A級戦犯とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > A級戦犯の意味・解説 

A級戦犯(えーきゅうせんぱん)

侵略戦争遂行によって平和に対する罪犯した者

極東国際軍事裁判所(東京裁判)において憲章第6条A項が規定する「平和に対する罪」に違反した戦争犯罪者のこと。

平和に対する罪」とは、侵略戦争において戦争計画準備、そして実行などに主導的立場取り組む行為を指す。一方憲章第6条B項「通例の戦争犯罪」およびC項「人道に対する罪」によって定め戦争犯罪者のことをそれぞれB級戦犯およびC級戦犯という。上官指揮命令に従った殺人虐待などの行為BC級戦犯にあたる。

1946年開廷された東京裁判では、A級戦犯の容疑逮捕された100人以上のうち政治家軍関係者など計28名が起訴された。2年半にわたる審理結果太平洋戦争開戦時に首相陸軍相・内務相を兼任していた東条英機など7名の死刑16名の終身刑といった判決が下った。7名の死刑囚1948年12月絞首刑によって処刑された。

国の戦争などで死亡した戦没者を祀っている靖国神社1978年刑死したA級戦犯を合祀した。そのため首相靖国神社への参拝がA級戦犯の名誉回復につながるとの見方を生み、戦後60年経過した現在でさえ禍根を残している。

(2005.05.30掲載


A級戦犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/19 14:08 UTC 版)

A級戦犯(Aきゅうせんぱん)は、 第二次世界大戦連合国によるポツダム宣言六條[1]に基づき、極東国際軍事裁判所条例第五条(イ)項[2]により定義された戦争犯罪に関し、極東国際軍事裁判(東京裁判)により有罪判決を受けた者である。条例では、a.平和に対する罪、b.(通例の)戦争犯罪、c.人道に対する罪の3つの罪が記載されたが、英語原文でこれらがabc順になっているため、項目aの平和に対する罪で訴追された者を「A級戦犯」と呼ぶ[3][4]。項目b、項目cで訴追されたものをそれぞれB級戦犯、C級戦犯と呼ぶが、そのほとんどがB級戦犯(通例の戦争犯罪)であった[5]




[ヘルプ]
  1. ^ ポツダム宣言六條、「日本を世界征服へと導いた勢力の除去」 ウィキソース上「ポツダム宣言」該当部分日本語訳
  2. ^ 極東国際軍事裁判所条例第五条(イ)項 極東国際軍事裁判所条例第五条
  3. ^ 太平洋戦争研究会『東京裁判 パル判決書の真実』PHP研究所、2006年、pp.16-17.
  4. ^ 野呂浩「パール判事研究 : A級戦犯無罪論の深層」、『東京工芸大学工学部紀要. 人文・社会編』31(2)、東京工芸大学、2008年、 p43
  5. ^ 林博史「BC級戦犯裁判」p.2-3.
  6. ^ 多谷千賀子 『戦争犯罪と法』 岩波書店(原著2006年12月)。ISBN 9784000236669
  7. ^ 40名という数は、下記の外国人15名と、杉山元を含むもの。
  8. ^ 海軍中将。海軍航空隊の功労者。
  9. ^ マニラ軍事法廷で死刑判決を受けて、1946年4月3日に銃殺刑執行。「バターン死の行進」関連。
  10. ^ マニラ軍事法廷で終身刑判決。後に減刑されて1951年に釈放され翌年帰国した。
  11. ^ マニラ軍事法廷で終身刑判決。銃殺刑。
  12. ^ 中佐。マニラ軍事法廷で死刑判決。絞首刑。「マニラ大虐殺」関連。
  13. ^ a b 東京捕虜収容所での「人体実験」関連。
  14. ^ 東京捕虜収容所付属病院の監視官を勤めた軍曹。
  15. ^ 仙台捕虜収容所勤務の軍属
  16. ^ 仙台捕虜収容所勤務の軍曹。
  17. ^ 東京捕虜収容所の大尉。
  18. ^ 海軍捕虜収容所通訳官。
  19. ^ ラジオ放送での対日協力者も、A級戦犯とは関係がなく、利敵行為として各国の軍法や国内法での反逆罪等に当たった。駐日大使等は戦犯ではなく証人であった。故にこれらからは1人も極東裁判の被告席に据わることはなかった。
  20. ^ 極東国際軍事裁判の被告人のうち、松井石根は同裁判の判決においてA級に該当する被疑事実は全て「無罪」とされており、A級戦犯ではないとする説もある。
  21. ^ 保阪正康 『東京裁判の教訓』 朝日新聞出版〈朝日新書〉(原著2008年7月30日)、初版、233・249。ISBN 97840227322002008年11月17日閲覧。
  22. ^ 「東京裁判における日本の東南アジア占領問題」梶居佳広(立命館法学2012.)P.223[1]
  23. ^ a b c d e f 獄中死
  24. ^
    岸信介は東條内閣で商工大臣を務め、A級戦犯被疑者としてGHQに逮捕され巣鴨拘置所に収監されたが不起訴となった。連合国との講和条約の発効後、衆議院議員に9回当選、石橋内閣で外務大臣を務めた後に、石橋内閣の後継として1957年2月25日~1960年7月19日まで内閣総理大臣を務めた。国民皆保険・国民皆年金制度の制定や、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約の改定を実施し、その功績に対して勲一等旭日桐花大綬章大勲位菊花大綬章を授与された。
    正力松太郎は読売新聞社長、東条内閣で参与、小磯内閣で顧問を務め、A級戦犯被疑者としてGHQに逮捕され巣鴨拘置所に収監されるも不起訴になった。釈放後は日本をアメリカ合衆国の国益のための有力な同盟国・友好国にするために、読売新聞日本テレビを宣伝報道事業者にした。正力松太郎は衆議院議員に5回選出され、第3次鳩山一郎内閣並びに岸内閣に於いて科学技術庁長官を歴任、更に国家公安委員長を務め、その功績に対して勲一等旭日大綬章勲一等旭日桐花大綬章を授与された。CIAから資金提供を受けていたという(正力マイクロ波事件を参照)
    緒方竹虎は朝日新聞副社長・主筆、小磯内閣国務大臣と情報局総裁を務め、鈴木貫太郎内閣で顧問を務め、A級戦犯被疑者としてGHQに逮捕され巣鴨拘置所に収監されるも不起訴になった。緒方竹虎は衆議院議員に3回選出され、吉田内閣では、副首相官房長官国務大臣を務め、その功績に対して勲一等旭日大綬章を授与された。アメリカから総理候補として期待され、CIAにより緒方政権樹立のための政界工作が行われたが、緒方は総裁公選を前に急死した。
  25. ^ ティム・ワイナーの著書『CIA秘録』、有馬哲夫の著書『原発・正力・CIA』・『日本テレビとCIA』・『CIAと戦後日本』、吉田則昭 の著書『緒方竹虎とCIA』
  26. ^ 参議院議員吉岡吉典君提出日本の戦争犯罪についての軍事裁判に関する質問に対する答弁書 1991年10月29日
  27. ^ 「“A級戦犯”はなぜ合祀されたか」『靖国論集』)
  28. ^ 第16回 衆議院議事録 -厚生委員会議事録16号- 昭和28年7月9日(木曜日)78ヶ目の質疑
  29. ^ 外務省>報道・広報>演説>国際連合第十一総会における重光外務大臣の演説
  30. ^ 野田佳彦「「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問主意書」(質問第二一号)、2005年10月17日
  31. ^ 小泉純一郎「衆議院議員野田佳彦君提出「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問に対する答弁書」(内閣衆質一六三第二一号)、2005年10月25日



A級戦犯

出典:『Wiktionary』 (2012/01/17 14:12 UTC 版)

名詞

A えーきゅうせんぱん

  1. 極東軍事裁判で、連合国側が作った戦争法の「a項」[1]違反した人。なお、A級とは、"a."を読む際の "class a" を直訳したものである。
  2. (A級の「級」を等級の級と誤解したことからきた誤用)重要戦争犯罪人
  3. 語義2からの派生事物発生させた(糾弾すべき)最重要人物
自らを「日本スライムA級戦犯」と自称(私が日本におけるスライム最弱モンスターであるという誤解定着させてしまった張本人である)

語源

極東軍事裁判で用いられたことから

関連語

脚注

  1. a. crimes against peace(a. 平和にあらがう犯罪。こちらを参照




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

A級戦犯に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「A級戦犯」の関連用語

A級戦犯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウェイトシフト

FLSTC

1100系

Cyber-shotTMケータイ SO905iCS

前夜祭

タイヒ

システム照明

おれんじ九州





A級戦犯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2016 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのA級戦犯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、WiktionaryのA級戦犯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS