自己顕示欲とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 自己顕示欲の意味・解説 

自己顕示欲

読み方:じこけんじよく

自己顕示欲とは

自己顕示欲(じこけんじよく)とは、周囲の人々から注目され、そして認められたい、という欲求のこと。往々にして第三者目には不自然・分不相応と思われる過度の自己主張」というような否定的なニュアンスを伴う。

自己顕示欲という言葉の語構成は「自己 - 顕示 - 欲」もしくは「自己顕示 - 欲」と分解できる。「顕示」は「ハッキリと(分かるように)示すこと」という意味である。「自己顕示」には「自分の存在目立た際立たせること」、および、そのために自分実際以上の人物であるかのうよう見せる(振る舞う)こと」という意味がある。自己顕示欲は、この自己顕示実現したい、という欲求である。

自己顕示欲は、「他者から認められたい」という性質において「承認欲求」の一種位置づけることができる。「承認欲求」という言葉マズロー心理学などで用いられる用語であり、心理学メンタルヘルス文脈用いられる場合が多い。「自己顕示欲」は日常会話の中で厳密な定義を特に意識されずに用いられることが多い。

自己顕示欲は周囲の(または世間の)自分に対す視線注目度大い意識するがゆえに生じ欲求である。他者自分をどう見ているか・自分他人からどう見られているか、を過度に気にしている態という点においては、自己顕示欲は一種の自意識過剰表れとも言えるとはいえ自意識過剰」は単に「人の目気にする」意識ありよう指し示す表現であり、「自己顕示欲」のように周囲働きかけようとする指向性を伴う意味合いは希薄である

自己顕示欲は、誰もが多かれ少なかれ持っている根本的な欲求である。とはいえ自己顕示欲が満たされる機会は、そう多くはない昨今SNS上でしばしば取り沙汰される(「バイトテロ」などと呼ばれる種類の)いたずら投稿には、社会的リスク顧みずSNS使って自己顕示欲を満たそうとした末の振る舞いであった解釈できる例が多く見出せる

精神医学分野では、自分周囲から認められる偉大な人物なくてはならないという考え囚われる精神障害を「自己愛性パーソナリティ障害」(NPD)という。強い自己顕示欲は、このNPDが示す顕著な傾向のひとつでもある

自己顕示欲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 16:51 UTC 版)

ドナルド・トランプ」の記事における「自己顕示欲」の解説

ドナルドは自己顕示欲が旺盛であり、代理人使い各種メディア積極的に露出しニューズウィーク」や「フォーブス」、「ニューヨーカー」などの有名誌の表紙に取り上げられたり記事にされることを好んだまた、自らが所有するホテルボクシング世界タイトルマッチを行う際はジャック・ニコルソンモハメド・アリなどの有名人ゲストとして招きマスコミの前で親しい間柄見せつけると同時に、必ずリング上で自ら挨拶行っていた。 さらに自らが開発・運営する不動産に「トランプ・タワー」、「トランプ・プラザ」、「トランプ・マリーナ」、「トランプ・タージマハール」など、自分の名前を冠している。また自らの名を冠したボードゲーム販売するなど、自らの名を様々な形露出することを好んだ。なお、過去に代理人に対して自分の名を記事掲載する際には、必ず「億万長者The Billionaire)」とつけるように指示していた。 なお、自らの名前を冠した不動産1つである「トランプ・タワー」は、1983年に、ニューヨーク五番街ミッドタウン・マンハッタン目抜き通りである)に建設された。金ぴかの内装を持つ1980年代トランプ代表作として知られ、高級アパートメントショッピングモールオフィスエリア擁する複合施設で、自宅もこのビル内に置いている。 @media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .mod-gallery{width:100%!important}}.mw-parser-output .mod-gallery{display:table}.mw-parser-output .mod-gallery-default{background:transparent;margin-top:.3em}.mw-parser-output .mod-gallery-center{margin-left:auto;margin-right:auto}.mw-parser-output .mod-gallery-left{float:left;margin-right:1em}.mw-parser-output .mod-gallery-right{float:right}.mw-parser-output .mod-gallery-none{float:none}.mw-parser-output .mod-gallery-collapsible{width:100%}.mw-parser-output .mod-gallery .title,.mw-parser-output .mod-gallery .main,.mw-parser-output .mod-gallery .footer{display:table-row}.mw-parser-output .mod-gallery .title>div{display:table-cell;text-align:center;font-weight:bold}.mw-parser-output .mod-gallery .main>div{display:table-cell}.mw-parser-output .mod-gallery .gallery{line-height:1.35em}.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div{display:table-cell;text-align:right;font-size:80%;line-height:1em}.mw-parser-output .mod-gallery .title>div *,.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div *{overflow:visible}.mw-parser-output .mod-gallery .gallerybox img{background:none!important}.mw-parser-output .mod-gallery .bordered-images .thumb img{outline:solid #eaecf0 1px;border:none}.mw-parser-output .mod-gallery .whitebg .thumb{background:#fff!important} トランプ・タワー トランプ・タージマハール

※この「自己顕示欲」の解説は、「ドナルド・トランプ」の解説の一部です。
「自己顕示欲」を含む「ドナルド・トランプ」の記事については、「ドナルド・トランプ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「自己顕示欲」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「自己顕示欲」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自己顕示欲」の関連用語

自己顕示欲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自己顕示欲のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドナルド・トランプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS