い、かつ詩的意味を持たせるようにしてつくられた歌。
  9. ^ 侘び・寂びについては別の起源説もある。

出典

  1. ^ エリアーデ・中村 (2000), p. 151.
  2. ^ プラトン・加来 1967 [要ページ番号]
  3. ^ 久野 (2004), p. 32.
  4. ^ 柳田 2013 [要ページ番号]
  5. ^ 折口 (2002), p. 31.
  6. ^ 久野 (2004), pp. 24-27.
  7. ^ 折口 (2002), p. 361, 翁の発生.
  8. ^ 久野 (2004), pp. 324-333.
  9. ^ 宮田 (2006), p. 99.
  10. ^ 竹内 (2007), pp. 44-50.
  11. ^ 久野 (2004), pp. 127-130.
  12. ^ 高階ほか (1999), pp. 53-72.
  13. ^ 竹内 (2007), pp. 64-71.
  14. ^ 高階ほか (1999), pp. 79-89.
  15. ^ 石田 (2001), pp. 93-95.
  16. ^ 石田 (2001), pp. 109-111.
  17. ^ 竹内 (2007), pp. 155-160.


「死生観」の続きの解説一覧



死生観と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「死生観」の関連用語

死生観のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



死生観のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死生観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS