志賀直哉 人物像・エピソード

志賀直哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 00:28 UTC 版)

人物像・エピソード

人物

無宗教家で家には神棚も仏壇も置かなかった。柳宗悦からもらった木喰の薬師如来像を持っていたが、信仰の対象ではなかった。また迷信や祟りも一切信じなかった。赤城山にいた頃、散歩の途中で道端にあった石地蔵を蹴り倒したことがあった。我孫子に移ってから慧子、直康の急逝、直哉も坐骨神経痛で寝込むなど不幸が続き、康子夫人が石地蔵を起こして供養してもらおうと提案した。だが直哉はいずれ体は良くなる、供養して良くなったと思い込むと家の中にずるずるべったり曖昧なものが入り込むと拒否した[90]

挨拶代わりに「失敬」をよく使った。これは「こんにちは」「いらっしゃい」「初めまして」「失礼します」「さようなら」まですべて含んだ直哉独特の挨拶だった。ただし家族には使わなかった[91]

直哉本人は乱暴な言葉を使うこともあったが、娘たちへの言葉遣いへのしつけは厳しかった[92]。戦後、世田谷新町の家に高橋信之助(「新しき村」会員)一家が居候していた時、五女の田鶴子が妻の知子と話して戻ってきたあと、「知子さんてほんとうに滑稽な方ね」と言ったところ直哉は激怒し「人の細君に対して滑稽な人という言い方は無いよ。失敬だ。すぐ行って謝ってこい。」と言われたため、田鶴子は知子の部屋に行き「大変に失礼なこと申しましてごめん遊ばせ」と謝った[93]

熱海の志賀直哉

写真家田村茂が直哉を撮影するため熱海の自宅へ訪問したことがあった。直哉の家の周りは農家だったので、家の中にもハエが飛び回っていた。しかし直哉は撮影中にハエが頭に止まっても気にすることはなく、平然と煙草を吸っていた。田村は直哉の頭にハエが止まった瞬間を「これだ」と思って撮影して出版した。田村によると、この写真は直哉の些細なことでは動じない性格をよく表しており、見る人に対して直哉の悠揚たる物腰を伝えたかったという[94]

趣味

中等科6年生の頃、歌舞伎に夢中になり歌舞伎座明治座に通った。日曜日の朝に人力車で内村鑑三の家に乗りつけ、車を待たせて講義を聞いたあと、また人力車に乗って芝居小屋に行き、人を雇って取らせた良い席で一日観劇を楽しんだ。車代は義母の浩が父親の直温に見つからぬようこっそり支払っていたという[95]

映画好きでもあった[96][97]。特に怪盗映画『ジゴマ』、シュトロハイムの大作『愚なる妻』、バレエ映画『赤い靴』は何度も見るほど好きだった[98]。お気に入りの女優はマレーネ・ディートリヒグレタ・ガルボ原節子京マチ子高峰秀子だった[99]。原節子との対談ではダニエル・ダリューが好きだと語っている[100]。また小津安二郎とは個人的に親交があったが、その戦後の映画はほとんど鑑賞していた[101]。小津作品を「非常に画面が美しい」と評価していた[102]。ただ、創作において直哉が映画から刺激や影響を受けることはなかったという[103]。奈良時代には瓦堂町にあった映画館中井座をたびたび訪れた記録を志賀日記に残している[104]

囲碁は打たなかったが将棋は指した。棋士加藤一二三によれば、筋違い角を好んだという。

柔道に一家言があったようで、1964年東京オリンピック柔道競技をテレビで観戦し、無差別級決勝で神永昭夫富士製鐵)がアントン・ヘーシンクオランダ)に敗れた際には「(神永君は)体力の差で勝てそうもないように思った。永岡さん[注 7]のような人だったらどうだっただろうか」というコメントを残している[105]

交友関係

学習院以来の友人である武者小路実篤、細川護立、柳宗悦、里見弴らの他、谷崎潤一郎、梅原龍三郎、安倍能成、和辻哲郎、安井曽太郎、谷川徹三、高田博厚、小林多喜二など多くの知識・文化人との交流があった。その動静は残された多くの日誌や書簡にみることができる。また、瀧井孝作、尾崎一雄、 広津和郎、網野菊、藤枝静男島村利正直井潔阿川弘之[106]らの作家が、直哉に師事し交流を持った(関連人物も参照のこと)。

引越し魔

談話『転居二十三回』によれば生涯23回引っ越しをしたという。実際、直哉は以下のように住む場所を頻繁に変えている[注 8]

居住開始年月 居住地
1883年02月 宮城県牡鹿郡石巻町
1885年02月 東京府東京市麹町区内幸町
1890年04月 東京府東京市芝区芝公園地
1897年07月 東京府東京市麻布区三河台町
1912年11月 広島県尾道市土堂町
1913年12月 東京府荏原郡大井町
1914年05月 島根県松江市
1914年09月 京都府京都市上京区南禅寺町
1915年01月 京都府京都市上京区一条御前通
1915年05月 神奈川県鎌倉郡鎌倉町
居住開始年月 居住地
1915年05月 群馬県勢多郡富士見村
1915年09月 千葉県東葛飾郡我孫子町
1923年03月 京都府京都市上京区粟田口三条坊町
1923年10月 京都府宇治郡山科村
1925年04月 奈良県奈良市幸町
1929年04月 奈良県奈良市高畑町
1938年04月 東京府東京市淀橋区諏訪町
1940年05月 東京府東京市世田谷区新町
1948年01月 静岡県熱海市稲村大洞台
1955年05月 東京都渋谷区常磐松町

フランス語国語論

1946年(昭和21年)、直哉は『改造』4月号に「国語問題」というエッセイを発表する。

直哉は40年近い文筆生活の中で、日本の国語が不完全であると痛感したとして「日本は思ひ切って世界中で一番いい言語、一番美しい言語をとって、その儘、国語に採用してはどうかと考へてゐる。それにはフランス語が最もいいのではないかと思ふ。」と提言する。直哉はフランス語を話せなかったが「文化の進んだ国であり、小説を読んでみても何か日本と通ずるものがあると思はれる」という根拠でフランス語を推した。日本語の文章においては随一の作家であると評価されていた直哉のこの意見に、読者は戸惑い議論となった。

直哉の門人である河盛好蔵辰野隆は「失言」ととらえており、他の門人たちも特に触れた文章を残していない。阿川弘之の調査によれば、エッセイ発表後、学者や文人が反論した文章はほとんど見つからないという。福田恆存土屋道雄による『國語問題論爭史』(1962年、新潮社)では、直哉のフランス語国語論は世間の注目を浴びたが、真面目に受け取られることなく流されてしまったと書いている。大野晋は若い頃から志賀直哉の作品を愛読しており、「小説の神様」が日本語を見捨てようとしたことに大変ショックを受けたが公に反論を書いてはいない。大野は『日本古典文学大系』の編集担当だった直哉の息子・直吉に直哉の発言の真意を問いただしたところ、直吉は、日本の文学が読まれない、わかってもらえないのは日本語が特殊なせいで、フランス語のような国際語で書かれていればという考えがあったのではないかと答えたという[107]

批判者の代表として丸谷才一[注 9]三島由紀夫[注 10]を挙げることができる。これに対して蓮實重彦は『反=日本語論』や『表層批評宣言』などにおいて直哉を擁護した。

戦後、直哉が閉口していたのは原稿を当用漢字現代仮名遣いに修正されることで「原文のまま載せてくれない新聞雑誌には書かぬことにする」(展望、1950年3月号)と宣言している[108]


注釈

  1. ^ 当時、田中正造が政府や議会に鉱毒問題を繰り返し訴えていたが、これに呼応し、東京キリスト教青年会会館などで田中を支援する演説会が度々開かれるようになり、主催者は鉱毒地の視察を呼びかけた。内村も演説会に登壇した(阿川、上 1997, p. 106-107)。
  2. ^ 発表は『金の船』1920年(大正9年)1月号。
  3. ^ 発表は『中央文学』1918年(大正7年)3月号。
  4. ^ 門下の阿川弘之は、これを処女作としている(阿川、下 1994, p.376)。
  5. ^ 妹英子への手紙で、以下のように不満を漏らしている。「戦争初めはそれ程でもなかつたが、段々不愉快になり、京都の師団団員で近所のものが大分とられ三十越した知つてゐる人などがとられ出すと、非常に重苦しくなり閉口した…『石原莞爾』といふ本を買つて来て少し読んだが、人生といふものが戦争だけのものであるといふ印象で甚だ不愉快だ、いやな世の中になつたものだ」(阿川、下 1994, p. 87)
  6. ^ シンガポール陥落に関しては谷崎潤一郎も『シンガポール陥落に際して』という文でそれを讃美していたが、その後の谷崎は『細雪』発禁によって戦争に非協力的な作家という印象が強くなった。同様に直哉もシンガポール陥落後はほとんど沈黙していたため、戦後の「鈴木貫太郎」などで展開した戦争批判も敗戦による変節を示すものとは言えない。
  7. ^ 横捨身技の名人と言われた柔道家の永岡秀一十段のこと。
  8. ^ 以下の表に加え、内幸町において新築の家に転居、松江において最初に住んだ家から別の家に転居、我孫子時代に一時東京四谷の九里四郎の家を借りてそこに転居している。これらの転居と最初の石巻町の家を含めると「転居二十三回」となる(貴田 2015, pp. 153–154)。
  9. ^ 丸谷才一はエッセイ「日本語への関心」(1974年刊行の『日本語のために』に収録)において、「志賀が日本語で書く代表的な文学者であつたといふ要素を考へに入れるとき、われわれは近代日本文学の貧しさと程度の低さに恥ぢ入りたい気持ちになる。(中略) 彼を悼む文章のなかでこのことに一言半句でも触れたもののあることをわたしは知らないが、人はあまりの悲惨に眼を覆ひたい一心で、志賀のこの醜態を論じないのだらう」と述べている。
  10. ^ 三島由紀夫は「日本への信条」(愛媛新聞 1967年1月1日に掲載)において、「私は、日本語を大切にする。これを失つたら、日本人は魂を失ふことになるのである。戦後、日本語をフランス語に変へよう、などと言つた文学者があつたとは、驚くにたへたことである」と述べている。
  11. ^ 作中では武者小路は「M」として登場している。

出典

  1. ^ 新潮アルバム11 1984, p. 4.
  2. ^ 新潮アルバム11 1984, p. 104.
  3. ^ a b 阿川弘之『志賀直哉 上』p.26、岩波書店、1994年
  4. ^ 「年譜」、『現代日本文学大系34 志賀直哉 集』p.461、筑摩書房、1968年
  5. ^ 新潮アルバム11 1984, p. 6.
  6. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.42、岩波書店、1994年
  7. ^ a b 「志賀直哉略年譜」、『暗夜行路 前篇』p.291、岩波文庫、2004年
  8. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.53、岩波書店、1994年
  9. ^ 「母の死と新しい母」(朱欒 1912年2月)。『小僧の神様・他十編』(岩波文庫、2002年)に所収
  10. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.77-78、岩波書店、1994年
  11. ^ a b 「歩く時この杖をつかうと志賀と一緒にいる気がする」(武者小路実篤)【漱石と明治人のことば212】」、『サライ』公式サイト、2017年7月31日。2018年2月1日閲覧
  12. ^ 「自転車」(新潮 1951年11月1日)、『ちくま日本文学021 志賀直哉』(ちくま文庫、2008年)に所収
  13. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.97、岩波書店、1994年
  14. ^ 「内村鑑三先生の憶い出」(婦人公論 1941年3月1日)。『志賀直哉随筆集』(岩波文庫、1995年)に所収
  15. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.90-91、岩波書店、1994年
  16. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.155-157、岩波書店、1994年
  17. ^ 生井知子. “志賀直哉年譜考(三)”. 同志社大学リポジトリ. 2020年10月4日閲覧。
  18. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.96-98、岩波書店、1994年
  19. ^ a b c d e f g h 「続創作余談」(改造 1938年6月1日)。『志賀直哉随筆集』(岩波文庫、1995年)に所収
  20. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.99、岩波書店、1994年
  21. ^ 新潮アルバム11 1984, p. 16.
  22. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.206、岩波書店、1994年
  23. ^ a b c 「年譜」、『現代日本文学大系34 志賀直哉 集』p.462、筑摩書房、1968年
  24. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.93、岩波書店、1994年
  25. ^ 栗林 2016, pp. 34–35.
  26. ^ 「愛読書回顧」(向日葵 1947年1月1日)、『志賀直哉随筆集』(岩波文庫、1995年)に所収
  27. ^ 新潮アルバム11 1984, p. 18.
  28. ^ a b c 新潮アルバム11 1984, p. 105.
  29. ^ 新潮アルバム11 1984, p. 17.
  30. ^ 貴田 2015, p. 156.
  31. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.161-162、岩波書店、1994年
  32. ^ a b c d 「志賀直哉略年譜」、『暗夜行路 前篇』p.292、岩波文庫、2004年
  33. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.181、岩波書店、1994年
  34. ^ a b c d 「創作余談」(改造 1938年6月1日)。『志賀直哉随筆集』(岩波文庫、1995年)に所収
  35. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.182、岩波書店、1994年
  36. ^ 貴田 2015, p. 164.
  37. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.183、岩波書店、1994年
  38. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.204-205、岩波書店、1994年
  39. ^ a b 「志賀直哉略年譜」、『暗夜行路 前篇』pp.292-293、岩波文庫、2004年
  40. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.212、岩波書店、1994年
  41. ^ 「志賀直哉を育てた女性たち」 第三回企画展記念講演会 第52回面白白樺倶楽部開催報告」、白樺文学館公式ホームページ、2018年1月4日閲覧
  42. ^ a b 志賀直哉について」 奈良学園セミナーハウス 志賀直哉旧居、2018年1月23日閲覧
  43. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.223、岩波書店、1994年
  44. ^ 新潮アルバム11 1984, p. 37.
  45. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.228-230、岩波書店、1994年
  46. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.234-235、岩波書店、1994年
  47. ^ 「志賀直哉略年譜」、『暗夜行路 前篇』p.293、岩波文庫、2004年
  48. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.271-272、岩波書店、1994年
  49. ^ a b c d e f 新潮アルバム11 1984, p. 106.
  50. ^ 栗林 2016, p. 64.
  51. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.283、岩波書店、1994年
  52. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.304、岩波書店、1994年
  53. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.337、岩波書店、1994年
  54. ^ 阿川、上 1997, p. 403-407.
  55. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』pp.362-363、岩波書店、1994年
  56. ^ 『座右宝』序(1926年6月)。『志賀直哉随筆集』(岩波文庫、1995年)に所収
  57. ^ 「年譜」、『現代日本文学大系34 志賀直哉 集』p.465、筑摩書房、1968年
  58. ^ 志賀直哉」 日本歴史巡り 大正時代、2018年1月19日閲覧
  59. ^ 阿川弘之「解説」、『暗夜行路 後篇』p.339、岩波文庫、2004年
  60. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.406、岩波書店、1994年
  61. ^ 阿川弘之『志賀直哉 上』p.416、岩波書店、1994年
  62. ^ 阿川、下 1997, pp. 100–103.
  63. ^ 阿川、下 1997, pp. 104–108.
  64. ^ 阿川、下 1997, p. 117.
  65. ^ 阿川、下 1997, pp. 119–120.
  66. ^ 阿川、下 1997, pp. 125–131.
  67. ^ 広津和郎『続・年月のあしおと』68・豪徳寺と世田谷新町(講談社)
  68. ^ 阿川弘之『志賀直哉 下』p.113、岩波書店、1994年
  69. ^ 中山昭彦、吉田司雄『機械=身体のポリティーク』pp.104-105、青弓社、2014年
  70. ^ 阿川弘之『志賀直哉 下』p.144、岩波書店、1994年
  71. ^ 阿川弘之『志賀直哉 下』pp.191-194、岩波書店、1994年
  72. ^ 阿川、下 1997, pp. 273–286.
  73. ^ 阿川弘之『志賀直哉 下』pp.329-330、岩波書店、1994年
  74. ^ 阿川弘之『志賀直哉 下』pp.336-341、岩波書店、1994年
  75. ^ 阿川、下 1997, p. 464-468.
  76. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』p.161、東京堂出版、1997年
  77. ^ 阿川、下 1997, pp. 505–506.
  78. ^ 阿川、下 1997, p. 516.
  79. ^ 阿川、下 1997, pp. 499–501.
  80. ^ 阿川、下 1997, pp. 522–528.
  81. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』p.108、原書房、2015年
  82. ^ 文庫・コレクション一覧”. 日本近代文学館. 2017年1月31日閲覧。
  83. ^ 志賀直哉の書簡など寄贈 約1万2千点が日本近代文学館に”. 産経ニュース (2016年3月4日). 2017年1月31日閲覧。
  84. ^ 阿川、下 1997, p. 531.
  85. ^ 高橋英夫「解説」、『志賀直哉随筆集』p.363、岩波文庫、1995年
  86. ^ 芥川龍之介「文芸的な、余りに文芸的な」(改造 1927年4月号-8月号)。『侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な』(岩波文庫、2003年)に所収
  87. ^ 菊池寛「志賀直哉氏の作品」『文芸往来』pp.151-159、アルス、1920年
  88. ^ 紅野敏郎「解説」、『小僧の神様・他十篇』p.226、岩波文庫、2002年
  89. ^ 加賀乙彦「一枚の写真―遠い遠い親戚」(新潮アルバム11 1984, pp. 100–101)
  90. ^ 阿川、上 1997, pp. 356–360.
  91. ^ 阿川、上 1997, pp. 370–371.
  92. ^ 阿川、上 1997, p. 87.
  93. ^ 阿川、上 1997, pp. 303–304.
  94. ^ 田村茂 『田村茂の写真人生』(初版)新日本出版社、1986年、116-117頁。ISBN 4406013695 
  95. ^ 阿川、上 1997, p. 113.
  96. ^ 阿川弘之『志賀直哉 下』p.299、岩波書店、1994年
  97. ^ 貴田 2015, p. 3.
  98. ^ 貴田 2015, p. 115.
  99. ^ 貴田 2015, p. 273.
  100. ^ 貴田 2015, p. 360.
  101. ^ 貴田 2015, p. 395.
  102. ^ 貴田 2015, p. 416.
  103. ^ 阿川弘之『志賀直哉 下』p.308、岩波書店、1994年
  104. ^ 奈良いまは昔, p. 167-168.
  105. ^ 村田直樹. “柔道の国際化”. 日本武道館. 2019年7月14日閲覧。
  106. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 15頁。
  107. ^ 阿川、下 1997, pp. 196–204.
  108. ^ 阿川、下 1997, pp. 216–218.
  109. ^ 阿川、上 1997, p. 180-185.
  110. ^ a b c d e f g 志賀直哉『和解』を読む第62回面白白樺倶楽部開催報告白樺文学館、2006
  111. ^ 阿川、上 1997, p. 315-316.
  112. ^ 阿川、上 1997, p. 77.
  113. ^ a b 志賀直哉年譜考 (一)明治十五年まで生井知子、同志社女子大学日本語日本文学 巻18、2006-06-30
  114. ^ 阿川、上 1997, pp. 121‐130.
  115. ^ 阿川、上 1997, pp. 35‐37.
  116. ^ 阿川、上 1997, pp. 63–67.
  117. ^ 阿川、上 1997, p. 69.
  118. ^ 阿川、上 1997, p. 67.
  119. ^ 阿川、上 1997, p. 319.
  120. ^ 阿川、上 1997, p. 482.
  121. ^ 阿川、上 1997, p. 503.
  122. ^ 阿川、上 1997, pp. 490–508.
  123. ^ 阿川、下 1997, p. 112-114.
  124. ^ 阿川、上 1997, p. 234.
  125. ^ 阿川、上 1997, p. 233.
  126. ^ 阿川、上 1997, pp. 258–259.
  127. ^ 阿川、上 1997, p. 214.
  128. ^ 阿川、上 1997, pp. 277–281.
  129. ^ 沿革国立音楽大学
  130. ^ 阿川、上 1997, pp. 281–285.
  131. ^ 池田小菊関連書簡 (PDF) 弦巻克・二吉川仁子、奈良女子大学『叙説』33号, 2006
  132. ^ 阿川、上 1997, p. 285.
  133. ^ 阿川、上 1997, pp. 286–289.
  134. ^ a b 阿川、上 1997, pp. 289–294.
  135. ^ 【おくやみ】志賀直吉さん 作家志賀直哉の子息”. 東京新聞 (2019年6月11日). 2019年6月11日閲覧。
  136. ^ 阿川、上 1997, pp. 300–305.
  137. ^ 阿川、上 1997, pp. 305–312.
  138. ^ 『和解』(1917年10月)。『和解』(新潮文庫、1991年)に所収
  139. ^ 「書籍と風景と色と?」『時事新報』大正2年7月7日
  140. ^ 「文壇のこのごろ」『大阪朝日新聞』大正4年10月11日
  141. ^ a b 長尾剛『漱石山脈 現代日本の礎を築いた「師弟愛」』 (朝日新聞出版、2018年)
  142. ^ 細川書店版「網走まで」あとがき。昭和22年7月
  143. ^ 阿川、上 1997, p. 350.
  144. ^ 「沓掛にて―芥川君のこと―」(中央公論 1927年9月1日)。『志賀直哉随筆集』(岩波文庫、1995年)に所収
  145. ^ 貴田 2015, pp. 445–446.
  146. ^ 貴田 2015, pp. 374–377.
  147. ^ 貴田 2015, p. 381.
  148. ^ 阿川弘之『志賀直哉 下』p.221、岩波書店、1994年
  149. ^ 阿川弘之『志賀直哉 下』p.375、岩波書店、1994年
  150. ^ 阿川、上 1997, pp. 516–517.
  151. ^ 阿川、上 1997, p. 468-471.
  152. ^ 年譜”. 有限会社ゆとり・多喜二ライブラリー. 2018年1月22日閲覧。
  153. ^ 津軽青空文庫、2018年2月8日閲覧。
  154. ^ 阿川、上 1997, p. 85-86.
  155. ^ 「太宰治の死」(文芸 1948年10月1日)。『志賀直哉随筆集』(岩波文庫、1995年)に所収
  156. ^ 阿川、下 1997, p. 181-187.
  157. ^ 阿川、下 1997, p. 254.






志賀直哉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

志賀直哉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



志賀直哉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの志賀直哉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS