桓武天皇とは?

かんむ てんのう くわんむてんわう 【桓武天皇】 ○

737~806) 第五〇代天皇在位781~806)。名は山部やまのべ光仁天皇皇子794年,都を平安京に遷した。在位中は坂上田村麻呂征夷大将軍として東北地方派遣するなど,朝廷権力大きく伸長した。陵墓山城国紀伊郡柏原にあり,柏原天皇とも呼ばれる

桓武天皇

山部皇子は、773年廃太子された他戸親王代わり立太子したが、母の高野新笠百済渡来人出身であったので周囲から反対された。
しかし藤原百川らの強い推挙により実現した。
なお、この山部親王立太子により天武系の皇統は完全に途絶えた。
781年病と老齢理由退位した父に代わり、即位して桓武天皇となった。
皇太子には同母弟の早良親王とした。
782年氷上真人川継が謀反起こしたが捕らえられて流刑に処せられた。
784年政情不安・凶作疫病流行理由年号を変え長岡京遷都した。
785年頼みとしていた藤原百川の甥の中納言式部卿藤原種継暗殺された。
この事件により大伴継人大伴竹良らが捕らえられ処刑された。
また早良親王皇太子を廃されて乙訓寺幽閉され、のちに淡路配流となりその道中で没した。
皇太子には長男安殿親王とした。
これに連座して万葉歌人大伴家持(すでに故人となっていた)らの官職剥奪した。
この後大飢饉発生するなど忌まわしい出来事が起こったので、陰陽師に占わせたところ、安殿親王の病は早良親王(怨霊鎮魂のため早良親王崇道天皇追号する)の怨霊祟りとされた。
794年桓武天皇はその不吉から逃れるため和気清麻呂提案を受けて平安京(この後1180年福原遷都を除き、1869年明治2年まで続いた都)に遷都した。
桓武天皇は、791年坂上田村麻呂征夷大将軍とし蝦夷を討たせ、また794年藤原継縄菅野真道らに国史編纂797年続日本紀』として完成)を命じた。
804年には空海最澄らを唐に派遣する。
桓武天皇はまた宗教界を統制し、さらに勘解由使設置して国司監督強化し天皇による強力な政治を行った。


桓武天皇 柏原陵
(かんむてんのう かしわばらのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第50
天 皇 名 :桓武天皇
かんむてんのう
御   父 光仁天皇
御   母 :贈太皇太后天高知日之子姫尊
御 陵 名 柏原
かしわばらみささぎ
陵   形 円丘
所 在 地 京都府京都市伏見区桃山町永井久太郎
交通機関等 京阪近鉄丹波橋下車  東へ1km
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

桓武天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/11 14:53 UTC 版)

桓武天皇(かんむてんのう、天平9年(737年) - 延暦25年3月17日806年4月9日))は、日本の第50代天皇(在位:天応元年4月3日781年4月30日) - 延暦25年3月17日806年4月9日))。




[ヘルプ]
  1. ^ 天皇は後年、「緒嗣の父(百川)微(な)かりせば、予豈(あ)に帝位を践むを得んや」との詔を発している(『続日本後紀承和10年7月庚戌(23日)条)。
  2. ^ 当時の皇子女の諱は乳母名(うじな)が採用される慣例であったため、「山部」という諱も山部氏の女性が乳母であったためと思われ、その場合の乳母は山部子虫であったと推定される(佐伯、『新撰姓氏録の研究』)。
  3. ^ 外池昇『事典陵墓参考地 もうひとつの天皇陵』(吉川弘文館、2005年)pp. 49-52。
  4. ^ 田中邦和によれば、桓武天皇は生前に埋葬を希望したのは宇多野ではなく深草山であり(『日本紀略』延暦11年8月4日条)、平城京に倣って都の北側に陵墓を築こうとしたのは皇太子(後の平城天皇)の意向であったとする。ところが、宇多野は賀茂神社を祀る賀茂氏などの在地勢力の勢力圏に近いために彼らの反発を招き、それが宇多野への埋葬断念につながったとされている(山田邦和 「平安時代前期の陵墓選地」『仁明朝史の研究 承和転換期とその周辺』 古代學協會編、角田文衞監修、思文閣出版、2011年2月。ISBN 978-4-7842-1547-8)。
  5. ^ 山田邦和 『歴史検証天皇陵』 新人物往来社〈別冊歴史読本 78〉、2001年7月、p. 134。ISBN 4-404-02778-8
  6. ^ a b 『続日本紀』巻第四十「《延暦九年(七九〇)正月壬子【十五】(#延暦八年(七八九)十二月附載)》壬午。葬於大枝山陵。皇太后姓和氏。諱新笠。贈正一位乙継之女也。母贈正一位大枝朝臣真妹。后先出自百済武寧王之子純陀太子。皇后容徳淑茂。夙著声誉。天宗高紹天皇竜潜之日。娉而納焉。生今上。早良親王。能登内親王。宝亀年中。改姓為高野朝臣。今上即位。尊為皇太夫人。九年追上尊号。曰皇太后。其百済遠祖都慕王者。河伯之女感日精而所生。皇太后即其後也。因以奉謚焉。」 P4473《巻首》続日本紀巻第四十〈起延暦八年正月、尽十年十二月。〉」
  7. ^ 『続日本紀』巻第四十「《延暦九年(七九〇)二月甲午【廿七】》○甲午…(中略)…是日。詔曰。百済王等者朕之外戚也。今所以擢一両人。加授爵位也。」 P4473《巻首》続日本紀巻第四十〈起延暦八年正月、尽十年十二月。〉」
  8. ^ 「百済王氏存続の要因」(山下剛司,佛教大学総合研究所紀要 21号,35-54,2014年)
  9. ^ 宮内庁. “天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見の内容”. 2008年11月7日閲覧。
  10. ^ 主要全国紙で本文において「ゆかり発言」を取り上げたのは朝日新聞のみであり、毎日読売産経の主要諸紙は「おことば」を全文掲載したものの、この「ゆかり発言」は掲載せずに愛子内親王の話題を取り上げるのに留まった。
  11. ^ 朴正薫 (2001年12月23日). “日王、朝鮮半島との血縁関係を初めて言及”. 朝鮮日報. 2008年11月7日閲覧。
  12. ^ 金基哲 (2001年12月24日). “「日王は百済の末裔」韓国人学者の主張”. 朝鮮日報. 2008年11月7日閲覧。
  13. ^ 2002年1月15日 毎日新聞
  14. ^ 金剛学園出演「歌垣」が結ぶ韓日中 平城遷都祭「花いちもんめ」一緒に (民団新聞) [1]
  15. ^ 水野俊平 『韓vs日「偽史ワールド」』 小学館2007年ISBN 978-4093877039
  16. ^ 「韓国人」の名称が使われ始めたのは李氏朝鮮が国号を大韓帝国と変えた頃からであり、また日本と朝鮮半島の民族は遺伝子的に古代は近かったが、現代の朝鮮民族は、中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などによって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血をする機会がはるかに多く、現代日本人とは異質性が存在しており、日本人以上に混血度が高い民族になっているという遺伝子からの研究結果もあり、現代の「韓国人」「朝鮮の血」と古代の「百済人」には差異がある(松本秀雄『日本人は何処から来たか―血液型遺伝子から解く』/李成柱『血液分析により民族の移動経路を判明する』2001年1月3日東亜日報)
  17. ^ a b 桜井誠『嫌韓流反日妄言撃退マニュアル』晋遊舎 178頁「そもそも百済は唐・新羅連合軍によって完全に断絶させられており、今の韓国人とは無関係」
  18. ^ 旧唐書』東夷傳百済「其地自此為新羅及渤海靺鞨所分、百済之種遂絶。(その地の者は新羅及び渤海や靺鞨へ逃げ、遂に百済の種は絶滅した。)」
  19. ^ 百済人の一部は日本に渡来して朝廷に仕え、また百済最後の王である義慈王の子孫の善光が「百済王氏」の氏姓を下賜されるなどした。







桓武天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

桓武天皇に関連した本

桓武天皇に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「桓武天皇」の関連用語

桓武天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アブレイダブルシール

ゲートボール

φ2.5 4極プラグ

ホクヨウウミウシ科の1種2

支輪

オメカシヒナヤドカリ

ニューかめりあ

特急スーパーマリン1





桓武天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2015 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2015.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2015 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桓武天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS