メンヘラとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > メンヘラの意味・解説 

メンヘラ

メンヘラの意味・定義

メンヘラは、おおむね「病んでいる人」「心に何かしら問題抱えている人」という意味合いで用いられているインターネットスラング。厳密な定義づけは難しいが、「精神的変調を来して参ってしまっている」「精神平衡を失う(気が触れる)」「面倒で生きづらい性格難儀している人」といった幅広いニュアンスで使われることがある

メンヘラの語源・由来

メンヘラという表現そのものは、メンタルヘルス精神衛生)を略して「メンヘル」と呼び、さらに英語の接尾辞 -er加えてメンヘルな人」という意味を加え言い方である、と解釈できる。

メンヘラという言葉やその意味合いは、2010年代匿名掲示板2ちゃんねる」(現「5ch」)における「心の健康」をテーマとしたスレッドメンタルヘルス板」が発祥とされている。最初は、その手スレメンタルヘルス板)に出入りするような人たちが「メンヘラー」と総称されていた。これが後に「メンヘラ」へ変化したと捉えられる。

匿名掲示板コミュニティの中で使われながら意味の変遷を辿ってきた通俗的言葉である以上、「メンヘラ」の厳密な意味・定義を確定することは難しい。文脈話者によって意味やニュアンス食い違いが生じる場合あり得る中傷のような不快なニュアンス醸す場合あり得る

メンヘラの具体的な特徴

メンヘラと呼ばれやすいステレオタイプな行動や性格傾向は、ある程度例示できる。たとえば、極度寂しさ感じやすく、人との関わり求めあまりに家族友人恋人などに依存する、といった心理的傾向は「メンヘラ」と呼ばれやすい典型的要素といえる

メンヘラは大抵、親友恋人などの特定の気を許し人物過度依存し、心身共に束縛したがり束縛逃れる行動激しく嫉妬し、報復として自傷を含む過激破壊活動に出る、といった振る舞いをする者として思い描かれる。この一連の振る舞い根底には強烈自己愛があると指摘できる。

典型的なメンヘラの行動としては、心理的依存している相手大量メッセージ間断なく送る、電話頻繁にかける、何かにつけヒステリックに怒る、泣く、といった動向が挙げられる。

メンヘラと精神障害の違い

メンヘラは「精神が病んでいる」という要素や一部の行動様式において「精神障害」や「精神疾患」と相通ずるところはあるが、これらは同列扱える語彙ではない。メンヘラは通俗的表現であり、学術的な用語ではない。

医学的な見地における「精神障害を患っている人」を「メンヘラ」と呼ぶことは、あながち不自然ではない。メンヘラな人物中にも実際にメンタルクリニックなどに通院して治療を受けている人はいる。ただし、そのような精神障害を患っている人」は「メンヘラ」が含む範囲一部過ぎず、「メンヘラ=精神障害の人」という図式は必ずしも適切でない。

メンヘラの類似語彙(メンヘル、ボダ、ヤンデレ)

「メンヘラ」に似た表現として「メンヘル」という言葉も使われている。メンヘルも(メンヘラと共通の語源を持つといえる通俗的表現でありネットスラングである。
「メンヘラ」は今日では「メンタルヘルス」の本来の意味から乖離しているが、「メンヘル」は精神衛生メンタルヘルス分野ほど近い認識のもとに用いられている趣が色濃い。「精神障害」を指す語として用いられている場合ままある

メンヘル同様の省略表現としては、「境界性人格障害」(ボーダーライン)を略した「ボダ」なども挙げられる。

心理的傾向や行様式を指す表現としては「ヤンデレ」も「メンヘラ」と共通する部分が多い。どちらにも「特定の人物異常な愛情を抱くあまり相手周辺人間にまで危害加えかねない」というステレオタイプ描かれることが多い。メンヘラとヤンデレの間に明瞭違いがあるわけではないが、「ヤンデレ」はマンガアニメなどの創作コンテンツ登場するキャラクター設定を指すことが多く、「メンヘラ」は実在の人について用いられることが多いといえるまた、ヤンデレ他人に危害や迷惑を及ぼす要素強調されやすく、メンヘラは自分自身攻撃が向かうことが多い傾向があることも指摘できる。

ファッションメンヘラ

メンヘラと呼ばれる人は必然的に、心が参ってしまう辛さ感じているはずであるが、中には甘えたい」「気を引きたい」という思いから心が病んだフリをする人もいる。あるいは、ゴスロリに代表されるファッション表現としてメンヘラ(あるいはヤンデレ)な性格を演じようとする人もいる。このような「メンヘラ的に振る舞っているが本人精神的に参っているわけではないような人」は「ファッションメンヘラ」と呼ばれることがある

メンヘラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 05:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

メンヘラ

関連項目

脚注


  1. ^ 熊代 亨 (2018年1月31日). “「メンヘラ」という言葉はどう変化してきたか。精神科医が解説”. 現代ビジネス. 講談社. 2020年7月12日閲覧。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メンヘラ」の関連用語

メンヘラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メンヘラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメンヘラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS