タマネギ 栽培

タマネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/04 00:22 UTC 版)

栽培

タマネギ畑(北海道富良野市)

一般には9月から翌年6月が栽培適期で、秋に種をまき、苗を育てて晩秋に苗を定植する[39]。定植後はあまり手間がかからず、冬越しして晩春から初夏に収穫する[40]。栽培適温は15 - 20とされ、連作も可能である[40]。長日種は、多くは北半球で栽培されて、夏の間に生長して秋に収穫する[12]。短日種は、長日種よりも気温の高い赤道地域などで栽培され、秋に植えて冬を越し、春に収穫する[12]。収穫後の鱗茎は干して保存することで、一年中食べられる[39]。収穫まで栽培期間が長いため、マルチングなどで雑草対策をすると良いといわれる[39]。冬の間に追肥してよい苗を育てると、実りある収穫が期待できる[39]連作障害は出にくい[39]。家庭菜園向きのミニタマネギは、一般のタマネギよりも栽培期間が短く、植え替えせずに種子や種球から3 - 4か月ほどで収穫できる[41]

栽培体系

大きく分けて春播き栽培と秋播き栽培がある。致命的な病気や害虫は少なく、栽培の容易な野菜である。

春播き栽培

品種は7月以降に収穫できる晩生。2月末から3月にビニールハウス内で播種し、育苗する[11]。4月下旬から5月にかけて苗をに定植する[11]。定植後1か月ほどは苗の活着に要する。6月から7月中旬にかけては葉の生育が盛んな時期で、その後7月下旬から鱗茎の肥大が始まる[11]。鱗茎の肥大期以降はボトリティス菌、軟腐病菌、ネギアザミウマによる被害を受けやすいため、定期的に農薬による防除を行う。7月から8月にかけ、地上部が倒伏する。倒伏が揃った後、収穫の前には株を土から引き抜くか、根か根を切り離す「根切り」と呼ばれる作業をする[11]。収穫直前に2週間ほど茎葉が枯死するまで畑でそのまま乾かしてから、収穫を行う[11]。収穫後は茎葉が枯死した葉を切り落とし、容器に入れてそのまま乾燥させる[11]

セット栽培

春播き栽培と秋播き栽培の中間的な栽培方法。品種は極早生。2月末から3月にビニールハウス内に播種しそのまま結球させ、直径が2cm程度の小タマネギ(種球根)を作る。

秋播き栽培

新タマネギ。例年日本では4月から5月頃に出回る。
タマネギの乾燥小屋(佐賀県白石町)

9月に畑に直まきで播種し、葉が4 - 5枚になるころまで、間引きと土増しを行って育苗する[40]。2か月ほど経った11月ころに苗を約20 cm間隔で定植する[42][43]。植え付けする畑は、2週間以上前に堆肥などの元肥をすき込んで、よく耕しておく[43]。草丈25 cmくらいに育った苗が、植え替えの目安となる[43]。12月から追肥を行い、その後も生長を見て土がやせている場合は2月まで追肥を行う[43]。生育期の後半に追肥を行うと、首の生育が悪くなるため追肥は控える[43]。極早生から早生にかけては、マルチ栽培やトンネル被覆を行うところもある。マルチ栽培をするところでは、畝の外側に追肥する[43]

4月になると葉が生長し太くなってくる[41]。5 - 6月ころになって茎が十分太くなったり、葉が倒れてきたら収穫の適期で、約8割方の葉が倒れたら、天気のよい日に葉の付け根から引き抜いて収穫する[42]。早生や極早生では葉が倒伏する前に収穫し、葉タマネギとして葉付きで出荷することもある[41]。中生や晩生では、軒下など雨があたらず、風通しのよい日陰で乾燥させて貯蔵する[41]。数個のタマネギを葉のところで紐で縛り、吊るして貯蔵することもある[42][41]。貯蔵に向く品種であれば、そのまま2月まで保存できる[41]

固定種の採種栽培

採種(種の収穫)を目的とした栽培は食用栽培と大きく異なる。主な工程は母本選抜と開花・採種である。採種したい品種を食用栽培と同様の方法で大量に栽培し、収穫と同時に最も理想的で優れた性質の個体を厳しく選抜する。9月頃に播種する。選抜した個体(母本と呼ぶ)を9月頃に定植する。ここまでに約1年かかる。日本においては開花・結実時期が梅雨にあたるため、ビニールハウスなどの雨を避けられる環境でなければ安定した収穫が得られないので、この事を考慮して植え付け場所を選定する。秋に定植した株は翌年の7月頃から開花・結実を始める。熟した実が弾けて種が落ちてしまうので、見回りを行って熟したものから順にネギ坊主の塊ごと刈り取って乾燥する。種播きから始まり母本の選抜などを経て、採種に至るまでおよそ22か月かかる。

交配種(F1品種)の採種栽培

母本選抜の方法や注意点などは固定種と同様である。タマネギの交配種の採種には、雄性不稔という正常な花粉を作れない突然変異系統を用いる。不稔の性質は母から子へ伝わるため、不稔の個体に正常な個体の花粉を着けてやれば不稔個体の繁殖が行える。Aという品種の花粉を不稔個体に交配して採種し、その子世代にAを再度交配する。そこから得た孫世代に再度Aを交配する。同様の交配を繰り返すことで、Aにそっくりな不稔系統「a」を得られる。雄性不稔になったaと、正常な花粉を作れる品種B(花粉親)を並べて開花させれば、ミツバチによってBの花粉がaに交配されて結実する。十分に交配が済んだら、交配用の品種Bは不要なので刈取り、または抜き取って処分させる。市販されている交配種は不稔であるが、正常な花粉を交配してやれば交配種からの自家採種も可能である。しかし、交配に用いた花粉親に近いものとなる。また、その子・孫世代も不稔であるため、採種のたびに花粉親に近づいていく。

重要病虫害

  • 乾腐病 病原菌:Fusarium oxysporum f. sp. cepae
  • 軟腐病 病原菌:Erwinia carotovora subsp. carotovora
  • ボトリティス菌による葉枯れ(白斑葉枯病):Botrytis squamosaB. cinerea、ほか
  • ボトリティス貯蔵腐敗:Botrytis alliiB. byssoidea、ほか
  • ネギアザミウマ Thrips tabaci
  • タマネギバエ Delia antiqua
  • タネバエ Delia platura
  • べと病[44]

タマネギの株間にキク科ハーブのカモミールコンパニオンプランツとして混植しておくと、土壌微生物相が豊かになり、タマネギの生育を助け、病害虫を減らす効果が期待できる[43]


注釈

  1. ^ 最新の分類体系であるAPG体系ではヒガンバナ科に区分されるが、古い分類体系のクロンキスト体系新エングラー体系ではユリ科に分類されている[1]
  2. ^ 日本では、生食用に軟白栽培されたラッキョウが「エシャット」や「エシャロット」の名で呼ばれている[34]
  3. ^ 遺伝子に欠損があるため、花粉ができない状態[37]
  4. ^ 庫内の温度と空気成分の調整によって、青果物の呼吸を最小限に抑え、鮮度の低下を防止するシステム[11]

出典

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium cepa L. タマネギ(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c ジェイ 2017, p. 12.
  3. ^ こぐれひでこの食悦画帳/葉タマネギ 玉のままうどんに『読売新聞』夕刊2018年12月8日(2面)。
  4. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 300. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358319 
  5. ^ a b c d e f 田中孝治 1995, p. 192.
  6. ^ 「玉ねぎ」はフランス語で?野菜に関するフランス語”. Bibliette(ビブリエット). 2020年7月9日閲覧。
  7. ^ 講談社編 2013, p. 158.
  8. ^ a b ジェイ 2017, p. 34.
  9. ^ 田中孝治 1995, p. 93.
  10. ^ a b c d e f g h i 田中孝治 1995, p. 193.
  11. ^ a b c d e f g h i j k 講談社編 2013, p. 159.
  12. ^ a b c d e ジェイ 2017, p. 13.
  13. ^ <このページは存在しません。> 国際連携で挑むタマネギゲノム解読‐経済的に重要な高等植物種の巨大なゲノムを読み解く (PDF) 山口大学(2021年8月20日)2021年9月17日閲覧 [リンク切れ]
  14. ^ ジェイ 2017, pp. 11–12.
  15. ^ ジェイ 2017, pp. 20–21.
  16. ^ ジェイ 2017, p. 23.
  17. ^ ジェイ 2017, p. 26.
  18. ^ ジェイ 2017, p. 39.
  19. ^ a b ジェイ 2017, p. 40.
  20. ^ ジェイ 2017, p. 47.
  21. ^ ジェイ 2017, pp. 47–49.
  22. ^ ジェイ 2017, pp. 51–52.
  23. ^ ジェイ 2017, p. 68.
  24. ^ ジェイ 2017, pp. 65–66.
  25. ^ ジェイ 2017, pp. 66–68.
  26. ^ ジェイ 2017, pp. 95–98.
  27. ^ ジェイ 2017, pp. 105–111.
  28. ^ ジェイ 2017, pp. 112–113.
  29. ^ ジェイ 2017, p. 120.
  30. ^ ジェイ 2017, p. 114.
  31. ^ ジェイ 2017, p. 116.
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 講談社編 2013, p. 161.
  33. ^ a b c d e f g 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 30.
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 主婦の友社編 2011, p. 57.
  35. ^ a b c d e f g 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 31.
  36. ^ a b c d e f g h 講談社編 2013, p. 160.
  37. ^ a b c d e ジェイ 2017, p. 135.
  38. ^ a b c ジェイ 2017, p. 136.
  39. ^ a b c d e 金子美登 2012, p. 124.
  40. ^ a b c 主婦の友社編 2011, p. 60.
  41. ^ a b c d e f 金子美登 2012, p. 126.
  42. ^ a b c 主婦の友社編 2011, p. 61.
  43. ^ a b c d e f g 金子美登 2012, p. 125.
  44. ^ 三澤知央、ネギ葉枯病の発生生態と防除に関する研究 北海道立総合研究機構農業試験場報告 = Report of Hokkaido Research Organization Agricultural Experiment Station (132), 1-90, 2012-10, NAID 120005332243
  45. ^ 世界のタマネギ 生産量 国別ランキング・推移”. グローバルノート. 2020年7月12日閲覧。
  46. ^ a b 玉ねぎ(玉葱,タマネギ,たまねぎ)”. アプレス. 2020年7月12日閲覧。
  47. ^ 玉ねぎのランキング”. 野菜情報サイト 野菜ナビ. Yasainavi.com. 2020年7月12日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g 主婦の友社編 2011, p. 56.
  49. ^ 十時亨『フランス料理の基本』新星出版社 2005年
  50. ^ Eric Block (2009). “Chapter 4. Chemistry in a sallad bowl: Allium chemistry and biochemistry”. Garlic and Other Alliums: The Lore and the Science. Cambridge: Royal Society of Chemistry. ISBN 978-0854041909  Google ブックス
  51. ^ ジェイ 2017, pp. 144–145.
  52. ^ 長谷川香料株式会社『香料の科学』講談社、2013年、93頁。ISBN 978-4-06-154379-9 
  53. ^ 塩谷茂信, 鈴木貴則, 坂野太研, 柳内延也「ケルセチン含有タマネギ外皮エキスの血小板凝集抑制作用」『日本食品科学工学会誌』第69巻第2号、日本食品科学工学会、2022年2月、45-53頁、CRID 1390009640045238016doi:10.3136/nskkk.69.45ISSN 1341-027X 
  54. ^ ジェイ 2017, p. 50.
  55. ^ a b ジェイ 2017, p. 70.
  56. ^ ジェイ 2017, p. 79.
  57. ^ ジェイ 2017, p. 82.
  58. ^ 【食べ物 新日本奇行 classic】ラーメンのネギは白か青か いや、タマネギだってある 日本経済新聞社NIKKEI STYLE(2017年4月1日)2018年12月18日閲覧
  59. ^ ジェイ 2017, p. 148.
  60. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  61. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版) (PDF)
  62. ^ 下橋淳子「褐変物質のDPPHラジカル消去能」『駒沢女子短期大学研究紀要』第37巻、駒沢女子短期大学、2004年3月、17-22頁、CRID 1390009224799178752doi:10.18998/00000638ISSN 02884844 
  63. ^ 明治大学農学部農芸化学科食品機能科学研究室 研究の概要
  64. ^ ジェイ 2017, p. 152.
  65. ^ 「健康食品」の安全性・有効性情報”. 国立健康・栄養研究所. 2021年7月7日閲覧。
  66. ^ 健康サポート通信 Vol.1 新玉ねぎ”. 一般財団法人 日本健康文化振興会. 2021年7月7日閲覧。
  67. ^ a b 飼い主のためのペットフード・ガイドライン (PDF) 環境省(2020年4月29日閲覧)
  68. ^ a b c ジェイ 2017, p. 73.
  69. ^ ジェイ 2017, p. 72.
  70. ^ ジェイ 2017, pp. 111–113.
  71. ^ ジェイ 2017, p. 154.
  72. ^ a b ジェイ 2017, p. 155.
  73. ^ たまちゃん | 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!”. 株式会社フジオ・プロダクション. 2023年2月1日閲覧。
  74. ^ 『たまねぎたまちゃん』作品紹介 | 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!”. 2023年2月1日閲覧。
  75. ^ ゆるキャラグランプリ公式サイト”. www.yurugp.jp. 2023年2月1日閲覧。






タマネギと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タマネギ」の関連用語

タマネギのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タマネギのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタマネギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS