牛海綿状脳症とは?

うしかいめんじょう のうしょう -じやうなうしやう [9] 【牛海綿状脳症】 〔bovine spongiform encephalopathy〕

ウシ感染性疾患の一。脳に障害をきたし,行動異常や運動失調などの後,死に至る。病原体は異常型プリオンとされる1986年イギリス発見狂牛病BSE 。 → プリオン

牛海綿状脳症(BSE)


9月日本初めて牛海綿状脳症(以下BSE表示俗称狂牛病)にかかった牛が発見されて以来消費者方々から、牛肉を食べるとBSE感染するのではないかとの不安感が出されました。 わが国では、全頭検査などヨーロッパ上のさまざまな対象がとられ、10月18日政府によって安全宣言が出されましたが、いまだに不安が拭えないという方もいらっしゃるようです牛乳牛肉は安全だといわれても、どう安全なのか、正し情報知らなければ、不安は解消されないかもしれません。 国際的共通認識として、BSEかかったでも、危険部位(脳や脊髄、目、小腸最後部分にあたる回腸遠位部)でない肉は食べても安全ですし、その牛の牛乳安全性問題はありません。 BSE恐れられるのは、それが人間感染する可能性があるからですが、イギリスでもヒトへの感染率は非常に低く、危険部位でも食べた人が全員かかるわけではありません。 正し情報を知った上でおいしく牛乳飲み牛肉召し上がっていただくために、読者の方の不安や疑問に、Q&Aの形でお答えします。


牛海綿状脳症


牛海綿状脳症


牛海綿状脳症


牛海綿状脳症


牛海綿状脳症


牛海綿状脳症




<ミルククラブ情報誌2002 WINTER vol.42より>

牛海綿状脳症(BSE)


牛海綿状脳症(BSE)は、1986年イギリスで見つかりました。この病気かかった牛は、脳がまるでスポンジのようにスカスカになってしまい、このため立っていられなくなったり、異常な行動とったりして死んでしまいます。この病気は、スクレピー称する病気の羊の内蔵や、骨が飼料として、牛の体内入り病原となるタンパク質プリオンが脳の正常プリオン異型かえることから起きるとされています。
牛海綿状脳症(BSE)は、異常なプリオン多く含む部位である脳、脊髄などを経口摂取することで、ヒトにも感染する可能性があるとされています。したがって、牛海綿状脳症(BSE)発生国におけるウシヒツジの脳など神経組織摂食には十分注意が必要と考えられます。
我が国ではヒトへの感染予防するため、1996年以降英国からの牛肉牛肉加工製品輸入自粛要請しており、さらに2001年2月には、EU諸国等からの牛肉及び内臓及びこれらを原材料とする食肉製品輸入禁止措置とっています。また、EU諸国等においても健康牛の特定危険部位を除いたもののみを日本向けに輸出していたことから、基本的に問題がないとされています。





BSE(牛海綿状脳症)

 Bovine Spongiform Encephalopathyの略。異常プリオンたんぱく質細胞たんぱく質一種が異常化したもの)に汚染された飼料(BSE感染牛の脳等を含む肉骨粉等)の摂取により経口感染すると考えられている牛の疾病2年上の長い潜伏期間の後、脳組織スポンジ状になり、行動異常等の神経症状を呈し、発病後2週間から6か月死に至る。1986年英国初め報告されたが、これは、70年代英国での肉骨粉製造工程変化したことにより、異常プリオンたんぱく質不活化されずに残存した肉骨粉流通給与されたことが背景にあると考えられている。

牛海綿状脳症

同義/類義語:BSE
英訳・(英)同義/類義語:bovine spongiform encephalopathy, BSE

ウシの脳組織変性萎縮する疾患で、病原性プリオンタンパクの感染で引き起こされる。プリオンタンパク質は酵母からヒトまで広く存在し、プリオンタンパク質の立体構造変化し、病原性を持つようになったタンパク感染によって発症する。異常タンパク神経組織蓄積すると組織スポンジ状に変成し、神経機能変調もたらす
「生物学用語辞典」の他の用語
病名疾患名治療など:  肝炎ウイルス  肝硬変  奇形腫  牛海綿状脳症  筋ジストロフィ症  近視  経口避妊薬

牛海綿状脳症

牛の病気一つです。BSE感染した牛では、BSE プリオン呼ばれる病原体が、主に脳に蓄積することによって、脳の組織スポンジ状になり、異常行動、 運動失調などの中枢神経症状を呈し、死に至ると考えられています。また、潜伏
期間は平均 5 年、ほとんどの場合4 年から 6 年推測されています。現在のところ、生体診断法や治療法はありません。牛から牛に BSE蔓延したのは、BSE
感染牛を原料とした肉骨粉飼料として使っていたことが原因考えられています。国際獣疫事務局OIE)(5-(2)-1-7 参照)の報告によれば世界 25 カ国で約
19 頭(2008 年 5 月 29 日時点、ただし英国データのみ 2008 年 4 月 17 日時点) の BSE発生しており、英国がそのほとんど(約 18 5 千頭)を占めわが国ではこれまで 35 頭(2008 年 5 月時点)が確認されています。

牛海綿状脳症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/07 04:43 UTC 版)

牛海綿状脳症(うし かいめんじょう のうしょう、英語: Bovine Spongiform Encephalopathy, 略語: BSE)は、の中に空洞ができ、スポンジ(海綿)状になる病気である。「ぎゅう かいめんじょう のうしょう」とも読む。一般的には狂牛病(きょうぎゅうびょう, Mad Cow Disease)として知られ、1986年昭和61年)にイギリスで初めて発見された[1]




  1. ^ 『牛丼のひみつ』72頁。
  2. ^ 米国農務省国立動物病センター、(英文)
  3. ^ 未感染でもBSE発祥 遺伝子異変で異常プリオン、米農務省確認 読売新聞 2008年9月12日13S34面
  4. ^ BSE in Belgium” (2006年11月12日). 2008年11月9日閲覧。
  5. ^ a b BSE Cases in North America, by Year and Country of Death, 1993-2008”. Centers for Disease Control and Prevention, Department of Health and Human Services (2008年). 2008年11月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k Variant Creutzfeld-Jakob Disease, Current Data (October 2009)”. The National Creutzfeldt-Jakob Disease Surveillance Unit (NCJDSU), en:University of Edinburgh (2009年10月). 2000年10月14日閲覧。
  7. ^ BSE Positive Findings in the Czech Republic (pdf)”. State Veterinary Administration, Ministry of Agriculture, Czech Republic. p. 2 (2007年). 2008年11月9日閲覧。
  8. ^ The Current Status of BSE and scrapie in Denmark (pdf)”. Danish Veterinary and Food Administration (2007年5月). 2008年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月9日閲覧。
  9. ^ France reports more than 900 BSE cases
  10. ^ BSE in Greece”. 2008年11月9日閲覧。
  11. ^ Israel: BSE testing according to source of cattle and age groups, 2002-2008”. 2008年3月5日閲覧。
  12. ^ vCJD Cases Worldwide 2011”. 2011年7月2日閲覧。
  13. ^ BSE cases - Italy 2001 - 2006” (2006年). 2008年11月10日閲覧。
  14. ^ dad=portal&_schema=PORTAL&p_document_id=110016&p_node_id=1161644&p_mode=BROWSE Overzicht BSE-gevallen” (Dutch). Ministerie van Landbouw, Natuur en Voedselkwaliteit (2008年). 2008年11月9日閲覧。
  15. ^ The number of BSE cases is not available for Thailand.


「牛海綿状脳症」の続きの解説一覧





牛海綿状脳症と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「牛海綿状脳症」の関連用語

牛海綿状脳症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

WTO

イタリアンライグラス

ナチュラルチーズ

バーンクリーナー

悪臭防止技術

牧草地

体型

人工哺乳





牛海綿状脳症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2017 Japan Dairy Council All right reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2017 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2017 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牛海綿状脳症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS