雞とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > の意味・解説 

にわ とり には- [0] 【鶏・ 雞

〔庭の鳥の意〕
キジ目キジ科原種東南アジア密林にすむセキショクヤケイ農耕開始とともに家禽かきん)として飼養されるようになり、用途に応じた改良がなされ、多く品種が生じた。弥生時代にはすでに日本渡来していた。採卵用の白色レグホン食肉用のブロイラー名古屋種闘鶏用のシャモ観賞用のオナガドリ・チャボなどの品種がある。くたかけ。とり。

作者中島敦

収載図書ちくま日本文学全集 036 中島敦
出版社筑摩書房
刊行年月1992.7


読み方:ニワトリ(niwatori)

作者 中島敦

初出 昭和17年

ジャンル 小説


ニワトリ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/29 15:56 UTC 版)

ニワトリ、学名:Gallus gallus domesticus)は、鳥類のひとつ。代表的な家禽として世界中で飼育されている。ニワトリを飼育することを養鶏と呼ぶ。


  1. ^ YOU CAN’T JUDGE A PIGMENT BY ITS COLOR: CAROTENOID AND MELANIN CONTENT OF YELLOW AND BROWN FEATHERS IN SWALLOWS, LUEBIRDS,PENGUINS, AND DOMESTIC CHICKENS. KEVIN J. MCGRAW, KAZUMASA WAKAMATSU, SHOSUKE ITO, PAUL M. NOLAN, PIERRE JOUVENTIN, F. STEPHEN DOBSON, RICHARD E. AUSTIC, REBECCA J. SAFRAN, LYNN M. SIEFFERMAN, GEOFFREY E. HILL AND ROBERT S. PARKER. The Condor 106:390–395
  2. ^ 2008年10月29日放送『笑っていいとも!』より
  3. ^ * 秋篠宮文仁,他, "ニワトリの起源の分子系統学的解析": Proc. Natl. Acad. Sci., 93, 6792-6795 abstract
  4. ^ * 『ニワトリの科学』古瀬充宏、朝倉書店、2014年。ISBN 978-4-254-45504-5
  5. ^ Lawler, Andrew (23 November 2012). “In Search of the Wild Chicken”. Science, New Focus (Science): 1020-1024. doi:10.1126/science.338.6110.1020. "自然史ニュース ニワトリの家畜化" 
  6. ^ 「ニワトリの動物学」(アニマルサイエンス5)p20 岡本新 東京大学出版会 2001年11月6日初版
  7. ^ 「家畜の歴史」p508 F.E.ゾイナー著 国分直一・木村伸義訳 1983年6月30日初版第1刷 法政大学出版局
  8. ^ 「家畜の歴史」p510 F.E.ゾイナー著 国分直一・木村伸義訳 1983年6月30日初版第1刷 法政大学出版局
  9. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p211 1990年8月21日初版第1刷
  10. ^ ジャレド・ダイアモンド著、楡井浩一訳『文明崩壊――滅亡と存続の命運を分けるもの(上・下)』、p.177 (草思社, 2005年)
  11. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p211 1990年8月21日初版第1刷
  12. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店 2004年9月10日 第2版第1刷 pp.561
  13. ^ Harold McGee 香西みどり訳『マギー キッチンサイエンス』2008年、共立出版 p.71
  14. ^ 「ニワトリの動物学」(アニマルサイエンス5)p115 岡本新 東京大学出版会 2001年11月6日初版
  15. ^ 「ニワトリの動物学」(アニマルサイエンス5)p129 岡本新 東京大学出版会 2001年11月6日初版
  16. ^ 西本豊弘・佐藤治・新美倫子「朝日遺跡の動物遺体」『朝日遺跡Ⅱ(自然科学編)』(1992年)
  17. ^ 新美(2009)、p.101
  18. ^ 新美(2009)、p.95
  19. ^ 新美(2009)、p.101
  20. ^ 新美(2009)、p.101
  21. ^ 西本豊弘「弥生時代のニワトリ」『動物考古学 1』(1993年)
  22. ^ 新美(2009)、p.101
  23. ^ ニワトリの誕生と養鶏のはじまり”. 東紅食品株式会社. 2015年2月11日閲覧。
  24. ^ 江後(2011年)、p.169
  25. ^ 新美(2008)、p.240
  26. ^ 新美(2008)、p.241
  27. ^ a b c 「ニワトリの科学」(シリーズ「家畜の科学」4)p8 古瀬充宏編 朝倉書店 2014年7月10日初版第1刷
  28. ^ 江後(2011年)、pp.169 - 170
  29. ^ 江後(2011年)、p.170
  30. ^ 江後(2011年)、p.170
  31. ^ 江後(2011年)、p.170
  32. ^ 「江戸の料理と食生活」原田信男編 小学館 p84 2004年6月20日第1版第1刷
  33. ^ 江後(2011年)、p.167
  34. ^ 江後(2011年)、p.167
  35. ^ 新美(2008)、p.249
  36. ^ 「ニワトリの動物学」(アニマルサイエンス5)p120 岡本新 東京大学出版会 2001年11月6日初版
  37. ^ 『FOOD'S FOOD 新版 食材図典 生鮮食材編』p162 2003年3月20日初版第1刷 小学館
  38. ^ 「ニワトリの動物学」(アニマルサイエンス5)p122 岡本新 東京大学出版会 2001年11月6日初版
  39. ^ [平成26年度畜産技術協会「飼養実態アンケート調査報告書」 http://jlta.lin.gr.jp/report/animalwelfare/index.html]
  40. ^ 『FOOD'S FOOD 新版 食材図典 生鮮食材編』p166 2003年3月20日初版第1刷 小学館
  41. ^ 『FOOD'S FOOD 新版 食材図典 生鮮食材編』p162 2003年3月20日初版第1刷 小学館
  42. ^ 「ニワトリの科学」(シリーズ「家畜の科学」4)p27 古瀬充宏編 朝倉書店 2014年7月10日初版第1刷
  43. ^ Archives des séries statistiques de production (interrogation par production, produit : poule, pays et années - FAO
  44. ^ Handelsblatt - Die Welt in Zahlen (2005)
  45. ^ 「食肉・鶏卵生産のグローバル化 2021年までの展望」p1 ハンス・ヴィルヘルム・ヴィントフォルスト、アンナ・ヴィルケ著 杉山道雄・大島俊三編訳著 平光美津子・鷲見孝子・棚橋亜矢子・松野希恵・高山侑樹共訳 筑波書房 2011年6月20日第1版第1刷発行
  46. ^ 「世界の食肉生産はどうなるか 2018年の展望」p4 ハンス・ヴィルヘルム・ヴィントフォルスト著 杉山道雄・大島俊三編訳著 平光美津子・鷲見孝子訳著 筑波書房 2011年6月20日第1版第1刷発行
  47. ^ 「食肉・鶏卵生産のグローバル化 2021年までの展望」p46 ハンス・ヴィルヘルム・ヴィントフォルスト、アンナ・ヴィルケ著 杉山道雄・大島俊三編訳著 平光美津子・鷲見孝子・棚橋亜矢子・松野希恵・高山侑樹共訳 筑波書房 2011年6月20日第1版第1刷発行
  48. ^ a b 「ニワトリの科学」(シリーズ「家畜の科学」4)p25 古瀬充宏編 朝倉書店 2014年7月10日初版第1刷
  49. ^ 「ニワトリの科学」(シリーズ「家畜の科学」4)p46 古瀬充宏編 朝倉書店 2014年7月10日初版第1刷
  50. ^ 「ニワトリの科学」(シリーズ「家畜の科学」4)p40 古瀬充宏編 朝倉書店 2014年7月10日初版第1刷
  51. ^ 「ニワトリの科学」(シリーズ「家畜の科学」4)p4 古瀬充宏編 朝倉書店 2014年7月10日初版第1刷
  52. ^ 「ニワトリの科学」(シリーズ「家畜の科学」4)p11 古瀬充宏編 朝倉書店 2014年7月10日初版第1刷
  53. ^ 小学館「世界原色百科事典」より。
  54. ^ The Dominant white, Dun and Smoky color variants in chicken are associated with insertion/deletion polymorphisms in the PMEL17 gene. Kerje S, Sharma P, Gunnarsson U, Kim H, Bagchi S, Fredriksson R, Schütz K, Jensen P, von Heijne G, Okimoto R, Andersson L. Genetics. 2004 Nov;168(3):1507-18.
  55. ^ Complete association between a retroviral insertion in the tyrosinase gene and the recessivewhite mutation in chickens. Chang CM, Coville JL, Coquerelle G, Gourichon D, Oulmouden A, Tixier-Boichard M. BMC Genomics. 2006 Feb 5;7:19.
  56. ^ Endothelin receptor B2 (EDNRB2) is responsible for the tyrosinase-independent recessive white(mo(w) ) and mottled (mo) plumage phenotypes in the chicken. Kinoshita K, Akiyama T, Mizutani M, Shinomiya A, Ishikawa A, Younis HH, Tsudzuki M, Namikawa T, Matsuda Y. PLoS One. 2014 Jan 23;9(1):e86361. doi:10.1371/journal.pone.0086361. eCollection 2014.
  57. ^ Mutations in SLC45A2 cause plumage color variation in chicken and Japanese quail. Gunnarsson U, Hellström AR, Tixier-Boichard M, Minvielle F, Bed'hom B, Ito S, Jensen P, Rattink A, Vereijken A, Andersson L. Genetics. 2007 Feb;175(2):867-77. Epub 2006 Dec 6.
  58. ^ Melanocortin 1-receptor (MC1R) mutations are associated with plumage colour in chicken. Kerje S, Lind J, Schütz K, Jensen P, Andersson L. Anim Genet. 2003 Aug;34(4):241-8.
  59. ^ Association between polymorphism in the melanocortin 1 receptor gene and E locus plumage color phenotype. Dávila SG, Gil MG, Resino-Talaván P, Campo JL. Poult Sci. 2014 May;93(5):1089-96. doi:10.3382/ps.2013-03611.
  60. ^ Association of feather colour with constitutively active melanocortin 1 receptors in chicken. Ling MK, Lagerström MC, Fredriksson R, Okimoto R, Mundy NI, Takeuchi S, Schiöth HB. Eur J Biochem. 2003 Apr;270(7):1441-9.
  61. ^ A single point-mutation within the melanophilin gene causes the lavender plumage colourdilution phenotype in the chicken. Vaez M, Follett SA, Bed'hom B, Gourichon D, Tixier-Boichard M, Burke T. BMC Genet. 2008 Jan 15;9:7. doi:10.1186/1471-2156-9-7.
  62. ^ The "silver" Japanese quail and the MITF gene: causal mutation, associated traits and homologywith the "blue" chicken plumage. Minvielle F, Bed'hom B, Coville JL, Ito S, Inoue-Murayama M, Gourichon D. BMC Genet. 2010 Feb 25;11:15. doi:10.1186/1471-2156-11-15.
  63. ^ Evidence that the mottled (mo) and pied (pi) plumage genes of the domestic fowl are identical. Carefoot WC. Br Poult Sci. 1987 Dec;28(4):753-4.
  64. ^ Sex-linked barring in chickens is controlled by the CDKN2A /B tumour suppressor locus. Hellström AR, Sundström E, Gunnarsson U, Bed'Hom B, Tixier-Boichard M, Honaker CF, Sahlqvist AS, Jensen P, Kämpe O, Siegel PB, Kerje S, Andersson. Pigment Cell Melanoma Res. 2010 Aug;23(4):521-30. doi:10.1111/j.1755-148X.2010.00700.x. Epub 2010 Mar 29.
  65. ^ A new gene determining the columbian feather pattern. Smyth JR Jr, Somes RG Jr. J Hered. 1965 Jul-Aug;56(4):151-6.
  66. ^ Genetics of Buff and Related Color Patterns in the Fowl. J. A. Brumbaugh W. F. Hollander. Poultry Science, Volume 45, Issue 3, 1 May 1966, Pages 451–457,
  67. ^ Melanotic: key to a phenotypic enigma in the fowl. Moore JW, Smyth JR Jr. J Hered. 1971 Jul-Aug;62(4):215-9.
  68. ^ A cis-regulatory mutation of PDSS2 causes silky-feather in chickens. Feng C, Gao Y, Dorshorst B, Song C, Gu X, Li Q, Li J, Liu T5, Rubin CJ, Zhao Y, Wang Y, Fei J, Li H, Chen K, Qu H, Shu D, Ashwell C, Da Y, Andersson L, Hu X, Li N. PLoS Genet. 2014 Aug 28;10(8):e1004576. doi:10.1371/journal.pgen.1004576. eCollection 2014 Aug.
  69. ^ Aldrovandi on Chickens: The Ornithology of Ulisse Aldrovandi (1600). Reviewed by C. E. Kellett. Med Hist. 1964 Oct; 8(4): 394.
  70. ^ A heritable variation of feather structure in the fowl. Warren DC.1938, J. Hered. 29:91-93
  71. ^ Copy number variation in intron 1 of SOX5 causes the Pea-comb phenotype in chickens. Wright D, Boije H, Meadows JR, Bed'hom B, Gourichon D, Vieaud A, Tixier-Boichard M, Rubin CJ, Imsland F, Hallböök F, Andersson L. PLoS Genet. 2009 Jun;5(6):e1000512. doi:10.1371/journal.pgen.1000512. Epub 2009 Jun 12.
  72. ^ The Rose-comb mutation in chickens constitutes a structural rearrangement causing both alteredcomb morphology and defective sperm motility. Imsland F, Feng C, Boije H, Bed'hom B, Fillon V, Dorshorst B, Rubin CJ, Liu R, Gao Y, Gu X, Wang Y, Gourichon D, Zody MC, Zecchin W, Vieaud A, Tixier-Boichard M, Hu X, Hallböök F, Li N, Andersson L. PLoS Genet. 2012 Jun;8(6):e1002775. doi:10.1371/journal.pgen.1002775. Epub 2012 Jun 28.
  73. ^ A genomic duplication is associated with ectopic eomesodermin expression in the embryonicchicken comb and two duplex-comb phenotypes. Dorshorst B, Harun-Or-Rashid M, Bagherpoor AJ, Rubin CJ, Ashwell C, Gourichon D, Tixier-Boichard M, Hallböök F, Andersson L. PLoS Genet. 2015 Mar 19;11(3):e1004947. doi:10.1371/journal.pgen.1004947*. eCollection 2015 Mar.
  74. ^ The crest phenotype in chicken is associated with ectopic expression of HOXC8 in cranial skin. Wang Y, Gao Y, Imsland F, Gu X, Feng C, Liu R, Song C, Tixier-Boichard M, Gourichon D, Li Q, Chen K, Li H, Andersson L, Hu X, Li N. PLoS One. 2012;7(4):e34012. doi:10.1371/journal.pone.0034012. Epub 2012 Apr 13.
  75. ^ A Complex Structural Variation on Chromosome 27 Leads to the Ectopic Expression of HOXB8and the Muffs and Beard Phenotype in Chickens. Guo Y, Gu X, Sheng Z, Wang Y, Luo C, Liu R, Qu H, Shu D, Wen J, Crooijmans RP, Carlborg Ö, Zhao Y, Hu X, Li N. PLoS Genet. 2016 Jun 2;12(6):e1006071. doi:10.1371/journal.pgen.1006071. eCollection 2016 Jun.
  76. ^ Analysis of skin color change and related gene expression after crossing of Dongxiang blackchicken and ISA layer. Zhang XD, Wang HH, Zhang CX, Li QH, Chen XH, Lou LF. Genet Mol Res. 2015 Sep 28;14(3):11551-61. doi:10.4238/2015.September.28.7.
  77. ^ 「ニワトリの科学」(シリーズ「家畜の科学」4)p185-186 古瀬充宏編 朝倉書店 2014年7月10日初版第1刷
  78. ^ WEBマガジン ちくさんナビ Vol.38
  79. ^ 「ニワトリの動物学」(アニマルサイエンス5)p20 岡本新 東京大学出版会 2001年11月6日初版


「ニワトリ」の続きの解説一覧

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雞」の関連用語

雞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



雞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニワトリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS