性行為 その他

性行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/18 06:48 UTC 版)

その他

着衣の有無

春画にも見られるように、プライバシーの不十分な住宅事情や室内保温が不全な住宅環境等のため、第二次世界大戦前は一般に裸になる方が珍しかった。
  • 被服を全部脱いで(脱ぎ方で興奮度が変わりやすい[29][30][31])全で性交を行う場合とお互いの性器を露出させつつ被服を着用したまま性交を行う(着衣セックス)場合の二通りがある。
  • 古くは江戸時代の春画にも見られるように、プライバシーの保てない住宅事情や室内保温が十分ではない住宅環境等のため、第二次世界大戦前は一般に裸になる方が珍しかったという。日本では夫婦が子供を挟んで川の字になって寝ることが多く、子供が目を覚まさないように気を付けながら性行為を行った。このため、子供が目を覚ましたとき明らかに両親の性行為が分かるような行動を避けたものと思われる。また、時間のないときや第三者に見つかるおそれを伴う場合は、下半身のみ出した状態などで行うことがある。この点着物は都合の良い服装であった。
  • 服装への偏愛などからコスプレなどの衣装を身にまとい性行為を楽しむ場合もある。この場合も性交を行う場合は全裸の場合と着衣セックスの場合がある。

性行為の時間

  • 全世界で26%のシェアを持つコンドームメーカーのDurex社は主要国のセックス時間の統計を毎年発表しているが、その調査報告によれば、アメリカ19.7分、ドイツ22.2分、スペイン21.7分、イタリア20.1分、最長はイギリスの22.5分で、最短はタイの11.5分であり、全世界平均は19.7分であり、日本は19.5分である[32]。ただし、この統計はペニスを挿入してからフィニッシュまでの時間である。アメリカなど世界的には時間をかけて丹念に前戯を行った後のセックスであるため、実際にはこの統計より長いセックス時間となっていると推測されているが、日本では前戯が短く、すぐにペニスを挿入するためそのままの時間である可能性が高い。

人前での性行為

通常、性行為は自分とパートナー以外の第三者に見つからない場所で行われるが、第三者に見つかるおそれのある場所や、あえて第三者の前で行われる場合もある。一般には変態性欲の現れとみなされるし、露出狂などと揶揄される場合もある。公然での性行為は、法的には犯罪である(日本の法律は、刑法 第23章 第174条 公然猥褻罪参照。)

  • 第三者に見つかるおそれのある状況として、自動車内(カーセックス)、公園、山奥、海岸、路上などの野外(青姦)、カラオケボックス混浴温泉会社倉庫非常階段などで行う場合が考えられる。この他に自宅であっても第三者が家の内にいる場合も含まれる。
  • あえて第三者の前で行われる状況としては、何らかの金銭目的の場合や、同好の士が集団で行う場合などが考えられる。
  • ストリップ劇場で「白黒ショー」と称して、男女の出演者(プロ)が性交の様子を見せることがある。あくまでショーであるため、男性は射精をしないという暗黙のルールがある。また「生板ショー」と称し、希望する観客と踊り子に舞台上で性交を行わせることがある。生板の場合、客は避妊具着用のうえで射精してもよい(1972年 - 1985年迄はよく見られたが、1985年の新風営法施行により取締りが厳しくなり、現在は都会の劇場では、ほとんど行われていない)。
  • アダルトビデオの撮影はカメラ監督照明音声など数人のスタッフの元で行われる。電車の中や公道上など野外で撮影されたアダルトビデオがあるが、現行犯逮捕された事例もある。
  • まれに社会に対する抵抗・抗議などを示すため、公共の場所で行う者もある。
  • 同好の者が集まって、大人数で性行為を行うことがある(グループセックスを参照)。

注釈

  1. ^ 古事記』にも見られる大和言葉「みとのまぐはひ」に当て字でない翻字としての漢字を当てれば「御陰の目合」。「みと」の「み」は敬語の「御」、「と」は男性・女性の象徴部・陰部、すなわち性器のこと。したがって「みと」は「御陰」で、性器に敬語を冠した語形である。「まぐはひ(目合)」すなわち「目と目を合わせて愛し合うこと」と同じように、「みとのまぐはひ」は、互いの「みと」を合わせて愛し合うことをいう。ここから転じて「御陰の目合」の意味が「目合」の第2義になり、やがて「御陰の目合」のほうは死語になった。
  2. ^ エッチの語源は「変態(へんたい)」もしくは「破廉恥(はれんち)」をローマ字表記した場合の頭文字 "H" の日本語慣習音の一つ「エッチ」であるとされている。また、「エッチする」という言葉を放送に乗せて初めて使ったのは明石家さんまもしくは島田紳助であったといわれている。

出典

  1. ^ 「性行為」『広辞苑岩波書店、第5版、p. 1465
  2. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  3. ^ 三省堂大辞林』第3版. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  4. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  5. ^ 平凡社世界大百科事典』第2版. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  6. ^ 平成29年7月13日から刑法が一部改正されました”. 北海道警察本部. 2017年10月18日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ a b 第193回国会(常会) 刑法の一部を改正する法律案”. 法務省. 2017年10月18日閲覧。
  8. ^ 三省堂例解新国語辞典「春」の項
  9. ^ 新共同訳聖書 創世記4章1節
  10. ^ 月刊みんぱく編集部 1996, pp. 263–264.
  11. ^ a b Sex matters”. Harvard Health Publishing (2015年6月). 2018年7月31日閲覧。
  12. ^ For women, sexuality changes with age but doesn’t disappear” (英語). Harvard Health (2014年2月13日). 2021年12月13日閲覧。
  13. ^ Publishing, Harvard Health. “Is sex exercise? And is it hard on the heart?”. Harvard Health. 2020年12月6日閲覧。
  14. ^ Publishing, Harvard Health. “Resuming sex within months of a heart attack linked to longer survival”. Harvard Health. 2020年12月3日閲覧。
  15. ^ Publishing, Harvard Health. “11 ways to help yourself to a better sex life”. Harvard Health. 2020年12月10日閲覧。
  16. ^ IASR 29-9 性感染症, 感染症発生動向調査, 梅毒, 性器クラミジア感染症, 性器ヘルペスウイルス感染症, 尖圭コンジローマ, 淋菌感染症
  17. ^ 三宅婦人科内科医院“思春期" 思春期の性動 - ウェイバックマシン(2016年2月18日アーカイブ分)
  18. ^ 三宅婦人科内科医院“思春期" 10代の妊娠 - ウェイバックマシン(2015年12月8日アーカイブ分)
  19. ^ 「女性は思春期の恋愛期間の性行為を控えるべき」と脳科学者2013年1月11日 NEWSポストセブン)
  20. ^ 性感染症の早期予防教育を”. 東奥日報社 (2005年3月11日). 2011年10月14日閲覧。
  21. ^ 思春期の性の危機 Archived 2007年1月29日, at the Wayback Machine.
  22. ^ 家庭・家族の意味を再考する[リンク切れ]
  23. ^ 山口県医師会報 第1737号 (PDF)”. 山口県医師会 (2005年5月). 2011年10月14日閲覧。 447ページ(ファイルの69ページ目)を参照のこと。[リンク切れ]
  24. ^ 第7回青少年の性行動調査 - 日本性教育協会
  25. ^ 「夫婦の性1000人に聞く」朝日新聞の2001年7月4日付
  26. ^ 日本性科学会公式サイト[リンク切れ]
  27. ^ livedoor News 武田アナが凍りついた田原総一朗のツッコミ NHKクロ現「高齢者セックス特集」2017年5月19日 18時19分 J-CASTニュース
  28. ^ クローズアップ現代+ 公式サイト
  29. ^ 上手な脱がせ方って?スムーズに彼女の服を脱がせる方法
  30. ^ 上手な下着の脱がせ方とは[リンク切れ]
  31. ^ 彼をドキっとさせる、セクシーな服の脱ぎ方
  32. ^ 森下 2008, pp. 12–13.






性行為と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性行為」の関連用語

性行為のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性行為のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS