睡眠 睡眠の概要

睡眠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/18 05:03 UTC 版)

日本睡眠学会などでは、「対象を哺乳類に限定すれば、人間や動物の内部的な必要から発生する意識水準の一時的な低下現象、これに加えて、必ず覚醒可能なこと」と定義している[2][3]

概要

ヒトは通常は昼間に活動し、夜間に睡眠をとる[4]。動物では夜間に活動し、昼間に睡眠をとるものも多い[4]夜行性)。

ヒトにとって睡眠は不可欠であり[5]睡眠欲生理的欲求の一つで、体が眠りを必要とするときは眠気英語版が現れる。睡眠不足は心身にとってストレスとなり、不眠症など睡眠に関する様々な問題は睡眠障害と総称される。ヒトは身体を横たえて眠る(寝る)ことが一般的で、そのための部屋を寝室、道具(布団)を寝具と呼ぶ。

睡眠について研究している櫻井武は、「睡眠」とは、にある「覚醒」とは別のオペレーションモードで、さらにレム睡眠ノンレム睡眠に分かれ、脳はこの3つのモードを切り替えて使っている。睡眠は「メンテナンスモード」であり、脳とからだの覚醒に必要なメンテナンスモードで、睡眠時には睡眠特有の伝達物質が働き睡眠を稼働させていると説明する。ただ、ノンレム睡眠時に脳の老廃物を洗い流すグリンパティックシステムに関しては、実際に起きている現象論的には正しいが研究が進んでいない仮説であるとしている[6]

また、セントルイス・ワシントン大学で神経生物学を研究するポール・ショーは、「環境に反応する方法を進化させるまでは、初期の生物は『反応』しませんでした。私たちは睡眠を進化させたのではなく、覚醒を進化させたのだと思います」という推測を述べている[7]

ヒトの睡眠中は、急速眼球運動(REM=レム)が生じ、ノンレム睡眠であるステージIからステージIVの4段階と、レム睡眠を、周期90 - 110分で反復する[8]。睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復、また記憶の再構成などにも深く関わっているとされる。下垂体前葉は、睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する。放出間隔は睡眠によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。

睡眠時に脳波を観察していると徐波が現れる、すなわち、深いノンレム睡眠が起こるのは哺乳類の大部分と鳥類に限られ、爬虫類両生類魚類では睡眠時に徐波が現れないことが知られている[9]。なお、哺乳類の中でもカモノハシハリモグラなどの単孔類のような原始的な哺乳類の眠りは、それ以降の哺乳類の眠りとは異なっている[9]

睡眠中の状態

睡眠中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼して意味のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激によって容易に覚醒する。このため睡眠と意識障害とは全く異なるものである。またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、睡眠中にと呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。

短期的には睡眠は栄養の摂取よりも重要である。マウスの実験では、完全に睡眠を遮断した場合、約1 - 2週間で死亡するが、これは食物を与えなかった場合よりも短い。極端な衰弱と体温調節の不良と脳では視床の損傷が生じている。ヒトの場合でも断眠を続けることで、思考能力の低下や妄想幻覚が生じ、相当期間の強制で死に至ると言われている[10][11]

疲労の回復
睡眠によって、疲労が回復する[12][13]
脳内はグリンパティック系英語版(グリンパティックシステム、グリアリンパ系)と呼ばれる脳の老廃物を脳外へ排出する仕組みがある。これは睡眠中にグリア細胞が縮小し、その間に脳脊髄液が流れ込み老廃物を洗い流す仕組みとなっている[14][15]
記憶の定着
記憶の定着と索引付けは、睡眠中に行われる[16]
成長
寝る子は育つというように、深い眠りの最中に最も成長ホルモンが放出される[17][18]
家族などでどのように寝るかについて
就寝形態co-sleeping添い寝
睡眠時随伴症
睡眠時にあらわれる様々な症状を総称して睡眠時随伴症英語版という[19][20]
例として、いびき歯ぎしり(ブラキシズム)夜尿症睡眠時遊行症夜驚症錯乱性覚醒英語版寝言睡眠関連うなり声英語版(カタスレニア)、レム睡眠行動障害などである[20]
睡眠時の行動など
寝癖寝相英語版(寝返り)、夜間陰茎勃起現象
起床後
起床後には、睡眠慣性英語版(ねぼけ) と呼ばれる脳が活性化していない眠気を伴った状態になる場合がある。

注釈

  1. ^ この諺が成立したのは栄養失調、病気、寄生虫その他による乳幼児死亡率が高かった時代で、そういった場合、死ぬ可能性の高い乳児は寝ずに泣き続けるケースが多いことから来ているため、この場合の「育つ」とは単なる成長の著しさではなく「死なずに無事生きる」事を指している。

出典

  1. ^ 実は難しい「睡眠」の定義…科学的には脳波で測定可能”. 阿部和穂 (2023年9月14日). 2024年2月9日閲覧。
  2. ^ 睡眠』 - コトバンク
  3. ^ 日経バイオテクONLINE. “睡眠障害治療薬”. 日経バイオテクONLINE. 2023年1月6日閲覧。
  4. ^ a b c d ブリタニカ百科事典』「睡眠」
  5. ^ 睡眠の基礎知識 日本大学医学部附属板橋病院睡眠センター(2021年5月16日閲覧)
  6. ^ そもそも睡眠とは何なのか?人工冬眠研究の第一人者に聞く【櫻井武×堀江貴文】”. 堀江貴文 ホリエモン (2023年4月17日). 2023年5月19日閲覧。
  7. ^ 睡眠のメカニズムは脳の進化に先立つ可能性、生物は睡眠状態がデフォルトかもしれない - GIGAZINE”. gigazine.net (2021年11月8日). 2023年10月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e ハリソン内科学』(4版)メディカルサイエンスインターナショナル、2013年3月26日、Chapt.27。ISBN 978-4895927345 
  9. ^ a b 井上 雄一、林 光緒 編集『睡眠の科学 - そのメカニズムと対応 -』(朝倉書店 2011年1月25日発行 ISBN 978-4-254-30103-8)p.36
  10. ^ 2. 人は眠らないとどうなりますか?
  11. ^ 澤田誠 全学教育科目 理系教養 自然環境と人間 第1シリーズ 脳 6話 2010年11月11日の講義資料のひとつ
  12. ^ 疲労回復と睡眠|家庭の医学|時事メディカル|時事通信の医療ニュースサイト”. medical.jiji.com. 2023年1月5日閲覧。
  13. ^ 眠りのメカニズム”. e-ヘルスネット 情報提供. 2023年1月5日閲覧。
  14. ^ グリンパティック系』 - コトバンク
  15. ^ 認知症の病因「タウタンパク質」が脳から除去されるメカニズムを解明―脳内のグリアリンパ系がタウを押し流すことを発見―”. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構. 2023年1月5日閲覧。
  16. ^ 第1回 睡眠と記憶について|知っていますか?「勉強に効果てきめんな睡眠」の手に入れ方”. www.konan-u.ac.jp. 2023年1月5日閲覧。
  17. ^ 成長に必要なホルモン|ホルモンとは|患者さまへ|東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科”. www.twmu.ac.jp. 東京女子医科大学. 2023年4月1日閲覧。
  18. ^ Van Cauter, Eve; Plat, Laurence (1996-05). “Physiology of growth hormone secretion during sleep” (英語). The Journal of Pediatrics 128 (5): S32–S37. doi:10.1016/S0022-3476(96)70008-2. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0022347696700082. 
  19. ^ 睡眠時随伴症”. e-ヘルスネット 情報提供. 2023年1月5日閲覧。
  20. ^ a b 睡眠に関連する運動・行動異常 著:立花直子 学会誌「臨床神経学」56巻8号 2016年 p:541-549
  21. ^ Binder, Marc D.; Hirokawa, Nobutaka; Windhorst, Uwe, eds (2009) (英語). Two-Process Model of Sleep Regulation. Berlin, Heidelberg: Springer. pp. 4146–4146. doi:10.1007/978-3-540-29678-2_6166. ISBN 978-3-540-29678-2. https://doi.org/10.1007/978-3-540-29678-2_6166 
  22. ^ 先端酵素学研究所特別セミナー”. 2021年8月5日閲覧。
  23. ^ a b c d e 田中冨久子『女の老い・男の老い:性差医学の視点から探る』(<NHKブックス> NHK出版 2011年、ISBN 9784140911778)pp.62-65.
  24. ^ 「細胞内のカルシウムが脳を眠らせる - 東大など、睡眠を制御する遺伝子特定」マイナビニュース(2016年3月18日配信)2021年5月16日閲覧
  25. ^ Tatsuki et al. (April 2016). “Involvement of Ca(2+)-Dependent Hyperpolarization in Sleep Duration in Mammals”. Neuron 90 (1): 70–85. doi:10.1016/j.neuron.2016.02.032. ISSN 1097-4199. PMID 26996081. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26996081. 
  26. ^ Tatsuki et al. (May 2017). “Ca2+-dependent hyperpolarization hypothesis for mammalian sleep”. Neuroscience Research 118: 48–5. doi:10.1016/j.neures.2017.03.012. ISSN 1872-8111. PMID 28433628. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28433628. 
  27. ^ Ode et al. (June 2017). “Fast and slow Ca2+-dependent hyperpolarization mechanisms connect membrane potential and sleep homeostasis”. Current pinion in Neurobiology 44: 212–221. doi:10.1016/j.conb.2017.05.007. ISSN 1873-6882. PMID 28575719. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28575719. 
  28. ^ Shi and Ueda (January 2018). “Ca2+ -Dependent Hyperpolarization Pathways in Sleep Homeostasis and Mental Disorders”. BioEssays: News and Reviews in olecular, Cellular and Developmental Biology 40 (1). doi:10.1002/bies.201700105. ISSN 1521-1878. PMID 29205420. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29205420. 
  29. ^ Ode and Ueda (October 2020). “Phosphorylation Hypothesis of Sleep”. Front Psychol. 2020 Oct 2;11:575328. doi:10.3389/fpsyg.2020.575328. PMID 33123055. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/33123055. 
  30. ^ 眠気の正体は脳内タンパク 筑波大チームが発表”. 共同通信 (2018年6月14日). 2018年6月26日閲覧。][リンク切れ]
  31. ^ 眠気の“正体”は脳内タンパク 筑波大チームが発表” (2018年6月26日). 2018年6月26日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g h i Hirshkowitz, Max ; Whiton, Kaitlyn et al. (14 January 2015). “National Sleep Foundation’s sleep time duration recommendations: methodology and results summary”. Sleep Health: Journal of the National Sleep Foundation (Elsevier Inc). doi:10.1016/j.sleh.2014.12.010. http://www.sleephealthjournal.org/article/S2352-7218(15)00015-7/fulltext 2015年2月4日閲覧。. 
  33. ^ Backgrounder: Later School Start Times”. National Sleep Foundation (n.d.). 2009年10月2日閲覧。 “Teens are among those least likely to get enough sleep; while they need on average 914 時間 of sleep per night...”
  34. ^ How Much Sleep Is Enough?”. National Heart, Lung and Blood Institute. 2015年7月25日閲覧。
  35. ^ Daniel F. Kripke; Robert D. Langer; Jeffrey A. Elliott; Melville R. Klauber; Katharine M. Rex (2010). “Mortality related to actigraphic long and short sleep”. Sleep Medicine 12 (1): 28-33. doi:10.1016/j.sleep.2010.04.016. 
  36. ^ 玉腰暁子「睡眠時間と死亡との関係」[リンク切れ]
  37. ^ 「死亡率低い7時間睡眠 日本人11万人の調査結果」[リンク切れ]47NEWS
  38. ^ Godman, Heidi (2021年12月1日). “What to do when your blood pressure won’t go down” (英語). Harvard Health. 2021年12月14日閲覧。
  39. ^ Improving Sleep: A guide to a good night's rest” (英語). Harvard Health. 2022年10月21日閲覧。
  40. ^ Solan, Matthew (2022年4月1日). “The worst habits for your brain” (英語). Harvard Health. 2022年4月16日閲覧。
  41. ^ a b Godman, Heidi (2021年12月1日). “How much sleep keeps cognitive decline at bay?” (英語). Harvard Health. 2021年12月2日閲覧。
  42. ^ Publishing, Harvard Health. “Sleeping too much or not enough may raise the risk of cognitive decline”. Harvard Health. 2021年1月21日閲覧。
  43. ^ MD, Robert H. Shmerling (2020年1月29日). “Are you getting enough sleep… or too much? Sleep and stroke risk” (英語). Harvard Health Blog. 2020年11月10日閲覧。
  44. ^ Mah, Cheri D.; Mah, Kenneth E.; Kezirian, Eric J.; Dement, William C. (2011-07-01). “The Effects of Sleep Extension on the Athletic Performance of Collegiate Basketball Players”. Sleep 34 (7): 943–950. doi:10.5665/SLEEP.1132. ISSN 0161-8105. PMC 3119836. PMID 21731144. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3119836/. 
  45. ^ Biohacking Your Brain's Health”. Coursera. 2021年12月2日閲覧。
  46. ^ 11 Surprising Health Benefits of Sleep” (英語). Health.com. 2020年11月10日閲覧。
  47. ^ Understanding Sleep: Sleep Needs, Cycles, and Stages”. Helpguide.org (2007年). 2008年1月25日閲覧。
  48. ^ Meyer, Matthew (2012). The slumbering masses : sleep, medicine, and modern American life. Minneapolis: University of Minnesota Press. ISBN 0-8166-7474-4. OCLC 788275263 
  49. ^ ロジャー・イーカーチ著『失われた夜の歴史』インターシフト発行、合同出版発売
  50. ^ a b 「豊かな眠りを求めて」『日本経済新聞』朝刊2021年5月9日9-11面
  51. ^ Taheri S, Lin L, Austin D, Young T, Mignot E (December 2004). “Short sleep duration is associated with reduced leptin, elevated ghrelin, and increased body mass index”. PLoS Med. 1 (3): e62. doi:10.1371/journal.pmed.0010062. PMC 535701. PMID 15602591. http://dx.plos.org/10.1371/journal.pmed.0010062. 
  52. ^ 睡眠と生活習慣病との深い関係”. 2015年11月23日閲覧。
  53. ^ 睡眠不足が引き起こす病気・リスクは何ですか?”. 2015年11月23日閲覧。
  54. ^ ポー・ブロンソン(Bronson,Po)およびアシュリー・メリーマン(Merryman,Ashley)著 、小松淳子訳『間違いだらけの子育て―子育ての常識を変える10の最新ルール』インターシフト社、2011年6月、原題 Nurture Shock、ISBN 978-4-7726-9523-7
  55. ^ デジタル大辞泉「熟睡」
  56. ^ 睡眠用語辞典田辺三菱製薬)「深睡眠」「徐波睡眠」
  57. ^ Solan, Matthew (2023年10月30日). “How much sleep do you actually need?” (英語). Harvard Health. 2023年10月31日閲覧。
  58. ^ 2005年5月3日付『神奈川新聞』11面「いきいきすこやかHEALTH ぐっすり眠りたい☆5」
  59. ^ “明るい寝室、眠りの質低下でうつのリスク”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年8月21日). http://www.asahi.com/articles/ASK8P52PRK8PUBQU00K.html 2017年8月22日閲覧。 
  60. ^ 生涯眠らなかった男(2011年10月13日時点のアーカイブ
  61. ^ 「33年間、眠らない男 ベトナム」X51.ORG
  62. ^ “Hasn't Slept in 10 years”. New York Times. (1904年2月29日). https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=F2061EF9355E12738DDDA00A94DA405B848CF1D3 2017年5月23日閲覧。 
  63. ^ “Man Who Said He Never Slept Dies at 94; New Jersey Doctors Are Skeptical of Claim”. New York Times. (1947年1月4日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F60C1EFC3F5A107A93C6A9178AD85F438485F9&scp=1&sq=alfred%20herpin&st=cse 2017年5月23日閲覧。 
  64. ^ Society at a Glance 2009, OECD, (2009), doi:10.1787/19991290, ISBN 9789264056879 
  65. ^ Global Peace Index Map » The Most & Least Peaceful Countries” (英語). Vision of Humanity (2020年7月24日). 2022年7月17日閲覧。
  66. ^ NHK放送文化研究所世論調査部『2000年国民生活時間調査報告書』
  67. ^ In the City That We Love - The Jawbone Blog
  68. ^ a b c Bilodeau, Kelly (2021年6月1日). “Is your daily nap doing more harm than good?” (英語). Harvard Health. 2021年7月18日閲覧。
  69. ^ December 18, Alyssa Sparacino Updated. “11 Surprising Health Benefits of Sleep” (英語). Health.com. 2021年10月31日閲覧。
  70. ^ Biohacking Your Brain's Health”. Coursera. 2021年10月31日閲覧。
  71. ^ 昼寝 アルツハイマー病 予防 国立精神・神経センター武蔵病院
  72. ^ 『疲れないカラダの作り方』ゴマブックス
  73. ^ Sleeping for more than 40 minutes during the day 'increases the risk of heart disease'”. 2016年3月26日閲覧。
  74. ^ a b c d 眠気の正体 日経ナショナルジオグラフィック(2016年10月4日)2021年5月16日閲覧
  75. ^ a b 不眠バイオマーカーの探索(研究課題番号:20406006)同pdf版 KAKEN(2021年5月16日閲覧)
  76. ^ The people who need very little sleep BBC 2015年
  77. ^ a b Stra13/DEC1 and DEC2 inhibit sterol regulatory element binding protein-1c in a hypoxia-inducible factor-dependent mechanism. Nucleic Acids Research Choi SM, Cho HJ, Cho H, Kim KH, Kim JB, Park H. 2008年
  78. ^ Effects of Vitamin B6 (Pyridoxine) and a B Complex Preparation on Dreaming and Sleep Perceptual and Motor Skills Denholm J. Aspy, Natasha A. Madden, Paul Delfabbro, et al. 2018年4月17日
  79. ^ 「夢を思い出すにはビタミンB6が有効だった:研究結果」 Wired(2018年5月21日)2021年5月16日閲覧
  80. ^ Zhiqiang Wang, et al. :Quantitative phosphoproteomic analysis of the molecular substrates of sleep needNature』2018年6月13日
  81. ^ Daytime sleepiness may indicate a higher risk for Alzheimer’s disease” (英語). Harvard Health (2018年12月1日). 2022年1月13日閲覧。
  82. ^ アルツハイマー病を予防できる可能性 - カマンベールチーズに原因物質の沈着を抑える成分を発見 -東京大学大学院(2015年3月12日)2021年5月16日閲覧
  83. ^ Weljie, Aalim M.; Meerlo, Peter; Goel, Namni; Sengupta, Arjun; Kayser, Matthew S.; Abel, Ted; Birnbaum, Morris J.; Dinges, David F. et al. (2015). “Oxalic acid and diacylglycerol 36:3 are cross-species markers of sleep debt”. Proceedings of the National Academy of Sciences 112 (8): 2569–2574. doi:10.1073/pnas.1417432112. ISSN 0027-8424. 
  84. ^ JD, Marlynn Wei, MD (2015年12月4日). “Yoga for better sleep” (英語). Harvard Health. 2023年3月25日閲覧。
  85. ^ a b c d e Bilodeau, Kelly (2021年6月1日). “Is your daily nap doing more harm than good?” (英語). Harvard Health. 2021年7月18日閲覧。
  86. ^ Avenue, 677 Huntington (2020年12月9日). “Walking for Exercise” (英語). The Nutrition Source. 2023年5月5日閲覧。
  87. ^ Solan, Matthew (2021年9月1日). “Waking up one hour earlier than usual may reduce depression risk” (英語). Harvard Health. 2022年11月15日閲覧。
  88. ^ MD, Elizabeth Pegg Frates (2021年3月9日). “Could what we eat improve our sleep?” (英語). Harvard Health. 2022年7月17日閲覧。
  89. ^ Your "Prescription" - Sleep and the Brain”. Coursera. 2022年3月19日閲覧。
  90. ^ Are drugstore sleep aids safe?” (英語). Harvard Health (2018年8月1日). 2022年6月23日閲覧。
  91. ^ 「睡眠薬」の現在…ベンゾジアゼピン系から新タイプへの切り替えが進んでいる|日刊ゲンダイヘルスケア”. 日刊ゲンダイヘルスケア. 2023年1月5日閲覧。
  92. ^ 睡眠時無呼吸症候群 - 独立行政法人国立病院機構 近畿中央呼吸器センター”. kcmc.hosp.go.jp. 2023年1月5日閲覧。
  93. ^ Warm milk makes you sleepy — peptides could explain why” (英語). EurekAlert!. 2023年1月5日閲覧。
  94. ^ a b "温かい牛乳を飲むと熟睡できる"は本当か 医学的には"半分正解、半分間違い"”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2018年4月27日). 2023年1月5日閲覧。
  95. ^ Exton, Michael S. (2001年4月1日). “Coitus-induced orgasm stimulates prolactin secretion in healthy subjects” (英語). Psychoneuroendocrinology. pp. 287–294. doi:10.1016/S0306-4530(00)00053-6. 2023年1月5日閲覧。
  96. ^ 「羊を数えたら眠れる」という大いなる勘違い”. 東洋経済オンライン (2018年9月13日). 2023年1月5日閲覧。
  97. ^ Counting sheep keeps you up” (英語) (2002年1月24日). 2023年1月5日閲覧。
  98. ^ Hayashi, Mitsuo (2021年4月30日). “Effects of the Effort to Fall Asleep on the Sleep Onset Process” (英語). Japanese Journal of Physiological Psychology and Psychophysiology. pp. 52–64. doi:10.5674/jjppp.2106si. 2023年1月5日閲覧。
  99. ^ これなら眠れる「シャッフル睡眠法」 カナダの学者が考案、欧米で評判”. J-CAST ニュース (2017年8月25日). 2023年1月5日閲覧。
  100. ^ Towards an integrative design-oriented theory of sleep-onset and insomnolence from which a new cognitive treatment for insomnolence (serial diverse kinesthetic imagining, a form of cognitive shuffling) is proposed for experimentally testing this”. scholar.google.com. 2023年1月5日閲覧。
  101. ^ 「休まず働く」は日本人の悪癖…日米合同演習で自衛隊は疲労困憊でも米軍がずっと元気なワケ 実戦経験から「睡眠不足は絶対にダメ」と知っている (3ページ目)”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2022年5月20日). 2023年1月5日閲覧。
  102. ^ Sleep, Learning, and Memory | Healthy Sleep”. healthysleep.med.harvard.edu. 2020年9月10日閲覧。
  103. ^ 11 Surprising Health Benefits of Sleep” (英語). Health.com. 2020年9月10日閲覧。
  104. ^ Inc, NetAdvance Inc NetAdvance Inc NetAdvance. “布団(ふとん)”. JapanKnowledge. 2023年3月25日閲覧。
  105. ^ 郁人, 神戸. “アラームでダメなら実力行使だ!半世紀愛される「定刻起床装置」とは”. withnews.jp. 2023年3月25日閲覧。
  106. ^ a b 池田不二男「古代中国人の夢に関する思惟(第 4, 5 回研究大会報告要旨 : アジア・アフリカ・アメリカ)」日本民族学会 1967年 31巻 4号 p.292-293, doi:10.14890/minkennewseries.31.4_292
  107. ^ 立木鷹志『夢と眠りの博物誌』
  108. ^ P. Vergilius Maro, Aeneid, Book 6, line 268”. www.perseus.tufts.edu. 2023年1月5日閲覧。
  109. ^ なぜ寝ている鳥は枝から落ちないのか? 鳥類の足の爪に秘密があった (2/2)”. ナゾロジー (2021年1月8日). 2023年9月5日閲覧。
  110. ^ 睡眠メカニズムの形成は脳の獲得に先立つ”. www.sci.kyushu-u.ac.jp. 2023年1月5日閲覧。
  111. ^ 眠りのメカニズム 厚生労働省 e-ヘルスネット(2021年5月16日閲覧)
  112. ^ ※記事名不明[リンク切れ]長崎県
  113. ^ Kazuhiko Kume, Shoen Kume, Sang Ki Park, Jay Hirsh and F. Rob Jackson,“Dopamine is a regulator of arousal in the fruit fly,” Journal of Neuroscience, 25, 2005, pp.7377-7384. [1]
  114. ^ Helfrich-Förster, Charlotte (2018-01-07). “Sleep in Insects” (英語). Annual Review of Entomology 63 (1): 69–86. doi:10.1146/annurev-ento-020117-043201. ISSN 0066-4170. https://www.annualreviews.org/doi/10.1146/annurev-ento-020117-043201. 
  115. ^ 睡眠不足の虫は作業が雑になる”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2023年10月1日閲覧。
  116. ^ Tasman, Kiah; Hidalgo, Sergio; Zhu, Bangfu; Rands, Sean A.; Hodge, James J. L. (2021-01-21). “Neonicotinoids disrupt memory, circadian behaviour and sleep” (英語). Scientific Reports 11 (1). doi:10.1038/s41598-021-81548-2. ISSN 2045-2322. PMC PMC7820356. PMID 33479461. https://www.nature.com/articles/s41598-021-81548-2. 
  117. ^ 2005年11月21日付の南ドイツ新聞のニューヨーク タイムズ付録。
  118. ^ 睡眠対策”. www.mhlw.go.jp. 2023年1月5日閲覧。
  119. ^ 東北福祉大学 通信教育部|睡眠改善指導者(大学認定睡眠改善インストラクター)受験資格”. www.tfu.ac.jp. 2023年1月5日閲覧。






睡眠と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「睡眠」の関連用語

睡眠のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



睡眠のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの睡眠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS