クレヨンしんちゃん (アニメ) クレヨンしんちゃん (アニメ)の概要

クレヨンしんちゃん (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 14:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
クレヨンしんちゃん > クレヨンしんちゃん (アニメ)
クレヨンしんちゃん

春日部情報発信館に設置されているパネル。
ジャンル ファミリー・一般向けアニメギャグアニメ
アニメ
原作 臼井儀人
監督 本郷みつる原恵一ムトウユージ
脚本 中弘子、阪口和久、川辺美奈子、清水東
うえのきみこ、黒住光、ひるまちかこ、待田堂子
キャラクターデザイン 小川博司
音楽 荒川敏行
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日ADK・シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 1992年4月13日 -
野原しんのすけ
野原みさえ
野原ひろし
野原ひまわり
シロ風間トオル
桜田ネネ
佐藤マサオ
ボーちゃん
小林由美子
ならはしみき
森川智之
こおろぎさとみ
真柴摩利
林玉緒
一龍斎貞友
佐藤智恵
テンプレート - ノート

概要

1992年4月13日からテレビ朝日系列で月曜19:00から放送開始。2020年9月現在は土曜16:30から放送中。開始当初、テレビ欄では『アニメ・嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん』と表記されていた。

文字多重放送を実施[注 1]。2002年5月25日放送分より、セル画での制作からデジタルによる制作へ移行した(ただし、移行後もしばらくの間は一部でセル画を使用していた)。『ドラえもん』とほぼ同時期の2005年4月22日よりハイビジョン制作を開始し、アナログ放送では2010年6月11日まで14:9サイズで、同年7月2日から16:9サイズでの放送となっている。2013年10月18日放送分より連動データ放送[1]、2017年4月14日から2018年6月29日放送分、同年8月3日放送分より解説放送を実施[注 2]

2009年9月11日、原作者の臼井儀人が不慮の死を遂げ(詳細は「臼井儀人」を参照)、原作漫画は未完のまま絶筆作品となったが、同年9月29日にテレビ朝日の社長早河洋は記者会見で「(サザエさん方式で)継続の方向で話を進めている」と語り[2]、放送は継続となった。臼井死亡確認後初の放送となった2009年10月16日放送分では、冒頭にお悔やみの言葉を添えて放送された。

初代監督の本郷みつるは当初、ガラス戸は透明ではなく水色にするなど、わざと凝っていない施しにしていた[3]

3代目監督のムトウユージはインタビューにて野原家は自分の家族に置き換えることができると発言し、好きなエピソードとして当時、監督ではなく絵コンテ・演出として参加した野原家の爆発回を挙げている。またずれ荘に引っ越しを決定した理由はひろしとみさえの新婚当時のアパートと似ているという設定、みさえが何度も「あなた」と呼ぶカット、またずれ荘は部屋の間取りはムトウが新婚のときに住んでいた部屋の間取りそのままであるなど、自身の経験を多く取り入れている[4]

2019年10月5日から、土曜日の16:30 - 17:00の放送へ枠移動した(本作が土曜日に枠移動されるのは約15年ぶり)[5]。そのため、同年9月13日の放送をもって金曜19時半での放送を終えた[注 3]。この回の終盤では前週の『ドラえもん』と同様に、「次回から土曜日だゾ」と題した短編エピソードの形式で放送時間の移動を改めて発表した。2020年4月3日からはBS朝日でも放送を開始し、2019年9月までの地上波放送枠と同様に金曜19時半より放送されている[6]

2020年4月12日、野原ひろし役を放送開始から2016年までの24年間担当した藤原啓治が死去。これを受けて同年4月17日のBS朝日での放送では冒頭に追悼テロップを表示[7]。テレビ朝日の4月18日の放送では番組の最後に野原ひろしの映像と共に追悼テロップが流れ、藤原が生前に演じた声も放送された[8]。また、同時期には新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、テレビ朝日系列での本放送は2020年4月25日放送分から6回に渡り、新作の放送を中止し全話が過去のエピソードの再放送となった。その内、5月2日放送分が藤原の追悼企画となり[9]、BS朝日でも2020年5月10日に同様の放送が実施される[10]

シナリオ

基本は1話完結型だが、まれに2話以上にわたって展開する話もあり、アパート編むさえ居候編など長期に渡って展開する話もある[注 4]

第1回放送分からシナリオを監修してきたシンエイ動画の金井浩{R|TVAsahipost20200807}}や、長年番組に携わってきたアニメ監督のムトウユージ[11]は、コントのような面白さがあるとインタビューの中で話している。

本作には数人のシナリオライターがレギュラーとして参加しており、彼らが考えてきたストーリーをもとにプロットが作られる[4][12]。 金井はワンパターンにならないように意識しているとテレ朝POSTとのインタビューの中で話しており、過去放送分と似た話にならないようにするため、登場人物の構成を変えるなどの工夫を施しているとも話している[12]。一方で、シナリオの執筆の補助として、過去のシナリオや原作を参照することもある[12]。 第1回放送分からシナリオを監修してきたシンエイ動画の金井浩は、テレ朝POSTとのインタビューの中で、ライターが8人いる分、彼らから提出された8本のシナリオを検証するところ一番大変だと話している[12]。 金井による検証が行われた後、監督やプロデューサーを加えたシナリオ会議が行われ、それをもとにライターによる修正が行われる。これを2、3回繰り返した後、金井による最終チェックが入り、決定稿が出来上がる[12]。 また、シナリオにボケやギャグが足りない場合は金井が書き加えるケースもあり、例えば2020年3月14日に放送された「懲りずにダイエットだゾ」という回では、しんのすけが「親孝行」を「親中学校」と言い間違え、みさえがそれを指摘するというギャグが取り入れられている[12]

シナリオライター以外のスタッフのアイデアが取り入れられたケースもあり、たとえばふたば幼稚園に来たセールスレディの売間 久里代(うりま くりよ)がふたば幼稚園を訪れる「幼稚園にきた地獄のセールスレディだゾ」という回(2019年6月28日放送)の場合、シナリオでは終盤にしんのすけが売り物のドローンのリモコンを持って売間から逃げていたのに対し、絵コンテではしんのすけが自分をドローンに引っ掛けて飛び回る様子が描かれている[12]。この絵コンテを見た金井は面白さのあまりに一本取られたと感じ、本放送にて採用された[12]

本作は下ネタで知られているが、長年番組に携わってきたムトウユージは面白ければ何でもよいというわけではなく、かわいげのあるように演出するようにしているとテレ朝POSTとのインタビューの中で語っている[11]。 たとえば、2020年1月11日に放送された「おパンツストーリーだゾ」という回は「モノを大切にする」というテーマであり、しんのすけが古くなったお気に入りのパンツを捨てようとするみさえから逃れるために、そのパンツを履いたまま外に出るという内容となっている[11]。また、同回ではしんのすけの局部をマサオの手で隠すというコンプライアンスを逆手に取ったギャグが取り入れられた一方、オナラでパンツが破れてしまったしんのすけをマサオと風間君が家まで送り返すといった場面も取り入れられた[13]

評価

当初はシンエイ動画社内でも力を入れていた作品ではなく、上層部からも「半年持たせてくれ」と言われていたという[14]。放送初回は4.0%と低視聴率だったが、同年5月25日には10%超え、翌年の1月11日には20%を超え、1993年7月12日には28.2%と歴代最高視聴率を記録し、同月4歳 - 12歳の個人視聴率が67.6%[15]に達した(視聴率データはすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。1993年に製作された映画第1作『アクション仮面VSハイグレ魔王』は、22.2億円の興行収入を記録した。作品は急速に人気を獲得し、現在は国民的な人気を得ている。 初期では視聴率が上昇するにつれて、子供を中心に人気を獲得し、しんのすけのギャグや口調を真似する子供が急増した[15]

2006年には、青少年育成広島県民会議(青少年育成国民会議の下部団体)が、当番組と『めちゃ×2イケてるッ!』・『爆笑問題のバク天!』・『ロンドンハーツ』・『土曜ワイド劇場』などのサスペンスドラマ・『水10!』の放送自粛を求める要望書を在広局と在京キー局に提出した[16]

このアニメに対して否定的な見解が残る一方で、「幼児の本音を表す国民的漫画」[17]などと評される場合もあり、教科書や子育て参考書への掲載、映画の評価も高まっている。

アニメ監督の富野由悠季は「エンターテイメント作品として完成している」と高評価をしている。富野は『OVERMANキングゲイナー』の製作中のインタビューにおいて、「今回のライバルは、『クレヨンしんちゃん』です」「だから、目標値はものすごく高いです」と語っており、特に劇場版作品である『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』に関しては、「視聴者側が、このエンターテインメントの面白さを理解を出来ていないようではいけない」と絶賛した[18]

野原しんのすけ役の交代

2018年6月1日、テレビ朝日は1992年4月13日の番組放送開始から、26年3カ月と主人公・野原しんのすけ役を演じてきた矢島晶子が同年6月29日の放送を以て降板することを発表した[19]。本人から降板の申し出があり、番組の制作スタッフと協議を重ねたうえで決定[20]。理由も含め矢島は次の通りコメントを寄せた。

27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。

理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。 — 矢島晶子[21]

同年6月14日、後任(2代目)が小林由美子に決定したことを発表した[22][23]。小林は次の通りコメントを寄せた。

この度僭越ながら野原しんのすけ役をやらせていただくことになりました小林由美子と申します。

今回このような大役を仰せつかり光栄と共に責任の重さを痛感する毎日です。 今第一話から「クレヨンしんちゃん」を見直し勉強させていただいている中、この凡人ではとても思い付かないしんちゃん像を作り上げた矢島さんに改めて畏怖と尊敬の念でいっぱいです。 力不足な部分は多々ありますが、「お任せください!」と胸を張って言うことが、並々ならぬ思いで、27年という長い間大切に育てていらしたしんちゃんを後に託すご決断をなさった矢島さんとスタッフの皆様、そしてずっと応援してくださっているファンの皆様への礼儀だと思っております。その為にも矢島さんのしんちゃん魂をしっかり学び、一年でも早く皆様に慣れ親しんで頂けるしんちゃんになれるよう、日々精進していきたいと思います。

今後共何卒宜しくお願い致します。 — 小林由美子[24]

小林は同年7月6日放送分より出演。

交代に対する反響

しんのすけ役の矢島晶子が自身の意向により降板すると発表した際、視聴者の間で後任者を予想するといった大きな反響が起きたものの[25]、ほかのアニメのように後任の声優に対する拒絶反応はほとんど起きなかった[26]。 コラムニストの小新井涼はファンの前向きな反響について、降板の理由が矢島の意思によるものだったことと、後任者の小林由美子が『デュエル・マスターズ』をはじめとする様々なジャンルのアニメに出演していたためアニメファンが『小林の演じるしんのすけ』をイメージしやすかったことが、前向きな反応につながったのではないかとまんたんウェブに寄せたコラムの中で推測している[26]

矢島が演じるしんのすけの最後の放送回である2018年6月29日の放送を前に、インターネット上では矢島の演じるしんのすけを惜しむ声が多数上がった[25]

小林が初めてしんのすけを演じる7月6日の放送では視聴者の間で賛否両論が寄せられ、Twitterにおける日本国内のトレンドでは「しんちゃんの声」が1位にランクインしたほか、全世界でのトレンドでは6位にランクインした[27]。 また、一部の視聴者は1992年に放送された第1回における矢島の演技が降板時点とは大きくかけ離れていたことについて触れ、小林の演じるしんのすけがそれに近いと述べている[28]

声の出演




注釈

  1. ^ しんのすけの台詞は黄色、みさえの台詞は水色、その他のキャラクターの声は白で表示される。
  2. ^ OPまたはED中に原作、声の出演(しんのすけ役の小林由美子、2018年10月19日放送分以降はしんのすけ以外の野原家3人の声優も含む)、監督、製作がクレジットとして読み上げられる。
  3. ^ この日の放送をもって、放送開始以来27年半続いてきた当番組のプライムタイムでの放送が終了。同時に50年以上続いてきた地上波キー局のプライムタイムのアニメのレギュラーでの放送にも一度幕を下ろす形になったが、こちらは2020年10月にテレビ東京系列の『ポケットモンスター(第7シリーズ)』が金曜18:55 -19:25枠に移動することで復活している。
  4. ^ ただし、そのような長編であっても、各話ごとにみれば従来の1話完結型である。
  5. ^ 1998年までは鈴木みえ名義で出演。
  6. ^ 2014年5月までは寺田はるひ名義で出演。
  7. ^ 2005年頃からクレジット。681話まではエンディング、682話以降はオープニングにクレジットされている。
  8. ^ オチのBGMだけは1度も追加されておらず、すべて荒川作成の1年目の1992年度のもので統一している。
  9. ^ 2004年頃からクレジットされなくなったが、967話以降から再びクレジットされるようになった。
  10. ^ 表記は「ASATSU」→「ASATSU-DK」→「ADK」(2014年6月6日放送分より現行ロゴ)。ADKエモーションズへの移行後もクレジット上は「ADK」の現行ロゴ表記で継続。
  11. ^ Groovy Boyfriendsの覆面ユニット
  12. ^ Bメロの部分を入れなければ「Hey baby!」も同様。
  13. ^ 短縮版でのスタッフクレジット表記は下にスクロールとなっている。
  14. ^ 原作では単行本24巻収録。
  15. ^ ただし、矢島が演じるしんのすけが最後の出演である「いつものオラだゾ」(2018年6月30日放送)と土曜日に移動する事を知らせるエピソード「次回から土曜日だゾ」(2019年9月13日)は従来のサブタイトル画面が使われた。
  16. ^ 2018年3月(本番組の2017年度最終放送日)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。
  17. ^ 2020年4月3日より放送開始[6]
  18. ^ 木曜夜は2015年7月まで19:00 - 20:00の2話連続放送。土曜・日曜は2016年4月から。過去には金曜 17:30 - 18:30にも放送。
  19. ^ 岩手朝日テレビ開局準備に伴う打ち切り。1996年10月11日に岩手朝日テレビで半年ぶりに岩手県で放送再開。
  20. ^ 秋田朝日放送開局前までは日曜11:00 - 11:30で6日遅れのスポンサードネットで放送されていた(ただし、提供クレジットはブルーバックで、エンドカードは自社出し)。
  21. ^ 山形放送では同時ネットで放送されていた。山形テレビのフジテレビ系からのネットチェンジに伴う放映権移行。
  22. ^ 当初は日曜朝に放送していたが、火曜16:00-16:30→木曜16:00-16:30を経て、再び日曜朝に戻って放送
  23. ^ 月曜19:00 - 19:30時代 (1996年3月18日まで) は同時ネット、テレビ朝日系列での枠移行後はそのまま月曜19:00 - 19:30で打ち切りまで遅れネット。
  24. ^ 番組初回からネットスポンサー付きで放送され、本放送時での提供スポンサーのテロップもそのままの状態で、全てのスポンサーのCMが流れていた。番組末期はスポンサーは一部のみとなり、提供スポンサーもブルーバックに差し替えていた。
  25. ^ 水曜17:00-17:30に放送。1993年10月時点では半年以上の遅れが生じていた
  26. ^ 当初は夕方に放送していたが、1997年の時点では水曜5:30 - 6:00に放送。1999年4月以降は土曜5:15 - 5:45に放送
  27. ^ ネット開始時期はテレビ朝日での放送開始からほぼ1年後の1993年4月からであった
  28. ^ 30分枠で放送開始。『ピーコック劇場』から長年に渡ってアニメ・特撮を放送してきたテレビ朝日の月曜19時前半枠のアニメは、本作が事実上最後となった。
  29. ^ 系列外ネット局では四国放送もネットしてきたが、テレビ朝日におけるゴールデンタイムで系列外ネット局も配信する番組はこの番組が最後になった。
  30. ^ 放送枠を移動。当該枠でのアニメは『宇宙船サジタリウス』以来、8年半ぶり。なお、四国放送はこの時期から2004年3月までも月曜19:00ままの放送だった。
  31. ^ ニュースステーション』のフライングスタートに伴い、次番組『ミュージックステーション』が19:54 - のフライングスタートとなったため、放送枠を6分短縮して24分枠に。なお、『ミュージックステーション』のフライングスタートは2000年9月15日まで続き、10月20日以降は再び20:00からのスタートに戻り、19:54 - 20:00は各局ミニ番組となっている。
  32. ^ 2001年4月13日 - 5月4日、7月6日 -2002年3月29日放送分は2話へ短縮された。
  33. ^ あたしンち』の放送開始により移動。当該枠でのアニメは『キューティーハニーF』以来、4年半ぶり。
  34. ^ この時期の土曜19:30からの枠は『クイズ!バーチャQ』→『釣りバカ日誌』を放送。30分枠に戻り、1回2話から3話へ。
  35. ^ 『釣りバカ日誌』の放送が終了し『ボボボーボ・ボーボボ』が放送開始。ステブレレスのフライングスタートのため2分短縮して28分枠となる。この時期はエンディングテーマが省略された。
  36. ^ スイスペ!』の枠を移動し『ドスペ!』の枠を設けるために時間移動。金曜19時30分枠の『あたしンち』はローカルセールス枠となった。
  37. ^ 『ミュージックステーション』のフライングスタートにより24分に短縮されたため、2話へ短縮。2000年4月14日 - 2002年3月29日末の放送時間に戻る形に。
  38. ^ 放送時間が16年ぶりに30分に戻った。そのため、再び1回3話放送されるようになった。ただし、再放送を含む。
  39. ^ DVD版は1期13巻に収録されていた第43話Cパート「地震がきたゾ」が欠番となっている(DVD発売前に東日本大震災が起きたため)。
  40. ^ 同時期に、「DVD傑作選」の名称で販売されていた第2期シリーズのDVDも「2年目シリーズ」に改称して再発売されている。
  41. ^ ただし、第168話(1995年11月27日放送)のみ第3期シリーズでリリースされている。
  42. ^ 28作目のみ2019新型コロナウイルスの影響で、公開日が9月に延期された。
  43. ^ 第13作及び第28作を除く第27作以降は1週ずれて公開。
  44. ^ アジア版では、主題歌を現地語に吹き替えか日本語のままであることが多い(韓国は一部除く)。
  45. ^ ただし、スペインは放送時期によって異なり、OPは「オラはにんきもの」のニューリミックスバージョンで、EDは「DO-して」、「とべとべおねいさん」(日本ではオープニング)などが使われることがあった。ヨーロッパ版ではヨーロッパ各地で共通しており、OPは日本版と大きく変更されている。
  46. ^ パンツを履いた状態でケツだけ星人をしたり、ぞうさんの部分はぼかし処理をする等。
  47. ^ シロの名前はスペイン語とガリシア語では「Nevado」、カタルーニャ語では「Nevat」、バスク語では「Elur」と変更され、いずれも「雪」という意味である。
  48. ^ 「オーラッ」はスペイン語のHolaを指す
  49. ^ 気象庁の場合、前述のコーナーで着ぐるみのしんのすけが2007年6月に、この宣伝をかねて気象庁へ訪問した。その後、気象庁が全国の学校に配布した「緊急地震速報のお知らせ」には、しんのすけ・みさえ・ひまわりが登場し、しんのすけが緊急地震速報について伝えている。
  50. ^ なお同番組では、同じ朝日放送作品『クッキングパパ』の荒岩一味とも共演している。
  51. ^ Dr.スランプ アラレちゃん』が先例であり、モスラキングギドラも登場し、東宝の許可を得たものである。また、劇場アニメでは『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』などの先例が存在している。
  52. ^ 2017年11月10日には、同年11月12日にテレビ朝日系列にて地上波初放送されるのを記念し、再放送された。
  53. ^ 再放送されたエピソードは『野原家新車を買う』シリーズ全3話と『父ちゃんが丸坊主だゾ(前後編)』。

出典

  1. ^ 「クレヨンしんちゃん」を見て“あっちむいてホイ”! データ放送対応の新ゲームが登場!!”. KADOKAWA (2013年10月18日). 2017年4月18日閲覧。
  2. ^ 「クレヨンしんちゃん」番組は継続の方向 テレビ朝日 産経ニュース 2009年9月29日
  3. ^ 大山くまお・林信行・リベロスタイル編著『クレヨンしんちゃん大全』双葉社、2011年4月17日、160-167頁、ISBN 978-4-575-30308-7
  4. ^ a b 25年目突入『クレヨンしんちゃん』の作り方 ムトウユージ監督インタビュー”. TV LIFE (2016年6月10日). 2016年6月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月16日閲覧。
  5. ^ “『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』、10月から土曜夕方に“お引越し””. ORICON NEWS. (2019年8月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2142790/full/ 2019年8月22日閲覧。 
  6. ^ a b 「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」を4月からゴールデンタイムに放送” (日本語). BS朝日. 2020年3月24日閲覧。
  7. ^ 「クレヨンしんちゃん」BS朝日で藤原啓治さん追悼テロップ「ご冥福を心からお祈り」野原ひろし役24年間”. スポニチアネックス (2020年4月17日). 2020年4月18日閲覧。
  8. ^ 「クレヨンしんちゃん」で藤原啓治さん追悼テロップ 野原ひろしの映像とともに冥福祈る”. スポニチアネックス (2020年4月18日). 2020年4月18日閲覧。
  9. ^ 本日放送「クレヨンしんちゃん」藤原啓治さんがひろしの声のエピソード3本立て”. シネマトゥデイ (2020年4月25日). 2020年4月25日閲覧。
  10. ^ 藤原啓治を追悼、「クレヨンしんちゃん」野原ひろしの思い出に残るエピソード放送”. 映画ナタリー (2020年4月25日). 2020年4月25日閲覧。
  11. ^ a b c 「『クレヨンしんちゃん』の本質は、コント」あの人気アニメはどう作られる?ムトウユージ監督インタビュー. (インタビュー). テレ朝日POST.. https://post.tv-asahi.co.jp/post-110379/ 2020年9月20日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g h 野原しんのすけは「珍しいタイプの主人公」 『クレヨンしんちゃん』の“笑い”の作り方. (インタビュー). (2020年8月7日). テレ朝日POST.. https://post.tv-asahi.co.jp/post-126177/ 2020年9月20日閲覧。 
  13. ^ 『クレヨンしんちゃん』ムトウユージ監督の美学にKiNGONS・Kjが迫る!「ギリギリなところを狙って描いています」. (インタビュー). ドガッチ.. https://dogatch.jp/news/ex/74997/detail/ 2020年9月20日閲覧。 
  14. ^ 『アニメーション監督 原恵一』(晶文社)より
  15. ^ a b 「『しんちゃん言葉』大人はどぎまぎ」『朝日新聞』1993年8月26日東京夕刊、19面。
  16. ^ 広島県民会議が放送自粛要請”. 中国新聞社 (Internet Archive) (2006年2月3日). 2006年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月2日閲覧。
  17. ^ 岩壁下の遺体「クレヨンしんちゃん」作者と判明 読売新聞 2009年9月20日
  18. ^ 「オーバーマン・キングゲイナー・イントロダクション―富野由悠季、新作を語る!!」インタビューより
  19. ^ アニメ「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子さんの降板について”. テレビ朝日 クレヨンしんちゃん公式サイト (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  20. ^ 「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子が6月末に降板”. 映画ナタリー (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  21. ^ “【矢島晶子 コメント全文】野原家から離れることに致しました”. Sponichi Annex. (2018年6月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/01/kiji/20180601s00041000168000c.html 
  22. ^ “「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役の後任が小林由美子に決定「矢島さんのしんちゃん魂をしっかり学ぶ」”. (2018年6月14日). https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0614/blnews_180614_6029757924.html 
  23. ^ 「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役は小林由美子に、矢島晶子からバトンタッチ”. コミックナタリー (2018年6月14日). 2018年6月14日閲覧。
  24. ^ 野原しんのすけ役が小林由美子さんに決定!”. テレビ朝日 クレヨンしんちゃん公式サイト (2018年6月14日). 2018年6月14日閲覧。
  25. ^ a b 「クレヨンしんちゃん」しんのすけの新声優は小林由美子 矢島晶子は29日ラスト”. デイリースポーツ. 神戸新聞社 (2018.06.15.). 2018年7月1日閲覧。
  26. ^ a b 小新井涼 (2018年6月30日). “クレヨンしんちゃん:声優交代が“炎上”しなかった理由”. まんたんウェブ. 毎日新聞社. 2018年7月1日閲覧。
  27. ^ 「クレヨンしんちゃん」声優交代ツイッター世界席巻 - 2018年7月7日閲覧。
  28. ^ しんちゃんの新声優、小林由美子さん初登場に「26年前」思い出す人も - 2018年7月7日閲覧。
  29. ^ アニメ「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子が降板”. コミックナタリー (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  30. ^ 『しんちゃん』新声優は小林由美子に決定 7・6放送分から担当【本人コメント全文】”. ORICON NEWS (2018年6月14日). 2018年6月14日閲覧。
  31. ^ 「クレしん」ひろし役の藤原啓治が久々ツイート 病気療養で16年に降板”. Livedoor NEWS (2017年2月16日). 2019年8月31日閲覧。
  32. ^ a b c d 『2018年アニメ全作品 年間パーフェクトデータ』一般社団法人日本動画協会、2019年12月9日。
  33. ^ ゆずが『クレしん』新主題歌、初放送回で2代目しんのすけお披露目”. CINRA.NET (2018年6月21日). 2018年6月21日閲覧。
  34. ^ NORAZO 노라조 Info(@NORAZO_info) Twitter” (2016年9月8日). 2018年6月26日閲覧。
  35. ^ 韓国限定の新規クレヨンしんちゃんOPの話 ぬもったり〜な日記” (2016年8月1日). 2018年6月26日閲覧。
  36. ^ 1994年7月4日放送「オラはパチンコの名人だゾ」など。
  37. ^ 『クレしん』ED曲、野原ひろしの美声に感動の声 挿入歌「北埼玉ブルース」を歌った藤原啓治さん”. ORICON NEWS. 2020年5月2日閲覧。
  38. ^ 価格.com - 「クレヨンしんちゃん ~【オラの父ちゃんは世界一スペシャル】~」2020年5月2日(土)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年5月2日閲覧。
  39. ^ 価格.com - 「クレヨンしんちゃん ~【家の中で楽しむゾスペシャル!!】~」2020年4月25日(土)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年5月2日閲覧。
  40. ^ “レキシ、延期となっていた「映画クレヨンしんちゃん」主題歌の発売日決定”. (2020年8月1日). https://news.yahoo.co.jp/articles/85554ee0daec770c5a4a67807189384e9dfcfa84 
  41. ^ レキシ、『映画クレヨンしんちゃん』の主題歌「ギガアイシテル」を4/22にリリース” (日本語). BARKS. 2020年3月7日閲覧。
  42. ^ 価格.com - 「クレヨンしんちゃん ~【母ちゃんとコインランドリー】【幼稚園の口コミ】~」2020年8月8日(土)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年8月8日閲覧。
  43. ^ 1992年4月20日放送「お腹がパンパン痛いゾ」、1994年10月3日放送「借り物競争をするゾ」
  44. ^ 1992年4月27日放送「アクション仮面を見るゾ」、1995年2月27日放送「テレビ局の見学だゾ」
  45. ^ 1992年8月24日放送「アクション仮面に会うゾ」など
  46. ^ a b 1992年9月14日放送「ブルースでおどるゾ」など
  47. ^ 1993年9月27日放送「無敵のカンタムロボだゾ」など
  48. ^ a b 1993年11月29日放送「スケートの天才だゾ」
  49. ^ 1994年6月13日放送「スケバンの掟はきびしいゾ」
  50. ^ 1994年6月20日放送「山のぼりはつらいゾ」
  51. ^ 1994年9月5日放送「給食セットを洗うゾ」
  52. ^ 1994年10月3日放送「借り物競争をするゾ」
  53. ^ 1994年12月5日放送「女の人を追いかけるゾ」
  54. ^ 1995年1月9日放送「ゲレンデは大さわぎだゾ」
  55. ^ 1999年10月7日放送「ふしぎ魔女っ子マリーちゃんだゾ」
  56. ^ 2001年10月5日放送「魔法使いしんちゃんだゾ」
  57. ^ 2001年12月21日放送「町内の大掃除だゾ」
  58. ^ 富山新聞 1993年8月2日付朝刊テレビ欄より
  59. ^ 富山新聞 1993年9月6日付朝刊テレビ欄より
  60. ^ 北日本新聞 2006年3月27日付朝刊テレビ欄より
  61. ^ 北國新聞 1993年1月26日付朝刊テレビ欄より
  62. ^ 北國新聞 2009年4月24日付朝刊より
  63. ^ 大山くまお・林信行・リベロスタイル編著『クレヨンしんちゃん大全』双葉社、2011年4月17日、16-25頁、ISBN 978-4-575-30308-7
  64. ^ 第6回文化庁メディア芸術祭公式サイト
  65. ^ アニメーション神戸公式サイト
  66. ^ 毎日映画コンクール公式サイト
  67. ^ 映画演劇文化協会公式サイト
  68. ^ 2015年記者発表資料(2014年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2014年1月27日). 2014年1月27日閲覧。
  69. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  70. ^ 2016年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2016年7月25日). 2016年9月11日閲覧。
  71. ^ a b 「クレヨンしんちゃん」公式サイト-しんちゃんについて”. 2018年6月25日閲覧。
  72. ^ 韓国では、テレビ番組の視聴年齢の等級分けが途中で変わることがありますか。 韓国おもしろQ&A - もっと! コリア (Motto! KOREA)” (2016年8月12日). 2018年6月25日閲覧。
  73. ^ 【韓国】「チャング(クレヨンしんちゃん)の声優交代」~健康上の理由で - 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ”. 2018年6月25日閲覧。
  74. ^ 橋本昌和さんのツイート(Twitter)” (2017年8月23日). 2018年6月25日閲覧。
  75. ^ 「しんちゃん」インドでTV放映中止? 子供への影響懸念(2008年12月7日時点のアーカイブ) - アニメ!アニメ!、2008年12月5日。
  76. ^ KidsParty│知っトク情報(2004年5月4日時点のアーカイブ) - KidsParty、2004年3月1日。
  77. ^ スペインで『クレヨンしんちゃん』が最優秀キャラクター賞に(2004年4月4日時点のアーカイブ) - エキサイトニュース、2004年2月16日。
  78. ^ `Shin Chan´, el héroe televisivo infantil, viaja a España, Periodista Digital, 2006年4月28日
  79. ^ Atari España(2005年10月17日時点のアーカイブ
  80. ^ クレヨンしんちゃん:スペインの“野原家”が来日、しんちゃんとの対面に大喜び - MANTANWEB(まんたんウェブ)” (2011年12月7日). 2018年6月25日閲覧。
  81. ^ Shin chan - Season One - Buy it now on DVD - Anime TrailerFUNIMATION公式YouTubeチャンネル
  82. ^ 『SUPER SHIRO(スーパーシロ)』公式サイト”. 2019年7月11日閲覧。
  83. ^ 「しんちゃんがお出迎え 埼玉県、春日部にアニメ拠点」『日本経済新聞』朝刊2018年7月21日(首都圏経済面)2018年7月25日閲覧
  84. ^ 子ども用リーフレット 「緊急地震速報って知ってる!?」 - 内閣府・気象庁
  85. ^ 2013 サンリオキャラクター大賞|ゴーちゃん。サイト|テレビ朝日(2013年9月14日時点のアーカイブ
  86. ^ “テレ朝・久冨アナ、ゴーちゃん。と『クレヨンしんちゃん』にゲスト出演”. -ORICON STYLE-. (2014年2月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2034030/full/ 2016年12月4日閲覧。 
  87. ^ 木村拓哉、『クレヨンしんちゃん』にゲスト出演 野原一家全員を演じる”. ORICON (2015年5月21日). 2015年5月21日閲覧。
  88. ^ “「クレヨンしんちゃん」に幼稚園児・ザキヤマが登場”. KADOKAWA. (2015年6月4日). https://thetv.jp/news/detail/59534/ 2017年4月18日閲覧。 
  89. ^ “東山紀之、『クレヨンしんちゃん』に出演「娘にかなり自慢できる」”. -ORICON STYLE-. (2015年11月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2062254/full/ 2016年12月4日閲覧。 
  90. ^ “『スパロボX-Ω』で『クレヨンしんちゃん』野原しんのすけ&カンタム・ロボが参戦!?”. ファミ通App. (2016年4月11日). http://app.famitsu.com/20160411_694656/ 2016年12月4日閲覧。 
  91. ^ “ゴジラ、カスカベ来襲 日本のテレビアニメに初登場””. -ORICON STYLE-. (2016年7月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2074474/full/ 2016年12月4日閲覧。 
  92. ^ “高田純次が本人役でクレヨンしんちゃん登場「実物のほうがいい男だな」”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年7月6日). http://natalie.mu/owarai/news/239682 2017年7月7日閲覧。 
  93. ^ 11月9日(土)ショートアニメ『Doctor-Xだゾ』放送決定!大門未知子役・米倉涼子おねいさんが声の出演しちゃうゾ!”. テレビ朝日 (2019年10月30日). 2019年12月6日閲覧。
  94. ^ 米倉涼子「クレヨンしんちゃん」でアニメ初アフレコ”. 日刊スポーツ (2019年10月30日). 2019年10月30日閲覧。
  95. ^ ドクターX:「クレしん」の“しんのすけ“と“シロ”が第5話に出演 メインゲスト岩下志麻のひ孫と飼い犬”. MANTANWEB (2019年11月14日). 2019年12月6日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレヨンしんちゃん (アニメ)」の関連用語

クレヨンしんちゃん (アニメ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クレヨンしんちゃん (アニメ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレヨンしんちゃん (アニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS