エンターテインメント エンターテインメントの概要

エンターテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 00:59 UTC 版)

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • エンターテイメント

楽しみ、気分転換、気晴らし、遊び、息抜き、レジャーなどが類語とされる。類義語のアミューズメント (amusement) も、アミューズメント施設など娯楽要素を表す。

語義

"entertainment"という言葉の原義としては、特に演者の技能を鑑賞することを主体とした見せ物、出し物、余興などを指す語で、スポーツ・舞台演劇・演奏会・公演などを指す。表記発音の利便性から「ン」を抜くエンターテイメント[1]や省略形でエンタメなども用いられる。

"entertainment"を発音記号から機械的に変換するとエンターテインメントとなるが、英語の発音は"entertainment"の9文字目の"n"がほとんど発音を聞き取れない。書き言葉でエンタ(ー)テインメント、話し言葉でエンターテイメント、が多用されている[2]

主なエンターテインメント

デジタルエンターテインメント

米国でいうDigital Entertainmentは一般的には「デジタル化されたゲームのエンターテインメント」をいう[3]。ただし、インターネットを利用した映画や音楽等の配給や配信、映画のデジタル化、アニメーション等のデジタル技術を利用したビジネスを幅広く含む場合もある[3]


  1. ^ 岩波書店広辞苑」 小学館大辞泉」 三省堂大辞林
  2. ^ ソニーグループでは"ー" (長音符)を抜いた「エンタテインメント」で表記している: ソニー・ミュージックエンタテインメントなど
  3. ^ a b 米国のディジタル・エンターティンメント”. ジェトロ・ロサンゼルス・センター. 2022年4月2日閲覧。


「エンターテインメント」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エンターテインメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エンターテインメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエンターテインメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS