自己顕示欲とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 自己顕示欲の意味・解説 

自己顕示欲

読み方:じこけんじよく

自己顕示欲とは、周囲人々から注目され、そして認められたい、という欲求のことである。往々にして第三者の目には不自然もしくは分不相応と映る過度自己主張」というような否定的ニュアンスを伴う。

自己顕示欲という言葉語構成は「自己-顕示-欲」もしくは「自己顕示-欲」と分解できる。「顕示」は「ハッキリと(分かるように)示すこと」という意味である。「自己顕示」には「自分存在を目立たせ際立たせること」、および、そのために「自分実際上の人物であるかのうように見せる(振る舞う)こと」という意味がある。自己顕示欲は、この自己顕示実現したい、という欲求である。

自己顕示欲は、「他者から認められたい」という性質において「承認欲求」の一種位置づけることができる。「承認欲求」という言葉マズロー心理学などで用いられる用語であり、心理学メンタルヘルス文脈で用いられる場合が多い。「自己顕示欲」は日常会話の中で、厳密な定義を特に意識されずに用いられることが多い。

自己顕示欲は周囲の(または世間の)自分対す視線注目度大い意識するがゆえに生じる欲求である。他者自分をどう見ているか・自分他人からどう見られているか、を過度に気にしている状態という点においては、自己顕示欲は一種自意識過剰表れとも言えるとはいえ自意識過剰」は単に「人の目を気にする」意識ありよう指し示す表現であり、「自己顕示欲」のように周囲働きかけようとする指向性を伴う意味合い希薄である。

自己顕示欲は、誰もが多かれ少なかれ持っている根本的欲求である。とはいえ自己顕示欲が満たされる機会は、そう多くはない。昨今SNS上でしばしば取り沙汰される(「バイトテロ」などと呼ばれる種類の)いたずら投稿には、社会的リスク顧みずSNSを使って自己顕示欲を満たそうとした末の振る舞いであったと解釈できる例が多く見出せる。

精神医学分野では、自分周囲から認められる偉大な人物なくてはならないという考え囚われる精神障害を「自己愛性パーソナリティ障害」(NPD)という。強い自己顕示欲は、このNPDが示す顕著傾向のひとつでもある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自己顕示欲」の関連用語

自己顕示欲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自己顕示欲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS