西洋美術史 西洋美術史の概要

西洋美術史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 08:45 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

古代

ラスコー洞窟の洞窟絵画。明暗を使い分けた体毛の表現などが見られる。

原始美術

旧石器時代後期に入った頃より、実生活において有用に機能するとは考えにくい遺物・遺構が見られるようになり、これらを総称して一般的に原始美術/先史美術などと呼称し、西洋美術史においては洞窟絵画岩陰彫刻英語版丸彫彫刻英語版、獣骨などに刻まれた刻線画などがこれに該当する[1]。また、実用品からも動物や魚の骨などを原材料とした器物や石器類などに動物や魚類、木の葉などを写実的に模様化したものが残されており、美術の目覚めを感じさせる[2]。ただし、これらを原始美術と分類し、その地位が確立されたのは20世紀に入ってからである[3]

古いものはオーリニャック期に生み出されたとされ、フランスの クニャック洞窟フランス語版に描かれた山羊の洞窟絵画、スペインのラス・チメネアス洞窟スペイン語版に描かれた鹿の洞窟絵画などが知られている[1]

動産美術としてはブラッサンプイで出土した象牙彫りの女性頭部像がある[1]。人間を表した作品はたいていの場合裸体女性であり、子孫繁殖を祈念した宗教的意味合いが込められていたと推察される[4]。この時代の美術的特徴としては、単純な輪郭線による写実的な表現や生殖機能を強調した表現が挙げられる[1]。ソリュトレ期[5]の洞窟絵画は発見されていないが、マドレーヌ期[6] に入ると動物の体毛に応じた明暗の使い分けや、肥痩のある輪郭線を使用した表現力の増した洞窟絵画が出現するようになっている[7]。有名なものとしてはラスコー洞窟アルタミラ洞窟のものが挙げられる[7]。これらの洞窟絵画では野牛、トナカイ、馬、マンモス、鹿などの狩猟対象となった動物のモチーフが主となっていた[8]

このため、これらの遺例はヨーロッパ大陸を拠点に生活を営んでいた狩猟採集民族の手によって作成されたものであり、彼らにとって重要・貴重なものを対象として造形的に再現したに過ぎず、後年の美術が獲得していった社会的機能は持っていなかったのではないか、あるいは誰かに見せるために描いたものでは無いのではないかと考えられている[9][10]

中石器時代には東スペインで興った様々な動物と人間を描いた岩陰絵画(レバント美術)やスカンジナビア半島からロシアにかけて発達した岩陰線刻画(極北美術)が登場した[9]。初期のものには写実的な表現でもって実物大に近い大きさを有しているものも見られるが、時代を追うごとに形像は小型化し、簡略化・形式化が進んでいる[9]

新石器時代に入ると人類は土器の製作を始め、線状模様が土器表面に描かれるようになった[11]。この時代に洞窟絵画に見られるような絵画的美術が創出されたのかどうかは今となっては不明であるが、『西洋美術史要説』では制作そのものが少なかったのではないかと推察している[12]。また、土地土地によって建設されたであろう木造住居は残されておらず、美術史的な立場からこの時代の建築遺物としては、メンヒルドルメンストーンヘンジなどといった宗教的な意味を持っていたと考えられる石製構造物のみである[13]。 後世、20世紀あたりになって、原始美術に影響され原始主義英語版に繋がる。

ロバート・コールドウェイによって復原されたイシュタル門

メソポタミア美術

ウルの王墓から出土した「聖樹と牡山羊」。素材の多様化と表現領域の拡大が見られる。

ティグリス・ユーフラテス川水域で開花したメソポタミア文明では、原始農耕社会の中で様々な器形とユーモアな装飾モチーフを特徴とする彩文土器の出現が見られた[14]。特にサーマッラー期やハラフ期の彩文土器は従来の幾何学文様に加えて特徴を極端に誇張した動物文様や人物文様などが加わり、社会の広がりと異なる文化との交流を示している[14]。地域的な事情から石材が乏しかったことから大型の彫刻は制作されず、建築文化も煉瓦の使用やアーチ式建築の技法発達が見られた[15][16]。ここで誕生したメソポタミア美術は、エジプト美術と並んで西洋美術史における始祖とも言える[17][18]

紀元前4000年期に入る頃にはシュメール人たちによって神殿を中心とした都市が形成されるようになり、商業の活発化とともに絵文字などの伝達手段が登場するようになった[19]。特にウルク期の中心的役割を担ったエアンナでは陶片によって壁面や柱がモザイク装飾された神殿が登場し、大理石を素材にした丸彫彫刻が数多く制作された[20][16]。大理石が持つ白い肌触りと柔らかな質感は人間の肉感を表現するのにうってつけであり、素材に大理石を使用するという手段はギリシア美術へと継承された[21]

ジュムデト・ナスル期英語版に入ると礼拝者や聖職者を象ったと思われる立像が制作されるようになり、同時に、政治的指導者の出現によって都市国家としての発展が見られるようになった[20]。制作される美術品は写実的な表現が大きく発達し、素材も多様化して金、銀、ラピスラズリ、貝殻などが用いられるようになった[20]。また、叙述的な表現技法も見られ、戦争などの国家的な出来事も作品モチーフとして取り入れられるようになっている[20]。この時代の彫刻は『エビー・イルの像』に代表されるように、強調された大きな目を有していることに特徴があり、エジプト美術にも影響を与えている[22]

セム人の侵攻によってアッカド王朝が樹立すると、自然主義的な傾向を有した作品が制作されるようになり、同時に、権力者を称えるような王権美術とでも形容すべき様式の確立がなされた[23][24]。アッカド王朝滅亡後、ウルクによるシュメール都市国家の統合がなされた頃には都市の再建に伴ってジッグラト(聖塔)が各地に建設され、宗教観の発展とともに建築分野の美術が大きく発達した[25][26]。ジッグラトは後に続くエジプト美術で建設されたピラミッドの原形となった[16]

一方、メソポタミア北部のアッシリアでは、バビロニアの占領支配によって固有の文化的発展を遂げ、美術作品においても他の地域にない独自性を有するようになった[27]トゥクルティ・ニヌルタ1世の時代に入った頃から丸彫彫刻や浮彫彫刻などが数多く制作されるようになり、躍動感のある表現が見られるようになった[27]

また、地理的な環境と版図の拡がりから不透明ながらもアッシリアの美術はフェニキア美術やギリシア美術に一定の影響を与えたと考えられている[27][28]。アッシリア帝国滅亡後に誕生した新バビロニア帝国ではネブカドネザル2世の手によって都市整備が進展し、イシュタル門に代表される彩釉煉瓦で装飾された建造物が登場した[27][29]

その後、アカイメネス朝によって各地が統治されるようになるとメソポタミア、エジプト、ウラルトゥなどの美術様式を統合したアカイメネス朝美術英語版が開花した[30]。特に工芸の分野でその特質は顕著で、金銀象嵌などを駆使した精微な作品が数多く制作されている[30]

ネフェルティティの胸像はアマルナ美術を代表する彫刻。

エジプト美術

ナイル川流域で興ったエジプト文明は肥沃な大地を背景に大いに発展し、初期王朝時代にはエジプト美術の原型が誕生した[31][32]。エジプト美術の初期は メソポタミア美術英語版の影響を受けたと考えられている[33]。初期は蛇王の碑などに代表される浮彫彫刻や丸彫彫刻がさかんに制作され、既に技術、様式においてエジプト美術の独自性の原形が垣間見える[31][34]

ファラオの神権的権力が確立する古王国時代には葬祭複合体として古代史においても重要な建築物であるピラミッドギザなどに建立された[31][35]。なお、従来の墳墓(マスタバ)の概念を取り払い、ピラミッドとして確立を見たのはジェセル王の時代であり、宰相イムヘテプによってサッカラに建立された階段ピラミッドがその嚆矢とされている[36][37]。壁画においてはメイドゥームの鴨英語版など、動植物には写実的で精微な表現を有したものが数多く制作されているのに対し、人像表現は極めて形式的かつ概念的で、上半身は正面向き、下半身は真横からといった形態で表現されていることが多い[31][38]。 これは、魚や鳥は死者の食料としての役割を担っており、生きの良さが重要だったのに対し、表された人々は王侯に奉仕する労働力として永遠不動の形を要求するというエジプト独特の信仰から来る表現の違いであると推察されている[39]

中央集権が瓦解し、中王国時代に入るとアメンエムハト3世の時代に入るまで巨大建造物の造営は見られなくなり、代わってオシリス柱ハトホル柱など、独創的な形式を有する葬祭殿や神殿が出現した[31][40]。彫刻においては第11王朝期ごろから個性を写実的に捉える傾向を持った新しいテーベ様式が出現し、従来の伝統的なメンフィス様式とともに二大潮流を形成した[41][42]。しかしながら経済の停滞とともに制作傾向は大型石像彫刻から木製の小像へと変化している[43]

新王国時代に入ると王権の強化とともにエジプト美術は絶頂期を迎え、アモン大神殿ルクソール神殿など、テーベを中心に各地で大型の造営事業が推進された[43][44]。とりわけ、第18王朝期には従来の二大潮流の中に豪華な装飾性と色彩主義が加えられ、宮廷美術の新境地を切り開いた[43]

また、アマルナの地に都を移したアメンホテプ4世が唯一神アトンへの信仰に没頭したことから、この時代に制作された美術作品は自然主義的な傾向が色濃く反映されており、エジプト美術のなかでは異彩を放っている[45][46]。宮廷美術として型にはめられ、厳格な形式性から解放されたことから、リアリズム表現の技法が大いに伸張した[46]。王女に口付けをするアメンホテプ4世の彫刻画など、人間の感情や情愛をモチーフとした構図が採用され、表情や姿態に誇張的な表現がとられた[47]

この時代の美術をそれ以外の時代のエジプト美術と区別し、アマルナ美術と呼称する[48]。アマルナ美術は後世のエジプト美術にも大きな影響を与え、ツタンカーメンの黄金マスクなどにおいても、アマルナ美術の内観的な表現様式の名残が見て取れる[48][49]

エジプト美術の最大の特徴はその様式の不変性で、三千年に及ぶ悠久の時を経てもほぼ変わることなく一貫していることが挙げられる[48]。こうして連綿と継承された技術はその洗練性を高め、後期には沈浮彫りなどの高度に発達した特殊な技法が誕生している[48]。一方でこうした不変性は社会的・歴史的基盤があって初めて成立する特殊な美術であったこともまた事実であり、ギリシア美術のような影響力を他の美術に与えることはなかった[48]。しかし、末期王朝時代に入ると王国の衰退とともにエジプト美術も因襲的な模倣に終始し、他国からの影響を受けながらその独自性すら失っていった[50]。紀元前332年、アレクサンドロス3世によってエジプト征服がなされると、エジプト美術は形骸化し、ギリシア美術の影響の中に消えていった[50][51]

クノッソス宮殿の玉座の間に描かれたグリフォン

ギリシア美術

アーサー・エヴァンズのクノッソス発掘によって、地中海域で最初に開花したとされるクレタ美術(ミノス美術英語版)の解明がなされた[52]。新石器時代末期から青銅器時代初頭にかけて、キュクラデス諸島などで人体の特徴を簡潔に捉えた石偶や彩色土器、金属器などが制作されている[52][53]。旧宮殿時代に入ると農業と海上貿易によって都市は経済的に大きく発展し、マリア、クノッソス、アヤ・トリアダなど各地に荘厳な宮殿が造営された[52]。工芸品も数多く制作され、カマレス陶器のような豪華なものも出現している[52]

紀元前1700年頃に発生した大地震により一時は壊滅の危機に陥るが、新宮殿時代に入るとより複雑で豪華な装飾を持つ宮殿や離宮が建立された[52]。自然と人類を見事に調和させ、自由闊達に描いた壁画が残されており、こうした作風はペロポネソス半島で隆昌したミュケナイ美術へ受容、継承された[52]。紀元前1400年頃に入ってミュケナイ人がクレタ島を征服すると、ミュケナイ美術は最盛期を迎え、後のギリシア建築に大きな影響を与える建造物が複数建築された[54]。 ミュケナイ美術は時代を経るに従って豊かな自然主義的作品から簡素化された装飾モチーフを用いた形式主義的作品へと変遷しており、その理由については明らかになっていない[54]。その後、紀元前12世紀頃のドーリス人大移動を境に衰退期へと移行し、ミュケナイ美術はその幕を閉じることとなった[54]

複雑な幾何学文様と簡素化された装飾モチーフが配されたディピュロン式陶器。

紀元前11世紀中ごろ、アテネのケラメイコスからミュケナイ陶器とは異なる特徴を持った陶器が出現した[54]。黒線や水平帯によって区分した装飾帯に波状線や同心円文を配した構築的な装飾を持ったこれらの様式は原幾何学様式と呼ばれ、ミュケナイ美術とは明確に区別されるようになった[55]

紀元前925年頃になるとこの傾向はより顕著に現れるようになり、紀元前8世紀前半に登場したディピュロン式陶器はメアンダー文、ジグザグ文、鋸歯文、菱形文などを複雑に組み合わせた装飾が配されている[55]

こうした幾何学的な構想は陶器の文様に限らず、テラコッタや青銅小彫刻などにおいても同様の傾向が見られ、動物や人間などの各部位を幾何学的形態に置き換えた後に全体を再構築するという過程を経て制作されており、有機的形態の分析による認識法や、部分均衡と全体調和によるギリシア美術固有の造形理念が見られる[55]。以上のような経緯を経てギリシア美術は確立に至るが、ヨハン・ヨアヒム・ヴィンケルマンが記した『古代美術史』に代表されるように、ギリシア美術こそが西洋美術のはじまりであるとする言説も存在している[56]

その後、エジプト、アッシリア、シリアの東方から持ち込まれた工芸品を通じて、ギリシア美術における装飾モチーフの表現領域が大きく拡大し、パメルット英語版ロータスロゼットなどの植物文やスフィンクスなどの空想動物が用いられるようになった[55]。プロト・コリントス式陶器やコリントス式陶器など、こうした装飾モチーフを利用して制作された作品はギリシア美術の中でも特に東方化様式と呼称し、区別されている[55]

アルカイックスマイルを纏ったテネアのアポロン像英語版

一方、アテネでは叙事詩や物語への関心が高まったことによりこれらをモチーフとした陶器や彫刻が制作され、これらはやがて神話表現へと昇華していくこととなった[55]。紀元前7世紀に入るとエジプト彫刻の影響で大掛かりな彫刻が制作されるようになり、この頃作られた男性裸体像(クーロス英語版)は既に両足を前後させて体重を均等に支えるポーズをとっており、ギリシア彫刻としての特徴が見て取れる[57]

ここまでに培われた表現基盤と技術的要素を背景として紀元前7世紀中盤ごろよりギリシア美術において最も創造力に満ちたアルカイック美術が展開された[57]。人体彫刻はより自然な骨格と筋肉をまとったものへと発展し、神殿建築分野ではこれまでの日干煉瓦や材木に代わって石材が使用されるようになり、アポロン神殿ドイツ語版に代表される周柱式神殿が誕生した[57]。紀元前6世紀にはサモスのヘラ神殿やエフェソスのアルテミス神殿など、イオニア式オーダーによるより巨大な神殿が建立されるに至り、これに伴う建築装飾技法が大いに発達した[57]

浮彫彫刻では静止像に動性を、運動像に瞬間の静止を表現できるよう試行錯誤が繰り返されるようになり、その過程でアルカイックスマイルなどの立体表現が生み出された[58]。なお、ギリシア美術で好んで使用された素材である大理石の色によってギリシア彫刻の特徴としてその「白さ」が取り上げられることがあるが[59]、制作当時はエジプトから輸入された顔料などを用いて鮮やかな彩色が施されていたことが近年の研究によって明らかになっている[60][61]

陶器画の分野ではアッティカがコリントス式陶器の技法を吸収して黒絵式技法を確立し、フランソワの壺に代表されるような、神々や英雄の神話的場面を描出した作品が制作された[58][62]。アマシスやエクセキアスはこの技法をさらに洗練させ、前者は人間味溢れる神々の姿を、後者は重厚な筆致で崇高な神々の姿を描き出し、神人同形(アントロポモルフィズム)という観念を確かなものとしている[58]。その後、黒絵式陶器画は赤絵式陶器画へと転換していき、より細部にこだわった絵画的な表現がなされるようになった[58][62]。こうした技法発展の背景は、板絵や壁画といった新しい芸術表現に対する絵画的探究の表れだったのではないかと考えられている[62]

フェイディアスによって造営されたパルテノン神殿

紀元前5世紀初頭に入ると、ポリュグノトス (en:Polygnotos (vase painter)) やミコン英語版といった画家によって「トロイアの陥落」「マラトンの戦い」などの神話歴史画が描かれ、大絵画というジャンルが確立するに至った[63]四色主義(テトラクロミズム)という制約の下、形像の重複や短縮法といった技法を駆使することによって絵画上に奥行きのある空間表現を試みており、絵画、彫刻におけるギリシア美術の進むべき方向性を示したという意味で特筆すべき存在となった[63]。彫刻分野の作品においては、それまでの直立不動の姿態から支脚/遊脚の概念を取り入れたコントラポストへと変化しており、クリティオスの青年英語版デルフォイの御者像英語版などが制作された[63][64]

ポリュクレイトスの作品「ディスコポーロス」の複製彫刻。

この時代、ペルシアを撃退し、ギリシア世界の覇権を獲得したアテネは最盛期を迎え、ギリシア美術もそれにあわせてクラシック時代という新しい領域へと突入することとなった[63]ペリクレスによってアクロポリスの整備が推進され、オリンピアのゼウス神殿やパエストゥムのポセイドン神殿で培った技術にイオニア的な優美さを付加したパルテノン神殿が建立される[63]。彫刻分野ではパルテノン神殿の造営を指揮したフェイディアスによってアテナ・パルテノスの黄金象牙像が制作された他、ポリュクレイトスによって体中線をS字に湾曲させるなどの技法が生み出され、コントラポストの極致が確立された[63]。絵画の分野ではアポロドロスによって空間表現に不可欠な幾何学的遠近法、空気遠近法の融合化を図った作品が制作された[65]。その他、明暗技法に優れた才能を発揮したゼウクシス、性格表現と寓意的表現に優れていたパラシオスなどがギリシア美術における絵画の発展を牽引している[65]

クラシック時代後期に入ると個人主義が台頭し、美術界においても多大な影響を与えた[65]。彫刻分野ではプラクシテレススコパスリュシッポスが静像に内面性を付加させた表現技法を生み出すとともに、裸体女性像の価値を大きく引き上げることに貢献した[65]アレクサンドロス3世の宮廷彫刻家としても知られるリュシッポスは肖像彫刻の分野でも優れた作品を残しており、後世ヘレニズム美術英語版ローマ美術の彫刻家達に大きな影響を与えた[65]。同じく宮廷画家であったアペレスは明暗法、ハイライト、遠近法を駆使した大絵画を創出し、古代最大の画家と評価されている[66]

アレクサンドロス3世の死後、ヘレニズム諸王国が出現し経済活動、人口流動が活発化すると美術の産業化が顕著となった[67]。富裕層の市民が住宅を壁画で装飾して彫刻で彩ることが流行化し、古典主義美術の伝統が一時的に途絶えることとなった[68]。こうした現象についてローマ時代の文筆家大プリニウスは「美術は紀元前3世紀第2四半期に滅亡し、紀元前2世紀中頃に復興した」としている[68]

ローマ美術の代表的作品「プリマポルタのアウグストゥス」。

ローマ美術

一方、イタリア中部に定着したエトルリア人は、ギリシア美術の影響を受けつつも、独自の宗教観や社会制度を背景に独特の美術文化を形成した[69][70]。一般にエトルリア美術は東方化様式期、アルカイック期、古典期(中間期)、ヘレニズム期の4つに分類される[注釈 1]が、もっとも繁栄を見たのが紀元前6世紀初頭から紀元前5世紀前半にかけてのアルカイック期130年間である[72]

都市や建築の遺構は少ないが、ギリシア美術で頻繁にモチーフとされた神話を描いた陶器などが出土している他、墓室壁画においては葬儀宴会、舞踏、競技、狩猟など日常生活に密着したモチーフが好んで選択されており、エトルリア人独自の来世観を保持していたことが伺える[69][73][74]。紀元前7世紀から顕現したこうした兆候はヘレニズム期まで継続していた[69]。彫刻分野も遺例が少ないものの、紀元前6世紀末に活躍したウルカ英語版はエトルリア人彫刻家として名が知られている特筆すべき人物で、ヴェイオから出土した「アポロン」など、イオニア彫刻の影響を強く受けたテラコッタ像を制作している[69][75]

ローマの代表的な観光地として知られるコロッセオ
マクセンティウス帝に勝利したことを記念して建造されたコンスタンティヌスの凱旋門

紀元前5世紀初頭の古典期に突入すると政治、経済の衰退と共に美術的活動も新鮮味と活力が失われ、様式的にも停滞した[75]。しかし、ヘレニズム期に入ると来世観に進展が見られ、ウァント英語版カルン英語版といった魔神が墓室壁画のモチーフとして選択されることが多くなった[75]。肖像彫刻においては写実性溢れる作品が好んで制作されるようになった[75]

紀元前509年、エトルリアに従属していた都市国家のひとつであったローマは、共和制を樹立し、周辺都市国家を征服しつつ紀元前4世紀にはエトルリアをもその支配下に置いた[76][70][74]。その過程でエトルリア美術の影響は次第に薄れてはいったが、独自の美術を生み出すには至っていなかった[77][78]

紀元前3世紀に入るとサムニウム戦争第一次ポエニ戦争などの影響により、戦利品として南イタリアのギリシア植民都市から大量の美術品が持ち込まれると、その成熟された美しさに魅了され、第二次ポエニ戦争以降、ローマ下においてギリシア美術ブームが起こった[77][79]。これによりローマでは従来の伝統的なエトルリア美術と、「外来」のギリシア美術がそれぞれ潮流を成し、社会に氾濫することとなった[77]。ローマ人の需要に応えるべく、創造性には欠けるが様々な様式の彫刻を注文に合わせて制作するネオ・アッテカ派英語版と呼ばれる一派が形成され、アウグストゥスの庇護を受けて伸張した[80]。この影響で「アウグストゥスの平和の祭壇」や「プリマポルタのアウグストゥス」といった高度な写実性を有する、洗練された古典主義的な美術品が数多く制作されている[81][74]

建築分野では紀元前1世紀前半ごろより、ヘレニズム期のエトルリア美術を基盤としてローマ固有の建築様式を生み出していった[81][82]。厳格な左右対称性やコリントス式柱頭の多用、内部空間の重視などがローマ建築の特徴として挙げられる[83]。紀元前2世紀前半に建設されたバシリカや紀元前1世紀前半に建築されたコロッセウムなどは、新しい建築ジャンルとしてローマ美術における代表的な建造物としてしばしば取り上げられる[84]

また、建造物の壁面に描かれた装飾物についてもヘレニズム期の影響を受けるポンペイ第一様式からポンペイ第二様式と呼ばれる装飾法へ移行を果たし、神話的風景画などがさかんに制作された[84]。帝政期に入ると歴代皇帝の事跡を誇示するかのような歴史浮彫が多数制作され、現代ではトラヤヌス帝の記念柱コンスタンティヌス帝の凱旋門などがその遺構として知られている[85]

同時に神話的な情景を主たるモチーフとしていた古典主義は衰退し、現実の情景を記した写実主義がもてはやされるようになった[86]。さらに、2世紀中ごろからは主要人物をより強調して表現する傾向が顕著となり、その影響は肖像彫刻などの他ジャンルへも波及した[86]。こうした自然主義の放棄と表現主義の台頭という変遷は、この後のローマ美術がキリスト教美術へと変質化していく過程における重要な転換点として挙げられる[86]

中世

初期キリスト教美術

紀元2世紀末から3世紀はじめにかけて地中海沿岸の各地にローマ美術の流れを汲んだキリスト教美術が誕生した[87]。以降キリスト教美術は1500年以上に渡って東西ヨーロッパにおける美術の中核を担っていったが、キリスト教の誕生から5世紀後半までの美術を初期キリスト教美術と呼称している[87]。313年に公布されたミラノ寛容令まではキリスト教に対して弾圧が繰り返されていたこともあり遺跡、遺品ともに残されているものが少ないが、カタコンベ(地下墓所)の壁画や石棺彫刻といった葬礼美術にその特徴を垣間見ることが出来る[87][88][注釈 2]。火葬と土葬が併用されていた古代ローマ時代からヘレニズム文化の影響を受けて土葬へと急激に転換したことが、こうした葬礼美術が制作されるようになった要因の一つとされている[90]。キリスト教では偶像崇拝が禁じられていたことから、死後の魂の救済を願って描かれた初期の壁画は、構図やモチーフに異教美術からの積極的な借用が見られるものの、十字架の形を象徴する物やイエス・キリストを意味する魚、よき羊飼いや祈る人といった寓意的な人物など、間接的または暗示的な信仰の表明が示されている[91][92]。教義が出来上がり、教会体制が整うにつれて新約聖書旧約聖書に語られている物語がモチーフとして選択されるようになった[91][92]

380年に、テオドシウス1世によってキリスト教が国教として定められると、帝都コンスタンティノポリス、ローマ、アンティオキアなどの各地で大規模な教会堂の建築が実施された[91][93][89]。建築様式としてはローマ美術のバシリカから派生したもの(バシリカ式)、ヘレニズム美術の廟墓建築やユダヤ教の記念堂建築の流れを汲むもの(集中式)に大別されるが、いずれも煉瓦造りの質素な外観に対してモザイク装飾を用いた豪華な内観という特徴を持っており、現実的な地上世界と神秘的な死後世界の対照化を試みている[94]。バシリカ式の教会堂としてはローマのサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂が、集中式の教会堂ではラヴェンナのガッラ・プラキディア廟堂が、それぞれこの時代に建築された代表的な例として挙げられる[94]。5世紀に入るとキリスト教美術はローマ美術の古典的な様式から豪華な金地や多様な装飾が施された東方的な荘厳美術へと傾倒していった[94]

ビザンティン美術

330年、コンスタンティヌス1世により帝都がコンスタンティノポリス(現イスタンブール)へ移されたことがきっかけで美術活動の重心も東方へと移っていった[95]。これによって初期キリスト教美術に古代アジアやサーサーン朝ペルシアの美術的要素が融合し、ビザンティン美術が確立された[95]。ビザンティン美術は15世紀までの長きに渡り、大きな変質なく脈々と一貫性を保ち続け、その特徴は荘厳な様式の中に散りばめられた豪華絢爛な装飾性と、精神性や神秘性を追求した理知的な傾向が挙げられる[95]ユスティニアヌス1世の第一次黄金時代と呼ばれる時期に建築されたハギア・ソフィア大聖堂は、それまでのバシリカ式と集中式の建築様式を統合し、新しい建築類型を確立させた[95]。また、近東の民族美術の影響で装飾モチーフにも変化が見られ、聖樹や獅子、幾何学文様などの象徴的あるいは抽象的な浮彫装飾が好んで選択されており、人像の表現は激減している[96]。さらに、8世紀に入って聖像論争が勃発して聖像否定派が優勢に立ったことで、こうした傾向はますます顕著となり、造形美術分野は一時的な衰退を余儀なくされた[96]

チェファル大聖堂の大構図モザイク装飾。

9世紀後半に興ったマケドニア王朝はその版図を拡大し続け、11世紀にはイタリア南部からスラブ諸国にまで及ぶ大帝国となった[97]。この時代に始まった美術界における栄華をビザンティン美術における第二次黄金時代と呼ぶ[97]。ヘレニズム期の古典的な伝統美術が影響力を強め、教会堂建築もオシオス・ルカス修道院などに代表される、集中式を基盤とした装いへと立ち返っている[97]。工芸美術の分野では「パリ詩篇英語版」や「ナジアンゾスのグレゴリウス説教集」といった擬古典的な様式を採用した写本装飾などが制作された[97]。その後、マケドニア王朝の滅亡とともにコムネノス王朝が興ると華やかな宮廷美術と、人文主義的な伝統美術が融合した独特の美術が開花した[98]。代表的な教会堂建築としてはダフニ修道院ネレズィ修道院聖堂英語版などがある[98]。13世紀前半には十字軍の略奪と占領などによって再び停滞期に突入するが、パレオロゴス王朝の時代に入るとコーラ修道院に代表される写実的で繊細典雅な様式が花開いた[98]

11世紀中葉以降、西方における帝国拠点都市を通じて、ビザンティン美術は西欧美術に大きな影響を与え続け、大構図モザイク装飾を採用した教会堂が各地に建立された[98]

初期中世美術

ケルズの書はメロヴィング朝における写本装飾の代表的な作品。

476年の西ローマ帝国滅亡後、ゲルマン諸族の国家が次々と誕生した[99]。ガリアの地においてもゲルマン民族の手によってブルグント王国が成立したが、5世紀後半にクローヴィス1世率いるフランク王国によって滅ぼされた[99]。クロヴィス1世は都をソワッソンへ移し、ローマ文化を積極的に取り入れ、ローマ帝国の継承者としてメロヴィング朝を興した[99][100]。こうした経緯によって培われたメロヴィング朝の美術は工芸品分野において優れた技術を見せており、ゲルマン民族特有の豪華な装飾と、ガリア土着の伝統が融合した独特の様式を呈していた[101]。また、近東の修道院制度がイタリアやアイルランドを経てもたらされ、大小様々な僧院が建立されている[101]写本装飾の分野ではメロヴィング朝特有のメロヴィング体英語版書体メロヴィング彩飾英語版の「鳥魚文」が多用されると同時に、花や鳥を幾何学的に組み合わせた文様なども確認でき、古代の自然主義的表現様式とは一線を画すものが制作されている[101]。7世紀にはケルズの書に代表されるような、サクソン、オリエント、コプトからの影響を受けた複雑な装飾が施されるようになった[101]

カロリング朝の時代に入るとカール大帝の手によって学問や芸術の奨励が始まり、美術史的観点において大きな躍進を遂げた[102]。特に彫刻分野においては、北イタリアを中心に発達した組紐文を象徴的に用いた浮彫が各地へ伝播し、後のロマネスク美術の基礎を築いた[102]。写本装飾の分野においてはメロヴィング朝時代に一時衰退した古典的な人像表現が復活し、装飾モチーフとして積極的に使用された[103]。その後、オットー1世によって神聖ローマ帝国が築かれると、西欧文化の主導権を掌握し、文化的傾向の方向性を確たるものとした[103]

ロマネスク美術

9世紀から10世紀にかけて、ノルマン人やサラセン人などの異教徒の脅威により、カロリング朝はユーグ・カペーへその王権が引き継がれ、フランク王国は事実上の解体をみた[104]。激動する社会情勢の影響を強く受けた西欧美術も同様に再び大きな変革を迫られることとなった[104]。ロマネスク美術は、そうした社会的変動を背景として初期中世美術という基盤を発展させ開花した、11世紀後半から12世紀にかけての西欧美術を指す[104]

建築分野におけるロマネスク美術の特徴は、重厚な石壁と暗い内部空間に表され、古代バシリカ式建築を基本に添えつつ、東西への方向軸を持った建造物が増加した[104][105]。これは、聖地巡礼を行う礼拝客の動線を配慮した結果発展した形態であると考えられている[104]。こうした形態を保持する教会堂を巡礼路聖堂と呼び、トゥールーズのサン・セルナン大聖堂英語版などがその代表的建造物として挙げられる[104]。この時代、修道院は学問と美術の中心的存在を担っており、各会派は信仰の普及手段として教会堂の建設を推進した[106]。その表現手段は多様で、シトー会派が図像を否定し、質素な美術を奨励したのに対し、ベネディクト会派は豪華な素材を用いて美術の荘厳化に注力した[106]。地方によって同じロマネスク美術建築でも特徴が大きく異なるのは、地域に対する会派の影響度の違いを示している[107]

70mに渡ってノルマン・コンクエストを生き生きと描いたバイユーのタペストリー

また、後年のゴシック美術の建築と比較して壁面が多く、教会堂の天井や側壁には聖書や聖人伝を題材とした説話的な壁画が描かれた[108]。地方によって細微な違いがあり、もっとも西方的な様式を確立したのはフランスで、その他の地域は大なり小なり東方的なビザンティン美術の要素を取り込んだ壁画が制作されている[109]。イタリアではカロリング朝の伝統を継承しつつも、ビザンティン美術の範例を手本としながら力強い筆致で描かれているのが特徴で、イタロ=ビザンティン様式と呼ばれるこうした大構図壁画は、サン・クレメンテ聖堂英語版サン・タンジェロ・イン・フォルミス聖堂イタリア語版などに残されている[108]。スペインでは東方的な色彩とモサラベ美術英語版の影響によって、カタルーニャ地方に独特のロマネスク美術が開花した[110]。また、オットー朝の写本工房の影響力がドイツ南部、オーストリア、スイス北部などではイタリア経由でもたらされたビザンティン美術の要素と融合を果たしたロマネスク美術が確立されている[109]

コンクの聖女フォワの遺物像

工芸分野では十字架、装幀板、燭台、聖遺物箱、祭具といった宗教用具がさかんに作成され、古代の浮彫や彫刻技法を復活させたことに大きな意義を見出すことが出来る[109]。こうした丸彫像ではコンクの聖女フォワの遺物像がその先駆けとなった[111]。その他オットー朝の伝統を汲むドイツや北イタリアの諸工房では、象牙や金を素材とした工芸細工が数多く制作され、フランスのリムーザン地方ではエマイユ工芸が発達し、聖遺物箱や装幀などが制作された[112]。また、バイユーのタペストリーに代表される刺繍工芸が盛んになったのもロマネスク美術の特徴といえる[112]

ゴシック美術

ロマネスク美術の延長線上に位置付けられるゴシック美術は12世紀半ばごろより始まり、人間的・写実的な表現を特徴とし、ロマネスク美術の象徴的・抽象的な表現とは対照的な様相を呈している[112][113]。この変革の背景には社会環境の変化が大きな影響を与えたと考えられている[112]。前時代は修道士や聖職者など、限られた人々が文化の担い手であったのに対し、裕福な市民層や大学を拠点とする知識人などの台頭によってその範囲が拡大していったことが、美術の性格を変革させた一つの要因となっている[112]

ゴシック建築の最も古い作例とされるサン=ドニ大聖堂(内部)。

こうした精神を如実に物語っているのが建築分野であり、その先鞭はシュジェールによって行われた1144年のサン=ドニ大聖堂改修工事である[112]。シュジェールは信仰を導く手段として「光」の重要性を謳い、尖頭アーチを用いた肋骨交差穹窿とステンドグラスを嵌め込んだ大窓を組織的に活用することで、新しい建築意匠を創出した[114][113]。この動きはすぐにサンス、サンリス、パリ、ランなどフランスの周辺都市へ伝播し、同様の意匠を保持する大聖堂が相次いで建立された[114]。さらにはフランス人工匠の手によって国外へも波及し、イギリスのカンタベリー大聖堂など、新規建築や改修時にゴシック建築の様式を取り入れたものが登場している[115]。また、ロマネスク建築の重厚な石造天井は重量的な問題から、自ずと「高さ」に対して限界が見えるようになり、これを解消することを目的とした建築方式が誕生し、広く受け入れられることは必然であったとも言える[105]

シャルトル大聖堂の南周歩廊にある「美しきステンドグラスの聖母」。

装飾彫刻もこうした動きと連動し、円柱人像などの新しい要素が誕生した[115]。これによって古来以降途絶していた塑像性が復活し、自然な丸みを帯びた人像表現へと発展していく嚆矢となった[115][116]。また、個々の彫像が採用したモチーフを連関させ、全体としての合理性を持たせるといったことも試行されている[115]。こうした特徴もつ装飾彫刻の代表的なものとしては、シャルトル大聖堂の「王の扉口」(西側正門)などが挙げられる[115]。連関思想は、次第に金属細工や彩色写本といった小型の美術品にも傾向として現出するようになった[117]

12世紀に入るとゴシック建築を採用した聖堂の建立が本格化しはじめ、内部空間構成と建造物の見事な調和が見られるようになった[117]。ブルージュ、シャルトル、ランス、アミアン、ボーヴェといったフランス各地の大聖堂やイギリスのソールズベリー大聖堂、ケルンのザンクト・ペーター大聖堂など壮大な聖堂が各地に建設されている[117]。特に、世界遺産にも指定されているアミアンのノートルダム大聖堂は、その全長が145メートルにも及ぶ巨大な聖堂である[117]。また、物理的制約から解放されたことで、塔や穹窿は高さに対しても追求がなされるようになった[118][16]

並行して円柱人像の技法も発展し、13世紀に入ると扉口浮彫から丸彫像への移行が見られるようになった[119]。同時にゴシック彫刻の特長とも言えるS字型に捻った姿態、柔和な相貌、流麗な衣襞といった表現が確立し、古典主義的な思想を孕んだ作品が数多く制作された[119]。さらには14世紀初頭にドイツで制作されたピエタの彫像のような凄惨な場面を主題とした彫刻作品も登場し、表現領域の拡張に大きな足跡を残した[119]

ピサネロの『エステ家の姫君の肖像』は国際ゴシック様式の代表的な作品のひとつ。

また、色彩芸術の分野ではステンドグラスによる主題表現が代表的で、シャルトル大聖堂の「美しきステンドグラスの聖母」など、12世紀から13世紀にかけて制作された傑作が多数残されている[119]。写本絵画では個人向けの聖書・詩篇集の制作がフランスやイギリスで活発化し、多くの写本画家がパリを拠点に活動を行っている[119]。中でも『ベルヴィル家の聖務日課書』を制作したジャン・ピュセル英語版は、フランスの優雅な人物表現とイタリアの空間表現を融合させ、パリ派写本と呼ばれる写本の新しい基準様式を確立させたことで知られる[119]

イタリアではビザンティン美術の影響が根強く、ゴシック美術の浸透が遅れていたが、ヤコポ・トリーティ英語版ピエトロ・カヴァリーニといった大構図壁画家によってビザンティン美術からの脱却が図られるようになり、これを継承したチマブーエジョット・ディ・ボンドーネシモーネ・マルティーニといった画家たちによって段階的に成し遂げられ、後世におけるルネサンスの礎が築かれた[119][120][121]。こうした画家の登場した時代を切り出してプロト・ルネッサンス時代と呼称する場合もある[122][123]

14世紀に入ると教会の分裂や黒死病の大流行に加えて、百年戦争の影響によって大規模な建築造営が見られなくなった[119]。取って代わるように王侯貴族の邸宅や都市の公共施設といった世俗的な実用建築が行われるようになり、用途や地域に即した分極化が進行した[119]。14世紀後半には骨組の構造が複雑化し、装飾的に入り組んだ肋骨構造や曲線を絡み合わせた狭間造りといった特徴が見られるようになる[124]。ルーアンのノートルダム大聖堂はこの時代の代表的な作例と言える[125]

また、絵画は14世紀の後半から芸術において主導的な立場へ昇華した[125]。西欧各地の宮廷に展開された絵画芸術は国際ゴシック様式と呼ばれ、アヴィニョンで興ったシエナ派の流れを汲む、自然観察に基づく正確な細部の描写と豪奢な宮廷趣味を特徴としている[125]。イタリアのピサネロは国際ゴシック様式の代表的な画家であり、『エステ家の姫君の肖像』など、幻想性豊かな作品を制作している[125][126]。フランスではパリ、ブルージュ、アンジェ、ディジョンなどで国際ゴシック様式が開花し、1355年頃に描かれたとされる『フランス国王ジャン善良王の肖像』は俗人を描いた単身肖像画としては最古のものとして知られている[125]。ディジョンにはフランドル出身の画家や工人が多く住み着き、メルキオール・ブルーデルラムジャン・マヌエルアンリ・ベルショーズといった宮廷画家がフランコ=フラマン派の作品を数多く生み出した[127]

その他、装飾写本の分野ではネーデルラント出身で写実的な自然描写と精妙な装飾性を有した写本の制作を得意とするランブール兄弟が知られており、『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』はこの時代の写本芸術の最高峰とされている[127][128]。ランブール兄弟の作品は15世紀のパリ派写本工房へ大きな影響を与えた[127]


注釈

  1. ^ 先エトルリア文化であるヴィッラノーヴァ文化の時代を加える場合もある[71]
  2. ^ キリスト教を主題とした現存する最古の美術品は紀元2世紀から3世紀にかけてのもので、イエス時代を含めそれ以前のものについては発見されていない[89]
  3. ^ 15世紀のルネサンス時代に生きた画家が見ることが出来たローマ時代の壁画としては、トラヤヌス浴場の下から発掘されたドムス・アウレアぐらいであったとされている[147]
  4. ^ 両者の担当区分については議論が交わされてきたが、平面性を重視した構図を採用した部分がフーベルト、アダム、イヴの仰瞰像および現実的な奥行き感を表現した受胎告知の部分がヤンの手によるものであるとするのが今日の定説となっている[164]
  5. ^ スフマート自体はつたないながらも先に描いた『岩窟の聖母』で使用が試みられている[177]
  6. ^ 水晶宮は1851年にロンドンで開かれた万国博覧会の会場として建設されたものであり、現在は解体されて残っていない[256]
  7. ^ 『オランピア』はティツィアーノの『ウルビーノのヴィーナス』に代表されるルネサンス以来の伝統的な横たわるヴィーナスの構図を借用しつつ現代パリの高級娼婦を描き出した作品である[260]

出典

  1. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 6.
  2. ^ 『西洋美術史要説』 1981, pp. 4–5.
  3. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 7.
  4. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 5.
  5. ^ (B.C25000〜20000年)
  6. ^ (B.C20000〜10000年)
  7. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 7.
  8. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 6.
  9. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 8.
  10. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 18.
  11. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 10.
  12. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 11.
  13. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 9.
  14. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 9.
  15. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 30.
  16. ^ a b c d 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 27.
  17. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 146.
  18. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 26.
  19. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 9–10.
  20. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 10.
  21. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, pp. 27–28.
  22. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 28.
  23. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 11.
  24. ^ 『西洋美術史要説』 1981, pp. 31–32.
  25. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 12.
  26. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 32.
  27. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 14.
  28. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 35.
  29. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 38.
  30. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 15.
  31. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 16.
  32. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 14.
  33. ^ 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 22.
  34. ^ 『エジプト美術』 1973, p. 9.
  35. ^ 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 45.
  36. ^ 『エジプト美術』 1973, p. 12.
  37. ^ 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 42.
  38. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 19.
  39. ^ 『西洋美術史要説』 1981, pp. 19–20.
  40. ^ 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 112.
  41. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 16–17.
  42. ^ 『西洋美術史要説』 1981, pp. 21–22.
  43. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 17.
  44. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 23.
  45. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 18.
  46. ^ a b 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 160.
  47. ^ 『エジプト美術』 1973, p. 88.
  48. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 19.
  49. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 26.
  50. ^ a b 『エジプト美術』 1973, p. 96.
  51. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 28.
  52. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 22.
  53. ^ 『古代ギリシャ』 2012, p. 15.
  54. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 23.
  55. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 24.
  56. ^ 『西洋美術への招待』 2003, p. 1.
  57. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 25.
  58. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 26.
  59. ^ 『古代ギリシャ』 2012, p. 36.
  60. ^ 『古代ギリシャ』 2012, p. 53.
  61. ^ 『古代ギリシャ』 2012, p. 57.
  62. ^ a b c 『西洋美術への招待』 2003, p. 35.
  63. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 27.
  64. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 148.
  65. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 28.
  66. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 29.
  67. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 29–30.
  68. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 30.
  69. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 31.
  70. ^ a b 『イタリアを知るための55章』 1999, p. 16.
  71. ^ 『エトルリア文明 - 古代イタリアの支配者たち』 1994, p. 134.
  72. ^ 『エトルリア文明 - 古代イタリアの支配者たち』 1994, pp. 134–135.
  73. ^ 『イタリアを知るための55章』 1999, pp. 15–16.
  74. ^ a b c 『西洋美術史入門』 2012, p. 150.
  75. ^ a b c d 『エトルリア文明 - 古代イタリアの支配者たち』 1994, p. 136.
  76. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 31–32.
  77. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 32.
  78. ^ 『ローマ人の世界』 1996, p. 134.
  79. ^ 『ヨーロッパの中世美術』 2009, p. 38.
  80. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 32–33.
  81. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 33.
  82. ^ 『ローマ人の世界』 1996, p. 135.
  83. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 33–35.
  84. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 35.
  85. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 35–36.
  86. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 36.
  87. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 38.
  88. ^ 『ヨーロッパの中世美術』 2009, pp. 15–17.
  89. ^ a b 『西洋美術への招待』 2003, p. 37.
  90. ^ 『西洋美術への招待』 2003, p. 38.
  91. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 39.
  92. ^ a b 『西洋美術史入門』 2012, p. 152.
  93. ^ 『ヨーロッパの中世美術』 2009, p. 17.
  94. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 40.
  95. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 42.
  96. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 44.
  97. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 46.
  98. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 47.
  99. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 48.
  100. ^ 『ヨーロッパの中世美術』 2009, p. 9.
  101. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 50.
  102. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 51.
  103. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 52.
  104. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 54.
  105. ^ a b 『西洋美術への招待』 2003, p. 65.
  106. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 55.
  107. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 55–57.
  108. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 57.
  109. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 58.
  110. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 57–58.
  111. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 58–60.
  112. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 60.
  113. ^ a b 『西洋美術史入門』 2012, p. 154.
  114. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 60–61.
  115. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 61.
  116. ^ 『西洋美術への招待』 2003, p. 3.
  117. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 62.
  118. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 62–64.
  119. ^ a b c d e f g h i 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 64.
  120. ^ 『西洋絵画史 WHO'S WHO』 2005, p. 1、3、5.
  121. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 89–93.
  122. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 156.
  123. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 56.
  124. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 64–67.
  125. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 67.
  126. ^ 『西洋絵画史 WHO'S WHO』 2005, p. 21.
  127. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 68.
  128. ^ 『西洋絵画史 WHO'S WHO』 2005, p. 15.
  129. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 70.
  130. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 70–76.
  131. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 20.
  132. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 70–71.
  133. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 71.
  134. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 255.
  135. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 265.
  136. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 225.
  137. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 227.
  138. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 72.
  139. ^ a b 『西洋美術の歴史』 2001, p. 218.
  140. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 258.
  141. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 219.
  142. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 220.
  143. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 74.
  144. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 256.
  145. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 74–75.
  146. ^ a b 『西洋美術の歴史』 2001, p. 228.
  147. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 72–74.
  148. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 75.
  149. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 76.
  150. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 264.
  151. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 77.
  152. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 259.
  153. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 231.
  154. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 77–78.
  155. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 78.
  156. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 233.
  157. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 79.
  158. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 79–80.
  159. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 80.
  160. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 149.
  161. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 124–125.
  162. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 81.
  163. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 32.
  164. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 81–82.
  165. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 82.
  166. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 83.
  167. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 114.
  168. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 83–84.
  169. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 84.
  170. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 86.
  171. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 241.
  172. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 87.
  173. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 216–218.
  174. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 279.
  175. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 88.
  176. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 40.
  177. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, pp. 242–244.
  178. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 42.
  179. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 48.
  180. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 247.
  181. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 249.
  182. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 88–90.
  183. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 90–92.
  184. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 292.
  185. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 253.
  186. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 92.
  187. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, pp. 51–52.
  188. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 92–93.
  189. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 232–233.
  190. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 93.
  191. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 257.
  192. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 93–95.
  193. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 95.
  194. ^ a b c d e f g h i j 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 96.
  195. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 287.
  196. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 97.
  197. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 98.
  198. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 98–99.
  199. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 99.
  200. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 99–100.
  201. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 100.
  202. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 177.
  203. ^ a b c d e f g h 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 102.
  204. ^ a b 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 157.
  205. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, pp. 158–159.
  206. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 103.
  207. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 160.
  208. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 103–104.
  209. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 104.
  210. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 104–106.
  211. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 106–107.
  212. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 107.
  213. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 107–108.
  214. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 108.
  215. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 109.
  216. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 110.
  217. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 111.
  218. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 112.
  219. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 196.
  220. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 112–113.
  221. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 113.
  222. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 114.
  223. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 120.
  224. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 115.
  225. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 115–117.
  226. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 117.
  227. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, pp. 210–212.
  228. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, pp. 216–217.
  229. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 118.
  230. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 217.
  231. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 119.
  232. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 122.
  233. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 222.
  234. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 123.
  235. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 123–124.
  236. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 124.
  237. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 124–125.
  238. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 125.
  239. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 126.
  240. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 220.
  241. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 128.
  242. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 128–130.
  243. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 130.
  244. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 130–131.
  245. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 131–132.
  246. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 132.
  247. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 132–133.
  248. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 133.
  249. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 133–134.
  250. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 134.
  251. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 134–135.
  252. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 135.
  253. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 135–136.
  254. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 136.
  255. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 138.
  256. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 139.
  257. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 140.
  258. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 141.
  259. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 142.
  260. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 143.
  261. ^ 『印象派の誕生』 2010, p. 57.
  262. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 172.
  263. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 144.
  264. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 145.
  265. ^ 『印象派の誕生』 2010, p. 155.
  266. ^ 2019/10/07 2019/11/06. “【超入門】西洋美術史・絵画史とは?年表順に解説” (日本語). Histography(ヒストグラフィー). 2019年11月10日閲覧。
  267. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 174.
  268. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 147.
  269. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 149.
  270. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 154.
  271. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 154–155.
  272. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 155.
  273. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 152.
  274. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 156.
  275. ^ a b c d e f g h 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 157.
  276. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 170.
  277. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 171.
  278. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, p. 86.
  279. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 86–87.
  280. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 87.
  281. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 96.
  282. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 159.
  283. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 88.
  284. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, p. 99.
  285. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 169.
  286. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 6.
  287. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, pp. 6–7.
  288. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, p. 9.
  289. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 160.
  290. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 11–13.
  291. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 14–15.
  292. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 161.
  293. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 23.
  294. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 162.
  295. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 26.
  296. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 163.
  297. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 32–33.
  298. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 36.
  299. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 164.
  300. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 164–165.
  301. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 165.
  302. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 44.
  303. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 166.
  304. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 166–167.
  305. ^ 『シュルレアリスム』 2011, pp. 235–236.
  306. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 167.
  307. ^ 『シュルレアリスム』 2011, pp. 7–8.
  308. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 167–168.
  309. ^ 『シュルレアリスム』 2011, pp. 233–234.
  310. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 168.
  311. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 68.
  312. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 174.
  313. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 172.
  314. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 172–173.
  315. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 173.
  316. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 442.
  317. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 175.
  318. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 195.
  319. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 196.
  320. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 191.
  321. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 190.
  322. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, p. 160.
  323. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 190-191.
  324. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 160–162.


「西洋美術史」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「西洋美術史」の関連用語

西洋美術史のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



西洋美術史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西洋美術史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS