睡眠 睡眠の概要

睡眠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 15:51 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ねむりとも言う[1]

概要

の動きが止まり、外的刺激に対する反応が低下して意識も失われているが、簡単に目覚める状態のことをこう呼んでいる[2]ヒトは通常は昼間に活動し、夜間に睡眠をとる[3]。動物では夜間に活動し、昼間に睡眠をとるものも多い[3]

ヒトの睡眠中は、急速眼球運動(レム, REM)が生じ、ノンレム睡眠であるステージIからステージIVの4段階と、レム睡眠を、周期90~110分で反復する[4]。睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復、また記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっているとされる。下垂体前葉は、睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する。放出間隔は睡眠によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。また、睡眠不足は身体にとってストレスである。

睡眠時に脳波を観察していると徐波が現れる、すなわち、深いノンレム睡眠が起こるのは哺乳類の大部分と鳥類に限られ、爬虫類や両生類や魚類では睡眠時に徐波が現れないことが知られている[5]。なお、哺乳類の中でもカモノハシやハリモグラなどの単孔類のような原始的な哺乳類の眠りは、それ以降の哺乳類の眠りとは異なっている[5]

睡眠

睡眠中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激によって容易に覚醒する。このため睡眠と意識障害とはまったく異なるものである。またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、睡眠中にと呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。

短期的には睡眠は栄養の摂取よりも重要である。マウスの実験では、完全に睡眠を遮断した場合、約1、2週間で死亡するが、これは食物を与えなかった場合よりも短い。極端な衰弱と体温調節の不良と脳では視床の損傷が生じている。ヒトの場合でも断眠を続けることで、思考能力の低下や妄想幻覚が生じ、相当期間の強制で死に至ると言われている[6][7]

ヒトの睡眠

睡眠のタイプ

ヒプノグラム(Hypnogramm)の一例
ヒプノグラムの一例。フランス語で表記。赤い部分はSommeil paradoxal(逆説睡眠)。破線で「Micro-réveil」とあるのは短時間の覚醒のこと。

20世紀になり、ヒトの睡眠は、脳波眼球運動のパターンで分類できることが知られるようになった。急速眼球運動 (Rapid Eye Movement) を伴う睡眠をレム睡眠 (Rapid eye movement sleep、REM sleep)、ステージI - IVのように急速眼球運動を伴わない睡眠をまとめてノンレム睡眠 (Non-rapid eye movement sleep、Non-REM sleep)と呼ぶ[4]

ステージI(N1)
傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、低振幅の電位がみられる。
ステージII(N2)
脳波上、睡眠紡錘 (sleep spindle) がみられる。
ステージIII(N3)
低周波のδ波が増える(20% - 50%)。
ステージIV(N4)
δ波が50%以上。
レム睡眠(REM)
  • 急速眼球運動 (Rapid Eye Movement) の見られるレム睡眠の脳波は、比較的早いθ波が主体となる。この期間に覚醒した場合、の内容を覚えていることが多い。レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する運動ニューロンの働きが抑制されているためである。全睡眠の20-25%を占める[4]

成人はステージI〜REMの間を睡眠中反復し、周期は90-110分程度である[4]

入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。入眠時には前脳基部(腹外側視索前野)に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置するコリン作動性のレム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低周波で同期して活動する。

生涯における睡眠の変化

新生児では断続的に1日あたり16時間の睡眠をとり、2歳児で9〜12時間、成人は(健康な人では)一晩で6〜9時間の睡眠を必要とする[3]。パターンの推移としては、乳幼児期における短時間の睡眠を多数回とるというパターンから、成人になるにつれ一度にまとまった睡眠をとるというパターンへと推移していく。

高齢になると、昼間に何度も居眠りし夜間は数時間しか眠らないというパターンになる[3]。睡眠の深さも浅くなり、ノンレム睡眠が完全に消失していることもある[4]。高齢者が睡眠不足や不眠で悩まされやすくなるのはこのためである。ただし、個人差があるため必ずしも全ての高齢者で睡眠が短くなっているわけではない。

環境からの影響

人間が加齢とともに早寝早起きの就寝スタイルに移行するのは、概日リズムの位相の前進による影響という説がある[8]。しかし、生物時計の研究では、生物時計を司る神経細胞は加齢とともに減少する傾向にあるものの、生物時計の概日周期は加齢による影響はほとんど見られないという[8]。竹村尊生は人間の就眠慣習が前進する理由として、本来、睡眠の概日リズムと深部体温の概日リズムには一定の相関があるが、昼夜変化や時刻といったフリーラン・リズムに従う生活によって生理的相関が失われ、加齢によって位相が前進しやすい深部体温の概日リズムに従って就眠するようになる、と述べている[8]

睡眠と生体内物質

覚醒を維持する神経伝達物質には、ノルアドレナリンセロトニンヒスタミンアセチルコリンオレキシンなどがあるが、睡眠中はこれらの神経伝達物質を産生する神経細胞が抑制されている。その抑制には腹背側視索前野に存在するGABA作動精神系が関与しているとされる[要出典]。アセチルコリン作動性神経の一部はレム睡眠の生成にも関与している。

カルシウムイオンが細胞内に取り込まれることで脳が眠りにつくという[9]

2018年6月13日筑波大学柳沢正史教授らのチームの研究により、マウスの実験で脳内の80種類のタンパク質の働きが活性化することで眠気が誘発されることが発見されたとネイチャー電子版に発表された。同チームは特定のタンパク質が睡眠を促すことで神経を休息させ、機能の回復につながるという見方を示し、睡眠障害の治療法開発につながる可能性を指摘した。[10][11]

推奨時間

全米睡眠財団による推奨睡眠時間
年齢 必要時間
新生児 (0–3 ヶ月) 14 〜 17 時間[12]
乳児 (4–11 ヶ月) 12 〜 15 時間[12]
幼児 (1–2 歳) 11 〜 14 時間[12]
就学前 (3–5 歳) 10 〜 13 時間[12]
学童 (6–13 歳) 9 〜 11 時間[12]
青年 (14–17 歳) 8 〜 10 時間[12][13]
若年者 (18 - 25 歳)、中年者 (26 - 64 歳) 7 〜 9 時間[12]
老人 (65 歳以上) 7 〜 8 時間[12][14]

ヒトに必要な睡眠量には個体差があり、7 - 8時間の場合が多い。カリフォルニア大学サンディエゴ校のDaniel KripkeらのSleep medicine掲載論文[15]名古屋大学医学部大学院玉腰暁子の研究[16][17]によれば、1日の睡眠時間が7時間の人は他の人たちに比べて死亡リスクが低い。ただし、睡眠時間が短い人や長い人が睡眠時間を7時間にすれば死亡しにくくなるのかどうかはわかっていない。

毎晩9時間以上眠る人は、脳卒中のリスクが23%より高くなる。 昼寝を90分以上行う人は、脳卒中のリスクが25%より高くなる。 ただし、長い睡眠は脳卒中に関連しているが、因果関係が不明であるため、9時間未満の睡眠を推奨するのは時期尚早である[18]。 実際、毎日10時間以上の睡眠の後、スポーツマンは運動能力を改善し、平均スプリント時間を改善し、日中の疲労を軽減し、スタミナを増加させることがわかった[19][20]

児童は成長のため、成人より多くの睡眠時間を必要とする。新生児は一日18時間以上必要だが、成長に従って減少していく[21]。2015年初頭に、全米睡眠財団(National Sleep Foundation)は2年間の研究成果を以下に公表した[12]

1900年頃まで人々の一般的な睡眠サイクルは、太陽が沈んでから4-5時間の睡眠をとり日中に2度目の睡眠をとる形であったが、20世紀になって作為的に行われるようになった制度である八時間労働制の悪影響で不眠症が起きていると指摘する研究がある[22]

睡眠不足

睡眠不足の健康への影響

睡眠が不足すると、生命にとって大切な「免疫力」「自然治癒力」などに悪影響があり、成長ホルモンの分泌にも変調をきたす。乳幼児・幼児・青少年では身体の成長に悪影響があり、身長が伸びにくくなる。睡眠不足によっての調子が悪くなる人も多い。顔はむくみ、顔色や皮膚の状態は目に見えて悪くなる。また、睡眠不足は肥満を招きがちである。精神的には、気分に悪影響があり、(あるいは躁状態や鬱状態の不安定な変化)、不機嫌、人間関係の悪化を招く。また、脳の基本機能である記憶力、集中力などに悪影響があり、結果として学生では学業(勉強)の効果に、成人では仕事の質に深刻な影響を及ぼす。後者では、仕事のミスが増え、肉体労働者においては深刻な傷害を負ったり、死亡事故に遭う確率(労働災害発生率)を増加させてしまうことが各種労働統計によって明らかにされている。

  • 睡眠時間が短い人は、血中の食欲を抑えるレプチンが少なく食欲を増進させるグレリンが多い。その結果、睡眠時間が短くなるほど食欲が亢進しやすく肥満になるリスクが高くなる[23]
  • 慢性的な寝不足状態にある人は高血圧糖尿病脂質異常症心筋梗塞狭心症などの冠動脈疾患脳血管障害といった生活習慣病に罹りやすい[24]。また、免疫力を低下させ、インフルエンザなどの感染症の誘因や増悪因子になる[25]
  • 脳は睡眠中に、昼間体感・学習した情報から余分な情報を省いて効率よく整理し、長期的な感覚や記憶として処理する機能があることから、睡眠不足は子どもの身体能力や学業成績に多大な影響を及ぼす。学びの内容を処理するための睡眠量が削られていくことは、学習量が増加傾向にある子どもたちにとって深刻である。[26]
  • 夜更かしした翌日に長時間睡眠をとって寝不足を解消することは可能だが、前日に長時間睡眠することで翌日に夜更かしするなどといった「寝貯め」はできないとされている。また、前者のような「まとめ寝」も、寝不足は解消できるが、睡眠の質が下がったり、心身のバランスやリズムを崩すため好ましくないとされる。

熟睡

深い眠りに入っている状態を「熟睡」という。その状態は「ぐっすりと~」と表現される[27]。医学的にはノンレム睡眠のステージIII・IVの徐波睡眠を指し「深睡眠」とも呼ばれる[28]。脳機能の回復と記憶の再構成にはこの状態となることが重要とされている。

若い成人の場合、男性に比べて女性の方がステージIII・IVの徐波睡眠の量が有意に多いが、レム睡眠の量は総睡眠時間の30パーセントと男女とも差は無い[8]。中高年になると男女ともに熟睡量は減少し、とくに男性は睡眠中の覚醒反応が増え、ステージIV徐波睡眠はほぼゼロとなる。20歳代を除けば総睡眠時間は男性の方が長い傾向があり、高齢になると男性の方が昼寝をする人の割合が高いことから、男性に比べて女性の方が効率良く質の高い睡眠が取れていると言える[8]

熟睡するためには、睡眠サイクル(体内時計)を固定(特に起床時刻を一定に)する、毎日起きる時刻に太陽光を浴びること(強烈な日光を浴びてからおよそ14時間後に次第に眠くなってゆくような仕組みが体内にある、ということが近年の研究で明らかにされてきている)、日光を浴びた後1時間以内に朝食をとる、寝る数時間前に運動や入浴をして体温を上げることで眠りに就くときに体温を急激に低下させる、就床する30分〜2時間前から照明をしっかり暗くすることでメラトニンの分泌を促す、毎日の食事で炭水化物たんぱく質トリプトファン)をしっかり摂取し、トリプトファンによるセロトニンおよびメラトニンの合成と分泌を図る、入眠前に入浴をすることや入眠時に寝室を暖かくすることで体温を上昇させ、入眠ニューロンの活動を亢進させる、メラトニンを松果体で生成するために、起床中に2500ルクス以上のを浴びる[29]、寝室を暗くする[30]等を行うとよい。

短眠について

  • 稀にではあるが、遺伝的に睡眠時間が短い人間(ショートスリーパー)は存在する。
  • 眠い時に眠り、結果「短眠」を1日に数度取る人もいるが、古代人がそうであったとの主張もある。
  • 「まったく睡眠を取らずに健康に生活している」と主張する者がいるのは事実である[31][32]。一例を挙げると、アメリカ・ニュージャージー州で暮らしていたアル・ハーピン(1862? - 1947)という人物は「生涯で一度も眠ったことのない男」として『ニューヨークタイムズ』誌が少なくとも2度にわたって記事で紹介しており[33][34]、比較的よく知られている。

文化差、地域差

経済協力開発機構(OECD)各国の
1日あたり平均睡眠時間 (2006年)[35]
時間 時間
日本 7時間50分  ノルウェー 8時間03分
 スウェーデン 8時間06分 ドイツ 8時間12分
イタリア 8時間18分 メキシコ 8時間21分
OECD18カ国 8時間22分 イギリス 8時間23分
ベルギー 8時間25分  フィンランド 8時間27分
ポーランド 8時間28分 カナダ 8時間29分
オーストラリア 8時間32分 トルコ 8時間32分
 ニュージーランド 8時間33分 スペイン 8時間34分
アメリカ合衆国 8時間38分 フランス 8時間50分

世界

スペインを初めとする地中海地方などに於いては昼食の後に睡眠を含む一休みをする「午睡(シエスタ)」の風習があり、健康増進の効果があるといわれる。

2000年代に入って米国などでも、Lifehackハッカー文化の一端にある仕事術)の延長で、短時間の昼寝が注目されている。昼寝をすることで、頭脳の働きが良好になるとされており、頭脳労働に従事する人々(いわゆるホワイトカラー)の間では重視されている。その一方で、労働時間の増加により地中海地方の国々においてもシエスタを行わない企業が増加しつつある。

日本

電車バスで通勤・通学をする者も多く、またこれらの交通機関においての治安も非常に良いため、その中で睡眠する者もいる。

肉体労働の多い職種(いわゆるブルーカラー)では、昼休み時間の昼食の後、午後の作業再開までの間、15分〜30分程度の短い睡眠をとる場合がある。短時間ではあるが、午前中に溜まった疲労から回復させ、注意力も回復する、という重要な役割がある。昼寝をとるのととらないのでは、午後の事故発生率が変わる。眠気を催すことが生命の危険に直結する肉体労働の現場において、事故防止の責任を負う現場監督などは、作業員の仮眠を奨励していることが多く、仮眠中の者をできるだけ起こさないようにしたり、睡眠できる環境を確保するため協力することが一般的である。

座ったままで眠ることは「居眠り」と呼ばれ、授業中、仕事中、運転中など、眠ってはいけない場所・場面で無意識のうちに居眠りをしてしまう例がある。特に授業中や仕事中の居眠りはやる気がないものとみなされる場合があり、前者の場合内申点に影響したり、後者の場合は解雇の対象ともなりうる。

運転中に眠るという行為は「居眠り運転」となり事故に繋がる。長距離輸送を行っているバストラック運転手はいかにして眠らないように、眠気が出ないように運転をするか、さまざまな工夫をしなければならない。とりわけ高速道路などの運転は単調になりがちで居眠り運転が起きやすい。法律で連続的に運転できる時間に制限が定められており、長距離輸送では2名交代制にしていることも多い。運転席の後部に小さな睡眠用のベッドがしつらえてあって、身体を伸ばして、遮光カーテンで光をさえぎり睡眠がとりやすくなっている構造になっているトラックも多い。バスの運転手もトラック同様に様々な規制があり、2名が1チームを組み、片方のドライバーが運転している間、もう片方のドライバーはバスの下にある睡眠用のスペースで睡眠をとれるようになっていることが多い。近年では、ドライバーが過酷な労働体制下で無理なローテーションで長時間の運転を連続的に行うことで居眠り運転をしてしまったり、睡眠障害のドライバーが深刻な事故を起こしたことが社会問題となった。

風呂入浴中の居眠りは溺死の危険性がある。

2001年2月に発表されたNHKの調査によると、「日本人の平均睡眠時間は平日で7時間26分、土曜日で7時間41分、日曜日で8時間13分」であった[36]。2014年の調査では平均睡眠5時間44分と、世界最悪の水準まで短くなっている[37]

無意識や文化的背景に影響される就寝行動を就寝形態という観点で文化人類学、教育社会学的に比較検証する研究もある。

加齢するに従い、「早寝早起きの習慣」が身につくと一般に考えられている。しかし、本当に習慣的なものなのか、高齢者に多く見られる「睡眠相前進症候群」の症状であるのかは、容易には判断できない。

また、宗教的影響として仏教思想と結び付けて、頭を北に、足を南に配置する形で寝ることは「北枕」と呼ばれ、忌避されている。

昼寝

日本でも昼寝の効用について研究が行われている。昼寝を行うことにより、事故の予防・仕事の効率向上・自己評価向上などが期待されるため、職場・学校などで昼寝が最近奨励されるようになった。また、昼寝により脳が活発になるため、独創的なアイデアが浮かびやすい環境になるという。

昼寝におけるその他の研究報告

  • 30分以下の昼寝を習慣的にとる人は、それ以外の人に比べてアルツハイマー病にかかるリスクが低下するという報告がある[38]
  • 高齢者は昼寝後と前では最大血圧で平均8.6mmHg、最小血圧で平均15.6mmHgも血圧が降下したという報告もあり、生活習慣病予防も期待される[39]。(広島大学
  • 40分以上の昼寝は、メタボリックシンドロームのリスクを増加させる[40]

昼寝の方法

  • 目安としては午後1〜3時ごろが良いとされる(遅くとると、夜、眠れなくなることがあるため)。
  • 15〜30分程度が良いとされる。1時間とると、逆に疲労につながることがある(30分以上睡眠をとると、多くの人が深睡眠に入り寝起きが悪くなるため)。



  1. ^ a b デジタル大辞泉
  2. ^ 広辞苑第五版
  3. ^ a b c d ブリタニカ百科事典「睡眠」
  4. ^ a b c d e 『ハリソン内科学』(4版) メディカルサイエンスインターナショナル、2013年3月26日、Chapt.27。ISBN 978-4895927345 
  5. ^ a b 井上 雄一、林 光緒 編集 『睡眠の科学 - そのメカニズムと対応 -』 p.36 朝倉書店 2011年1月25日発行 ISBN 978-4-254-30103-8
  6. ^ 2. 人は眠らないとどうなりますか?
  7. ^ 澤田誠 全学教育科目 理系教養 自然環境と人間 第1シリーズ 脳 6話 2010.11.11の講義資料のひとつ
  8. ^ a b c d e 田中冨久子『女の老い・男の老い:性差医学の視点から探る』<NHKブックス> NHK出版 2011年、ISBN 9784140911778 pp.62-65.
  9. ^ マイナビ2016年3月18日2016年4月10日閲覧
  10. ^ 一般社団法人共同通信社 - 眠気の正体は脳内タンパク 筑波大チームが発表(2018/6/14 02:01)”. 2018年6月26日閲覧。
  11. ^ Sankeibiz - 眠気の“正体”は脳内タンパク 筑波大チームが発表 2018.6.26 05:55”. 2018年6月26日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i Hirshkowitz, Max ; Whiton, Kaitlyn et al. (14 January 2015). “National Sleep Foundation’s sleep time duration recommendations: methodology and results summary”. Sleep Health: Journal of the National Sleep Foundation (Elsevier Inc). doi:10.1016/j.sleh.2014.12.010. http://www.sleephealthjournal.org/article/S2352-7218(15)00015-7/fulltext 2015年2月4日閲覧。. 
  13. ^ Backgrounder: Later School Start Times”. National Sleep Foundation (n.d.). 2009年10月2日閲覧。 “Teens are among those least likely to get enough sleep; while they need on average 914 時間 of sleep per night...”
  14. ^ How Much Sleep Is Enough?”. National Heart, Lung and Blood Institute. 2015年7月25日閲覧。
  15. ^ Daniel F. Kripke; Robert D. Langer; Jeffrey A. Elliott; Melville R. Klauber; Katharine M. Rex (2010). “Mortality related to actigraphic long and short sleep”. Sleep Medicine 12 (1): 28-33. doi:10.1016/j.sleep.2010.04.016. 
  16. ^ 睡眠時間と死亡との関係 玉腰暁子
  17. ^ 死亡率低い7時間睡眠 日本人11万人の調査結果
  18. ^ MD, Robert H. Shmerling (2020年1月29日). “Are you getting enough sleep… or too much? Sleep and stroke risk” (英語). Harvard Health Blog. 2020年11月10日閲覧。
  19. ^ 11 Surprising Health Benefits of Sleep” (英語). Health.com. 2020年11月10日閲覧。
  20. ^ Mah, Cheri D.; Mah, Kenneth E.; Kezirian, Eric J.; Dement, William C. (2011-07-01). “The Effects of Sleep Extension on the Athletic Performance of Collegiate Basketball Players”. Sleep 34 (7): 943–950. doi:10.5665/SLEEP.1132. ISSN 0161-8105. PMC: 3119836. PMID 21731144. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3119836/. 
  21. ^ Understanding Sleep: Sleep Needs, Cycles, and Stages”. Helpguide.org (2007年). 2008年1月25日閲覧。
  22. ^ Meyer, Matthew (2012). The slumbering masses : sleep, medicine, and modern American life. Minneapolis: University of Minnesota Press. ISBN 0-8166-7474-4. OCLC 788275263 
  23. ^ Taheri S, Lin L, Austin D, Young T, Mignot E (December 2004). “Short sleep duration is associated with reduced leptin, elevated ghrelin, and increased body mass index”. PLoS Med. 1 (3): e62. doi:10.1371/journal.pmed.0010062. PMC: 535701. PMID 15602591. http://dx.plos.org/10.1371/journal.pmed.0010062. 
  24. ^ 睡眠と生活習慣病との深い関係”. 2015年11月23日閲覧。
  25. ^ 睡眠不足が引き起こす病気・リスクは何ですか?”. 2015年11月23日閲覧。
  26. ^ ポー・ブロンソン(Bronson,Po)、アシュリー・メリーマン(Merryman,Ashley) 、小松淳子訳、『間違いだらけの子育て―子育ての常識を変える10の最新ルール』 インターシフト社、2011年6月、原題 Nurture Shock、ISBN 978-4-7726-9523-7
  27. ^ デジタル大辞泉「熟睡」。
  28. ^ 睡眠用語辞典「深睡眠」「徐波睡眠」。
  29. ^ 2005年5月3日神奈川新聞11面
  30. ^ “明るい寝室、眠りの質低下でうつのリスク”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年8月21日). http://www.asahi.com/articles/ASK8P52PRK8PUBQU00K.html 2017年8月22日閲覧。 
  31. ^ 生涯眠らなかった男(2011年10月13日時点のアーカイブ
  32. ^ 33年間、眠らない男 ベトナム
  33. ^ “Hasn't Slept in 10 years”. New York Times. (1904年2月29日). https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=F2061EF9355E12738DDDA00A94DA405B848CF1D3 2017年5月23日閲覧。 
  34. ^ “Man Who Said He Never Slept Dies at 94; New Jersey Doctors Are Skeptical of Claim”. New York Times. (1947年1月4日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F60C1EFC3F5A107A93C6A9178AD85F438485F9&scp=1&sq=alfred%20herpin&st=cse 2017年5月23日閲覧。 
  35. ^ Society at a Glance 2009, OECD, (2009), doi:10.1787/19991290, ISBN 9789264056879 
  36. ^ 出典:NHK放送文化研究所世論調査部『2000年国民生活時間調査報告書』
  37. ^ In the City That We Love - The Jawbone Blog
  38. ^ 昼寝 アルツハイマー病 予防 国立精神・神経センター武蔵病院
  39. ^ 疲れないカラダの作り方
  40. ^ Sleeping for more than 40 minutes during the day 'increases the risk of heart disease'”. 2016年3月26日閲覧。
  41. ^ 眠りのメカニズム 厚生労働省
  42. ^ 長崎県[リンク切れ]
  43. ^ Kazuhiko Kume, Shoen Kume, Sang Ki Park, Jay Hirsh and F. Rob Jackson,“Dopamine is a regulator of arousal in the fruit fly,” Journal of Neuroscience, 25, 2005, pp.7377-7384. [1]
  44. ^ a b c d 眠気の正体 日経ナショナル ジオグラフィック 2016年10月4日
  45. ^ a b 不眠バイオマーカーの探索(研究課題番号:20406006)同pdf版
  46. ^ The people who need very little sleep BBC 2015年
  47. ^ a b Stra13/DEC1 and DEC2 inhibit sterol regulatory element binding protein-1c in a hypoxia-inducible factor-dependent mechanism. Nucleic Acids Research Choi SM, Cho HJ, Cho H, Kim KH, Kim JB, Park H. 2008年
  48. ^ Effects of Vitamin B6 (Pyridoxine) and a B Complex Preparation on Dreaming and Sleep Perceptual and Motor Skills Denholm J. Aspy, Natasha A. Madden, Paul Delfabbro, et al. 2018年4月17日
  49. ^ 夢を思い出すにはビタミンB6が有効だった:研究結果 Wired 2018年5月21日
  50. ^ Quantitative phosphoproteomic analysis of the molecular substrates of sleep need Nature Zhiqiang Wang, et al. 2018年6月13日
  51. ^ アルツハイマー病を予防できる可能性 - カマンベールチーズに原因物質の沈着を抑える成分を発見 - 東京大学大学院 2015年3月12日
  52. ^ Weljie, Aalim M.; Meerlo, Peter; Goel, Namni; Sengupta, Arjun; Kayser, Matthew S.; Abel, Ted; Birnbaum, Morris J.; Dinges, David F. et al. (2015). “Oxalic acid and diacylglycerol 36:3 are cross-species markers of sleep debt”. Proceedings of the National Academy of Sciences 112 (8): 2569–2574. doi:10.1073/pnas.1417432112. ISSN 0027-8424. 
  53. ^ Sleep, Learning, and Memory | Healthy Sleep”. healthysleep.med.harvard.edu. 2020年9月10日閲覧。
  54. ^ 11 Surprising Health Benefits of Sleep” (英語). Health.com. 2020年9月10日閲覧。
  55. ^ a b 池田不二男、「古代中国人の夢に関する思惟(第 4, 5 回研究大会報告要旨 : アジア・アフリカ・アメリカ)」 日本民族学会 1967年 31巻 4号 p.292-293, doi:10.14890/minkennewseries.31.4_292
  56. ^ 夢と眠りの博物誌 著者:立木鷹志
  57. ^ この諺が成立したのは栄養失調、病気、寄生虫その他による乳幼児死亡率が高かった時代で、そういった場合、死ぬ可能性の高い乳児は寝ずに泣き続けるケースが多いことから来ているため、この場合の「育つ」とは単なる成長の著しさではなく「死なずに無事生きる」事を指している。


「睡眠」の続きの解説一覧



睡眠と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「睡眠」の関連用語

睡眠のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



睡眠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの睡眠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS