持統天皇 持統天皇の概要

持統天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 02:07 UTC 版)

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
持統天皇
持統天皇

在位期間
690年2月14日 - 697年8月22日
持統天皇4年1月1日 - 持統天皇11年8月1日
時代 飛鳥時代
先代 天武天皇
次代 文武天皇

誕生 645年[1]
崩御 703年1月13日
陵所 檜隈大内陵・野口王墓古墳
漢風諡号 持統天皇
和風諡号 大倭根子天之廣野日女尊
高天原廣野姫天皇
鸕野讚良
父親 天智天皇
母親 蘇我遠智娘
皇配 天武天皇
子女 草壁皇子
皇居 飛鳥浄御原宮藤原宮

女帝
テンプレートを表示

鸕野讚良(うののさらら、うののささら)であり、これは娑羅羅馬飼造が養育したからであると考えられる[3]。和風諡号は2つあり、『続日本紀』の703年(大宝3年)12月17日の火葬の際の「大倭根子天之廣野日女尊」(おほやまとねこあめのひろのひめのみこと)と、『日本書紀』の720年(養老4年)に代々の天皇とともに諡された「高天原廣野姫天皇」(たかまのはらひろのひめのすめらみこと)がある(なお『日本書紀』において「高天原」が記述されるのは冒頭の第4の一書とこの箇所のみである)。漢風諡号「持統天皇」は代々の天皇とともに淡海三船により、熟語の「継体持統」から持統と名付けられたという。[要出典]

生涯

「百人一首之内 持統天皇」

壬申の乱の前まで

父は天智天皇(中大兄皇子)、母は遠智娘といい、母方の祖父が蘇我倉山田石川麻呂である。父母を同じくする姉に大田皇女がいた。

大化5年(649年)、誣告により祖父の蘇我石川麻呂が中大兄皇子に攻められ自殺した。石川麻呂の娘で中大兄皇子の妻だった造媛(みやつこひめ)は父の死を嘆き、やがて病死した。『日本書紀』の持統天皇即位前紀には、遠智娘は美濃津子娘(みのつこのいらつめ)ともいうとあり、美濃は当時三野とも書いたので、三野の「みの」が「みや」に誤られて造媛と書かれる可能性があった。美濃津子娘と造媛が同一人物なら、鸕野讃良は幼くして母を失ったことになる[4][注釈 1]

斉明3年(657年)、13歳で叔父の大海人皇子(後の天武天皇)に嫁した。中大兄皇子は彼女だけでなく大田皇女、大江皇女、新田部皇女の娘4人を弟の大海人皇子に与えた。斉明7年(661年)には、夫とともに天皇に随行し、九州まで行った。天智元年(662年)に筑紫国娜大津で鸕野讃良皇女は草壁皇子を産み[6]、翌年に大田皇女が大津皇子を産んだ。天智6年(667年)以前に大田皇女が亡くなったので、鸕野讃良皇女が大海人皇子の妻の中でもっとも身分が高い人になった。

壬申の乱

天智天皇10年(671年)、大海人皇子が政争を避けて吉野に隠棲したとき、草壁皇子を連れて従った。『日本書紀』などに明記はないが、大海人皇子の妻のうち、吉野まで従ったのは鸕野讃良皇女だけではなかったかとされる[7][出典無効][注釈 2]

大海人皇子は翌年に決起して壬申の乱を起こした。皇女は草壁皇子忍壁皇子を連れて、夫に従い美濃国に向けた脱出の強行軍を行った。疲労のため大海人一行と別れて伊勢国桑名にとどまったが、『日本書紀』には大海人皇子と「ともに謀を定め」たとあり、乱の計画に与ったことが知られる。

壬申の乱のときに土地の豪族・尾張大隅が天皇に私宅を提供したことが『続日本紀』によって知られる。この天皇は天武天皇とされることが多いが、持統天皇にあてる説もある。

天武天皇の皇后

大海人皇子が乱に勝利して天武天皇2年2月に即位すると、鸕野讃良皇女が皇后に立てられた。

『日本書紀』によれば、天武天皇の在位中、皇后は常に天皇を助け、そばにいて政事について助言した。

679年に天武天皇と皇后、6人の皇子は、吉野の盟約を交わした。6人は草壁皇子大津皇子高市皇子忍壁皇子川島皇子志貴皇子で、川島と志貴が天智の子、残る4人は天武の子である。天武は皇子に互いに争わずに協力すると誓わせ、彼らを抱擁した。続いて皇后も皇子らを抱擁した。

皇后は病を得たため、天武天皇は薬師寺の建立を思い立った。

681年、天皇は皇后を伴って大極殿にあり、皇子、諸王、諸臣に対して律令の編纂を始め、当時19歳の草壁皇子を皇太子にすることを知らせた。当時、実務能力がない年少者を皇太子に据えた例はなかった。皇后の強い要望があったと推測される。

685年頃から、天武天皇は病気がちになり、皇后が代わって統治者としての存在感を高めていった。686年7月に、天皇は「天下の事は大小を問わずことごとく皇后及び皇太子に報告せよ」と勅し、持統天皇・草壁皇子が共同で政務を執るようになった。

大津皇子の謀反

大津皇子は草壁皇子より1歳年下で、母の身分は草壁皇子と同じであった。立ち居振る舞いと言葉遣いが優れ、天武天皇に愛され、才学あり、詩賦の興りは大津より始まる、と『日本書紀』は大津皇子を描くが、草壁皇子に対しては何の賛辞も記さない。草壁皇子の血統を擁護する政権下で書かれた『日本書紀』の扱いがこうなので、諸学者のうちに2人の能力差を疑う者はいない[9]。2人の母は姉妹であって、大津皇子は早くに母を失ったのに対し、草壁皇子の母は存命で皇后に立って後ろ盾になっていたところが違っていた。草壁皇子が皇太子になった後に、大津皇子も朝政に参画したが、皇太子としての草壁皇子の地位は定まっていた。

しかし、天武天皇の崩御の翌10月2日に、大津皇子は謀反が発覚し、翌3日に自害した。川島皇子の密告という。具体的にどのような計画があったかは史書に記されない。皇位継承を実力で争うことはこの時代までよくあった。そこで、大津皇子に皇位を求める動きか、何か不穏な言動があり、それを察知した持統天皇が即座につぶしたのではないかと解する者がいる。謀反の計画はなく、草壁皇子のライバルに対して持統天皇が先制攻撃をかけたのではないかと考える者も多い[10]。いずれにせよ、速やかな反応に持統天皇の叡慮を見る点は共通している。

持統天皇の称制と即位

天武天皇は、2年3ヶ月にわたり、皇族・臣下をたびたび列席させる一連の葬礼を経て葬られた。このとき皇太子が官人を率いるという形が見られ、草壁皇子を皇位継承者として印象付ける意図があったともされる[11]

ところが、689年4月に草壁皇子が病気により薨去したため、皇位継承の計画を変更しなければならなくなった。鸕野讃良は草壁皇子の子(つまり鸕野讃良の孫にあたる)軽皇子(後の文武天皇)に皇位継承を望むが、軽皇子は幼く(当時7歳)当面は皇太子に立てることもはばかられた。こうした理由から鸕野讃良は自ら天皇に即位することにした。

その即位の前年に、前代から編纂事業が続いていた飛鳥浄御原令を制定、施行した。同年の12月8日には、双六を禁止している[12]

690年の持統天皇の即位の儀式の概略は、天武天皇の葬礼とともに、『日本書紀』にかなり具体的に記されている。ただし以前の儀式が詳しく記されていないので正確なところは不明だが、物部麻呂朝臣、矛を立てた例は前にもあり、神祇官中臣大嶋朝臣が天つ神寿詞を読み上げることと、公卿が連なり遍く拝みたてまつり、手拍つというのは初見である。また前代にみられた群臣の協議・推戴はなかった。全体に古式を踏襲したものとみなす見解もあるが[13]、新しい形式の登場に天皇の権威の上昇を見る学者が多い[14][15]

即位の後、大赦を行い、天皇は大規模な人事交代を行い、高市皇子太政大臣に、多治比島右大臣に任命した。ついに一人の大臣も任命しなかった天武朝の皇親政治は、ここで修正されることになった[16][注釈 3]

持統天皇の治世

天武天皇の政策の継承

持統天皇の治世は、天武天皇の政策を引き継ぎ、完成させるもので、飛鳥浄御原令の制定と藤原京の造営が大きな二本柱である[18]

第一回神宮式年遷宮と新しい京の建設は天武天皇の念願であり、既に着手されていたと[19]も、持統天皇が開始したとも言われる。未着手とする説では、その理由が民の労役負担を避けるためだったと説かれるので、後述の伊勢行幸ともども、天武の治世と微妙に異なる志向がある[20]

また、官人層に武備・武芸を奨励して、天武天皇の政策を忠実に引き継いだ。墓記を提出させたのは、天武天皇の歴史編纂事業を引き継ぐものであった。

民政においては、戸籍を作成した。庚寅の造籍という。687年(持統元年)正月には、都に住む老人・病人・貧民に絁綿を施し、6月に罪人を赦し、7月に天武14年以前の負債の利子を免除し、688年6月にはふたたび罪人の赦免と、全国の調半減を令している[21]。大津皇子に対する処置の峻烈さにより宮廷の動揺を抑え、一方、民衆に対しては宥和政策を以って臨むという政策によって、天武死後の難局は、打開されたといえる[22]

持統天皇は、柿本人麻呂に天皇を賛仰する歌を作らせた[23]。人麻呂は官位こそ低かったものの、持統天皇から個人的庇護を受けたらしく、彼女が死ぬまで「宮廷詩人」として天皇とその力を讃える歌を作り続け、その後は地方官僚に転じた。

天武との違いで特徴的なのは、頻繁な吉野行幸である。夫との思い出の地を訪れるというだけでなく、天武天皇の権威を意識させ、その権威を借りる意図があったのではないかと言われる。他に伊勢国に一度、紀伊国に一度の行幸を記録する。『万葉集』の記述から近江に一度の行幸も推定できる。692年3月3日の伊勢行幸[24]では、農事の妨げになるという中納言・三輪高市麻呂のかん言を押し切った。この行幸には続く藤原京の造営に地方豪族層を協力させる意図が指摘される[25]

持統天皇は、天武天皇が生前に皇后(持統)の病気平癒を祈願して造営を始めた大和国薬師寺を完成させ、勅願寺とした。

外交政策

外交では前代から引き続き新羅と通交し、とは公的な関係を持たなかった。日本書紀の持統4年(690年)の項に以下の主旨の記述がある。

持統天皇は、筑後国上陽咩郡(上妻郡)の住人大伴部博麻に対して、「百済救援の役でその方は唐の抑留捕虜とされた。その後、土師連富杼、氷連老、筑紫君薩夜麻弓削連元実児の四人が、唐で日本襲撃計画を聞き、朝廷に奏上したいが帰れないことを憂えた。その時その方は富杼らに『私を奴隷に売り、その金で帰朝し奏上してほしい』と言った。そのため、筑紫君薩夜麻や富杼らは日本へ帰り奏上できたが、その方はひとり30年近くも唐に留まった後にやっと帰ることが出来た。自分は、その方が朝廷を尊び国へ忠誠を示したことを喜ぶ。」と詔して、土地などの褒美を与えた。

新羅に対しては対等の関係を認めず、向こうから朝貢するという関係を強いたが、新羅は唐との対抗関係からその条件をのんで関係を結んだようである。日本からは新羅に学問僧など留学生が派遣された[26]

文武天皇への譲位

持統天皇の統治期間の大部分、高市皇子が太政大臣についていた。高市は母の身分が低かったが、壬申の乱での功績が著しく、政務にあたっても信望を集めていたと推察される[27]。公式に皇太子であったか、そうでなくとも有力候補と擬せられていたのではないかと説かれる[28]

その高市皇子が持統天皇10年7月10日に薨去した。『懐風藻』によれば、このとき持統天皇の後をどうするかが問題になり、皇族・臣下が集まって話し合い、葛野王の発言が決め手になって697年2月に軽皇子が皇太子になった[29]。 この一連の流れを持統天皇による一種のクーデターとみなす説もある[注釈 4]

持統天皇は8月1日に15歳の軽皇子に譲位した。文武天皇である。日本史上、存命中の天皇が譲位したのは皇極天皇に次ぐ2番目で、持統は初の太上天皇(上皇)になった。

譲位後の持統上皇

譲位した後も、持統上皇は文武天皇と並び座して政務を執った。文武天皇時代の最大の業績は大宝律令の制定・施行だが、これにも持統天皇の意思が関わっていたと考えられる[31]。しかし、壬申の功臣に代わって藤原不比等ら中国文化に傾倒した若い人材が台頭し、持統期に影が薄かった刑部親王(忍壁皇子)が再登場したことに、変化を見る学者もいる[32]

持統上皇は大宝元年(701年)にしばらく絶っていた吉野行きを行った。翌年には三河国まで足を伸ばす長旅に出て、壬申の乱で功労があった地方豪族をねぎらった。

崩御

大宝2年(702年)の12月13日に病を発し[33]、22日に崩御した[33]。享年58。1年間の殯(もがり)の後、火葬されて天武天皇陵に合葬された。天皇の火葬はこれが最初であった[34]

人物評価・歴史学上の論点

『日本書紀』にみる人物像

『日本書紀』は、持統天皇を「深沈で大度」・「礼を好み節倹」・「母の徳あり」などとする。

女帝持統の役割と野心

持統天皇は、7世紀から8世紀の日本古代に特徴的な女性天皇(女帝)の一人である。他の女帝についてしばしば政権担当者が別に想定されるのと異なり、持統天皇の治世の政策は持統天皇が推進した政策と理解される。持統天皇が飾り物でない実質的な、有能な統治者であったことは、諸学者の一致するところである。『日本書紀』には天武天皇を補佐して天下を定め、様々に政治について助言したとあり[注釈 5]、『続日本紀』には文武天皇と並んで座って政務をとったとあるので、持統の政治関与は在位期間に限られていない。持統天皇は天武天皇とともに「大君は神にしませば」と歌われており[注釈 6]、天皇権力強化路線の最高到達点とも目される。

政治家としての持統天皇の役割・動機は、天武天皇から我が子の草壁皇子・孫の軽皇子に皇位を伝えることであったとするのが通説である。持統天皇は草壁皇子が天武天皇の後を嗣ぐことを望み、夫に働きかけて草壁を皇太子に就け、夫の死後に草壁のライバルであった大津皇子を排除した。天武天皇の葬礼が終わったあとに草壁皇子を即位させるつもりだったが、その実現前に皇子が死んだために、やむなく自らが即位したと解する。

近年では、女帝一般が飾り物ではなく、君主として実質的な権力を振るったと考える傾向もあり、鸕野讃良皇女自身が初めから皇位に向けた政治的野心を持っていたとする説が出てきた[36]。天武天皇が自らを漢の高祖になぞらえたらしいことから、持統天皇は自らをその妻で夫の死後政治の実権を握った呂太后になぞらえたのではないかと推測する学者もいる[37]

持統天皇による謀略説

持統天皇の積極的性格と有能さを前提として、彼女による様々な謀略が説かれている。

壬申の乱では鸕野讃良皇女が大海人皇子に協力したとするのが通説だが、彼女こそが乱の首謀者であるという説がある[38]

大津皇子の謀反については、持統天皇の攻撃的意図を見ない人の方が少ない。大津皇子の無実を説くか[39]、そうでなくともわずかな言葉をとらえて謀反に仕立て上げられたと考える学者が多い。

関連して『万葉集』の歌にまつわる対大津監視スパイ説がある。万葉学者の吉永登は、石川郎女と寝たことを津守通に占いで看破されて大津皇子が詠んだ歌[40]について、津守は占いではなく密偵によって知ったのではないかという[41]直木孝次郎がこれを支持して持統の指示によるのではないかと推測している[42]


注釈

  1. ^ 同一人である可能性を指摘しつつ「同一人か否かは問題がある」とする説もある[5]
  2. ^ 北山茂夫は、皇族出身の妻のうちただ一人、と限定する[8]
  3. ^ これには新制度が定めた官職を補充するために人材の数が必要になったという事情もあったであろうが、皇位継承のライバルとなる皇族の登用を持統天皇が望まなかったという可能性も指摘される[17]
  4. ^ 本間満はその根拠として軽皇子の立太子に関する記事について、『続日本紀』の文武天皇の即位前紀には記されているものの、肝心の『日本書紀』の持統天皇紀には東宮職員の任命記事こそあるものの立太子と言う重要な出来事には全く触れられておらず、天武天皇の諸皇子の皇位継承を巡る動きの中で、軽皇子の立太子が行い得なかったとする[30]
  5. ^ 『後漢書』明徳馬皇后紀にほぼ同文があると指摘されている[35]
  6. ^ 西郷信友は、壬申の乱の後に詠んだとの注釈によって天武天皇を指して詠まれたと一般に解される大伴御行の2首を、持統天皇による藤原京造営にあてる。そうすると、「大君は神にしませば」とは持統天皇の代に固有のものになる。
  7. ^ 桑田王の母は石川夫人という説もある為、この説に則った場合、桑田王の子孫に持統天皇の血は入っていない事になる。

出典

  1. ^ 直木 1985, p. 1.
  2. ^ 瀧浪貞子『女性天皇』(集英社、2004年)89頁
  3. ^ 告井幸男「名代について」(京都女子大学史学会編『史窓』第71号、2014年)http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/1496/1/0030_071_001.pdf
  4. ^ 直木, pp. 51–53.
  5. ^ 新編古典文学全集『日本書紀』第5巻178頁注2
  6. ^ 『日本書紀』持統紀即位前紀「天命開別天皇元年生草壁皇子於大津宮」
  7. ^ 直木, pp. 122–123.
  8. ^ 北山, p. 132.
  9. ^ 直木, pp. 160–161.
  10. ^ 北山, p. 153.
  11. ^ 北山, pp. 155, 159–160.
  12. ^ 『日本書紀』巻第三十
  13. ^ 北山, p. 165; 直木, p. 206.
  14. ^ 上田 1996, pp. 153–155.
  15. ^ 熊谷 2008, pp. 343–344.
  16. ^ 北山, pp. 184–185.
  17. ^ 直木, pp. 213–215.
  18. ^ 渡辺, pp. 30, 37.
  19. ^ 渡辺, p. 33.
  20. ^ 直木, pp. 217–219.
  21. ^ 直木 1985, p. 193.
  22. ^ 直木 1985, p. 194.
  23. ^ 北山, pp. 177–182.
  24. ^ 『日本書紀』、巻第三十
  25. ^ 直木, pp. 226–227.
  26. ^ 北山, pp. 202–203.
  27. ^ 北山, pp. 210–212.
  28. ^ 直木.
  29. ^ 懐風藻』葛野王の伝。小島憲之・校注『懐風藻・文華秀麗集・本朝文粋』(日本古典文学大系69)81-82頁。
  30. ^ 本間 2014, pp. 222–227, 229.
  31. ^ 北山, pp. 2230–231.
  32. ^ 直木, pp. 257–269.
  33. ^ a b 直木 1985, p. 274.
  34. ^ 直木 1985, p. 275.
  35. ^ 持統即位前紀。新編日本古典文学全集版『日本書紀』474頁注12
  36. ^ 遠山 2007, pp. 38, 42–51.
  37. ^ 直木孝次郎 著「持統天皇と呂太后」、三品彰英 編 『日本書紀研究 第1冊』塙書房、1964年。 
  38. ^ 倉本 2007, pp. 35–36.
  39. ^ 北山, pp. 153–154; 直木, pp. 182–188.
  40. ^ 『万葉集』巻2、109。岩波文庫『新訓万葉集』75頁。
  41. ^ 吉永登「大津皇子とその政治的背景」『日本文学』5巻1号、1956年
  42. ^ 直木孝次郎 『古代国家の成立』中央公論社〈中公文庫 日本の歴史2〉、1973年、377-378頁。 
  43. ^ 外池昇 『事典陵墓参考地 もうひとつの天皇陵』吉川弘文館、2005年、49-52頁。 


「持統天皇」の続きの解説一覧




持統天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

持統天皇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



持統天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの持統天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS