睡眠時随伴症とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 睡眠時随伴症の意味・解説 

睡眠時随伴症(すいみんじずいはんしょう)


睡眠時随伴症

読み方すいみんじずいはんしょう
【英】:Parasomonia

睡眠中におきるねぼけ行動総称

 睡眠中に生じるねぼけ、夜尿歯ぎしり悪夢など望ましくない現象総称して睡眠時随伴症と呼んでいます。主として運動面の問題として現れるものとして睡眠時遊行症夜驚症レム睡眠行動障害寝言などいわゆるねぼけに含まれるものがありますまた、自律神経問題主なものとしては、睡眠遺尿症夜尿症)、乳児睡眠時無呼吸症などがあります。その他のものとしては、悪夢睡眠麻痺などがあります


睡眠時随伴症

【仮名】すいみんじずいはんしょう
原文parasomnia

睡眠中に歩き回る睡眠中にしゃべる、悪夢をみる、寝小便をする、睡眠時無呼吸大きないびきの原因となる呼吸障害)、夜間の痙攣など、睡眠が異常に中断する現象



睡眠時随伴症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「睡眠時随伴症」の関連用語

睡眠時随伴症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



睡眠時随伴症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Suimin.netSuimin.net
Copyright(c)suimin.net All rights reserved
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2019 Weblio RSS