桓武天皇とは?

かんむ てんのう くわんむてんわう 【桓武天皇】 ○

737~806) 第五〇代天皇在位781~806)。名は山部やまのべ光仁天皇皇子794年,都を平安京に遷した。在位中は坂上田村麻呂征夷大将軍として東北地方派遣するなど,朝廷権力大きく伸長した。陵墓山城国紀伊郡柏原にあり,柏原天皇とも呼ばれる

桓武天皇

山部皇子は、773年廃太子された他戸親王代わり立太子したが、母の高野新笠百済渡来人出身であったので周囲から反対された。
しかし藤原百川らの強い推挙により実現した。
なお、この山部親王立太子により天武系の皇統は完全に途絶えた。
781年病と老齢理由退位した父に代わり、即位して桓武天皇となった。
皇太子には同母弟の早良親王とした。
782年氷上真人川継が謀反起こしたが捕らえられて流刑に処せられた。
784年政情不安・凶作疫病流行理由年号を変え長岡京遷都した。
785年頼みとしていた藤原百川の甥の中納言式部卿藤原種継暗殺された。
この事件により大伴継人大伴竹良らが捕らえられ処刑された。
また早良親王皇太子を廃されて乙訓寺幽閉され、のちに淡路配流となりその道中で没した。
皇太子には長男安殿親王とした。
これに連座して万葉歌人大伴家持(すでに故人となっていた)らの官職剥奪した。
この後大飢饉発生するなど忌まわしい出来事が起こったので、陰陽師に占わせたところ、安殿親王の病は早良親王(怨霊鎮魂のため早良親王崇道天皇追号する)の怨霊祟りとされた。
794年桓武天皇はその不吉から逃れるため和気清麻呂提案を受けて平安京(この後1180年福原遷都を除き、1869年明治2年まで続いた都)に遷都した。
桓武天皇は、791年坂上田村麻呂征夷大将軍とし蝦夷を討たせ、また794年藤原継縄菅野真道らに国史編纂797年続日本紀』として完成)を命じた。
804年には空海最澄らを唐に派遣する。
桓武天皇はまた宗教界を統制し、さらに勘解由使設置して国司監督強化し天皇による強力な政治を行った。


桓武天皇 柏原陵
(かんむてんのう かしわばらのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第50
天 皇 名 :桓武天皇
かんむてんのう
御   父 光仁天皇
御   母 :贈太皇太后天高知日之子姫尊
御 陵 名 柏原
かしわばらみささぎ
陵   形 円丘
所 在 地 京都府京都市伏見区桃山町永井久太郎
交通機関等 京阪近鉄丹波橋下車  東へ1km
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

桓武天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/23 03:12 UTC 版)

桓武天皇(かんむてんのう、天平9年(737年) - 延暦25年3月17日806年4月9日))は、日本の第50代天皇(在位:天応元年4月3日781年4月30日) - 延暦25年3月17日806年4月9日))。











桓武天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

桓武天皇に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「桓武天皇」の関連用語

桓武天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




桓武天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2014.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2014 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桓武天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS