経済 経済の概要

経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 14:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

生活に必要なサービス需要供給の上に成り立っており、それらの消費のために生産が必要となる。社会が生育し近代化する過程において、自給自足から生活に必要な物やサービスを交換し合うシステムが構築されることでさらに豊かになっていった。この交換を潤滑にするものが金銭であるが、同時に束縛しうるのも金銭、厳密には貨幣供給システムである。近代社会における経済は、物やサービスを生産する企業、物やサービスを消費する消費者である家庭(家計)、公共的サービスを提供する政府の3つに分けられる[2]。以上のような経済を主な対象とする学問として、経済学がある。

語源

日本語の「経済」は英語の"economy"の訳語であるが、この語は古典ギリシャ語οικονομία(家政術)に由来する[3]οικος は家を意味し、νομος は規則・管理を意味する[3]。従って、economyの本来の意味は家庭のやりくりにおける財の扱い方であるが、近代になってこれを国家統治の単位にまで拡張し、以前の意味と区別して政治経済学(political economy)という名称が登場する(この名称は後にアルフレッド・マーシャルによってeconomicsと改められた。)。

日本のみならず漢字文化圏のほとんどの国では、上記のような"economy"を意味する「経済」の語が普及している。この「経済」という言葉は、幕末維新期の日本において、初め(古典派経済学における)"political economy"の訳語として導入された。

この訳語の考案者を福澤諭吉とする文献もある[3] が、福沢が書物の名前ないし講義名として「経済」という語を用いた時点(1862年1868年)で、すでに1862年発行の辞書『英和対訳袖珍辞典』がpolitical economyの訳語として「経済」「経済学」の訳語を挙げており、同じ年に西周が手紙の中で「経済学」の語を用いている。これらの点から、福沢一人をこの訳語の作者とするのは困難である[4]。訳語として同時期に資生も提唱されたが、こちらはあまり普及しなかった。

漢語における「経済」とは、「世の中を治め、人民を救う」ことを意味する経世済民(若しくは経国済民)の略語であり、これは東晋葛洪によって記された『抱朴子』(ほうぼくし)の記述が初出とされる[5]。また、今日でいう経済と意味が類似・近接した古典的漢語としては他に「理財」「食貨」「貨殖(興利)」などがあった[6]。日本は江戸時代経世論が盛んになったが、1729年の太宰春台の著作『経済録』によって「経済」という略語が定着した。また、本来の意味は統治であったが、江戸時代後期からは経済政策、財政という意味での用法になっている。[7]

"(political) economy"の訳語としての「経済」の語法は、やがて翻訳を通じて「経世済民」の語を生んだ中国に逆輸入されたため、漢語文化圏において本来の(経世済民としての)意味は希薄になり、今日の用法が定着するに至った。

経済体制

江戸時代貨幣(1714年)

経済活動は法律をはじめとする様々な条件によって制約されている。それらの制約のもとで、社会は人々のニーズを満足させるように供給を組織化する。この組織化された供給の仕組みを経済体制[8](Economic system)という。代表的な経済体制として以下の3つが挙げられる。

伝統経済

伝統経済(Traditional economy)とは生産分配などの主要な経済活動が慣習文化によって大きく規定された経済である。集落や村落などの比較的に小規模な集団の経済にしばしば見られる形態であり、生産活動が個人の家柄や集団の文化によって定められているために予測可能性が高く、継続的かつ安定的な供給が維持される。

市場経済

市場経済(Market economy)とは企業や個人が自己利益を最優先して物財を生産し、市場の仕組みによって分配する形態の経済である。規範や指令もなく、市場における消費の動向によって生産活動が規定される特徴があり、個人の自由度が高く、意思決定が分散的であり、また希少性の変化に柔軟に反応できる長所がある。ただし経済理論が保証する市場経済の効率性は、財産権、取引の自由、企業参入退出の自由、完全情報などの条件が必要であり、これらの条件が満たされない場合には市場の失敗が生じる。

計画経済

計画経済[9] (Command economy) とは中央当局によってあらゆる経済活動が運営されている形態の経済である。指令経済とも言う。産業への必要物資、生産目標、生産割り当てなどが定められ、その計画に基づいて経済活動が遂行される。経済資源や労働力を計画的に運用することができるために特定の産業を集中的に発展できるとされる。一方で、計画経済の下では労働者のインセンティブが欠如しやすいという欠点がある。また、計画経済の存立可能性をめぐってなされた議論として経済計算論争がある。


  1. ^ 『クルーグマン ミクロ経済学』の経済(economy)の定義、およびコウビルド英英辞典の項目economyより。
  2. ^ 金融用語辞典 有馬秀次 Financial Artist Academy
  3. ^ a b c 松原聡 『日本の経済 (図解雑学シリーズ)』 ナツメ社、2000年、26頁。
  4. ^ 馮天瑜, 呉咏梅「中国語、日本語、西洋語間の相互伝播と翻訳のプロセスにおける「経済」という概念の変遷」『日本研究』第31巻、国際日本文化研究センター、2005年10月、 159-190頁、 doi:10.15055/00000618ISSN 09150900NAID 120005681573
  5. ^ ただし馮天瑜によれば、『抱朴子』に登場する表現は「経世済俗」である。馮天瑜「中国語、日本語、西洋語間の相互伝播と翻訳のプロセスにおける「経済」という概念の変遷」『日本研究』第31集、p.160([1])参照。「経済」はの太祖(李淵)の造語とする説もある[要出典]
  6. ^ 理財」は『易経』繋辞伝上に登場する古い漢語であり、詳細は当該項目を参照。また紀伝体による中国歴代王朝の正史二十六史)において制度史・社会史・文化史を扱う「志」のなかで、社会経済史に関する巻は「食貨志」と称される。また二十六史の筆頭である『史記』の列伝中、富豪・大商人を扱った巻は「貨殖列伝」と題されている。
  7. ^ 安丸良夫「経世論」『国史大辞典』
  8. ^ 『アメリカの高校生が学ぶ経済学 原理から実践』352頁、経済システム(Economic system)の定義。
  9. ^ 『アメリカの高校生が学ぶ経済学 原理から実践』33-39頁では経済システムを伝統経済、市場経済、指令経済に分類しているが、指令経済に関しては計画経済と表記した。
  10. ^ 『ブリタニカ国際百科事典 1 - 20』第6巻351頁
  11. ^ 『スティグリッツ マクロ経済学 第2版』533―572頁
  12. ^ 『クルーグマン ミクロ経済学』用語集
  13. ^ 『ブランシャール マクロ経済学』27-35頁


「経済」の続きの解説一覧





経済と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「経済」に関係したコラム

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • CFDの関連ニュースを提供しているサイトの一覧

    CFDでは、コモディティや株式、株価指数、債券などさまざまな商品を扱っています。ここでは、これらの商品に関連するニュースを提供しているCFD業者のサイトの一覧を紹介します。 CFD業者 ニュース名 D...

  • FXのOCOのメリットを活かした取引方法

    FX(外国為替証拠金取引)のOCOは、現在の為替レートよりも上値と下値の2つの価格に指値、逆指値をする注文のことです。OCOは、為替レートの今後の予想が難しい時などに用いられることが多いようです。OC...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

  • 株式取引に関する証券会社のセミナーの一覧

    証券会社では、株式に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、株式取引をこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようで...

  • CFDのVIX指数の見方

    VIX指数とは、アメリカ合衆国の代表的な株価指数のSP500のボラティリティをもとに算出した指数のことです。VIX指数は、Volatility Indexの略です。ボラティリティは0%から100%まで...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経済」の関連用語

経済のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS