性行為 諸問題

性行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/01 20:17 UTC 版)

諸問題

性感染症

  • 無症候性キャリアとの性的接触によって性感染症になる場合がある。
  • 2004~2007年の報告例[19] では、男性が性的接触(複数の経路が記載されたものを除く)が1,415例(うち75%が異性間)、女性が性的接触が578例(うち86%が異性間)であったとされている。

性交不能症・性機能障害

勃起不全膣痙膣内射精障害などの疾患によって性交が行なえない、射精できない、または妊娠できないという問題が生じる。医学的定義では性欲、勃起、性交、射精、極致感のいずれか一つ以上欠けるかもしくは不十分なものを指す。

若年の性行為

  • コンドームメーカーのDurex社は主要国の初体験の統計を発表している。2005年の報告では全世界平均が17.3歳、一番年齢が高いインドが19.8歳、日本が17.2歳、アメリカが16.9歳、最も低いアイスランドが15.6歳であった [1]
  • 婚前交渉が一般化した近年、「初体験を済ませる年代が低年齢化している」とも言われるが、この主張は正しくないとされる。なぜなら、上述のように、過去において筆下ろし水揚げといった形で早い時期に性体験が行われていた事実があるからである。赤松啓介ら一部の民俗学者が、この点を指摘している。正しくは、性体験における性別や階層による差が縮小しただけと考えたほうが良いとされる。妊娠、性感染症などに関する知識も不十分なまま、好奇心あるいは金銭を得る目的で性行為を行うことは、将来に悪影響を残しかねないが、学校での性教育も、こうした事態にうまく対処できていないのが実情である。
  • 自分またはパートナーが10歳代以下の時は男性器乳房タナー段階がVの状態だけでなくI−IVの状態をパートナーに見られたり接触されたりする、自分が見たり接触する場合もありえる。
  • 10歳代では複数のパートナーと性行為を行うケースが多く、パートナーも多様化している。新しく出会ってから性行為に至るまでの期間も短いのが特徴。さらにパートナーが避妊具を拒否するなど避妊無しの性行為の割合が高く、その為に妊娠し、人工中絶をする女性が多い。[20]
  • 10歳代は妊娠に気づくのが遅く、中期中絶の割合が高い。妊娠中毒症・早産・低体重児になりやすい、分娩時間が長い、出血量が多く、10歳代前半はその可能性が高く合併症を伴う場合もある。10歳代では性感染症の合併が多い[21]
  • 脳科学者の澤口俊之は、女性は思春期での妊娠・出産が、母子ともに悪影響を及ぼすと共に最初の性行為が早いほど高校中退したり、大学進学しなかったりする確率が高くなるとして、「女性は思春期の恋愛期間の性行為をすべきではない」と唱えている[22]
  • 早期の性行動に関しては様々な調査がある。2005年、社会疫学者の木原雅子が分析を担当した全国高等学校PTA連合会による約1万人を対象にした調査では、高校3年の男子30%、女子39%が経験済みと答えている[23]。また、2002年の東京都内の生徒約3000人の性調査によれば、高校3年の男子の37.3%、女子の45.6%がセックスを経験済みと答えている[24]。これを理由に、性の低年齢化が都会を中心に進んでいるとの主張があるが、これも正しくない。もともと性行動に関しては地域差が見られ、地方は初体験年齢が都会に比べ低いと指摘される。宮台真司は、青森市のテレクラでハントを試みた際、少女に特別の付加価値が付かなかったことを『まぼろしの郊外』で述べている。また、青森市出身の畑山隆則はこの件に関し、「寒いから外ですることがない。結果、屋内でそういうことになる」と述べている。データでも、群馬県のぐんま思春期研究会が2000年に行った約6000人を対象にした調査では、高校3年の男子46.1%、女子42.2%が経験済み[25]、2000年の秋田県性教育委員会の男子197名、女子264名を対象とした調査では高校3年で男子47%、女子50%が経験済みと出ており、また旭川医科大学の公衆衛生学教室による2004年の発表では性感染症を発症していない1年から3年の高校生3200人に対し質問と尿に対する遺伝子検査によって調査を行ったが、それによれば性体験の経験率は男子は35.8%、女子は47.3%であり、うちクラミジアの感染率が男子が7.3%、女子が13.9%であったという報告もある[26]
  • 日本性教育協会第7回青少年の性行動調査によると性交の経験が、大学生は1974年から2005年まで増加傾向であったが、2011年の調査では減少している。高校生は1970年代から1980年代にかけては微増、男子は1993年から1999年にかけて急激に増加後2005年にかけてはほぼ横ばい、女子は1993年から2005年にかけて急激に増加、2011年は男女とも減少傾向であるが女子の方が経験が多い。中学生は男女ともどの年代も2-4%の経験者がいる[27]
  • 初体験をより早く済ませることを同年代の者に誇り、そうでないものを見下したり、コンプレックスを感じさせたりするような風潮が問題視されることもある。キンゼイ報告によれば、性体験の早さと学歴・所得の間には明らかな反比例の関係がある。もっとも、キンゼイ報告自体、調査方法に問題があったとの指摘もあり、また、1940年代、50年代のアメリカだからこそ、そのような反比例関係が存在したのであって、現代においては必ずしも学力には比例しない。それよりも、内陸部か西海岸かといった地域による差が大きいといわれる。
  • 幼児のうちから異性のプライベートゾーンを見る者もいる。日本では、家庭で両親が異性の子と一緒に入浴や着替えを行うことは一般的であるし、異性の兄弟姉妹がいる場合は、彼らのプライベートゾーンを見ることもある。また、家庭以外でも保育所幼稚園などでの着替えや健康診断などで異性のプライベートゾーンを見ることがある。これらはプライベートゾーンに対する知識を習得することで、異性のプライベートゾーンを見る機会も次第に減少する。

低年齢と性被害との関連

  • 日本では性的同意年齢に満たない13歳未満の児童と性交すると、合意の有無に関わらず強姦罪に問われるほか、成人と18歳未満の児童との性交を取り締まるいわゆる「淫行条例」(例:東京都青少年の健全な育成に関する条例)が、各都道府県で制定されている。余りに低年齢の性のモラルが乱れているとして、例えば竹花豊が副知事に就任した後の東京都では、条例を改正し規制をさらに強化しようとする動きが起こっている。また、女子中学生の間で、いわゆる「ヤオイ系漫画」「801系漫画」という男性同性愛を描いた漫画が流行しており、アナルセックスやフェラチオといった性描写が女子中学生の初体験年齢を早めていると指摘されることがある。しかし、男性同性愛漫画であることから現在のところそれらへの規制は弱い。
    • 18歳未満の児童同士の性交も同様に取り締まるべきという意見もあり、実際奈良県では2006年に「奈良県少年補導に関する条例」が制定され、18歳未満の性交は補導の対象になっている。だが、石原慎太郎らのように、本来個人のプライバシーの領域である性に対する行政の干渉を批判する意見もある。また、18歳未満の児童に成人を誘わせて性交させた後、淫行条例での被害届を示唆して金銭を喝取する事例もある。
  • 沖縄県などでは望まざる初体験が少なくないことも指摘される。沖縄タイムスが1998年に行った調査では、沖縄県の大学生の性被害率は、強姦・強姦未遂に絞っても女性の15.3%、男性の2.7%という結果になっている。また、沖縄県では沖縄米兵少女暴行事件など、米兵などによる強姦が行われていることも報道されている。1972年の本土復帰以降、米兵による強姦の発生は明るみに出ているだけでも120件以上に上る。

近親者との性行為

  • 人類学的には、インセスト・タブーは全人類普遍的であることが報告されている。また、イスラエルキブツの研究、あるいは台湾シンプアの研究から、例え兄弟でなくても幼い時期に社会的接触の多かった男女同士は、成長すると互いに距離をとるようになるため、彼らの間に恋愛感情は生まれにくいという事実が判明している(ウェスターマーク効果)。ただし親族をどのようなメカニズムによって避けているのかに関しては諸論があり、短期間の性行為が起こる可能性までは否定できないという意見もある。キブツを調査していたメルフォード・スパイロは、思春期に教育の影響で強く感情が抑圧されるとウェスターマーク効果のような現象が起こりうることを指摘している。
  • 性的経験・性的虐待に関する調査結果においては近親姦の発生率も調べたものがあるが、それらは比較的高い発生率を示唆している。アメリカのキンゼイ報告では、近親者による性虐待を受けた経験がある女性は、全体の5.5%(うち実父・継父が1.0%)とされた。キンゼイ報告については保守的な時代に作られた報告書で、女性が性に対する調査に正直に回答すること自体が白眼視される時代であるため、アンケート対象が赤裸々な報告をする「特殊な層」に偏っている可能性があり、必然的に様々な質問に回答をするパーセンテージも高くなっている可能性もあるとの指摘もあった。フェミニストのダイアナ・ラッセルが1978年に行った、サンフランシスコの女性930人を対象にした調査では、18歳までに女性の16%が近親者による性虐待を報告しているとされる。また、社会学者デイビッド・フィンケラーが1978年に行った、大学生を対象にした調査によれば、男性の10%、女性の15%が兄弟姉妹との性的行為を体験しているなど、様々な調査報告がある。日本のデータはアメリカに比べると少ないが、五島勉の『近親相愛』(1972年)では、女性1229人中4.7%に近親姦あるいは未遂の関係があったと述べられている。
  • 近親姦が必ずしも虐待的とは限らない可能性もあり、フィンケラーによる兄弟姉妹間の近親姦調査では、虐待的なのは4分の1程度だとされる。その行為が性的自尊心に対しどのような影響を与えるかに関しては、近親姦の体験年齢に左右される面があるとしている。9歳以降ならば性的自尊心は強くなることが多いが、9歳以下の場合、性的自尊心が低くなってしまうことが多い [2]
  • アメリカでは1970年代に、近親愛を認めるべきという思想から、刑法典における近親相姦罪の規定の撤廃が訴えられたこともあったが、子供への性虐待の可能性に目が向けられたため、そのような発言は反発を受けていた。この問題は現在でもしばしば話題にされる。

集団生活における性行動

  • 男女が一緒に集団生活をする場合、一般に性行為は禁止される。これは、異性を取り合うことにより集団間に葛藤が生じるのを防ぐためである。遠洋航海を行う艦船内や、南極観測越冬基地内などでは、一般に男女の恋愛が起きないように指導されている。

高齢者の性

高齢化社会を迎え、高齢者の性も注目されている。閉経後は妊娠の心配がなくなるため、女性の性欲はむしろ増加する傾向が認められている。高齢者の性交では勃起障害や膣分泌液の不足などが問題になることが多い。しかし、性交不能の場合でも、抱き合うことやクンニリングスやフェラチオで性的な満足が得ることは可能である。人生の質を高めるためには、これらの問題をタブー視せず、治療や改善の工夫を行おうとする傾向が強まってきている。

年齢が上がるにつれて、セックスレスのカップルは増加する傾向にある。伝統的に日本では夫婦は歳を重ねると性的に積極的であることを恥じる風潮が根強くあり、夫婦ともに「高齢者となってなお頻繁に性交渉があることは恥ずかしい」という感覚があるためである。朝日新聞の調査[28] によると、 セックスの回数が「この1年まったくない - 年数回程度」と回答したカップルは世代毎に、20代で11%、30代で26%、40代で36%、50代で46%という結果であった。

また、日本性科学会の発刊する日本性科学会雑誌Vol.32 Suppl. 2014「2012年・中高年セクシュアリティ調査特集号」での「調査結果と分析」「調査結果の全データ」によれば、2000年調査と2012年調査の比較で、全くセックスをしていない人が2000年調査では4人に1人だったのが、2012年調査では2人に1人以上になり、夫婦間のセックスレス化が著しく進行している反面、配偶者以外の異性との親密な交際は男女ともほぼ3倍に増えていた[29]

2017年5月18日にはNHKが「クローズアップ現代+」で高齢者の問題を取り上げたが、男性では60歳代の76%、70歳代では75%が性的な欲求があることが明らかにされた。また、60歳以上のシニア専門の派遣風俗店が紹介され、妻に性交渉を拒否された70歳代の男性が登場、2ヶ月に一度店を利用している実態が明らかにされた。その風俗店が本番は行わないと紹介されたのに対し、コメンテーターの田原総一朗は「本番以外って、何をやるのですか?」と聞いたのに対し、宋美玄が「主に手と口によるサービスが行なわれていると思われます」と答えた。さらに田原が「ちょっと待った!さっき2か月に1度行くと言ったけど、何やってるの!ホントは」と発言、宋は「それは、1人1人違うでしょうが...。添い寝で満足する方もいれば、お話だけで満足する方もいるし、性的な普通のサービスをする方もいるでしょうし...」と返答。妻が嫌がった場合、夫はどうすればいいのかという田原の問いに対しては、宋は「存在するものとして風俗産業がある。従事する女性の問題もあるのですが、解決法の1つになっている現実はあると思います」と回答。ニューヨーク老人ホームでは、入居者同士の恋愛を奨励し、性感染症を防ぐため入居者に避妊具を配り、施設内で自由にセックスができるように配慮されていることなども紹介された。宋は、「高齢者施設での恋愛は日本でもあっていい、相手が変われば、女性の側でもう一度セックスしたいという方が結構いる」と話すと、田原が「施設でモテる女性とモテない女性がいたら、どうする?モテる女性に3人も4人も男性が来たら、どうする?」と詰め寄ったところ、宋は「うまくマッチングしなければ悲劇もありうるでしょうね」と答えた。また番組中で、83歳の田原は自分にも性欲があると告げた[30][31]


注釈

  1. ^ 古事記』にも見られる大和言葉「みとのまぐはひ」に当て字でない翻字としての漢字を当てれば「御陰の目合」。「みと」の「み」は敬語の「御」、「と」は男性・女性の象徴部・陰部、すなわち性器のこと。したがって「みと」は「御陰」で、性器に敬語を冠した語形である。「まぐはひ(目合)」すなわち「目と目を合わせて愛し合うこと」と同じように、「みとのまぐはひ」は、互いの「みと」を合わせて愛し合うことをいう。ここから転じて「御陰の目合」の意味が「目合」の第2義になり、やがて「御陰の目合」のほうは死語になった。
  2. ^ エッチの語源は「変態(へんたい)」もしくは「破廉恥(はれんち)」をローマ字表記した場合の頭文字 "H" の日本語慣習音の一つ「エッチ」であるとされている。また、「エッチする」という言葉を放送に乗せて初めて使ったのは明石家さんまもしくは島田紳助であったといわれている。

出典

  1. ^ 「性行為」『広辞苑岩波書店、第5版、p. 1465
  2. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  3. ^ 三省堂大辞林』第3版. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  4. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  5. ^ 平凡社世界大百科事典』第2版. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  6. ^ 「結ばれる」の言い換えや類語・同義語-Weblio類語辞典”. thesaurus.weblio.jp. 2023年12月29日閲覧。
  7. ^ 平成29年7月13日から刑法が一部改正されました”. 北海道警察本部. 2017年10月18日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ a b 第193回国会(常会) 刑法の一部を改正する法律案”. 法務省. 2017年10月18日閲覧。
  9. ^ 三省堂例解新国語辞典「春」の項
  10. ^ 新共同訳聖書 創世記4章1節
  11. ^ 月刊みんぱく編集部 1996, pp. 263–264.
  12. ^ 不倫・浮気した側は親権を獲得できない? 親権決定までの流れとは|ベリーベスト法律事務所”. ベリーベスト法律事務所. 2024年2月1日閲覧。
  13. ^ 人生が終わる…恐ろしすぎる不倫の「代償」 - モデルプレス”. モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2021年8月4日). 2024年2月1日閲覧。
  14. ^ a b Sex matters”. Harvard Health Publishing (2015年6月). 2018年7月31日閲覧。
  15. ^ For women, sexuality changes with age but doesn’t disappear” (英語). Harvard Health (2014年2月13日). 2021年12月13日閲覧。
  16. ^ Publishing, Harvard Health. “Is sex exercise? And is it hard on the heart?”. Harvard Health. 2020年12月6日閲覧。
  17. ^ Publishing, Harvard Health. “Resuming sex within months of a heart attack linked to longer survival”. Harvard Health. 2020年12月3日閲覧。
  18. ^ Publishing, Harvard Health. “11 ways to help yourself to a better sex life”. Harvard Health. 2020年12月10日閲覧。
  19. ^ IASR 29-9 性感染症, 感染症発生動向調査, 梅毒, 性器クラミジア感染症, 性器ヘルペスウイルス感染症, 尖圭コンジローマ, 淋菌感染症
  20. ^ 三宅婦人科内科医院“思春期" 思春期の性動 - ウェイバックマシン(2016年2月18日アーカイブ分)
  21. ^ 三宅婦人科内科医院“思春期" 10代の妊娠 - ウェイバックマシン(2015年12月8日アーカイブ分)
  22. ^ 「女性は思春期の恋愛期間の性行為を控えるべき」と脳科学者2013年1月11日 NEWSポストセブン)
  23. ^ 性感染症の早期予防教育を”. 東奥日報社 (2005年3月11日). 2011年10月14日閲覧。
  24. ^ 思春期の性の危機 Archived 2007年1月29日, at the Wayback Machine.
  25. ^ 家庭・家族の意味を再考する[リンク切れ]
  26. ^ 山口県医師会報 第1737号” (PDF). 山口県医師会 (2005年5月). 2011年10月14日閲覧。 447ページ(ファイルの69ページ目)を参照のこと。[リンク切れ]
  27. ^ 第7回青少年の性行動調査 - 日本性教育協会
  28. ^ 「夫婦の性1000人に聞く」朝日新聞の2001年7月4日付
  29. ^ 日本性科学会公式サイト[リンク切れ]
  30. ^ livedoor News 武田アナが凍りついた田原総一朗のツッコミ NHKクロ現「高齢者セックス特集」2017年5月19日 18時19分 J-CASTニュース
  31. ^ クローズアップ現代+ 公式サイト
  32. ^ 上手な脱がせ方って?スムーズに彼女の服を脱がせる方法
  33. ^ 上手な下着の脱がせ方とは[リンク切れ]
  34. ^ 彼をドキっとさせる、セクシーな服の脱ぎ方
  35. ^ 森下 2008, pp. 12–13.






性行為と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性行為」の関連用語

性行為のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性行為のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS