和暦 日付・年数表現

和暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 04:18 UTC 版)

日付・年数表現

  • 元号の後に年数を続ける。ただし1年は「○○元年」とするのが普通(特に縦書きの場合)。また、横書き固定長の場合、1桁の年数は月数や日数と同様、0または空白を詰めて、(「02年」「 2年」のように)2桁とする。
  • 大化以前および大宝以前の元号の空白期間は、天皇の名を元号の代わりに使うのが慣例である。たとえば、十七条憲法が公布された西暦604年は「推古(天皇)12年」のように表す。
  • 明治以降の元号を表す表現としては、漢字1字の略記(明・大・昭・平・令)や英字1字の略記(M・T・S・H・R)も使われる。これらの略記は JIS X 0301 で規定されている。なお、明治の前の元号は慶応、その前は元治であるが、それらの略記はJISには含まれておらず、期間がごく短いこともあいまって実際に使われることはほぼない。
  • 数十年先の未来の年数表現に元号を用いた場合、(今後の改元などは想定できないことから)3桁以上にもなりうる[5]。たとえば、平成の元号を用いて西暦2100年を表現した場合、平成112年とせざるを得なかった。

西暦から和暦、西暦から和暦への計算

明治以前の元号は対応していない。また、「元年」は1と考える。

元号 和暦→西暦 西暦→和暦
永久に有効な式 一定の範囲内で有効なもの
明治 和暦 - 33 + 1900 西暦 + 33 - 1900 西暦 + 33 の下二桁 1868年 - 1966年
大正 和暦 + 11 + 1900 西暦 - 11 - 1900 西暦 - 11 の下二桁 1912年 - 2010年
昭和 和暦 + 25 + 1900 西暦 - 25 - 1900 西暦 - 25 の下二桁 1926年 - 2024年
平成 和暦 - 12 + 2000 西暦 + 12 - 2000 西暦 + 12 の下二桁 1989年 - 2087年
令和 和暦 + 18 + 2000 西暦 - 18 - 2000 西暦 - 18 の下二桁 2019年 - 2117年

計算に手間がかかる場合は、和暦西暦早見表[6]を用いると便利である。

コンピュータでの扱い

Microsoft Windowsでは、ロケールに「日本」を選択することで、日付形式に「和暦」を選択できる。

Microsoft Officeなどの書式文字列では、元号は「ggg」、元号での年数は「e」(0詰めなし)か「ee」(2桁に0詰め、ただし3桁以上になりうる)で表される。たとえば、1990年を「平成2年」と表現する書式文字列は「ggge年」である。漢字1文字の略記は「gg」、英字1文字の略記は「g」である。「元年」表現はサポートされていない。

またレジストリーエディターでキー名HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Erasに 「値の名前」を「西暦 月 日」(月と日は0埋め)とし、「値のデータ」を「元号_元号の省略_ローマ字表記された元号_ローマ字表記された元号の1文字」を追加すればよい。


  1. ^ 国立国会図書館. “公文書における西暦と元号の使用区分は規定があるのか” (日本語). レファレンス協同データベース. 2019年10月5日閲覧。
  2. ^ 契約書の年表記は和暦・西暦どちらにすべきか” (日本語). サインのリ・デザイン. 2019年10月5日閲覧。
  3. ^ 【記者会見】河野外務大臣会見記録” (日本語). 外務省. 2019年10月5日閲覧。
  4. ^ 横浜市例規より「横浜市一般職職員の定年等に関する条例
  5. ^ a b 日本の将来推計人口(平成24年1月推計)(国立社会保障・人口問題研究所)、参考推計に“平成73(2061)年~平成122(2110)年”とある。
  6. ^ 和暦西暦早見表” (日本語). 2021年5月7日閲覧。






和暦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和暦」の関連用語

和暦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和暦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和暦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS