小室ファミリー 小室ファミリーの概要

小室ファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/13 06:53 UTC 版)

1999年10月20日内閣総理大臣官邸にて内閣総理大臣小渕恵三(右)と
2000年7月11日、小室哲哉(左)とファミリーの1人である安室奈美恵(右)(内閣総理大臣官邸にて。中央は内閣総理大臣森喜朗

概要

ファミリー入りするための定義はないが、小室プロデュースの曲が代表曲になると、たとえ1曲の提供であってもファミリーだと世間的に認知されることが多い。また、小室の右腕とされる久保こーじのプロデュースも含まれ、小室ファミリーと定義される歌手は100組を軽く超えるとされる。

ただし篠原涼子TPD時代を含む)やtrfをはじめ、小室がプロデュースするのはおおむね2年から3年程度であり、globeのように10年も続くというのは稀有である。これは契約期間が最初から定まっているためであり、「いずれは小室の手から離れてアーティストを送り出す」という意味合いもある(「#衰退期」の項も参照)。

またビーイング所属アーティスト同様、dosやTrue Kiss Destinationなど、解散宣言が出されないまま自然消滅したグループもある。

1980年代に世界的人気を誇る歌手を多数輩出した、ストック・エイトキン・ウォーターマン(以下、SAW)のプロデュース手法を参考にしている。実際に、1988年に小室自身が海外でSAWと共同作業を行った経験があり、日本と海外の音楽市場の間の絶望的なまでの格差を思い知らされると共に、スタジオ・ワークの面白さにも目覚めている。

小室ブーム

1994年から1997年の3年弱、小室哲哉のプロデュース楽曲がオリコンチャートの上位を埋め尽くす現象が発生した。メディアはこれを小室ブームと評した。

初期

1991年頃、松浦勝人と対面した際に松浦からTMの楽曲をユーロビート調にアレンジしたリミックスアルバム「TMN SONG MEETS DISCO STYLE」の企画を持ちかけられた時に「TMの作品が初回プレスは売り切っても、バックオーダーが発生しないから楽曲がファン以外に広がらず、カラオケでもディスコでも渡辺美里さんの曲しかかからない」という危惧・諦めからTMの固定ファンを「15万個の消しゴム」と例えるようになり、当時新興で軌道に乗り始めていたエイベックスからの誘いには最初は及び腰だった。だが松浦の「だったらTMの楽曲がかからないような所をターゲットにすればいいじゃないですか。絶対格好悪くならないようにしますから」「ヨーロッパでは一つの音で、ダンスフロアがぶわっと盛り上がる。そういう作り方の音楽も面白いですよ」と勧められたこともあり、1992年から自分のベースの一つであるダンス・ミュージックが「どうしたらそのジャンルが大好きな固定ファンから不特定多数の大衆に広がるか」をDJとして全国を回り音色・出演メンバーに対する若者の反応を確かめ、オーディションの審査員を務め、地道にスタジオで作曲活動をする等の試行錯誤をしていた[1][2][3][4]。ダンス・ミュージックを主軸に専念した理由として、「カラオケとディスコが流行りだしていて、ディスコの後にカラオケに行く人が多かった。でも、歌う曲はサザンオールスターズ松任谷由実さん・ZARDのような熱唱しなければいけない型ばかりで、ただタンバリンを持ってメロディに合わせて踊るだけでは無理がある曲が多かった。だから、歌うか・踊るかどちらに行っても楽しめる曲がもっとあってもいい。僕から見るとそこがマーケットとしての空白だった」と語っている[5]。しかし、1970年代 - 1980年代のシンセサイザーだとどうしても難しいプログラミングができないため、やむを得ず「メロディーとリズムが戻ってくる」パターンを作って繰り返さなければならず「流れが流暢でドラマチックで起承転結のある日本の歌謡曲」「尾崎豊さんのような涙・汗・エモーショナルな楽曲が名曲」と若者に受け入れられていた世間に対して、どうやったら反復が多くて無機質なダンス・ミュージックにロック・ミュージックに対抗できるパワーを持たせるか、音楽業界に入り込むかを考えていた[6]

しかし、小室がavex traxとライセンス契約を結んだ際、EPIC内では「他社のアーティストをプロデュースするなんて契約違反だ!」「法的には何の問題もないが義理としてはどうか」「EPICはロックのレーベルなのに、ダンスなんて軽薄だ」と議論が巻き起こった。これは当時の音楽業界では「音楽プロデューサーはレコード会社の社員・元アーティストの専属契約」であることが多かったためといわれる。その問題に対応するためにtrfデビューの際、TMのメンバー・ソロミュージシャンとしての契約は引き続きEPICと結びながら、音楽プロデューサーとしてはフリーランスであるために、個人事務所「OPERA GIG(後にTK stateに改名)」を設立し、小室は音楽に関する全てのコンセプトを立てた。それをスムーズに実行させるために、丸山茂雄は「アーティスト主導・レパートリーの管理に特化した芸能事務所」をコンセプトに「アンティノス・マネジメント(後のブルーワンミュージック→現ソニー・ミュージックアーティスツ)」を設立、小室は第一号契約者となった[注釈 1][8]。それと同時に丸山が小室の個人事務所とフリー契約を結び、avexとの橋渡し役を務めた[9][10]。形態として「avexに小室を貸している」[11]「演奏権は確かにEPIC側が持っているが、打ち込まれたデータの再生は演奏ではない」[10]と丸山が体裁を保障することで契約問題を乗り越え、その見返りとして本来小室に支払われる活動収入・印税の内「原盤権で生じる印税」「実演家としてのアーティスト印税」を丸山が[10]、「エイベックスとの仕事で生じた小室の収入の数%」をEPICが頂く[11]形をとり[注釈 2]、「作詞・作曲・編曲・プロデュースを中心とした売上中1~5%の著作権印税」[13][14]「音楽プロデューサーとしての活動で生じる収入」[注釈 3]「テレビ・イベント等への出演料」[12]は小室の取り分になった。

1993年に音楽プロデューサーに徹する決意を周囲に表明する。東京・のオフィスビルのフロアを借り切り、個人用のスタジオを3軒建て、ミキシング専任のスタッフをロサンゼルスとロンドンに抱え、配送スタッフを週2日定期的に行き来させる等、いつ誰とでも楽曲制作ができて、スムーズに海を越える態勢を整え[16]、「1993年はスタジオで音作りに明け暮れた」と述懐する程に、楽曲のストックを増やす制作活動に徹した[17][注釈 4]。その時の目標となったのが、ジ・オーブの作品群・活動スタイルであり[注釈 5]、「TM・trfに共通する僕のすごくポップな部分が生まれる切っ掛けになった」と話している[20]。その時の状況を「世の中は既に仕事を分担してシステム化していくのに、全てを自分一人で決めていくなんて時代に逆行しているのではないか、やっていることは家内制手工業と同じだ」と迷いを見せたが[21]、反面作詞・作曲・編曲の内、小室の担当する作業がどれか1つだけだと制作に行き詰まり、敢えて3つ兼ねれば「メロディとコード進行が同じでも、音色と作詞次第で全く別の曲にできる」「作詞に行き詰ったときにコード進行をマイナーからメジャーにすることで全然違うイメージにする」「アレンジをダンスミュージックからロックに簡単に様変わりできる」等仕事の組み合わせが3つ以上あった方がかえって仕事がやりやすいことに気付き、「大量のアイディアのライブラリーになるし、アーティストのキャラクターの色分けにもつながる」と語っている[22]

そうした要領で創作活動を行いながら企画書を練っていく内に、「TMでできることはもうないんじゃないか」「女性ボーカリストのための曲をプロデュース・ワーク的な部分で作りたい」とその内容は小室を含むTMの3人では到底収めることができるものではなくなってしまったために1994年、TMの活動停止を決意する。その際のキーワードとして「解散」ではなく「終了」を全面的に押し出したのはその間際になってもなおTMの次のイメージと可能性[注釈 6]を見つけた自分に気付き、それを尊重するために「飽くまで第1期プロジェクト終了」「ニュース・ドキュメンタリー・モニュメントとしての『終了』という言葉のプロデュース」[25] というコンセプトから来たものである。小室が後に「どう聞いてもわがまま」と振り返るほどの申し出を受け入れてくれた宇都宮・木根には感謝の意を示している[26]

全盛期

1994年TMN終了前後から、観月ありさ篠原涼子trfhitomi内田有紀H Jungle with tdosglobe華原朋美安室奈美恵など、多数の作詞、作曲、編曲と音楽プロデュースを兼任して行った。1994年から1999年の間に数々のミリオンセラーヒット曲を打ち立て、各メディアにおいて「小室ファミリー」、「小室サウンド」、「小室系」といった名称でカテゴライズされる、自身の少年時代からの夢だった小室ブームという社会現象を起こした。ソニー・ミュージックエンタテインメント丸山茂雄が小室のプロデューサー活動を支援するためにアンティノスレコードを設立し、マネジメント業務もアンティノス・マネジメント(後のブルーワンミュージック→現ソニー・ミュージックアーティスツ)とエージェント契約を結んだ[27][15]

作詞家・作曲家としての小室は音楽出版社「アンティノス・ミュージック」と専属契約を結んだ。例えば、エイベックスに所属するTRFのプロジェクトに小室がプロデューサー・作詞家・作曲家として参加すれば、プロデューサー料はマネジメント会社「アンティノス・マネジメント」に入り、著作権印税は原則的に「アンティノス・ミュージック」を経由して、「アンティノス・マネジメント」に入っていった[15]

その後、trfの「EZ DO DANCE」(最高位15位)「寒い夜だから…」(初登場16位、最高位8位、当初はノンタイアップ)などがロングヒットし、中森明菜の「愛撫」がアルバム曲ながら注目を集めたのを規にプロデュース業を本格化。東京パフォーマンスドール篠原涼子が「篠原涼子 with t.komuro」名義で出した「恋しさと せつなさと 心強さと」が、初登場27位からチャート1位まで上昇し、大谷健吾が原宿を中心に人気を集め(オリコン「The Ichiban」などのアンケートで上位に入った)、ここからプロデューサーとしての小室哲哉に注目が集まった。trfは「survival dAnce 〜no no cry more〜」「BOY MEETS GIRL」「CRAZY GONNA CRAZY」など5作品連続でミリオンセラーを記録、ダウンタウン浜田雅功に「H jungle with t」名義で提供した「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」が予言通りダブルミリオンを獲得したことでプロデューサーとしての地位を確固たるものにした(→小室哲哉提供楽曲一覧参照)。

プロデュース手法の構築においては1980年代に、打ち込みによるダンス・ミュージックを基軸として世界的大ヒット曲を量産したストック・エイトキン・ウォーターマン・レコード会社をチェーンストアと考え、市場の要求とカラオケに通うファンのニーズに応えたソフトを自ら製造していく姿勢に対して「サウンドプロデューサーとして同じ志とノウハウ・戦略を持っている」と感じ取り、同時に「数字とクオリティに負けたくない」と悔しさをもらしたビーイング長戸大幸のプロデュース手法[注釈 7]スティーヴン・スピルバーグの制作現場マネジメントの手法[注釈 8]を参考にしたとされる。実際に、小室本人がJ-POP向けにプロデュースした楽曲は、打ち込みによるダンス・ミュージックを基軸とした明確なサビのある歌モノであり、音楽に詳しくない一般層に対しても分かりやすいという特徴を持っていた[27][15][31]。松浦は「ぱっと聴いて、すぐ耳に残る分かりやすいフレーズ」を優先して作るように指示し[4]、その延長線上でミュージシャン・エンジニアとして様々な実験的演出を行った[32]

1994年から、EUROGROOVEという多国籍メンバーによるユニットを結成して海外進出を図った。小室ブームを迎え、日本の音楽が世界に通用しない現実を覆す試みとして開始されたが、日本国内で絶大なブームを迎えた小室本人の多忙により1996年に終了している。

1995年から4年連続でプロデュースした曲が日本レコード大賞を受賞[33]。この頃から「提供する歌手本人に一度も会わないこともある、音にこだわればそれでいい、その場限りの関係の単純な楽曲のオファー」より「まずテレビ番組とのタイアップがあって、それに向けた楽曲のプロデュースをして欲しい。部分的に見て頂いても構わないし[注釈 9]、最初から最後まで見てくれてもいい。アーティスト・発売先・音色・曲順・タイトルもお任せしますので好きにして構いません。レコーディングの予算・ジャケット写真・PV・ポスター・宣伝素材・キャッチコピーと取材を行う雑誌と放送等のメディアもプランの段階からコストを管理して、版下チェックして下さい。ライブの内容やスケジュールも監修してください。製作費まで全部お預けします」といった全権委任のオファーが殺到するようになり[13][29][17][36][37][38]、アーティストとしてステージに立ち、プロデューサーとしてレコード会社のマーケティング会議からCDショップでのセールスプロモーションまで時間の許す限りどんな場所にも顔を出し[39]、「相手のオファーの内容が分かりにくくなる」という理由から第三者を通してのやり取りはしないで代理店のスタッフを同伴してテレビ局・スポンサーに対して直接ディスカッション・売り込みを行い、要求を呑みつつも「作り手が直に交渉している」という事実を突きつける形で念押しし、出来上がった作品に対してスポンサーが断れないように持って行った[13][40]。小室が一番神経を使ったのが出稿量であり、「自分にくれるお金があるなら、その分スポットCMの本数を増やしてほしい」との思いから、テレビCMに提供した楽曲の著作権使用料は一切受け取らなかった[41]。このことから、楽曲提供のみに留まらずエンジニアリングからA&R業務までのプロジェクト全体を統括するプロデューサーとして業界内でも期待を集めた。

1996年の1月から2月にかけて、スキャンダル報道が過熱し、複数のレコード会社の利害が錯綜した創作活動、複数の営業窓口が発生したCM等のタイアップ活動、マスコミ対策等、小室・丸山が対応できる範疇を超えてしまい、仕事量の膨大さと対処の煩雑さから、アンティノス・マネジメント独自のA&Rシステムは事実上崩壊する。それをカバーし、楽曲製作以外の部分を肩代わりする存在の出現が望まれ(1994,オリコン年鑑など)、マネジメント業務をエイベックス子会社のプライム・ディレクション(現:エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ)とバーニングパブリッシャーズなどバーニンググループによる集団管理体制が次第に構築された事務所「TKルーム」が新設、完全に移管される。これに伴い、この時期以降の安室奈美恵を除くほとんどの小室作品は、バーニングパブリシャーズが音楽出版上の原盤権を所有している[注釈 10]。音楽業界以外の芸能界にも精通した小回りの効くスタッフが集められて、松浦をリーダーとするチーム体制での新しいマネジメントシステムがスタートし[42]、同時期に制作・生活拠点をロサンゼルスに移した[43]

この時点で、「タイアップが決まらないと曲を書かない」と公言する程[6] のタイアップありきのプロデュース手法に対して表立った批判が目立ちだしたが小室は「まずスポンサーに気に入られて、初めて僕の曲になるんです」[44]「プロのミュージシャンは売れることで、やっと自分の好きな音楽ができるようになる。自分の好きな音楽よりも、売れる音楽を優先して作らないと駄目」[15]「聴いてもらえないということは『ポピュラー』の根幹に関わる。『大衆に迎合しすぎる』とか、『売ることばかりを考えている』との批判を聞くが、これは大衆音楽なのに」[41] と割り切った意見を述べた。

Mr.Childrenなどのプロデューサーとして知られる小林武史とイニシャルが同じことから「TK時代」「ダブルTK」「哲武ミリオン時代」と呼ばれた[45][46]。小室は「仕事の仕方は鏡に映る自分を見るようで、そっくりです。ただ小林さんは男性ボーカル・ロック・バンド系をプロデュースする。僕は女性ボーカル・ダンス・打ち込み系をプロデュースと対極にあるんです。この二つが互いに刺激し合ったおかげで、お互いにミリオンヒットが生まれたんだと思います」と語っている[45]

1996年4月15日にはオリコンシングルチャートにおいてプロデュース曲がトップ5を独占した[33]。1996年はglobeのアルバム「globe」が当時のオリコン記録を更新し、歴代1位となる売り上げ400万枚以上を記録。安室奈美恵のアルバムも330万枚を超え、華原朋美のアルバムも250万枚を超えるなど、この年だけでプロデュース曲の総売上枚数は1,500万枚以上を記録した[47]。さらに1996年から2年連続で高額納税者番付において全国4位を記録、1997年の納税額は11億7000万円で推定所得は約23億円だった[47]。1996年末には海外進出を狙いルパート・マードックと組み、100万ドルを出資して香港に合弁会社TK NEWS(後のRojam Entertainment)を設立した[47]

1997年、スピード2のテーマ曲のリミックスを手掛ける等の世界展開を行った[47]。8月にマネジメント業務をプライム・ディレクションからアンティノス・マネジメントへ戻し、活動拠点をアジアに定めた。「インターネットを駆使しての他所との円滑なスタジオワークのやり取り・近況報告」「アジアのマーケットの新たな開拓と米国への浸透」「米国のサウンドをアジアに持ち込み、『米国のサウンドと比べてアジアのサウンドはどうなのか?』というリサーチの繰り返しによる、アジアのサウンドの水準の維持・向上」を目的にしていた[43][48][49] が、後に「技術革新のスピードを読み違えてしまい、日本・ヨーロッパ・アメリカ・香港等、国毎にデータ転送の速度や通信環境などに格段の差があり過ぎて、すれ違いが起こってしまった」「『自分が今まで築き上げたブランドと成績を求められている』と過大評価していて、現地のリスナーやシンガーと密着して共に音楽の質を育てていく活動を意識していなかった」[50][51]「ただ日本での企画に関する喧騒からスタジオに逃げたかっただけだった」[52][53] と語っている。

この体制のもとで1995年には自身がリーダーを務めるglobeがデビューし、恋人だった華原朋美やユーロビートのカバーでブレイク寸前だった安室奈美恵などのプロデュースで大成功を収め、1996年にはオリコン週間チャート上位5作品を小室作品が独占、1995年から1998年にかけては4年連続で日本レコード大賞を提供曲が受賞するなど、いわゆる小室ファミリーによる小室サウンドが大量生産されていった。電通内に小室哲哉チームが作られ、コンサートの冠スポンサー、ウェブサイト「TK Gateway」との連携など単なるタイアップ曲の枠を越えて重層的なメディアミックスが仕掛けられた。この時代にプロデュースを受けたアーティストが小室ファミリーに分類されることが多い。その一方で、同時期に華原朋美は予想外のブレイクによりアイドル歌謡曲指向への転換を余儀なくされ、リミックスアルバムが発売中止となり、H.A.N.D.は1年余りでプロデュースが終わり、海外向けプロジェクトEUROGROOVEも終了した。

1995年から1999年までは『ASAYAN』などで小室名義のオーディションが数回企画されたり、TVCMやテレビアニメ主題歌とのタイアップを付けて有望新人を小室プロデュースでデビューさせることが流行った。しかし、鈴木あみ以外思うような売上が出ず、皮肉にも同じファミリーメンバーでの競争も起こった[注釈 11]。このような形態でデビューし、現在も活動している歌手は非常に少ない。

なおこのブームに乗って、小室哲哉と親交がある嘉門達夫(嘉門達夫もイニシャルはT.Kである)は、小室哲哉プロデュース作品の替え唄を集めた「TK替え唄メドレー」を2作リリースしている。嘉門は替え歌メドレーを発表するときは、原曲の著作権者(作曲者・作詞者・歌唱者)の許可を得てからリリースしているが、小室哲哉は非常に協力的だったといわれる。

TK presents こねっと

1997年1月1日には、プロデュースしてきた歌手などに声をかけ「TK presents こねっと」として『YOU ARE THE ONE』をリリース。「こねっと」とは「小室ネットワーク」ではなく「子供ネットワーク」からきており、小学校中学校インターネットを普及させようとする小室独自のプロジェクトの名称である。

衰退期

1997年前半まではミリオンセラーを連発していたが、この頃から既存の小室ファミリー向け楽曲の曲調がポップテイストからエレクトロへ変化している点(特に安室奈美恵の楽曲が顕著)、同年夏に小室とエイベックスの関係性の急速な悪化により松浦勝人と絶縁した影響で[54][55]globeが一時活動停滞したことや、翌年1998年にはTRFhitomiらのプロデュースが無くなり、小室ブーム全盛期の中心にいた安室奈美恵は出産のため休業し、ミリオンセラーを叩き出した華原朋美も小室との恋愛関係の清算による離脱をしたこと等、複合的要因で小室ファミリーの規模が縮小。同時期に新たな音楽性をもつJ-POPアーティスト(R&B本格シンガーとして登場したMISIA、バンドブームを牽引したGLAYL'Arc〜en〜Ciel、若年層のアイドルブームを牽引したSPEED、エイベックス内で脱小室派閥が進んで勢いをつけたEvery Little Thingなど)が台頭し始め、小室ブームの勢いは少しずつ落ちていく。エイベックスと絶縁後はTM NETWORK時代の古巣であるソニーと専属プロデューサー契約を結び、マネジメントも委託。さらに、数十億円を報酬金(印税)の前受金として受け取る。

1996年以降、小室以外のプロデューサー(avex創業メンバーや伊秩弘将など)やA&Rの台頭により、小室ファミリー以外の歌手(主にグループ)によるミリオンセールスのCDが増え始めた。これと反比例するように1999年頃から小室楽曲の作風がアンダーグラウンドに変化し、小室プロデュース作品の勢力は衰え始めていくことになる。

以降、小室のマネジメントが迷走し、同年4月の華原「Hate tell a lie」を最後にミリオンセラーがなくなるなどブームは急速に失速していく。この年は2月の安室「CAN YOU CELEBRATE?」が年間シングルランキング1位、3月のglobe「FACES PLACES」が年間アルバムランキング3位を獲得したものの、夏以降はglobeの活動が停滞する。翌1998年には安室が産休に入り、アルバムではglobe・安室・華原のアルバムがミリオンセラーを記録するものの、シングルでは小室作品がTOP30にランクインしないなどその失速は急激なものであり、同年globe第40回日本レコード大賞を受賞したのを最後に、一連の賞レースから遠のくこととなった[注釈 12]

一方で小室ファミリーの契約期間終了などによる、自身の所属するglobeを除き、所属していた歌手の小室プロデュースからの撤退・独立が相次いだ。

1998年にはtohko鈴木あみ未来玲可をプロデュースしたものの、1996年前後の小室ブーム全盛期と比べて勢いは劣っていた。

翌1999年以降は明確なサビを持たせた楽曲展開をやめ、globeTRUE KiSS DESTiNATiONらを使って小室本人が次世代のダンス・ミュージックとして注目していた、トランスなどを日本のJ-POPに導入しようと試みたが、時代の先取りであった為、一般には受け入れられなかった。しかし、そこですでに最新の音楽を日本に取り入れていたのは、ある意味での功績とも言える。また、更なる世代交代で新しいアーティスト(若干15歳ながら数々の金字塔を打ち立てた宇多田ヒカル、エイベックスの脱小室派閥による戦略で女子高生を中心にブレイクした浜崎あゆみ、鈴木あみと同じオーディション番組ASAYANからデビューし、つんく♂のプロデュースでブレイクしたモーニング娘。、自称新宿系を称し独自の世界観で魅了したシンガーソングライター椎名林檎など)のCDがヒットチャートの中心となり、小室プロデュースのCD売り上げは落ち、それ以後はglobe関係の活動がほぼ小室のウエイトを占めるようになった。

そしてこの頃から、小室自身が日本の音楽シーンの中心からやや離れたプログレトランスに傾倒し、ミリオンセラーに届くヒット曲を出さなくなった。

CD不況に突入するゼロ年代に向け、CDバブル崩壊の1998年から2000年にかけて小室ブームの縮小は下記の影響を受けた。

これらの影響が一気に押し寄せたことに加え[注釈 18]、2000年に小室系として唯一ミリオンセラーを達成していた鈴木あみが「Reality/Dancin' in Hip-Hop」を最後に歌手活動停止状態に陥り[注釈 19]、安室も2001年にはセルフプロデュースに移行し、小室ブームは事実上終焉した。

上記のアーティスト・バンドの台頭には「価値観と感覚の相違・引退を意識させられた」程の衝撃を受け、「今とは違った形のプロデューサーにならなければ」「作りたいときに作れて、鍵盤を弾けるときに弾ける作曲家に戻りたい」と自分の将来の立ち位置に悩んでいた[61]

小室ブームが終焉に差し掛かった2000年3月に、1993年以降の小室プロデュースによる楽曲CDの累計発売枚数が3000万枚を突破したことを記念して、avex traxから当時の小室ファミリーの集大成として3枚組のコンピレーション・アルバムARIGATO 30 MILLION COPIES -BEST OF TK WORKS』(ASIN B00005ECC5) が発売された。

この頃になると「売れなくてもいい」「売れるに越したことはないけど、この時代にどれだけ人の心に届くかを重視している」[62]小澤征爾さんの作品の大ヒットを見て、メガヒットに頼らないセレクトショップのような音楽を目指したいと思った」[63] と心境の変化を語った。長年小室のマネージャーを務めた丸山茂雄も「権限を与えすぎたことは大きな誤りだった。小室さんとアーティストには音作り・楽曲選び・歌に専念させるべきだったのに、アーティストの選定、テレビCM・ドラマ・映画等の出演先のマネジメントまで一切を任せてしまった。その範囲にまで2人で『どれを選ぶか』を悩んでいると立ち止まってしまう。映像部門専門のマネージャーを別に用意すべきだった。実際に初期の鈴木あみはその辺を全く別の事務所が担当して上手くいっていたのに、それ以降のほとんどの活動に小室さんがマネージャーとして首を突っ込ませたのはいけなかった」と後悔と反省を多分に含んだコメントを出している[64]

その後

小室は2001年1月にソニー・ミュージックエンタテインメントとの専属プロデューサー契約を解除し、前受報酬(印税)18億円の返還を求められることになり、この返済と自身の浪費のために借金を重ねることになる。

そして2008年に小室は詐欺事件が原因で逮捕、活動停止状態に陥るが、皮肉にも同時期から小室の楽曲が再び注目されるようになる。その後、2010年に小室は活動を再開し新曲を発表する一方、小室ファミリー出身者のメディア登場も再び活性化する。

近年は小室自身に加え、ファミリー出身者では特に華原朋美とTRFメンバーのメディア登場が活発化しており、小室ファミリー時代の楽曲について取り上げられる機会が増えている。

2008年11月時点で発表された小室がそれぞれ作詞作曲編曲プロデュースを手掛けた楽曲の総売上枚数は1億7000万枚以上であり、これは日本の音楽家では歴代1位の記録である(作詞家では歴代4位・作曲家では歴代2位)。

2011年には、ファミリーとして自身が務めていたユニット・globeのボーカルで妻のKEIKOがクモ膜下出血によって一命は取りとめたものの、呂律や後遺症を患ってしまったため、現在ではリハビリなどを両立しながら自宅にて療養中である。実質的に小室とマーク・パンサーのみでの活動として専念をしている。そのため、大型音楽番組での出演の際には、他アーティストとセッションをする試みとなっている。KEIKOに関しては、同ユニットがデビュー20周年を記念したイベントの際に、ごく僅かながら音声のみでの出演を果たした(事前に小室自身のスマートフォンで通話をした際に録音されたものである)。

ブーム終焉後でも、フジテレビFNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』、日本テレビTHE MUSIC DAY』、TBS音楽の日』、テレビ朝日ミュージックステーションウルトラFES』、テレビ東京テレ東音楽祭』などの各テレビ局の大型音楽番組や「小室ファミリー」「小室ブーム」を特集で扱う番組に、小室が中心となって小室ファミリーが集結して定期的に出演してヒット曲のメドレーを披露している。

2021年に小室とKEIKOの離婚が成立。この際財産分与が争点となり、小室は現在も印税による粗利益が年に1億円あるとされており、経費や税金を差し引いても手取りで数千万の収入があると報道された[65]

主なファミリーメンバー

香港のファミリー

※順不同。単発および、現在は別プロデュースのミュージシャン歌手も含む。


注釈

  1. ^ 小室と同時にプロデューサー契約を締結した同期生として、CMJK久保こーじ・松原憲がいた[7]
  2. ^ 小室が所属する音楽プロダクション・音楽出版社と共同で権利を保有する場合もあり、小室にも原盤権から生じる印税が入る契約が結ばれるケースもあった[12]
  3. ^ 「著作権印税のみを基にした計算」の場合と「広告費の原価・広告代理店の手数料や制作にかかる全ての費用を合算した金額」が反映される契約が成される場合があった[15]
  4. ^ 主に春夏秋冬通してスタジオでTRFに向けた音色作りを活動の中心にし[18]、当時の中森明菜東京パフォーマンスドール・TMに向けた作品の制作でもそれらを反映させていた[19]
  5. ^ 「1992年頃のレイヴ全盛の頃、ロンドンでは本当にスターでした。ライヴだと環境音楽っぽいけど、一方で無茶苦茶ヒットするポップな曲も作っているんです。そういうのはもうアメリカのチャートでも上位に入っています。といっても、バンドみたいに人数が決まっているわけではなくて、ほとんどがDJスタイル。ターンテーブルとサンプラーがあって、人数も3人だったり4人だったり。4~5時間やるのが普通なので、途中で入れ替わったりもする。客の波を拾いながらやるから、楽譜があるわけでもない。見て楽しむエンターテインメントとしてのライヴとは明らかに違いますね。客も簡単に言えば一種のトランス状態。シンクロエナジャイザーが大きくなってコンサートになった感じ。僕もこういうのがやりたい、というより方向性の示唆をしてくれていた」と話している[20]
  6. ^ trfの1stアルバム「trf 〜THIS IS THE TRUTH〜」をリリースした後、自身のソロアルバムを制作していたが「これはTMで発表したい」という気持ちが強くなり、急遽中止した。その時に作られた素材はすぐに商品として発表できるレベルまで煮詰めていた[23]。そして「ループ素材を使ったグルーヴを軸にした音楽」「カラオケで気軽に歌えない音楽」を1994年春のTMのコンセプトとし、「一途な恋」をはじめとするパイロットとなるシングルを3〜4枚出し、リードシングルの無いオリジナルアルバムを出すという予告があった[24] が中止になった。
  7. ^ 小室は「本人が歌っている絵が見えないという匿名性があるにもかかわらず、音を自然に楽しんでもらえば、ミュージシャンのキャラクターがはっきり出なくてもいいという姿勢を成立させた」と評している[28]
  8. ^ 小室は「あの人は絶対損をしないシステムを作っている。『失敗しても100円でも儲ける。成功したら全部自分に入る』という契約方法ですね。日本ではやりにくいシステムですけど、なるべく僕も彼のようにしたいと思ってます。例えば僕が1曲作ったら、他のスタッフが同時進行で別バージョンを作る。MVを作る。他の人にカバーさせる。色々なアルバムに収録する。CMのタイアップをとれたら、もっとメリットがある。僕が1曲しか作らなくても、これだけできる。他のスタッフがマルチに進行してもらってる間に、僕は次の曲を書けばいいわけです」[29]「映画の本編撮影と並行して、メイキングを作る。ユニバーサル・パークス&リゾーツに映画を題材にした専門のコーナーを設ける。1つの作品でマーチャンダイジング的に儲けるシステムを構築したのです」[30]と評している。
  9. ^ 実際にtohko「BAD LUCK ON LOVE 〜BLUES ON LIFE〜[34] を例に衣装の提案・イメージ戦略の統括を担当し、楽曲制作には全く関わらないケースもあった[35]
  10. ^ 法人としては現在のエイベックス・ライブ・クリエイティブだが、2005年のエイベックス・グループ再編でコンサートの企画製作に業態変更している。
  11. ^ 華原曰く「TKファミリー内で仲の良かったアーティストは全然いない。みんなリリースの時期が近かったっていうのもありますし、1位を獲りたいという気持ちがすごい。TKのプロデュースだとみんなそう思っている。だからみんな敵なんです」と語っている(「華原朋美、小室哲哉プロデュース時代は「みんな敵」TKファミリーの内情暴露」より)。
  12. ^ 小室本人もそれをかなり意識していたようで、2008年11月1日NACK5の開局20周年番組に出演した際には「(1987年から2008年の)前半10年と後半10年は(音楽シーンが)全く違う。99年からの10年は、なかなか曲が出てこなかった」と吐露するほどであった。
  13. ^ なお、同年4月22日にリリースされた「」については小室の右腕こと久保こーじがプロデュースしている。
  14. ^ 「TRF・安室さん・globe等で書いてきた『女の子同士の共感・友情・仲間意識』『女子が裏側で流行を仕切っていて、女子が男子を品定めしている時代』『女子が主人公で表舞台に立って時代をリードしよう』より彼らの書く『異性に対するきっちりとした愛情』の方が受け入れやすくなった。女子が女子に『貴女だって可愛いんだから頑張ろうよ』から女子が男子に『貴方は素敵なんだから頑張って』という時代になった」と話している[56]
  15. ^ ただし、初期の2曲については久保こーじがプロデュースしている。
  16. ^ R&Bブラックミュージックを本格的にやってみて、本場にどこまで近づけるか挑戦してみようとしたが、僕には突き詰めることができない領域があることを悟り、このジャンルから撤退するのを決意させた」[57]「作詞の概念を変えられてしまった。とにかく僕には『Automatic』っていうのは出て来なかった。出ないってこと自体、クリエイター側からすると『出てこないんだ自分は…』ってなるんです」「歌詞のハメ方、ラジオの喋り方等、何から何まで自由で『うらやましいなあ、こんな好きに喋っていいんだ』っていうことだったり」[58]「ブラックミュージックを原風景に育ったネイティブな日本人が21世紀を引っ張っていく」[59]「ものすごい枚数が売れたと同時に『これ以上はCDの枚数は稼げないだろうな』という直感があった」[60] と話している。
  17. ^ 「歌唱力があったり、メロディが良かったり、歌詞が良かったり。僕には彼のしょっぱい感じが出せなかった」と話している[58]
  18. ^ 安室の結婚・産休がこれらと重なった影響も大きい。
  19. ^ 脱税事件による事務所とのトラブルのため。
  20. ^ 反面「当時SNSがあったら、たぶん否定的な意見に負けてしまっていたと思うんですね。1990年代はまだそこまでネットの時代ではなかったので、否定的な言葉が直接飛び込んでこなかった。いい話だけを聞けて、否定的な話には耳を閉じることが可能でした。だから前に進めた。『これでいいんだ』と」とも語っている[89]
  21. ^ これに対して小室は「ロサンゼルスに住んでいた頃は2日に1曲作っていた。日本向けのミックスを制作するという発想すらなかった。ミキシング作業は僕の意図が早く通じるイギリスかアメリカ出身のエンジニアが中心でした。だから日本のマーケットの耳も洋楽的な音像に慣れてきた」と語っている[116]
  22. ^ これに対して小室は「教育活動というほど押し付けがましいことは全然していない。トラック・テンポ等考えているけど、どうしても色は出てしまうので困る。ただ、今実験しているのが『ポップだね』と言われたらこれ程嬉しいことはない」と答えている。
  23. ^ これに対して小室は「『自分から仕切る』のはプロデューサーではないと思ってますから。僕のプロデュースの原点は最初にその人ありきで、まずその人が『何をしたいのか、どうなりたいか』をインタビューすることから始めて、僕が『叶えてあげられそうだ』と思ったら話が成立する。やり方はプロ野球監督やサッカーのコーチに近い。『成功するために一緒にいくつかのハードルを超えていこうよ』ってなるんです」と答えている。
  24. ^ これに対して山下達郎は「そうそう、まったくその通り」と答えている[125]

出典

  1. ^ 神山典士 1997, p. 194-201
  2. ^ 小室哲哉 & 中谷彰宏 1998, p. 98-101
  3. ^ “エイベックスの歴史”. 松浦勝人オフィシャルブログ「仕事が遊びで遊びが仕事」Powered by Ameba. (2006年12月16日). https://ameblo.jp/maxmatsuura/entry-10518384040.html 2006年12月16日閲覧。 
  4. ^ a b 【転機 話しましょう】(60)音楽プロデューサー、小室哲哉さん ちょっとした感謝が身を救う 栄光、挫折、復帰…すべての場面にいた“戦友””. msn産経ニュース (2012年4月21日). 2012年4月21日閲覧。
  5. ^ 文藝春秋刊「週刊文春」1995年4月27日号「阿川佐和子のこの人に会いたい 96回目 小室哲哉『浜ちゃんの曲が今までで一番心配でした』」pp.60-64より。
  6. ^ a b 月刊経営塾刊「月刊経営塾」1996年8月号「特別対談 小室哲哉VS野田一夫 『創る極意売る極意』教えます」pp.114-119より。
  7. ^ 有限会社スーパーラブ会社概要”. 2019年3月4日閲覧。
  8. ^ 神山典士 1997, p. 205-208
  9. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1997年6月号より。
  10. ^ a b c d クレタパブリッシング刊「昭和50年男」May Vol.004「シーンを刷新し続けたエピック・ソニーとブームへの布石を築きはじめた小室哲哉」pp.14-17より。
  11. ^ a b 日本経済新聞」2022年7月20日号「私の履歴書 丸山茂雄 (20) レーベル米国流」p.44より。
  12. ^ a b 毎日新聞出版刊「エコノミスト」2008年12月9日号「堕ちた『時代の寵児』 小室哲哉被告が利用した著作権に対する世間の“誤解”」p.79より。
  13. ^ a b c 宝島社刊「宝島」1995年5月17日号「宝島VIPルーム 小室哲哉 90年代最大のヒットメーカーが語るクールな市場戦略」pp.50-53より。
  14. ^ a b 日経BP社刊『日経エンタテインメント!』1998年3月号「ビジネスとして語る、X解散、GLAYの成功、そして海外進出 『必ず売る、意地でも売る』-日本の音楽産業との10年戦争」pp.24-27,「エイベックス期待の新ヒットメーカー」p.95より。
  15. ^ a b c d e 講談社刊『Views』1995年6月号「小室哲哉の『ミラクル』全角度研究」pp.56-67より。
  16. ^ 神山典士 1997, p. 275-276
  17. ^ a b 麻生香太郎 1997, p. 77
  18. ^ オリコン・エンタテインメント刊「オリコン・ウィークリー」1994年1月24日号「SPECIAL対談 小室哲哉&trf」p.4より。
  19. ^ 角川書店刊『月刊カドカワ』1994年1月号pp.209-210より。
  20. ^ a b マガジンハウス刊『POPEYE』1994年2月25日号「私の一番回し ミュージシャン 小室哲哉さん 『瞑想的な気分とテクノロジーを結び付けたOrbの音楽。』」p.88より。
  21. ^ 小室哲哉 & 中谷彰宏 1998, p. 172-173
  22. ^ リットーミュージック刊『ギター・マガジン』2017年4月号『小室哲哉が語る"歌謡曲とギター"』pp.76-79より。
  23. ^ ダイヤモンド社刊『FM STATION』1993年5月10日号「アーチスト伝言板」p.21より。
  24. ^ ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』1993年9月号「TMN The Super Express Interview -'94年の予告-」p.16,「T.UTUと仲間たち(木根尚登/FENES OF DEFENCE)」p.97より。
  25. ^ ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』 1994年8月号「小室哲哉のスーパープロデュース論 後編 終了もひとつの“企画”だった!? TM Final Interview AFTER THE DOME TMN」pp.168-170より。
  26. ^ ぴあ」1999年12月6日号「小室哲哉 『時代が鳴らす音』」pp.20-24より。
  27. ^ a b 角川書店刊『月刊カドカワ』1994年12月号『小室哲哉 疾走するヴィジョン』pp.105-120より。
  28. ^ 同朋舎刊「WIRED」1997年5月号「小室哲哉インタビュー 名詞+動詞+情報=音楽」pp.54-57より。
  29. ^ a b c 集英社刊「Bart」1995年3月13日号『今は、勝てる勝負しかしていない』pp.36-41より。
  30. ^ 小室哲哉 & 中谷彰宏 1998, p. 173
  31. ^ 神山典士 1997, p. 188
  32. ^ 小室哲哉 2009, p. 53
  33. ^ a b 小室哲哉、CD売上約1億7000万枚”. 日刊スポーツ. 2008年11月4日閲覧。
  34. ^ 小室哲哉 & 中谷彰宏 1998, p. 43
  35. ^ 毎日新聞社刊 『サンデー毎日』 2014年4月6日号「〔住吉美紀の熱烈対談〕すみきちのぶっちゃけ堂/107(最終回) 音楽家・小室哲哉」pp.74-78より。
  36. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2000年3月号「コーディネート型プロデューサーが活躍」pp.88-89より。
  37. ^ 麻生香太郎 1997, p. 52
  38. ^ 近田春夫 2001, p. 349-350
  39. ^ 小室哲哉 & 中谷彰宏 1998, p. 7
  40. ^ 麻生香太郎 1997, p. 47-48
  41. ^ a b c 講談社刊『月刊現代』1997年7月号『年収20億を越す"天才"はマードックとも手を組んで『T・K(小室哲哉)』はなぜ巨大産業に化けたのか』pp.232-246より。
  42. ^ 講談社刊『Views』1996年8月号「“小室哲哉利権” 500億円に食らいついた音楽ビジネスの『巨人』」pp.28-35より。
  43. ^ a b 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1998年1月号「小室哲哉インタビュー 4年連続ナンバー1プロデューサー 米国移住の真相を語る」pp.52-55より。
  44. ^ 1995年10月23日放送日本テレビスーパーテレビ情報最前線』「噂の天才!仕掛け人小室哲哉の秘密公開」より。
  45. ^ a b 読売新聞社刊「月刊KiTAN」1995年10月号pp.7-23「いま!プロデューサー 徹底分析 小室哲哉の秘密」より。
  46. ^ 麻生香太郎 1997, p. 62-63
  47. ^ a b c d 小室哲哉天国から地獄、最近は金策に走る”. 日刊スポーツ. 2008年11月4日閲覧。
  48. ^ 小室哲哉 & 中谷彰宏 1998, p. 162-165
  49. ^ 日本経済新聞1997年1月10日号 より。
  50. ^ 小室哲哉 2009, p. 119
  51. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2000年6月号「小室哲哉通信 第29回『国連活動で世界一周中ローマではヒデに会う』」p.124より。
  52. ^ フジテレビ系列2009年12月20日放送『芸能界の告白』より。
  53. ^ テレビ朝日系列スーパーモーニング」2008年11月5日分インタビューより。
  54. ^ https://newspicks.com/news/2942512/body/
  55. ^ https://goetheweb.jp/person/article/20210627-matsuura_36
  56. ^ 日経BP刊「日経エンタテインメント!」1998年10月号「小室哲哉通信 第9回『V5に乗り出した真意は?GLAY、ラルクの見え方』」pp.136-137より。
  57. ^ 新潮社刊「ROLa」2013年11月号「『90年代と僕』小室哲哉インタビュー」pp.48-56より。
  58. ^ a b 小室哲哉、ライバルはつんく♂ 引退がよぎったのは宇多田ヒカル より。
  59. ^ マガジンハウス刊『GINZA』2017年4月号pp.110-113「岡村靖幸 presents 音楽のはなし with 小室哲哉」より。
  60. ^ 講談社刊「ヒットの崩壊」柴那典著より。
  61. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2000年6月号「小室哲哉通信 第29回『国連活動で世界一周中ローマではヒデに会う』」pp.192-193より。
  62. ^ テレビ東京系列みゅーじん/音遊人』 2007年12月23日放送分でコメント。
  63. ^ 扶桑社刊 「SPA!」 2003年4月22日号「'90年代をリードしたヒットメーカーに心理的変化が!?」p.6より。
  64. ^ 日経BP刊「日経ビジネス」2001年2月12日号「丸山茂雄 自ら課した『巨人軍4番』の成績残せず辞任」pp.51-52より。
  65. ^ https://web.archive.org/web/20210711032454/https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_099338/
  66. ^ Hole-in-One 小室哲哉・小室ファミリー リンク集
  67. ^ 小学館刊「週刊ポスト」1995年4月28日号「小室哲哉(36)『日本のダンス音楽』を創るミリオンセラー請負人」pp.229-231より。
  68. ^ 集英社刊「Bart」1996年11月25日号「小室哲哉 デジタル環境がもたらす、5年後の『音楽』革命。」pp.12-19より。
  69. ^ 「Tetsuya komuro★LA直撃!独占ロング・インタビュー '97年は本格的に世界へアプローチしていく!」スコラ刊「all about avex」pp.6-8より。
  70. ^ リットーミュージック刊『キーボード・マガジン』2002年7月号pp.17-18より。
  71. ^ 近田春夫 2001, p. 352
  72. ^ 扶桑社刊「SPA!」2003年4月22日号「'90年代をリードしたヒットメーカーに心理的変化が!?」p.6より。
  73. ^ 集英社刊『週刊プレイボーイ』2007年7月16日号「鈴木おさむ×小室哲哉(後編)」pp.80-81より。
  74. ^ 小室哲哉 2009, p. 70-72
  75. ^ 小室哲哉 2009, p. 33
  76. ^ a b シンコーミュージック・エンタテイメント刊『B-PASS』2015年12月号pp.166-171より。
  77. ^ テレビ朝日系列『オーラの泉2008年5月3日放送分でコメント。
  78. ^ 小室哲哉 2009, p. 132
  79. ^ 小室哲哉 2009, p. 121-122
  80. ^ 扶桑社刊「SPA!」2010年8月3日号「『エッジな人々』 小室哲哉 『ドン底を経験したからって、開き直っちゃったら上れない』」pp.134-137より。
  81. ^ “小室哲哉氏(音楽プロデューサー)SPECIAL INTERVIEW 昔と違うヒット創出のロジック「作り手や歌い手の“想い”や“ワード”が重要視されている」”. ORICON BiZ online. (2010年12月24日). https://web.archive.org/web/20101231235146/http://biz-m.oricon.co.jp/feature/data/185.shtml 2020年12月23日閲覧。 
  82. ^ a b フリースタイル刊『フリースタイル」 Vol.15「小室哲哉×小西康陽『ただのミュージシャン』」』pp.6-25より。
  83. ^ マガジンハウス刊「an・an」2012年3月14日号「WHO'S HOT? この人に注目!第117回 小室哲哉『やってきた仕事をようやく肯定してもらえた気がした』」pp.70-71より。
  84. ^ リットーミュージック刊『サウンド&レコーディング・マガジン』2011年10月号「中田ヤスタカ(capsule) × 小室哲哉 シンセ・ポップでヒットを量産する“ネ申クリエイター”頂上対談!!」pp.19-26より。
  85. ^ a b 集英社刊「MEN'S NON-NO」2012年8月号「あの人に会いたい Vol.8 小室哲哉」pp.138-139より。
  86. ^ a b 日本音楽制作者連盟刊『音楽主義』[Vol.52 https://web.archive.org/web/20120919110406/http://nexus-web.net/ongakusyugi/052.html]より。
  87. ^ インターナショナル・ラグジュアリー・メディア刊『ローリング・ストーン』日本版2015年9月号『TK makes the future』pp.27-49より。
  88. ^ 小室哲哉がSNSをフル活用中「ファン予想の裏をかく」「サプライズも必要」、KEIKOの復帰は…”. 産経ニュース (2015年5月24日). 2015年5月24日閲覧。
  89. ^ a b “1億人の平成史 『第17回 小室哲哉さんの「平成のpop music:渦中からの証言」(2)』”. 毎日新聞. (2018年1月8日). https://www.mainichi.co.jp/heisei-history/interview/17.html 2018年1月8日閲覧。 
  90. ^ ダイヤモンド社刊『FM STATION』1990年2月19日号「THIS WEEK'S OPENING ACT FS SUPER JOINT TALK SESSION 浅香唯 meet 木根尚登 from TM NETWORK」p.17より。
  91. ^ a b オリコン・エンタテインメント刊「オリコン・ウィーク The Ichiban」1996年1月1・8日合併号「'96年も目が離せない!! 時代の仕掛人 小室哲哉の入門講座」pp.26-28より。
  92. ^ a b 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1999年10月号「小室哲哉通信 第21回『TM NETWORK プロジェクト終了宣言から5年。再始動に隠されたホントの狙い』」pp.26-29より。
  93. ^ 麻生香太郎 1997, p. 42
  94. ^ 麻生香太郎 1997, p. 54-55
  95. ^ 麻生香太郎 1997, p. 58
  96. ^ 小学館刊『女性セブン』1996年8月22・29日合併号pp.57-63「時代を丸ごとプロデュースする男」, p.119より。
  97. ^ 麻生香太郎 1997, p. 58-60
  98. ^ 麻生香太郎 1997, p. 246-247
  99. ^ 朝日新聞社刊「週刊朝日」1995年12月15日号「浜ちゃん『紅白』出場の仕掛け人 100億円プロデューサー小室哲哉の秘密」pp.32-33,「麻生香太郎のカラオケ革命講座 コムロ・ミュージックが独り勝ちのワケ」p.148より。
  100. ^ 株式会社スコラ刊「スコラ」1996年2月8日号「小室哲哉の懐刀、久保こーじの全貌。」p.119より。
  101. ^ 徳間書店刊「月刊エンタメ」2018年4月号「俺たちのTK ~小室哲哉~伝説」pp.36-39より。
  102. ^ プレジデント社刊「プレジデント」1995年5月号「『ミリオンセラー請負人』小室哲哉という男」pp.98-103より。
  103. ^ 朝日新聞出版刊『AERA』1998年12月14日号「現代の肖像 小室哲哉 世界を走る『音楽界の元就』」pp.62-66より。
  104. ^ 日経BP社刊『DAISUKE的にOK!?』浅倉大介著pp.6-7, pp.193-194より。
  105. ^ リットーミュージック刊『サウンド&レコーディング・マガジン』2017年6月号より。
  106. ^ シンコーミュージック・エンタテイメント刊『B-PASS ALL AREA』Vol.6 「浅倉大介 PANDORA Be The One」pp.58-73より。
  107. ^ TKが日向大介氏のラジオ番組にゲスト出演!より。
  108. ^ “【米グラミー賞】(後編)「日本の音楽はセクシーじゃない。沢尻エリカのように踊り狂え」ノミネート作曲家”. Yahoo!ニュース. (2020年1月27日). https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/d55627b5db315a36cf6f60ddf237f6a9666766ab 2020年1月29日閲覧。 
  109. ^ ソニー・マガジンズ刊「PATi PATi」1992年2月号「V2+TMN」p.17より。
  110. ^ ぴあ」1995年3月28日号「trf Interview」p.270より。
  111. ^ ソニー・マガジンズ刊「WHAT's IN?」1995年4月号「All About trf」p.70より。
  112. ^ クレタパブリッシング刊「昭和50年男」September Vol.006「J-POP meets Dance─オーバーナイトどころではないセンセーションを起こした エイベックス」pp.68-69より。
  113. ^ 講談社刊『月刊現代』1997年7月号『年収20億を越す"天才"はマードックとも手を組んで『T・K(小室哲哉)』はなぜ巨大産業に化けたのか』pp.232-246より。
  114. ^ @nisi_p (2020年7月20日). "nisi-p (part2style)さんはTwitterを使っています". X(旧Twitter)より2020年7月22日閲覧
  115. ^ TM NETWORKWORLD HERITAGE DOUBLE-DECADE COMPLETE BOX』ブックレットより。
  116. ^ a b ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』2008年5月号pp.48-53「小室哲哉 駆ける者、拓く道、ミュージック・フロンティアが語るJ-POP20年史」より。
  117. ^ TKMC NON EDIT TALK : 小室哲哉★坂本龍一”. フジテレビ. 2019年11月13日閲覧。
  118. ^ 『Album outernet / Single garden By TK』より。
  119. ^ ダイヤモンド社刊『FM STATION』1996年7月5日号「MAKING of ‘KOMURO’ 特集 小室サウンドの『正体』」pp.20-29「小室哲哉の“右腕” 久保こーじが送り出す新人 天方直実」pp.30-31より。
  120. ^ 講談社刊『週刊現代』1996年7⽉27⽇号「ドラッグ疑惑の次は盗作疑惑 天才オペテン師か ⼩室哲哉の『決定的恥部』総点検」pp.172-175より。
  121. ^ 読売新聞社刊「週刊読売」1997年1⽉26⽇号「⼩室サウンドってみんな同じじゃないか」pp.146-147より。
  122. ^ a b 講談社刊『Views』1996年9月号「槇原敬之 ボクの小室サウンド批判」pp.73-79「メガヒット!『安室300万枚はこうして作られた』」pp.144-151より。
  123. ^ 読売新聞東京本社刊『週刊読売』1996年8月18日・25日合併号p.168より。
  124. ^ a b 講談社刊「Views」1996年12月号「ポストTK 『プロデューサーの時代』を作る天才たち」pp.58-65より。
  125. ^ a b c ロッキング・オン刊「Cut」1997年1月号pp.112-113「CUT COLUMNS 年末振り返り特別企画:山下達郎 vs ホイチョイ・プロダクションズ 山下達郎は『小室哲哉』を、ホイチョイは『ロンバケ』を、果たしてどう捉えるのか?」より。
  126. ^ 扶桑社刊「SPA!」1997年11月19日号「エッジな人々 吉田拓郎 音楽よりも大切なことがあるから」p.104より。
  127. ^ マガジンハウス刊「an・an」2000年4月21日号「“JUDY AND MARY”“GLAY”をプロデュースする佐久間正英さんにインタビュー。ミュージシャンの成功の鍵を握る、プロデューサーの実力」pp.40-41より。
  128. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2007年5月号「R&Bブームが生まれた背景は?」p.107より。
  129. ^ 北辰堂出版刊 『贋作・盗作音楽夜話』 玉木宏樹著より。
  130. ^ リットーミュージック刊『キーボード・マガジン』2011年SPRING No.372 pp.14-29より。
  131. ^ 新潮社刊「ROLa」2013年11月号「『90年代と僕』小室哲哉インタビュー」pp.48-56より。
  132. ^ 亀田誠治が“四つ打ち”曲が増えた理由を解説 「TKサウンドが若いバンドに影響を与えた」』より。
  133. ^ “小室転調”誕生のきっかけは渡辺美里「My Revolution」? 亀田誠治とGLAYがインパクトの重要性を語る』より。
  134. ^ NHK教育テレビジョン亀田音楽専門学校』2016年1月14日放送分より。
  135. ^ ポニーキャニオン音楽出版刊「ヒット曲は発明だ!」羽島亨著pp.167-173より。
  136. ^ a b 扶桑社刊「SPA!」1996年4月3日号pp.36-45「200万枚を軽く売る"ヒット曲製造マシン"の高等戦術を大分析!ニッポン人がハマッた小室哲哉ブランドのカラクリ」より。
  137. ^ マガジンハウス刊『POPEYE』1997年2月25日号pp.120-121より。
  138. ^ ダイヤモンド社刊『FM STATION』1997年8月5日号「華原朋美 ワタシ変わります!」pp.35-38,「松ちゃんトモコの今週のミュージックシーン ヒット曲はこうして作られる! 第1回テーマ 上半期のシングル/アルバムチャートを振り返って」p.100より。
  139. ^ 花伝社刊「オルタナティブロックの社会学」南田勝也著p.161より。
  140. ^ “ミッツ・マングローブ「不倫欝と小室哲哉の想い出」”. AERA.dot. (2018年2月7日). https://dot.asahi.com/articles/-/113761 2018年2月7日閲覧。 
  141. ^ 角川書店刊「CDでーた」1997年12月5日号「1987-1997 J-POP mini BOOK [女性ボーカリスト編]」p.95より。
  142. ^ “小室哲哉、平成J-POPの立役者 『引退』は回すべき皿がなくなったのか”. J-CAST. (2018年1月30日). https://www.j-cast.com/trend/2018/01/30319853.html 2018年1月30日閲覧。 
  143. ^ “変わらないのは“歌の力” 田家秀樹氏”. 西日本新聞. (2019年4月14日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/502548/ 2020年5月21日閲覧。 
  144. ^ “小室哲哉のBOXセット 「平成の女性群像」を見るような”. J-CAST. (2019年4月16日). https://www.j-cast.com/trend/2019/04/16355395.html?p=all 2019年4月17日閲覧。 
  145. ^ 光文社刊「CLASSY.」1998年8月号「BOOKs CLSSY. 自作を語る」p.200より。
  146. ^ 文藝春秋刊「考えるヒット」近田春夫著pp.304-312より。
  147. ^ 近田春夫 2001, p. 26
  148. ^ 文藝春秋刊「週刊文春」1996年5月16日号「小室哲哉 究極の『ツギハギ・パクリ音楽』」p.186より。
  149. ^ a b 新潮社刊『週刊新潮』1996年7月4日号「一週間で六十億円売上げ 新人歌手『華原朋美』の黒い成上り」pp.54-55より。
  150. ^ INFAS publications刊「STUDIO VOICE」1996年9月号「『小室哲哉』という名の空虚なマジョリティ “豊かさを楽しむ勇気”は、そこにあるのか?」pp.36-37より。
  151. ^ 朝日新聞出版刊『週刊朝日』1996年10月11日号「小室哲哉がトップを獲れない謎のヒットチャートの『良識』」pp.40-41より。
  152. ^ 読売新聞社刊「週刊読売」1997年1月26日号「小室サウンドってみんな同じじゃないか」pp.146-147より。
  153. ^ 朝日新聞出版刊『週刊朝日』1997年8月29日号より。
  154. ^ 「富澤一誠の俺が言う!」から「“声のルックス”の良さが時代をつかむ!」より。
  155. ^ “電撃引退の小室哲哉さん、本当に“賞味期限”切れたのか 90年代、高音カラオケで頂点に”. 産経ニュース. (2018年2月1日). http://www.sankei.com/premium/news/180201/prm1802010008-n1.html 2018年2月1日閲覧。 
  156. ^ 太田出版刊 『SOFT & HARD』 佐々木敦著より
  157. ^ 批評家・佐々木敦が驚いた、CAPSULEの実験的なアプローチ」より。
  158. ^ 講談社刊『ニッポンの音楽』佐々木敦著pp.217-219より。
  159. ^ 日経BP刊「日経エンタテインメント! 80's名作Special」pp.92-93より。
  160. ^ 市川哲史 2014, p. 167,174
  161. ^ 市川哲史 2014, p. 174
  162. ^ 市川哲史 2014, p. 179
  163. ^ アルテスパブリッシング刊 『相倉久人にきく昭和歌謡史』相倉久人松村洋著pp.289-290より。
  164. ^ “『音楽評論家・鹿野淳「小室さんの音楽的な手法、遺伝子は今も残っている」』”. HUFFPOST. (2018年1月21日). http://www.huffingtonpost.jp/abematimes/kanojun_a_23339015/ 2018年1月21日閲覧。 
  165. ^ “浜田雅功をさらに躍進させたなど小室哲哉が残した数々の功績”. @niftyニュース. (2018年2月5日). https://web.archive.org/web/20180206002622/https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12180-649051/ 2018年2月5日閲覧。 
  166. ^ FACT刊「サラバ!平成狂想曲」p.157より。
  167. ^ “「ワーグナー」「中島みゆき」「小室哲哉」「演歌・歌謡曲」 なぜ歌人・小佐野彈さんは分裂した音楽趣味を持ったのか”. 好書好日. (2023年8月8日). https://book.asahi.com/article/14971869 2023年8月8日閲覧。 
  168. ^ リットーミュージック刊 『キーボード・マガジン』 2017年SUMMER号 p.69より。
  169. ^ “小室哲哉の楽曲は「自由と破壊」を感じる?広瀬香美・古市憲寿がその魅力を語る”. 日本テレビ. (2020年7月1日). https://www.ntv.co.jp/konkurabe/articles/25lrv5jb2zdqc47n75.html 2020年7月1日閲覧。 
  170. ^ CMJKオフィシャルブログ 『LOST CONTROL』 『SEVEN DAYS WAR その1』より。
  171. ^ principalcmjkの2012年10月16日20時20分のツイート- X(旧Twitter)
  172. ^ principalcmjkの2014年7月19日1時15分のツイート- X(旧Twitter)
  173. ^ “小室哲哉引退は「日本人クリエイター」にとって何を意味するのか? ☆Taku Takahashiに聞いた”. block.fm. (2018年1月19日). https://block.fm/news/tetsuyakomuro_career 2018年1月19日閲覧。 
  174. ^ 『小室哲哉さん曲、アレンジ | 音楽制作会社ネクスト・デザイン代表コラム』より。
  175. ^ エムオン・エンタテインメント刊『リスアニ!』Vol.1 『八木沼悟志インタビュー 華麗なる電子音の魅力を探る!』 p.108より。
  176. ^ エムオン・エンタテインメント刊『リスアニ!』Vol.4.1 『INTERVIWE fripSide 八木沼悟志』 pp.82-88より。
  177. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2011年10月号「小室哲哉 & J.Y.Park 今なぜ、K-POPがウケるのか? 日韓のトップクリエイターが分析」pp.42-45より。
  178. ^ リットーミュージック刊『サウンド&レコーディング・マガジン』2011年10月号「中田ヤスタカ(capsule) × 小室哲哉 シンセ・ポップでヒットを量産する“ネ申クリエイター”頂上対談!!」pp.19-26より。
  179. ^ ASCII.jp:「カタギでも音楽は出来る」 ニコ動・ペンプロさんの決意 (2/7)」より。
  180. ^ 日本テレビ系列ZIP!』2013年11月8日分のゴールデンボンバーインタビューより。
  181. ^ リットーミュージック刊『サウンド&レコーディング・マガジン』2014年12月号「TM NETWORK 壮大な組曲を含む新作『QUIT30』を、デビュー30周年を迎えた3人が語り尽くす」pp.19-31。
  182. ^ “小室哲哉×tofubeats 対談実現! J-POPとダンス・ミュージックの幸福な関係”. rockinon.com. (2015年2月10日). https://rockinon.com/feat/komurotetsuya_tofubeats_201502/page:1 2015年2月10日閲覧。 
  183. ^ “tofubeatsインタビュー「僕は毎回、最後だと思ってやってる」と語る彼の最新作『POSITIVE』とは?”. T-SITEニュース. (2015年9月11日). https://web.archive.org/web/20150914225309/http://top.tsite.jp/news/j-pop/i/25375613/ 2015年9月11日閲覧。 
  184. ^ tofubeats、小室哲哉は「J-POPの大先輩、というかJ-POPそのもの」コラボ曲の試聴開始より。
  185. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2018年9月号「篠原涼子 好奇心旺盛な若い人たちがブームを作った」p.17,「音楽 90年代をけん引した小室哲哉の影響」p.34より。
  186. ^ “【tofubeatsの棚の端まで】第88回 たまの休み4――PIZZICATO ONEの最新ライブ盤から小西康陽つながりでMELLOW MELLOWへ!”. Mikiki. (2020年8月14日). https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/25886 2020年8月20日閲覧。 
  187. ^ “関ジャニ∞にヒャダインがTKサウンドの魅力を説く 丸山隆平「こういう観点で見たことなかった」”. Real Sound. (2015年10月5日). https://realsound.jp/2015/10/post-4764.html 2015年10月5日閲覧。 
  188. ^ 毎日新聞(大阪版)」2018年9月8日号夕刊p.2「『わたしの90年代』TKサウンド×音楽クリエーター・ヒャダインさん 日本をとりこにした『違和感』」より。
  189. ^ “小室哲哉×BiSH運営(松隈ケンタ&渡辺淳之介)インタビュー”. billboard Japan. (2016年3月8日). http://www.billboard-japan.com/special/detail/1590 2016年3月8日閲覧。 
  190. ^ リットーミュージック刊「Hiroyuki Sawano 澤野弘之」より。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小室ファミリー」の関連用語

小室ファミリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小室ファミリーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小室ファミリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS