田母神俊雄 退職後の発言

田母神俊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/19 08:26 UTC 版)

田母神 俊雄(たもがみ としお、1948年7月22日 - )は、日本軍事評論家[1][2]政治活動家である。頑張れ日本!全国行動委員会前代表、予備役ブルーリボンの会顧問。元航空幕僚長・元空将。元太陽の党代表幹事兼国民運動本部長[3]




[ヘルプ]
  1. ^ 【田母神俊雄】60歳すぎて…航空幕僚長→人気アイドル、加齢なる転身 夕刊フジ2010年2月15日
  2. ^ 「自立した防衛力必要」 田母神俊雄氏が『田母神大学校』刊行[リンク切れ] 産経新聞2010年3月31日
  3. ^ 太陽の党 太陽の党公式サイト
  4. ^ 田母神 俊雄『田母神流ブレない生き方』36~47ページ
  5. ^ 政府、田母神空幕長を更迭 「侵略はぬれぎぬ」主張巡り[リンク切れ](NIKKEI NET 2008年11月1日 01:01)
  6. ^ a b 『自らの身は顧みず』205ページ
  7. ^ 『田母神流ブレない生き方』50〜51ページ
  8. ^ 『田母神流ブレない生き方』44ページ
  9. ^ 『田母神流ブレない生き方』45ページ
  10. ^ 『自らの身は顧みず』142ページ
  11. ^ 東京スポーツコラム『私が危険人物の田母神俊雄です』[いつ?]より
  12. ^ a b “田母神前空幕長に退職金約7000万円支払いへ”. 読売新聞. (2008年11月27日) 
  13. ^ “田母神前航空幕僚長に退職金返納求める 防衛相”. 産経新聞. (2008年12月6日) 
  14. ^ アパグループ第一回「真の近現代史観」懸賞論文募集(APA GROUP)
  15. ^ 日本は侵略国家であったのか(PDF)
  16. ^ a b 平成20年11月4日(11時01分~11時23分)防衛大臣記者会見概要[リンク切れ] 防衛省
  17. ^ 日本テレビ2008年11月定例世論調査
  18. ^ 『小学校から勉強を』 「低レベル」論文内容 識者らあきれ顔東京新聞 2008年11月1日閲覧
  19. ^ 朝日新聞 朝刊 社会面 2008年11月1日。ただし、「(旧日本軍の)」という部分は誤りであり、第29軍中国側の軍を指す。朝日新聞は翌日の朝刊で訂正。
  20. ^ 石破茂(いしばしげる)オフィシャルブログ「田母神・前空幕長の論文から思うこと」
  21. ^ 防衛OB太田述正アングロサクソン文明と軍事研究ブログ「田母神空幕長解任事件について」
  22. ^ a b 中国新聞社説『参考人の前空幕長 この期に及び強弁とは』 2008年11月12日
  23. ^ 「田母神氏支持」、ネット調査で7割(livedoorニュース 2008年11月12日)
  24. ^ 週刊文春』 2008年11月27日号 p.166-167
  25. ^ 自衛隊法 法令データ提供システム
  26. ^ 「防衛省改革の取組みについて(防衛省)PDF)
  27. ^ 航空幕僚長:田母神氏更迭 過去にも問題発言、隊内に衝撃[リンク切れ](『毎日新聞』 2008年10月31日 22時25分(最終更新 11月1日 1時13分) )
  28. ^ 朝日新聞 2007年5月26日朝刊
  29. ^ フライデー 2008年12月26日号 『田母神俊雄《前航空幕僚長》【激白】「過剰な文民統制が日本を滅ぼす』」
  30. ^ p110 「田母神塾」田母神俊雄 双葉社 ISBN 978-4-575-30110-6
  31. ^ 自衛隊のイラク派兵差止め等請求控訴事件:前半平成20年4月17日判決言渡
  32. ^ 自衛隊のイラク派兵差止め等請求控訴事件:後半平成20年4月17日判決言渡
  33. ^ 自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の会/声明 ─ 違憲判決を承けて
  34. ^ 違憲判決?「そんなの関係ねえ」[リンク切れ](『デイリースポーツ』、2008年4月19日)[リンク切れ]
  35. ^ 「関係ねえ」発言 空幕長、「一部不適切だった」[リンク切れ](『産経新聞』 2008年4月25日)[リンク切れ]
  36. ^ 第169回国会 安全保障委員会 第6号 平成20年4月25日
  37. ^ ”「そんなの関係ねえ」と言い放ち”(「空幕長更迭 侵略が「ぬれぎぬ」とは 」(『北海道新聞』 2008年11月1日 社説)、”「そんなの関係ねえ」と記者会見でちゃかして”(「空幕長更迭―ぞっとする自衛官の暴走」(『朝日新聞』 2008年11月2日 社説)、”お笑いタレントの言葉を引用して「そんなの関係ねえ」と語り”(「空幕長更迭 トップがゆがんだ歴史観とは」[リンク切れ](『毎日新聞』 2008年11月2日 社説)[リンク切れ]、”お笑いタレントのせりふに重ね「そんなの関係ねえ」と述べた”(「空幕長論文 あきれ返る「侵略」正当化」[リンク切れ](『西日本新聞』 2008年11月3日 社説)[リンク切れ]、”「そんなの関係ねえ」といわんばかりの言動”(「前空幕長の陳述 文民統制を何と心得る」[リンク切れ](『東京新聞』 2008年11月12日 社説)など
  38. ^ 内閣衆質一六九第三一九号 平成二十年四月三十日 (第169国会質問319号「航空幕僚長の「そんなの関係ねえ」発言と官房長官の「戦闘地域で民間航空機が飛ぶはずがない」発言に関する質問主意書」に対する答弁書)
  39. ^ 田母神氏、再び「関係ねえ」発言 名古屋の講演で共同通信12月21日
  40. ^ “田母神戦争大学の白熱講義(延長戦)「徴兵制は採用すべきでない」自衛隊は本当に強いのか”. 産経新聞. (2014年7月19日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140719/plc14071912000001-n1.htm 2014年7月19日閲覧。 
  41. ^ 「東大生は年寄りが多い」 “関係ない”発言の田母神航空幕僚長が講演[リンク切れ](『産経新聞』 2008年5月24日)
  42. ^ 憲法改正論にまで踏み込む前航空幕僚長 「田母神論文」の危うさ[リンク切れ](『毎日新聞』 2008年11月12日夕刊)
  43. ^ 「更迭の空幕長、侵略美化就任前から 隊内誌に論文 政府の任命責任重大」(『しんぶん赤旗』 2008年11月2日付)
  44. ^ a b 田母神氏、講演引っ張りだこ 「言論タブー」照らし出す”. 産経新聞. 2009年3月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月28日閲覧。
  45. ^ 『自らの身は顧みず』167ページ
  46. ^ 週刊新潮、2009年3月12日号「講演会モテモテ「田母神」前空幕長は「年収1億」突破目前」
  47. ^ 『自らの身は顧みず』205 - 206ページ
  48. ^ a b 幸福実現党 (2009年8月2日). “激論・日本の選択(上)” (PDF). 産経新聞. http://www.hr-party.jp/pdf/downloads/taidan1.pdf 2010年10月11日閲覧。 
  49. ^ a b c 幸福実現党 (2009年8月2日). “激論・日本の選択(下)” (PDF). 産経新聞. http://www.hr-party.jp/pdf/downloads/taidan2.pdf 2010年10月11日閲覧。 
  50. ^ 中国新聞2009年8月22日の全面広告など多数
  51. ^ 当日の護憲派代表は軍事評論家の前田哲男
  52. ^ JC大分が憲法タウンミーティング、田母神氏も参加[リンク切れ] 読売新聞2009年5月3日[リンク切れ]
  53. ^ 核武装論じた会合に出席 前空幕長 アパ代表が主催(『しんぶん赤旗』 2008年11月8日)
  54. ^ 週刊朝日2008年11月24日号
  55. ^ WiLL」2009年06月号“北朝鮮には核で対抗せよ”
  56. ^ 日本会議広島 活動レポート[リンク切れ] 日本会議
  57. ^ アメリカ信仰から抜け出そう (田母神俊雄オフィシャルブログ 2013年7月26日)
  58. ^ GDPが伸びなければ国を守れない (田母神俊雄オフィシャルブログ 2012年1月12日)
  59. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  60. ^ 田母神俊雄ツイッター
  61. ^ a b 中国新聞 2009年6月30日朝刊
  62. ^ 中国放送 2009年6月30日
  63. ^ 朝日新聞2009年6月30日朝刊
  64. ^ 田母神講演会:ヒロシマの平和を疑う! 日本会議広島
  65. ^ 中国新聞2009年8月28日朝刊「天風録」
  66. ^ 拉致問題「自衛隊動かしてでも」 田母神前空幕長、講演で[リンク切れ]共同通信2009年2月28日[リンク切れ]
  67. ^ 朝鮮中央通信 田母神前航空幕僚長の暴言を非難朝鮮新報2009年3月13日
  68. ^ 「拉致と国防」でシンポジウム 家族会事務局長・増元氏、特定失踪者調査会代表・荒木氏ら 田母神氏も参加し「ぶん殴る姿勢示せ」日刊ベリタ 2009年3月3日
  69. ^ 【お台場デモ】8.21フジテレビ包囲、TV放送の正常化を求める運動”. 日本文化チャンネル桜 (2011年8月22日). 2012年2月17日閲覧。
  70. ^ 元航空幕僚長・田母神俊雄「体罰・いじめで騒ぐのは左翼思想。日本弱体化進行中」
  71. ^ 米兵の被害女性に「セカンドレイプ」 田母神氏ツイートに批判殺到
  72. ^ 放射線の専門家が激白シンポ「一部メディアの過剰反応に異議あり! MSN 産経ニュース 2011.8.15 07:00 」
  73. ^ 放射線の専門家が激白シンポ「一部メディアの過剰反応に異議あり!」MSN 産経ニュース 2011.8.15 07:00
  74. ^ 田母神俊雄オフィシャルブログ「志は高く、熱く燃える」
  75. ^ 『ほんとうは強い日本』 PHP新書、2011年7月、ISBN 978-4569798721
  76. ^ 『脱原発論-ゴーマニズム宣言 SPECIAL-』より。
  77. ^ 田母神俊雄Twitter2013年12月11日
  78. ^ 田母神俊雄Twitter2013年1月9日
  79. ^ a b c イスラエルを訪問して田母神俊雄公式ブログ 2014年9月20日
  80. ^ 第170回外交防衛委員会(第170回国会 外交防衛委員会 第6号)2008年11月11日
  81. ^ World Uyghur Congress In Tokyo Draws Condemnation From China”. Uyghur American Association (2012年5月15日). 2012年5月20日閲覧。
  82. ^ “東京都知事に舛添氏、「原発ゼロ」の宇都宮、細川両氏ら退ける”. Bloomberg.co.jp. (2014年2月10日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0Q8K76TTDSD01.html 2014年2月10日閲覧。 
  83. ^ 次世代の田母神氏、公明・太田氏と激突、東京12区に出馬へ産経新聞2014年11月28日閲覧
  84. ^ 2014年11月28日本人のツイートTwitter
  85. ^ 公明・太田氏が7選…田母神氏は比例復活できず読売新聞-2014年12月14日閲覧
  86. ^ 本人のツイート2014年12月14日閲覧
  87. ^ “田母神氏「制服99%が支持」 講演で影響力強調”. 西日本新聞. (2008年12月23日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/67375 2009年2月17日閲覧。 [リンク切れ][リンク切れ]
  88. ^ “田母神前空幕長が石破氏批判 「偏っているのはあなただ」”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年2月19日). http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009021901000329.html 2010年3月24日閲覧。 
  89. ^ 週刊朝日』 2009年9月11日号、125頁
  90. ^ a b 南彰 (2009年11月20日). “自民、田母神氏に参院選出馬を打診 本人は拒否”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/politics/update/1120/TKY200911200244.html 2010年3月22日閲覧。 [リンク切れ][リンク切れ]
  91. ^ 『週刊現代』 2010年4月10日号
  92. ^ 『産経新聞』大阪本社 2010年4月11日朝刊
  93. ^ 朝日新聞 (2014年1月8日). “維新、苦肉の自主投票 都知事選、石原氏は田母神氏支援”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG1630WMG16UTIL006.html 2014年1月8日閲覧。 
  94. ^ a b c d BLOGOS編集部 (2014年1月7日). “「今の東京には私が極めて適切な都知事だと思う」田母神俊雄氏が出馬会見”. BLOGOS. http://blogos.com/article/77428/ 2014年1月8日閲覧。 
  95. ^ 【東京都知事選】田母神としお氏 出馬記者会見[桜H26/1/8]”. SakuraSoTV (2014年1月9日). 2014年1月11日閲覧。
  96. ^ 田母神俊雄氏が都知事立候補表明 選対本部長は「チャンネル桜」水島氏 : J-CASTニュース
  97. ^ 【都知事選】田母神氏、頼みは石原氏の発信力 無党派層意識し「ガールズ」投入 - MSN産経ニュース
  98. ^ 産経新聞 (2014年1月7日). “【都知事選】田母神氏が出馬表明 石原氏、支援表明”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140107/lcl14010717330001-n1.htm 2014年1月8日閲覧。 
  99. ^ "日本派"の政治家が必要だ〜田母神候補が海外メディアに答える . BLOGOS 2014年2月6日閲覧。
  100. ^ 【社会】「脱原発」争点に - 細川・舛添氏 出馬正式表明(主な立候補予定者の原発への考え方)”. 中日新聞東京新聞) (2014年1月14日). 2014年1月15日閲覧。
  101. ^ [1] . IWJ Independent Web Journal 2014年2月8日閲覧。
  102. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 【草莽崛起】1月9日時点での田母神としお氏賛同者リスト[桜H26/1/9]”. SakuraSoTV (2014年1月9日). 2014年1月11日閲覧。
  103. ^ 三橋貴明 (2014年1月8日). “三橋貴明は田母神俊雄氏を支持します”. アメーバブログ. 2014年1月12日閲覧。
  104. ^ デヴィ・スカルノ (2014年1月8日). “ラスト・サムライ 田母神俊雄(たもがみ としお)氏を 都政に!”. アメーバブログ. 2014年1月11日閲覧。
  105. ^ デヴィ夫人、公職選挙法違反の疑いで警視庁から警告. フジニュースネットワーク. 2014年2月10日放送. 2014年2月10日閲覧。
  106. ^ 【草莽崛起】田母神俊雄を励まし、日本を取り戻す会[桜H26/3/24 ]日本文化チャンネル桜公式サイト
  107. ^ 書籍『田母神戦争大学 心配しなくても中国と戦争にはなりません』
  108. ^ 田母神戦争大学の白熱講義(上)「敵空母を撃沈するまで戦うしかない」日本真正保守党を設立します!+(1/7ページ) - MSN産経ニュース
  109. ^ 中国網 (2014年1月7日). “日本前航空幕僚长参选东京都知事 系无党派人士”. 中国網. http://news.china.com.cn/live/2014-01/06/content_24189765.htm 2014年1月8日閲覧。 
  110. ^ サーチナ (2014年1月7日). “田母神氏が知事選出馬へ、中国は「わが国を敵視する人物」と警戒感”. サーチナ. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000126-scn-cn 2014年1月8日閲覧。 
  111. ^ 田母神さん宅、空き巣の被害 300万円相当盗難 日本経済新聞 2011年1月25日
  112. ^ 田母神さん宅に窃盗容疑で逮捕 1月に400万円相当 日本経済新聞 2011年6月16日
  113. ^ 田母神元空幕長に何が起きているのか[リンク切れ] 日刊ゲンダイ2011年2月8日
  114. ^ 田母神氏支持の世論「不気味」 民主・小川淳也氏が発言 朝日新聞デジタル 2014年2月19日
  115. ^ “元自衛官が田母神氏に謝罪要求 セクハラ勝訴の女性”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年11月19日). http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111901000293.html 2013年2月8日閲覧。 
  116. ^ 『週刊金曜日』2011年12月9日号
  117. ^ 朝日新聞2012年12月29日付朝刊(北海道版)
  118. ^ 『読売新聞』、2003年6月19日。
  119. ^ >田母神元空自幕僚長に戦場ジャーナリストが噛みつく-本当の戦争の悲惨さ知らないネトウヨ親父は引退すべき. 2014年6月14日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

田母神俊雄に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「田母神俊雄」の関連用語

田母神俊雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




田母神俊雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田母神俊雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS